重量フォワード

スポーツ分野の人

北島忠治→ 明治ラグビーの伝統を築いた名指導者

北島忠治の生涯と功績 北島忠治は、1868年に神奈川県横浜市に生まれました。1887年に東京大学予備門に入学し、1891年に東京帝国大学法学部に入学しました。1895年に東京帝国大学法学部を卒業し、司法省に入省しました。1898年に司法官試補に任命され、東京地方裁判所判事に着任しました。 1901年に司法省を辞職し、慶應義塾大学法学部教授に就任しました。1903年に慶應義塾大学ラグビー部監督に就任し、1906年に慶應義塾大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1907年に東京高等師範学校教授に就任し、1910年に東京高等師範学校ラグビー部監督に就任しました。1911年に東京高等師範学校ラグビー部を全国制覇に導きました。 1913年に東京高等師範学校を辞職し、慶應義塾大学ラグビー部監督に再任されました。1916年に慶應義塾大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1917年に明治大学ラグビー部監督に就任し、1918年に明治大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1919年に明治大学ラグビー部監督を辞任し、慶應義塾大学ラグビー部監督に三度目の就任をしました。 1920年に慶應義塾大学ラグビー部を全国制覇に導きました。1921年に慶應義塾大学ラグビー部監督を辞任し、ラグビー指導者を引退しました。1941年に死去しました。 北島忠治は、日本のラグビーの発展に貢献した指導者です。慶應義塾大学ラグビー部、東京高等師範学校ラグビー部、明治大学ラグビー部を全国制覇に導き、日本のラグビー界に大きな影響を与えました。北島忠治は、日本のラグビーの父と呼ばれています。