阿波

芸術家

八木巽所 – 江戸時代後期の文人画家

八木巽所 - 江戸時代後期の文人画家 八木巽所の生涯と業績 八木巽所(やぎ たつじょ、1786年 - 1861年)は、江戸時代後期の文人画家です。名は振(しん)、字は公甫(こうほ)、通称は久兵衛(きゅうべえ)。巽所は号です。近江国大津(現在の滋賀県大津市)に生まれました。家は代々医師でしたが、巽所は絵を好み、杉本清麿に絵を学びました。 20歳の頃、江戸に出て谷文晁に絵を学びました。文晁は円山応挙の弟子で、当時の江戸画壇で最も人気のある画家の一人でした。巽所は文晁から南画の技法を学び、また文晁の蔵書を借りて中国の書画を研究しました。 30歳を過ぎた頃、巽所は文晁のもとを離れて独立しました。巽所は江戸に居を構え、絵を描きながら生計を立てました。また、巽所は多くの弟子を育て、春木南湖や高久靄厓などが巽所の弟子でした。 巽所の画風は、文晁の影響を受けた南画を基本としていますが、そこに独自の写生を取り入れたものでした。巽所の描く花鳥画や山水画は、写実的で生き生きとしており、当時の文人画壇で高く評価されました。 巽所は、66歳で江戸で亡くなりました。巽所の作品は、現在でも多くの美術館に所蔵されています。 巽所の代表作には、以下のものがあります。 * 「花鳥図屏風」(東京国立博物館蔵) * 「山水図屏風」(京都国立博物館蔵) * 「竹林七賢図巻」(大津市立美術館蔵) * 「寒山拾得図」(泉屋博古館蔵) * 「草花図巻」(美秀美術館蔵)
歴史上の偉人

鎌田宜正-明治時代の軍人

-西南戦争と日清戦争への従軍- 鎌田宜正は、1877年の西南戦争と1894年の日清戦争の両方に従軍した軍人でした。西南戦争では、熊本鎮台第14連隊第1大隊の分隊長として出陣し、田原坂の戦いなどに参加しました。日清戦争では、第2軍第5師団歩兵第22連隊第1大隊の分隊長として出陣し、遼東半島の戦いなどに参加しました。 西南戦争は、1877年に薩摩藩士族らが政府に対して起こした反乱です。鎌田宜正は、熊本鎮台第14連隊第1大隊の分隊長として出陣し、田原坂の戦いなどに参加しました。田原坂の戦いは、西南戦争の激戦地の一つであり、政府軍と薩摩軍が激しく衝突しました。鎌田宜正は、この戦いで負傷しましたが、一命を取り留めました。 日清戦争は、1894年に日本と清国の間で起こった戦争です。鎌田宜正は、第2軍第5師団歩兵第22連隊第1大隊の分隊長として出陣し、遼東半島の戦いなどに参加しました。遼東半島の戦いは、日清戦争の激戦地の一つであり、日本軍と清国軍が激しく衝突しました。鎌田宜正は、この戦いで再び負傷しましたが、一命を取り留めました。 鎌田宜正は、西南戦争と日清戦争の両方に従軍し、戦功を挙げました。彼の功績は、日本の近代化に貢献したとして高く評価されています。
歴史上の偉人

犬伏久助 – 江戸時代中期~後期の染色家

藍玉の製法改良に着手し、施水や発酵などの新しい技法を開発 犬伏久助は、藍玉の製法改良に着手し、施水や発酵などの新しい技法を開発しました。 藍玉の製法は、古くから受け継がれてきた伝統的な方法でしたが、犬伏久助は、藍玉の品質を向上させるために、さまざまな改良を加えました。 まず、藍玉を作る原料である藍の葉を、より丁寧に選別し、藍の葉をより細かく砕くようにしました。これにより、藍玉の品質が向上し、藍染めの色がより鮮やかに発色するようになりました。 また、藍玉を作る際に、施水という新しい技法を開発しました。施水とは、藍玉を作る過程で、藍葉に水をかけながら発酵させる技法です。この技法により、藍玉の品質が向上し、藍染めの色がより鮮やかに発色するようになりました。 さらに、犬伏久助は、発酵という新しい技法も開発しました。発酵とは、藍玉を作る過程で、藍葉に微生物を作用させて発酵させる技法です。この技法により、藍玉の品質が向上し、藍染めの色がより鮮やかに発色するようになりました。 犬伏久助が開発した藍玉の製法改良と、施水や発酵などの新しい技法により、藍染めの色がより鮮やかに発色するようになり、藍染めの技術が飛躍的に向上しました。
経済分野で活躍した人

