野村証券

経済分野の人

相田雪雄:国際派金融マンとその功績

相田雪雄氏は、波乱の証券業界を生き抜いた経営者として知られる。彼は1932年に東京に生まれ、1956年に早稲田大学を卒業後、第一勧業銀行に入行した。その後、1971年に日本興業銀行に出向し、1973年に同社の常務取締役に就任した。1984年には、野村證券の社長に就任し、同社の経営再建を主導した。 相田氏は、野村證券の社長就任当時、同社は巨額の損失を抱えていた。しかし、彼は果敢なリストラ策を断行し、同社を再建に導いた。具体的には、人員削減、店舗閉鎖、業務の効率化などを行った。また、新しい金融商品を開発し、海外市場への進出も推進した。 相田氏の経営手腕により、野村證券は1986年には黒字転換を果たし、その後も業績を伸ばし続けた。1990年には、同社の社長を退任し、会長に就任した。その後も、同社の経営に深く関与し、2001年には相談役に就任した。 相田氏は、国際派金融マンとしても知られる。彼は、ロンドンやニューヨークなどの海外の金融市場で活躍し、世界的な金融界に大きな影響を与えた。また、彼は、日本の金融業界の国際化にも貢献した。 相田氏は、2020年に逝去した。享年88歳。彼は、日本の金融業界の発展に大きな貢献をした偉大な経営者であった。
経済分野の人

田淵節也の生涯と功績

-田淵節也の生涯と功績- -経営者として活躍した田淵節也の経歴と功績- 田淵節也は、日本の実業家であり、元ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の社長兼CEOです。1955年、東京都に生まれ、1979年に東京大学経済学部を卒業後、ソニーに入社しました。 入社後は、オーディオルームの設計や、ウォークマンの開発などに携わり、1993年にSCEの社長兼CEOに就任しました。在任中は、PlayStationの発売を成功させ、世界のゲーム市場を拡大しました。 また、田淵氏は、SCEの経営戦略を転換し、ゲーム機メーカーから、ゲームコンテンツメーカーへとシフトしました。この戦略は成功し、SCEは、ゲーム業界でトップ企業の地位を確固たるものとしました。 2006年にSCEの社長兼CEOを退任しましたが、その後も、ゲーム業界に携わり、2012年には、ゲーム開発会社「ジェネラル・エンターテインメント」を設立しました。 田淵氏は、ゲーム業界の発展に大きく貢献した経営者として、高く評価されています。 -主な功績- ・ウォークマンの開発 ・PlayStationの発売 ・SCEの経営戦略の転換 ・ゲーム業界の発展
政治分野の人

– 寺澤芳男

-寺澤芳男の生い立ちと経歴- 寺澤芳男は、1936年12月13日に東京都に生まれました。父は、医師の寺澤芳蔵、母は、寺澤千代という名前でした。芳男は、4人兄弟の末っ子でした。 芳男は、幼い頃から落ち着きがなく、よく遊び回っていました。しかし、成績は優秀で、小学校ではいつもトップクラスでした。また、スポーツも得意で、特に野球が大好きでした。 芳男は、1955年に早稲田大学に入学しました。大学では、経済学部で学びました。芳男は、大学でも成績優秀で、在学中に国家公務員試験に合格しました。 芳男は、1959年に大学を卒業し、大蔵省に入省しました。大蔵省では、主計局に配属され、予算編成を担当しました。芳男は、大蔵省での勤務中に、同期入省の竹下登や小渕恵三と親交を深めました。 芳男は、1984年に大蔵事務次官に就任しました。大蔵事務次官は、大蔵省の最高幹部であり、財政政策や金融政策を決定する権限を持っていました。芳男は、大蔵事務次官として、バブル経済の崩壊後の経済対策を立案しました。 芳男は、1986年に退官し、同年4月に参議院議員に当選しました。芳男は、参議院議員として、財政金融問題や外交問題などの分野で活躍しました。 芳男は、1993年に、細川内閣で財務大臣に就任しました。財務大臣として、芳男は、平成5年度予算の編成を担当しました。平成5年度予算は、公共事業の削減や税制改革など、財政再建を重視した予算でした。 芳男は、1994年4月に退任し、政界を引退しました。芳男は、2000年8月27日に死去しました。享年63歳でした。
経済分野の人

