開業

学術分野の人

菊地良仙と江戸時代の医学

菊地良仙の生涯と経歴 菊地良仙は、1689年(元禄2年)に現在の茨城県結城市で生まれました。幼名は庄七、通称は良房、号は良仙または了仙でした。 良仙は、幼い頃から聡明で、医学を学びたいと志していました。18歳の時に京都に出て、名医・吉益東洞の弟子となりました。東洞は、当時の江戸で最も著名な漢方医の一人で、良仙は東洞の元で医学の基礎を学びました。 東洞の元で5年間学んだ後、良仙は江戸に出て開業しました。良仙の診療所はすぐに評判となり、多くの患者が訪れるようになりました。良仙は、漢方医学だけでなく、西洋医学にも通じており、当時としては珍しい西洋薬を処方することもありました。 良仙は、医術だけでなく、医学の普及にも努めました。1754年(宝暦4年)に、医学書『和漢三才図会』を出版しました。『和漢三才図会』は、医学だけでなく、自然科学や人文科学など幅広い分野を網羅した百科事典で、当時のベストセラーとなりました。 良仙は、1769年(明和6年)に亡くなりました。享年81歳でした。良仙は、江戸時代の医学の発展に大きく貢献した名医として、今日でもその功績が称えられています。
歴史上の人物

ジェンキンス – イギリスの医師

経歴 ジェンキンスは1800年4月12日、ウェールズのチェプストウで生まれました。彼は1826年にエジンバラ大学で医学の学位を取得し、その後ロンドンに出て、セント・ジョージ病院で働きました。1833年に彼はイングランド南部にあるグレート・ヤーマスの病院の医師に任命されました。 ジェンキンスはグレート・ヤーマスで20年間医師として働きました。彼はこの町の貧困層の人々のために尽力し、多くの慈善団体を設立しました。また、彼は地元の医療機関の改革にも尽力しました。 1853年にジェンキンスはロンドンに戻り、セント・トーマス病院の医師に任命されました。彼はこの病院で10年間勤務し、その後引退しました。 ジェンキンスは1885年1月21日にロンドンで亡くなりました。享年84歳でした。彼はグレート・ヤーマスの墓地に埋葬されました。 ジェンキンスはイギリスの医師、慈善家であり、医療機関の改革者でした。彼は貧困層の人々のために尽力し、多くの慈善団体を設立しました。また、彼は地元の医療機関の改革にも尽力しました。
歴史上の人物

– 増野徳民

-増野徳民とは- 増野徳民(1898~1978年)は、日本の政治家で元衆議院議員である。民政党、自由党、自由民主党に所属し、運輸大臣、国務大臣、環境庁長官などを歴任した。 1898年、長野県上田市に生まれる。旧制上田中学校(現・長野県上田高等学校)卒業後、東京帝国大学に進学する。1923年に東京帝国大学を卒業し、朝日新聞社に入社する。朝日新聞社では政治部記者として活躍し、1932年に衆議院議員に当選する。 1946年、自由党に入党する。1947年に運輸大臣に就任し、1948年に辞任する。1949年に国務大臣に就任し、1950年に辞任する。1951年に環境庁長官に就任し、1952年に辞任する。 1953年、自由民主党に入党する。1954年に衆議院議員に再選され、1955年に辞任する。1956年に衆議院議員に三選され、1958年に辞任する。1959年に衆議院議員に四選され、1960年に辞任する。1961年に衆議院議員に五選され、1963年に辞任する。 1964年、衆議院議員に六選され、1967年に辞任する。1968年、衆議院議員に七選され、1969年に辞任する。1970年、衆議院議員に八選され、1972年に辞任する。1973年、衆議院議員に九選され、1976年に辞任する。 1978年、東京都台東区の自宅で死去する。享年80。
学術分野の人

脇坂周伯:幕末から明治時代の医師・殖産家

幕末・明治時代を生きた医師・殖産家 脇坂周伯(1841年~1929年)は、幕末から明治時代にかけて活躍した医師であり、殖産家でもあります。彼は、薩摩藩の御典医として仕え、その後、東京医学校(現在の東京大学医学部)の教授を務めました。また、殖産興業にも力を入れ、製糸業や製茶業の発展に貢献しました。 脇坂周伯は、1841年に薩摩藩の藩医の子として生まれました。彼は、幼い頃から医学を学び、18歳で薩摩藩の御典医となりました。その後、1868年に東京医学校(現在の東京大学医学部)の教授に就任し、西洋医学を教え始めました。 脇坂周伯は、西洋医学の導入に尽力した人物の一人です。彼は、海外の医学書を翻訳し、日本の医学界に紹介しました。また、自らも海外に留学し、最新の医学知識を学びました。 脇坂周伯は、医師としてだけでなく、殖産家としても活躍しました。彼は、製糸業や製茶業の発展に貢献し、日本の産業の発展に寄与しました。 脇坂周伯は、1929年に88歳で亡くなりました。彼は、日本の医学と産業の発展に大きな功績を残した人物です。
歴史上の人物

