長野県出身

学術分野の人

山口左仲:寄生虫学の発展に貢献した研究者

-長野県出身の寄生虫学者- 山口左仲は、1854年に長野県松本市に生まれ、1924年に亡くなった寄生虫学者です。東京帝国大学医学部を卒業後、ドイツに留学し、寄生虫学を学びました。帰国後は、東京帝国大学医学部教授となり、寄生虫学の研究に没頭しました。 山口左仲の研究は、寄生虫の分類と生態、寄生虫と宿主の関係、寄生虫の感染と予防など、寄生虫学のあらゆる分野に及びました。特に、日本産寄生虫の研究に力を注ぎ、多くの新種を発見しました。また、寄生虫の生態を解明し、寄生虫の感染と予防に関する重要な知見を得ました。 山口左仲の研究は、寄生虫学の発展に大きく貢献し、日本における寄生虫学の基礎を築きました。また、山口左仲は、寄生虫学の普及にも努め、多くの弟子を育て上げました。山口左仲の弟子の中には、後に寄生虫学の大家となった人も多く、山口左仲の研究は、日本の寄生虫学の発展に多大な影響を与えました。 山口左仲は、1924年に亡くなりましたが、その業績は今もなお語り継がれています。山口左仲の研究は、寄生虫学の発展に大きく貢献し、日本における寄生虫学の基礎を築きました。また、山口左仲の弟子の中には、後に寄生虫学の大家となった人も多く、山口左仲の研究は、日本の寄生虫学の発展に多大な影響を与えました。
学術分野の人

芦部信喜 – 昭和後期-平成時代を代表する憲法学者

-芦部信喜の生い立ちと経歴- 芦部信喜は、1927年(昭和2年)に愛知県名古屋市に生まれた。父は、名古屋高等裁判所判事などを歴任した芦部辰二郎であり、母は、名古屋市会議員などを歴任した芦部こうである。芦部信喜は、名古屋大学法学部を卒業後、東京大学大学院法学研究科に進学した。その後、ロンドン大学に留学し、1956年に帰国した。 帰国後は、東京大学法学部教授に就任し、憲法学の研究と教育に携わった。1973年に東京大学総長に就任し、1979年まで務めた。また、1983年から1987年まで日本学術会議会長を務めた。芦部信喜は、憲法学の第一人者として活躍し、日本の憲法学の発展に大きく貢献した。 芦部信喜は、憲法学の研究において、憲法の理念と現実との乖離に注目した。そして、憲法の理念を現実化するためには、憲法の解釈と運用において、柔軟な姿勢が必要であると主張した。また、芦部信喜は、憲法学の研究において、比較憲法学の視点を取り入れた。そして、日本国憲法を他の国の憲法と比較することで、日本国憲法の特質を明らかにした。 芦部信喜は、憲法学の研究において、多くの業績を残した。その代表的な業績としては、憲法学研究会編『憲法学研究Ⅰ憲法総論』中最高法規、基本的人権(1959年)、天皇の地位(1964年)、憲法学研究会編『注釈日本国憲法』上巻総説(1964年)、天皇機関説事件の再検討(1967年)、芦部信喜編『基礎法学体系憲法学』中基本的人権(1973年)などがある。 芦部信喜は、憲法学者として活躍する傍ら、社会活動にも積極的に取り組んだ。芦部信喜は、日本弁護士連合会会長や日本法学会会長などを歴任し、法治国家の確立と民主主義の発展に尽力した。また、芦部信喜は、世界平和アピール七人委員会のメンバーとしても活動し、核兵器廃絶と世界平和の実現を訴えた。 芦部信喜は、2009年(平成21年)に82歳で亡くなった。
歴史上の人物

外交官「畑良太郎」の生涯と業績

畑良太郎の経歴と外交官としての歩み 畑良太郎は、1907年(明治40年)に東京都で生まれた。外交官として日本のために尽力した人物である。 東京帝国大学法学部卒業後、外務省に入省した。その後、フランス、イギリス、アメリカ合衆国などに赴任。1940年(昭和15年)には、外務大臣に就任した。 1941年(昭和16年)、畑良太郎は、日米交渉の代表として渡米した。しかし、交渉は失敗に終わり、太平洋戦争が勃発した。畑良太郎は、外務大臣を辞任し、その後は、重臣として終戦工作に尽力した。 1945年(昭和20年)、日本が降伏すると、畑良太郎は、GHQ(連合国軍総司令部)に逮捕された。1948年(昭和23年)に釈放され、その後は、東京大学で教鞭を執った。1984年(昭和59年)に死去した。 畑良太郎は、外交官として、日本と諸外国との友好関係を築くことに貢献した。また、終戦工作にも尽力し、日本の復興に貢献した。
文学分野の人

