遠江守

歴史上の偉人

– 多治比国人

-多治比国人の生涯- 多治比国人は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した貴族・政治家です。668年に生まれ、735年に亡くなりました。多治比氏は、物部氏の流れをくむ氏族で、国人はその嫡流でした。 国人は、天武天皇の時代に、中央政界で活躍するようになります。690年には、従五位下に叙され、694年には、中納言に任命されます。701年には、宇治の地に別業を構え、そこで隠棲生活を送りました。 703年に、国人は、再び中央政界に復帰します。705年には、右大臣に任命され、708年には、左大臣に昇進しました。710年には、藤原不比等の死後、太政大臣に任命されました。 国人は、太政大臣として、国家の最高権力者として君臨しました。711年には、大宝律令の制定に関わり、715年には、平城京への遷都を実現させました。 735年、国人は、70歳の生涯を終えました。国人は、多治比氏の繁栄に貢献しただけでなく、国家の発展にも大きな功績を残しました。 多治比国人は、多治比氏の嫡流として生まれ、天武天皇の時代に中央政界で活躍するようになります。701年には、宇治の地に別業を構え、そこで隠棲生活を送りました。703年に、国人は、再び中央政界に復帰し、710年には、太政大臣に任命されました。国人は、太政大臣として、国家の最高権力者として君臨し、711年には、大宝律令の制定に関わり、715年には、平城京への遷都を実現させました。735年、国人は、70歳の生涯を終えました。
歴史上の偉人

「中臣伊勢老人」の生涯と業績

中臣伊勢老人の生い立ちと出自 中臣伊勢老人(なかとみ の いせのおきな、? - 848年4月16日)は、平安時代初期の貴族、儒学者、陰陽家。姓は連。氏姓は忌部氏。中臣氏、中臣宿禰伴氏の伴造。官位は正六位下・大学頭。別名を伊勢伴もしくは伊勢宿禰。 伊勢老人は、伊勢国(三重県)出身で、父は伊勢連(伴)安志。生年は不詳だが、840年(承和7年)正月に従五位下に叙せられていることから、60歳前後と推定される。 伊勢老人は、幼少期より儒学を学び、若くして大学寮の明経科(経書を専攻する学科)に入学した。在学中は、大学頭を歴任した大江音人を師として学び、儒学の奥義を究めた。 伊勢老人は、大江音人から儒学だけでなく、陰陽道も学んだ。陰陽道は、中国由来の占術で、天体の運行や自然現象を基に、吉凶を判断する学問である。伊勢老人は、陰陽道にも秀で、811年(弘仁2年)に陰陽寮の阴阳博士に任命された。 伊勢老人は、陰陽寮の阴阳博士として、陰陽道を朝廷に奉仕した。また、大学寮の助教も兼任し、儒学の教育にも携わった。伊勢老人は、儒学と陰陽道の両方に通じた学者として、朝廷で重んじられた。 840年(承和7年)正月、伊勢老人は従五位下に叙せられた。842年(承和9年)12月、大学頭兼茂光と同年の大学助教狛麻呂が廃せられたため、伊勢老人が大学の総責任者となった。 伊勢老人は、848年(嘉祥元年)4月16日に薨去した。享年は不詳だが、80歳前後と推定される。伊勢老人は、儒学と陰陽道の両方に通じた学者として、朝廷に多大な貢献をした。
歴史上の偉人

平安時代の官吏・歌人 大江公資とは

- 平安時代の官吏・歌人 大江公資とは 平安時代中期の官吏・歌人である大江公資は、921年に生まれ、991年に亡くなりました。公卿の藤原朝光から和歌の手ほどきを受け、和歌の才能を開花させたと言われています。 公資は儒者の家柄に生まれ、文章に長けていました。早くから和歌を好み、多くの歌を残しています。32歳の時に文章博士となり、文章生を指導しました。文章博士は、宮廷で詔勅や奏議などの公文書を起草する役職です。公資は優れた文章を書くことで有名で、人々から尊敬されていました。 その後、右近衛権少将、左近衛権少将などを歴任し、48歳の時に左近衛少将に昇進しました。左近衛少将は、宮廷の警護を司る役職です。公資は、左近衛少将として、宮廷の警護に当たりました。 公資は、和歌の才能も高く評価されており、31歳の時に『後撰和歌集』の撰者の一人になりました。『後撰和歌集』は、醍醐天皇の勅命によって編纂された勅撰和歌集です。公資は、『後撰和歌集』に40首の歌を寄せています。 公資の歌は、優美で繊細な作風が特徴で、多くの歌人がその歌を模範としました。公資は、平安時代中期の歌壇を代表する歌人であり、その歌は今日でも多くの人々に愛されています。
歴史上の偉人

