鎌倉時代

歴史上の人物

康運-鎌倉時代の名仏師

-経歴と作品- 康運は、鎌倉時代初期に活躍した仏師です。平安時代末期に備後国(現在の広島県)に生まれ、父親である運慶の跡を継いで仏師となりました。康運は、運慶と共に東大寺南大門の金剛力士像などを制作し、その高い技術と芸術性で知られています。 康運の作品は、運慶の作品よりも繊細で美しいと評価されています。運慶の作品が力強くダイナミックであるのに対し、康運の作品は柔らかく優美な印象です。康運は、運慶と同じく仏像の制作に漆箔を施す漆箔仕上げを多く用いており、その漆箔仕上げの技術は随一と言われています。 康運の作品は、東大寺南大門の金剛力士像以外にも、興福寺北円堂の四天王像、鎌倉の長谷寺の本尊である十一面観音像などがあります。康運は、運慶と共に鎌倉時代の仏教美術を代表する仏師であり、その作品は現在も多くの仏教寺院で安置され、人々に親しまれています。 康運は、運慶と共に鎌倉時代の仏教美術を代表する仏師であり、その作品は現在も多くの仏教寺院で安置され、人々に親しまれています。康運の作品は、その繊細で美しい作風で知られており、運慶の作品とはまた違った魅力を持っています。
歴史上の人物

帥典侍とは?鎌倉時代の女官について

-帥典侍とは?- 帥典侍(すけどのじょう)とは、鎌倉時代に朝廷に仕えた女官の職位である。従五位以上の三位局の侍女の最高位であり、侍従局を統率していた。 帥典侍は、その名の通り、帥(たいしょう)の典侍(じょうじ)という意味であり、帥とは、侍従局の長官である帥宮(たいしょのみや)のことであり、典侍とは、三后(皇后、中宮、高倉)と東宮(皇太子)に仕える女官のことであった。 帥典侍は、侍従局の最高位の女官であり、侍従局を統率していた。侍従局は、三后と東宮に仕える女官の組織であり、その主な任務は、三后と東宮の身の回りの世話をすることであった。 帥典侍は、侍従局を統率するだけでなく、三后と東宮の側近としても仕えており、三后と東宮の信任が厚い女官が任命されることが多かった。 帥典侍は、鎌倉時代には、藤原北家や藤原南家などの公家の娘が任命されることが多く、鎌倉幕府の有力御家人の娘が任命されることもあった。 帥典侍は、鎌倉時代には、天皇や上皇の信頼が篤い女性が任命されることが多く、天皇や上皇の寵姫が任命されることもあった。 帥典侍は、鎌倉時代には、天皇や上皇の信頼が篤い女性が任命されることが多く、天皇や上皇の寵姫が任命されることもあった。 帥典侍は、鎌倉時代には、天皇や上皇の信頼が笃い女性が任命されることが多く、天皇や上皇の寵姫が任命されることもあった。
歴史上の人物

藤原親経 – 平安後期から鎌倉時代初期の公卿・和歌研究家

藤原親経の生涯と経歴 藤原親経は、平安後期から鎌倉時代初期にかけて活躍した公卿・和歌研究家です。1179年(治承3年)に藤原俊経の子として誕生し、1191年(建久2年)に参議に任じられ、その後、権中納言、権大納言を歴任しました。1221年(建保9年)には内大臣に任じられ、1223年(貞応2年)には右大臣に昇進しました。 親経は、和歌にも優れており、1201年(建仁元年)に開催された「建仁歌合」に出詠して勝利し、1204年(元久元年)には「新勅撰和歌集」の撰者の一人に選ばれました。また、1214年(建暦4年)には「続後撰和歌集」の撰者の一人に選ばれ、1216年(建保4年)には「金槐和歌集」を撰集しました。 親経は、1238年(天福元年)に右大臣を辞任し、出家して法名を「浄海」と改めました。1241年(仁治2年)に病のため死去し、享年63でした。 親経は、公卿として活躍するとともに、和歌研究家としても大きな功績を残しました。その和歌は、優美で繊細な作風で知られ、多くの歌人が親経を範として和歌を学びました。親経は、平安後期から鎌倉時代初期にかけての和歌界を代表する歌人であり、その功績は今日にも高く評価されています。
歴史上の人物

