青木家

歴史上の人物

青木重矩 – 江戸時代前期-中期の大名

-青木重矩の生涯- 青木重矩は、江戸時代前期から中期の大名です。下総国関宿藩主青木家の第4代藩主として生まれ、1691年に家督を相続しました。重矩は、藩政改革を行い、関宿藩の財政を立て直しました。また、学問を奨励し、多くの学者を招聘して藩校「関宿藩学問所」を開設しました。 重矩は、また、武芸にも優れており、槍術の達人でした。1703年、赤穂藩の浅野内匠頭による刃傷事件が発生すると、重矩は幕命を受けて赤穂藩に出兵しました。赤穂藩は、重矩の軍勢に降伏し、内匠頭は切腹を命じられました。 重矩は、赤穂藩の処分をうまく行ったとして、幕府から賞賛されました。また、重矩は、関宿藩の領内に多くの寺社を建立し、仏教と神道を篤く信仰しました。 1732年、重矩は死去しました。享年63歳でした。重矩の死後、関宿藩は、重矩の養子である青木重賢が継ぎました。重賢は、重矩の藩政改革を継承し、関宿藩の財政をさらに立て直しました。 青木重矩は、関宿藩の財政を立て直し、学問と武芸を奨励した名君でした。また、重矩は、赤穂藩の刃傷事件をうまく処分し、幕府から賞賛されました。
歴史上の人物

青木重義 – 幕末から明治の華族

- 青木重義の生涯 青木重義(あおき しげよし)は、幕末から明治時代にかけて活躍した華族・外交官である。長州藩の藩士として戊辰戦争に従軍し、明治維新後は外交官として活躍した。また、貴族院議員として政治にも携わった。 青木重義は、1844年(天保15年)に長州藩の藩士・青木周輔の三男として生まれた。幼名は熊之助。1858年(安政5年)には藩校・明倫館に入学し、儒学や兵学を学んだ。1863年(文久3年)には、長州藩の外国奉行・井上馨に従って江戸に赴き、洋学を学んだ。 1865年(慶応元年)、青木重義は長州藩の藩士として戊辰戦争に従軍した。戊辰戦争後、青木重義は明治政府に出仕し、外務省に勤務した。1872年(明治5年)には、米国に派遣され、駐米公使を務めた。その後、駐英公使、駐露公使、外務大臣などを歴任した。 1895年(明治28年)には、伯爵に叙爵された。また、1897年(明治30年)には、貴族院議員に勅選された。青木重義は、1914年(大正3年)に70歳で死去した。 青木重義は、明治維新後の日本の外交政策に大きな影響を与えた人物である。また、貴族院議員として政治にも携わり、日本の近代化に貢献した。 青木重義は、長州藩の藩士として戊辰戦争に従軍し、明治維新後は外交官として活躍した。また、貴族院議員として政治にも携わった。青木重義は、1895年(明治28年)には伯爵に叙爵され、1897年(明治30年)には貴族院議員に勅選された。青木重義は、1914年(大正3年)に70歳で死去した。 青木重義は、明治維新後の日本の外交政策に大きな影響を与えた人物である。また、貴族院議員として政治にも携わり、日本の近代化に貢献した。