香川県出身

歴史上の偉人

桑島主計:外交官として活躍した香川県出身の早大卒

桑島主計の経歴と外交官としての貢献 桑島主計は、香川県出身の外交官です。早稲田大学を卒業後、外務省に入省しました。外務省では、国際連合局長、条約局長、外務審議官などを歴任しました。また、駐米大使、駐英大使、外務事務次官も務めました。 桑島主計は、外交官として活躍し、日本の外交政策に貢献しました。特に、日米関係の強化に尽力し、日本とアメリカの関係を緊密にすることに貢献しました。また、国連での日本の役割の強化にも努め、日本が国連で重要な役割を果たすことを目指しました。 桑島主計は、外交官として活躍し、日本の外交政策に貢献した功績が認められ、多くの賞や栄誉を受けました。中には、勲一等旭日大綬章や文化功労者などがあります。 桑島主計は、日本の外交官として活躍し、日本の外交政策に貢献した人物です。桑島主計の功績は、日本外交の歴史に大きな足跡を残しています。
研究者

角南俊輔とは?

角南俊輔の経歴 角南俊輔は、1966年12月27日に大阪府茨木市で生まれました。幼い頃から音楽に興味を持ち、小学6年生の時にはすでにギターを演奏していました。中学卒業後は大阪府立茨木高校に進学し、軽音部に入部。高校卒業後は、大阪音楽大学に入学し、音楽を学びました。 大学卒業後は、音楽業界で働き始めます。最初はレコード会社に勤務し、その後はライブハウスの経営も経験しました。1997年に、角南俊輔は自身の音楽事務所である「角南プロダクション」を設立し、独立しました。 角南俊輔は、シンガーソングライターとして、数多くの作品を発表してきました。1998年にリリースした「恋しくて」は、大ヒットとなり、角南俊輔の名前を世間に知らしめました。その後も、「君が好きだから」「愛は勝つ」など、数々のヒット曲を発表し、人気シンガーソングライターとなりました。 角南俊輔は、シンガーソングライターとしてだけでなく、音楽プロデューサーとしても活躍しています。角南俊輔がプロデュースしたアーティストには、松田聖子、中森明菜、倖田來未などがいます。角南俊輔プロデュースによるこれらのアーティストの作品も、数多くヒットしました。 角南俊輔は、日本の音楽界に大きな貢献をした音楽プロデューサーの一人です。角南俊輔がプロデュースした作品は、多くの人々に愛され、今もなお歌い継がれています。
スポーツカテゴリー

宮武三郎-野球界に輝いた香川県の星

-高松商業から慶大へ-投手として全国制覇- 宮武三郎は香川県の高松市にある高松商業高等学校出身のプロ野球選手です。彼は高校時代から投手として活躍し、全国制覇を経験しました。 宮武は1942年に高松商業に入学します。高松商業は四国の強豪校として知られており、宮武もすぐにチームの主力投手となりました。1943年には夏の甲子園に出場し、チームをベスト4に導きます。1944年には夏の甲子園が中止となりましたが、宮武は中国遠征に参加するなど、活躍を続けました。 1945年、宮武は慶應義塾大学に進学します。慶應義塾大学は東京六大学野球の強豪校として知られており、宮武もすぐにチームの主力投手となりました。1946年には東京六大学野球で優勝し、全国制覇を経験します。 1947年、宮武は卒業後に読売ジャイアンツに入団します。読売ジャイアンツは日本のプロ野球界を代表する球団であり、宮武もすぐにチームの主力投手となりました。1949年にはセ・リーグの最優秀投手となり、1951年にはセ・リーグの優勝に貢献します。 宮武は1956年に引退するまで読売ジャイアンツで活躍しました。彼は10年間の現役生活で、148勝103敗、防御率2.55という成績を残しました。また、三振王2回、最多奪三振2回、沢村賞1回を受賞するなど、数々のタイトルを獲得しました。 宮武は1988年に野球殿堂入りを果たしました。彼は香川県出身初の野球殿堂入り選手であり、県民の誇りとなっています。
芸術家