深妙 – 鎌倉時代の女性

深妙の生涯 深妙は、鎌倉時代の女性であり、忍性によって立てられた忍性寺の中興の祖とされる人物です。深妙は、安達盛長の娘であり、忍性との間に子はありませんでした。深妙は、忍性とともに寺に参拝するなど、忍性の活動を手助けしていました。 深妙は、忍性が亡くなった後に、忍性寺の中興の祖として、寺を運営していました。深妙は、寺を運営する傍ら、忍性の教えを広める活動も行っていました。深妙は、忍性の教えをまとめた『深妙抄』を著しています。深妙は、忍性の教えを人々に広め、忍性寺の発展に貢献しました。 深妙は、晩年まで忍性寺で暮らしました。深妙は、1284年に亡くなりました。深妙は、忍性寺に葬られています。深妙の墓は、忍性寺境内の裏手にあります。深妙は、忍性寺の発展に貢献した人物であり、忍性寺の中興の祖として、人々に敬われています。
歴史上の人物

「虎関師錬」

-# 生涯と功績 虎関師錬(こかんしりゅう)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、毛利氏の家臣でした。虎関氏は、阿武郡虎関村(現在の山口県萩市)を本拠地とする国人領主であり、師錬はその当主でした。 虎関氏は、毛利氏と尼子氏の間にあって、どちらにつくかを迷っていました。しかし、永禄9年(1566年)に毛利氏が尼子氏を破ると、毛利氏に臣従しました。師錬は、毛利氏の家臣として、各地の戦いで活躍しました。 元亀3年(1572年)、毛利氏が尼子氏を滅ぼすと、師錬は安芸国の三原城の城代に任命されました。三原城は、毛利氏の重要な拠点であり、師錬は毛利氏の重臣として、この城を任されました。 天正5年(1577年)、師錬は、織田信長の中国攻めに備えて、毛利氏の軍勢を率いて、備中国に出陣しました。しかし、同年10月、備中国矢田川で、織田軍と交戦した際に、戦死しました。 師錬は、毛利氏の忠臣であり、毛利氏の中国統一に大きく貢献しました。その死は、毛利氏にとって大きな損失となりました。 師錬の功績は、以下のとおりです。 * 尼子氏との戦いで、毛利氏の勝利に貢献しました。 * 三原城の城代として、毛利氏の重要な拠点を守りました。 * 織田信長の中国攻めに備えて、毛利氏の軍勢を率いて、備中国に出陣しました。 * 備中国矢田川で、織田軍と交戦した際に、戦死しました。
歴史上の人物

「恒性皇子」(1305-1333)

恒性皇子の誕生と出家 恒性皇子は、1305年(嘉元3年)に鎌倉幕府第8代執権・北条高時の長男として生まれました。母は、北条時宗の娘である覚山尼御前です。恒性皇子は幼少期から聡明で、容姿端麗であったと伝えられています。 1314年(正和3年)、恒性皇子は父・高時の死により、10歳で鎌倉幕府第9代執権に就任しました。しかし、恒性皇子は若年であったため、実権は叔父である北条基時が握っていました。 1318年(元応元年)、元寇の再来に備えて、恒性皇子は九州に御家人の軍勢を集結させました。しかし、元軍は来襲せず、恒性皇子は軍勢を解散させました。 1321年(元亨元年)、恒性皇子は、後醍醐天皇の皇子である護良親王を鎌倉に呼び寄せました。護良親王は、恒性皇子の妹である叡子女王と結婚し、恒性皇子の妹婿となりました。 1324年(元亨4年)、恒性皇子は、後醍醐天皇の倒幕計画を事前に察知し、護良親王を鎌倉から追放しました。後醍醐天皇は、倒幕計画が発覚したことにより、隠岐島に配流されました。 1331年(元弘元年)、後醍醐天皇が隠岐島から脱出し、倒幕の兵を挙げました。恒性皇子は、鎌倉幕府軍を率いて、後醍醐天皇軍と戦いましたが、敗北しました。 1333年(元弘3年)、恒性皇子は、鎌倉幕府の滅亡とともに、自害しました。享年29歳でした。 恒性皇子は、若くして鎌倉幕府の執権に就任し、後醍醐天皇の倒幕計画を事前に察知するなど、優秀な政治家でした。しかし、元寇の再来に備えて九州に御家人の軍勢を集結させたことで、鎌倉幕府の財政を逼迫させてしまい、鎌倉幕府の滅亡を早めてしまいました。
歴史上の人物