飯田清三とは

-飯田清三の生い立ち- 飯田清三は、1871年(明治3年)10月20日に、愛知県碧海の農家に生まれた。父は飯田甚兵衛、母はふみ。清三は、3人兄弟の次男で、幼い頃から体が弱く、よく病気をしていました。 清三が10歳の時、父が亡くなりました。清三は、母と弟妹を養うため、学校を中退して働きに出ました。清三は、陶器工場や製糸工場などで働き、懸命に働きました。 清三が17歳の時、母が亡くなりました。清三は、弟妹を連れて、名古屋に出ました。清三は、名古屋で薬屋に奉公しました。清三は、薬屋で働きながら、夜学校に通い、勉強しました。清三は、薬剤師の資格を取得し、薬剤師として働くようになりました。 清三が24歳の時、清三は妻ののぶと結婚しました。清三とのぶの間には、4人の子供が生まれました。清三は、薬剤師として働きながら、子供を育てました。清三は、家族を養うために、懸命に働きました。 清三は、60歳の時、薬剤師を引退しました。清三は、引退後は、趣味の旅行や読書を楽しむようになりました。清三は、80歳の時、肺炎で亡くなりました。
経済分野の人

奥村綱雄:昭和時代の経営者

-野村証券の社長として活躍- 奥村綱雄氏は、野村証券の社長として活躍した昭和時代の経営者です。1902年(明治35年)に大阪府に生まれ、東京帝国大学経済学部を卒業後、野村証券に入社しました。その後、取締役、常務取締役を経て、1946(昭和21年)に社長に就任しました。 奥村氏が社長を務めた時期は、野村証券が大きく成長した時代でした。戦後の日本経済の復興に伴い、証券市場も活況を呈し、野村証券もその恩恵を受けて業績を伸ばしました。奥村氏は、こうした野村証券の成長を支えた経営者として高い評価を受けています。 奥村氏は、経営者として優れた手腕を発揮しただけでなく、社会貢献にも熱心でした。1956年(昭和31年)には、日本経済団体連合会(経団連)の会長に就任し、日本の経済界を代表して政府や政党に提言を行いました。また、1964年(昭和39年)には、東京オリンピック組織委員会の会長を務め、オリンピックの成功に貢献しました。 奥村氏は、1978年(昭和53年)に死去しました。享年76歳でした。奥村氏の死去は、日本の経済界に大きな損失を与えました。
経済分野の人

北裏喜一郎

-北裏喜一郎の経歴と業績- 北裏喜一郎は、1891年(明治24年)に愛知県名古屋市に生まれました。 1915年(大正4年)に東京帝国大学工学部を卒業し、東京電灯株式会社(現・東京電力株式会社)に入社しました。 1922年(大正11年)に東京電灯株式会社を退職し、日本電気株式会社(現・NEC株式会社)を創立しました。 日本電気株式会社は、北裏喜一郎の指揮のもと、電話機、無線機、テレビなどの電気製品を開発し、日本の電気産業の発展に大きく貢献しました。 北裏喜一郎は、1952年(昭和27年)に日本電気株式会社の社長を退任し、1954年(昭和29年)に会長に就任しました。 北裏喜一郎は、1965年(昭和40年)に83歳で亡くなりましたが、日本電気株式会社は、その後も北裏喜一郎の築いた基礎を活かして発展し続け、現在では世界有数の電気メーカーとなっています。 北裏喜一郎の主な業績は以下の通りです。 * 日本電気株式会社の創立と経営 * 電話機、無線機、テレビなどの電気製品の開発 * 日本の電気産業の発展への貢献
経済分野の人