「香川竹甫」について

香川竹甫の生涯 香川竹甫は、1890年(明治23年)1月23日に香川県丸亀市に生まれました。幼い頃から絵を描き始め、1910年(明治43年)に東京美術学校に入学しました。同校卒業後は、渡欧してイタリアやフランスで絵画を学びました。 1926年(大正15年)に帰国後、竹甫は東京で画塾を開設して絵画の指導を始めました。また、二科会展や院展に出品して高い評価を受け、1936年(昭和11年)には帝室技芸員に任命されました。 竹甫の絵画は、写実的な描写と豊かな色彩が特徴です。風景画や人物画を多く描き、特に花卉画に優れた作品を残しました。竹甫は、1972年(昭和47年)12月1日に82歳で亡くなりました。 竹甫は、日本近代画壇を代表する画家のひとりであり、その作品は国内外で高く評価されています。特に、花卉画の分野では、竹甫は日本画の伝統的な技法を駆使して、写実的な描写と豊かな色彩で花々の美しさを表現しました。竹甫の花卉画は、その美しさから多くの人々に愛され、現在でも多くの美術館やギャラリーで展示されています。
作家

文芸評論家・十返肇の生涯と作品

-小見出し 十返肇の生い立ちと経歴- 十返肇は、1933年11月12日に京都市に生まれた文学評論家、詩人である。東京大学文学部フランス文学科卒業後、1957年に文芸評論誌「文芸展望」の同人となる。1964年に第一評論集「文芸批評の現在」を刊行し、1969年に「新潮日本文学賞」評論賞を受賞した。1974年に東京大学教授となり、1997年に定年退官した。 作家活動において、1957年に詩集「砂漠の庭」を刊行し、1964年に「現代詩入門」を刊行した。評論家としての活動も著しく、1964年に「文芸批評の現在」を、1969年に「新潮日本文学賞」評論賞を受賞。1974年に東京大学教授となり、1997年に定年退官となった。 評論活動においては、1977年に「文学の未来」を刊行し、1986年に「文学の現在」を刊行。また1990年に「文学と批評」を刊行した。評論においても、1999年に「文芸評論の現在」を刊行し、2007年に「文学者の責任」を刊行した。 十返肇は2018年1月17日に死去。84歳であった。
政治家・活動家

政治家・藤本捨助の生涯と功績

-藤本捨助とは- 藤本捨助は、明治から昭和にかけて活躍した政治家です。1864年(元治元年)に、現・静岡県御殿場市に生まれました。早稲田大学を卒業後、新聞記者として働き、その後政界に入りました。1908年(明治41年)に衆議院議員に当選し、その後は10期連続当選を果たしました。 藤本捨助は、大正デモクラシーの時代を代表する政治家の一人です。普通選挙の実現や労働運動の支援、社会政策の充実などに尽力しました。また、1919年(大正8年)には、護憲運動の中心人物の一人として、原敬内閣の打倒に貢献しました。 藤本捨助は、1932年(昭和7年)に死去しました。享年69歳でした。彼の功績は、今日でも語り継がれています。
経済分野で活躍した人

経営者「藤井義弘」

-経営不振に陥った日立造船の再建- 藤井義弘氏が日立造船の社長に就任したのは、2016年4月のことだった。当時、日立造船は経営不振に陥っており、リストラや事業売却など、さまざまな経営改革が実施されていた。藤井氏は、こうした状況を打開するため、日立造船の改革をさらに加速させた。 まず、藤井氏は日立造船の事業構造を見直した。日立造船は、それまで造船事業を主力としていたが、藤井氏は造船事業以外の事業にも注力する方針を打ち出した。具体的には、エネルギー事業やインフラ事業、産業機械事業などの強化を図った。 また、藤井氏は日立造船のコスト削減にも取り組んだ。藤井氏は、まず日立造船の仕入れ先を絞り込み、仕入れ価格の引き下げを交渉した。さらに、日立造船の生産性を向上させるため、ロボットや自動化設備の導入を進めた。 藤井氏のこうした経営改革の取り組みが功を奏し、日立造船は経営不振から立ち直りつつある。日立造船の2022年3月期の連結決算は、売上高が前期比10.4%増の1兆2,220億円、営業利益が前期比5.4倍の214億円となった。日立造船は、藤井氏の経営改革によって、再び成長軌道に戻りつつある。 藤井氏の経営改革の成功は、日立造船の経営陣だけでなく、日本の造船業界全体にも大きな影響を与えた。藤井氏の経営改革は、日本の造船業界が生き残るためのヒントを与えてくれた。日本の造船業界は、藤井氏の経営改革を参考に、改革を進めていかなければならない。
研究者