仁田忠常 – 平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した武士

仁田忠常とは 仁田忠常(にったただつね)は、平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した武士です。武蔵七党の西党の祖とされ、武蔵国多摩郡仁田(現在の東京都日野市)を拠点としていました。 忠常は、藤原秀郷の末裔と伝えられ、父は仁田四郎義忠、母は源頼朝の乳母であった比企尼です。忠常には、仁田四郎義盛、仁田四郎義基、仁田四郎義実、仁田四郎義政、仁田四郎義通、仁田四郎義忠の6人の息子がいました。 忠常は、源頼朝に従って平氏打倒に貢献し、鎌倉幕府の成立に寄与しました。頼朝の死後は、北条氏と対立し、1221年に北条義時によって滅ぼされました。 忠常は、武勇に優れ、豪胆な性格で知られていました。また、和歌に秀で、多くの歌を詠んでいます。忠常の歌は、『新古今和歌集』や『玉葉和歌集』などに収められています。 忠常の墓は、東京都日野市の仁田山にある仁田忠常墓所です。仁田忠常墓所は、国の史跡に指定されています。
歴史上の人物

長尾景煕 – 鎌倉時代の武士

長尾景煕の生い立ちと経歴 長尾景煕は、鎌倉時代初期の武士です。桓武平氏良文流秩父氏の一族で、父は秩父重隆、母は源頼朝の乳母、比企尼の妹です。景煕は比企氏の外孫にあたります。 生年については、1172年、1173年、1174年など諸説がありますが、1173年が有力視されています。 景煕は、鎌倉幕府の創設者である源頼朝の側近として仕え、頼朝の死後は、鎌倉幕府の二代執権、北条義時の側近として仕えました。 景煕は、1213年の承久の乱では、北条義時率いる幕府軍に加わり、後鳥羽上皇方の軍勢を破るのに貢献しました。 承久の乱の後、景煕は、北条義時の命で、京都に赴き、後鳥羽上皇を隠岐島に配流する任務を遂行しました。 1221年、義時が亡くなり、息子の北条泰時が三代執権に就任すると、景煕は、泰時に仕えるようになります。 景煕は、1224年に起きた三浦氏の乱では、泰時率いる幕府軍に加わり、三浦氏を討伐するのに貢献しました。 三浦氏の乱の後、景煕は、京都守護に任命され、京都に赴任しました。 景煕は、京都で、後鳥羽上皇の遺児である後堀河天皇の側近として仕えました。 1234年、景煕は、京都で病死しました。享年62。 景煕は、鎌倉幕府の重臣として、頼朝、義時、泰時の三代に仕え、幕府の安定に貢献しました。
歴史上の人物

祝部成茂(1180-1254) – 鎌倉時代の神職・歌人

-祝部成茂とは?- 祝部成茂(いわいべ なりしげ、1180年 - 1254年)は、鎌倉時代の神職・歌人。 大原の宮司であった父・俊茂のもとに生まれ、幼い頃から和歌を学ぶ。 建保4年(1216年)、21歳の時に「祝部成茂集」を撰集し、翌承久元年(1219年)には、『新古今和歌集』の撰者の一人として参加した。 建保6年(1218年)、宗尊親王と後鳥羽上皇の間に起こった承久の乱では、後鳥羽上皇に味方して戦ったが、敗北し、後鳥羽上皇は隠岐に流され、宗尊親王は殺害された。 成茂は、承久の乱後も、歌人と神職として活躍し、建長6年(1254年)に75歳で没した。 成茂の歌は、自然を詠んだものや、人生の無常を詠んだものなどが多く、清澄で美しい作風が特徴である。 また、成茂は、神職として、大原の神社を復興し、神楽を奉納するなど、神道の発展に貢献した。
歴史上の人物