「武市森太郎」

-「明治-昭和時代前期の実業家」- 武市森太郎は、明治から昭和時代前期にかけて活躍した実業家です。1870年(明治3年)に広島県福山市に生まれ、大阪高等商業学校(現・大阪市立大学)を卒業後、1893年(明治26年)に森太郎商店を創業しました。森太郎商店は、瀬戸内海沿岸の海産物を扱う会社で、武市の経営手腕によって順調に業績を伸ばし、やがて大阪商工会議所の会頭や日本商工会議所の副会頭を務めるなど、日本の経済界で重要な役割を果たしました。 武市は、実業家としてだけでなく、社会貢献活動にも熱心に取り組みました。1914年(大正3年)には、大阪に武市文庫を設立し、貴重な書籍を収集して一般に公開しました。また、1921年(大正10年)には、大阪市に武市賞を設けて、優れた研究業績をあげた研究者を表彰しました。 武市の功績は、実業界のみならず、社会貢献活動の分野でも大きく評価されています。1933年(昭和8年)には、藍綬褒章を受章し、1940年(昭和15年)には、勲三等旭日章を受章しました。 武市は、1941年(昭和16年)に71歳で死去しましたが、その功績は今日でも高く評価されています。武市文庫は現在も大阪市に保存されており、貴重な書籍を収集した図書館として多くの人々に利用されています。また、武市賞は現在も大阪市によって毎年授与されており、優れた研究業績をあげた研究者を表彰しています。
歴史上の偉人

田口成能

- 田口成能 -# 阿波の豪族として活躍 田口成能は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて阿波国(現在の徳島県)に存在した豪族である。 成能は、田口氏の一族として生まれ、幼い頃から武芸に秀でていたという。成長すると、阿波国内で勢力を拡大し、やがて阿波国の守護職を拝命した。 成能は、阿波国の治安維持に努め、また、源氏と平氏の争いにも介入した。源頼朝が挙兵すると、成能はすぐに頼朝に味方し、平氏打倒に貢献した。 頼朝が政権を確立すると、成能は阿波国の守護職を安堵され、阿波国内の支配を強固なものとした。また、成能は、阿波国内で多くの寺社を建立し、仏教の興隆に努めた。 成能は、1221年に亡くなったが、その子孫は阿波国内で栄え、阿波国を代表する豪族として続いた。 - 成能の功績 成能は、阿波国の治安維持に努め、また、源氏と平氏の争いにも介入して、源頼朝の勝利に貢献した。また、成能は、阿波国内で多くの寺社を建立し、仏教の興隆に努めた。 成能の功績は、阿波国内に深く刻まれており、現在でも成能を祀った神社や寺社が数多く存在する。また、阿波国の郷土史を語る上で、成能は欠かせない人物である。 - 成能の死 成能は、1221年に亡くなった。その死因は不明であるが、老衰によるものと考えられている。成能の死後、阿波国の守護職は、成能の子の田口資能が継承した。 資能は、成能の遺志を受け継いで、阿波国の統治に努めた。しかし、資能は、1247年に北条時頼によって謀殺されてしまった。 資能の死後、阿波国の守護職は、北条氏の家臣が代々継承した。そして、阿波国は、鎌倉幕府の滅亡まで北条氏の支配下に置かれることとなった。
芸術家

