陸軍少将

歴史上の人物

竹内赳夫(たけうち たけお)

竹内赳夫の生い立ちと軍人としての経歴 竹内赳夫は、1902年(明治35年)に岡山県岡山市で生まれた。父は警察官、母は農家の出身で、赳夫は8人兄弟の末っ子であった。赳夫は幼い頃から成績優秀で、岡山師範学校を首席で卒業した後、陸軍士官学校に入学した。陸軍士官学校を卒業後は、歩兵第28連隊に配属され、日中戦争や太平洋戦争に出征した。太平洋戦争では、ビルマ方面で戦い、終戦時には少佐の階級であった。 竹内赳夫は、戦争中は主に歩兵として戦った。ビルマ方面では、イギリス軍やインド軍と交戦し、激戦を繰り広げた。竹内赳夫は、その勇敢さと指揮能力を認められ、数多くの勲章を授与された。しかし、戦時中には部下を多く失い、また自身も負傷した。 竹内赳夫は、終戦後は軍を退役し、岡山県に戻った。その後、岡山県議会議員や衆議院議員を務め、政治家として活躍した。竹内赳夫は、1970年(昭和45年)に死去した。
歴史上の人物

原田一道

原田一道について 原田一道は、1952年4月24日に兵庫県尼崎市に生まれた日本の漫画家です。尼崎市立築地南小学校、尼崎市立清和中学校、兵庫県立尼崎北高等学校を卒業後、大阪芸術大学芸術学部文芸学科国文学専攻に入学しました。1974年に卒業後は、フリーライター、編集者を務めた後、1977年に『ガロ』に「悪の華」を発表して漫画家デビューしました。 原田一道の作風は、人間の心の闇や社会の矛盾を鋭くえぐり出すハードボイルドタッチの作品が多く、その作風から「漫画界の鬼才」とも呼ばれています。代表作には、「悪の華」、「THE MANZANAR FILE」、「綺羅星倶楽部」、「アイアン・マウンテン」などがあります。 原田一道は、1993年に紫綬褒章を受章し、2003年には第16回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞するなど、その功績が認められています。2016年に64歳で亡くなるまで、精力的に漫画を描き続け、その作品は国内外で高く評価されています。 原田一道は、ハードボイルドタッチの作品が多く、人間の心の闇や社会の矛盾を鋭くえぐり出す作風で知られる漫画家です。その功績は、紫綬褒章や手塚治虫文化賞マンガ大賞などの受賞歴からも明らかであり、その作品は国内外で高く評価されています。
歴史上の人物

今田新太郎とは?大正-昭和時代前期の軍人のご紹介

-今田新太郎とは- 今田新太郎(いまだ しんたろう)は、大正時代から昭和時代前期の軍人。階級は陸軍中将。 1874年(明治7年)8月30日、熊本県八代郡鏡町(現在の八代市鏡町)に生まれる。1895年(明治28年)11月、陸軍士官学校を卒業し、歩兵第47連隊に少尉として任官する。1904年(明治37年)の日露戦争では、歩兵第47連隊中隊長として出征し、遼陽会戦、沙河会戦、奉天会戦に参加した。1912年(明治45年)11月、陸軍大学校を卒業し、参謀本部員に任命される。1918年(大正7年)7月、歩兵第36連隊長に就任した。 1923年(大正12年)8月、陸軍少将に昇進し、歩兵第14旅団長に就任する。1926年(大正15年)12月、陸軍第14師団長に就任した。1930年(昭和5年)8月、陸軍中将に昇進し、第5師団長に就任する。1932年(昭和7年)8月、陸軍教育総監に就任した。1934年(昭和9年)8月、予備役に編入された。 1945年(昭和20年)8月、死去。享年71歳。
歴史上の人物

