野球殿堂

スポーツカテゴリー

三宅大輔:日本野球の草分け

-三宅大輔の功績- 三宅大輔は、日本野球の草分けとして知られている。1896年、東京専門学校(現・早稲田大学)の野球部を創設し、日本初の野球チームを結成した。また、1903年には、日本初の野球大会である「早慶戦」を立ち上げた。 三宅大輔の功績は大きく、日本の野球の発展に多大な貢献をしている。早慶戦は、後に日本を代表する野球の大会として発展し、現在でも毎年開催されている。また、三宅大輔が創設した東京専門学校の野球部は、日本最古の野球チームとして知られ、多くの名選手を輩出している。 三宅大輔は、野球の普及に貢献しただけでなく、野球のルールや戦術の確立にも尽力した。1898年には、日本初の野球規則書である「日本野球規則書」を制定し、野球のルールを統一した。また、1905年には、日本初の野球戦術書である「野球戦術」を出版し、野球の戦術について解説した。 三宅大輔の功績は、日本の野球の発展に大きな影響を与えており、日本の野球の父と呼ばれている。三宅大輔の功績は、現代でも高く評価されており、日本野球殿堂に最初に選ばれた一人でもある。
スポーツカテゴリー

長谷川良平:広島カープの黄金時代を支えた名投手

-# 広島カープ創立とともに入団 1949年、広島カープが創設されると同時に、長谷川良平はカープのユニフォームに袖を通した。カープの創立メンバーの一人であり、チームの初期を支えた投手の一人である。 長谷川良平は、1928年、現在の広島県廿日市市に生まれた。地元の高校を卒業後、広島カープに投手として入団。入団当初は先発投手として活躍したが、その後、リリーフ投手としての役割が多くなった。 1951年、カープは球団初の優勝を果たした。長谷川良平は、その優勝に貢献した投手の一人であり、20試合に登板して8勝4敗の成績を残した。 1957年、カープは再び優勝を果たした。長谷川良平は、この優勝にも貢献し、20試合に登板して11勝5敗の成績を残した。 1960年に引退するまで、長谷川良平はカープ一筋でプレーした。通算成績は、230試合登板、95勝79敗、防御率3.07である。 長谷川良平は、カープの黄金時代を支えた名投手の一人である。彼の活躍は、カープの歴史に永遠に刻まれるであろう。
スポーツカテゴリー

山内以九士 – 昭和時代のプロ野球公式記録員

-野球ルール研究とプロ野球採用- 山内以九士は、野球ルールを研究し、プロ野球に採用したことで知られています。 山内は、1915年に東京府生まれ。1934年に早稲田大学を卒業後、日本野球連盟(現・日本野球機構)に入社しました。 山内は、入社後すぐに野球ルールの研究を始めました。そして、1936年に「野球規則解説書」を出版。この本は、野球ルールの解説書として、プロ野球関係者やファンに広く読まれました。 山内は、また、プロ野球のルール改正にも携わりました。1950年には、ストライクゾーンの拡大や、敬遠の定義の明確化など、プロ野球のルール改正を行いました。 山内の野球ルール研究は、プロ野球の発展に大きく貢献しました。山内の研究によって、プロ野球のルールはより明確になり、試合がより公平に行われるようになりました。 山内の野球ルール研究は、現在でも高く評価されています。2007年に、山内は野球殿堂入りを果たしました。 山内は、野球ルールに情熱を注いだ人物です。山内の研究によって、プロ野球はより良いものになりました。
スポーツカテゴリー

「水野利八」

- 「水野利八」 水野利八は、日本の実業家であり、スポーツ用品の美津濃(現ミズノ)の創業者です。1896年11月28日に大阪府大阪市に生まれ、1976年2月8日に大阪府大阪市で亡くなりました。 -# スポーツ用品の美津濃(現ミズノ)の創業者 水野利八は、1906年に大阪でスポーツ用品店「水野利八商店」を創業しました。この店は、野球用品やテニス用品を販売しており、すぐに人気店となりました。1913年には、店名を「美津濃商店」に変更しました。 美津濃商店は、1920年代に野球用品の製造を開始しました。そして、1930年代には、日本初のスポーツシューズを製造しました。美津濃商店は、1941年に「株式会社美津濃」に改組されました。 株式会社美津濃は、第二次世界大戦後、スポーツ用品の製造を再開しました。そして、1950年代には、日本初のゴルフクラブを製造しました。美津濃は、1960年代には、海外に進出を開始しました。そして、1970年代には、世界有数のスポーツ用品メーカーとなりました。 水野利八は、1976年に死去しましたが、美津濃はその後も成長を続けました。現在、美津濃は、世界50カ国以上に展開しており、年間売上高は1兆円を超えています。美津濃は、スポーツ用品の分野で世界をリードする企業の一つとなっています。
スポーツカテゴリー

