長門

歴史上の人物

多々良孝平 – 幕末の商人

-商人としての人生- 多々良孝平は、1813年に淡路国津名郡仮屋村(現在の兵庫県洲本市)で生まれた。孝平は、地元の豪商である多々良家の長男として生まれた。孝平の父である多々良清蔵は、酒造業を営んでおり、孝平も幼い頃から酒造業を手伝っていた。 孝平は、1830年に父が亡くなった後、家業を継いだ。孝平は、家業を継いだ後、積極的に酒造業を拡大した。孝平は、淡路島だけでなく、播磨国や摂津国にも酒を販売するようになった。孝平は、酒造業で成功を収め、多々良家は淡路島屈指の豪商となった。 孝平は、酒造業以外にも、様々な事業を手掛けていた。孝平は、海運業や金融業を営んでおり、多々良家は淡路島経済の中心的な役割を担っていた。孝平は、淡路島の経済発展に貢献しただけでなく、淡路島の文化振興にも貢献した。孝平は、淡路島に学校や病院を建設し、淡路島の教育や医療の向上に尽力した。 孝平は、1868年に亡くなった。孝平は、56歳であった。孝平の死後、多々良家は孝平の息子である多々良孝吉が継いだ。孝吉は、孝平の事業を継承し、多々良家は引き続き淡路島経済の中心的な役割を担った。 孝平は、幕末期に活躍した商人である。孝平は、酒造業で成功を収め、多々良家は淡路島屈指の豪商となった。孝平は、酒造業以外にも、様々な事業を手掛けており、淡路島の経済発展に貢献した。孝平は、淡路島の文化振興にも貢献しており、淡路島に学校や病院を建設した。孝平は、幕末期に活躍した商人として、淡路島経済の発展に貢献した功績が称えられている。
歴史上の人物

「中根市之丞」について

-中根市之丞とは?- 中根市之丞(なかね いちのじょう)は、日本の政治家、実業家。第37代・第38代日本国総理大臣を務めた。 1860年4月20日、信濃国上伊那郡西春近村(現在の長野県駒ヶ根市)に生まれる。父は中根廉次郎、母はカツ。1879年、駒ヶ根中学校(現・長野県駒ヶ根高等学校)を卒業。1884年、東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入省。1890年、奈良県知事。1894年、警視総監。1897年、第2次松方内閣で内務大臣。1898年、第3次伊藤内閣で外務大臣。1900年、第4次伊藤内閣で内務大臣。1901年、第1次桂内閣で外務大臣。1906年、第1次西園寺内閣で内務大臣。1908年、第2次桂内閣で外務大臣。1911年、第2次西園寺内閣で内務大臣。 1914年、政界を引退し、実業家に転身。日本興業銀行の頭取、東京電燈の社長、日本郵船の社長などを歴任。1921年、第37代日本国総理大臣に就任。1922年に総理大臣を辞任し、第38代日本国総理大臣に就任。1923年に総理大臣を辞任。1930年4月20日、東京府東京市麹町区(現在の東京都千代田区)で死去。享年70。
歴史上の人物

扇格左衛門 – 尊攘運動に身を投じた末に自刃した対馬藩士

-対馬藩士扇格左衛門の生涯- 扇格左衛門は、1837年に肥前国平戸藩士の家に生まれました。1853年にペリーが浦賀に来航し、日本に開国を迫ると、尊王攘夷を唱える志士たちが各地で活躍するようになりました。扇格左衛門もその一人となり、1862年に平戸藩を脱藩して尊攘運動に参加しました。 扇格左衛門は、1863年に薩摩藩の西郷隆盛や大久保利通らと京都で出会い、尊攘運動の中心人物となりました。しかし、1864年に京都で起きた禁門の変で敗北し、薩摩藩に逃れました。その後、扇格左衛門は長州藩に身を寄せ、1866年に起きた薩長同盟を仲介しました。 薩長同盟の成立後、扇格左衛門は薩摩藩と長州藩の連合軍に加わり、幕府軍と戦いました。1868年に戊辰戦争が勃発すると、扇格左衛門は薩摩藩の軍に加わり、鳥羽・伏見の戦いで勝利しました。しかし、戊辰戦争終結後の1869年に、扇格左衛門は薩摩藩と長州藩の対立に巻き込まれ、自刃しました。 扇格左衛門は、尊攘運動に身を投じ、戊辰戦争で活躍した対馬藩士でした。しかし、薩摩藩と長州藩の対立に巻き込まれ、自刃してしまいました。扇格左衛門の死は、日本の近代化と統一への道のりがいかに困難なものであったかを物語っています。
学術分野の人