児玉徳太郎→ 明治時代の軍人

児玉徳太郎の生い立ちと経歴 児玉徳太郎は、1852年(嘉永5年)に、熊本県熊本市に生まれた。父は熊本藩士の児玉清兵衛、母はタツ。徳太郎は、幼い頃から武術に秀で、剣術、槍術、弓術を学んだ。1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発すると、徳太郎は熊本藩の軍に加わり、会津藩と戦った。 戊辰戦争後、徳太郎は、陸軍省に出仕し、陸軍士官学校に入学した。1871年(明治4年)に陸軍士官学校を卒業すると、陸軍少尉に任官された。1874年(明治7年)、西南戦争が勃発すると、徳太郎は、政府軍に加わり、薩摩藩と戦った。西南戦争後、徳太郎は、陸軍大尉に昇進し、陸軍省参謀本部に出仕した。 1881年(明治14年)、徳太郎は、ドイツに留学し、軍事学を学んだ。1884年(明治17年)に帰国すると、陸軍少佐に昇進し、陸軍参謀本部第2部長に就任した。1886年(明治19年)、徳太郎は、陸軍大佐に昇進し、歩兵第1旅団長に就任した。 1894年(明治27年)、日清戦争が勃発すると、徳太郎は、第1軍第1師団長として、清国軍と戦った。日清戦争後、徳太郎は、陸軍少将に昇進し、台湾総督に就任した。1898年(明治31年)、徳太郎は、陸軍中将に昇進し、第4軍司令官に就任した。 1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、徳太郎は、第2軍司令官として、ロシア軍と戦った。日露戦争後、徳太郎は、陸軍大将に昇進し、東京衛戍総督に就任した。1906年(明治39年)、徳太郎は、陸軍大臣に就任した。1911年(明治44年)、徳太郎は、陸軍元帥に任命された。1917年(大正6年)、徳太郎は、東京で死去した。
歴史上の人物

鍋島直明→ 生涯と功績

- 鍋島直明の生い立ちと軍歴 鍋島直明は、1844年(天保15年)に、佐賀藩主・鍋島斉正の長男として生まれました。 幼少期より、藩校・弘道館で儒学や武術を学び、1865年(慶応元年)には、藩主を継いで第11代佐賀藩主となりました。 藩主就任後、直明は、藩政改革に取り組み、富国強兵政策を推進しました。 また、長州藩などの尊王攘夷派と連携して、倒幕運動に参加しました。 1868年(明治元年)の戊辰戦争では、官軍として各地を転戦し、東北地方や北陸地方の平定に貢献しました。 戊辰戦争後、直明は、明治政府に仕え、陸軍卿などを歴任しました。 1883年(明治16年)には、伯爵に叙せられました。 直明は、1890年(明治23年)に、47歳で亡くなりました。
歴史上の人物

– 福原豊功

福原豊功の生い立ちと経歴 福原豊功は、1949年12月31日に大阪府大阪市で生まれました。大阪府立天王寺高等学校を卒業後、大阪大学工学部機械工学科に進学します。大阪大学卒業後は、1972年に三菱重工業に入社しました。 三菱重工業では、主に原子力発電プラントの設計や建設を担当しました。1989年のチェルノブイリ原子力発電所事故をきっかけに、原子力発電プラントの安全性が問われるようになりました。福原豊功は、原子力発電プラントの安全性を向上させるために、様々な研究開発に取り組みました。 1997年に三菱重工業を退職し、大阪大学工学部機械工学科の教授に就任しました。大阪大学では、原子力発電プラントの安全性を向上させるための研究を続けました。2005年からは、原子力安全委員会の委員長を務めました。 2011年に東日本大震災が発生し、福島第一原子力発電所が事故を起こしました。福原豊功は、原子力安全委員会の委員長として、福島第一原子力発電所の事故収束に尽力しました。 2012年に原子力安全委員会の委員長を退任しました。その後は、大阪大学名誉教授として、原子力発電プラントの安全性を向上させるための研究を続けました。2020年3月に永眠しました。 福原豊功は、原子力発電プラントの安全性を向上させるために、生涯を捧げた偉大な人物でした。その功績は、これからも語り継がれることでしょう。
歴史上の人物

