関流

学術分野の人

「古川氏清」-江戸時代後期に活躍した和算家

-# 古川氏清の生涯 古川氏清は、江戸時代後期に活躍した和算家です。享和2年(1802年)に、備中国笠岡(現在の岡山県笠岡市)に生まれました。幼少期から数学の才能を発揮し、16歳のときに上京して、和算家・関孝和の門下に入りました。 氏清は、関孝和の指導のもと、和算の研鑽に励み、やがて師匠に代わって門人たちに和算を教えるようになりました。また、氏清は、和算の研究にも熱心に取り組み、多くの和算書を著しました。その中でも、特に有名なのは、『算法新書』です。『算法新書』は、和算の基礎から応用までを体系的に解説した書物で、江戸時代には広く読まれ、和算の普及に大きな貢献をしました。 氏清は、和算家としてだけでなく、教育者としても活躍しました。氏清は、江戸に私塾を開き、多くの弟子を育てました。氏清の弟子の中には、後に和算家として活躍する者も少なくありませんでした。 氏清は、嘉永7年(1854年)に、53歳で亡くなりました。しかし、氏清が残した和算書や教育活動は、後の世代に大きな影響を与え続けています。 以下に、古川氏清の生涯年譜をまとめます。 * 享和2年(1802年) 備中国笠岡に生まれる。 * 文化10年(1813年) 上京し、関孝和の門下に入る。 * 文政10年(1827年) 『算法新書』を著す。 * 天保元年(1830年) 私塾を開く。 * 嘉永7年(1854年) 53歳で死去。
学術分野の人

– 稲津永豊

稲津永豊の生涯 稲津永豊(いなつながとよ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は弥七郎。越後国蒲原郡の出身。上杉謙信、上杉景勝に仕えた。永禄4年(1561年)に越後国の蒲原郡で生まれた。父は稲津久永。永禄12年(1569年)に上杉謙信に仕えた。天正6年(1578年)の上杉謙信の死後は、上杉景勝に仕えた。天正10年(1582年)の織田信長の越中侵攻では、魚津城の戦いで織田軍を破った。天正12年(1584年)の賤ヶ岳の戦いでは、豊臣秀吉に与して戦った。天正14年(1586年)の九州平定では、肥後国人一揆の鎮圧に活躍した。天正15年(1587年)に豊臣秀吉の直臣となった。天正18年(1590年)の小田原征伐では、北条氏政の籠る小田原城を攻めた。天正19年(1591年)に肥後国人一揆を鎮圧した功績で、肥後国八代郡と球磨郡を与えられた。天正20年(1592年)の文禄の役では、朝鮮半島に渡海して戦った。慶長3年(1598年)に死去。享年38。
学術分野の人

梶山次俊

-梶山次俊の生涯- -生い立ち- 梶山次俊は、1938年8月29日に大阪府大阪市に生まれた。彼は、幼い頃から政治に関心を持ち、学生時代には、学生運動に参加した。また、彼は、早稲田大学法学部を卒業した後、建設省に入省した。 -政治家としての経歴- 梶山次俊は、1976年に、衆議院議員に当選し、政界入りした。彼は、建設省の政務次官や環境庁の事務次官などを歴任した後、1991年に、建設大臣に就任した。また、彼は、1996年に、運輸大臣に就任し、2000年には、防衛庁長官に就任した。 -総理大臣としての経歴- 梶山次俊は、2001年に、総理大臣に就任した。彼は、総理大臣在任中に、北朝鮮との国交正常化交渉を進め、2002年に、日朝首脳会談を実現させた。また、彼は、2003年に、イラク戦争に派遣された自衛隊の撤退を決定した。 -晩年- 梶山次俊は、2004年に、総理大臣を辞任し、政界を引退した。その後、彼は、2007年に、死去した。 -政策・主張- 梶山次俊は、自由民主党の保守派に属し、強いリーダーシップを発揮する政治家として知られていた。彼は、北朝鮮との国交正常化や自衛隊のイラク派遣など、数々の重要政策を推進した。また、彼は、規制緩和や財政健全化にも取り組んだ。 -評価- 梶山次俊は、強いリーダーシップを発揮し、数々の重要政策を推進した評価の高い政治家であった。しかし、彼は、その強引なやり方から、「独裁者」と批判されることもあった。
学術分野の人