証覚→ 江戸時代中期の画僧

証覚の生涯と経歴 証覚は、江戸時代中期の画僧です。俗姓は佐々木氏、名は円珠、字は寿仏、法号は証覚。号は芳雲堂、大雲堂、白雲堂、白雲老樵、無心道人、茶臼山樵、東濮、真仙、履雲叟などがあります。 証覚は、明和9年(1772年)に江戸の麹町に生まれました。幼い頃から絵を好み、15歳の時に狩野派の画工、狩野安信の門下に入門しました。安信のもとで絵を学び、安信の画風に大きな影響を受けました。 安永9年(1780年)に安信が亡くなると、証覚は安信の弟子の狩野養信の門下に入門しました。養信のもとで絵を学び、養信の画風にさらに磨きをかけました。 天明2年(1782年)に証覚は、江戸幕府の御用絵師に任命されました。御用絵師として、江戸城の障壁画や襖絵などを制作しました。また、多くの浮世絵版画も制作し、歌麿、北斎と並んで江戸時代を代表する浮世絵師として知られています。 証覚は、文化12年(1815年)に江戸で亡くなりました。享年44歳でした。証覚の画風は、狩野派の画風に琳派の画風を融合させたもので、華やかで繊細な作風です。証覚の作品は、現在も多くの人が鑑賞し、江戸時代を代表する絵師として知られています。
歴史上の偉人

岸鶴汀 – 奇行で知られた酒豪詩人

-岸鶴汀の生涯- 岸鶴汀(1897-1993)は、奇行で知られた酒豪詩人である。大正から昭和にかけて活躍し、その奔放な生き様と破天荒な言動で人々に衝撃を与えた。 岸鶴汀は、1897年に東京市神田区に生まれた。本名は岸鶴次郎。旧制獨協中学校を卒業後、早稲田大学文学部に入学したが、中退した。その後、酒造会社に就職したが、すぐに退職し、詩作に専念するようになった。 岸鶴汀の詩は、自由奔放で型破りな作風が特徴である。既存の詩の概念にとらわれず、自分の感じたままをありのままに表現した。その詩は、多くの読者の共感を呼び、人気を博した。 岸鶴汀は、酒豪としても知られていた。酒を飲んだら性格が豹変し、奇行を繰り返した。酔うと、人前で裸になったり、奇声を上げたり、暴れたりしたという。その奇行は、人々に恐れられ、敬遠されるようになった。 岸鶴汀は、酒に溺れて身体を崩し、1993年に死去した。享年96歳。彼の死は、詩壇に大きな衝撃を与え、多くの詩人が追悼の辞を寄せた。 岸鶴汀は、奇行で知られた酒豪詩人であったが、その詩は今もなお多くの人々に愛されている。彼の詩は、自由奔放で型破りな作風が特徴であり、既存の詩の概念にとらわれず、自分の感じたままをありのままに表現している。彼の詩は、多くの読者の共感を呼び、人気を博した。
歴史上の偉人

小川光義 – 生い立ちから生涯まで

-小川光義 - 生い立ちと高野山での修行- 小川光義は、1956年12月3日に大阪府大阪市で生まれた。生後間もなく、父親の転勤に伴い、兵庫県神戸市へ引っ越した。光義は、幼い頃から活発で、スポーツ万能な少年であった。中学卒業後は、大阪の私立高校に進学した。高校時代は、野球部に所属し、ピッチャーとして活躍した。 高校卒業後は、父親の勧めで、京都大学の法学部に進学した。しかし、光義は法律を学ぶことに興味がなく、1年で中退した。その後、光義は大学を中退し、高野山にある真言宗密教の総本山、金剛峯寺に入山した。光義は、金剛峯寺で、厳しい修行に励んだ。 光義は、高野山での修行を終えた後、僧侶として各地を巡り、法話をした。また、光義は、社会活動にも積極的に参加し、貧しい人々を助けるための活動を行った。光義は、2023年3月8日に78歳で亡くなった。光義は、僧侶として、社会活動家として、多くの人々に愛され、尊敬された。 光義の生い立ちと高野山での修行は、彼が僧侶として、社会活動家として、多くの人々に愛され、尊敬されるに至るまでの基盤となった。光義は、高野山での修行を通じて、仏教の教えを深く理解し、慈悲の心を養った。また、光義は、高野山での修行を通じて、忍耐力と決意を身につけた。これらの資質は、光義が僧侶として、社会活動家として、多くの人々に愛され、尊敬されるに至るために欠かせないものであった。
歴史上の偉人

「箸蔵善竜」とは何か?

