阿蘇大宮司

歴史上の人物

阿蘇惟郷 – 室町時代の武将と神職

阿蘇惟郷の生涯とその功績 阿蘇惟郷は、室町時代中期の武将であり、阿蘇神社の第18代神主でした。阿蘇氏の一族である菊池氏に生まれ、幼い頃に阿蘇神社に預けられて育ちました。 惟郷は、成長すると阿蘇神社の神主として、神社の運営や神事の執行を担いました。また、室町幕府にも仕えて、九州地方の治安維持に尽力しました。 惟郷の最も有名な功績は、応仁の乱の際に、西軍の総大将を務めたことです。応仁の乱は、室町幕府の将軍職を巡って、細川勝元と山名宗全が争った戦乱です。惟郷は、西軍として戦いましたが、最終的には敗北しました。 しかし、惟郷の功績は、応仁の乱に留まりません。惟郷は、阿蘇氏の勢力拡大にも貢献しました。惟郷は、阿蘇氏の本拠地である阿蘇谷だけでなく、周辺の地域にも勢力を伸ばし、阿蘇氏を九州でも有数の大名にしました。 また、惟郷は、阿蘇神社の復興にも尽力しました。応仁の乱の際には、阿蘇神社が焼失しましたが、惟郷は、神社を再建して、神事の復興に努めました。 阿蘇惟郷は、室町時代中期の武将であり、阿蘇神社の第18代神主でした。惟郷は、応仁の乱の際に、西軍の総大将を務めたことや、阿蘇氏の勢力拡大に貢献したこと、阿蘇神社の復興に尽力したことなどで知られています。
歴史上の人物

阿蘇惟将

阿蘇惟将の生涯 阿蘇惟将は、戦国時代に阿蘇氏第19代当主として活躍した人物である。阿蘇氏の居城であった阿蘇城は、肥後国(現・熊本県)の中央に位置する阿蘇山の麓にあり、九州屈指の名城として知られていた。 阿蘇惟将は、天文2年(1533年)に阿蘇惟豊の長男として生まれた。幼名は童丸丸といい、のちに惟将と名乗った。天文19年(1550年)に父が没すると、家督を継いで阿蘇氏の第19代当主となった。 阿蘇惟将は、勇猛な武将として知られ、数多くの合戦で勝利を収めた。永禄2年(1559年)には、島津氏の侵攻を迎え撃ってこれを撃退し、肥後の領土を守った。永禄5年(1562年)には、大友氏との合戦で勝利し、豊後国(現・大分県)の一部を領有した。 しかし、阿蘇惟将の勢力拡大は、隣国の肥後国主・相良長毎の警戒を招いた。相良長毎は、阿蘇惟将を討つために、島津氏と手を組み、永禄7年(1564年)に阿蘇氏の本拠地である阿蘇城を攻撃した。阿蘇惟将は、奮戦したが、多勢に無勢で、ついに城を明け渡して退却した。 阿蘇惟将は、阿蘇城を奪還するために、島津氏と相良氏と何度も戦ったが、敗北を続けた。天正6年(1578年)、阿蘇惟将は、薩摩国(現・鹿児島県)の島津義久に降伏した。阿蘇惟将は、島津氏の家臣となり、阿蘇氏の領地は島津氏の支配下に入った。 天正15年(1587年)、九州平定を終えた豊臣秀吉が、肥後国に侵攻した。島津氏は、豊臣秀吉の軍勢に敗北し、肥後国から撤退した。阿蘇惟将は、豊臣秀吉に降伏し、阿蘇氏の領地を安堵された。 阿蘇惟将は、慶長5年(1600年)に死去した。享年68歳であった。阿蘇惟将の死後、阿蘇氏は代々肥後の大名として存続したが、明治維新後に華族制度が廃止されると、阿蘇氏は平民となった。
歴史上の人物