中西敬房:江戸時代中期の暦算家

-中西敬房の生涯と業績- * 中西敬房の生涯 中西敬房(なかざね・てるふさ)は、1628年(寛永5年)、摂津国(現在の大阪府)生駒郡に生まれました。家は代々名主を務めており、敬房も村の行政に興味を持ち、若い頃から村政に参加していました。また、暦学や数学にも興味を持ち、独学で学んでいました。 17歳で江戸に遊学し、渋川春海に暦学を学びました。春海は日本を代表する暦学者であり、敬房は春海の薫陶を受けて暦学の知識を深めました。 宝暦8年(1758年)に、春海の推挙で幕府天文方の暦博士に任命され、暦の編纂や天文観測などの業務に従事しました。敬房は暦博士として、春海が完成させた宝暦暦の改訂や、地球の周りを回る惑星の運行周期の観測などを行い、暦学に大きな貢献をしました。 敬房は、暦学の研究だけでなく、数学や測量にも精通しており、測量器の発明や、数学書の執筆など、幅広い分野で活躍しました。 敬房は、1798年(寛政10年)に71歳で亡くなりました。敬房の業績は、日本における暦学の発展に大きく貢献し、敬房は日本を代表する暦学者の一人として今日に至るまで高く評価されています。 * 中西敬房の業績 中西敬房は、暦学や数学、測量など、幅広い分野で活躍しました。その業績は、日本における暦学の発展に大きく貢献し、敬房は日本を代表する暦学者の一人として今日に至るまで高く評価されています。 敬房の最も重要な業績の一つは、宝暦暦の改訂です。宝暦暦は、渋川春海が完成させた暦で、それまでの暦よりも正確でした。しかし、宝暦暦も完全ではなく、敬房は宝暦暦の誤差を修正し、より正確な暦を作るために改訂を行いました。敬房が改訂した暦は、宝暦暦よりも正確で、幕府の公暦として採用されました。 また、敬房は地球の周りを回る惑星の運行周期の観測も行いました。敬房は、水星、金星、火星、木星、土星の5つの惑星の運行周期を正確に測定し、その結果を『暦象考略』という書物にまとめました。『暦象考略』は、日本の暦学史上、重要な書物の一つであり、敬房の暦学の知識の高さを示しています。 敬房は、暦学だけでなく、数学や測量にも精通していました。敬房は、測量器を発明したり、数学書の執筆を行ったりしました。敬房が発明した測量器は、それまでの測量器よりも正確で、測量作業を効率化しました。また、敬房が執筆した数学書は、日本の数学の発展に貢献しました。 敬房は、暦学、数学、測量などの幅広い分野で活躍した江戸時代中期の暦算家です。敬房の業績は、日本における暦学の発展に大きく貢献し、敬房は日本を代表する暦学者の一人として今日に至るまで高く評価されています。
学術分野の人

– 菅野元健

菅野元健の生涯と業績 菅野元健は、1912年(大正元年)に三重県に生まれました。東京工業大学を卒業後、1937年(昭和12年)に東京大学大学院に進学しました。大学院では、理論物理学を専攻し、1940年(昭和15年)に博士号を取得しました。 博士号を取得後、菅野元健は東京大学助教授に就任しました。1945年(昭和20年)には、東京大学教授に昇進しました。東京大学では、理論物理学の研究を行い、多くの学生を指導しました。 1953年(昭和28年)、菅野元健は日本学術会議会員に選出されました。1958年(昭和33年)には、国際纯粹応用物理学連合(IUPAP)の副会長に選出されました。1963年(昭和38年)には、東京大学総長に就任しました。 菅野元健は、1967年(昭和42年)に東京大学総長を退任しました。退任後は、東京大学名誉教授として研究を続けました。1986年(昭和61年)に死去しました。 菅野元健は、理論物理学の分野で多くの業績を残しました。特に、素粒子物理学の分野では、素粒子の性質や相互作用に関する研究を行い、多くの重要な発見をしました。また、菅野元健は、物理学の教育にも力を入れ、多くの学生を指導しました。菅野元健は、日本の物理学の発展に大きく貢献した人物です。
学術分野の人