箸蔵善竜の生涯 箸蔵善竜(はしぐらぜんりゅう)は、1605年(慶長10年)に讃岐国(現在の香川県)に生まれた僧侶であり、天道流薙刀術の開祖として知られています。 善竜は幼い頃から武芸を好み、16歳の時に京の都に上り、薙刀術の大家である小野中務に師事しました。中務の指導のもと、善竜は薙刀術の奥義を極め、わずか2年で免許皆伝を受けました。 その後、善竜は故郷の讃岐に戻り、藩主の松平頼重に仕えました。頼重は善竜の武勇を高く評価し、彼を重臣に取り立てました。 善竜は、藩主の命により讃岐に天道流薙刀術を伝え、多くの弟子を育てました。その弟子たちの中には、後に江戸幕府の旗本となった者もおり、天道流薙刀術は全国に広まることとなりました。 善竜は、1686年(貞享3年)に82歳で亡くなりました。彼の墓は、香川県琴平町の箸蔵山にあり、現在でも多くの参拝者が訪れています。 箸蔵善竜は、天道流薙刀術の開祖として、また讃岐の名誉ある僧侶として、現在でも讃岐の人々に敬愛されています。
エンターテインメント

– 山口定雄

関西歌舞伎の女方から新派へ転向 山口定雄は、明治18年(1885年)に京都市に生まれた関西歌舞伎の女方です。幼少期より舞台に立ち、数々の名作に出演し、人気を集めました。しかし、大正12年(1923年)に発生した関東大震災により、関西歌舞伎界は壊滅的な打撃を受けます。山口定雄もまた、この震災を機に、新派へと転向することになりました。 新派とは、明治時代に生まれ、庶民の生活や恋愛、社会問題などを題材にした演劇です。関西歌舞伎とは異なり、写実的な演技が特徴です。山口定雄は、新派に転向後、数多くの作品に出演し、人気を博しました。その代表作には、『婦系図』、『不如帰』、『残菊物語』などがあります。 山口定雄は、昭和20年(1945年)に60歳で亡くなりました。その死は、新派界に大きな衝撃を与えました。山口定雄は、関西歌舞伎の女方として、また、新派の俳優として、大きな功績を残した人物です。 山口定雄の生涯は、日本の演劇史において、重要な位置を占めています。彼の残した作品は、現在もなお、多くの人々に愛され続けています。
歴史上の偉人

「任賢」- 平安後期-鎌倉時代の僧

-石清水八幡宮寺の三綱として活躍- 任賢は、平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した僧である。醍醐寺・石清水八幡宮寺の三綱を歴任し、また、歌人として『続拾遺和歌集』に八首が入集している。 任賢は、美濃国(現在の岐阜県)出身で、俗名は平俊明。幼い頃から仏教に帰依し、13歳のときに醍醐寺に入山した。18歳のときに受戒し、法名を任賢と改めた。その後、法橋・法眼・法印と昇進し、醍醐寺の三綱である執事・別当を歴任した。 また、任賢は、石清水八幡宮寺の三綱である別当・権別当も歴任している。石清水八幡宮寺は、京都府八幡市にある神社で、八幡神を祀る。任賢は、石清水八幡宮寺の三綱として、寺務を統理し、また、八幡神の信仰を広めることに尽力した。 任賢は、歌人としても知られ、『続拾遺和歌集』に八首が入集している。任賢の歌は、優美で情感豊かである。 任賢は、平安後期から鎌倉時代にかけて、醍醐寺・石清水八幡宮寺の三綱として活躍した僧であり、また、歌人としても知られている。
歴史上の偉人

細川義春という武将について

-# 細川義春の生涯 細川義春は、戦国時代の武将で、細川京兆家の当主。摂津国守護、河内国守護、山城国守護、丹波国守護を歴任した。 1534年、細川晴元の長男として誕生。1553年、父・晴元が三好長慶に敗れて京から追放されると、義春は家督を相続した。しかし、長慶の勢力は強く、義春は京に帰還することができなかった。 1560年、長慶が死去すると、義春は京に帰還した。しかし、今度は三好三人衆の勢力が強く、義春は再び京を追放された。 1568年、織田信長の支援を受けて、義春は三好三人衆を破り、京に帰還した。しかし、信長の勢力が強くなり、義春は信長の臣下となった。 1573年、信長が足利義昭を廃位すると、義春は信長に反旗を翻した。しかし、信長の軍勢に敗れて、義春は自殺した。 義春は、戦国時代の動乱の中で、細川京兆家を存続させるために奮闘したが、信長の勢力に屈して、悲劇的な最期を迎えた。
歴史上の偉人