谷口五郎

-谷口五郎- -生い立ちと野球キャリア- 谷口五郎は、1990年3月10日に愛知県名古屋市で生まれた。彼は幼い頃から野球に興味を持ち、5歳の時に地元の少年野球チームに入団した。彼のポジションは投手と内野手だった。 谷口は小学校時代から頭角を現し、中学時代には愛知県選抜チームに選ばれた。高校は愛知県立名古屋高校に進学し、1年夏からベンチ入りを果たした。2年夏には甲子園大会に出場し、準々決勝で敗退した。 高校卒業後は、社会人野球の強豪チームである三菱自動車岡崎に入団した。1年目から主力として活躍し、2年目には都市対抗野球大会に出場した。3年目にはチームの主将を務め、都市対抗野球大会で準優勝を果たし、社会人ベストナインに選出された。 2014年のドラフト会議で、谷口は読売ジャイアンツから1位指名を受けた。プロ1年目から一軍で活躍し、9勝を挙げて新人王に輝いた。2年目には12勝を挙げてチームの優勝に貢献し、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。 3年目以降も、谷口はジャイアンツのエースとして活躍を続けた。2018年には20勝を挙げて最多勝利のタイトルを獲得し、投手四冠を達成した。また、ベストナインとゴールデングラブ賞も3年連続で受賞した。 2020年、谷口はメジャーリーグのニューヨーク・ヤンキースに移籍した。ヤンキースでは先発投手として活躍し、11勝を挙げた。2021年もヤンキースでプレーしたが、ケガのため登板機会が限られた。 2022年、谷口は日本に帰国し、オリックス・バファローズに入団した。オリックスでは先発投手として活躍し、12勝を挙げた。2023年もオリックスでプレーし、チームの優勝に貢献した。 谷口は、プロ野球界を代表する投手である。彼は、その優れた投球技術と精神力で、多くのファンを魅了している。
スポーツカテゴリー

1. 守山恒太郎-明治時代の伝説的な野球選手

守山恒太郎の野球キャリア 守山恒太郎は、1884年(明治17年)に愛媛県松山市の裕福な家庭に生まれました。幼い頃からスポーツ万能で、特に野球を愛していました。13歳の時に上京し、第一高等学校(現東京大学)に入学します。 第一高等学校では、野球部の主将を務め、チームを全国中等学校野球大会(現全国高等学校野球選手権大会)の出場に導きました。また、1902年(明治35年)には、東京六大学野球連盟が主催する第1回全日本選手権野球大会に出場し、優勝しました。 守山恒太郎の活躍は、全国にその名を轟かせ、1904年(明治37年)には、メジャーリーグのシンシナティ・レッズに入団しました。日本人選手として初めてのメジャーリーガー誕生です。レッズでは、主に投手として登板し、3年間で16勝を挙げました。 1907年(明治40年)に帰国し、早稲田大学に入学します。早稲田大学では、野球部の監督を務め、チームを全国中等学校野球大会の優勝に導きました。また、1912年(明治45年)には、ストックホルムオリンピックの野球競技に出場し、銀メダルを獲得しました。 守山恒太郎は、野球選手としてだけでなく、野球指導者としても活躍しました。1913年(大正2年)に早稲田大学を卒業した後、慶應義塾大学、法政大学、日本大学などの野球部の監督を歴任しました。 守山恒太郎は、1945年(昭和20年)に61歳で亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。2004年には、野球殿堂入りを果たしました。
スポーツカテゴリー

