関西学院大

学術分野の人

西原寛一 – 古典商法学の巨匠

__天才法学者、西原寛一の魅力__ 西原寛一は、1889年に京都府で生まれ、1984年に亡くなった日本の法学者です。商法を専門とし、その研究成果は商法学の発展に大きな影響を与えました。西原寛一の魅力は、何といってもその天才的な頭脳です。彼は、京都大学に入学したとき、わずか16歳でした。そして、大学を卒業したときには、まだ19歳でした。その後、西原寛一はドイツに留学し、商法を学びました。そして、帰国後は、京都大学で教鞭を執り、商法学の発展に貢献しました。 西原寛一の魅力は、その博学多才さにもあります。彼は、商法だけでなく、民法、刑法、国際法など、幅広い分野に精通していました。そして、それらの分野の研究成果も、数多く発表しています。西原寛一の魅力は、その研究成果の高さにもあります。彼は、商法学に関する数多くの著書を執筆し、その中には、今でも読み継がれている名著も数多く含まれています。また、西原寛一は、裁判官としても活躍し、その判決文は、今でも多くの法学者が研究しています。 西原寛一の魅力は、その人格の高さにもあります。彼は、温厚で謙虚な人柄で、学生や同僚たちから慕われていました。また、西原寛一は、社会正義の実現に強い関心を持ち、そのために積極的に活動していました。西原寛一は、日本の法学界に大きな足跡を残した偉大な法学者です。彼の研究成果は、今でも多くの法学者が研究しており、その人格は、今でも多くの人々に慕われています。 西原寛一は、日本の法学界に大きな功績を残した偉大な法学者です。彼の研究成果は、商法学の発展に大きな影響を与え、その人格は、今でも多くの人々に慕われています。西原寛一の魅力は、その天才的な頭脳、博学多才さ、研究成果の高さ、人格の高さなど、数多くあります。
学術分野の人

大塚高信

大塚高信の生涯 大塚高信は、1884年に東京で生まれました。父は薩摩藩士で、母は徳川家の家臣の娘でした。高信は、幼い頃から剣道を習い、14歳の時には免許皆伝を受けました。その後、早稲田大学に進学し、1905年に卒業しました。 大学卒業後、高信は陸軍に入隊し、日露戦争に従軍しました。戦争では、功績を上げて勲章を授与されました。その後、高信は陸軍大学校に進学し、1910年に卒業しました。 卒業後は、陸軍省に勤務し、1919年に陸軍中将に昇進しました。1923年に発生した関東大震災では、戒厳司令官として治安維持に尽力しました。1927年に陸軍大将に昇進し、1930年に陸軍大臣に就任しました。 陸軍大臣在任中は、満州事変勃発後の1932年に、犬養毅首相を暗殺した五・一五事件の責任を問われ、辞任しました。その後、予備役編入となり、1945年に死去しました。
学術分野の人

清水盛光の生涯と業績

-# 清水盛光の生涯と研究活動 清水盛光は、1903年(明治36年)に長崎県で生まれました。1928年(昭和3年)に東京帝国大学医学部を卒業し、その後、同大学の助手となりました。1932年(昭和7年)に同大学助教授に昇進し、1936年(昭和11年)に同大学教授に就任しました。1945年(昭和20年)には、同大学総長に就任しました。 清水盛光は、病理学の分野で多くの研究を行い、特に癌の研究に大きな功績を残しました。1935年(昭和10年)に、癌の発生メカニズムを解明し、癌の治療法の開発に貢献しました。1941年(昭和16年)には、癌の予防法を開発し、癌の蔓延を防ぐことに成功しました。 清水盛光は、1963年(昭和38年)に東京帝国大学総長を辞任し、その後、日本癌学会会長や世界癌学会会長を務めました。1980年(昭和55年)に、文化勲章を受章しました。1991年(平成3年)に、老衰のため東京都で死去しました。享年87歳でした。 清水盛光は、病理学の分野で大きな功績を残した偉大な学者です。彼の研究は、癌の治療法の開発や癌の予防法の開発に貢献し、多くの人々の命を救いました。
文学分野の人

竹友藻風という人物

-竹友藻風の人物像- 竹友藻風は、1876年(明治9年)に東京に生まれた作家、歌人、編集者です。本名は竹友房吉といい、藻風は号です。 早稲田大学在学中に正岡子規に師事し、子規主宰の雑誌「ホトトギス」に短歌を発表しました。また、夏目漱石が編集長を務めた雑誌「ホトトギス」に小説を発表し、漱石に認められました。 1905年(明治38年)に「ホトトギス」を退社し、雑誌「文章世界」を創刊。同誌に短歌、小説、評論などを発表し、新感覚派文学の旗手として活躍しました。 藻風の作品は、独自の視点で世相を批評するユニークな作風が特徴です。また、藻風は歌人としても知られ、1926年(大正15年)に「藻風集」を刊行しました。 藻風は、1927年(昭和2年)に東京で死去しました。享年51。 藻風は、近代文学史上、重要な人物であり、その作品は現在でも読み継がれています。藻風の作品は、世相を批評するユニークな作風が特徴であり、その作品は現在でも読み継がれています。
学術分野の人

