須坂町会議員

歴史上の偉人

農民運動家町田惣一郎の生き様

-町田惣一郎の生い立ちと経歴- 町田惣一郎は、1900年(明治33年)1月1日、愛知県碧海郡大浜村(現・碧南市)に生まれた。父・町田惣吉は貧しい農家の長男で、母・きのは惣吉の妻となった。惣一郎は5人兄弟の末っ子で、幼い頃から家の手伝いをしながら育った。 惣一郎は、小学校卒業後、農業学校に進学した。しかし、惣一郎の父親である惣吉は貧しい農家であったため、惣一郎は家計を助けるために学校を中退し、15歳で農業の手伝いとなった。 惣一郎は農業を手伝いながら、農業に関する知識を学び、農民の生活を改善する方法を模索していた。惣一郎は、当時の日本では、農民が貧しい生活を強いられており、農民の生活を改善するには、農民自ら団結して行動することが必要であると考えていた。 惣一郎は、1922年(大正11年)に、農民組合を結成して、農民の生活改善のための運動を始めた。惣一郎は、農民組合のリーダーとして、農民の生活改善のための運動を精力的に行い、農民の生活を改善するための政策の実現を目指した。 惣一郎は、農民組合の活動を通じて、農民の生活を改善するための政策を実現するためには、政治に参加することが必要であると考えるようになった。惣一郎は、1932年(昭和7年)に、衆議院議員選挙に立候補して当選し、国会議員となった。 惣一郎は、国会議員として、農民の生活改善のための政策の実現を目指して活動した。惣一郎は、農民の生活改善のための政策を実現するためには、政党に参加することが必要であると考えるようになった。惣一郎は、1939年(昭和14年)に、社会大衆党に入党し、社会大衆党の活動に参加した。 惣一郎は、社会大衆党の活動を通じて、農民の生活改善のための政策を実現するためには、政権に参加することが必要であると考えるようになった。惣一郎は、1946年(昭和21年)に、内閣総理大臣に就任し、農民の生活改善のための政策を実現した。 惣一郎は、内閣総理大臣を退任した後も、農民の生活改善のための活動を行い、1974年(昭和49年)に死去した。