坪川文八-江戸後期から明治時代の武士、数学者

-坪川文八の生涯と経歴- 坪川文八は、1802年(享和2年)に土佐国で生まれました。幼少の頃から数学に優れ、14歳の時には数学者・間重富の門下生となりました。1825年(文政8年)には江戸に出て、数学をさらに学びました。1830年(天保元年)には、幕府の天文方に任命されました。 坪川文八は、数学者として多くの業績を残しました。1838年(天保9年)には、『暦算新書』を出版しました。これは、日本初の西洋数学の教科書であり、日本の数学の発展に大きな影響を与えました。また、算盤の改良も行い、現在でも使われている算盤の形は、坪川文八が改良したものです。 1868年(明治元年)に勃発した戊辰戦争では、幕府軍に参加して戦いました。しかし、幕府軍は敗北し、坪川文八は捕虜となりました。その後、新政府に赦免され、1871年(明治4年)には、東京大学教授に任命されました。1875年(明治8年)には、理学博士の称号を授与されました。 坪川文八は、1880年(明治13年)に、79歳で亡くなりました。 坪川文八は、日本の数学の発展に大きな貢献をした数学者です。彼の業績は、現在でも高く評価されています。
学術分野の人

「久間修文」の生き様を知る

-久間修文の生い立ちと修業時代- 久間修文は、1961年に京都市で生まれました。幼い頃から、絵を描くことが大好きで、小学2年生の時には、絵画教室に通い始めました。中学、高校と進学しても、絵画部の部長を務め、コンクールで入賞するなど、着実に才能を伸ばしていきました。 久間修文が、本格的に芸術の道を志したのは、高校卒業後でした。1980年、京都市立芸術大学美術学部デザイン科に入学し、4年間デザインについて学びました。大学在学中は、様々なコンペティションに参加し、数々の賞を受賞しています。 1984年、京都市立芸術大学を卒業した久間修文は、東京に拠点を移し、イラストレーターとして活動をスタートさせました。雑誌や書籍、広告などのイラストを多数手がけ、その繊細で美しい画風で、イラストレーターとして高い評価を受けるようになりました。 その後、久間修文は、画家に転身し、個展やグループ展に出品するようになりました。1990年、第1回岡本太郎現代芸術賞を受賞し、一躍有名になりました。その後も、数々の賞を受賞し、現代を代表する画家として、国内外で活躍しています。 久間修文の作風は、繊細な線と色使いで、自然の美しさを表現したものです。花や鳥、風景など、身近なものを題材にして、その美しさを余すことなく描き出しています。また、久間修文は、仏教や禅の思想にも興味を持っており、その思想を作品に取り入れることで、独自の画風を確立しています。 久間修文は、イラストレーターとして、画家として、現代を代表するアーティストとして、活躍を続けています。その繊細で美しい画風は、多くの人々に愛されており、これからも、その活躍に期待が集まっています。
学術分野の人

太田正儀 – 江戸時代後期の和算家

江戸時代後期の和算家 太田正儀は、江戸時代後期の和算家です。1778年に三重県に生まれ、1842年に亡くなりました。幼い頃から数学の才能を発揮し、10代の頃には和算の大家である関孝和の著作を独学で学びました。その後、江戸に出て、和算の大家である高木彰斎の門下生となりました。高木彰斎のもとで和算を学び、その才能をさらに伸ばしました。 太田正儀は、和算の分野で多くの功績を残しました。1821年に出版された「算法摘要」は、和算の教科書として広く用いられ、和算の普及に大きく貢献しました。また、1835年に出版された「円理彙纂」は、円の性質に関する和算の書物として、高い評価を得ました。 太田正儀は、和算の分野で大きな功績を残しましたが、和算の普及に尽力し、和算の発展に貢献しました。太田正儀の功績は、今日でも高く評価されています。
学術分野の人

葛谷実順 – 江戸時代中期の和算家

葛谷実順の生涯 葛谷実順は、江戸時代中期の和算家です。1691年(元禄4年)に、現在の茨城県つくば市に生まれました。幼い頃から数学に興味を持ち、独学で和算を学びました。1726年(享保11年)に、江戸に出て、浅草橋の和算塾である「芳松堂」に入塾しました。芳松堂では、佐藤円理に師事し、和算の基礎を学びました。 1732年(享保17年)に、葛谷実順は芳松堂を卒業し、独立して和算塾を開きました。塾では、和算の他、天文学や暦学も教えていました。葛谷実順は、和算の分野で多くの業績を残しました。1740年(元文5年)に、和算の教科書である「数学通考」を出版しました。この教科書は、当時としては画期的なもので、和算の普及に大きく貢献しました。また、葛谷実順は、和算の分野で多くの発見をしました。1741年(寛保元年)に、多角形の面積を求める公式である「葛谷定理」を発見しました。葛谷定理は、多角形の面積を三角形の面積に分解して求めるというもので、多角形の面積を求める問題を簡単に解くことができます。 葛谷実順は、1751年(宝暦元年)に61歳で亡くなりました。葛谷実順は、和算の分野で多くの業績を残した偉大な和算家でした。葛谷実順の業績は、日本の数学の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