大森研造→ 大正-昭和時代前期の法学者

-大森研造の生涯と功績- 大森研造は、1871年(明治4年)に鳥取県米子市で生まれました。1885年(明治18年)に東京帝国大学法学部に入学し、在学中には民法の大家である穂積陳重に師事しました。1890年(明治23年)に東京帝国大学法学部を卒業後、大審院の判事補に任命され、1895年(明治28年)には東京帝国大学法学部助教授に就任しました。1898年(明治31年)には、東京帝国大学法学部教授に昇格し、民法を担当しました。 大森研造の民法学における功績は大きく、特に「民法解釈の厳格化」と「民事判例学の確立」の2点が挙げられます。「民法解釈の厳格化」とは、民法の条文を文理通りに解釈する姿勢のことです。大森研造は、民法の条文は厳密に解釈すべきであり、裁判官は民法の条文を文理通りに解釈して判決を下すべきであると考えました。この「民法解釈の厳格化」は、日本の法学界において大きな影響を与え、民法の解釈方法の基本となりました。 「民事判例学の確立」とは、民事判例を収集・整理して法理を導き出す学問のことです。大森研造は、民事判例を収集・整理して法理を導き出すことで、民法の実務に役立つ学問を確立しました。この「民事判例学の確立」は、日本の法学界において大きな影響を与え、民法の学問の発展に貢献しました。 大森研造は、1927年(昭和2年)に東京帝国大学法学部を退官し、1929年(昭和4年)に亡くなりました。しかし、大森研造の民法学における功績は現在でも高く評価されており、日本の法学界において大きな影響を与えています。
作家

大山定一 – ゲーテとリルケの研究で知られるドイツ文学者

大山定一 - ゲーテとリルケの研究で知られるドイツ文学者 生い立ちと経歴 大山定一は、1929年(昭和4年)に愛媛県松山市に生まれた。父はドイツ文学者の大山春雄、母は歌人の大山康子である。幼い頃からドイツ語に触れ、1951年(昭和26年)に東京大学文学部独文科に入学した。大学ではドイツ文学者の中村光夫や高橋健二に師事し、ドイツ語学とドイツ文学を専攻した。 1955年(昭和30年)に東京大学文学部独文科を卒業後、大阪大学文学部助手となった。1959年(昭和34年)には、西ドイツ政府給費留学生としてドイツに留学した。ハイデルベルク大学とキール大学で学び、1962年(昭和37年)に帰国した。 1962年(昭和37年)に、大阪大学文学部講師に就任した。1964年(昭和39年)には、大阪大学文学部助教授に昇進し、1969年(昭和44年)には、大阪大学文学部教授に昇進した。1992年(平成4年)に定年退官するまで、大阪大学で教鞭を執った。 大山定一の研究は、ゲーテとリルケを中心に、ドイツ文学の美学と詩学に関するものであった。ゲーテについては、『ゲーテの詩学』(1972年)、『ゲーテの芸術論』(1980年)、『ゲーテの自然観』(1988年)などの著書があり、リルケについては、『リルケの詩学』(1979年)、『リルケの芸術論』(1985年)、『リルケの自然観』(1991年)などの著書がある。 大山定一の研究は、ドイツ文学の美学と詩学に関する研究に大きな影響を与えた。また、大山定一は、ドイツ文学の普及にも努め、ドイツ文学の講演会やシンポジウムを数多く開催した。
歴史上の偉人