「定慶(2)」

-定慶(2)の生涯- 定慶(2)は、13世紀中頃に活躍した仏師です。藤原氏の流れをくむ定慶派の2代目であり、父である定慶(1)の跡を継いで東大寺戒壇院の造仏に携わりました。 定慶(2)は、若くして仏師としての才能を発揮し、東大寺戒壇院の造仏では、父である定慶(1)とともに多くの仏像を制作しました。その中でも、塑造技法で制作された「五大虚空蔵菩薩像」は、定慶(2)の代表作として知られています。 また、定慶(2)は東大寺戒壇院の造仏以外にも、興福寺や東寺など、全国各地の寺院で仏像を制作しました。その作風は、父である定慶(1)よりも繊細で優美であり、平安時代末期の仏像の様式を色濃く残しています。 定慶(2)は、仏師として活躍しただけでなく、仏教彫刻の理論家としても知られています。著書である『仏眼仏母集抄』には、仏像制作の心得や仏教彫刻の理論について記されており、後世の仏師たちに大きな影響を与えました。 定慶(2)は、50歳前後で亡くなったとされていますが、正確な没年は不明です。しかし、その作品は現在も各地の寺院に残り、平安時代末期の仏教彫刻の傑作として高く評価されています。
歴史上の人物

勾当内侍の生涯

-勾当内侍の生涯と業績- 勾当内侍(こうとうのないし、生没年不詳)は、平安時代前期の女官・歌人。藤原北家小野篁の娘で、藤原冬嗣の猶子となり、仁明天皇の女御となった。 勾当内侍は、藤原基経、藤原時平、藤原仲平の母であり、平安時代前期の藤原氏の隆盛に貢献した。また、歌人としても知られ、『古今和歌集』に11首が入集している。 勾当内侍の生涯は、波乱に満ちたものであった。仁明天皇が亡くなった後、勾当内侍は藤原良房の側室となり、藤原基経を産んだ。しかし、良房は後に藤原明子と再婚し、勾当内侍は冷遇されるようになった。 勾当内侍は、藤原基経が宇多天皇に即位した後に、再び権勢を振るうようになった。しかし、藤原基経が亡くなった後、勾当内侍は再び冷遇されるようになった。 晩年の勾当内侍は、藤原仲平の屋敷で暮らしていた。936年に藤原仲平が亡くなると、勾当内侍は出家し、949年に亡くなった。 勾当内侍は、平安時代前期の藤原氏の隆盛に貢献した女官・歌人である。また、勾当内侍は、波乱に満ちた生涯を送った人物としても知られている。
文学分野の人

平親清女妹→ 鎌倉時代の女歌人

-生涯と生い立ち- 平親清女妹の生年は不詳であるが、建保6年(1218年)に夫の宮内少輔・源親清が没した際に未亡人となっていることから、それ以前の生まれと推定される。父は平親清、母は不詳。同母兄弟には、左中将・平時兼、兵部少輔・平親兼、左馬頭・平親国などの8人の兄弟がいた。 平親清女妹の生い立ちは詳しくわかっていないが、京の貴族社会で育ったと考えられている。平親清は、平清盛の異母弟であり、源頼朝の挙兵後は源氏方に加わり、建久7年(1196年)には鎌倉幕府の第3代将軍・源実朝の乳母となった。平親清女妹は、平親清の娘として、鎌倉幕府と密接な関係の中で育ったと思われる。 建久9年(1198年)、平親清女妹は、宮内少輔・源親清と結婚した。源親清は、源頼朝の家臣で、鎌倉幕府の有力御家人であった。平親清女妹は、夫の源親清と共に、鎌倉で暮らしたと考えられている。 建保6年(1218年)、源親清が没した。平親清女妹は、夫の死後、出家して法名を「浄阿」と称した。その後、平親清女妹は、鎌倉で余生を過ごしたと考えられている。
歴史上の人物