五味保義-から見る大正-昭和時代の歌人

-人名辞典にみる五味保義- 五味保義は、明治25年(1892年)に東京市日本橋区(現・東京都中央区)で生まれた歌人。東京帝国大学国文科在学中に、石川啄木、北原白秋らと知り合い、歌作を始める。大正3年(1914年)には、石川啄木の遺稿集『一握の砂』を刊行し、その名を知られるようになった。その後、雑誌『アララギ』の同人として活躍し、大正15年(1926年)には、短歌結社「白鳥」を創設した。 五味保義は、昭和20年(1945年)に胃癌で死去したが、その死後もその歌風は高く評価され、多くの歌人に影響を与えた。五味保義の歌は、写生を重んじ、日常の生活の中から美しさを見出すという特徴がある。また、五味保義は、短歌の批評家としても活躍し、多くの評論を残した。 五味保義は、人名辞典にもその名が掲載されている。その内容は、次の通りである。 -五味保義-(ごみ・やすよし) 歌人。東京生。東京帝大国文科卒。石川啄木、北原白秋らと交わる。大正3年「啄木遺稿集」を刊行。雑誌「アララギ」同人。「白鳥」主宰。写生歌風を提唱。評論集「近代抒情詩の研究」、「定本五味保義全歌集」など。昭和20年2月17日死去。 この人名辞典の内容からは、五味保義の基本的な情報を知ることができる。五味保義の生年月日、出身地、学歴、交友関係、歌風の概要などが簡潔にまとめられている。また、五味保義の代表的な著書や、その死没年についても記されている。 人名辞典の内容は、五味保義の生涯と歌作の概要を知る上で、有益な資料となる。五味保義に興味を持った人は、ぜひ人名辞典を調べてみてほしい。
学術分野の人

柳田博明(1935-2006):高感度赤外線センサーや知能材料研究に貢献した工業化学者

-高感度赤外線センサーの開発- 柳田博明は、高感度赤外線センサーの開発において重要な役割を果たしました。赤外線センサーは、赤外線を電気信号に変換するデバイスであり、熱画像装置や暗視装置、分光器などに使用されています。 柳田は、1961年に東京工業大学を卒業した後、三菱電機に入社しました。同社では、赤外線センサーの研究開発に従事し、1964年に世界初の高感度赤外線センサーを開発しました。このセンサーは、それまでのセンサーよりも感度が10倍以上高く、赤外線画像の撮影を可能にしました。 柳田の開発した高感度赤外線センサーは、軍事、産業、医療などさまざまな分野で広く使用されるようになりました。例えば、軍事では、赤外線画像を使用して敵の動きを探知することができます。産業では、赤外線画像を使用して製品の品質を検査することができます。医療では、赤外線画像を使用して患者の体内の状態を診断することができます。 柳田の高感度赤外線センサーの開発は、赤外線技術の発展に大きく貢献しました。彼の業績は、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

教育者・田中ふさ子の人生と足跡

-田中ふさ子の生涯- 田中ふさ子は、1858年、熊本県に生まれました。父は熊本藩士、母は儒学者であった堀田正亮の娘です。幼い頃から聡明で、12歳の時には漢学を修め、14歳で女学校を卒業しました。その後、東京の女子師範学校で学び、1876年に卒業しました。 卒業後は、東京の小学校で教師として働き始めました。1880年には、東京府師範学校の校長に就任し、女子教育の発展に尽力しました。1883年には、女子高等師範学校の校長に就任し、日本の女子教育の最高責任者となりました。田中ふさ子は、女子高等師範学校の校長時代には、女子教育の改革に取り組みました。それまでの女子教育は、女子の家庭的な役割を強調するものでしたが、田中ふさ子は、女子にも男子と同じように教育を受けさせるべきだと主張しました。 田中ふさ子は、女子教育の発展に尽力した功績により、1920年に男爵位を授与されました。また、1932年には、日本初の女性参政権運動団体である「婦人参政権獲得同盟」を結成し、女性の参政権獲得運動を展開しました。田中ふさ子は、1935年に亡くなりましたが、その生涯を通じて、女性の地位向上と女子教育の発展に尽力した人物として、現在でもその功績を讃えられています。
政治分野の人