「福家守明」

- 福家守明の生涯 福家守明は、1946年9月1日に広島県呉市で生まれた。父親は呉市長の福家俊一、母親は福家てるみである。1970年に慶應義塾大学法学部を卒業し、住友商事に入社した。1983年に退職し、ソイソース・ファンデーションの事務局長に就任した。1990年に日本財団の常務理事に就任し、1992年に理事長に就任した。 日本財団の理事長として、福家は国内外の様々な社会貢献活動に尽力した。国内では、教育支援、福祉支援、医療支援、環境支援などを行った。海外では、開発途上国への支援、被災地への支援、紛争地域の支援などを行った。 福家は、2022年8月30日に75歳で亡くなった。福家は、社会貢献活動への貢献が認められ、2022年に旭日大綬章を受章した。 -# 福家守明の主な功績 * 日本財団の理事長として、国内外の様々な社会貢献活動に尽力した。 * 国内では、教育支援、福祉支援、医療支援、環境支援などを行った。 * 海外では、開発途上国への支援、被災地への支援、紛争地域の支援などを行った。 * 2022年に旭日大綬章を受章した。
研究者

前川峯雄-昭和時代の体育学者

昭和時代の体育学者-前川峯雄 前川峯雄は、1895年(明治)、神奈川県鎌倉市に生まれました。1918年(大正7年)、東京帝国大学(現・東京大学)卒業後、東京高等師範学校(現・筑波大学)教授に就任しました。前川は、体育学の分野で活躍し、1925年(大正14年)、「体育学原理」を出版しました。この本は、日本初の体育学の教科書であり、体育学の基礎を築いた重要な書物です。 前川は、体育学の分野において、いくつかの功績を残しました。まず、体育学を科学的な学問として確立しました。それまでは、体育学は経験的な学問でしたが、前川は、体育学を科学的な方法で研究し、体育学の理論を確立しました。また、前川は、体育学者の養成に取り組みました。前川は、東京高等師範学校に体育学の講座を開設し、体育学者の養成を始めました。この講座は、日本の体育学者の養成に大きな役割を果たしました。 前川は、日本の体育学の発展に大きな貢献をした人物です。前川が確立した体育学の理論は、日本の体育教育に大きな影響を与えました。また、前川が養成した体育学者たちは、日本の体育学の発展に貢献しました。前川は、日本の体育学の父とも呼ばれる人物です。 前川峯雄は、1977年(昭和52年)に亡くなりました。享年81歳でした。前川は、日本の体育学の発展に大きな貢献をした偉大な人物です。
政治家・活動家

綾部健太郎とは?

-# 綾部健太郎の生涯 綾部健太郎は、1899年(明治32年)1月19日に、京都府綾部市にて綾部宗太郎の長男として誕生しました。 綾部家は代々、綾部市で製糸業を営んでおり、健太郎も幼い頃から家業を手伝っていました。 健太郎は、1917年(大正6年)に京都高等工業学校(現・京都工芸繊維大学)に入学しました。 そして、1921年(大正10年)に同校を卒業すると、家業の綾部製糸所に就職しました。 健太郎は、家業に精通し、やがて綾部製糸所の社長に就任しました。 健太郎は、社長就任後も積極的に業界活動に参加し、1939年(昭和14年)には綾部市商工会議所会頭にも就任しました。 また、健太郎は地域社会の発展にも貢献し、1941年(昭和16年)には綾部市長にも就任しました。 健太郎は、市長在任中に、綾部市の産業振興や都市開発などに尽力しました。 しかし、1945年(昭和20年)に終戦を迎えると、健太郎は公職を追われることになりました。 健太郎は、戦後も実業家として活躍し、1961年(昭和36年)には綾部商工会議所会頭にも再任されました。 また、健太郎は地元の文化振興にも尽力し、1965年(昭和40年)には綾部市文化協会会長にも就任しました。 健太郎は、1983年(昭和58年)1月19日に、84歳で逝去しました。 健太郎は、綾部市の経済界や政界で活躍し、地元の発展に大きく貢献した人物として知られています。
政治家・活動家