【人と文化】「杉下茂」

# -【人と文化】「杉下茂」- - -魔球フォークボールを駆使したプロ野球選手- -# 杉下茂とは 杉下茂(すぎした しげる、1925年1月20日 - 2005年10月2日)は、石川県金沢市出身のプロ野球選手(投手・外野手・捕手)、野球解説者、監督、スカウト。右投右打。通算194勝113敗、防御率2.16。沢村賞2回。巨人で黄金時代を築く。 -# 少年時代 杉下は石川県金沢市で生まれ育つ。野球を始めたのは、金沢市立扇町小学校時代。最初にポジションに就いたのは捕手。小学校では投手として活躍していたわけではなかった。 -# プロ野球選手時代 1944年に名古屋軍に入団し、すぐにエースとして活躍する。1949年、セ・リーグが発足し、名古屋軍は中部日本ドラゴンズと改称する。杉下は、ドラゴンズの初代エースとして活躍。1950年、ドラゴンズはセ・リーグ初優勝を果たし、杉下は、沢村賞を受賞した。 1953年、ドラゴンズは巨人と日本シリーズで対戦する。杉下は、第6戦に先発登板して、巨人を抑えて勝利を収めた。ドラゴンズは、このシリーズを4勝3敗で制し、セ・リーグ初の日本一に輝いた。 1954年、ドラゴンズは、2年連続でリーグ優勝を果たす。杉下は、12勝5敗、防御率1.75の活躍で、2度目の沢村賞を受賞した。 1955年、ドラゴンズは、3連覇を果たす。杉下は、15勝5敗、防御率1.91の活躍で、3度目の沢村賞を受賞した。 1957年、ドラゴンズは、4連覇を果たす。杉下は、13勝4敗、防御率2.38の活躍。 1959年、杉下は、巨人に入団する。巨人は、杉下を獲得して、5連覇を目指した。しかし、巨人は、4位に終わり、5連覇はならなかった。 1960年、杉下は、2勝10敗、防御率4.50の成績に終わり、引退した。 -# 引退後 引退後は、解説者として活躍した。また、1965年には、ドラゴンズの監督に就任した。ドラゴンズは、杉下監督のもとで、1968年、1969年と2連覇を果たした。 1970年、杉下は、ドラゴンズの監督を辞任し、スカウトとして活躍した。 -# 杉下の投球スタイル 杉下の投球スタイルは、コントロール抜群で、打者の手元で急激に落ちるフォークボールを武器にしていた。フォークボールは、杉下の代名詞であり、「魔球」と呼ばれていた。 -# 杉下の功績 杉下は、ドラゴンズ、巨人で活躍し、通算194勝を挙げた。沢村賞を3度受賞し、セ・リーグの優勝5回、日本シリーズの優勝3回を果たした。 杉下は、日本の野球界に大きな功績を残した選手である。
スポーツカテゴリー

津田恒実-炎のストッパーと呼ばれた剛腕投手

# 炎のストッパー誕生 津田恒実は、兵庫県西宮市出身の元プロ野球選手です。現役時代は近鉄バファローズに所属し、剛速球を武器に活躍しました。 津田は、小学校時代に野球を始め、中学時代には軟式野球の強豪である尼崎市立園田中学校に進学しました。園田中学校では、1年生の夏からレギュラーとして活躍し、2年生の夏には全国大会に出場しました。 その後、津田は尼崎市立園田高等学校に進学しましたが、肩を壊してしまい、1年間野球から離れてしまいます。しかし、その後リハビリに励み、3年生の夏にはエースとして甲子園に出場しました。 甲子園では、初戦で完封勝利を収め、2回戦では延長11回の熱戦の末に勝利しました。しかし、3回戦で敗退し、津田の高校野球生活は幕を閉じました。 高校卒業後は、近鉄バファローズに入団しました。入団当初は先発投手として起用されましたが、徐々に中継ぎ投手へと転向し、最終的にはクローザーとして活躍するようになりました。 津田は、90キロを超える直球と鋭い変化球を武器に、1988年には21セーブを記録し、最優秀救援投手のタイトルを獲得しました。また、1989年には31セーブを記録し、再び最優秀救援投手のタイトルを獲得しました。 津田は、1994年に引退するまで近鉄バファローズで活躍し、通算286セーブを記録しました。その後は、野球解説者として活躍しています。
研究者

内海弘蔵 – 明治-昭和時代前期の国文学者,歌人

-落合直文の浅香社に入り、「明星」にも寄稿- 内海弘蔵は、1872年(明治5年)に福岡県に生まれた国文学者、歌人です。1893年(明治26年)に上京し、落合直文の浅香社に入門しました。浅香社は、落合直文が1889年(明治22年)に設立した歌人グループで、与謝野鉄幹、石川啄木、島崎藤村など、多くの歌人を輩出しました。 内海弘蔵は、浅香社に入門後、歌人として活躍するようになります。1894年(明治27年)には、与謝野鉄幹、石川啄木らと共同で歌誌「明星」を創刊し、短歌革新運動の中心人物として活躍しました。「明星」は、ロマン主義的な作風を特徴とし、当時の若者に大きな影響を与えました。 内海弘蔵は、「明星」に多くの歌を寄稿し、その歌風は、洛陽に花が咲き乱れるように華やかで美しいと評されました。また、彼は、歌論家としても活躍し、1900年(明治33年)には、「和歌新論」を出版して、歌壇に大きな影響を与えました。 内海弘蔵は、1907年(明治40年)に、歌誌「アララギ」を創刊し、アララギ派の歌風の確立に努めました。アララギ派は、写実的な作風を特徴とし、自然をありのままに詠うことを目指しました。内海弘蔵は、アララギ派の中心人物として、多くの歌人を指導し、近代短歌の発展に貢献しました。 内海弘蔵は、1944年(昭和19年)に、72歳で亡くなりましたが、彼の歌風は、現在でも多くの歌人に影響を与え続けています。
スポーツカテゴリー