-大原桜井(?-? 奈良時代の官吏)

出自と官歴 大原桜井の出自については、詳しくわかっていません。しかし、奈良時代の719年に下総守に任命されていることから、下総国出身だった可能性が高いと考えられています。 大原桜井の官歴は、719年に下総守に任命されたことから始まります。その後、721年には下野守に、724年には常陸守に任命されました。729年には左京大夫に任命され、中央官僚として活躍しました。731年には大宰少弐に任命され、九州地方の行政を担いました。 733年には大宰大弐に昇進し、九州地方の最高責任者となりました。735年には参議に任命され、太政官のメンバーとして国の政務を担いました。737年には左大弁に任命され、太政官の筆頭書記官を務めました。 738年には右大臣に任命され、太政官の最高責任者となりました。740年には右大臣を辞任し、左大臣に任命されました。左大臣は、太政官の次官であり、右大臣よりも上位の官職でした。 743年には左大臣を辞任し、太政大臣に任命されました。太政大臣は、太政官の最高責任者であり、国の最高官職でした。大原桜井は、太政大臣に任命されたことで、奈良時代の最高権力者となりました。
歴史上の偉人

遣唐使大伴山守の生涯

- 大伴山守の生没年と出身 大伴山守の生没年は、正確には不明である。しかし、彼が活躍した時期から逆算すると、650年頃が彼の生年と推定されている。また、彼の出身地については、尾張国(現在の愛知県)と美濃国(現在の岐阜県)の両説がある。 大伴山守は、大伴氏の一族で、父は大伴馬来田である。大伴氏は、上古から続く、日本の皇族・公卿から、神職まで、広範囲に活躍した名門で、大伴山守もこの大伴氏の一族として誕生した。 大伴山守は、幼少の頃から聡明で、早くから才能を発揮したと伝えられている。彼は、学問に優れ、和歌や詩文にも長けていた。また、武芸にも秀でており、弓馬の達人としても知られていた。 大伴山守は、684年に遣唐使として唐に渡る。この時、彼は35歳前後であったと推定されている。唐では、彼は長安に滞在し、唐の文化や制度を学び取った。また、彼は唐の皇帝である高宗と面会し、日本の国情を報告した。 大伴山守は、689年に帰国し、翌年の690年に常陸国守に任命された。しかし、彼は691年に病死し、常陸国守を務めたのはわずか1年足らずであった。 大伴山守の死は、日本の政界に大きな衝撃を与えた。彼は、まだ40歳前後であり、将来を嘱望されていた人物であったためである。大伴山守の死は、彼の才能を惜しむ人々によって、深く悼まれた。
歴史上の偉人

橘入居 – 奈良・平安時代前期の官吏

-# 橘入居の生涯 橘入居は、奈良時代末期から平安時代初期にかけて活躍した官吏です。藤原仲麻呂の側近として仕え、藤原仲麻呂の死後は光仁天皇に仕えました。784年に大納言に任じられ、その後、右大臣に昇進しました。橘入居は、政治家としてだけでなく、詩人としても知られています。 橘入居は、奈良時代末期に生まれました。出身は不明ですが、橘氏の一族であると考えられています。橘氏は、藤原氏と並んで、奈良時代から平安時代にかけて活躍した名門貴族です。橘入居は、若くして藤原仲麻呂の側近として仕えました。藤原仲麻呂は、藤原不比等の四男で、藤原四兄弟の一人です。藤原仲麻呂は、聖武天皇の時代に権勢を振るい、757年には右大臣に任じられました。 橘入居は、藤原仲麻呂の側近として、藤原仲麻呂の政治を支えました。橘入居は、藤原仲麻呂の死後も光仁天皇に仕え、784年に大納言に任じられました。橘入居は、大納言として、桓武天皇の即位に尽力しました。橘入居は、796年に右大臣に昇進しました。橘入居は、右大臣として、桓武天皇の政治を支えました。 橘入居は、806年に右大臣を辞任し、810年に薨去しました。橘入居は、政治家としてだけでなく、詩人としても知られています。橘入居は、中国の詩を愛好し、多くの詩を残しています。橘入居の詩は、当時の政治や社会の様子を反映しており、貴重な史料となっています。 橘入居は、奈良時代末期から平安時代初期にかけて活躍した重要な政治家であり、詩人です。橘入居は、藤原仲麻呂の側近として仕え、藤原仲麻呂の死後は光仁天皇に仕えました。橘入居は、政治家としてだけでなく、詩人としても知られています。橘入居の詩は、当時の政治や社会の様子を反映しており、貴重な史料となっています。
歴史上の偉人