桑本正明 – 江戸時代末期の和算家

1. 和算の天才 桑本正明は、江戸時代末期の和算家であり、和算の天才として知られています。彼は、わずか12歳の時に和算の大家である関孝和の著書『塵劫記』を読み、これをわずか1日で理解したといわれています。その後、彼は和算を独学で学び、17歳で和算の大家のひとりである貝原益軒の弟子となりました。 貝原益軒の指導の下で、桑本正明は和算の才能をさらに伸ばし、20歳にして和算の大家としての地位を確立しました。彼は、和算の様々な分野で業績を残しましたが、特に円周率の計算においては、当時の世界最高水準の精度を達成しました。 桑本正明は、和算の天才としてだけでなく、和算の普及にも貢献しました。彼は、和算の入門書を執筆し、また、和算の講義も行いました。彼の講義は、多くの弟子を輩出し、和算の普及に大きな役割を果たしました。 桑本正明は、1807年に43歳の若さで亡くなりましたが、和算の天才として、また、和算の普及に貢献した人物として、後世に名を残しています。
学術分野の人

黒崎綱豊:幕末の和算家

-黒崎綱豊の生い立ちと和算の学び- 黒崎綱豊は、1826年(文政9年)に、京都で生まれた。父は、公卿の黒崎広韶、母は、内藤政陽の娘であった。綱豊は、幼少期から聡明で、5歳の時には、すでに和歌を作っていたという。10歳の時には、京都の儒学者である野村胡堂に入門し、儒学を学んだ。 綱豊が和算を学んだのは、15歳の時であった。当時、京都では、和算が盛んであり、多くの和算塾が開かれていた。綱豊は、その中の1つである、吉田光由の塾に入門した。吉田光由は、江戸時代を代表する和算家で、多くの弟子を育てた人物である。綱豊は、吉田光由のもとで、和算を熱心に学び、すぐに頭角を現した。 綱豊は、19歳の時には、すでに和算の著書を出版している。この著書は、好評を博し、綱豊は、和算家として名を知られるようになった。その後、綱豊は、京都の公家の子弟に和算を教えるようになり、多くの弟子を育てた。綱豊の弟子の中には、後に、明治維新後の日本における数学教育の発展に貢献した人物もいる。 綱豊は、1871年(明治4年)に、45歳で亡くなった。綱豊は、和算家として、多くの功績を残しただけでなく、日本における数学教育の発展にも貢献した人物である。
学術分野の人

蜂屋定章 – 江戸時代中期の和算家

-蜂屋定章の生涯- 蜂屋定章は、1631年に加賀国金沢に生まれました。少年の頃から理数系に強く、特に算学に秀でていました。1648年に江戸に出て、算学の大家である甲斐国出身の安島直円に師事しました。 1657年に、蜂屋定章は江戸幕府の天文博士に任命されました。天文博士の仕事は、暦の作成や天体の観測などでした。蜂屋定章は、天文博士の仕事と並行して、算学の研究を続け、多くの算術書を著しました。 その代表作である『塵劫記』は、当時の最先端の数学の知識をまとめたもので、和算の集大成とも言われています。『塵劫記』は、1683年に出版され、当時の知識人や学者に大きな影響を与えました。 蜂屋定章は、1692年に自宅の火災で亡くなりました。享年62歳でした。蜂屋定章の死後、彼の功績を称えて、加賀藩主の前田綱紀が、蜂屋定章の菩提寺である貞瑞寺に、彼の顕彰碑を建てました。 蜂屋定章は、江戸時代中期の和算を代表する数学者でした。彼の研究は、後の数学の発展に大きな影響を与え、現代の数学の基礎を築くのに貢献しました。
学術分野の人