– 「羽田武嗣郎」:その生涯と功績

-政界入り前の羽田武嗣郎- 羽田武嗣郎は、1865年(慶応元年)に、福岡県に生まれました。幼少の頃は、貧しい家に育ちましたが、勉強熱心で、優秀な成績を収めました。1889年(明治22年)に、東京帝国大学法科大学を卒業し、司法官となりました。その後、判事や検事を歴任した後に、1908年(明治41年)に政界入りを果たしました。 政界入り前の羽田武嗣郎は、司法官として活躍していました。判事や検事を歴任し、その手腕を高く評価されていました。また、多くの著作を発表し、法学の分野でもその名を知られていました。1908年(明治41年)に政界入りを果たした羽田武嗣郎は、すぐに頭角を現しました。 羽田武嗣郎は、政界入りする前は、司法官として活躍していました。判事や検事を歴任し、その手腕を高く評価されていました。また、多くの著作を発表し、法学の分野でもその名を知られていました。1908年(明治41年)に政界入りを果たした羽田武嗣郎は、すぐに頭角を現しました。
学術分野の人

藤沢令夫-学者としての生涯と業績

藤沢令夫の生涯 藤沢令夫は、1924年(大正13年)10月20日に東京府東京市に生まれた。父は、東京帝国大学法学部教授の藤沢弘之である。 藤沢は、1941年(昭和16年)に東京高等師範学校附属中学校を卒業後、東京帝国大学法学部に進学した。しかし、学徒出陣により、1943年(昭和18年)に海軍通信学校に入校した。 1945年(昭和20年)に終戦を迎えた藤沢は、1946年(昭和21年)に東京帝国大学法学部に復学し、1948年(昭和23年)に卒業した。 卒業後は、東京大学法学部助手、同助教授、同教授を歴任し、1985年(昭和60年)に定年退官した。 退官後は、東京大学名誉教授、日本学士院会員、日本法哲学会会長などを歴任し、2014年(平成26年)11月12日に死去した。
学術分野の人

「吉川晴十」

-「吉川晴十」- -大正から昭和時代の冶金学者- 吉川晴十(よしかわ せいじ、1893年9月18日 - 1972年11月10日)は、日本の冶金学者。工学博士。第4代東京工業大学学長。 -生い立ちと教育- 1893年9月18日、石川県金沢市に生まれる。石川県立金沢第一中学校(現・石川県立金沢泉丘高等学校)を経て、1918年3月に東京帝国大学工学部冶金学科を卒業。その後、大学院に進学し、1922年3月に工学博士号を取得。 -研究と教育- 大学院修了後は、東京帝国大学工学部冶金学科の助教授となる。1928年3月、教授に昇進。1938年4月から1942年3月まで、同工学部長を務める。1942年4月、東京工業大学が設立されると、同大学教授に転任。1946年4月から1948年3月まで、同大学学長を務める。 吉川の研究は、鉄鋼材料の熱処理、金属の表面処理、金属の腐食など、幅広い分野にわたっている。特に、熱処理の分野では、日本国内で初めてマルテンサイトの組織を明らかにし、マルテンサイトの硬さや強度に及ぼす炭素量や合金元素の影響を明らかにした。また、表面処理の分野では、日本国内で初めて金属の表面に酸化皮膜を形成する陽極酸化法を開発し、金属の耐食性を向上させた。 -受章歴- 1941年11月、帝国学士院会員に選出される。1944年11月、文化勲章を受章。1964年には、日本学士院賞を受賞。 -没後- 1972年11月10日、東京都新宿区の慶應義塾大学病院で死去。享年79。
スポーツ分野の人

「中山竹通」:スピードマラソン時代をリードしたランナー

中山竹通の功績 中山竹通は、スピードマラソン時代をリードしたランナーである。1956年、メルボルンオリンピックで銀メダルを獲得し、日本初のオリンピックマラソンメダリストとなった。また、1958年には、2時間15分18秒で世界記録を樹立した。 中山竹通の功績は、スピードマラソン時代をリードしたことだけではない。彼は、マラソンを科学的に分析し、トレーニング方法を確立した。また、マラソンを国民的なスポーツにするために尽力し、マラソンブームの火付け役となった。 中山竹通のトレーニング方法は、当時の常識を覆すものであった。彼は、従来の距離走中心のトレーニングではなく、スピード練習を重視した。また、科学的な栄養管理や、マッサージなどのリカバリーにも力を注いだ。 中山竹通のトレーニング方法は、多くのランナーに影響を与えた。彼のトレーニング方法を取り入れたランナーは、次々と自己ベストを更新し、マラソンブームを巻き起こした。 中山竹通は、マラソンを科学的に分析し、トレーニング方法を確立した。また、マラソンを国民的なスポーツにするために尽力し、マラソンブームの火付け役となった。中山竹通の功績は、日本のマラソン界に大きな影響を与えている。
学術分野の人

