通称は衛門七,良輔

芸術家

「大石真虎」

大見出し「「大石真虎」」の下に作られた小見出しの「江戸時代後期の画家」 江戸時代後期の画家、大石真虎。 江戸前期の京都で生まれたとされるが、詳しい生い立ちについてはわかっていない。 真虎は、狩野派の画家として活動し、のちに江戸に出て、狩野派の総帥である狩野永岳の門人となった。真虎は、永岳の画風を受け継ぎつつも、独自の画風を確立し、高い評価を得た。真虎の作品には、花鳥画や山水画が多く見られる。真虎の花鳥画は、写実的な表現と繊細な筆致が特徴で、山水画は、雄大な自然を力強く描いたものが多くある。 真虎は、江戸で活躍した画家として知られ、多くの作品を残した。真虎の作品は、現在でも各地の美術館などで所蔵されている。真虎は、江戸時代後期の画壇を代表する画家のひとりであり、その功績は今日でも高く評価されている。 真虎の代表作のひとつとして、東京国立博物館所蔵の「花鳥図屏風」がある。「花鳥図屏風」は、金地の屏風に花や鳥が描かれた作品で、真虎の写実的な表現と繊細な筆致が遺憾なく発揮されている。また、京都国立博物館所蔵の「山水図屏風」も真虎の代表作のひとつとして知られている。「山水図屏風」は、銀地の屏風に雄大な自然が描かれた作品で、真虎の力強い筆致が特徴的である。 真虎は、江戸時代後期の画壇を代表する画家のひとりであり、その功績は今日でも高く評価されている。真虎の作品は、現在でも各地の美術館などで所蔵されており、多くの人々から親しまれている。