鎌倉時代の武将、歌人 東時常

-東時常の生涯- 東時常(ひがし ときつね)は、鎌倉時代の武将、歌人である。相模国鎌倉郡(現在の神奈川県鎌倉市)に生まれる。父は東重時(ひがし しげとき)、母は藤原頼経(ふじわら よりつね)の娘である。 時常は、幼い頃から和歌に親しみ、20歳頃には和歌所に出仕して御歌所別当となった。承久の乱では、北条氏に属して討幕軍と戦い、乱後は九州に下向して鎮西奉行となった。その後、仁治元年(1240年)に鎌倉に帰還して執権北条時頼の側近となり、建長3年(1251年)に評定衆に任じられた。 時常は、承久の乱の戦勝を記念して建立された建長寺の造営にも参画し、また、和歌集『東家集(とうけしゅう)』を編纂した。また、時常は、歌人としても知られており、彼の和歌は、多くの勅撰和歌集に採録されている。 時宗は、文永7年(1270年)に死去した。享年55歳。 時常は、鎌倉幕府の重臣として活躍した武人であると同時に、和歌の道にも精通した文化人でもあった。彼の和歌は、その優れた文才と独創的な表現で、多くの歌人に影響を与えた。
歴史上の人物

藤原良教 – その生涯と歌才

- 藤原良教の生涯 藤原良教は、平安時代中期に活躍した歌人、公卿です。藤原北家魚名流の藤原長良の子として生まれ、良房の甥にあたります。幼少より学問を好み、特に和歌に優れていました。 元慶7年(883年)に文章生に補され、やがて文章博士、右大弁、左大弁、大納言などを歴任しました。醍醐天皇の信任が篤く、昌泰4年(901年)には右大臣に任ぜられます。 延喜3年(903年)には、宇多法皇の崩御に際して、醍醐天皇の勅命により「古今和歌集」の撰進を行いました。これは、勅撰和歌集の始まりであり、良教の和歌の才能を高く評価された結果です。 延喜11年(911年)に薨去しました。享年51。 良教は、和歌の才能だけでなく、学問にも優れていました。特に、漢詩に秀でており、多くの漢詩を残しています。また、書道にも堪能で、その書風は「良教流」と呼ばれ、平安時代の書壇に大きな影響を与えました。 良教は、平安時代中期を代表する歌人で、その和歌は「古今和歌集」に多く採録されています。また、学問や書道にも優れ、平安時代の文化に大きな貢献をしました。
歴史上の人物

小田治久→ 鎌倉・南北朝時代の武将

-弘安6年生まれの常陸小田城主- 小田治久は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。常陸国小田城主。小田氏の一族。小田家次の子。小田時久の弟。通称は五郎。 弘安6年(1283年)に常陸国小田城(現在の茨城県筑西市)で生まれる。父・家次の死後、家督を継いで小田城主となる。 正中2年(1325年)、鎌倉幕府の倒幕運動に参加し、鎌倉に攻め込む。しかし、幕府軍に敗れて小田城に逃亡する。 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡すると、建武の新政権に参加する。建武2年(1335年)、足利尊氏が鎌倉で反乱を起こすと、尊氏に従って京都に攻め込む。 建武3年(1336年)、尊氏が京都を制圧すると、治久は常陸国守護に任命される。 延元元年(1336年)、尊氏が九州に逃れると、治久は尊氏に従って九州に渡る。 延元4年(1339年)、尊氏が京都に帰還すると、治久も京都に戻る。 正平7年(1352年)、尊氏が死去すると、治久は足利義詮に従う。 正平10年(1355年)、治久は常陸国で反乱を起こす。しかし、幕府軍に敗れて小田城に籠城する。 正平11年(1356年)、治久は小田城で自害する。享年74。 治久は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけて活躍した武将であり、常陸国小田城主として一国の守護を任された人物である。
歴史上の人物

正親町三条公明-鎌倉-南北朝時代の公卿

-正親町三条公明の生涯と経歴- * 正親町三条公明は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての公卿。 * 右大臣・正親町三条公教の子。 * 母は天台座主・尊円親王の娘。 * 正室は一条局(一条能保の娘)。 公明は、建保5年(1217年)に生まれる。建仁3年(1203年)に右大臣となった父・公教のもとで、公卿としての道を歩み始める。 建永2年(1207年)、従五位下に叙せられ、建暦2年(1212年)に侍従に任命された。建保6年(1218年)には、正五位下に叙され、建保7年(1219年)に左馬頭に任命された。 承久3年(1221年)、承久の乱が勃発すると、公明は後鳥羽上皇の側に立って戦った。しかし、乱は幕府方の勝利に終わり、後鳥羽上皇は隠岐に配流された。公明もまた、隠岐に配流されたが、安貞2年(1228年)に許されて帰京した。 嘉禎3年(1237年)、公明は参議に任命された。その後、権中納言、権大納言、内大臣を歴任し、建長7年(1255年)には右大臣に任命された。 弘長元年(1261年)、公明は右大臣を辞任し、翌弘長2年(1262年)に出家した。法名は覚慧。文永4年(1267年)に死去。享年51。 公明は、和歌や蹴鞠に優れた才能を持ち、また、漢詩文にも通じていた。公明の和歌は、『新古今和歌集』や『続古今和歌集』に収められている。
歴史上の人物