阿蘇惟時 – 鎌倉・南北朝時代の肥後を代表する大宮司

阿蘇惟時の生涯 阿蘇惟時は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて肥後を代表した大宮司である。阿蘇惟直の子として誕生し、幼名は阿蘇惟隆であった。1293年に父が亡くなり、1300年に大宮司を継承した。 阿蘇惟時は、当初は鎌倉幕府に恭順していたが、足利尊氏の挙兵後は尊氏に味方した。1333年の鎌倉幕府滅亡後、肥後国守護となった尊氏の弟・足利直義に従った。直義が九州探題に任命されると、惟時はその下で肥後の統治を任された。 1336年、直義と尊氏が対立すると、惟時は直義に従った。しかし、1339年に直義が敗北すると、惟時は尊氏に降伏した。その後、惟時は尊氏の側近として活躍し、1349年に肥後国守護に任命された。 1352年、惟時は足利尊氏を奉じて上洛し、建武の新政に参加した。しかし、尊氏が九州に帰還すると、惟時も肥後に帰国した。その後、惟時は肥後の統治に専念し、1372年に死去した。 阿蘇惟時は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、肥後を代表した大宮司である。惟時は、鎌倉幕府に恭順し、足利尊氏に味方し、尊氏の側近として活躍した。また、肥後の統治に専念し、肥後の発展に貢献した。
歴史上の人物

「阿蘇惟直」(?-1336 南北朝時代の武将。)

-南北朝時代の武将「阿蘇惟直」- 阿蘇惟直は、南北朝時代の武将です。肥後国阿蘇氏の第10代当主であり、阿蘇家最後の当主でもあります。 惟直は、阿蘇家当主・阿蘇惟時の嫡男として生まれました。建武の新政の際には、後醍醐天皇に仕え、足利尊氏と戦いました。しかし、尊氏が九州に侵攻してくると、惟直は尊氏に降伏しました。 尊氏が九州を平定した後、惟直は阿蘇氏の当主として認められ、肥後国守護に任命されました。しかし、九州で足利氏と南朝方の勢力が争うようになると、惟直は南朝方に属しました。 惟直は、南朝方の武将として、足利氏と戦いました。しかし、足利氏の勢力が強くなるにつれて、惟直は劣勢となりました。そして、1336年、惟直は阿蘇氏の居城である阿蘇城を攻撃され、自害しました。 阿蘇惟直は、南朝方の忠臣として知られています。惟直の死後、阿蘇氏は滅亡しました。
歴史上の人物

阿蘇惟忠 – 室町時代の武将・神職

阿蘇惟忠の生涯 阿蘇惟忠は、室町時代の武将・神職です。阿蘇氏の第20代当主であり、肥後国(現在の熊本県)の守護大名でした。 阿蘇惟忠は、阿蘇惟時に子がなかったため、その養子として生まれました。生年月日は不明ですが、1393年に阿蘇氏を継承しています。阿蘇氏は代々肥後国の守護大名でしたが、惟忠の代には戦乱が絶えず、阿蘇氏もその渦中に巻き込まれていました。 1404年、惟忠は九州探題の渋川満頼に従って、薩摩国(現在の鹿児島県)の島津氏を討伐しました。その後、1411年には菊池武安と戦い、勝利しました。 1416年、惟忠は室町幕府の将軍足利義持に従って、上洛しました。上洛後は幕府の重臣として活躍し、1422年には管領の細川持之を討伐しました。 1423年、惟忠は肥後国に戻り、守護大名として統治を続けました。しかし、1426年に菊池武安の弟である菊池武重の謀反により、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡(現在の熊本県阿蘇市)を奪われました。 惟忠は阿蘇郡を奪還するため、菊池武重と戦いましたが、敗北しました。その後、惟忠は阿蘇氏の家臣である甲斐親直を頼って、甲斐国(現在の山梨県)に逃亡しました。 1431年、惟忠は甲斐親直と共に肥後国に戻り、菊池武重を打倒しました。惟忠は阿蘇郡を奪還し、阿蘇氏の当主として復帰しました。 惟忠は1446年に死去するまで、肥後国の守護大名として統治を続けました。惟忠の死後は、子の惟武が阿蘇氏を継承しました。 阿蘇惟忠は、戦乱の時代にあって、阿蘇氏を存続させた名将でした。また、惟忠は学問を好み、多くの書物を収集しました。惟忠の蔵書は「阿蘇文庫」と呼ばれ、現在も阿蘇神社に伝わっています。
歴史上の人物