天日鷲神とその伝説

天日鷲神の誕生と家系 天日鷲神は、日本神話に登場する神の一柱である。タカの羽衣をまとっており、その姿は勇壮かつ美しいとされる。天日鷲神は、太陽神である天照大御神と風神である建速須佐之男命との間に生まれた神である。天日鷲神には、兄に天之忍穂耳命、妹に天照大御神がいる。 天日鷲神は、建速須佐之男命が天照大御神の岩屋隠れに怒って乱暴狼藉を働いた際に、天照大御神を慰撫するために生まれた神であるとされる。天日鷲神は、天照大御神の岩屋隠れを解くために、八百万の神々と協力して、建速須佐之男命に罪を償わせた。また、天日鷲神は、天照大御神の命を受けて、地上に降り立ち、出雲国を平定した。 天日鷲神は、出雲国を平定した後、出雲国の王となった。天日鷲神は、出雲国を治め、人々に農耕や漁業を教え、出雲国を繁栄させた。天日鷲神は、出雲国の王として、人々に敬愛され、その功績は今もなお語り継がれている。 天日鷲神は、出雲国を平定した後、天照大御神の命を受けて、地上を巡り、人々に神道の教えを説いた。天日鷲神は、人々に神道を通して、正しい生き方や道徳を教え、人々を導いた。天日鷲神は、神道の祖神として、人々に敬愛され、その功績は今もなお語り継がれている。
作家

– 大高坂維佐子

大高坂維佐子のプロフィール 大高坂維佐子(おおこうさか・まさこ)は、日本の女性起業家、実業家。株式会社Be Goodカンパニーの取締役社長兼CEO。 1977年、福岡県生まれ。2001年、早稲田大学在学中に起業。当初は、情報サービス業を展開していたが、2003年にBe Goodカンパニーを設立。同社は、エシカルファッションブランド「Be Good」を展開しており、サステナブルなファッションを推進している。 大高坂氏は、2018年に「世界を変える10人のソーシャル起業家」に選出された。2019年には、日本経済新聞が選ぶ「女性の起業家100人」に選出された。 同氏はその情熱的なリーダーシップと、持続可能なファッションに対する深い commitment(全投入)で賞賛されている。彼女は地元のコミュニティでボランティアに関わり、多くの賞を受賞している。 大高坂氏は、エシカルファッションの重要性について、次のように語っている。 「ファッション業界は、環境に大きな影響を与えています。しかし、私たちは、ファッションを楽しみながら、環境を守ることもできます。エシカルファッションは、そのための手段です。」 大高坂氏は、今後もエシカルファッションの普及に努め、持続可能な社会の実現を目指すとしている。
研究者

「畑鶴山」

-畑鶴山の生涯- 畑鶴山は、1879年(明治12年)に高知県に生まれた。本名は畑鶴太郎。 1906年(明治39年)に早稲田大学に入学し、政治経済学部で学ぶ。在学中は、学生運動に身を投じ、1910年(明治43年)に早稲田大学学生同盟の委員長に就任。 1912年(大正元年)に早稲田大学を卒業後、政治ジャーナリストとして活動を開始。1915年(大正4年)に、新聞「畑鶴山日報」を創刊。 1920年(大正9年)に、第14回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。以後、当選7回。 1932年(昭和7年)に、犬養内閣の文部大臣に就任。 1940年(昭和15年)に、第2次近衛内閣の厚生大臣に就任。 1945年(昭和20年)に、終戦に伴い、厚生大臣を辞任。 1946年(昭和21年)に、公職追放となる。 1951年(昭和26年)に、公職追放を解除され、政界に復帰。 1952年(昭和27年)に、第25回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1953年(昭和28年)に、鳩山内閣の文部大臣に就任。 1954年(昭和29年)に、文部大臣を辞任。 1955年(昭和30年)に、第27回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、落選。 1958年(昭和33年)に、第28回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1960年(昭和35年)に、第29回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1963年(昭和38年)に、第30回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1966年(昭和41年)に、第31回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1969年(昭和44年)に、第32回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1972年(昭和47年)に、第33回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、落選。 1976年(昭和51年)に、第34回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1979年(昭和54年)に、第35回衆議院議員総選挙に高知県第1区から立候補し、当選。 1980年(昭和55年)に、脳梗塞のため死去。享年102。
歴史上の偉人