– 青田昇 – 戦後のプロ野球を代表する強打者

滝川中学時代 - 別所毅彦との甲子園出場 青田昇は、1920年(大正9年)12月9日に北海道札幌市に生まれた。幼い頃から野球に親しみ、小学校時代には投手として活躍していた。中学は地元の滝川中学に進学し、ここで後にプロ野球で活躍する別所毅彦と出会う。 滝川中学は、青田と別所の2人を中心に1937年(昭和12年)の夏の甲子園大会に出場した。青田は4番打者として別所と共にチームの主軸を打ち、1回戦で平安中学(京都府)に勝利した。しかし、2回戦で中京商業学校(愛知県)に敗れ、ベスト16で大会を後にした。 甲子園出場は、青田にとって大きな経験となった。全国の強豪校と対戦し、そのレベルの高さを実感した。また、別所とはこの大会でさらに親交を深め、プロ野球入り後も長く親友として付き合い続けた。 滝川中学卒業後は、青田は北海道鉄道管理局に入社し、野球部の選手としてプレーを続けた。1941年(昭和16年)には別所と共にプロ野球の南海軍に入団し、プロ野球入りを果たした。 青田はプロ野球でもその長打力を発揮し、1944年(昭和19年)には打率.321、22本塁打、87打点の好成績を残し、首位打者と本塁打王のタイトルを獲得した。また、1946年(昭和21年)にはチームの日本一に貢献し、MVPに輝いた。 青田は1950年(昭和25年)に現役を引退し、その後はコーチや監督としてプロ野球界で活躍した。1974年(昭和49年)には野球殿堂入りを果たし、その功績を称えられた。 青田昇は、戦後のプロ野球を代表する強打者の一人であり、その活躍は多くのファンを魅了した。滝川中学時代に出場した甲子園大会は、青田にとって大きな経験となり、その後のプロ野球での活躍の礎となった。
スポーツカテゴリー

秋山幸二 – 不動の三番打者

-西武ライオンズの黄金時代を築いた秋山幸二- 秋山幸二は、1958年8月6日生まれの元プロ野球選手である。ポジションは外野手。右投右打。 1981年にドラフト1位で西武ライオンズに入団し、すぐにレギュラーを獲得した。1982年には20歳で打率.331、29本塁打、88打点でパ・リーグの三冠王を獲得し、史上最年少の三冠王となった。 その後も西武ライオンズの黄金時代を支え、1983年から1990年まで8年連続でリーグ優勝を達成し、日本シリーズでも5回優勝した。 秋山は、通算2,739安打、445本塁打、1,396打点、173盗塁の成績を残し、1996年に引退した。 2000年には野球殿堂入りを果たし、2003年には世界野球殿堂入りを果たした。 秋山は、西武ライオンズの黄金時代を築いた最高のバッターの一人である。
研究者

大本修:金属バットの安全基準認定とアオダモ植林への尽力

-大本修の経歴と専門分野- 大本修は、1910年、愛知県名古屋市に生まれました。1936年、東京帝国大学工学部金属工学科を卒業し、東京市電気局に就職しました。電気局では、配電線の設計や施工に従事しました。 1942年、大本修は、日本金属学会に入会しました。日本金属学会は金属材料の研究・開発を目的とする学会であり、大本修は、学会の活動に参加しました。 1949年、大本修は、東京芝浦電気株式会社(現・東芝)に転職しました。東芝では、金属材料の研究・開発に従事しました。 1955年、大本修は、日本金属学会の会長に就任しました。会長として、金属材料の研究・開発を推進しました。 1961年、大本修は、東芝を退職しました。退職後は、金属材料の研究・開発を続けました。 1965年、大本修は、金属バットの安全基準の認定に尽力しました。金属バットは、野球の試合に使用されるバットであり、安全性が高いことが求められます。大本修は、金属バットの安全基準を定め、認定しました。 1970年、大本修は、アオダモの植林に尽力しました。アオダモは、日本の木材であり、野球のバットの材料として適しています。大本修は、アオダモの植林を推進しました。 1975年、大本修は、日本金属学会の功労会員に選ばれました。功労会員は、金属材料の研究・開発に貢献した会員に贈られる栄誉ある賞です。 1980年、大本修は、金属材料の研究・開発に貢献したとして、勲五等双光旭日章を受章しました。勲五等双光旭日章は、国家や社会に貢献した人に贈られる栄誉ある賞です。 1990年、大本修は、亡くなりました。
スポーツカテゴリー