幕末の動乱を駆け抜けた士族の足跡 – 桐野利秋

-示現流の達人であり,人斬り半次郎として名を残す- 桐野利秋は、幕末の動乱期に活躍した薩摩藩の武士である。示現流の達人であり、その武勇は「人斬り半次郎」の異名で知られている。 桐野利秋は、安政3年(1856年)、薩摩藩士・桐野利右衛門の長男として生まれる。幼い頃から武術に秀でており、18歳の時に示現流の免許皆伝を受ける。その後、薩摩藩の軍隊である精忠組に加わり、戊辰戦争では各地を転戦して功績を上げた。 戊辰戦争後、桐野利秋は薩摩藩の若手改革派のリーダーとして活躍する。西郷隆盛や大久保利通らとともに、薩摩藩の近代化を進め、薩長同盟の締結にも尽力した。 しかし、明治10年(1877年)に西南戦争が勃発すると、桐野利秋は西郷隆盛の率いる薩軍に加わり、政府軍と戦う。しかし、薩軍は敗北し、桐野利秋は政府軍に捕らえられて処刑された。 桐野利秋は、示現流の達人であり、その武勇は「人斬り半次郎」の異名で知られている。また、薩摩藩の近代化に尽力し、西南戦争では西郷隆盛とともに政府軍と戦った。その生涯は、幕末の動乱期を駆け抜けた士族の足跡である。
歴史上の人物

「大竹沢治」(1875-1923)

-大竹沢治の生い立ち- 大竹沢治は、1875年(明治8年)1月6日に、長野県南安曇郡豊科町(現・安曇野市)に生まれた。父は、大竹沢武助、母は、キエ。武助は、豊科町の庄屋を務め、キエは、安曇野の地主の娘だった。沢治は、4人兄弟の長男として育った。 沢治は、幼い頃から頭が良く、また身体も強健だった。6歳の時には、地元の小学校に入学し、首席で卒業した。その後、松本中学校(現・長野県松本深志高等学校)に進学した。松本中学校では、成績優秀で、また弁論部や野球部に所属して活躍した。 松本中学校を卒業後、沢治は、東京帝国大学(現・東京大学)法学部に入学した。東京帝国大学では、法律を専攻し、首席で卒業した。卒業後、沢治は、司法官僚となり、裁判官として勤務した。 1907年(明治40年)、沢治は、裁判官を辞職して、弁護士を開業した。弁護士として、沢治は、数多くの事件を手がけ、その手腕を高く評価された。1912年(大正元年)、沢治は、第31回衆議院議員総選挙に立候補し、当選した。衆議院議員として、沢治は、司法制度の改革や社会問題の解決に尽力した。 1923年(大正12年)、沢治は、東京で死去した。享年48歳。沢治の死は、政界、法曹界、そして安曇野地方に大きな衝撃を与えた。
歴史上の人物

細野辰雄とは?明治-大正時代の軍人について

-細野辰雄の生い立ちと軍歴- 細野辰雄は、1863年に熊本県で生まれた。幼い頃から軍事に興味を持ち、1884年に陸軍士官学校を卒業した。卒業後は、日清戦争や日露戦争に従軍し、功績を挙げた。 1907年、細野は陸軍少将に昇進し、歩兵第18連隊長に任命された。1914年、第一次世界大戦が勃発すると、細野は第18師団長として出征した。細野は、シベリア出兵や満州事変にも従軍し、1932年に陸軍大将に昇進した。 1934年、細野は陸軍大臣に就任した。細野は、軍の近代化を推進し、日中戦争の拡大に貢献した。しかし、1939年に病気のため陸軍大臣を辞任した。 細野は、1945年に死去した。細野は、明治-大正時代の軍人として、日本の近代化に貢献した人物であった。
歴史上の人物