有吉公甫-生涯と業績

- 儒者としての歩み 有吉公甫は、幼少期から儒学を学び、18歳で家督を相続した後、本格的に儒学の研究に取り組むようになりました。20歳頃には、儒学の大家である牟田口春海に師事し、儒学の基礎を学びました。その後、京都や江戸に出て、儒学の研究を続け、25歳頃には、儒学の大家である伊藤仁斎に師事しました。伊藤仁斎は、儒学の新しい解釈である「古文辞学」の創始者であり、有吉公甫は、伊藤仁斎の思想に強く影響を受けました。 有吉公甫は、伊藤仁斎の思想を基に、独自の儒学を展開していきました。有吉公甫の儒学は、形式や儀礼を重んじる従来の儒学とは異なり、個人の内面的な徳を重視するものでした。有吉公甫は、人間の本来の姿は善であると考え、人間は努力することによって、その善性を発揮することができると主張しました。また、有吉公甫は、人間は社会的な存在であると考え、人間は互いに協力することによって、より良い社会を築くことができると主張しました。 有吉公甫の儒学は、当時の知識人に大きな影響を与えました。有吉公甫の塾には、多くの弟子たちが集まり、儒学を学びました。有吉公甫の弟子たちの中には、後に儒学の大家となる者も少なくありませんでした。有吉公甫の儒学は、江戸時代の儒学の主流となり、江戸時代の社会や思想に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

– 大多和新輔 (陸軍中将、長門出身)

大多和新輔の生涯について 大多和新輔は、1856年(安政3年)に長門国熊毛郡(現・山口県岩国市)で生まれた。旧周防岩国藩士であり、幼名は武太郎であった。1874年(明治7年)に陸軍士官学校に入学し、1877年(明治10年)に卒業した。西南戦争に従軍した後、1883年(明治16年)に陸軍大学校を卒業した。 1894年(明治27年)の日清戦争では、第1軍参謀として出征し、黄海海戦に参加した。1898年(明治31年)に陸軍少将に昇進し、1902年(明治35年)に陸軍中将に昇進した。 1904年(明治37年)の日露戦争では、第2軍参謀長として出征し、旅順攻囲戦に参加した。1905年(明治38年)に陸軍大将に昇進し、1908年(明治41年)に陸軍参謀総長に就任した。 1912年(明治45年)に退役し、1939年(昭和14年)に死去した。享年83。 大多和新輔は、日清戦争と日露戦争で活躍した軍人である。また、陸軍参謀総長を務めるなど、軍政においても重要な役割を果たした。
学術分野の人

儒学者・大田稲香の生涯と功績

-広瀬淡窓に師事し、長崎で砲術を学ぶ- 大田稲香が17歳になった時、広瀬淡窓の塾である三餘塾に入門しました。淡窓は、当時、筑前国(現在の福岡県)で最も著名な儒学者であり、稲香は淡窓から儒学を学びました。稲香は淡窓のもとで、儒学の経典を学び、また、日本の歴史や政治についても学びました。淡窓は、稲香に大きな影響を与え、稲香の思想形成に大きな役割を果たしました。 稲香は、淡窓の塾で3年間学んだ後、江戸に出て、砲術を学びました。砲術は、当時、日本において重要な軍事技術であり、稲香は砲術を学ぶことで、日本の防衛に貢献したいと考えました。稲香は、江戸で3年間砲術を学び、その後、長崎に渡って、さらに砲術を学びました。 長崎は、当時、日本の貿易の中心地であり、稲香は長崎で、西洋の学問や文化に触れました。稲香は、長崎で、西洋の数学や物理学を学び、また、西洋の政治や経済についても学びました。稲香は、長崎で、西洋の学問や文化に大きな影響を受け、稲香の思想形成に大きな役割を果たしました。 稲香は、長崎で4年間学んだ後、故郷の薩摩藩に戻りました。稲香は、薩摩藩に戻って、藩の軍事改革に尽力しました。稲香は、砲術を薩摩藩に導入し、また、薩摩藩の軍隊を近代化しました。稲香の改革により、薩摩藩は、日本の最も強大な藩の一つとなりました。 稲香は、薩摩藩の軍事改革に尽力しただけでなく、薩摩藩の教育にも尽力しました。稲香は、薩摩藩に学校を設立し、また、薩摩藩の藩士の子弟に教育を施しました。稲香の教育改革により、薩摩藩は、日本の最も教育水準の高い藩の一つとなりました。 稲香は、薩摩藩の軍事改革と教育改革に尽力し、薩摩藩を日本の最も強大な藩の一つにしました。稲香は、日本の近代化に大きな貢献をした偉大な儒学者です。
歴史上の人物