大伴伯麻呂:奈良時代を彩った貴族の生涯

-大伴伯麻呂の生い立ちと家系- 大伴伯麻呂は奈良時代の貴族・政治家で、721年に誕生しました。彼は大伴旅人(おおとものたびと)の五男であり、大納言を務めた大伴家持(おおとものやかもち)の弟にあたります。大伴氏は大和朝廷に仕えた有力な氏族であり、伯麻呂もその名に恥じぬ活躍を見せました。 伯麻呂は幼い頃から聡明で、学問に励みました。彼は特に和歌に優れており、万葉集には彼の作品が数多く収められています。また、伯麻呂は政治家としても才能を発揮し、太宰府の権官や、念願であった大納言にも就任しました。 伯麻呂は785年に亡くなりましたが、彼の業績は現在に至るまで高く評価されています。彼の和歌は日本文学の宝であり、政治家としての活躍は奈良時代の安定に大きく貢献しました。伯麻呂は奈良時代を彩った貴族のひとりとして、歴史に名を残す人物です。 伯麻呂の生い立ちと家系をもう少し詳しく見てみましょう。伯麻呂は、大伴旅人の五男として、奈良の藤原宮で生まれました。大伴氏は、古くから朝廷に仕えた有力な氏族であり、伯麻呂の父である旅人は、大納言などの要職を歴任しました。母は、県犬養三千代とされています。三千代は、下野国(現在の栃木県)出身の女性で、伯麻呂の父である旅人の妾でした。 伯麻呂は、兄弟の中で最も聡明で、学問に励みました。彼は、儒学や史学に通じ、和歌にも優れていました。また、伯麻呂は、政治家としても才能を発揮し、太宰府の権官や、念願であった大納言にまで昇進しました。 伯麻呂の生涯は、順風満帆なものでしたが、晩年は、兄である家持との確執に悩まされました。家持は、伯麻呂よりも早く大納言に就任しており、伯麻呂は、兄の昇進を妬んでいました。また、伯麻呂は、家持の性格を「肉倍にして憎む」と評しており、二人の仲は険悪でした。 伯麻呂は、785年に亡くなりました。彼の死後、家持は、伯麻呂の功績を讃えて、歌を詠みました。その歌には、「伯麻呂は、才能に溢れた人物だったが、不幸にも早世した。彼の死は、日本にとって大きな損失である」という内容が詠まれています。 伯麻呂は、奈良時代を彩った貴族のひとりとして、歴史に名を残す人物です。彼の和歌は日本文学の宝であり、政治家としての活躍は奈良時代の安定に大きく貢献しました。
歴史上の偉人

– 巨勢総成

-巨勢総成とは- 巨勢総成(こせの むねなり)は、日本の古代豪族の一人とされる人物。姓(カバネ)は連。 ※『日本書紀』では、敏達天皇32年(583年)に巨勢惣成が新羅に派遣されて国書を手渡したとする記述がある。 ※『新撰姓氏録』によると、巨勢氏の祖先は、景行天皇の皇子である建部武彦命とされる。 ※巨勢総成は、欽明天皇の時代には、大連(おおむらじ)を務めていた。 ※「巨勢総成」の「巨勢」という氏(姓)は、奈良県桜井市巨勢町(旧宇陀郡巨勢村)を根拠地とした豪族である。 ※巨勢氏は、物部氏、蘇我氏、大伴氏と並んで、古代日本の四大家族の一つとして数えられている。 ※巨勢氏は、軍事、外交、経済、文化など、さまざまな分野で活躍した。 ※『続日本紀』では、天武天皇4年(675年)に巨勢総成が陸奥国に派遣されて蝦夷を討伐したとする記述がある。 ※巨勢総成は、持統天皇の時代には、左大臣や右近衛大将などを歴任した。 ※巨勢総成は、文武天皇の時代には、内大臣を務めた。 ※巨勢総成は、慶雲4年(707年)に致仕した。 ※巨勢総成は、和銅2年(709年)に薨去した。
歴史上の偉人

笠弘興とは?平安時代前期の官吏

笠弘興の人物像 笠弘興の人物像については、平安時代前期の官吏であり、清和天皇から宇多天皇の3代に仕えたことが知られています。記録に残る彼の立場は左大臣であり、他の役職を務めた形跡は残されていませんが、正五位下から従二位に至るまで昇進していることから、順調に官位を上昇させたものと考えられます。 彼がどのような性格の人物であったかを示す逸話は残っていません。在地の土豪である笠氏を出自とする人物であり、その出自を理由に左遷されたことがあることからも、彼は出自を意識して、それ相応の努力をする人物だった可能性は指摘されています。 笠弘興が亡くなったのは宇多天皇在位中のことと推測されます。彼には少なくとも1人の子があったと言われており、その子は従四位下にまで昇進しています。
歴史上の偉人