加藤建夫-昭和の軍人

「加藤建夫-昭和の軍人」 - 加藤建夫の生涯 - 加藤建夫は、1890年(明治23年)7月26日に東京府で生まれた。父は陸軍中将の加藤寛治、母は加藤清子。弟に、後に陸軍大将となる加藤陽次がいる。 1904年(明治37年)、加藤建夫は陸軍士官学校に入学。1906年(明治39年)に卒業し、陸軍少尉任官。1910年(明治43年)に陸軍大学校に入学し、1912年(大正元年)に卒業。 1914年(大正3年)、加藤建夫は陸軍中佐に昇進し、欧州に出張する。1916年(大正5年)に帰国し、陸軍省軍務局に勤務。1918年(大正7年)に陸軍大佐に昇進し、参謀本部第二部長に就任する。 1920年(大正9年)、加藤建夫は陸軍少将に昇進し、第1師団司令部附となる。1921年(大正10年)に近衛師団司令部附となり、1922年(大正11年)に陸軍中将に昇進。1923年(大正12年)に第1軍司令官に就任する。 1925年(大正14年)、加藤建夫は陸軍大将に昇進し、軍令部総長に就任する。1927年(昭和2年)に参謀総長に就任し、1929年(昭和4年)に陸軍大臣に就任する。1931年(昭和6年)に満州事変が勃発し、加藤建夫は満州に派遣されて指揮を執る。 1932年(昭和7年)、加藤建夫は首相に就任し、1934年(昭和9年)まで在任する。加藤内閣は、軍備の拡張と対外侵略政策を推し進め、日本を第二次世界大戦に導いた。 1937年(昭和12年)、加藤建夫は中国と全面戦争を開始する。1941年(昭和16年)には、太平洋戦争を開始する。加藤は、戦争の全責任を負い、1945年(昭和20年)に辞任する。 1948年(昭和23年)、加藤建夫は公職追放処分を受ける。1950年(昭和25年)に公職追放処分が解除され、政界に復帰する。1953年(昭和28年)に参議院議員に当選し、1956年(昭和31年)に死去する。
歴史上の人物

山口圭蔵~近代日本の軍人~

-山口圭蔵~近代日本の軍人~- -明治時代の軍人として活躍した山口圭蔵- 山口圭蔵は、1862年(文久2年)に周防国吉敷郡大津村(現在の山口県山口市大津島)に生まれた。幼少期から漢学を学び、1874年(明治7年)に陸軍士官学校予備校に入学した。1875年(明治8年)に陸軍士官学校に入学し、1878年(明治11年)に卒業した。 卒業後は、近衛歩兵第1連隊に配属され、西南戦争に従軍した。西南戦争後、陸軍大学校に入学し、1882年(明治15年)に卒業した。その後、参謀本部員、歩兵第14連隊長などを歴任した。 1894年(明治27年)に日清戦争が勃発すると、山口圭蔵は第1軍参謀として出征し、鴨緑江の戦い、平壌の戦い、旅順の戦いなどに参戦した。日清戦争後、陸軍少将に昇進し、歩兵第11旅団長などを歴任した。 1904年(明治37年)に日露戦争が勃発すると、山口圭蔵は第2軍参謀長として出征し、遼陽の戦い、奉天の戦いなどに参戦した。日露戦争後、陸軍中将に昇進し、近衛師団長などを歴任した。 1912年(明治45年)に陸軍大将に昇進し、参謀総長に就任した。1914年(大正3年)に第一次世界大戦が勃発すると、山口圭蔵は連合国側の最高司令官としてヨーロッパに派遣された。 第一次世界大戦後、山口圭蔵は1918年(大正7年)に退役し、1927年(昭和2年)に死去した。 山口圭蔵は、明治時代の軍人として活躍し、日清戦争と日露戦争に参戦した。また、第一次世界大戦では連合国側の最高司令官としてヨーロッパに派遣された。山口圭蔵は、日本の近代史に大きな足跡を残した人物である。
歴史上の人物

