青山元

歴史上の人物

青山元 – 明治・大正時代の官吏

青山元 - 明治・大正時代の官吏 青山元は、明治・大正時代の官吏です。1861年に肥後国熊本城下(現在の熊本県熊本市)に生まれ、1896年に東京帝国大学法科大学を卒業しました。卒業後は、内務省に入り、地方官として各地を歴任しました。1900年に熊本県警部長となり、1903年に北海道庁長官に任命されました。北海道庁長官としては、北海道の産業振興や道路整備に尽力しました。また、1907年には、樺太庁長官に転任し、樺太の開発に努めました。1912年に、内務省警保局長に任命され、1913年には、警視総監に就任しました。警視総監としては、東京市の治安維持に努め、1914年には、東京市電のストライキを鎮圧しました。1916年には、内務大臣に任命され、1918年には、拓殖局長官に任命されました。拓殖局長官としては、台湾と朝鮮の統治に尽力しました。1923年に、青山元は、貴族院議員に勅選され、1925年に、内務大臣に再任されました。1927年に、青山元は、東京市政調査会長に就任し、東京市の行政改革に尽力しました。1929年に、青山元は、死去しました。 青山元の生涯 青山元は、1861年に熊本県熊本城下に生まれました。青山元の父親は、熊本藩士の青山清蔵です。青山清蔵は、1868年に明治維新を迎え、熊本県庁の役人となりました。青山元は、1875年に熊本県立熊本中学校に入学しました。熊本県立熊本中学校を卒業後は、1880年に東京帝国大学法科大学に入学しました。東京帝国大学法科大学を卒業後は、1896年に内務省に入りました。 青山元は、内務省に入省後、地方官として各地を歴任しました。1900年に熊本県警部長となり、1903年に北海道庁長官に任命されました。北海道庁長官としては、北海道の産業振興や道路整備に尽力しました。また、1907年には、樺太庁長官に転任し、樺太の開発に努めました。 1912年に、青山元は、内務省警保局長に任命され、1913年には、警視総監に就任しました。警視総監としては、東京市の治安維持に努め、1914年には、東京市電のストライキを鎮圧しました。1916年には、内務大臣に任命され、1918年には、拓殖局長官に任命されました。拓殖局長官としては、台湾と朝鮮の統治に尽力しました。 1923年に、青山元は、貴族院議員に勅選され、1925年に、内務大臣に再任されました。1927年に、青山元は、東京市政調査会長に就任し、東京市の行政改革に尽力しました。1929年に、青山元は、死去しました。 青山元は、明治・大正時代の官吏として、北海道の産業振興や道路整備、樺太の開発、東京市の治安維持、台湾と朝鮮の統治など、数多くの功績を残しました。