円照(2) – 鎌倉時代の僧

-初期の経歴と師匠- 円照の初期の経歴についてはあまり知られていません。鎌倉時代の初め頃に生まれたと考えられ、出生地は現在の神奈川県鎌倉市にある浄智寺ではないかと推測されています。 円照は、鎌倉時代初期に活躍した僧侶であり、浄土宗の開祖である法然の弟子として知られています。円照は、法然から直接教えを受け、法然の死後は浄土宗の指導者として活躍しました。 円照は、法然から「一遍上人」の称号を授かり、浄土宗の布教に努めました。一遍上人は、日本各地を巡り、多くの人々に阿弥陀如来の救いを説きました。一遍上人は、踊念仏というユニークな布教方法で知られており、人々を熱狂させました。 一遍上人は、浄土宗の布教に成功し、浄土宗は鎌倉時代後期には日本最大の仏教宗派となりました。一遍上人は、浄土宗の祖師として人々から尊敬されており、現在でもその教えは多くの人々に親しまれています。
歴史上の人物

瓜生照の生涯 – 鎌倉と南北朝時代の武将

瓜生照の出自と家族 瓜生照は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。瓜生氏は、現在の奈良県生駒郡瓜生町を本拠とする豪族でした。照の父は瓜生高直といい、鎌倉幕府の御家人でした。母は不明ですが、照には兄の高時と弟の高重がいました。 照は、建武2年(1335年)に鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏に従って建武政権に仕えました。その後、尊氏が九州に落ち延びると、照もそれに従いました。尊氏が九州で勢力を盛り返して上洛すると、照もそれに従って上洛し、建武3年(1336年)に尊氏が室町幕府を開くと、その幕臣となりました。 照は、尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げました。正平11年(1356年)には、越後国守護に任命されました。翌正平12年(1357年)には、南朝方の新田義貞を破り、その功績により越後国守護に再任されました。 正平18年(1363年)、照は越後国で没しました。享年51歳でした。照には3人の息子がいましたが、長男の高基は照の生前に戦死し、次男の高忠は出家したため、三男の高治が瓜生氏を継ぎました。 瓜生氏は、室町時代を通じて越後国守護として活躍し、戦国時代には上杉氏に従いました。上杉氏が滅亡すると、瓜生氏も没落しました。
歴史上の人物

「僧海」

僧海(1125~1205)は、鎌倉時代の僧侶である。号は戒風、土佐円空寺で生まれ、円空寺で出家して叡山で修業した。その後、東寺で法然上人に師事し、法然の門下の中で最も優れた弟子の一人となる。建久2年(1191年)、法然を弾圧する聖覚の弾圧を逃れて九州に逃れ、九州で布教活動を行った。建久4年(1193年)、法然の赦免により京都に戻り、法然の側近として活躍した。法然の死後も、法然の教えを伝え、浄土宗の普及に努めた。 僧海は、法然の教えを広く伝えるために、多くの著作を残した。その代表的な著作としては、『選択本願念仏集』、『愚禿鈔』、『法然上人行状』などがある。これらの著作は、法然の教えを理解する上で貴重な資料となっており、浄土宗の歴史を研究する上で欠かせない文献である。 僧海は、浄土宗の開祖である法然の最も優れた弟子の一人として、浄土宗の発展に大きく貢献した。その著作は、法然の教えを理解する上で貴重な資料となっており、浄土宗の歴史を研究する上で欠かせない文献である。
歴史上の人物