大内義一

- 大内義一の経歴 大内義一は、1887年(明治20年)12月22日に、旧薩摩藩士である大内義郎と、その妻の間に次男として生まれた。1905年(明治38年)に学習院中等科を卒業後、陸軍士官学校に進学した。同校を首席で卒業後、1912年(明治45年)に陸軍少尉に任官された。 その後、歩兵第4連隊附となり、1914年(大正3年)に歩兵第21連隊に転属した。1915年(大正4年)に陸大に入学し、1917年(大正6年)に卒業した。卒業後は、歩兵第26連隊附となり、1918年(大正7年)に歩兵第42連隊の連隊長に就任した。 1923年(大正12年)には、歩兵第38連隊の連隊長に就任し、1925年(大正14年)には陸軍省人事局歩兵課長に転任した。1927年(昭和2年)には歩兵第11旅団長に就任し、1929年(昭和4年)には陸軍省人事局長に転任した。 1931年(昭和6年)には、関東軍参謀長に就任し、1932年(昭和7年)には陸軍省次官に転任した。1934年(昭和9年)には陸軍大臣に就任し、1936年(昭和11年)には内閣総理大臣に就任した。 首相在任中は、軍備拡張を推進し、日中戦争を拡大した。1937年(昭和12年)に中国との全面戦争である日中戦争が勃発すると、日本軍の総力を挙げて中国を攻撃した。しかし、中国軍は頑強に抵抗し、日本軍は苦戦を強いられた。 1941年(昭和16年)には、太平洋戦争が勃発し、日本軍は東南アジアや太平洋の各地で連合軍と戦った。しかし、連合軍は次第に反撃を強め、日本軍は敗退を余儀なくされた。1945年(昭和20年)には、広島と長崎に原子爆弾が投下され、日本は降伏した。 大内義一は、戦後、A級戦犯として逮捕され、1948年(昭和23年)に絞首刑に処された。
歴史上の人物

幕末の先駆者 井田譲の人物像と功績

井田譲の生い立ちと経歴 井田譲は、1817年(文化14年)に、江戸の町人である井田屋の次男として生まれました。幼い頃から聡明で、漢学や洋学を学び、15歳の時に江戸幕府の天文台である昌平坂学問所に学び始めました。17歳の時に昌平坂学問所の教師となり、19歳の時には天文台の主任教授に昇進しました。 昌平坂学問所で天文学を教える傍ら、井田譲は西洋の科学や技術も熱心に研究していました。1841年(天保12年)には、日本初の天体望遠鏡を製造し、1844年(天保15年)には、日本初の蒸気機関車を製造しました。また、1845年(弘化2年)には、日本初の電信機を製造し、1846年(弘化3年)には、日本初のガス灯を点灯させました。 井田譲の功績は、日本の近代化に大きく貢献しました。井田譲は、日本の近代化の父と呼ばれ、日本の歴史上最も重要な人物の一人とされています。
歴史上の人物

鷹司煕通とは?明治-大正時代の軍人の生涯を紹介

鷹司煕通の生い立ちと経歴 鷹司煕通は、1856年(安政3年)、公卿・鷹司輔熙の三男として京都に生まれた。幼名は寿麿。1871年(明治4年)、陸軍幼年学校に入学。1875年(明治8年)に卒業し、陸軍士官学校に進学した。1878年(明治11年)に卒業し、陸軍少尉に任官された。1879年(明治12年)、西南戦争に出征した。西南戦争終結後、陸軍大尉に昇進し、歩兵第14連隊中隊長に任命された。1884年(明治17年)、陸軍少佐に昇進し、歩兵第2旅団参謀に任命された。1889年(明治22年)、陸軍中佐に昇進し、歩兵第3連隊長に任命された。 1894年(明治27年)、日清戦争が勃発すると、歩兵第3連隊長として出征した。日清戦争終結後、陸軍大佐に昇進し、歩兵第1旅団長に任命された。1898年(明治31年)、陸軍少将に昇進し、歩兵第4旅団長に任命された。1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、歩兵第4旅団長として出征した。日露戦争終結後、陸軍中将に昇進し、歩兵第6師団長に任命された。1908年(明治41年)、陸軍大将に昇進し、陸軍参謀総長に任命された。1912年(大正元年)、陸軍大臣に任命された。1913年(大正2年)、陸軍元帥に任命された。1925年(大正14年)、死去。
歴史上の人物

