都市対抗

スポーツカテゴリー

芥田武夫→ 野球選手、監督、全国中等学校野球連盟の功労者

-# 野球選手としての活躍 芥田武夫は、1911年(明治44年)に福岡県で生まれ、地元の旧制福岡県立中学(現・福岡県立福岡高等学校)に入学しました。中学時代から野球を始め、主に外野手として活躍しました。1925年(大正14年)には、全国中等学校野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)に出場し、ベスト8に進出しました。 卒業後は、東京帝国大学(現・東京大学)に進学しましたが、野球部には所属せず、学業に専念しました。しかし、大学在学中に、東京六大学野球リーグの早稲田大学と慶應大学の試合を観戦し、野球への情熱を再燃させました。 大学卒業後は、社会人野球の東京倶楽部に入団し、外野手として活躍しました。1934年(昭和9年)には、全国野球選手権大会(現・都市対抗野球大会)に出場し、準優勝に貢献しました。 1935年(昭和10年)には、名古屋軍(現・中日ドラゴンズ)に入団し、プロ野球選手となりました。1936年(昭和11年)には、チームの初優勝に貢献し、自身もベストナインに選ばれました。1938年(昭和13年)には、全日本選抜チームの一員として、アメリカ遠征に参加しました。 1940年(昭和15年)には、召集を受けて兵役に就き、中国戦線に出征しました。1945年(昭和20年)に復員した後、名古屋軍に復帰し、1947年(昭和22年)まで選手として活躍しました。
スポーツカテゴリー

田部武雄:野球殿堂入りした伝説のアスリート

田部武雄の生い立ちと野球への情熱 1916年東京に生まれる。父は医者で、母は旧華族の娘だった。幼い頃からスポーツ万能で、特に野球を愛していた。 田部武雄は、1916年に東京で生まれました。彼の父親は医者で、母親は旧華族の娘でした。幼い頃からスポーツ万能で、特に野球を愛していました。 中学時代は、東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)の野球部で活躍しました。 中学時代は、東京府立第一中学校(現東京都立日比谷高等学校)の野球部で活躍しました。 早稲田大学に進学後も野球部に所属し、1936年の日米野球では、日本の勝利に貢献しました。 1940年にプロ野球チーム「東京巨人軍」に入団、プロ野球生活をスタートさせました。 1940年にプロ野球チーム「東京巨人軍」に入団、プロ野球生活をスタートさせました。 1943年には、巨人が初の日本一を達成しました。 戦後は、1946年に巨人に復帰し、1949年には、巨人が2度目の日本一を達成しました。 戦後は、1946年に巨人に復帰し、1949年には、巨人が2度目の日本一を達成しました。 1951年に引退するまで、巨人で活躍しました。 引退後は、監督として巨人、大洋ホエールズ、阪急ブレーブスを率い、1965年には阪急を日本一に導きました。 引退後は、監督として巨人、大洋ホエールズ、阪急ブレーブスを率い、1965年には阪急を日本一に導きました。 1984年に野球殿堂入りを果たしました。 田部武雄は、日本プロ野球界の伝説的な選手・監督として、今もなお多くの人々に尊敬されています。
スポーツカテゴリー

牧野直隆:伝説の野球選手と高野連会長

- 牧野直隆伝説の野球選手と高野連会長 -# 牧野直隆の経歴と功績 牧野直隆は、1927年3月26日に東京都で生まれた。1949年に早稲田大学を卒業し、社会人野球の強豪チームである全鐘紡に所属した。全鐘紡では、俊足巧打の右翼手として活躍し、1953年には第25回都市対抗野球大会で優勝を果たした。 1955年に全鐘紡を退団した後、牧野は読売ジャイアンツに入団した。ジャイアンツでは、主に代走や守備固めとして出場し、1956年には日本シリーズに出場した。1957年に引退後は、読売ジャイアンツのスカウトとして活躍し、長嶋茂雄や王貞治など、多くの名選手の発掘に貢献した。 1978年に読売ジャイアンツを退団した後、牧野は日本学生野球連盟の会長に就任した。高野連会長として、全国高等学校野球選手権大会の改革に尽力し、1983年には全国高等学校野球選手権大会の開催地を兵庫県西宮市の阪神甲子園球場から、大阪府吹田市の大阪スタヂアムに変更した。また、1985年には全国高等学校野球選手権大会の決勝戦をテレビ中継するようになった。 牧野は、1995年に高野連会長を退任したが、その後も全国高等学校野球選手権大会の運営に貢献し続けた。2005年に逝去したが、全国高等学校野球選手権大会の功労者としてその名を記憶されている。