国東照太 - 昭和の政治家

- 国東照太の生涯 -# 幼少期 国東照太は、1890年(明治23年)7月1日、大分県東国東郡国東町(現・国東市)で生まれた。父は医師、母は専業主婦であった。照太は幼い頃から聡明で、成績優秀であった。また、スポーツも得意で、特に野球が大好きであった。 -# 青年期 中学校卒業後、照太は早稲田大学に進学した。大学では政治経済を専攻し、学生運動にも積極的に参加した。また、この頃に出会った女性と結婚し、一男二女をもうけている。 -# 政界入り 大学卒業後、照太は政界入りを目指して選挙に出馬した。しかし、落選続きであった。それでもめげずに選挙に出馬し続け、1928年(昭和3年)に衆議院議員に当選した。 -# 政治経歴 衆議院議員当選後、照太は農林省政務次官、鉄道大臣、内務大臣などを歴任した。また、1945年(昭和20年)には、第二次世界大戦終戦後の混乱期に内閣総理大臣を務めた。 -# 死去 照太は、1946年(昭和21年)に病のため死去した。享年56歳であった。照太の死は、戦後日本の復興に大きな影響を与えた。
研究者

・「玉尾皓平」

玉尾皓平の生い立ちと経歴 玉尾皓平は、1995年1月18日に大阪府で生まれました。彼は、幼少期からサッカーを始め、中学時代にはガンバ大阪ジュニアユースでプレーしました。高校は、大阪桐蔭高等学校に進学し、全国高等学校サッカー選手権大会に出場しました。 高校卒業後は、ギラヴァンツ北九州に入団しました。北九州では、3シーズンプレーし、2017年にはJ2リーグで15得点を挙げる活躍をを見せました。2018年には、ヴィッセル神戸に移籍し、2019年にはJ1リーグで13得点を挙げる活躍を見せました。 2020年には、サガン鳥栖に移籍しました。鳥栖では、2シーズンプレーし、2021年にはJ1リーグで11得点を挙げる活躍を見せました。2022年には、清水エスパルスに移籍しました。清水では、1シーズンプレーし、2023年にはJ1リーグで10得点を挙げる活躍を見せました。 玉尾皓平は、日本代表として、2017年にA代表に初選出されました。2018年には、ワールドカップにも出場しました。玉尾皓平は、スピードと決定力を兼ね備えたストライカーで、日本の攻撃の中心として期待されています。
経済分野で活躍した人

馬渕健一 – 世界の小型モーターを制した経営者

関西理科研究所を創業し、世界初の馬蹄形小型マグネットモーターを開発 馬渕健一氏は、1936年に大阪府堺市で生まれました。大阪市立大学工学部卒業後、1960年に蒸気タービンの技術者として日立製作所に入社しました。日立製作所を退職後、1966年に大阪府に関西理科研究所を創業しました。 関西理科研究所は、小型モーターの開発・製造・販売を行う会社です。馬渕氏は、関西理科研究所を創業後、世界初の馬蹄形小型マグネットモーターを開発しました。 馬蹄形小型マグネットモーターは、従来のモーターよりも小型で軽量であり、かつ効率が良く、トルクが大きいため、様々な分野で使用することができます。馬蹄形小型マグネットモーターは、携帯電話やパソコン、デジタルカメラなどの電子機器から、自動車やロボットなどの産業機器まで、幅広く使用されています。 馬渕氏は、馬蹄形小型マグネットモーターの開発で世界的に知られるようになり、1997年には藍綬褒章を受章しました。2006年には、関西理科研究所の会長に就任し、現在も同社の経営に携わっています。 馬渕氏は、世界最大の小型モーターメーカーである日本電産株式会社の創業社長である永守重信氏とも親交が深く、両氏は日本のベンチャー企業の発展に貢献してきました。 馬渕健一氏は、世界初の馬蹄形小型マグネットモーターを開発し、小型モーターの分野で世界をリードしてきた経営者です。日本のベンチャー企業の発展にも貢献しており、その功績は高く評価されています。
エンターテインメント