続存の「生井順造」

生い立ちと日露戦争 生井順造は、1864年(元治元年)8月17日、宇奈月温泉の宿屋「松田屋」に生まれた。父は松田屋を営む松田平次郎、母はのぶ。2歳の時に父を、9歳の時に母を亡くし、祖父の松田平蔵に育てられた。 生井は、幼い頃から体が弱く、病気がちだった。そのため、学校にはあまり通えず、独学で勉強した。しかし、その才能は早くから発揮され、16歳の時には、漢詩を詠んで賞を受けた。 1885年(明治18年)、生井は、日清戦争が勃発すると、従軍記者として戦地に赴いた。そして、戦地の状況を新聞に報道し、読者に戦争の悲惨さを伝えた。 日清戦争後、生井は、東京に出て、新聞記者として働き始めた。そして、1894年(明治27年)、日清戦争が勃発すると、再び従軍記者として戦地に赴いた。 日露戦争中は、遼陽会戦や奉天会戦など、多くの激戦を取材した。そして、戦地の状況を新聞に報道し、読者に戦争の悲惨さを伝えた。 日露戦争後、生井は、新聞記者を退職して、郷里の宇奈月温泉に戻った。そして、温泉旅館「天狗閣」を経営し、宇奈月温泉の発展に尽くした。 生井は、1940年(昭和15年)9月17日、76歳で亡くなった。しかし、その功績は今もなお、宇奈月温泉の人々に語り継がれている。
政治分野の人

鈴木貞一-大正-昭和時代の軍人,政治家

鈴木貞一(1860-1937)は、明治・大正・昭和時代の軍人、政治家。陸軍中将、貴族院議員、内閣総理大臣を歴任した。 鈴木貞一は1860年(万延元年)に、長野県に生まれた。1883年(明治16年)に陸軍士官学校を卒業し、1885年(明治18年)に陸軍少尉に任官した。日清戦争、日露戦争に参加し、功績を挙げた。 1900年(明治33年)に陸軍中将に昇進し、1906年(明治39年)に貴族院議員に勅任された。1918年(大正7年)に内閣総理大臣に就任し、1922年(大正11年)まで務めた。 鈴木貞一は、軍人としては、日清戦争、日露戦争で功績を挙げ、政界では、内閣総理大臣を歴任するなど、活躍した。また、教育にも力を入れ、陸軍大学校校長、東京帝国大学総長などを歴任した。 鈴木貞一は、1937年(昭和12年)に死去した。
歴史上の人物

多賀宗之 – 明治から大正にかけて活躍した軍人

-多賀宗之の生涯- 多賀宗之は、1862年(文久2年)、肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。幼い頃から武道を嗜み、1881年(明治14年)、陸軍士官学校に入学しました。1884年(明治17年)に卒業し、歩兵少尉に任官されました。 日清戦争では、第5師団歩兵第10聯隊の大隊長として出征し、旅順攻囲戦に参加しました。1895年(明治28年)、中佐に昇進し、歩兵第44連隊長に任命されました。 日露戦争では、第2軍歩兵第3旅団長として出征しました。旅順攻囲戦に参加し、さらに奉天会戦では、第3軍歩兵第2師団長として、激戦を指揮しました。1905年(明治38年)、少将に昇進し、歩兵第11旅団長に任命されました。 1912年(明治45年)、中将に昇進し、第16師団長に任命されました。1914年(大正3年)、陸軍大臣に就任し、1916年(大正5年)まで務めました。1917年(大正6年)、大将に昇進し、軍事参議官に任命されました。 1921年(大正10年)、死去。享年59。
歴史上の人物

佐々木吉良 – 明治・昭和時代前期の軍人

-軍歴- 佐々木吉良は、1867年(慶応3年)に福岡県に生まれた。1887年(明治20年)に陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官された。日清戦争では、歩兵第21連隊の中隊長として出征し、金州の戦いなどに参戦した。日露戦争では、歩兵第2連隊の大隊長として出征し、旅順の戦いなどに参戦した。1907年(明治40年)に歩兵大佐に昇進し、歩兵第1連隊長に就任した。1912年(大正元年)に少将に昇進し、歩兵第9旅団長に就任した。1916年(大正5年)に中将に昇進し、第12師団長に就任した。1919年(大正8年)に大将に昇進し、第3軍司令官に就任した。1922年(大正11年)に退役した。 佐々木吉良は、日清戦争と日露戦争に出征し、数々の功績を挙げた。また、陸軍大学校長や参謀総長などの要職を歴任し、日本の軍事近代化に貢献した。1937年(昭和12年)に死去した。
政治分野の人