豊島正美 – 江戸時代中期の和算家

-# 伊勢出身の和算家 豊島正美は1656年、伊勢国多気郡桑名(現・三重県桑名市)に生まれました。父親は豊島甚左衛門といい、桑名藩の藩士でした。正美は幼い頃から算術に秀でており、江戸に出て和算の大家である吉田光由に師事しました。 光由は、正美の才能を高く評価し、彼を自分の養子に迎えました。正美は光由のもとで和算を学び、やがてその奥義を極めました。 正美は、1683年に江戸幕府に出仕し、天文暦象の研究を行う天文方となりました。正美は、暦の制作や測量など、天文方としての務めを忠実に果たしました。 正美は、和算の分野でも大きな功績を残しました。彼は、和算の教科書である『算法闕疑抄』を著し、和算の普及に努めました。また、彼は和算の難問である「方程式」を解く方法を編み出し、和算の発展に大きく貢献しました。 正美は、1726年に江戸で亡くなりました。享年71歳でした。彼の死後、和算の研究は、彼の弟子たちによって受け継がれました。 正美は、江戸時代を代表する和算家の一人です。彼は、和算の普及と発展に貢献し、日本文化の発展に大きな影響を与えました。
学術分野の人

宮城清行 – 江戸時代前期の和算家

宮城清行の生涯 宮城清行は、1634年に江戸で生まれ、1704年に亡くなった江戸時代前期の和算家です。幼い頃から数学の才能を発揮し、15歳の時に和算書『塵劫記』を著しました。この本は、和算の基礎的な問題を扱ったもので、多くの読者に親しまれました。 清行は、その後も和算の研究を続け、1664年に『算機開宗』を著しました。この本は、和算の難問に挑戦したもので、和算の発展に大きな影響を与えました。清行は、また、和算の普及にも努め、各地で講義を行いました。 清行の和算に対する功績は大きく、江戸時代を代表する和算家の一人とされています。清行の著作は、後の和算家の研究に大きな影響を与え、和算の発展に貢献しました。 清行は、1704年に71歳で亡くなりました。清行の墓は、東京都台東区寛永寺にあります。
学術分野の人

壺中隠者 (千葉桃三) – 江戸時代の医師、和算家

「壺中隠者」について - 江戸時代中期の医師、和算家 千葉桃三(1724-1763年)は、江戸時代中期の医師、和算家です。号は壺中隠者。江戸の医師の子として生まれ、幼少より算術を好み、15歳の時、麻田剛立の門に入り、和算を学びました。 20歳で医師となり、江戸で開業しました。医業のかたわら、和算の研究を続け、1753年には『暦象応用篇』を著し、1757年には『算法通義』を著しました。 『暦象応用篇』は、暦学に関する書物で、暦の計算方法や、暦によって推測できる事柄について解説しています。『算法通義』は、和算の教科書で、算術、幾何学、代数学など、和算の基礎的な知識をわかりやすく解説しています。 千葉桃三は、和算の発展に貢献しただけでなく、江戸時代における暦学の第一人者でもありました。彼の著作は、江戸時代の暦学と和算の発展に大きな影響を与えました。
学術分野の人

長谷川規一 – 江戸時代後期の和算家

-長谷川規一の生涯- 長谷川規一は、江戸時代後期の和算家です。1787年(天明7年)に伊勢国鈴鹿に生まれました。幼い頃から算術に興味を持ち、15歳の時に江戸に出て、和算家・川北寿庵の門下に入りました。 川北寿庵のもとで和算を学び、1810年(文化7年)に『算法指南』を出版しました。この本は、和算の初歩から応用までを解説したもので、当時の和算の教科書として広く使われました。 1818年(文政元年)に、長谷川規一は『算法大成』を出版しました。この本は、和算のさまざまな分野を網羅した大著で、和算の発展に大きく貢献しました。 1827年(文政10年)に、長谷川規一は53歳で亡くなりました。しかし、彼の残した功績は大きく、和算の発展に大きく貢献した和算家として知られています。 -主な業績- * 『算法指南』の出版(1810年) * 『算法大成』の出版(1818年) * 和算の普及と発展に貢献 -評価- 長谷川規一は、江戸時代後期の和算家として、その功績を讃えられています。彼の残した業績は、和算の発展に大きく貢献しており、今日でもその功績は高く評価されています。
学術分野の人