橋岡久太郎

橋岡久太郎の生涯 橋岡久太郎は、1890年(明治23年)1月1日に、大分県北海部郡三光村大字亀川(現在の津久見市)に生まれました。父は橋岡久蔵、母はとよです。久太郎は、6人兄弟の4番目の子供でした。 久太郎は、幼い頃から勉強好きで、成績優秀でした。三光尋常小学校を卒業後は、大分県立津久見中学校(現在の大分県立津久見高等学校)に進学しました。中学校卒業後は、東京帝国大学法学部に進学し、1913年(大正2年)に卒業しました。 大学卒業後は、大蔵省に入省し、主税局に配属されました。1920年(大正9年)には、イギリスに留学し、1922年(大正11年)に帰国しました。帰国後は、大蔵省主税局に戻り、1924年(大正13年)には、主税局長に就任しました。 1927年(昭和2年)には、若槻礼次郎内閣の大蔵大臣に就任しました。大蔵大臣としては、緊縮財政を断行し、国の財政を再建しました。1929年(昭和4年)には、浜口雄幸内閣の大蔵大臣に再任しました。 浜口内閣の大蔵大臣としては、金本位制復帰政策を推進し、1930年(昭和5年)には、金本位制に復帰しました。しかし、金本位制復帰政策は、経済界に大きな打撃を与え、1931年(昭和6年)に、浜口内閣は総辞職しました。 総辞職後は、政界を引退し、実業家として活躍しました。1932年(昭和7年)には、日本産業株式会社を設立し、社長に就任しました。1937年(昭和12年)には、日本銀行総裁に就任し、1940年(昭和15年)まで務めました。 1940年(昭和15年)には、貴族院議員に勅選され、1945年(昭和20年)まで務めました。戦後は、公職追放となり、1951年(昭和26年)に追放解除されました。 1952年(昭和27年)には、日本経済復興委員会委員長に就任し、日本の経済復興に尽力しました。1954年(昭和29年)には、勲一等旭日大綬章を受章しました。 1964年(昭和39年)1月19日に、東京都渋谷区の自宅で死去しました。享年74歳でした。
作家

 中河幹子

-中河幹子 大正-昭和時代の歌人- 中河幹子は、大正9年(1920年)に北海道札幌市に生まれた歌人です。中河幹子は昭和11年(1936年)、16歳で歌誌「アララギ」に入会しました。昭和13年(1938年)に「アララギ」の新人賞である「馬酔木賞」を受賞しました。昭和15年(1940年)、「アララギ」同人となり、昭和17年(1942年)に最初の歌集『穀雨』を刊行しました。 昭和19年(1944年)、中河幹子は病により東京帝国大学病院に入院しました。昭和20年(1945年)8月、空襲で病院が焼失し、中河幹子は焼死しました。享年25歳でした。 中河幹子の歌は、日常の生活を詠んだものが多く、叙情的なものが多いです。また、自然を詠んだ歌も多く、北海道の自然を愛していました。昭和35年(1960年)に、中河幹子の歌集『穀雨』が現代歌人協会賞を受賞しました。昭和51年(1976年)には、中河幹子の歌碑が北海道札幌市の円山公園に建立されました。 中河幹子は、短命でしたが、その歌は現在でも多くの人に愛されています。
作家

芦原すなお-昭和後期から平成時代の小説家

-芦原すなおの生い立ちと経歴- 芦原すなおは、1930年(昭和5年)7月13日に、長崎県佐世保市に生まれた。本名は、芦原末雄。佐世保市立大塔小学校、佐世保市立佐世保中学校を卒業。1948年(昭和23年)に、東京府立第五中学校(現・東京都立第五高等学校)に入学。1951年(昭和26年)から、早稲田大学文学部に在籍。在学中は、同人誌『塔』に参加し、小説を執筆していた。 1954年(昭和29年)、『群像』に掲載された「土間の女」で、芥川賞候補にノミネートされる。1955年(昭和30年)に、早稲田大学文学部を卒業。銀行に入社し、銀行員として勤務しながら、小説を執筆。1957年(昭和32年)、『文藝』に掲載された「丘の上の道」で、第3回文學界新人賞を受賞。1958年(昭和33年)、銀行を退社し、専業作家となる。 1961年(昭和36年)、『群像』に掲載された「ボロ家の春秋」で、直木賞候補にノミネートされる。1962年(昭和37年)、『海』に掲載された「夏草の賦」で、第45回直木賞を受賞。1964年(昭和39年)、『文藝』に掲載された「岬」で、第32回毎日出版文化賞を受賞。1969年(昭和44年)、『オール讀物』に掲載された「海の葬送」で、第52回直木賞を受賞。 1972年(昭和47年)、『文藝』に掲載された「筑豊のこどもたち」で、第4回日本文学大賞を受賞。1979年(昭和54年)、『文學界』に掲載された「くじらの墓」で、第24回谷崎潤一郎賞を受賞。1980年(昭和55年)、『文藝』に掲載された「海と遠い町」で、第32回讀賣文学賞を受賞。1983年(昭和58年)、『文藝』に掲載された「津軽の女」で、第36回毎日芸術賞を受賞。 1990年(平成2年)、『文藝』に掲載された「花異譚」で、第45回野間文芸賞を受賞。2000年(平成12年)、『群像』に掲載された「風葬の町」で、第20回柴田錬三郎賞を受賞。2003年(平成15年)、『文學界』に掲載された「鬼の海峡」で、第21回織田作之助賞を受賞。 2004年(平成16年)に、心筋梗塞のため死去。享年73。
研究者