溝口直亮:明治-昭和時代前期の軍人と政治家

-軍人としての経歴- 溝口直亮は、1855年に薩摩藩士として生まれ、1871年に陸軍兵学寮に入学しました。1875年に陸軍歩兵士官として任官し、西南戦争に参加しました。西南戦争では、熊本城の戦いなどで功績を挙げ、1878年に陸軍少佐に昇進しました。 1880年に、溝口はフランスに留学し、1883年に帰国しました。帰国後は、陸軍大学校教官を務め、1885年に陸軍中佐に昇進しました。1888年に、溝口は近衛歩兵第2連隊長に任命され、1891年に陸軍大佐に昇進しました。 1894年に日清戦争が勃発すると、溝口は第1師団歩兵第2旅団長として出征しました。日清戦争では、鴨緑江の戦い、旅順口の戦いなどで功績を挙げ、1895年に陸軍少将に昇進しました。 1898年に溝口は、陸軍第5師団長に任命され、1903年に陸軍中将に昇進しました。1904年に日露戦争が勃発すると、溝口は第10師団長として出征しました。日露戦争では、遼陽の戦い、奉天の戦いなどで功績を挙げ、1906年に陸軍大将に昇進しました。 1907年に溝口は、軍事参議官に任命され、1912年に陸軍大臣に就任しました。陸軍大臣在任中は、軍備の拡充や陸軍教育の改革などに努めました。 1914年に溝口は、参謀総長に就任しました。参謀総長在任中は、第一次世界大戦への参戦を決定し、戦時体制の整備などに努めました。 1918年に溝口は、参謀総長を辞任し、予備役に編入されました。1926年に溝口は、死去しました。
歴史上の人物

「西原為五郎」

-伊予出身の陸軍少将- 西原為五郎は、1867年8月15日、伊予国宇和郡下菊茂村(現・愛媛県宇和島市)に生まれた。陸軍士官学校を卒業した後、日清戦争、日露戦争に出征。日露戦争では、旅順攻略戦で活躍し、陸軍少将に昇進した。 1912年、西原は陸軍省軍務局長に就任。1914年、第一次世界大戦が勃発すると、陸軍次官に就任し、戦時中の陸軍の指揮を執った。1918年、陸軍大臣に就任。1923年、シベリア出兵を命令。1924年、陸軍大臣を辞任した。 西原は、陸軍の近代化に尽力した軍人で、日本の軍備拡張に大きな役割を果たした。しかし、シベリア出兵は失敗に終わり、陸軍の弱体化を招いた。 西原は、1945年5月14日、東京で死去した。享年77。
歴史上の人物

隠岐重節→ 明治時代の軍人

隠岐重節の生涯 隠岐重節は、1868年(慶応4年)に但馬国豊岡藩(現在の兵庫県豊岡市)で生まれました。幼名は義太郎、通称は重五郎。父は豊岡藩士の隠岐喜平、母はとくでした。 重節は、幼い頃から剣術、弓術、馬術などの武芸を学び、1883年(明治16年)に陸軍幼年学校に入学しました。1888年(明治21年)に陸軍士官学校を卒業し、歩兵少尉に任官されました。 重節は、日清戦争(1894-1895年)と日露戦争(1904-1905年)に参加し、功績を上げました。日露戦争では、旅順攻略戦で活躍し、大佐に昇進しました。 1916年(大正5年)に少将に昇進し、歩兵第24旅団長に任命されました。1919年(大正8年)に中将に昇進し、第16師団長に任命されました。 1922年(大正11年)に大将に昇進し、参謀総長に任命されました。参謀総長としては、陸軍の近代化と軍備拡張を推進しました。 1928年(昭和3年)に退役し、1931年(昭和6年)に死去しました。 重節は、日清戦争と日露戦争に参加し、功績を上げました。参謀総長としては、陸軍の近代化と軍備拡張を推進しました。
歴史上の人物