粟田奈勢麻呂 – 奈良時代の官吏

藤原仲麻呂政権下での昇進 粟田奈勢麻呂は、藤原仲麻呂が権力を握ると、その庇護を受けて急速に昇進しました。聖武天皇の崩御後、即位した孝謙天皇は、藤原仲麻呂の娘である県犬養広刀(あがたのいぬかいたかこ)を皇后に冊立しました。このとき、粟田奈勢麻呂は、皇后宮大夫に任命されました。さらに、孝謙天皇が重祚して称徳天皇となると、粟田奈勢麻呂は、参議に任命され、公卿の列に加わりました。 粟田奈勢麻呂は、参議として、藤原仲麻呂の補佐役として活躍しました。また、称徳天皇の信任も厚く、度々、天皇の諮問を受けました。764年には、藤原仲麻呂が征東大使として、蝦夷征討に出陣したとき、粟田奈勢麻呂は、副将軍として、藤原仲麻呂を補佐しました。蝦夷征討は、成功裏に終わり、藤原仲麻呂は、大功を立てました。粟田奈勢麻呂も、藤原仲麻呂の功績に与り、正三位に叙せられました。 765年、藤原仲麻呂は、権力を握りすぎたとして、称徳天皇の怒りを買って、失脚しました。藤原仲麻呂は、九州に逃亡しましたが、途中、近江国で、反乱軍に殺害されました。藤原仲麻呂の失脚に伴い、粟田奈勢麻呂も、連座して失脚しました。粟田奈勢麻呂は、官職を剥奪され、流罪に処されました。 流罪先で、粟田奈勢麻呂は、病にかかり、767年に亡くなりました。粟田奈勢麻呂は、藤原仲麻呂の庇護を受けて、急速に昇進しましたが、藤原仲麻呂の失脚に伴い、悲惨な最期を遂げました。
歴史上の偉人

藤原衛

藤原衛の生涯 藤原衛は、日本の政治家、官僚。第57代総理大臣。本籍地は東京都。 幼少期 藤原衛は、1942年10月10日に東京都で生まれた。父は銀行員、母は専業主婦。4人兄弟の長男。 学生時代 藤原衛は、小学校、中学校、高校と、地元の公立校に通った。高校時代は、生徒会長を務めるなど、リーダーシップを発揮した。 大学時代 藤原衛は、東京大学法学部に進学。在学中は、学生自治会委員長を務めるなど、学生運動に参加した。また、司法試験に合格した。 官僚時代 大学卒業後、藤原衛は国家公務員採用試験に合格し、通商産業省に入省した。貿易局、大臣官房など、様々な部署を歴任した。 政治家時代 藤原衛は、1983年の総選挙で衆議院議員に初当選した。その後、当選を重ね、2005年に総理大臣に就任した。総理大臣在任中は、経済政策や外交政策に力を入れ、日本の国際的地位を高めた。 引退 藤原衛は、2009年の総選挙で落選し、政界を引退した。その後は、民間企業の顧問や大学の教授を務めた。 死去 藤原衛は、2020年1月1日に死去した。享年77歳。 人物 藤原衛は、知性と決断力を兼ね備えた政治家として知られていた。また、国際派としても知られ、多くの外国首脳と親交があった。
歴史上の偉人

大伴三依とは?奈良時代の官吏として活躍した人物をご紹介

-出自と家柄- 大伴三依は、奈良時代初期の官吏です。大伴氏の一族に生まれ、祖父は天智天皇に仕えた大伴吹負、父は大宝律令の撰定に携わった大伴安麻呂です。三依は、このような名門の家に生まれ、幼い頃から優秀な教育を受けました。 大伴氏は、飛鳥時代から続く名門豪族で、多くの有力者を輩出した一族です。三依の祖父である大伴吹負は、天智天皇に仕えて功績を挙げ、大納言の位まで上りました。父の安麻呂も、天武天皇の時代から朝廷に仕え、大宝律令の撰定に携わるなど、重要な役割を果たしました。 三依は、このような名門の家に生まれ、幼い頃から優秀な教育を受けました。三依は、学問を好み、特に歴史と漢籍に秀でていました。また、武芸にも優れており、弓馬の達人として知られていました。 三依は、天平宝字3年(759年)に官吏として出仕し、兵部少輔の職に就きました。その後、 последоваし、刑部少輔、大蔵大輔などの要職を歴任しました。三依は、官吏として、公務に励み、朝廷に貢献しました。 三依は、天平勝宝9年(757年)に亡くなりました。享年52歳でした。三依の死は、朝廷に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼みました。三依は、名門の出であり、学問と武芸に秀でた優秀な官吏でした。三依の死は、朝廷にとって大きな損失となりました。