与那嶺要

- 与那嶺要 -# 日米を股にかけたスライディングの名手 与那嶺要は、1933 年に沖縄県で生まれました。沖縄県立首里高校を卒業後、1953年に南海ホークスに入団しました。1956年に南海ホークスのレギュラーとなり、1959年にパ・リーグの首位打者になりました。1960年に大洋ホエールズに移籍し、1962年にセ・リーグの首位打者になりました。1964年に南海ホークスに復帰し、1965年にセ・パ両リーグ通算2000本安打を達成しました。1966年に引退し、南海ホークスのコーチを務めました。1975年に南海ホークスの監督に就任し、1978年にパ・リーグ優勝を果たしました。1979年に監督を辞任し、1980年に退団しました。1981年にテキサス・レンジャーズのコーチを務めました。1982年にサンディエゴ・パドレスのコーチを務めました。1986年に西武ライオンズの監督に就任し、1986年と1987年にパ・リーグ優勝を果たしました。1988年に監督を辞任し、1989年に退団しました。1990年に西武ライオンズのコーチを務めました。1994年に西武ライオンズの監督に就任し、1994年と1995年にパ・リーグ優勝を果たしました。1996年に監督を辞任し、1997年に退団しました。1998年に野球殿堂入りを果たしました。2016年に死去しました。 与那嶺要は、日米を股にかけて活躍したスライディングの名手でした。俊足と強肩で、走攻守三拍子揃った内野手でした。通算2000本安打、200盗塁、200本塁打を達成した唯一の選手です。日米で通算3000本安打を達成した唯一の選手でもあります。1978年と1986年にパ・リーグ優勝を果たした監督としても知られています。 与那嶺要は、沖縄出身の初のプロ野球選手であり、沖縄出身の初の野球殿堂入りを果たしました。沖縄の野球界の発展に貢献した功績は大きく、沖縄県民から尊敬されています。
スポーツカテゴリー

小鶴誠 – 昭和の偉大な野球選手

選手としての輝かしい功績 小鶴誠は、昭和の時代に活躍したプロ野球選手です。1955年に読売ジャイアンツに入団し、1969年に引退するまでの14年間で通算2,127安打、1,101打点、219本塁打を記録しました。また、1961年には打率.324、39本塁打、112打点で、日本のプロ野球史上初めて打撃三冠王を獲得しました。 小鶴誠の打撃の特徴は、広角に長打を打てるところです。左打者でしたが、右投手からも左投手からも本塁打を打つことができました。そして、走塁も巧みで、50mを6.1秒で走る俊足でした。 小鶴誠は、1961年にジャイアンツが球団初の日本シリーズ優勝を果たしたときに中心選手として活躍しました。また、1965年にジャイアンツが2度目の日本シリーズ優勝を果たしたときにも中心選手として活躍しました。 小鶴誠は、引退後に野球評論家として活躍し、2011年に野球殿堂入りを果たしました。
スポーツカテゴリー

近藤貞雄:プロ野球の投手兼監督

-近藤貞雄の経歴とプロ野球選手時代- 近藤貞雄は、1923年10月27日に兵庫県神戸市で生まれた。神戸商業高校から全神戸、松下電器に参加。高校時代から1942年の都市対抗野球でいぶし銀の輝きを放ち、「流れるようなフォームから放たれる速球と、抜群のコントロールを誇る本格派右腕」として注目を集めた。 1948年に南海ホークスに入団。同年4月10日の近鉄パールス戦(藤井寺球場)に先発し、プロ野球デビューを果たした。この試合で近藤は、5安打10奪三振完封勝利を収め、プロ入り初登板での完封勝利を飾った。 1949年には、21勝13敗、防御率2.10の好成績を収め、最多勝利と最優秀防御率の二冠を獲得した。また、この年には、オールスターゲームにも出場し、2イニングを無失点に抑えた。 1950年には、24勝10敗、防御率2.26の好成績を収め、2年連続で最多勝利を獲得した。また、この年には、2回目のオールスターゲームに出場し、2イニングを無失点に抑えた。 1951年には、22勝12敗、防御率2.30の好成績を収め、3年連続で最多勝利を獲得した。また、この年には、3回目のオールスターゲームに出場し、2イニングを無失点に抑えた。 1952年には、20勝13敗、防御率2.36の好成績を収めたが、最多勝利のタイトルは逃した。しかし、この年には、4回目のオールスターゲームに出場し、2イニングを無失点に抑えた。 1953年に近藤貞雄は南海ホークスを退団し、生活保護を受けて過ごした。 1954年に近藤貞雄は毎日オリオンズに移籍し、監督兼任選手としてプレーした。同年には、14勝13敗、防御率2.90の好成績を収めた。
スポーツカテゴリー

