陸奥下村藩

歴史上の偉人

田沼意信-江戸時代後期の大名

-人名辞典-「田沼意信」の生涯- -生い立ちと家系- 田沼意信は、1719年(享保4年)10月20日に江戸で生まれた。父は、田沼意行。母は、大久保常春の長女。田沼氏は、相模国出身の旧家であり、江戸時代には代々旗本として仕えていた。 -幕府に出仕- 意信は、1732年(享保17年)に14歳で幕府に出仕した。最初は、小姓組として勤務した。その後、勘定奉行、若年寄、老中などを歴任し、1781年(安永10年)に老中首座となった。 -田沼時代- 意信は、幕府の重臣として活躍した。彼は、重商主義政策を推進し、殖産興業に力を注いだ。また、外交にも積極的で、ロシアとの国境交渉を行い、蝦夷地(北海道)を幕府の直轄領とした。 -失脚と死- しかし、意信の政策は、一部の武士や商人から反発を招いた。1786年(天明6年)、意信は失脚し、白河藩に蟄居を命じられた。1788年(天明8年)に白河藩で死去した。享年70歳。 -評価- 意信は、江戸時代後期に活躍した政治家である。彼は、重商主義政策を推進し、殖産興業に力を注いだ。また、外交にも積極的で、蝦夷地(北海道)を幕府の直轄領とした。しかし、彼の政策は、一部の武士や商人から反発を招き、失脚した。