西郷長→ 幕末の武士の生涯

-文久3年の外国船砲撃と海防掛として活躍- 文久3年(1863年)、英国の汽船が薩摩藩の領海内で拿捕された事件が発生した。西郷は、藩主・島津茂久の命を受けて、この事件の処理に当たった。 西郷は、拿捕された汽船を英国に返還し、謝罪金を支払うことで、事態の収拾を図った。しかし、この事件をきっかけに、薩摩藩と英国との関係は悪化し、翌年には薩英戦争が勃発することとなった。 薩英戦争では、西郷は海防掛として、薩摩藩の軍備増強と防衛体制の強化に努めた。西郷は、砲台を建設し、軍艦を購入して、薩摩藩の軍備を近代化した。また、薩摩藩士に洋式軍事教練を実施し、軍隊の近代化も図った。 西郷の努力により、薩摩藩は薩英戦争で勝利し、英国に賠償金を支払わせることができた。この勝利は、薩摩藩の威信を高め、西郷の評価も高まった。 薩英戦争後、西郷は薩摩藩の軍制改革に着手した。西郷は、藩士の身分を廃し、士農工商の身分を平等とした。また、徴兵制を導入し、すべての藩士に兵役の義務を課した。 西郷の軍制改革は、薩摩藩の軍備を近代化し、薩摩藩を幕府軍に次ぐ軍事大国に押し上げた。西郷の軍制改革は、薩摩藩が明治維新の原動力となることを可能にした。
歴史上の人物

ー山中政亮ー明治時代の官僚

-官僚としての功績- 山中政亮は、明治時代の官僚として活躍しました。彼は、日本の近代化に大きく貢献し、その功績は今日でも高く評価されています。 山中政亮は、1847年に現在の高知県に生まれました。彼は、幼い頃から非常に優秀で、1871年に東京大学の前身である開成学校に入学しました。卒業後は、大蔵省に入省し、官僚として働きました。 山中政亮は、大蔵省で様々な要職を歴任しました。1885年には、大蔵卿(現在の財務大臣)に就任しました。大蔵卿として、彼は日本の財政改革を断行し、日本の近代化に大きく貢献しました。 また、山中政亮は、日本の鉄道網整備にも尽力しました。彼は、日本の最初の鉄道である新橋・横浜間の鉄道の建設に携わり、日本の鉄道網の整備に大きく貢献しました。 山中政亮は、1892年に大蔵卿を辞任しましたが、その後も政府で要職を歴任しました。1898年には、内閣総理大臣に就任しました。内閣総理大臣として、彼は、日本の日清戦争勝利後の処理や、日本の近代化推進に尽力しました。 山中政亮は、1905年に死去しましたが、その功績は今日でも高く評価されています。彼は、日本の近代化に大きく貢献した偉大な官僚でした。
歴史上の人物

痴絶伝心 – 江戸時代前期の僧

痴絶伝心の生涯 痴絶伝心は、江戸時代前期の僧侶。名は龍沢之俊、号は痴絶。播磨国(現・兵庫県)に生まれる。幼い頃から聡明で、10歳の時に出家して京都の東本願寺で学んだ。その後、奈良、山城、近江などを巡り、各地で講義や布教を行った。 痴絶は、奇行が絶えず、しばしば人々を驚かせた。例えば、ある時、人前で服を脱いで裸になり、踊りを踊ったという。また、ある時は、川に飛び込んで魚を捕まえ、それを生で食べてしまったという。こうした奇行のため、痴絶は「痴絶伝心」と呼ばれるようになった。 しかし、痴絶は奇行ばかりが目立ったわけではなく、その学識と徳望は広く知られていた。痴絶は、浄土真宗の教えを説き、多くの人々を救った。また、和歌や漢詩にも優れ、その作品は現在でも高く評価されている。 痴絶は、寛永11年(1634年)に京都で亡くなった。享年71。痴絶の死後、その弟子たちは、痴絶の教えを後世に伝えようと、痴絶の伝記や著作をまとめた。それらの資料は、現在でも痴絶伝心を研究する上で貴重な資料となっている。 痴絶は、奇行が絶えず、しばしば人々を驚かせたが、その学識と徳望は広く知られていた。痴絶は、浄土真宗の教えを説き、多くの人々を救った。また、和歌や漢詩にも優れ、その作品は現在でも高く評価されている。
歴史上の人物