人々を野球に導いた新聞記者、太田四州の生涯

-早慶戦を名文で報じる- 太田四州は、慶應義塾大学と早稲田大学の野球部が対決する早慶戦を名文で報じることで、人々を野球に導くことに貢献した。 四州は、1898年に東京朝日新聞に入社し、スポーツ記者として活躍した。彼は、早慶戦の取材を熱心に行い、その試合の模様を詳細に報じた。四州の記事は、臨場感あふれる文体で、読者を試合中に引き込むものであった。 また、四州は、早慶戦の意義や、その歴史についても詳しく報じた。彼は、早慶戦が日本の学生野球の最高峰であり、日本の野球界を牽引する存在であることを強調した。 四州の名文は、人々の野球への関心を高め、野球の人気を向上させることに大きく貢献した。彼の記事を読んだ多くの人々が、野球に興味を持ち、球場に足を運ぶようになった。 四州の功績は、日本の野球界に多大な影響を与えた。彼は、日本の野球界を盛り上げた功労者であり、日本の野球史において重要な人物である。 四州が活躍した時代は、日本の野球界が黎明期であり、野球はまだマイナースポーツであった。しかし、四州の名文によって、人々の野球への関心は高まり、野球はメジャースポーツへと成長していった。 四州の功績は、日本の野球界に多大な影響を与えた。彼は、日本の野球界を盛り上げた功労者であり、日本の野球史において重要な人物である。
スポーツカテゴリー

小川正太郎:早大で活躍した野球選手

-# 早慶戦で活躍した速球左腕投手 小川正太郎は、早稲田大学硬式野球部で活躍したプロ野球選手です。1918年、兵庫県に生まれ、1936年に早稲田大学に入学しました。早稲田大学では、速球を武器に活躍し、1938年の早慶戦では、慶應義塾大学の古川清に投げ勝ち、勝利投手となりました。 小川は、1940年にプロ野球の東京巨人軍に入団しましたが、すぐに應召され、太平洋戦争に従軍しました。終戦後の1946年に、巨人軍に復帰し、1949年には、チームの日本一に貢献しました。小川は、1952年に引退するまで、巨人軍で活躍し、通算168勝76敗、防御率2.76の成績を残しました。 小川は、1964年に野球殿堂入りを果たしました。早慶戦で活躍した小川は、早稲田大学の野球部の歴史において、最も偉大な選手の一人とされています。 小川正太郎は、1983年に64歳で亡くなりました。
スポーツカテゴリー

鈴木啓示

-鈴木啓示 草魂を胸に生きたプロ野球選手- 鈴木啓示は、1954年8月9日に香川県高松市で生まれた元プロ野球選手です。現役時代は、投手として中日ドラゴンズ、横浜ベイスターズ、阪神タイガースで活躍しました。 鈴木啓示は、香川県立高松商業高等学校時代から甲子園大会に出場するなど、その才能を高く評価されていました。1973年のドラフト会議で、中日ドラゴンズから1位指名を受けて入団しました。 鈴木啓示は、1975年に一軍デビューを果たすと、すぐに先発ローテーションに定着しました。1977年には、14勝15敗、防御率2.99の成績を残して、最優秀防御率のタイトルを獲得しました。また、1978年には、16勝14敗、防御率2.69の成績を残して、沢村賞に輝きました。 鈴木啓示は、1980年に横浜大洋ホエールズに移籍しましたが、1983年に中日ドラゴンズに復帰しました。1984年には、19勝10敗、防御率2.72の成績を残して、最多勝利のタイトルを獲得しました。また、1985年には、18勝8敗、防御率2.83の成績を残して、最優秀防御率のタイトルを再び獲得しました。 鈴木啓示は、1988年に阪神タイガースに移籍しましたが、1990年に引退しました。通算成績は、213勝170敗、防御率3.18でした。 鈴木啓示は、草魂を胸に生きたプロ野球選手でした。その闘志溢れるピッチングは、多くのファンを魅了しました。また、鈴木啓示は、チームメイトからの信頼も厚く、まさにチームの顔でした。 鈴木啓示は、引退後も、野球解説者として活躍しています。また、2013年には、野球殿堂入りを果たしました。
スポーツカテゴリー

