阿蘇惟豊

歴史上の人物

菊池武包 – 戦国時代の武将

-菊池武包の生涯- 菊池武包は、戦国時代の武将です。肥後国(現在の熊本県)の戦国大名である菊池氏の第24代当主を務めました。 菊池武包は、1500年頃に肥後国菊池郡で生まれました。父は菊池政隆、母は不明です。幼名は八千代丸。1516年に父が亡くなり、17歳で家督を継ぎました。 菊池武包は、家督を継いだ当初は、肥後国の有力豪族である阿蘇氏や相良氏と争っていました。しかし、1524年に阿蘇氏と和睦し、1528年には相良氏と和睦しました。 菊池武包は、和睦した後、肥後国の統一を目指しました。1532年に、肥後国南部の大友義鑑を破り、肥後国の統一を達成しました。 菊池武包は、肥後国の統一を達成した後、1534年に阿蘇氏と再び争い、阿蘇惟歳を破りました。1536年には、相良氏と再び争い、相良長唯を破りました。 菊池武包は、肥後国の統一を達成した後、1544年に死去しました。享年45歳。死後、家督は嫡男の菊池義武が継ぎました。 菊池武包は、肥後国の戦国大名として、肥後国の統一を達成し、肥後国の発展に貢献しました。
歴史上の人物

阿蘇惟光(1582-1593 織豊時代の武将)

-肥後国阿蘇大宮司- 阿蘇惟光は、肥後国阿蘇大宮司を務めた武将です。1582年に生まれ、1593年に亡くなりました。 阿蘇惟光は、阿蘇氏の一族である阿蘇惟豊の子として生まれました。1588年に父が亡くなり、17歳で阿蘇大宮司を継承しました。 阿蘇惟光は、豊臣秀吉の九州平定に協力しました。1592年には、秀吉の朝鮮出兵に従軍し、釜山城の攻撃に参加しました。 しかし、1593年に阿蘇惟光は、豊臣秀吉の命令で改易されてしまいました。改易の理由は、阿蘇惟光が秀吉の命令に背いて、朝鮮出兵に参加しなかったためとされています。 阿蘇惟光は、改易された後、肥後国を離れて京都に上りました。そして、1593年に京都で亡くなりました。享年22歳でした。 阿蘇惟光は、肥後国阿蘇氏の最後の当主です。阿蘇氏の歴史は、1200年以上続いていましたが、阿蘇惟光の死とともに終わりを告げました。
歴史上の人物

阿蘇惟将

阿蘇惟将の生涯 阿蘇惟将は、戦国時代に阿蘇氏第19代当主として活躍した人物である。阿蘇氏の居城であった阿蘇城は、肥後国(現・熊本県)の中央に位置する阿蘇山の麓にあり、九州屈指の名城として知られていた。 阿蘇惟将は、天文2年(1533年)に阿蘇惟豊の長男として生まれた。幼名は童丸丸といい、のちに惟将と名乗った。天文19年(1550年)に父が没すると、家督を継いで阿蘇氏の第19代当主となった。 阿蘇惟将は、勇猛な武将として知られ、数多くの合戦で勝利を収めた。永禄2年(1559年)には、島津氏の侵攻を迎え撃ってこれを撃退し、肥後の領土を守った。永禄5年(1562年)には、大友氏との合戦で勝利し、豊後国(現・大分県)の一部を領有した。 しかし、阿蘇惟将の勢力拡大は、隣国の肥後国主・相良長毎の警戒を招いた。相良長毎は、阿蘇惟将を討つために、島津氏と手を組み、永禄7年(1564年)に阿蘇氏の本拠地である阿蘇城を攻撃した。阿蘇惟将は、奮戦したが、多勢に無勢で、ついに城を明け渡して退却した。 阿蘇惟将は、阿蘇城を奪還するために、島津氏と相良氏と何度も戦ったが、敗北を続けた。天正6年(1578年)、阿蘇惟将は、薩摩国(現・鹿児島県)の島津義久に降伏した。阿蘇惟将は、島津氏の家臣となり、阿蘇氏の領地は島津氏の支配下に入った。 天正15年(1587年)、九州平定を終えた豊臣秀吉が、肥後国に侵攻した。島津氏は、豊臣秀吉の軍勢に敗北し、肥後国から撤退した。阿蘇惟将は、豊臣秀吉に降伏し、阿蘇氏の領地を安堵された。 阿蘇惟将は、慶長5年(1600年)に死去した。享年68歳であった。阿蘇惟将の死後、阿蘇氏は代々肥後の大名として存続したが、明治維新後に華族制度が廃止されると、阿蘇氏は平民となった。