養豚

歴史上の偉人

田中宏(1)

安政6年1月29日薩摩(さつま)生まれ 田中宏は、安政6年1月29日に薩摩(現在の鹿児島県)で生まれました。幼名は助作といい、後に宏と改名しました。父は士族の田中為蔵、母は同郷の女性でした。宏は、4人兄弟の長男として生まれ、幼い頃から聡明で活発な子供でした。 宏は、7歳の時に地元の寺子屋に入学し、漢学や算術を学び始めました。12歳の時には、藩校である造士館に入学し、そこでさらに学問を深めました。宏は、造士館で頭角を現し、16歳の時に藩主の島津斉彬(なりあきら)に見込まれて、京都に遊学することになりました。 宏は、京都で尊王攘夷思想に傾倒し、倒幕運動に身を投じるようになりました。18歳の時には、薩摩藩の有志たちと「精忠組」を結成し、薩摩藩の藩政改革を訴えました。しかし、精忠組は藩当局の弾圧を受け、宏は京都を脱出せざるを得なくなりました。 宏は、京都を脱出した後、各地を転々とし、倒幕運動を続けました。1867年には、薩摩藩と長州藩の連合軍が幕府軍と激突した戊辰戦争に参加し、新政府軍の勝利に貢献しました。戊辰戦争後は、新政府に仕え、初代陸軍卿に任命されました。 宏は、陸軍卿として、日本の近代化に尽力しました。1871年には、徴兵制度を導入し、近代的な陸軍を創設しました。また、兵部省を設立し、軍政を一元化しました。宏は、1873年に病のため死去しましたが、日本の近代化に大きな功績を残しました。
経済分野で活躍した人

畜産家・笹崎竜雄の軌跡と功績

-近代化の先駆者笹崎竜雄- 笹崎竜雄は、明治30年(1897年)に福島県に生まれ、大正11年(1922年)に東京帝国大学農学部を卒業しました。卒業後は、農林省に入省し、畜産局長などを歴任しました。昭和20年(1945年)には、畜産振興法を制定し、畜産の近代化を推進しました。 笹崎は、畜産の近代化のために、以下の取り組みを行いました。 * 畜産試験場の設置畜産の研究機関である畜産試験場を設置し、畜産の改良に取り組みました。 * 家畜の品種改良和牛や乳牛の品種改良を行い、生産性と品質を向上させました。 * 畜産の機械化畜産の機械化を推進し、労働力を軽減させました。 * 畜産農家の経営改善畜産農家の経営改善を図り、畜産農家の所得向上を支援しました。 笹崎の取り組みは、畜産の近代化を推進し、日本の畜産の発展に大きく貢献しました。 笹崎は、昭和39年(1964年)に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。昭和53年(1978年)には、笹崎の功績を称えて、笹崎竜雄賞が制定されました。笹崎竜雄賞は、畜産の振興に貢献した個人や団体に贈られています。 笹崎は、畜産の近代化の先駆者であり、日本の畜産の発展に大きく貢献した偉大な人物です。
歴史上の偉人

– 山野茂樹

- 山野茂樹の生涯 山野茂樹は、1872年に長野県松本市に生まれました。幼い頃から音楽に親しみ、15歳の時に上京して東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。在学中に作曲を始め、1900年に『荒城の月』を発表して一躍有名になりました。その後も『春の小川』、『埴生の宿』、『この道』など、数々の名曲を世に送り出しました。 山野茂樹は、1953年に81歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお高く評価されています。彼の作品は日本人の心の琴線に触れるメロディーが多く、現在でも多くの人々に愛されています。 -# 生い立ちと学生時代 山野茂樹は、1872年1月25日に長野県松本市で生まれました。父は、松本藩士の山野直七郎であり、母は、その妻のなかでした。茂樹は、7男2女の末っ子として生まれました。 茂樹は、幼い頃から音楽に親しみ、5歳の頃から三味線を習い始めました。12歳の時には、松本の実業学校に入学しましたが、15歳の時に上京して東京音楽学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。 東京音楽学校では、作曲を学びました。在学中に作曲を始め、1900年に『荒城の月』を発表して一躍有名になりました。『荒城の月』は、その美しいメロディーと歌詞で人気を博し、日本の唱歌として広く歌われるようになりました。 -# 音楽家としての活動 山野茂樹は、東京音楽学校卒業後は、音楽家として活動を始めました。1901年には、東京音楽学校の歌唱科講師に就任しました。その後、1903年にドイツに留学し、ベルリン音楽院で学びました。 ドイツ留学から帰国後は、東京音楽学校の歌唱科教授に就任しました。同時に、作曲家としても活躍を続け、次々と名曲を世に送り出しました。1907年には、『春の小川』を発表し、1912年には、『埴生の宿』を発表しました。これらの曲は、日本人の心の琴線に触れるメロディーが多く、現在でも多くの人々に愛されています。 1925年には、東京音楽学校を辞職し、音楽家としての活動に専念しました。その後も、1940年に『この道』を発表するなど、作曲家として活躍を続けました。 -# 晩年と死 山野茂樹は、1953年10月1日に81歳で亡くなりました。彼の死は、日本の音楽界に大きな衝撃を与えました。 山野茂樹は、日本の音楽界に多大な功績を残した作曲家でした。彼の作品は、日本人の心の琴線に触れるメロディーが多く、現在でも多くの人々に愛されています。
歴史上の偉人

峯尾文太郎-明治-昭和時代前期の自由民権運動家

1. 峯尾文太郎の生涯 峯尾文太郎は、1856年(安政3年)に肥前国北高来郡布津村(現在の長崎県諫早市)に生まれました。幼名は長太郎、後に文太郎と改名しました。父は峯尾寅吉、母はマツです。文太郎は、幼い頃から聡明で、読書を好みました。1873年(明治6年)に諫早藩の学校である「成章館」に入学し、漢学や洋学を学びました。 1876年(明治9年)に「成章館」を卒業した後、文太郎は上京し、東京大学予備門に入学しました。予備門では、政治経済や法律を学び、自由民権運動の思想に影響を受けました。1880年(明治13年)に予備門を卒業した後、文太郎は東京大学法学部に進学しました。 1884年(明治17年)に東京大学を卒業した後、文太郎は司法省に入省しました。司法省では、判事や検事を務めましたが、政治への志を捨てきれず、1889年(明治22年)に司法省を退職しました。 1890年(明治23年)に、文太郎は自由民権運動の組織である「立憲自由党」に加わり、党の幹部として活躍しました。1892年(明治25年)には、第2回衆議院議員総選挙に長崎県から出馬し、当選しました。文太郎は、衆議院議員として、自由民権運動の拡大と立憲政治の確立を目指して活動しました。 1898年(明治31年)に、文太郎は立憲自由党を脱党し、新しい政党である「憲政党」を結成しました。憲政党は、立憲政治の確立と社会改革を目指した政党で、文太郎は党の総裁を務めました。 1900年(明治33年)に、文太郎は憲政党を解散し、政界を引退しました。その後、文太郎は弁護士として活動し、1922年(大正11年)に死去しました。 文太郎は、自由民権運動の指導者として、立憲政治の確立に貢献した人物です。また、文太郎は、社会改革にも熱心であり、貧しい人々を救済するための活動にも取り組みました。