横沢三郎

野球選手から審判へ横沢三郎の波乱万丈な人生 横沢三郎は、1943年に兵庫県西脇市で生まれた元プロ野球選手であり、現在は審判員として活躍している人物である。彼の野球人生は波乱万丈で、数々の困難に立ち向かいながら、夢を追い続けてきた。 横沢は、高校卒業後に社会人野球のチームである三菱重工神戸に入団する。その後、1967年に読売ジャイアンツに入団し、プロ野球選手としてのキャリアをスタートさせた。俊足巧打の外野手として活躍し、チームのリーグ優勝に貢献した。 しかし、1972年に横沢は負傷により引退を余儀なくされる。その後、彼は審判員としての人生をスタートさせた。審判員としても順調にキャリアを重ね、1985年には国際野球連盟(IBAF)から国際審判員に認定される。 1992年、横沢はセ・リーグ審判部長に就任した。セ・リーグの審判制度改革に尽力し、プロ野球のレベルアップに貢献した。その後、2002年に日本野球機構(NPB)の審判部長に就任。NPB全体の審判制度改革に取り組んだ。 横沢は、審判員として数多くの試合を裁き、その正確なジャッジに定評がある。また、審判員としてだけでなく、野球界の発展にも尽力してきた人物である。2012年には、野球殿堂入りを果たした。 横沢三郎は、波乱万丈な野球人生を歩んできたが、常に夢を追い続けてきた人物である。彼の功績は、野球界に大きな影響を与えており、これからも彼の活躍に期待がかかる。
スポーツカテゴリー

「若松勉」-小さな大打者

北海道出身・北海高卒のプロ野球選手 北海道出身で北海高等学校を卒業したプロ野球選手は数多く存在します。その中でも今回は、北海道が生んだ小さな大打者として知られる若松勉選手についてご紹介します。 若松勉選手は、1953年8月19日生まれの北海道苫小牧市出身です。北海高等学校卒業後、1971年にドラフト外で広島東洋カープに入団しました。 若松選手は、身長172cm、体重75kgと小柄な体型でしたが、その身体からは想像もつかないほどの打撃力を誇っていました。1975年に初めて打率3割を達成し、その後もコンスタントに3割以上の打率を残しました。また、1977年には、当時の球団記録であるシーズン4本塁打を放ちました。 若松選手は、1980年に読売ジャイアンツに移籍しました。ジャイアンツでは、主に代打として活躍しましたが、1981年にはリーグ優勝に貢献し、日本シリーズにも出場しました。 若松選手は、1985年に現役を引退しました。通算成績は、1423試合出場、1185安打、155本塁打、685打点、打率.288でした。 若松選手は、小柄ながら長打力も兼ね備えた打者として、多くのファンに愛されました。北海道が生んだ小さな大打者として、その名を野球史に残しています。
スポーツカテゴリー

昭和後期から平成時代のプロ野球選手 – 門田博光

球界を席巻した「中年の星」 門田博光は、1958年に南海ホークスに入団し、1988年に引退したプロ野球選手です。現役時代は主に外野手として活躍し、通算2564安打、567本塁打、1675打点を記録しました。また、1980年には三冠王を獲得し、1982年には日本シリーズでMVPを受賞しました。 門田は、その長打力と強肩で知られていましたが、特に1980年代後半の活躍は「中年の星」と呼ばれ、プロ野球ファンの間で大きな注目を集めました。1986年には、38歳にしてシーズン44本塁打を放ち、当時の最年長本塁打記録を更新しました。1988年には、40歳にしてシーズン31本塁打を放ち、史上初の40歳代での30本塁打を達成しました。 門田の活躍は、プロ野球界に大きな影響を与えました。それまでのプロ野球では、30代後半になると衰えていく選手が多くいましたが、門田の活躍によって、年齢を重ねても活躍できることが証明されました。また、門田の活躍は、プロ野球ファンの間での「中年の星」ブームを巻き起こし、プロ野球の人気を高めることに貢献しました。 門田は、1994年に野球殿堂入りを果たしました。現在では、プロ野球解説者として活躍しています。
スポーツカテゴリー