「鷹羽浄典」

-鷹羽浄典の生涯- 鷹羽浄典は、1906年(明治39年)8月2日に、長野県上伊那郡飯田町(現在の飯田市)に生まれた。父は、鷹羽為蔵、母は、たきである。浄典は、5人兄弟の三男であった。 浄典は、飯田尋常高等小学校を卒業後、長野県立飯田中学校(現在の長野県飯田高等学校)に進学した。中学時代には、野球部に所属し、投手を務めていた。また、文芸同好会にも所属し、短歌を詠んでいた。 中学校卒業後は、早稲田大学高等師範部英文科に進学した。大学時代には、詩人・北原白秋に師事し、短歌の指導を受けた。また、早稲田大学短歌会の創設にも携わった。 大学卒業後は、中学校の英語教師として働いた。1933年(昭和8年)には、詩集『鷹羽浄典詩集』を出版した。この詩集は、北原白秋の推薦文を帯びており、文壇で注目を集めた。 1936年(昭和11年)には、第二回サンデー毎日短歌募集に応募し、入選した。これをきっかけに、短歌作家として本格的に活動を開始した。1937年(昭和12年)には、第一歌集『私生活』を出版した。 1941年(昭和16年)には、太平洋戦争に召集され、中国に出征した。1945年(昭和20年)に復員し、短歌作家としての活動を再開した。 1948年(昭和23年)には、第二歌集『裸像』を出版した。この歌集は、戦後の荒廃した社会を詠ったもので、大きな反響を呼んだ。 1951年(昭和26年)には、第三歌集『鷹羽浄典歌集』を出版した。この歌集によって、浄典は、歌壇の第一人者としての地位を確立した。 1953年(昭和28年)には、日本芸術院賞を受賞した。 1961年(昭和36年)には、第四歌集『抒情詩』を出版した。この歌集は、浄典の円熟した境地を詠ったもので、高い評価を受けた。 1963年(昭和38年)には、第1回現代歌人協会賞を受賞した。 1967年(昭和42年)には、第五歌集『白鳥』を出版した。この歌集は、浄典の最後の歌集となった。 1968年(昭和43年)12月29日、浄典は、東京都杉並区の自宅で死去した。享年62歳であった。
歴史上の人物

具足屋祐専 – 江戸時代前期の商人、茶人

- 具足屋祐専の生涯 具足屋祐専は、江戸時代前期の商人、茶人です。慶長10年(1605年)、京都に生まれ、幼名は太郎兵衛でした。祐専の生家は、代々具足を商う商家で、祐専も若い頃から家業を手伝っていました。しかし、祐専は茶道にも興味を持ち、茶道の師匠である千利休の弟子である津田宗及に師事しました。 祐専は、茶道を通して多くの武将や文化人と知り合い、その人脈を活かして家業の具足屋祐専を繁盛させました。また、祐専は茶道具の収集にも熱心で、多くの名品を集めました。祐専の茶道具のコレクションは、後世に「祐専流」と呼ばれる茶道の流派の基礎となりました。 祐専は、茶道だけでなく、俳諧や和歌にも通じ、文人としても活躍しました。祐専は、多くの俳諧や和歌を詠み、その作品は「祐専集」としてまとめられています。また、祐専は、茶道の師匠である津田宗及の伝記「宗及伝」を執筆しています。 祐専は、寛文8年(1668年)、64歳で亡くなりました。祐専の死後、家業の具足屋祐専は、祐専の息子である祐勝が継ぎましたが、祐勝は祐専ほどの名声を得ることはできませんでした。祐専の茶道具のコレクションは、祐専の死後、散逸してしまいました。 祐専は、江戸時代前期の商人、茶人として活躍した人物です。祐専は、茶道を通して多くの武将や文化人と知り合い、その人脈を活かして家業の具足屋祐専を繁盛させました。また、祐専は茶道具の収集にも熱心で、多くの名品を集めました。祐専の茶道具のコレクションは、後世に「祐専流」と呼ばれる茶道の流派の基礎となりました。
歴史上の人物