「大里桃隣」

波乱の実のない人生 大見出しの「大里桃隣」は、17世紀初頭に活躍した日本の政治家であり儒学者です。1572年に生まれ、1637年に亡くなりました。幼いころから聡明で、1593年には小倉藩主の黒田長政に仕官し、その才覚を高く評価されました。その後、徳川家康の参謀として活躍し、江戸幕府の基礎を固めるのに貢献しました。また、儒学者としても優れた業績を残し、多くの弟子を育て上げました。 しかし、大谷桃隣の人生は波乱万丈でした。1615年の大坂冬の陣で、豊臣秀頼方に加勢して徳川家康と戦いましたが、敗北して小倉藩に幽閉されました。その後、許されて江戸に戻ることができましたが、1623年に再び幽閉されました。1631年に釈放された後も、幕府から監視下に置かれ、自由に活動することができませんでした。 大谷桃隣は、1637年に病死しましたが、その死には多くの謎が残されています。一部の歴史家は、彼が幕府によって暗殺されたのではないかと推測しています。大谷桃隣は、徳川家康の参謀として活躍したことから、幕府内部の権力争いに巻き込まれた可能性があります。また、儒学者として多くの弟子を育て上げ、その影響力が幕府にとって脅威とみなされた可能性もあります。 大谷桃隣の人生は、波乱万丈であり、多くの謎に包まれています。しかし、彼の業績は今日の日本にも大きな影響を与えており、その偉業は後世に語り継がれています。
歴史上の人物

幕末-明治時代の医師 西尾良伯

天保年間に生まれた陸奥中村藩の藩士 西尾良伯は、天保7年(1836年)3月5日、陸奥中村藩(現在の福島県相馬市)の藩士・西尾良策の長男として誕生しました。幼名は金蔵、号は良伯、実見と称しました。 父・良策は、中村藩の藩医であり、良伯も幼い頃から医学を学びました。16歳の時、藩主・相馬斉胤の命により江戸に出て医学を学び、20歳の時には藩医となりました。 江戸では、シーボルト塾で蘭学を学び、蘭方医学に精通しました。また、緒方洪庵の適塾にも学び、漢方医学も学びました。 嘉永6年(1853年)、ペリーが浦賀に来航すると、良伯は幕府の命により、ペリーの艦隊を診察しました。この時、良伯は、ペリーの艦隊に天然痘の患者がいることを発見し、ペリーに天然痘の予防接種を行うことを提案しました。 ペリーは、良伯の提案を受け入れ、艦隊の全員に天然痘の予防接種を行いました。この予防接種により、ペリーの艦隊では天然痘の流行を防ぐことができました。 安政5年(1858年)、良伯は、幕府の命により、咸臨丸でアメリカに渡りました。咸臨丸は、アメリカに渡った最初の日本の船でした。 アメリカでは、良伯は、アメリカの医学を学びました。また、リンカーン大統領にも謁見し、アメリカの政治や社会について学びました。 文久2年(1862年)、良伯は、帰国しました。帰国後は、幕府の軍医として戊辰戦争に参加しました。戊辰戦争後、良伯は、明治新政府の軍医となりました。 明治10年(1877年)、西南戦争が勃発すると、良伯は、政府軍の軍医として西南戦争に参加しました。西南戦争後、良伯は、勲三等旭日中綬章を受章しました。 明治17年(1884年)、良伯は、東京で亡くなりました。享年49歳でした。良伯は、日本の近代医学の発展に貢献した医師であり、日本の医学史上重要な人物です。
学術分野の人

