阿加流比売

歴史上の人物

阿加流比売

阿加流比売天之日矛との出会い 日本神話にに登場する阿加流比売(あかるひめ)は、海幸彦(海の神)と山幸彦(山の神)の兄妹であり、美しい女神として知られていました。そんな阿加流比売が、運命の出逢いをするのは、天之日矛(あめのひぼこ)という神でした。 ある日、阿加流比売が海辺を歩いていると、一人の男性が空から舞い降りてきました。その男性こそが天之日矛で、阿加流比売はすぐに彼に恋をしてしまいました。しかし、天之日矛は、阿加流比売の気持ちを受け入れることなく、地上での使命を果たすためにすぐに飛び去ってしまいました。 阿加流比売は、天之日矛がいなくなっても、彼のことを忘れることができませんでした。彼女は、天之日矛がいつか戻ってくることを信じて、毎日海辺で彼の帰りを待ち続けていました。 そしてついに、何年も経ったある日、天之日矛が再び阿加流比売の前に現れたのです。天之日矛は、阿加流比売への想いをようやく伝え、二人は結ばれました。 阿加流比売と天之日矛の出会いは、日本の神話の中で最もロマンティックなエピソードの一つとして知られています。彼らの愛は、たとえ離れ離れになっても、決して消えないことを教えてくれます。