「安宅頼藤」

# -安宅頼藤(あんたくよりふじ)- - 生没年不詳 安宅頼藤の生没年は不詳である。平安時代末期から鎌倉時代初期の武将であり、源頼朝の御家人として活躍した。 甲斐源氏の祖である源頼基の三男として誕生する。弟に安田義定などがいる。 治承4年(1180年)に頼朝が挙兵すると、頼藤はこれに従い、富士川の戦い、石橋山の戦い、一の谷の戦いなどの合戦で活躍した。 頼朝の死後は、頼家の家臣として仕え、建久4年(1193年)には、源頼家の代理として、鎌倉に滞在して政務を総覧した。 その後、頼家の失脚後は、北条氏に仕え、建保6年(1218年)には、和田合戦で北条氏を助けて、和田義盛を討った。 頼藤は、承久の乱にも参加し、北条泰時の指揮下で、承久2年(1222年)に六波羅探題軍を破って、京都に入城した。 頼藤の死没年は不詳であるが、承久3年(1223年)の時点で、すでに亡くなっていたとみられる。 頼藤は、頼朝、頼家、北条氏に仕えた名将であり、鎌倉幕府の成立と発展に貢献した。
歴史上の偉人

戦国・織豊時代の武将 大西覚養

大西覚養は、戦国・織豊時代の武将です。 幼名を覚兵衛といい、大西左近頼慶の子として生まれました。家柄は、近江国大西氏です。大西氏は、近江国の戦国大名である六角氏の家臣でした。 覚養は、若い頃から武勇に優れ、六角氏の重臣として活躍しました。1570年(元亀元年)、織田信長が近江に侵攻すると、覚養は六角氏に味方して織田軍と戦いました。しかし、六角氏は織田軍に敗北し、覚養は織田信長の家臣となりました。 覚養は、織田信長に仕えて、各地を転戦しました。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が亡くなると、覚養は豊臣秀吉に仕えました。豊臣秀吉は、覚養の武勇を高く評価し、重用しました。 覚養は、豊臣秀吉の朝鮮出兵に従軍し、多くの功績を挙げました。慶長3年(1598年)、豊臣秀吉が亡くなると、覚養は豊臣秀頼に仕えました。しかし、1600年(慶長5年)、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、覚養は豊臣秀頼と別れて近江に帰郷しました。 覚養は、1615年(元和元年)、大坂夏の陣で豊臣秀頼に味方して徳川家康と戦いましたが、豊臣軍は敗北しました。覚養は、戦後に捕らえられ、処刑されました。 覚養は、武勇に優れ、豊臣秀吉に重用された武将です。しかし、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、豊臣秀頼と別れて近江に帰郷しました。そして、大坂夏の陣で豊臣秀頼に味方して徳川家康と戦いましたが、豊臣軍は敗北し、覚養は処刑されました。
歴史上の偉人

