野根山事件

歴史上の人物

– 横山英吉

-横山英吉の生涯- -横山英吉- 1911年8月23日 - 1945年8月15日)は、日本の軍人。最終階級は陸軍大尉。太平洋戦争(大東亜戦争)中のフィリピン・ルソン島の戦いで、終戦2日前に玉砕したとき、最前線で生存する日本軍将校のうち最高階級であったため、日本の降伏を最初に受け入れ、太平洋戦争終結の立役者の一人となった。 -生い立ちと軍歴- 横山英吉は、1911年8月23日、岐阜県羽島郡竹鼻町(現在の羽島市)に生まれた。岐阜県立岐阜中学校(現在の岐阜県立岐阜高等学校)を経て、1931年(昭和6年)に陸軍士官学校に入学。1933年(昭和8年)に卒業し、陸軍少尉に任官された。その後、陸軍歩兵学校、陸軍大学校を卒業し、1941年(昭和16年)に陸軍大尉に昇進した。 -太平洋戦争- 太平洋戦争(大東亜戦争)が勃発すると、横山英吉は、フィリピンに派遣された。1942年(昭和17年)4月、第14軍隷下の第1師団歩兵第3連隊第1大隊第2中隊長として、フィリピンのバターン半島とコルレヒドール島に侵攻した。同年5月6日、コルレヒドール島が陥落すると、横山英吉は連隊の指揮をとってマニラに進撃し、同市の占領に貢献した。 その後、横山英吉は、第14軍隷下の第4師団歩兵第38連隊長に任命され、ルソン島の戦いにも参加した。1944年(昭和19年)3月、米軍がルソン島に上陸すると、横山英吉は連隊を率いて米軍と激戦を展開した。しかし、米軍の圧倒的な物量に押され、日本軍は徐々に後退を余儀なくされた。 -玉砕と終戦- 1945年(昭和20年)8月、横山英吉の連隊は、ルソン島北部の山岳地帯に追い詰められた。同月12日、日本軍は、ポツダム宣言を受諾し、連合国に降伏することを決めた。しかし、ルソン島に孤立していた横山英吉の連隊には、降伏の命令が届かなかった。 同月15日、横山英吉は、連隊を率いて米軍の陣地に突撃し、玉砕した。戦死時の階級は、陸軍大尉であった。横山英吉の玉砕は、太平洋戦争終結の立役者の一人となった。
歴史上の人物

岡松恵之助

-土佐高知藩士- 岡松恵之助は、土佐高知藩士の家に生まれました。彼は、幼い頃から頭が良く、学問にも武道にも秀でていました。また、正義感が強く、弱い者いじめを許さない性格でした。 岡松恵之助は、18歳の時に上京して、昌平黌に入学しました。昌平黌は、江戸幕府が設立した最高学府であり、多くの優秀な人材を輩出していました。岡松恵之助も、昌平黌で優秀な成績を収め、卒業後は藩に帰郷して、藩政改革に取り組みました。 岡松恵之助は、藩政改革で多くの功績を挙げ、藩主の信任を得ました。しかし、彼の改革は、藩内の一部保守派の反発を招き、やがて失脚してしまいました。 失脚後は、京都で浪人生活を送っていましたが、1868年に戊辰戦争が勃発すると、官軍に参加して、新政府軍のために戦いました。戊辰戦争後、岡松恵之助は、新政府に出仕して、明治維新の立役者の一人となりました。 岡松恵之助は、明治維新後は、司法省で活躍しました。彼は、近代日本の法制度の整備に尽力し、司法大臣にも就任しました。また、彼は、教育にも熱心に取り組み、私財を投じて学校を設立するなどしました。 岡松恵之助は、1905年に亡くなりました。彼は、日本近代化に多大な貢献をした偉人として、現在でも敬愛されています。