物理学者・福田信之について

福田信之の生涯 福田信之は1918年12月16日に東京都で生まれました。1941年に東京帝国大学理学部物理学科を卒業後、陸軍航空本部技術部で航空機の設計に従事しました。その後、1945年に東京大学に戻り、講師として教鞭をとりました。1949年に助教授に昇進し、1953年に教授に就任しました。 福田信之は、主に素粒子物理学の分野で研究を行いました。1954年に、中間子理論に関する論文を発表し、国際的に注目を集めました。1956年には、素粒子の相互作用に関する論文を発表し、ノーベル物理学賞を受賞しました。 福田信之は、ノーベル物理学賞を受賞した後も、精力的に研究を続けました。1960年には、素粒子の統一理論に関する論文を発表し、素粒子物理学の発展に大きな貢献をしました。1973年に東京大学を定年退職し、その後は名誉教授として研究を続けました。 福田信之は、1994年9月28日に東京都で亡くなりました。75歳でした。福田信之は、素粒子物理学の発展に大きな貢献をした偉大な物理学者でした。
研究者

哲学者土井虎賀寿について知っておきたいこと

-哲学者土井虎賀寿の生涯- 土井虎賀寿は、1897年1月1日に静岡県掛川市に生まれ、1986年2月27日に亡くなった日本の哲学者である。京都大学卒業後、京都大学助教授、東京大学助教授、東京大学教授などを歴任。専門は、言語哲学、分析哲学、科学哲学、論理学。 土井虎賀寿は、1897年1月1日に静岡県掛川市に生まれた。旧制第一高等学校を経て、1920年に京都帝国大学文学部哲学科に入学。1924年に卒業後、京都帝国大学大学院に進学。 1928年、京都帝国大学助教授に就任。その後、1933年に東京帝国大学助教授、1941年に東京帝国大学教授に就任。1957年に定年退官するまで、東京大学教授を務めた。 土井虎賀寿は、1986年2月27日に亡くなった。享年89。 土井虎賀寿は、言語哲学、分析哲学、科学哲学、論理学の分野で多くの業績を残した。特に、言語哲学と分析哲学の分野では、日本の先駆者として知られている。 土井虎賀寿の言語哲学の業績は、主に、言語の意味論に関する研究である。土井虎賀寿は、言語の意味論を、言語によって表現される世界の構造の研究であると定義し、言語の意味を、言語によって表現される世界の構造に依存するものと考えた。 土井虎賀寿の分析哲学の業績は、主に、言語と論理の関係に関する研究である。土井虎賀寿は、言語と論理の関係を、言語が論理の規則に従っているものであると定義し、言語の構造と論理の規則の関係を明らかにした。 土井虎賀寿の科学哲学の業績は、主に、科学理論の構造と性質に関する研究である。土井虎賀寿は、科学理論を、世界の構造を記述した体系であると定義し、科学理論の構造と性質を明らかにした。 土井虎賀寿の論理学の業績は、主に、三段論法に関する研究である。土井虎賀寿は、三段論法を、推論の形式であると定義し、三段論法の構造と性質を明らかにした。 土井虎賀寿は、日本の哲学者として、言語哲学、分析哲学、科学哲学、論理学の分野で大きな業績を残した。土井虎賀寿の業績は、日本の哲学の発展に大きな影響を与えた。
研究者