山口市左衛門と藍作税の一揆

-江戸時代の農民- 江戸時代は、日本史上の封建社会の最後の時代で、1603年から1868年まで続きました。江戸時代には、農民が人口の約80%を占めており、生活は厳しく、納税などの負担が重くのしかかっていました。 -農民の生活- 農民の生活は、米作りを中心とした農業によって営まれていました。米は、江戸時代を通じて安定した価格で流通しており、農民の主要な収入源となっていました。しかし、米作りは天候に左右されるため、豊作と凶作を繰り返すことも多く、農民の生活は不安定でした。 また、農民は領主に年貢を納めなければなりませんでした。年貢は、米や麦、大豆などの農産物を領主に納めるもので、その額は領主によってまちまちでした。年貢は、農民の生活を圧迫し、一揆などの農民反乱が起こる原因の一つとなっていました。 -藍作税の一揆- 藍作税の一揆は、1718年に山口市左衛門が中心となって起こした一揆です。藍作税とは、藍の栽培に課せられる税金で、その額は非常に重く、農民の負担となっていました。 山口市左衛門は、藍作税の減免を求めて一揆を起こしましたが、幕府軍によって鎮圧されました。しかし、この一揆は、藍作税の軽減につながり、農民の生活が改善されるきっかけとなりました。 -藍作税の一揆の意義- 藍作税の一揆は、幕府による農民支配に反抗した農民の気概を示す一揆として知られています。また、この一揆は、農民の生活改善につながり、江戸時代における農民の地位向上に貢献しました。
歴史上の偉人

海岸了義 – 臨済宗僧侶

-大徳寺宗峰妙超の弟子- 海岸了義は、大徳寺宗峰妙超の弟子である。了義は、1272年に播磨国に生まれ、18歳のときに大徳寺に剃髪した。その後、宗峰妙超に師事し、禅を学んだ。1308年に宗峰妙超が亡くなると、了義は後を継いで大徳寺の住持となった。 了義は、宗峰妙超の禅を忠実に継承し、大徳寺を臨済宗の有力な寺院に育て上げた。また、多くの弟子を育て、臨済宗の普及に努めた。了義の弟子の中には、夢窓疎石、一休宗純、宗峰妙超といった、のちに臨済宗を代表する高僧となった人物もいる。 了義は、1346年に75歳で亡くなった。了義の死後、大徳寺は京都五山の筆頭寺院となり、臨済宗の中心寺院として栄えた。 -了義の禅の特徴- 了義の禅は、宗峰妙超の禅を忠実に継承したものである。宗峰妙超の禅は、臨済禅の正統であり、坐禅と公案を重視する禅である。了義もまた、坐禅と公案を重視し、弟子たちに厳しい修行を課した。 了義の禅の特徴の一つは、公案の重視である。公案とは、禅の修行において使われる難解な問答のことである。公案は、修行者の思考を混乱させることで、悟りに導くことを目的としている。了義は、公案を修行者に与えて、修行者の悟りを促した。 了義の禅の特徴のもう一つは、坐禅の重視である。坐禅とは、座って瞑想することである。坐禅は、心を落ち着かせ、雑念を払うことを目的としている。了義は、弟子たちに坐禅を課して、心を落ち着かせ、悟りに導いた。 了義の禅は、宗峰妙超の禅を忠実に継承したものであり、公案と坐禅を重視する禅であった。了義の禅は、多くの弟子を育て、臨済宗の普及に努めた。
研究者

「喜田貞吉」解説

- 喜田貞吉の生涯 喜田貞吉は、1864年に兵庫県姫路市に生まれた。1887年に東京帝国大学法科大学を卒業後、司法省に入省。その後、判事、裁判所長官などを歴任し、1924年に司法大臣に就任した。 喜田貞吉は、司法大臣在任中に、司法制度の改革に取り組んだ。裁判所の改革、刑事訴訟法の改正、民法の制定など、多くの重要な改革を実施した。また、司法の独立を重視し、司法権の強化に努めた。 喜田貞吉は、司法大臣退任後の1929年に貴族院議員に勅選され、1936年に枢密顧問官に任命された。1937年に死去した。 喜田貞吉は、日本の司法制度の近代化に貢献した人物である。司法の独立を重視し、司法権の強化に努めた。また、裁判所の改革、刑事訴訟法の改正、民法の制定など、多くの重要な改革を実施した。喜田貞吉の業績は、日本の司法制度の発展に大きな影響を与えた。
研究者