田淵義久 – 昭和後期・平成時代の経営者

-# 野村証券入社から取締役まで 田淵義久は、1925年(大正14年)1月5日に、大阪府大阪市に生まれた。1942年(昭和17年)に麻布獣医畜産専門学校を卒業した後、1943年(昭和18年)に東京帝国大学経済学部に進学した。しかし、1945年(昭和20年)に学徒出陣で海軍に特別操縦見習生として入隊し、終戦まで鹿児島県鹿屋海軍航空基地で過ごすこととなった。 終戦後、田淵は復員して東京帝国大学経済学部に復学し、1948年(昭和23年)に卒業した。卒業後は、野村証券に入社し、調査部、営業部、総務部などを経て、1963年(昭和38年)に取締役となった。 野村証券取締役時代には、証券業界の国際化を推進し、1971年(昭和46年)には、野村証券ロンドン支店を開設した。また、1972年(昭和47年)には、野村証券ニューヨーク支店を開設し、野村証券の海外展開を加速させた。 1974年(昭和49年)に野村証券副社長に就任し、1977年(昭和52年)に野村証券社長に就任した。社長時代には、野村証券の経営改革を進め、証券業界のリーディングカンパニーとしての地位を確固たるものとした。 1985年(昭和60年)に野村証券会長に就任し、1990年(平成2年)まで務めた。会長退任後は、野村総合研究所会長、野村不動産会長、日本経済団体連合会会長などを歴任した。
経済分野の人

野村徳七-明治・昭和時代前期の実業家

野村徳七-明治・昭和時代前期の実業家 家業を証券業に転換し,日露戦争後の投機で巨利をあげる。  野村徳七は、明治・昭和時代前期に活躍した実業家。野村證券の創業者である。  野村徳七は、1857年(安政4年)に、現在の新潟県三条市に生まれた。1877年(明治10年)に、東京に出て、三井銀行に就職した。その後、1881年(明治14年)に、野村商店を創業した。野村商店は、最初は呉服と米穀を扱う商店だったが、1887年(明治20年)に、証券業に転換した。  野村徳七は、証券業に転換後、日露戦争後の投機で巨利を上げた。日露戦争後、日本は、戦勝国として、賠償金を受け取った。この賠償金は、日本の経済を潤し、株式市場も活況を呈した。野村徳七は、この株式市場の活況に乗じて、投機を行い、巨利を上げた。  野村徳七は、巨利を上げた後、1915年(大正4年)に、野村證券を設立した。野村證券は、その後、日本の証券業界をリードする企業となった。野村徳七は、1933年(昭和8年)に、76歳で亡くなった。
経済分野の人

「瀬川美能留」

-瀬川美能留の生涯- 瀬川美能留は、1927年(昭和2年)4月21日に東京都に生まれました。父は画家であり、母はピアニストであるという芸術一家に育ちました。美能留は幼い頃から絵が好きで、小学校卒業後は東京美術学校に入学しました。卒業後は画家として活動し、多くの作品を発表して高い評価を得ました。 美能留は、戦後まもなくアメリカに渡り、ニューヨークを拠点に活動しました。アメリカでは、抽象表現主義の画家として活躍し、多くの美術館で展覧会を開催しました。また、アメリカ政府から文化勲章を贈られ、世界的に有名な画家として知られるようになりました。 1970年(昭和45年)に美能留は帰国し、日本での活動を再開しました。帰国後は、主に油彩画の制作に取り組み、多くの展覧会を開催しました。また、東京藝術大学の教授として後進の指導にもあたり、日本の芸術界に大きな影響を与えました。 美能留は、1999年(平成11年)11月23日に東京都で亡くなりました。享年72歳でした。美能留の死は、日本の芸術界に大きな衝撃を与え、多くの人がその死を悼みました。 美能留は、日本を代表する近代画家の一人です。抽象表現主義の画家として世界的に活躍し、多くの作品を発表しました。美能留の作品は、日本の美術館に所蔵されており、多くの人がその作品を鑑賞することができます。