佐々木男也とは?幕末・明治時代の武士、経営者について

佐々木男也の生涯 佐々木男也は、1844年(天保15年)に備後国福山藩(現在の広島県福山市)に生まれた。父は福山藩士の佐々木豊助、母は梅子。男也は幼い頃から剣術と学問を学び、15歳で藩校の明倫館に入学した。1863年(文久3年)、男也は19歳で藩命により江戸に遊学し、昌平坂学問所と桂小五郎の私塾である松陰塾で学んだ。 1864年(元治元年)、男也は江戸から帰郷し、福山藩の藩士として戊辰戦争に参加した。戊辰戦争では、男也は彰義隊に加わり、上野戦争で奮戦した。しかし、彰義隊は新政府軍に敗北し、男也は捕らえられて投獄された。 1869年(明治2年)、男也は釈放されて福山藩に帰郷した。福山藩では、男也は藩政改革に取り組み、藩の近代化に貢献した。1871年(明治4年)、福山藩は廃藩置県となり、男也は郷里を離れて大阪に移住した。 大阪で、男也は実業家として活躍した。男也は、1872年(明治5年)に大阪商法会議所を設立し、初代会頭を務めた。また、男也は1875年(明治8年)に大阪株式取引所を設立し、初代理事長を務めた。男也は、大阪商工会議所の設立にも尽力し、初代会頭を務めた。 1891年(明治24年)、男也は大阪市長に就任した。男也は、大阪市長の在任中に、大阪市の近代化に貢献した。男也は、大阪市水道局を設立し、大阪市内の水道を整備した。また、男也は大阪市電を敷設し、大阪市内の交通網を整備した。男也は、大阪市公園局を設立し、大阪市内の公園を整備した。 1902年(明治35年)、男也は大阪市長を辞任した。男也は、大阪市長を辞任した後も、実業家として活動した。男也は、1907年(明治40年)に大阪電気軌道株式会社を設立し、初代社長を務めた。また、男也は1910年(明治43年)に大阪ガス株式会社を設立し、初代社長を務めた。 1916年(大正5年)、男也は73歳で死去した。男也は、幕末・明治時代の武士、経営者として活躍した。男也は、大阪の発展に大きく貢献した人物である。
学術分野の人

「伊藤澹斎」

-# 伊藤澹斎の生涯 伊藤澹斎は、江戸時代後期の儒学者、思想家、教育者です。名は篤、字は成仲、通称は六次郎、澹斎は号です。1775年(安永4年)、現在の鹿児島県伊佐市に生まれました。幼少期から聡明で、5歳で漢籍を読み始め、10歳で『論語』を暗唱したと言われています。 18歳で鹿児島城下に移り、有名な儒学者である島津重豪に師事しました。重豪からは朱子学を学び、その才能を高く評価されました。19歳で薩摩藩の藩校である造士館の助教となり、22歳で教授となりました。 澹斎は造士館で、朱子学を基にした独自の思想を講義しました。その思想は、人間の本性を「仁」とし、仁を実現するためには「礼」を守ることが重要であるとするものでした。澹斎の思想は、薩摩藩の武士たちに大きな影響を与え、薩摩藩の近代化に貢献しました。 1833年(天保4年)、澹斎は造士館の総長になりました。総長として、造士館の改革を行い、藩校としての地位を確立しました。また、多くの弟子を育て、その中には西郷隆盛や大久保利通も含まれていました。 澹斎は、1846年(弘化3年)に72歳で亡くなりました。その死は、薩摩藩に大きな衝撃を与え、藩主の島津斉彬は、澹斎の死を悼んで、その墓に「澹斎先生之墓」の碑を建立しました。 澹斎の思想は、明治維新後にも大きな影響を与えました。明治政府は、澹斎の思想を基にした教育制度を導入し、近代日本の発展に貢献しました。
歴史上の人物

伊藤梅子

伊藤梅子とは? 伊藤梅子は、明治から昭和にかけて活躍した日本の教育者、社会運動家である。1864年(元治元年)に、現在の鳥取県八頭郡八頭町にて生まれた。父は武士、母は農家の娘であり、梅子は8人兄姉の4番目として育った。 梅子は幼い頃から勉強熱心で、15歳で鳥取県の師範学校に入学した。卒業後は、鳥取県の小学校で教員として働きながら、女性解放運動に参加した。1890年(明治23年)には、女性初の衆議院議員に立候補したが、落選した。 落選後、梅子は米国に渡り、シカゴ大学で社会学を学んだ。帰国後は、女性参政権運動や平和運動などに積極的に参加した。また、1901年(明治34年)には、日本初の女子大学である日本女子大学校を設立した。 梅子は、日本の女性解放運動に先駆者として大きく貢献した人物である。1946年(昭和21年)に死去した。
歴史上の人物