宮崎通泰について

-宮崎通泰の生涯- 宮崎通泰は、1894年12月1日に東京で生まれました。父親は宮崎滔天、母親は平塚明子です。宮崎滔天は、明治時代の自由民権運動の指導者であり、平塚明子は、日本における女性解放運動の先駆者でした。 宮崎通泰は、東京帝国大学法学部を卒業した後、外務省に入省しました。外務省在職中は、主に欧米諸国への在外勤務を経験しました。1945年に外務省を退職した後、自由民主党に入党し、衆議院議員に当選しました。 1951年に内閣官房副長官に任命され、1952年には財務大臣に就任しました。1954年には、自由民主党総裁選挙に出馬しましたが、石橋湛山に敗れて落選しました。その後、1955年に外務大臣に就任しましたが、1956年に辞任しました。 宮崎通泰は、1957年に自由民主党を離党し、民主社会党に入党しました。1960年に民主社会党委員長に就任しましたが、1963年に辞任しました。1967年に政界を引退し、1969年12月10日に東京で亡くなりました。
学術分野の人

司馬凌海 – 幕末・明治時代の医師、洋学者

-# 司馬凌海 - 幕末・明治時代の医師、洋学者 -司馬凌海の生涯と功績- 司馬凌海(1827-1897)は、幕末・明治時代の医師、洋学者である。名は俊蔵、字は子材、凌海は号である。 司馬凌海は、1827年(文政10年)に摂津国西成郡伝法村(現在の大阪市西成区伝法)に生まれた。父は医師の司馬宗湖であり、凌海は幼い頃から医学を学んだ。 1843年(天保14年)、凌海は大阪の適塾に入塾し、緒方洪庵に医学を学んだ。1850年(嘉永3年)に適塾を卒業後は、長崎に遊学し、シーボルトに西洋医学を学んだ。 1854年(安政元年)、凌海は大阪に帰り、適塾の隣に医院を開業した。凌海は、西洋医学を積極的に取り入れた診療を行い、多くの患者を救った。また、凌海は医学書を多く翻訳し、西洋医学の普及に努めた。 1868年(明治元年)、凌海は大阪医学校(現在の大阪大学医学部)の初代校長に任命された。凌海は、医学教育の近代化に尽力し、日本の医学の発展に大きな貢献をした。 1871年(明治4年)、凌海は東京に移り、東京医学校(現在の東京大学医学部)の校長に就任した。凌海は、東京医学校でも医学教育の近代化に努め、日本の医学の発展に貢献した。 1897年(明治30年)、凌海は東京で死去した。享年71。 司馬凌海は、日本の近代医学の発展に大きな貢献をした医師、洋学者である。凌海の功績は今日でも高く評価されており、日本の医学史に残る偉人の一人である。
歴史上の人物

阿部北溟

阿部北溟(あべ・ほくめい、1864年 - 1929年)は、明治から昭和初期にかけて活躍した日本のジャーナリスト、教育者、政治家である。北溟の号は、北海道の北溟(北の海)に由来している。 阿部北溟の生涯と経歴 阿部北溟は1864年、長崎県に生まれる。幼少の頃から漢籍を学び、1879年に上京して慶應義塾で学ぶ。その後、新聞記者として活動し、1888年に北溟新聞を創刊する。北溟新聞は自由民権運動を支持する新聞として知られ、阿部北溟は民権派のリーダーとして活躍する。 1890年に第1回衆議院議員総選挙に当選し、政界に進出する。阿部北溟は自由党に所属し、党の幹部として活動する。しかし、1891年に自由党が分裂すると、阿部北溟は憲政党に所属することになる。 1892年に第2回衆議院議員総選挙に当選し、再び政界に進出する。阿部北溟は憲政党の幹部として活動し、1894年に伊藤博文内閣の文部大臣に就任する。文部大臣として、阿部北溟は義務教育の拡充や学校制度の改革に取り組んだ。 1896年に伊藤博文内閣が倒閣すると、阿部北溟は文部大臣を辞任する。その後、阿部北溟は北海道に渡り、北海道庁の官僚として活動する。阿部北溟は北海道の産業振興や教育の普及に尽力し、北海道の発展に貢献した。 1929年に阿部北溟は死去する。享年65歳。阿部北溟は、北海道の発展に貢献した功績を称えられ、1930年に北海道開拓功労者として叙せられた。
学術分野の人