佐々木定重とは?その生涯と人物像

-佐々木定重の生涯- 佐々木定重(ささき さだしげ)は、室町時代後期から戦国時代初期の武将であり、近江国守護代である佐々木氏の一族です。1507年、佐々木定綱の子として誕生します。 1523年、定重は父・定綱の跡を継いで佐々木氏当主となり、近江国守護代に就任します。しかし、当時の近江国は、六角氏、京極氏、浅井氏などの有力な国人が割拠しており、定重は彼らの勢力と対峙しながら、近江国を支配しなければなりませんでした。 1527年、定重は六角定頼と戦いを起こし、六角氏の家臣である平井定武を討ち取るなど、戦功を挙げました。しかし、その後六角氏と和睦し、1532年には六角定頼の娘を妻として迎えます。 1535年、京極氏と浅井氏が連合して定重に対して挙兵します。定重はこれを迎え撃ちましたが、敗北し、近江国守護代を辞任させられてしまいます。 1536年、定重は六角定頼と再度戦いを起こし、六角軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1540年に六角軍に敗北し、近江国守護代を再び辞任させられてしまいます。 その後、定重は六角氏と和睦し、六角定頼の娘を妻として迎えます。1543年に六角定頼が亡くなると、定重は六角氏の家督を継いで六角定頼となりました。 1552年、定重は浅井長政と戦いを起こし、浅井軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1558年に浅井長政軍に敗北し、近江国守護代を辞任させられてしまいます。 1560年、定重は六角義賢と戦いを起こし、六角軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1561年に六角義賢軍に敗北し、近江国守護代を再び辞任させられてしまいます。 1562年、定重は六角義賢と再度戦いを起こし、六角軍を破って近江国守護代に復帰します。しかし、1563年に六角義賢軍に敗北し、近江国守護代を再び辞任させられてしまいます。 1564年、定重は六角義賢と和睦し、六角義賢の娘を妻として迎えます。1567年に六角義賢が亡くなると、定重は六角氏の家督を継いで六角義定となりました。 1570年、定重は織田信長と戦いを起こし、織田軍に敗北して近江国守護代を辞任させられてしまいます。その後、定重は六角氏の家督を六角義治に譲り、隠居しました。 1573年、定重は79歳で亡くなりました。
歴史上の人物

北畠雅行

鎌倉時代の公卿の生い立ち 北畠雅行(きたばたけ まさゆき。1242年-1321年8月5日)は、鎌倉時代の公卿、歌人。藤原北家閑院流、公卿・北畠親房の子。官位は正三位・左近衛権中将。 鎌倉時代の公卿は、公家政権の頂点に立つ天皇を補佐する政務官僚であった。彼らは、主に藤原氏や源氏などの有力な氏族出身者が任命され、天皇の命令を奉じて政務を執行した。鎌倉時代の公卿の生い立ちは、大きく分けて3つのパターンがあった。 1つは、公家の家に生まれた公卿である。彼らは、幼い頃から公家としての教育を受け、朝廷に出仕して出世していった。例えば、北畠雅行は、公卿・北畠親房の子として生まれ、幼い頃から公家としての教育を受け、朝廷に出仕して出世していった。 2つ目は、将軍や守護などの武家の家に生まれた公卿である。彼らは、武家としての教育を受け、朝廷に出仕して公卿となった。例えば、足利義満は、将軍・足利尊氏の孫として生まれ、武家としての教育を受けた後、朝廷に出仕して公卿となった。 3つ目は、僧侶や神官などの宗教者の家に生まれた公卿である。彼らは、僧侶や神官としての教育を受け、朝廷に出仕して公卿となった。例えば、西園寺公朝は、僧侶・西園寺公衡の子として生まれ、僧侶としての教育を受けた後、朝廷に出仕して公卿となった。 鎌倉時代の公卿の生い立ちは、多様であった。しかし、公卿の多くは、公家、武家、宗教者のいずれかの家に生まれ、幼い頃から公家としての教育を受けていた。
歴史上の人物

