食封

歴史上の人物

物部宇麻乃

- 物部宇麻乃とは 物部宇麻乃とは、飛鳥時代(6~7世紀)の豪族・物部氏の女首長であり、武人・政治家として活躍した人物です。物部大連(物部氏の長)の物部守屋の娘で、母は欽明天皇の娘・堅塩媛(かたしひめ)とされています。守屋が蘇我馬子と権力争いをしていた時期に、宇麻乃は政治の表舞台に登場し、物部氏の勢力拡大に大きく貢献しました。 宇麻乃は、その美貌と知性、そして武勇で知られており、「物部最勝」の異名で呼ばれていました。彼女の武勇について、『日本書紀』には、崇峻天皇の暗殺を企んだ蘇我馬子の暗殺団を、宇麻乃が率いる物部軍が撃退したというエピソードが記録されています。また、彼女は政治家としての才能も高く、蘇我氏と対立する勢力を結集して、物部氏の勢力拡大に成功しました。 しかし、蘇我馬子との権力争いは激化し、587年に物部守屋が馬子に敗れて自害すると、宇麻乃は悲嘆に暮れて亡くなったと伝えられています。彼女の死後、物部氏は衰退し、蘇我氏が朝廷の権力を掌握することとなりました。 物部宇麻乃は、飛鳥時代の動乱の時代に、政治と軍事の両方で活躍した希有の女性です。彼女の美貌、知性、武勇は、後世の人々からも賞賛されており、日本の歴史上、最も有名な女性の1人として知られています。
歴史上の人物

百済善光 – 義慈王の王子、百済滅亡後も来日し、晩年に正広肆の官位を与えられる

百済滅亡後の百済善光 百済滅亡後、百済善光は日本に亡命しました。日本朝廷は百済善光を厚遇し、正広肆の官位を与えました。百済善光は日本に亡命した百済人のリーダーとして、百済復興運動を展開しました。百済善光は、日本朝廷に百済復興のための援助を求め、また、百済復興のための軍隊の派遣を求めました。しかし、日本朝廷は百済復興のための援助や軍隊の派遣には消極的でした。それは、新羅と日本が同盟関係にあったため、百済を支援すると、新羅との関係が悪化することを恐れたためです。百済善光は、日本朝廷の消極的な態度に失望し、百済復興の夢を諦めました。百済善光は、日本に亡命した百済人の指導者として、百済復興運動を展開しましたが、日本朝廷の消極的な態度に失望し、百済復興の夢を諦めました。百済善光は、日本に亡命した百済人のリーダーとして、百済復興運動を展開しましたが、日本朝廷の消極的な態度に失望し、百済復興の夢を諦めました。百済善光は、日本に亡命した百済人のリーダーとして、百済復興運動を展開しましたが、日本朝廷の消極的な態度に失望し、百済復興の夢を諦めました。百済善光は、日本に亡命した百済人のリーダーとして、百済復興運動を展開しましたが、日本朝廷の消極的な態度に失望し、百済復興の夢を諦めました。百済善光は、日本に亡命した百済人のリーダーとして、百済復興運動を展開しましたが、日本朝廷の消極的な態度に失望し、百済復興の夢を諦めました。
歴史上の人物

「身毛広」- 飛鳥時代の豪族

-# 壬申の乱における役割 大化の改新から約50年後、672年に勃発した壬申の乱は、天智天皇の第一皇子である大友皇子(弘文天皇)と、天智天皇の弟である大海人皇子(天武天皇)の間に起こった権力闘争でした。この乱において、「身毛広」は、大海人皇子の軍に加勢し、重要な役割を果たしました。 壬申の乱の初期、大海人皇子は近江国に拠点を置き、大友皇子を倒すために挙兵しました。この時、身毛広は、大海人皇子の軍に加わり、東海道方面の戦線で活躍しました。身毛広は、東海道の諸豪族を味方につけ、大友皇子を支持する軍と戦いました。身毛広の軍は、数々の戦いで勝利を収め、大友皇子の軍を東国に押し返しました。 壬申の乱の終盤、大海人皇子の軍は、近江国に侵攻し、大友皇子の軍を滅ぼしました。この時、身毛広は、大海人皇子の軍の先鋒を務め、大友皇子の軍を破りました。身毛広の活躍により、大海人皇子は壬申の乱に勝利し、天皇に即位しました。 壬申の乱において、身毛広は、大海人皇子の軍に加勢し、重要な役割を果たしました。身毛広の活躍により、大海人皇子は壬申の乱に勝利し、天皇に即位することができました。
歴史上の人物

– 紀音那(?-? 飛鳥-奈良時代,大伴御行(みゆき)の妻)

紀音那の人物像 紀音那は、飛鳥-奈良時代の人物で、大伴御行(みゆき)の妻であり、大伴家持の母です。紀姓を名乗っていますが、その出自は明らかではありません。 奈良時代の歌人として知られ、『万葉集』には、彼女の歌が25首収められています。その歌は、夫への愛や、子供への情愛を詠んだものが多く、優れた文学的才能を持っていたことがうかがえます。 また、音那は、仏教にも深く帰依しており、夫の死後、出家して尼となり、仏教の教えを広めることに尽力しました。 このように、紀音那は、歌人として、また仏教者として、その時代の人々に大きな影響を与えた人物でした。 音那の性格は、夫や子供を深く愛し、また、仏教に帰依して仏教の教えを広めることに尽力するなど、非常に真面目な性格であったことが窺えます。 その性格は、彼女の歌にも表れており、夫への愛や、子供への情愛を詠んだ歌が多いのは、音那の真面目な性格の表れであると言えるでしょう。 また、音那の歌には、仏教的な教えが色濃く反映されており、音那が仏教に深く帰依していたことが窺えます。 例えば、音那の有名な歌である「家にあれば妹が手まきの繒(すずし)取りて、我を待つらむ、恋ひつつ偲(しの)へ」は、夫との別れを詠んだ歌ですが、この歌には、仏教的な死生観が色濃く反映されており、音那が仏教に深く帰依していたことが窺えます。 このように、紀音那は、歌人として、また仏教者として、非常に真面目な性格であったことが窺えます。