造幣局

歴史上の人物

甲賀宜政-江戸出身の技術者

-甲賀宜政の生涯- 甲賀宜政は、1703年(元禄16年)に江戸で生まれた技術者です。幼い頃から機械に興味を持ち、独学で機械工学を学びました。20代の頃には、江戸幕府の御用達となり、数々の発明品を開発しました。その中でも最も有名なのが、世界初の国産蒸気機関車である「甲賀蒸気機関車」です。 甲賀蒸気機関車は、1853年(嘉永6年)に完成しました。この機関車は、石炭を燃やして蒸気を発生させ、その蒸気を動力にして走行する仕組みです。当時、日本には蒸気機関車はなかったので、甲賀蒸気機関車は画期的な発明でした。 甲賀蒸気機関車は、江戸と横浜の間を走る鉄道で使用されました。この鉄道は、日本初の鉄道であり、甲賀蒸気機関車は日本初の国産蒸気機関車として歴史に名を残しました。 甲賀宜政は、甲賀蒸気機関車の他にも、数々の発明品を開発しました。その中には、水力発電機、製紙機、印刷機などがあります。甲賀宜政の発明品は、日本の近代化に大きく貢献しました。 甲賀宜政は、1868年(明治元年)に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。甲賀宜政は、日本の近代化に貢献した偉大な技術者であり、日本の産業発展の礎を築いた人物の一人です。
美術分野の人

「勝見完斎」

奈良派の岩間信盧に師事し、画を学ぶ。 勝見完斎は、1816年に京都で生まれた画家です。幼い頃から絵に興味を持ち、13歳の時に奈良派の岩間信盧に師事し、画を学び始めました。岩間信盧は、大和絵の第一人者として知られる画家で、勝見完斎は彼の指導の下で、大和絵の技法を習得していきました。 勝見完斎は、岩間信盧のもとで10年間ほど修行を積み、その間に多くの作品を制作しました。彼の作品は、大和絵の伝統的な技法を用いながら、独自の画風を打ち出しており、その高い技術と芸術性は、早くから評価されていました。 1846年、勝見完斎は29歳の時に、奈良奉行所に出仕し、御用絵師として働くようになりました。御用絵師は、幕府や朝廷の公式な行事を記録する絵師のことで、勝見完斎は、この職務を通して、多くの重要な歴史的事件を絵に描きました。 勝見完斎は、御用絵師としての仕事以外にも、多くの私的な作品も制作しました。彼の作品は、大和絵の伝統的な題材だけでなく、風俗画や山水画など、幅広いジャンルにわたっており、その多彩な作品は、多くの人々から愛されました。 勝見完斎は、1894年に77歳で亡くなりましたが、彼の作品は、今日でも多くの美術館や博物館に所蔵されており、後世の人々に親しまれています。
歴史上の人物

「ブラガ」

-「ブラガ」- -香港生まれのポルトガル人教育者- ブラガは、香港生まれのポルトガル人教育者です。彼は、香港の教育界に大きな貢献をした人物として知られています。 ブラガは、1927年に香港で生まれました。彼は、香港大学で教育学を学び、1950年に卒業しました。卒業後は、香港の小学校で教鞭を執り始めました。1960年には、香港の教育局に転職し、教育行政官として働きました。1970年には、香港教育大学の学長に就任しました。 ブラガは、学長在任中に、香港の教育制度の改革に取り組みました。彼は、香港の教育制度を国際的な基準に合わせるために、カリキュラムの変更や教師の研修制度の充実などを進めました。また、彼は、香港の教育機関と海外の教育機関との交流を促進するために、国際交流プログラムの創設にも努めました。 ブラガは、香港の教育界に大きな貢献をした人物として知られています。彼は、香港の教育制度の改革に取り組み、香港の教育を国際的なレベルに引き上げました。また、彼は、香港の教育機関と海外の教育機関との交流を促進し、香港の教育の国際化に貢献しました。 ブラガは、1997年に香港教育大学を退職しました。その後は、教育コンサルタントとして活動し、香港の教育界の発展に貢献し続けました。2010年に亡くなりました。
歴史上の人物

官僚・池袋秀太郎の生涯

-官僚として歩んだ人生- 池袋秀太郎は、1900年に東京で生まれた。大学卒業後は、大蔵省に入り、官僚としての道を歩み始めた。大蔵省では、税制や財政政策を担当し、早くからその才能を認められた。 1936年には、大蔵次官に任命され、1940年には、大蔵大臣に就任した。大蔵大臣として、池袋は、日中戦争と太平洋戦争の財政を支え、日本の経済を支えた。 戦後、池袋は、公職追放されたが、1952年に政界に復帰した。1953年には、衆議院議員に当選し、1955年には、経済企画庁長官に任命された。 経済企画庁長官として、池袋は、日本の経済復興に尽力し、高度経済成長の基礎を築いた。池袋は、1963年に死去するまで、経済企画庁長官を務めた。 池袋秀太郎は、日本の経済発展に大きく貢献した官僚である。池袋の政策は、日本の経済復興と高度経済成長の基礎を築き、日本の繁栄に貢献した。 池袋秀太郎の官僚としての歩みは、以下のようなものである。 * 1923年東京帝国大学法学部を卒業し、大蔵省に入省。 * 1936年大蔵次官に任命。 * 1940年大蔵大臣に就任。 * 1945年公職追放。 * 1952年政界に復帰。 * 1953年衆議院議員に当選。 * 1955年経済企画庁長官に任命。 * 1963年死去。 池袋秀太郎の官僚としての功績は、以下のようなものである。 * 日中戦争と太平洋戦争の財政を支え、日本の経済を支えた。 * 日本の経済復興に尽力し、高度経済成長の基礎を築いた。 * 日本経済の発展に大きく貢献した。
美術分野の人

畑正吉→ 明治-昭和時代の彫刻家

- 畑正吉の生涯 - 畑正吉は、1853年11月22日に備後国福山市(現・広島県福山市)に、父・福太郎、母・とめの四男として生まれた。 幼少の頃から絵画や彫刻に親しみ、1875年に上京して大蔵省工部美術課に入省。同校で彫刻を学び、1881年に第1回内国勧業博覧会に出品した「野鴨」で三等賞を受賞した。 1887年に工部美術課を辞めて渡欧し、フランスのパリ国立高等美術学校で彫刻を学んだ。在学中、1889年の第4回パリ万国博覧会に出品した「海女」で金賞を受賞し、一躍その名が知られるようになった。 1892年に帰国し、東京美術学校(現・東京藝術大学)の彫刻科教授に就任。同校で後進の指導にあたり、日本近代彫刻の発展に貢献した。 1901年に帝国美術院会員に選出され、1910年には東京美術学校校長に就任した。1919年に文化勲章を受章。 1920年8月1日に東京市小石川区原町(現・東京都文京区原町)で死去。享年68。 畑正吉は、写実的かつ優美な作風で知られ、明治・大正期の日本彫刻界を代表する彫刻家の一人である。