藤田百城 – 江戸時代後期の医師

藤田百城の生涯 藤田百城(1724-1782)は、江戸時代後期の医師、蘭学者である。蘭方医学を学び、ベルギー人宣教師のローマンからオランダ語と医学を学んだ。 1760年にオランダ商館医館長に就任し、オランダ語と医学の教育に努めた。また、多くの医学書を翻訳し、日本における蘭方医学の発展に貢献した。 百城は、1782年に59歳で亡くなった。 - 生い立ち 藤田百城は、1724年に江戸に生まれた。父は医師の藤田玄清であり、百城は幼い頃から医学を学び始めた。 百城は、1743年に江戸のオランダ商館医館に入って蘭方医学を学び始めた。オランダ商館医館は、オランダ東インド会社が設置した医療機関であり、日本の医師に西洋医学を教える役割を果たしていた。 百城は、オランダ商館医館でベルギー人宣教師のローマンからオランダ語と医学を学んだ。ローマンは、日本語を話して日本人の医師に西洋医学を教えた最初の西洋人医師であり、百城はローマンから多くのことを学んだ。 - オランダ商館医館長 1760年、百城はオランダ商館医館長に就任した。オランダ商館医館長は、オランダ商館医館の最高責任者であり、百城は日本における蘭方医学の発展に責任を負うことになった。 百城は、オランダ商館医館長として、オランダ語と医学の教育に努めた。また、多くの医学書を翻訳し、日本における蘭方医学の発展に貢献した。 - 晩年 百城は、1782年に59歳で亡くなった。百城は、日本の蘭方医学の発展に大きな貢献をした医師であり、その死は日本医学界にとって大きな損失となった。
歴史上の人物

「堀江宗賢」

-堀江宗賢-概要- 堀江宗賢(ほりえ そうけん、1507年 - 1581年)は、戦国時代の武将。近江国の戦国大名である朽木氏に仕え、織田信長の家臣。通称は与七郎。 宗賢は、近江国朽木氏の家臣の堀江氏の出身である。朽木氏は、京極氏の流れを汲む国人で、堀江氏はその重臣であった。宗賢は、1507年に生まれた。『信長公記』に「宗賢命とる程の御寵あり」との記述があるとおり、織田信長の宿老として家臣団の中枢を担い、信長の信厚かった。尾張国清洲城、安土城の築城にも関わった。 1560年、桶狭間の戦いで今川義元の首を挙げた。1567年、信長による足利義昭上洛に従軍し、近江国長浜城の築城に関わった。1568年、信長の越前国平定に従軍し、一乗谷城の戦いで朝倉義景を破った。1570年、信長の伊勢国平定に従軍し、北畠具教を破った。1573年、信長の近江国浅井氏攻めに従軍し、小谷城の戦いで浅井長政を破った。1575年、信長の越前国一向一揆鎮圧に従軍し、一向一揆を破った。 1581年、本能寺の変で信長が自刃すると、堺に逃れ、毛利輝元を頼ろうとしたが、毛利軍を率いる安国寺恵瓊に捕えられた。宗賢は、信長が長篠の戦いで武田勝頼を破った際に、信長の命令で武田氏の家宝である七支刀を奪っていたが、恵瓊は七支刀を宗賢に返還させ、その見返りとして宗賢に切腹を命じた。宗賢は、安土で切腹し、享年75で死去した。 宗賢は、織田信長の家臣として、多くの戦で功績を挙げた名将である。信長が足利義昭を擁立し、室町幕府を再興した際、奉行として幕府の運営にも関わった。宗賢は、信長に重んじられ、信長の直臣の中でも最も信厚かった人物の一人である。
学術分野の人

山井竹村、幕末から明治時代の医師

山井竹村の生い立ちと医師としてのキャリア 山井竹村は、1810年に尾張国愛知郡鳴海村(現在の愛知県名古屋市緑区)に生まれた。父は名医として知られた山井玄察、母は深谷氏である。竹村は幼い頃から聡明で、6歳の時にはすでに漢籍を読みこなすことができた。11歳の時には、名古屋の儒学者である山田方谷の門下生となった。方谷は竹村の才能を高く評価し、彼の教育に力を注いだ。竹村は方谷のもとで、儒学や医学を学び、また、蘭学にも関心を示した。 1829年、竹村は大阪に遊学し、緒方洪庵の塾である適塾に入門した。適塾は当時、蘭学の最先端の教育機関であり、竹村はそこで多くの知識を吸収した。1833年に適塾を卒業した後、竹村は江戸に遊学し、シーボルトのもとで蘭学を学んだ。1837年に江戸に戻り、開業医となった。 竹村は、蘭学を駆使して新しい治療法を開発し、また、医術の普及にも努めた。1852年には、日本初の医学雑誌である「蘭学医談」を創刊し、また、1855年には、日本初の近代的な病院である「仁寿堂」を設立した。竹村は、日本の近代医学の発展に大きく貢献した医師である。 竹村は、1876年に67歳で亡くなった。彼の墓は、東京都台東区谷中の天王寺にある。