小林行昌:明治時代の商学者

-小林行昌の生い立ちと経歴- 小林行昌は、1841年(天保12年)に、尾張国(現在の愛知県)名古屋に生まれた。父は医師、母は産婆であった。小林は幼少の頃から聡明で、読書を好む少年であった。1863年(文久3年)、小林は、蘭学塾である「蘭医学塾」に入塾し、西洋の学問を学ぶ。その後、1871年(明治4年)に、東京の「慶應義塾」に入学し、経済学を学ぶ。 1875年(明治8年)、小林は、慶應義塾を卒業し、大阪の「商法講習所」の講師となる。小林は、商法講習所で、経済学や商法を教えるとともに、商業界の調査研究も行っていた。1881年(明治14年)には、商法講習所の校長に就任し、商法教育の充実を図った。 1890年(明治23年)、小林は、慶應義塾大学の教授に就任し、経済学や商法を教えた。また、小林は、1891年(明治24年)に、日本初の商学専門誌である「商業界」を創刊し、商学の普及に努めた。小林は、1901年(明治34年)に、慶應義塾大学の総長に就任し、1906年(明治39年)まで総長を務めた。 小林は、日本における商学の開祖として知られており、日本の商学の発展に大きく貢献した。小林は、1910年(明治43年)に、70歳で亡くなった。
学術分野の人

戒能通孝 – 昭和時代の法学者・弁護士

-法学者・弁護士としての功績- 戒能通孝は、法学者、弁護士として、昭和時代の法曹界に多大な功績を残しました。 まず、法学者としての功績としては、民法、商法、刑法などの分野において、多くの重要な著作を残したことが挙げられます。これらの著作は、法曹養成や実務に大きな影響を与え、今日の法学の基礎を築くのに貢献しました。 例えば、民法の分野では、『民法講義』や『民法原論』などの著作で、民法の体系的かつ学術的な研究を行い、民法学の発展に大きく寄与しました。商法の分野では、『商法講義』や『商法原論』などの著作で、商法の体系的かつ学術的な研究を行い、商法学の発展に大きく寄与しました。刑法の分野では、『刑法講義』や『刑法原論』などの著作で、刑法の体系的かつ学術的な研究を行い、刑法学の発展に大きく寄与しました。 また、弁護士としての功績としては、多くの重要な事件を手がけ、その弁護活動で数々の成果を上げました。例えば、1933年の東京帝国大学総長平沼騏一郎の暗殺未遂事件では、被告人を無罪に導きました。1935年の帝人事件では、被告人を無罪に導きました。1946年の広田内閣閣僚のBC級戦犯裁判では、被告人を無罪に導きました。 これらの弁護活動は、司法権の独立や人権の擁護に大きく貢献し、今日の法曹界のあり方に大きな影響を与えました。 戒能通孝は、法学者、弁護士として、昭和時代の法曹界に多大な功績を残した偉大な人物でした。彼の著作や弁護活動は、今日の法学や法曹界の基礎を築くのに大きく貢献しており、彼の功績は今後も長く語り継がれることでしょう。
政治分野の人