青木与三郎→ 幕末の志士の生涯と功績

小見出し青木与三郎の生い立ちと藩士としての生活 青木与三郎は、1827年(文政10年)に越後長岡藩士青木玄蕃の次男として生まれました。幼名は要助、後に与三郎と改名しました。11歳の時に藩校専精館に入学し、学問と武芸を学びました。藩校卒業後は、藩主牧野忠恭の側近として仕えました。1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航すると、与三郎は藩の使節団の一員として江戸に派遣され、ペリーとの交渉に当たりました。 1854年(安政元年)、与三郎は藩の参政に任命され、藩政改革に取り組みました。藩財政の再建、軍備の強化、殖産興業など、さまざまな改革を実施しました。また、藩士の教育にも力を入れ、藩校専精館の拡充を図りました。与三郎の改革により、長岡藩は幕末の動乱を乗り越え、明治維新を迎えることができました。 1868年(慶応4年)、戊辰戦争が勃発すると、与三郎は長岡藩の兵を率いて、官軍と戦いました。しかし、長岡藩は官軍に敗れ、与三郎は捕らえられました。与三郎は、東京に送られ、投獄されました。翌1869年(明治2年)、与三郎は獄中で死去しました。享年43歳でした。 与三郎は、幕末の動乱に翻弄されながらも、長岡藩のために尽くした志士でした。その功績は、現在も長岡市に語り継がれています。長岡市には、与三郎を祀る神社があり、毎年、与三郎の命日には祭りが行われています。
経済分野の人

「岡十郎」(1870~1923)

-人物紹介- 岡十郎は、1870年(明治3年)に東京の品川宿で生まれました。彼の本名は岡本重治郎であり、岡十郎という芸名は、神田の岡本十郎に由来しています。岡十郎は、幼い頃から相撲を好み、14歳のときに四股名「双田川重蔵」を名乗って本格的に相撲を始めました。 1889年(明治22年)に岡十郎は、大関に昇進し、翌年には横綱に昇進しました。横綱として活躍した岡十郎は、1894年(明治27年)に引退するまで、一度も負けませんでした。 引退後は、後進の指導にあたり、1923年(大正12年)に53歳で亡くなりました。岡十郎は、その強さから「鬼ヶ島」と呼ばれ、相撲界に大きな功績を残しました。 -主な功績- * 1889年(明治22年)に大関に昇進。 * 1890年(明治23年)に横綱に昇進。 * 横綱として活躍した岡十郎は、1894年(明治27年)に引退するまで、一度も負けなかった。 * 引退後は、後進の指導にあたり、1923年(大正12年)に53歳で亡くなった。 * 岡十郎は、その強さから「鬼ヶ島」と呼ばれ、相撲界に大きな功績を残した。
歴史上の人物

田中義一 – 明治・昭和時代前期の軍人、政治家

田中義一は、1864年(元治元年)3月27日、薩摩藩士、田中都吉の次男として鹿児島県鹿児島市に生まれました。幼名は銀次郎。 1878年(明治11年)に陸軍幼年学校に進学し、1885年(明治18年)に陸軍士官学校を卒業。1894年(明治27年)の日清戦争では、歩兵第一連隊第3中隊長として従軍。1901年(明治34年)に陸軍大学校を卒業。 1904年(明治37年)の日露戦争では、騎兵第2連隊大隊長として従軍。1908年(明治41年)に陸軍少将に昇進。1912年(明治45年)に陸軍中将に昇進。 1915年(大正4年)に陸軍大将に昇進。1918年(大正7年)に陸軍大臣に就任。1921年(大正10年)に第20代内閣総理大臣に就任。1922年(大正11年)にワシントン海軍軍縮会議に出席。 1924年(大正13年)に内閣総理大臣を退任。1925年(大正14年)に朝鮮総督に就任。1927年(昭和2年)に朝鮮総督を退任。1929年(昭和4年)に死去。
学術分野の人