高坂正顕→ 昭和の哲学者

小見出し 高坂正顕の生涯 -生い立ち- 高坂正顕は、1900年(明治33年)に東京市日本橋区(現在の東京都中央区)で、父・高坂正芸、母・タミの間に生まれた。父は、明治政府の官僚であり、母は、華族の娘であった。高坂は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。また、音楽にも興味があり、ヴァイオリンを習っていた。 -学生時代- 高坂は、東京高等師範学校附属中学校(現在の筑波大学附属中学校)を経て、第一高等学校(現在の東京大学教養学部)に進学した。第一高等学校では、哲学科に在籍し、西田幾多郎の薫陶を受けた。西田は、日本の哲学者であり、京都学派の祖として知られている。高坂は、西田の思想に感銘を受け、哲学の道を志すようになった。 -渡欧と留学- 高坂は、第一高等学校を卒業した後、東京帝国大学(現在の東京大学)に進学した。東京帝国大学では、哲学科に在籍し、西田幾多郎の指導を受けた。高坂は、西田の指導の下、哲学の研究に励み、1923年(大正12年)に東京帝国大学を卒業した。 東京帝国大学を卒業後、高坂は、文部省の留学制度を利用して、ドイツに留学した。ドイツでは、フライブルク大学に在籍し、エトムント・フッサールの指導を受けた。フッサールは、ドイツの哲学者であり、現象学の祖として知られている。高坂は、フッサールの思想に感銘を受け、現象学の研究に励んだ。 -帰国と教職- 高坂は、1926年(昭和元年)に帰国し、東京帝国大学の助教授に就任した。東京帝国大学では、哲学の講義を担当し、学生たちに哲学の面白さを伝えた。1931年(昭和6年)には、東京帝国大学の教授に昇進した。 高坂は、東京帝国大学で教鞭を執る傍ら、哲学の著作を執筆した。高坂の著作は、現象学を基盤としたもので、日本の哲学界に大きな影響を与えた。また、高坂は、哲学会の設立に尽力し、1949年(昭和24年)に哲学会の会長に就任した。 -晩年- 高坂は、1962年(昭和37年)に東京帝国大学を定年退職した。退職後も、高坂は、哲学の著作を執筆し、講演活動を行った。1973年(昭和48年)に、高坂は、文化勲章を受章した。高坂は、1985年(昭和60年)に死去した。享年85歳であった。
学術分野の人

堀経夫:大正-昭和時代の経済学者

-経歴- 堀経夫は、1904年(明治37年)12月10日、愛知県名古屋市に生まれた。1923年(大正12年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、同大学院に進学した。1927年(昭和2年)に大学院を修了し、大阪市立商科大学の助教授に就任した。その後、1933年(昭和8年)に東京帝国大学経済学部助教授に就任し、1938年(昭和13年)に同教授に昇進した。1948年(昭和23年)に東京大学経済学部長に就任し、1954年(昭和29年)に同大学総長に就任した。1959年(昭和34年)まで総長を務め、退任後は名誉教授となった。 堀は、経済学の分野における功績が認められ、1960年(昭和35年)に日本学士院会員に選出された。また、1961年(昭和36年)には文化勲章を受章した。1977年(昭和52年)12月10日、東京都世田谷区で死去した。享年73。 堀は、経済学の分野で数多くの業績を残した。その中でも、特に有名なのが、1935年(昭和10年)に発表した「経済発展の理論」である。この理論は、経済発展のメカニズムを明らかにしたもので、経済学の発展に大きな影響を与えた。また、堀は、経済政策の分野でも活躍し、1950年(昭和25年)に発表した「経済安定政策」は、経済政策の基礎理論として高く評価されている。 堀は、経済学の分野で数多くの業績を残し、日本の経済学の発展に大きな貢献をした。また、堀は、教育者としても活躍し、数多くの優れた経済学者を育てた。
学術分野の人

蔵内数太:大正から昭和にかけて活躍した社会学者

-蔵内数太の生涯について- 蔵内数太は、1876年(明治9年)7月25日に、福岡県三池郡(現在の福岡県大牟田市)に生まれた。大日本帝国陸軍の軍人だった父親の転勤に伴い、幼少期は東京、大阪、名古屋など、日本各地を転々とした。蔵内は、1894年(明治27年)に福岡県立中学修猷館、1897年(明治30年)に第一高等学校を卒業し、1900年(明治33年)に東京帝国大学法科大学に入学した。在学中には、社会学者の戸水寛人と出会って社会学に興味を持ち、卒業後は東京帝国大学大学院に進学して社会学を専攻した。 1905年(明治38年)、蔵内は社会学の博士論文「社会進化論」を提出し、東京帝国大学から博士号を授与された。同年、蔵内は東京帝国大学法科大学助教授に就任し、1909年(明治42年)には東京帝国大学法科大学教授に昇進した。蔵内は、東京帝国大学で社会学を講義する傍ら、社会調査や社会政策に関する研究を進めた。1913年(大正2年)に刊行した『社会学研究』は、日本の社会学研究に大きな影響を与えた。 1914年(大正3年)、蔵内は東京帝国大学を辞職して、社会政策学会の創設に尽力した。1915年(大正4年)に社会政策学会の会長に就任し、1920年(大正9年)まで会長を務めた。蔵内は、社会政策学会の機関誌『社会政策時報』に多くの論文を寄稿し、社会政策の理論と実践について論じた。 1921年(大正10年)、蔵内は、東京帝国大学の社会学部教授に就任した。蔵内は、社会学部教授として、社会学の研究と教育に尽力した。1927年(昭和2年)に刊行した『社会学概論』は、日本の社会学の教科書として広く使用された。 1931年(昭和6年)、蔵内は、東京帝国大学を退職した。退職後、蔵内は、社会政策学会の会長に再選され、1933年(昭和8年)まで会長を務めた。蔵内は、また、1934年(昭和9年)に創設された社会学研究会の会長にも就任し、1937年(昭和12年)まで会長を務めた。 蔵内は、1945年(昭和20年)8月15日、終戦の日に、東京で死去した。享年69歳。