宮沢胤勇 – 昭和時代の政治家

宮沢胤勇の生涯と功績 宮沢胤勇は、昭和時代の政治家。第5代自由民主党幹事長、第7代参議院議長、第9代通商産業大臣、第66代大蔵大臣を歴任した。 1919年(大正8年)5月16日、岩手県花巻市に生まれる。旧姓は菊池。盛岡商業学校(現・盛岡市立高等学校)卒業後、1940年(昭和15年)に早稲田大学専門部商科を卒業。 大学卒業後は、実業界に入り、1942年(昭和17年)に岩手県商工経済会専務理事に就任。1946年(昭和21年)に衆議院議員選挙に立候補するが落選。1947年(昭和22年)に、第23回衆議院議員総選挙に自由党公認で立候補し、初当選を果たす。 以後、衆議院議員を連続11期務める。1972年(昭和47年)に第1次田中角栄内閣の通商産業大臣に就任。1974年(昭和49年)に、第2次田中角栄内閣の第5代自由民主党幹事長に就任する。1976年(昭和51年)に、第2次三木武夫内閣の大蔵大臣に就任する。1979年(昭和54年)に、第7代参議院議長に就任する。 1996年(平成8年)6月13日に死去。享年77。 宮沢胤勇の功績は、以下の通り。 * 第1次田中角栄内閣の通商産業大臣として、石油危機に対処した。 * 第2次田中角栄内閣の第5代自由民主党幹事長として、党内の融和を図った。 * 第2次三木武夫内閣の大蔵大臣として、減税を断行した。 * 第7代参議院議長として、参議院の権威を高めた。 宮沢胤勇は、昭和時代の政治家として、大きな功績を残した。
歴史上の人物

「高橋其三」

-高橋其三-生涯と功績- 高橋其三(たかはし そきぞう、1862年1月27日 - 1926年11月3日)は、日本の政治家・経済学者・ジャーナリスト。第21代内閣総理大臣(在任 1922年6月12日 - 1923年9月2日)。京都府相楽郡木津町(現木津川市)生まれ。 -生い立ちと教育- 1862年1月27日、京都府相楽郡木津町(現木津川市)に生まれる。父は酒造業を営んでいたが、其三が幼い頃に亡くなった。その後、母と姉に育てられた。1877年、京都府立中学校(現京都府立京都堀川高等学校)に入学。1881年、卒業後、上京して東京大学予備門(現東京大学教養学部)に入学。1886年、大学予備門を卒業後、東京大学法学部に入学。1890年、東京大学法学部を卒業。 -新聞記者として- 1891年、東京日日新聞に入社。記者として活躍し、政治・経済問題について数多くの記事を執筆した。1898年、東京日日新聞を退社し、早稲田大学講師に就任。翌年には、早稲田大学教授に就任した。1901年、早稲田大学を退職し、再び東京日日新聞の記者として復帰した。 -政界入り- 1902年、第7回衆議院議員総選挙に東京府第1区から出馬し、当選。政界入りを果たした。1903年、憲政本党に入党。1905年の第10回衆議院議員総選挙では、東京府第1区から再選された。1906年、憲政本党の政務調査会長に就任。1907年、憲政本党の総務に就任。1908年、憲政本党の幹事長に就任。 -内閣総理大臣として- 1922年6月、原敬首相が暗殺された。その後、高橋其三が第21代内閣総理大臣に就任した。高橋首相は、第一次世界大戦後の不況に対処するため、財政・金融政策を重視した。また、労働問題にも取り組み、労働組合法を制定した。1923年9月、関東大震災が発生。高橋首相は、震災復興に尽力したが、震災後の混乱の中で内閣は総辞職した。 -晩年- 高橋首相は、内閣総辞職後、政界を引退した。その後、講演会や執筆活動を行い、1926年11月3日に死去した。 -功績- 高橋其三は、日本の政界・経済界に大きな功績を残した。首相在任中には、大正デモクラシーの推進や労働問題への取り組みなど、数多くの改革を断行した。また、震災復興にも尽力した。高橋首相は、日本の近代化に貢献した偉大な政治家の一人である。
経済分野の人

高橋志摩五郎:化粧品貿易商として活躍した明治-昭和時代前期の実業家

高橋志摩五郎の生涯と経歴 高橋志摩五郎は、明治11年(1878年)に神奈川県横浜市で生まれた。幼少期より海外に興味を持ち、独学で外国語を習得した。19歳の時、横浜の貿易商社に入社し、化粧品貿易に従事することとなる。その後、同社を退職し、1908年に東京で独立して化粧品貿易商社を設立した。 高橋志摩五郎は、海外の化粧品を輸入して国内で販売する事業を展開した。当初は、なかなか業績が伸びなかったが、大正時代に入り、欧米の化粧品が日本に紹介されるようになると、事業が軌道に乗り始めた。高橋志摩五郎は、国内の化粧品市場が拡大していく中で、事業を拡大し、化粧品貿易商として成功を収めた。 高橋志摩五郎は、化粧品貿易商としてだけでなく、社会活動にも積極的だった。海外への留学を奨励する団体である「留学生協会」の設立に尽力し、また、社会事業にも携わった。高橋志摩五郎は、1957年に亡くなるまで、化粧品貿易商として、また社会活動家として活躍した。
学術分野の人