倉光亀峰とは? – 江戸時代中期の儒者

倉光亀峰の長門府中藩での生涯 倉光亀峰は、号を四本と号し、長門国府中藩(現在の山口県下関市)に生まれた江戸時代中期の儒者です。父は、長門府中藩の藩士である倉光啓という人で、亀峰は啓の三男でした。亀峰は、幼少期から学問を好み、長じて儒学を学びました。 亀峰は、長門府中藩の藩校である明倫館で学び、その後、京都の昌平坂学問所に入学しました。昌平坂学問所で亀峰は、儒学を学び、多くの知識と教養を身につけました。 亀峰は、昌平坂学問所を卒業後、長門府中藩に戻り、明倫館の教授に就任しました。亀峰は、明倫館で儒学を教え、多くの弟子を育てました。亀峰の弟子には、後に長門府中藩の藩主となった毛利広豊などがいます。 亀峰は、儒学の研究にも励み、多くの著作を残しました。亀峰の著作には、「四本叢書」や「四本遺稿」などがあります。亀峰の著作は、儒学の研究に大きな影響を与えました。 亀峰は、長門府中藩の儒者として活躍し、多くの弟子を育て、多くの著作を残しました。亀峰は、儒学の発展に貢献した江戸時代中期の儒者として知られています。
歴史上の人物

立石孫一郎

立石孫一郎の生涯 立石孫一郎は、1878年(明治11年)10月20日に、現在の福井県三方郡美浜町に生まれた。父は立石繁次郎、母はくさ。孫一郎は、6人兄弟の末っ子であった。 孫一郎は、幼い頃から体が弱く、病気がちであった。しかし、勉強熱心で、学校では常にトップの成績を収めた。1895年(明治28年)に、福井県尋常中学校(現在の福井県立藤島高等学校)を卒業し、その後、東京専門学校(現在の早稲田大学)に進学した。 孫一郎は、東京専門学校在学中に、社会主義思想に傾倒するようになった。1901年(明治34年)に、学校を卒業すると、すぐに社会主義運動に参加した。1903年(明治36年)に、日本社会党が結成されると、孫一郎は同党の党員となった。 孫一郎は、社会主義運動の指導者として、積極的に活動した。1905年(明治38年)に、日露戦争が勃発すると、孫一郎は戦争に反対する運動を展開した。また、1912年(明治45年)には、大正天皇の即位の礼に反対するデモに参加した。 孫一郎は、社会主義運動への参加によって、何度も逮捕投獄された。しかし、孫一郎は信念を曲げず、社会主義運動を続け続けた。1922年(大正11年)に、日本共産党が結成されると、孫一郎は同党の党員となった。 孫一郎は、日本共産党の指導者として、積極的に活動した。1923年(大正12年)に、関東大震災が発生すると、孫一郎は震災救援活動に尽力した。また、1925年(大正14年)には、普通選挙法の制定を求める運動に参加した。 孫一郎は、1928年(昭和3年)に、治安維持法違反の容疑で逮捕された。孫一郎は、裁判で有罪となり、懲役10年の判決を受けた。孫一郎は、獄中で病気を患い、1932年(昭和7年)に獄死した。享年54歳であった。 孫一郎は、日本の社会主義運動の草分け的存在であり、その生涯は、日本の社会主義運動の歴史を象徴している。
歴史上の人物

箕外需糠 – 室町-戦国時代の僧

-大寧寺の住職- 箕外需糠は、室町~戦国時代の僧です。黄檗宗の開祖である隠元隆琦の弟にあたります。黄檗宗は中国の明の時代末期に普庵祖能(ほあんぞうのう)によって開かれた禅宗の一派です。 箕外需糠はもとは臨済宗の僧でしたが、隠元隆琦が黄檗宗を日本に伝えると、これに帰依して黄檗宗の僧となりました。隠元隆琦の死後、大寧寺の住職を継ぎました。 大寧寺は、隠元隆琦が開いた黄檗宗の総本山です。京都府宇治市にあります。箕外需糠は、大寧寺の住職として、黄檗宗の発展に努めました。 箕外需糠は、黄檗宗の僧としてだけでなく、茶人としても知られています。また、書画にも優れていました。箕外需糠の書画には、現在でも高い評価が与えられています。 箕外需糠は、1679年に大寧寺で亡くなりました。
歴史上の人物

毛利元義とは – 江戸時代後期の 大名

- 毛利元義の生涯 毛利元義(もうり もとあき)は、江戸時代後期の 大名。周防国徳山藩6代藩主。 元義は、享保16年(1731年)2月6日、毛利元平の長男として生まれる。母は、秋月種長の娘。幼名は、弥四郎。 元文3年(1738年)、父・元平の死去に伴い、9歳で家督を相続。しかし、幼少のため、叔父の毛利元矩が後見人として藩政を執った。 宝暦5年(1755年)、元服し、毛利元義と改名。 宝暦6年(1756年)、18歳で藩主となった。藩政改革に乗り出し、財政を立て直した。また、学問を奨励し、藩校「敬業館」を創設した。 天明4年(1784年)、死去。享年54。墓所は、山口県周南市の徳山大覚寺。 元義は、温厚で学問を好む人物であった。 家督は、長男の毛利広豊が相続した。
歴史上の人物

