随筆「浪花(なにわ)の風」

歴史上の人物

久須美蘭林について

- 久須美蘭林の生涯 久須美蘭林は、1780年(安永9年)に京都で生まれました。父は京都の豪商であり、蘭林は幼い頃から良質な教育を受けました。彼女は特に蘭学に秀でており、10代の頃から蘭書を読み漁っていました。 1804年(文化元年)、蘭林は25歳の時、長崎に遊学します。そこで彼女はオランダ人医師のシーボルトと出会い、シーボルトの助手として働きます。蘭林はシーボルトから西洋医学を学び、また、シーボルトが編纂していた『日本植物誌』の翻訳を手伝いました。 1829年(文政12年)、シーボルトが日本を離れた後、蘭林は京都に戻ります。そして、京都に蘭学塾を開き、そこで蘭学を教え始めました。蘭林の塾は多くの学生を集め、彼女の門下からは多くの優秀な蘭学者を輩出しました。 蘭林は、1861年(文久元年)に82歳の生涯を閉じました。彼女は日本の蘭学の普及に大きな貢献をした女性であり、日本の近代化に果たした役割は大きいです。 -# 蘭林の功績 蘭林の功績は、大きく分けて3つあります。 1つは、蘭学の普及です。蘭林は、京都に蘭学塾を開き、そこで蘭学を教え始めました。彼女の塾は多くの学生を集め、彼女の門下からは多くの優秀な蘭学者を輩出しました。蘭林の功績により、蘭学は日本に広く普及するようになりました。 2つ目は、西洋医学の導入です。蘭林は、シーボルトから西洋医学を学びました。そして、シーボルトが日本を離れた後、蘭林は京都に西洋医を開業しました。蘭林は、西洋医学を日本に導入し、日本の近代化に大きな貢献をしました。 3つ目は、『日本植物誌』の翻訳です。蘭林は、シーボルトが編纂していた『日本植物誌』の翻訳を手伝いました。『日本植物誌』は、日本の植物について書かれた書物であり、日本の植物学の発展に大きな役割を果たしました。蘭林の功績により、『日本植物誌』は日本に紹介されることになり、日本の植物学の発展に貢献しました。