松山原造 – 明治・昭和の時代を象徴する発明家

-革新的な鋼鉄製双用犂の発明- 松山原造は、明治・昭和の時代を象徴する発明家です。その発明品の中でも特に有名なのが、革新的な鋼鉄製双用犂です。この発明は、日本の農業に大きな影響を与え、近代化に大きく貢献しました。 松山原造は、1850年に愛媛県松山に生まれました。若い頃から機械に興味を持ち、独学で機械の構造を学びました。そして、1884年に鋼鉄製の双用犂を発明しました。この双用犂は、それまでの木製や竹製の犂よりもはるかに強く、耐久性がありました。また、二つの刃が交互に働くことで、土を深く耕すことができました。 松山原造の鋼鉄製双用犂は、日本の農業に大きな影響を与えました。それまでの日本の農業は、主に人力や牛力に頼っていましたが、鋼鉄製双用犂の登場により、機械化された農業が可能になりました。このことは、日本の農業生産性の向上に大きく貢献しました。 また、松山原造の鋼鉄製双用犂は、近代化の象徴としても知られています。それまでの日本の農業は、伝統的な技術に頼っていましたが、鋼鉄製双用犂の登場により、近代的な技術が農業に導入されました。このことは、日本の近代化に大きく貢献しました。 松山原造の鋼鉄製双用犂は、日本の農業に大きな影響を与えた革新的な発明でした。この発明は、日本の近代化に大きく貢献し、松山原造は日本の近代化の立役者の一人として知られています。
学術分野の人

金子宏 – 昭和後期-平成時代の法学者

-金子宏の生い立ちと経歴- 金子宏は、1930年(昭和5年)8月23日、東京都に生まれた。父は法学者の金子堅太郎、母は小説家の金子光晴である。祖父は政治家の金子堅太郎、叔父は外交官の金子直吉である。 東大では、父堅太郎とともに法学部で学び、1953年に卒業した。その後、法学部の助手となり、1958年に助教授に昇進した。1963年に東京大学法学部教授となり、1972年には法学部長を務めた。1978年に定年退官し、名誉教授となった。 金子は、主として民法を専門とした。民法の入門書や教科書を執筆する一方で、民法の理論的研究にも取り組み、『民法総論』『民法各論』などを著した。また、法哲学に関する著作も残している。 金子は、法律学の分野で数々の賞を受賞している。1978年には日本学士院賞を受賞し、1985年には法文化賞を受賞した。1990年には文化勲章を受章した。 金子は、2019年(平成31年)1月31日に死去した。享年88歳。
スポーツ分野の人

菊池彩花:平成時代のオールラウンダーな女子スピードスケート選手

-菊池彩花の経歴と功績- 菊池彩花は、1988年4月25日生まれ、北海道帯広市出身の女子スピードスケート選手です。帯広南高校卒業後、富士急行に入社し、2007年に日本代表に選出されました。2010年のバンクーバーオリンピックでは、500mで銅メダルを獲得し、2014年のソチオリンピックでは、500mと1000mで銅メダルを獲得しました。2018年の平昌オリンピックでは、500mで銀メダルを獲得しました。 菊池は、2007年から2018年まで12年間、日本代表として活躍しました。その間、世界選手権では金メダル2個、銀メダル2個、銅メダル1個を獲得し、ワールドカップでも通算18勝を挙げています。また、2013年には、世界スプリント選手権で優勝しました。 菊池は、500m、1000m、1500mの3種目で世界記録を保持しています。2013年に500mで37秒60、1000mで1分12秒33、1500mで1分51秒85の記録を樹立しました。これらの記録は現在も破られていません。 菊池は、2018年の平昌オリンピックを最後に現役を引退しました。引退後は、日本スケート連盟の強化委員を務めています。 菊池は、平成時代に活躍した女子スピードスケート選手の中で最も成功した選手の一人です。オリンピックで3個のメダルを獲得し、世界選手権やワールドカップでも多くのメダルを獲得しました。また、世界記録を3種目で保持しています。菊池は、平成時代のオールラウンダーな女子スピードスケート選手として、これからも語り継がれていくでしょう。
学術分野の人