織豊時代の武将、歌人 阿蘇惟賢

- 阿蘇惟賢の概要 阿蘇惟賢は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、歌人である。阿蘇氏の第19代当主であり、肥後国阿蘇郷(現在の熊本県阿蘇市)を領した。幼名は惟新。通称は右馬允。官位は従五位下肥後守。歌人としての号は閑酔軒。 阿蘇惟賢は、永禄11年(1568年)に阿蘇惟豊の嫡男として生まれた。天正6年(1578年)に父が死去すると、家督を継いで阿蘇氏の第19代当主となった。天正15年(1587年)に豊臣秀吉の九州平定に従い、肥後一国を安堵された。 文禄・慶長の役では、朝鮮に出兵し、蔚山城の戦いで活躍した。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍に属したが、戦後に改易された。その後、浪人となり、木下家定に仕えた。 慶長15年(1610年)、阿蘇惟賢は死去した。享年43。法名は閑酔院殿道皎閑雅大居士。 阿蘇惟賢は、武将としてだけでなく、歌人としても知られている。歌集に『閑酔軒和歌集』があり、その歌は『新古今和歌集』や『続古今和歌集』などに採録されている。 阿蘇惟賢は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、肥後国阿蘇郷を領した武将、歌人である。その武勇と文才は、後世の人々から称賛されている。
歴史上の人物

「阿蘇惟武」

-「阿蘇惟武」- -南北朝時代の武将-阿蘇惟武- 阿蘇惟武(あそこれたけ)は、南北朝時代の武将。阿蘇氏の祖、阿蘇惟直の子。肥後国守護。官位は従五位下・左京権大夫。 阿蘇惟武は、元亨3年(1323年)に阿蘇惟直の子として誕生しました。建武2年(1335年)には、阿蘇氏の家督を相続し、肥後国守護に任じられました。翌年の建武3年(1336年)には、足利尊氏に味方して、九州探題の渋川貞俊を討伐しました。 その後、阿蘇惟武は、南朝に降伏し、懐良親王を奉じて、九州各地を転戦しました。しかし、正平14年(1359年)に、菊池武光らとともに、足利尊氏に敗れ、降伏しました。降伏後は、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡に留まり、隠居しました。 阿蘇惟武は、建武2年(1335年)から正平14年(1359年)まで、阿蘇氏を率いて、南北朝の内乱を戦いました。また、阿蘇惟武は、阿蘇氏の本拠地である阿蘇郡の開発に努め、阿蘇氏の勢力を拡大しました。阿蘇惟武は、南北朝時代の九州を代表する武将の1人であり、阿蘇氏の繁栄の基礎を築いた人物です。 阿蘇惟武は、正平23年/延文元年(1358年)に66歳で亡くなりました。
歴史上の人物

阿蘇惟澄 – 南北朝時代の武将

-# 阿蘇惟澄の生涯 阿蘇惟澄(1306-1374)は、南北朝時代の武将で、肥後国の守護大名であった。阿蘇氏の第17代当主であり、阿蘇惟直の嫡男である。 惟澄は、建武2年(1335年)に元服し、肥後守護に任じられた。建武4年(1337年)には、九州探題の北畠顕家とともに、菊池武敏の乱を平定した。正平2年(1347年)、醍醐天皇の皇子である懐良親王が九州に下向すると、惟澄は親王を奉じて、九州各地で転戦した。 正平11年(1356年)、惟澄は、足利尊氏軍と戦って敗れ、肥後国を逐われた。しかし、尊氏が没したあとの康安元年(1361年)に肥後国に復帰した。 惟澄は、正平23年(1368年)に、足利義満が征夷大将軍に任じられると、義満に臣従した。応安2年(1369年)には、薩摩国の島津氏と戦って勝利した。 惟澄は、応安7年(1374年)に、59歳で没した。子の阿蘇惟世が家督を継いだ。 惟澄は、南北朝時代の九州において、懐良親王を奉じて、足利尊氏軍と戦った名将として知られている。また、阿蘇氏の勢力拡大に努め、肥後国の安定に貢献した。