原田良太郎

- 原田良太郎の生涯 原田良太郎は、1910年(明治43年)に大阪府大阪市で生まれた。父は原田良吉、母は原田リウである。良太郎は、5人兄弟の末っ子であった。良太郎は、幼少期から絵を描くことが大好きで、よく絵を描いていた。良太郎は、1929年(昭和4年)に大阪市立工芸学校に入学した。工芸学校では、絵画を専攻した。良太郎は、工芸学校を卒業後、1933年(昭和8年)に東京美術学校に入学した。東京美術学校では、日本画を専攻した。良太郎は、東京美術学校を卒業後、1936年(昭和11年)に画家としてデビューした。良太郎は、主に風景画や人物画を描いた。良太郎の絵は、その繊細なタッチと美しい色彩で、多くの人々に愛された。良太郎は、1951年(昭和26年)に日本美術院の会員に推挙された。良太郎は、1955年(昭和30年)に文化勲章を受章した。良太郎は、1999年(平成11年)に89歳で死去した。 良太郎は、生涯にわたって絵を描き続けた。良太郎の絵は、現在でも多くの人々に愛されている。良太郎の絵は、東京国立近代美術館や京都国立近代美術館などに所蔵されている。 良太郎は、日本を代表する画家の一人である。良太郎の絵は、その繊細なタッチと美しい色彩で、多くの人々に愛されている。良太郎の功績は、これからも長く語り継がれるであろう。
歴史上の人物

後藤常伴-陸軍少将として明治時代に活躍した軍人

-嘉永元年生まれの播磨出身の軍人- 後藤常伴は、嘉永元年(1848年)播磨国姫路藩(現在の兵庫県姫路市)に生まれた。幼名は与三郎、通称は玄一郎。明治維新後は、陸軍少将まで昇進した軍人である。 後藤は、姫路藩校の好古堂で学んだ後、藩兵として戊辰戦争に参加。その後、明治政府の陸軍に入隊し、西南戦争で功績を上げた。日清戦争では、第2師団参謀長として出征し、威海衛の攻略に貢献した。 後藤は、明治35年(1902年)に陸軍少将に昇進し、翌年に退役した。退役後は、貴族院議員に勅選され、明治43年(1910年)まで務めた。後藤は、明治45年(1912年)に死去した。 後藤は、明治維新後、陸軍の発展に貢献した軍人である。また、貴族院議員として、日本の政治にも携わった。
歴史上の人物

大沼渉 – 明治時代の軍人

-大沼渉の経歴- 大沼渉は、1844年(天保15年)に、江戸の牛込(現在の東京都新宿区)で生まれた。家は代々、旗本で、父は大沼石見守重信、母は田辺氏である。大沼は、幼い頃から剣術や、馬術を学び、1862年(文久2年)には、幕府の歩兵頭取に就任した。1864年(元治元年)には、長州征伐に参加し、功績を挙げた。 1865年(慶応元年)に、大沼は、幕府の軍艦奉行並に任命され、軍艦奉行の榎本武揚(えのもとたけあき)の指揮下に入った。1867年(慶応3年)には、箱館奉行の永井尚志(ながいなおゆき)とともに、フランスから、軍艦「回天」と「咸臨丸(かんりんまる)」を購入した。翌1868年(明治元年)、大沼は、鳥羽・伏見の戦いで、官軍に敗れ、函館に逃れた。 函館では、大沼は、榎本武揚らとともに、旧幕府軍を組織し、官軍と戦った。しかし、1869年(明治2年)5月、旧幕府軍は、官軍に敗北し、大沼は、榎本武揚らとともに、降伏した。 大沼は、降伏後、しばらく、幽閉されたが、1872年(明治5年)に、釈放された。その後、大沼は、陸軍に入り、1877年(明治10年)の西南戦争では、政府軍の指揮官として、西郷隆盛の軍と戦った。西南戦争後、大沼は、陸軍中将に昇進し、1885年(明治18年)には、陸軍大臣に就任した。 大沼は、1889年(明治22年)に、陸軍大臣を辞任し、政界を引退した。その後、大沼は、1903年(明治36年)に、東京で死去した。