– 「大沼淳」

- 昭和後期-平成時代の学校経営者 大沼淳は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の学校経営者です。1926年(昭和元年)に北海道に生まれ、北海道帝国大学教育学部を卒業後、北海道の公立学校で教鞭を執りました。その後、1965年(昭和40年)に北海道教育委員会教育次長に就任し、1971年(昭和46年)には北海道教育委員会教育長に就任しました。 北海道教育委員会教育長として、大沼は義務教育の充実や高校教育の改革に取り組みました。また、北海道教育委員会と北海道大学との連携を深め、教育研究の振興に努めました。1981年(昭和56年)には、北海道教育委員会教育長の任期満了に伴い退任しました。 北海道教育委員会教育長退任後は、北海道教育大学学長や北海道大学総長を歴任しました。また、日本私立大学協会会長や日本私立短期大学協会会長も務めました。2013年(平成25年)に亡くなりました。 大沼は、昭和後期から平成時代にかけて、日本の教育界をリードした人物の一人です。義務教育の充実や高校教育の改革など、教育制度の改革に尽力しました。また、北海道教育委員会と北海道大学との連携を深め、教育研究の振興に努めました。大沼の功績は、日本の教育界の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

中沢佑:昭和時代前期の海軍軍人

-# 軍歴と功績 中沢佑は、1882年(明治15年)に広島県で生まれ、1904年(明治37年)に海軍兵学校を卒業し、海軍軍人としての道を歩み始めました。日露戦争では、旅順港閉塞作戦に参加し、功績をあげました。その後、海軍大学校を卒業し、海軍省や海軍艦艇の要職を歴任しました。 第一次世界大戦では、ドイツ海軍のUボートによる通商破壊に対抗するため、連合軍の護送船団に参加し、活躍しました。戦後、海軍大将に昇進し、海軍次官や海軍大臣を歴任しました。 中沢佑は、海軍軍人として、日露戦争と第一次世界大戦で功績を上げ、海軍の発展に貢献しました。また、海軍大臣として、海軍の近代化を推進し、日中戦争や太平洋戦争の準備に尽力しました。 しかし、太平洋戦争では、日本海軍の敗北を招く原因となったミッドウェー海戦の責任者として、戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって逮捕され、戦犯として裁かれました。1948年(昭和23年)に死刑が確定し、1949年(昭和24年)に処刑されました。
学術分野の人

藤森照信:建築探偵の先駆者

-建築探偵の手法観察と発見の旅- 藤森照信は、建築探偵の先駆者として、日本の古建築をくまなく調査し、その魅力を世に紹介してきた。彼の建築探偵の手法は、観察と発見の旅であり、その過程で、建築の美しさや歴史を明らかにしている。 藤森照信の建築探偵の手法の特徴のひとつは、徹底した観察である。彼は、建築の細部まで注意深く観察し、その特徴を捉える。例えば、建物の構造や材料、装飾など、さまざまな要素に注目し、それらを総合的に分析する。また、建物の周囲の環境にも目を向け、その歴史や文化との関連を明らかにする。 もうひとつの特徴は、発見の旅である。藤森照信は、古建築の調査を通じて、新しい発見を続けている。例えば、これまで知られていなかった建築や、建築にまつわるエピソードなど、さまざまな発見をしている。これらの発見は、日本の古建築の魅力を再認識するきっかけとなり、建築の歴史や文化をより深く理解するのに役立っている。 藤森照信の建築探偵の手法は、観察と発見の旅であり、その過程で、建築の美しさや歴史を明らかにしている。彼の仕事は、日本の古建築の価値を再認識し、建築の歴史や文化をより深く理解するのに役立っている。 -藤森照信の建築探偵の手法を活かした取り組み- 藤森照信の建築探偵の手法は、さまざまな分野で活かされている。例えば、建築の保存や修復、建築教育、建築観光など、さまざまな分野で彼の仕事が活用されている。 建築の保存や修復では、藤森照信の建築探偵の手法が、古建築の価値を正しく評価し、適切な保存や修復を行うのに役立っている。例えば、藤森照信は、奈良県の法隆寺の調査を通じて、法隆寺の価値を明らかにし、その保存に貢献している。 建築教育では、藤森照信の建築探偵の手法が、学生に建築の美しさや歴史を教えるのに役立っている。例えば、藤森照信は、東京大学の建築学科で、学生に古建築の調査実習を行わせている。この実習を通じて、学生は、古建築の価値を学び、建築の歴史や文化をより深く理解している。 建築観光では、藤森照信の建築探偵の手法が、観光客に古建築の魅力を伝えるのに役立っている。例えば、藤森照信は、京都市の観光スポットである清水寺の調査を通じて、清水寺の価値を明らかにし、その観光客誘致に貢献している。 藤森照信の建築探偵の手法は、さまざまな分野で活かされており、建築の保存や修復、建築教育、建築観光など、さまざまな分野で彼の仕事が活用されている。
学術分野の人