伝説の野球監督-広岡達朗

-若きスターの誕生- 広岡達朗は、1947年に広島県広島市で生まれた。父親はプロ野球選手で、広岡も幼少期から野球に親しんだ。中学、高校時代には、全国大会に出場するなど、その才能を早くから発揮した。 高校卒業後は、社会人野球の電電東京に入団。1年目からレギュラーとして活躍し、2年目にはチームの日本選手権優勝に貢献した。その後、ドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け、プロ野球の世界に入った。 ジャイアンツでは、主に二塁手として活躍。豪快な打撃と強肩で、ファンの人気を集めた。また、チームのリーグ優勝に貢献するなど、その実力は折り紙付きだった。 しかし、広岡は26歳の若さで引退を決意する。その理由は、度重なるけがだった。膝の故障が悪化し、思うようにプレーすることができなくなってしまったのだ。 引退後は、解説者として活躍。その歯に衣着せぬコメントで、ファンからの人気を集めた。また、1983年にはヤクルトスワローズの監督に就任。チームをリーグ優勝に導き、日本シリーズでも優勝を果たした。 広岡は、その指導力と人柄で、多くの選手から慕われた。また、野球界に多くの功績を残したとして、野球殿堂入りを果たしている。 広岡達朗は、まさに伝説の野球監督である。その功績は、永远に語り継がれることだろう。
スポーツカテゴリー

野球の鉄人-[豊田泰光]

-豊田泰光の足跡- 豊田泰光は、1924年10月15日、愛知県名古屋市に生まれた。東邦高校から立教大学に進学し、1949年に中日ドラゴンズに入団した。 1年目の1949年は、14勝9敗、防御率1.81の成績で新人王を獲得。2年目の1950年も、17勝10敗、防御率1.69の好成績を収めた。 1951年は、21勝14敗、防御率1.91の成績で最多勝を獲得。その後も、1952年に21勝11敗、防御率1.76、1953年に21勝9敗、防御率1.81、1954年に21勝10敗、防御率1.91の成績で最多勝に輝いた。 1955年から1957年は、3年連続で沢村賞を獲得。この間、1956年には、21勝8敗、防御率1.06の成績で、史上初の2年連続の沢村賞を受賞した。 1958年は、15勝15敗、防御率2.31の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。1959年は、20勝11敗、防御率1.76の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。 1960年は、18勝10敗、防御率2.09の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。1961年は、17勝14敗、防御率2.21の成績で、最多勝と沢村賞をダブル受賞した。 1962年は、13勝17敗、防御率2.88の成績で、10年連続の最多勝と沢村賞受賞はならなかったが、10年連続の2桁勝利を達成した。 1963年は、12勝17敗、防御率2.98の成績で、11年連続の2桁勝利を達成した。1964年は、11勝16敗、防御率3.33の成績で、12年連続の2桁勝利を達成した。 1965年は、8勝14敗、防御率3.68の成績で、13年連続の2桁勝利はならなかった。1966年は、4勝12敗、防御率4.13の成績で、14年連続の2桁勝利はならなかった。 1967年に、中日ドラゴンズを退団し、サンケイアトムズに移籍した。サンケイアトムズでは、2年間プレーし、1969年に引退した。 引退後は、中日ドラゴンズのコーチ、監督を歴任した。1974年には、中日ドラゴンズを日本一に導いた。1975年に、監督を辞任し、球界を去った。 豊田泰光は、通算407勝275敗、防御率2.24の成績を残した。1984年に野球殿堂入りを果たした。
スポーツカテゴリー

– 皆川睦雄

-皆川睦雄のプロフィール- 皆川睦雄は、日本の実業家、政治家です。楽天グループの創業者であり、同社の代表取締役会長兼社長を務めています。1964年、東京都生まれ。東京大学経済学部を卒業後、日本興業銀行に入行。その後、米国ハーバード大学ビジネススクールに留学し、MBAを取得。1995年に楽天株式会社を創業しました。 楽天株式会社は、インターネットショッピングモール事業を展開する企業です。楽天市場は、日本最大のインターネットショッピングモールであり、国内外から多くの利用者が集まっています。楽天株式会社は、インターネットショッピングモール事業以外にも、旅行事業、金融事業、モバイル事業など、様々な事業を展開しています。 皆川睦雄は、楽天株式会社の創業以来、同社の経営を牽引してきました。楽天株式会社を日本最大のインターネット企業に成長させた手腕は、国内外で高く評価されています。2010年には、日本の経済産業大臣に任命されました。 皆川睦雄は、日本のインターネット業界の発展に大きく貢献した人物です。同氏は、楽天株式会社の経営を通じて、日本のインターネット業界の発展に貢献してきました。また、経済産業大臣として、日本の産業政策の推進に尽力しました。 -皆川睦雄の基本情報- * 氏名皆川睦雄(みなかわ むつお) * 生年月日1964年1月29日 * 出生地東京都 * 学歴東京大学経済学部卒業、ハーバード大学ビジネススクールMBA取得 * 職業実業家、政治家 * 役職楽天グループ代表取締役会長兼社長