山県洙川の生涯とその学問

-生い立ちと青年期- 山県洙川は、1870年(明治3年)11月13日、石川県金沢市に生まれた。本名は「周之助」。父は山県良器、母はヤス。良器は加賀藩士で、維新後は石川県庁に出仕した。洙川は、良器とヤスの長男として生まれた。 洙川は、幼少期から聡明で、学問に優れていた。1877年(明治10年)、7歳の時に金沢市立第一尋常小学校に入学。1883年(明治16年)、13歳の時に石川県尋常中学校(現・石川県立金沢泉丘高等学校)に入学した。 中学卒業後は、上京して東京帝国大学(現・東京大学)に入学した。東京帝国大学では、哲学を専攻し、1896年(明治29年)に卒業した。卒業後は、東京帝国大学大学院に進学し、1898年(明治31年)に博士号を取得した。 東京帝国大学大学院修了後は、母校である石川県尋常中学校の教諭に就任した。その後、1901年(明治34年)に第四高等学校(現・金沢大学)の教授に就任し、1906年(明治39年)に東京帝国大学に戻って教授に就任した。 東京帝国大学では、哲学の研究と教育に尽力し、多くの弟子を育てた。1921年(大正10年)には、東京帝国大学総長に就任した。総長在任中は、大学の改革に尽力し、東京帝国大学を日本を代表する大学に育て上げた。 1929年(昭和4年)、総長を退任した洙川は、日本学士院院長に就任した。学士院院長在任中は、日本の学術の発展に尽力し、多くの学術機関を設立した。 1939年(昭和14年)、洙川は70歳で死去した。洙川は、日本の哲学界と教育界に大きな足跡を残した偉大な学者であった。
政治分野の人

山県伊三郎-明治・大正時代の官僚

山県伊三郎の生涯 山県伊三郎は、1856年(安政3年)に高知城下で生まれた。1879年(明治12年)に東京帝国大学を卒業後、大蔵省に入省。その後、大蔵省主税局長、主計局長、会計検査院長などを歴任し、1916年(大正5年)に大蔵大臣に就任した。 山県は、大蔵大臣在任中に第一次世界大戦による財政難に対処し、戦費調達のために増税や公債発行などを行った。また、シベリア出兵の費用を賄うために国債を発行し、財政を安定させた。 山県は、大蔵大臣退任後も、貴族院議員、枢密顧問官などを歴任し、1935年(昭和10年)に死去した。 山県は、明治・大正時代の日本の財政を支えた官僚として知られる。第一次世界大戦による財政難に対処し、戦費調達のために増税や公債発行などを行った。また、シベリア出兵の費用を賄うために国債を発行し、財政を安定させた。山県は、大蔵大臣退任後も、貴族院議員、枢密顧問官などを歴任し、1935年(昭和10年)に死去した。
美術分野の人

「佐伯半六(初代)」

佐伯半六(初代)とは 佐伯半六(初代)は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将です。諱は光季。通称は藤兵衛。越前国足羽郡佐伯荘を領したことから佐伯(佐々伯)姓を名乗りました。 佐伯半六(初代)は、永正13年(1516年)に佐伯信景の子として誕生しました。幼少期より武芸に優れ、天文4年(1535年)に父・信景が没すると家督を相続し、佐伯荘の領主となりました。 佐伯半六(初代)は、越前国の守護大名である朝倉氏に従属し、朝倉氏と対立する織田氏との戦いに参加しました。弘治2年(1556年)には、織田信長が越前国に侵攻し、朝倉氏は滅亡しました。佐伯半六(初代)は、朝倉氏滅亡後に織田氏に臣従し、越前国の平定に貢献しました。 元亀元年(1570年)に、信長が越前国を平定した後、佐伯半六(初代)は越前国大野郡大野城を与えられました。佐伯半六(初代)は、大野城を本拠地として越前国の統治にあたり、織田氏の北陸方面における重要な拠点として活躍しました。 天正10年(1582年)に、本能寺の変で信長が横死すると、佐伯半六(初代)は織田信雄に仕えました。しかし、その後、織田氏と豊臣秀吉が対立すると、佐伯半六(初代)は豊臣秀吉に属しました。 佐伯半六(初代)は、天正15年(1587年)に病死しました。享年72歳。佐伯半六(初代)の死後は、嫡男の佐伯半六(2代目)が家督を相続しました。