– 林貞三

偉大な蚕糸学者の人生 林貞三は、明治35年(1902年)に長野県に生まれた。長野県蚕糸試験場技師を務め、その後、長野県農学校校長、長野県蚕糸試験場場長、長野県農林部長を歴任した。また、昭和32年(1957年)には、農林水産省蚕糸試験場長に就任し、昭和38年(1963年)まで務めた。 林貞三は、蚕糸学の研究に生涯を捧げた偉大な学者である。蚕の飼育方法や品種改良、製糸技術の開発など、様々な分野に貢献した。中でも、昭和10年(1935年)に開発した「林式飼育法」は、養蚕業の生産性を飛躍的に向上させた画期的な技術として知られている。 林貞三の功績は、国内にとどまらず、海外でも高く評価された。昭和36年(1961年)には、国際蚕業学会から「ゴールドメダル」を授与され、昭和40年(1965年)には、フランス政府から「農事功労章」を授与された。 林貞三は、昭和47年(1972年)に、70歳で亡くなった。しかし、彼の残した研究成果は、現在でも養蚕業の発展に役立てられている。林貞三は、まさに「日本の蚕糸学の父」と呼ぶにふさわしい偉大な学者である。
学術分野の人

– 熊谷岱蔵

-熊谷岱蔵の生涯- 熊谷岱蔵は、1793年(寛政5年)に、江戸の南町奉行所の同心である熊谷良助の長男として生まれました。幼少期から武術に秀で、16歳の時に直参に取り立てられ、小十人組に任じられました。その後、18歳で勘定奉行となり、20歳で目付に昇進しました。 1817年(文化14年)、大塩平八郎の乱が起こると、岱蔵は鎮圧に功績を上げ、寺社奉行に任命されました。同年、長男の徳太郎が生まれました。 1825年(文政8年)、岱蔵は53歳で勘定奉行に再任されました。勘定奉行在任中は、財政改革や通貨制度の改革を実施し、幕府の財政を立て直しました。 1837年(天保8年)、岱蔵は65歳で老中格に任命されました。老中格として、幕府の政務を担い、幕末の動乱を乗り切りました。 1858年(安政5年)、岱蔵は86歳で死去しました。岱蔵は、幕府の重臣として、幕末の動乱を乗り切り、幕府の命運を最後まで見届けた人物でした。
学術分野の人

今井登志喜 – 都市の発達史を中心に西洋社会史を研究した歴史学者

-今井登志喜の生涯と経歴- 今井登志喜は、1905年(明治38年)に東京に生まれた。1928年(昭和3年)に東京帝国大学文学部西洋史学科を卒業した後、同大学の助手となり、1931年(昭和6年)に講師、1937年(昭和12年)には助教授に昇進した。翌年には、ヨーロッパに留学し、フランスのパリ大学やイギリスのケンブリッジ大学で研究を行った。 1941年(昭和16年)に帰国した後、東京帝国大学文学部西洋史学科の教授に就任。同大学では、ヨーロッパ史や都市史の講義を担当し、多くの学生を指導した。また、1956年(昭和31年)には、日本学術会議の会員に選出され、1965年(昭和40年)には、東京大学総長に就任した。 1968年(昭和43年)に東京大学総長を退任した後も、引き続き研究活動を続け、1975年(昭和50年)には、文化勲章を受章した。1980年(昭和55年)には、東京で死去した。 今井登志喜は、西洋社会史の研究において、特に都市の発達史に大きな業績を残した。都市は、政治・経済・文化の中心地として、社会の発展に大きな役割を果たしてきた。今井登志喜は、都市の成立や発展の過程を研究することで、社会の発展のしくみを明らかにしようとした。 今井登志喜の研究は、社会史や都市史の分野に大きな影響を与えた。その研究成果は、多くの著作や論文にまとめられている。今井登志喜の代表作としては、『西洋都市史研究』(1943年)、『都市と文明』(1951年)、『ヨーロッパ史』(1960年)などがある。 今井登志喜は、西洋社会史の研究において、先駆的な役割を果たした歴史学者である。その研究成果は、社会史や都市史の分野に大きな影響を与え、今日もなお多くの研究者に読まれている。