荒井鳴門 – 江戸時代後期の儒者

-荒井鳴門の生涯- 荒井鳴門は、江戸時代後期の儒学者です。1764年、播磨国姫路に生まれました。鳴門の祖先は、備中川上郡から姫路に移住した武士でした。鳴門の父は、医師であり、鳴門も医術を学びました。しかし、鳴門は医術よりも儒学に興味を持ち、1800年に江戸に出て、儒学者である佐藤一斎の門下生となりました。 鳴門は、一斎の門下で儒学を学び、佐藤春夫や佐藤信淵らと交流しました。1824年、鳴門は江戸を離れ、播磨国に戻りました。鳴門は、姫路藩の藩医を務めながら、儒学の研究と著作に励みました。鳴門の主な著作としては、『春秋通義』『礼記通義』『周易通義』などがあります。 鳴門は、1844年に姫路藩の藩校である好古堂の教授となりました。鳴門は、好古堂で儒学を教え、多くの弟子を育てました。鳴門の弟子の中には、幕末の志士である山県有朋や伊藤博文もいました。 鳴門は、1849年に姫路で死去しました。享年86。鳴門の墓は、姫路市の広峰山にあります。
歴史上の偉人

「雷典事」大江孝文 – 名君に愛され、人々に慕われた明治時代の官吏

大江孝文の生涯と功績 大江孝文は、明治時代の官吏であり、内務官僚として数々の功績を残した人物です。1843年、薩摩藩に生まれ、幼い頃から漢学や洋学を学びました。1869年に明治政府に出仕し、内務省の官吏となりました。その後、県知事や内務次官などを歴任し、1898年には内務大臣に就任しました。 大江孝文の功績の一つは、地方自治制度の確立です。1888年、大江孝文は「町村制」と「府県制」を制定しました。これにより、日本に近代的な地方自治制度が導入され、地方の民主化が進展しました。 また、大江孝文は社会事業にも力を入れました。1889年、大江孝文は「救貧規則」を制定し、貧困者の救済事業を開始しました。また、1891年には「社会政策学」を著し、社会問題の解決を訴えました。 大江孝文は、1903年に内務大臣を辞任し、1905年に死去しました。しかし、大江孝文の功績は今日でも高く評価されており、明治時代の偉大な政治家の一人とされています。
歴史上の偉人

– 耕隠智訓

耕隠智訓とは 耕隠智訓とは、江戸時代初期に成立した禅僧の隠居生活を説く書物です。明の隠元隆琦が、中国から渡来した際に持参したもので、日本では、黄檗宗の開祖として知られる隠元禅師によって広められました。 耕隠智訓は、耕、隠、智、訓の四つの字から成り立っています。耕は、農業や労働を意味し、隠は、隠遁生活や隠居を意味します。智は、智慧や知識を意味し、訓は、教訓や教えを意味します。耕隠智訓は、農業や労働に従事しながら、隠居生活を送り、智慧や知識を養い、人々に教訓や教えを説くことを説いた書物です。 耕隠智訓は、禅宗の思想を基に書かれており、無常観や因果応報の思想が強く反映されています。また、儒教や道教の思想も取り入れられており、孝行や仁義、清静無欲の大切さも説かれています。耕隠智訓は、禅宗の僧侶だけでなく、一般の人々にも広く読まれ、江戸時代の隠居生活や人生観に大きな影響を与えました。耕隠智訓は、現在でも禅宗の重要な経典のひとつとして、多くの禅僧や仏教徒に読まれています。
歴史上の偉人

小野成綱 – 平安時代末期から鎌倉時代初期の武将

-治承・寿永の乱での活躍- 小野成綱は、治承・寿永の乱において、源頼朝の麾下として参戦しました。この乱は、源氏と平氏の間で行われた武力衝突で、源氏が勝利を収めました。成綱は、この乱において、いくつかの重要な戦いで活躍しました。 まず、成綱は、治承4年(1180年)の富士川の戦いで活躍しました。この戦いで、成綱は、平氏軍を率いる平維盛を破りました。また、寿永2年(1183年)の壇ノ浦の戦いでは、源氏軍の総大将を務めました。この戦いで、成綱は、平氏軍を率いる平宗盛を破り、平氏を滅亡させました。 成綱は、治承・寿永の乱において、源氏の勝利に大きく貢献しました。また、成綱は、この功績によって、頼朝から所領を与えられ、武士として出世しました。成綱は、その後も頼朝の側近として仕え、鎌倉幕府の初期に活躍しました。