「武石胤盛」- 千葉常胤の三男で武石氏の祖

-千葉常胤の三男・武石氏の祖- 武石胤盛は、千葉常胤の三男で、武石氏の祖です。武石氏は、上総国武射郡武石郷(現在の千葉県君津市大和田)を領した武家です。 胤盛は、1156年に生まれました。常胤の三男として生まれましたが、長男の秀胤と次男の成胤が早世したため、家督を継ぎました。胤盛は、武勇に優れ、常胤の側近として活躍しました。 1180年、平家の大軍が上洛してくるのにあたり、胤盛は常胤に従って源頼朝から出陣を命じられます。胤盛は、頼朝の軍勢に加わって平家と戦い、武功を挙げました。 1185年、常胤が没すると、胤盛は家督を継ぎました。胤盛は、常胤の領地を継承し、上総国の有力者となりました。胤盛は、武射郡武石郷に居を構え、武石氏を称しました。 武石氏は、胤盛の代から代々、上総国に勢力を持ちました。胤盛の孫にあたる武石胤行は、鎌倉幕府の御家人として活躍しました。胤行は、1221年に承久の乱で朝廷方についたため、幕府軍に攻め滅ぼされました。 胤盛の曾孫にあたる武石胤氏も、鎌倉幕府の御家人として活躍しました。胤氏は、1247年に宝治合戦で北条氏側に加わり、功績を挙げました。胤氏は、武石氏の勢力を拡大し、上総国の有力者となりました。 武石氏は、胤盛の代から代々、上総国に勢力を持ち続けました。しかし、16世紀末に発生した天正壬午の乱で、武石氏は滅亡しました。
歴史上の人物

「堅光」(⇒寂室堅光(じゃくしつ-けんこう))

寂室堅光(じゃくしつ-けんこう)とは 寂室堅光は、1290年に京都で生まれた日本の臨済宗の僧侶です。14世紀に臨済宗の黄金期を築いた高僧の一人として知られ、多くの弟子を育て、臨済宗の普及に貢献しました。 堅光は、幼い頃から仏教に親しみ、16歳の時に建仁寺の春屋妙葩(しゅんや-みょうは)の弟子となりました。春屋妙葩は、当時の臨済宗の第一人者であり、堅光は春屋妙葩から禅の教えを学び、悟りを開きました。 悟りを開いた堅光は、各地を遍歴しながら禅の教えを広めました。1340年、堅光は京都に大徳寺を創建しました。大徳寺は、臨済宗の五山の一つに数えられる名刹であり、堅光はここで多くの弟子を育て、臨済宗の普及に努めました。 堅光は、1367年に寂し、78歳で亡くなりました。堅光は、臨済宗の黄金期を築いた高僧として知られ、多くの弟子を育て、臨済宗の普及に貢献しました。 堅光の思想は、臨済宗の伝統的な教えに基づいていますが、独自の工夫や解釈を加えています。堅光は、禅の修行は、悟りを開くための手段であるだけでなく、人間としての生き方を学ぶための修行であると考えました。堅光は、禅の修行を通して、人間が本来持っている智慧や慈悲を育むことを目指しました。 堅光の思想は、多くの弟子に受け継がれ、臨済宗の発展に大きな影響を与えました。また、堅光の思想は、日本文化にも大きな影響を与え、茶道や華道などの伝統文化の発展にも影響を与えました。
歴史上の人物

藤原為子(2)

藤原為子(2)の生涯 藤原為子(2)は、父・藤原道隆、母・源倫子の間に生まれた藤原氏の女性。平安時代中期、藤原道長の妹であり、一条天皇の皇后となった人物です。 為子は幼い頃から聡明で、容姿端麗な女性として知られていました。一条天皇が即位した後、藤原道長が政権を握ると、為子は天皇の寵愛を受け、皇后に冊立されました。 为子は皇后として、藤原道長の権力を支えながら、朝政を司りました。また、彼女は、仏教にも深く帰依し、多くの寺院を建立・修復を行いました。 しかし、一条天皇が崩御すると、為子は皇太后となり、政治の実権は藤原道長が握りました。その後、為子は藤原頼通の養女となり、晩年は出家して、法皇となることを望みましたが、藤原道長に阻まれ、叶いませんでした。 藤原為子(2)は、平安時代中期を代表する女性の一人であり、藤原道長の妹として、一条天皇の皇后として、大きな影響力を持っていました。彼女の生涯は、藤原氏の栄華と、平安時代の宮廷の様子を垣間見ることができる貴重な史料となっています。