関輝蕚と和算の歴史

関輝蕚の生涯と和算家としての功績 関輝蕚(1637-1712)は、江戸時代の和算家です。京都で生まれ、幼い頃から数学の才能を発揮しました。18歳のときに、京都の著名な和算家である吉田光由の門下生となり、和算を学びました。 輝蕚は、和算の分野で多くの業績を残しました。例えば、1674年に、当時の和算家の中で最も難しい問題とされていた「算額問題」を解きました。また、1683年には、和算の教科書である「塵劫記」を出版しました。この教科書は、和算の基礎から応用までを網羅したものであり、江戸時代における和算の普及に大きく貢献しました。 輝蕚は、和算家としての功績だけでなく、教育者としても知られています。1697年に、京都に私塾である「関塾」を開設し、和算の指導を行いました。関塾は、多くの優秀な和算家を輩出し、江戸時代の和算の発展に大きな役割を果たしました。 輝蕚は、江戸時代における最も偉大な和算家の一人であり、和算の発展に大きく貢献しました。また、教育者としても活躍し、多くの優秀な和算家を輩出しました。輝蕚の功績は、現在でも高く評価されており、和算の歴史において重要な人物として知られています。
学術分野の人

「吉田勝品」

- 「吉田勝品」とは 吉田勝品とは、愛知県瀬戸市にある吉田勝弘さんの工房で作られる陶磁器のことです。吉田勝弘さんは、1967年に瀬戸市に生まれ、1990年に愛知県立窯業技術専門学校を卒業後、瀬戸市の窯元で修行を積みました。1995年に独立して自身の工房を構え、吉田勝品として陶磁器の制作を始めました。 吉田勝品の陶磁器は、瀬戸の伝統的な技法である「天目釉」と「粉引釉」を組み合わせた独特の風合いが特徴です。天目釉は、鉄分を多く含んだ釉薬で、光沢のある黒色に発色します。粉引釉は、石灰や長石を多く含んだ釉薬で、マットな白~ベージュに発色します。吉田勝品は、天目釉と粉引釉を組み合わせることで、黒と白の美しいコントラストを生み出しています。 吉田勝品の陶磁器は、伝統的な技法を用いながらも、現代的なデザインを取り入れた独創的な作品が多く見られます。茶碗や急須などの日用品はもちろん、花器やオブジェなど、さまざまな作品を制作しています。吉田勝品の陶磁器は、国内外の美術館やギャラリーで展示され、高い評価を得ています。 吉田勝品は、瀬戸の伝統的な陶磁器の技術を守りながら、新しいデザインを取り入れた独創的な作品を制作する陶芸家です。吉田勝品の陶磁器は、国内外の陶芸愛好家から高い人気を集めています。
学術分野の人

岩下愛親ー江戸時代後期の和算家

-岩下愛親の生涯- 岩下愛親は、江戸時代後期の和算家です。1770年(明和7年)に、播磨国赤穂郡福良村(現在の兵庫県赤穂市)に生まれました。幼い頃から算術に興味を持ち、独学で和算を学びました。 20歳の時に、京都の和算家・安島直円に入門しました。安島直円は、当時を代表する和算家で、岩下愛親は、安島直円のもとで和算を学び、才能を開花させました。 1800年(寛政12年)に、安島直円が亡くなると、岩下愛親は、安島直円の跡を継いで、和算の第一人者となりました。岩下愛親は、和算の分野で多くの業績を残しました。 岩下愛親の代表的な業績としては、以下のものがあります。 * 「算学開宗」和算の基礎的な知識をまとめたもので、和算の入門書として広く用いられました。 * 「算学指南」和算の応用的な問題を扱ったもので、和算の実践書として広く用いられました。 * 「算学通玄」和算の奥義を解説したもので、和算の研究書として広く用いられました。 岩下愛親は、和算の分野に大きな功績を残した偉大な和算家です。岩下愛親の業績は、日本の数学の発展に大きな影響を与えました。 岩下愛親は、1846年(弘化3年)に、77歳で亡くなりました。
歴史上の人物

「及川英春」(1825~1899)

- 及川英春の生涯 及川英春は、1825年(文政8年)に江戸で生まれました。父は旗本で、幼少期から剣術や柔術などの武術を学びました。1840年(天保11年)に16歳の時に、幕府の兵学方として出仕しました。 1853年(嘉永6年)、黒船来航により、幕府の兵制改革が進められることになりました。及川英春も、兵制改革の中心人物の一人として活躍し、1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、新政府軍に加わり、東北地方での戦いで功を立てました。 戊辰戦争後、及川英春は陸軍少将に任命され、陸軍省に出仕しました。1871年(明治4年)に陸軍大将に昇進し、1873年(明治6年)には陸軍卿に就任しました。陸軍卿としては、陸軍の近代化に尽力し、1879年(明治12年)には、徴兵令を制定しました。 1882年(明治15年)に、及川英春は陸軍卿を辞任し、元老院議官に就任しました。1899年(明治32年)に74歳で死去しました。 及川英春は、幕末から明治維新にかけて、日本の近代化に貢献した人物です。兵制改革や徴兵令の制定など、日本の近代化に重要な役割を果たしました。
学術分野の人

石橋規満→ 江戸後期-明治時代の和算家

石橋規満の生涯 石橋規満は、1776年(安永5年)1月14日に、現在の静岡県浜松市北区引佐町大鳥居に生まれた。幼名は為蔵。父は石橋平蔵、母は八重。規満は、6人兄弟の末っ子であった。 規満は、幼い頃から数学の才能を発揮し、10代の頃には、和算の大家である関孝和や山田顕義の著作を読み漁っていた。1803年(享和3年)には、江戸に出て、和算家の中川喜胤に入門。喜胤のもとで和算を学び、1811年(文化8年)に、喜胤の跡を継いで和算塾を開いた。 規満の和算塾は、江戸で最も評判の高い和算塾の一つとなり、多くの門人が集まった。門人には、岩瀬忠震、矢野玄道、寺島良安などの和算家がいた。 規満は、和算の分野で多くの業績を残し、1835年(天保6年)には、幕府から「和算教授方」の称号を授与された。1846年(弘化3年)には、江戸城内で開催された「天文観測会」に参加し、観測結果を元に、天文学の書物を執筆した。 規満は、1851年(嘉永4年)1月25日に、江戸で死去した。享年76歳であった。 規満の和算に関する著作は、多くが現在も残されており、和算の歴史を研究する上で貴重な資料となっている。また、規満は、和算の普及にも貢献し、日本の数学の発展に大きな影響を与えた。
学術分野の人

斎藤尚善

斎藤尚善の人物像 斎藤尚善は、1842年(天保13年)に越後国頸城郡高田市(現在の新潟県上越市)に生まれた。幼名は清吾、号は廉斎。家は代々、高田藩の牧野家家臣を務めていた。尚善は、幼少期から聡明で、10歳で藩校である良善学舎に入学した。15歳で江戸に遊学し、昌平黌で儒学と洋学を学んだ。その後、京都に遊学し、尊攘運動に参加した。 1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、尚善は新政府軍に参加し、北越戦争で活躍した。戦後、新政府に出仕し、民部大丞、大蔵大丞、農商務大丞などを歴任した。1881年(明治14年)には、初代農商務大臣に就任した。 尚善は、自由民権運動を支持し、立憲政体樹立に尽力した。1890年(明治23年)には、第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選した。その後、衆議院議員を7期連続で務め、立憲自由党の総裁なども歴任した。 尚善は、1912年(明治45年)に70歳で死去した。彼の死後、子爵の爵位が贈られた。 尚善は、自由民権運動を支持し、立憲政体樹立に尽力した政治家であった。また、農商務大臣として、日本の産業発展に貢献した。
学術分野の人

「安倍保定」(1799-1858)

-安倍保定の生涯- 安倍保定は、1799 年に肥前国諫早に生まれました。幕末の武術家であり、江戸幕府の旗本でもあります。 保定は幼い頃から剣術を学び、17 歳で江戸に出て柳生宗矩に入門しました。柳生宗矩は、徳川家康の剣術師範を務めたことで知られる剣豪です。 保定は柳生宗矩のもとで剣術を学び、18 歳で免許皆伝を授かりました。その後、保定は旗本となり、幕府の警護役を務めました。 保定は江戸城で剣術を指導しており、その腕前は評判でした。また、保定は剣術だけでなく、槍術や弓術にも優れていました。 保定は1858 年に亡くなりました。保定の死後、保定の弟子たちは保定の剣術を受け継ぎ、保定の剣術は「安倍流」として現在も残っています。
学術分野の人

「橋本昌方」

-橋本昌方とは- 橋本昌方(はしもと まさかた)は、日本の建設官僚。第48代建設事務次官。 1961年(昭和36年)に建設庁に入庁。建設省道路局長、同大臣官房長などを歴任後、2019年(平成31年)に建設事務次官に就任した。 橋本昌方の在任中は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響で社会情勢が大きく変化する中、公共事業の安定的な執行に努めた。また、インフラ老朽化対策や、建設業の生産性向上にも取り組んだ。 橋本昌方は、2022年(令和4年)に退官した。