香川毓美

-香川毓美- -昭和時代の化学者- 香川毓美(かがわ もとよし、1900年1月13日 - 1985年2月23日)は、日本の化学者。東京帝国大学教授、東大総長、日本学術会議会長を歴任した。専門は物理化学、電気化学。 東京府(現東京都)に生まれる。第一高等学校を経て、1923年に東京帝国大学理学部化学科を卒業。東大卒業後は、同大学理学部助手となる。1926年に、物理化学の研究で理学博士号を取得。1929年に、東京帝国大学教授に就任。1945年から1951年まで、東京帝国大学理学部長を務めた。 香川は、物理化学、電気化学の分野で多くの業績を残した。特に、電解質溶液の研究で知られ、電解質溶液の性質を説明する「香川理論」を提唱した。また、燃料電池の開発にも貢献した。 1953年から1957年まで、東京帝国大学総長を務めた。総長在任中には、大学改革を推進し、新制東京大学の基礎を築いた。また、1963年から1969年まで、日本学術会議会長を務めた。 香川は、1985年2月23日に東京都で死去した。享年85。 香川毓美は、昭和時代の化学者として、物理化学、電気化学の分野で多くの業績を残した。また、東京帝国大学総長、日本学術会議会長を歴任し、日本の学術の発展に貢献した。
研究者

「中野佐三」

- 中野佐三の生涯 中野佐三は、1885年に長野県更埴市に生まれた。幼少期は貧しく、12歳のときに家計を助けるために東京に出て、丁稚奉公を始めた。その後、1907年に独立して八百屋を開業し、成功を収めた。 1914年に、中野は八百屋を廃業して、株式投資を始めた。当初は順調だったが、1919年の恐慌で大きな損失を被った。しかし、中野は諦めずに投資を続け、1920年代に再び成功を収めた。 1931年に、中野は中野商店を設立して、株式仲買業を開始した。中野商店は瞬く間に業界のトップ企業に成長し、中野は「株式王」と呼ばれるようになった。 1941年に、太平洋戦争が勃発した。中野は戦争に反対し、政府を批判した。そのため、政府から弾圧を受け、1943年に投獄された。 1945年に、太平洋戦争が終結し、中野は釈放された。その後、中野は株式仲買業を再開し、再び成功を収めた。 1953年に、中野は政界に進出 し、参議院議員に当選した。1956年には総理大臣を務め、日本国憲法の改正を目指したが、失敗に終わった。 1958年に中野佐三は、73歳で死去した。中野は、日本の経済界と政界に大きな足跡を残した人物である。
エンターテインメント

五月一朗 – 昭和-平成の浪曲師の生涯

- 五月一朗の生い立ちと入門 五月一朗は、1917年(大正6年)に東京府東京市本所区亀沢町(現在の東京都墨田区亀沢)に生まれた。本名は、戸枝一朗。父は、浪曲師の五代目蝶花楼馬楽、母は浪曲師の都家鈴子だった。 一朗は、幼い頃から浪曲を聴いて育ち、10歳の頃には父から浪曲の手ほどきを受けた。1930年(昭和5年)には、父の一座に加わり、浪曲師としての活動を始めた。芸名は、父から「五月一朗」と名付けられ、1933年(昭和8年)に、正式に五代目蝶花楼馬楽を襲名した。 一朗は、1930年代後半から1940年代前半にかけて、実力派の浪曲師として活躍した。当時の浪曲界は、菊池寛や吉川英治など、文壇の大家が作品を提供しており、一朗はこれらの作品を浪曲にして、多くの聴衆を魅了した。 しかし、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、浪曲界も大きな影響を受けた。一朗は、戦時中に軍隊に召集され、戦場に赴いた。一朗は、戦地で多くの戦友を失い、自身も負傷した。 1945年(昭和20年)に戦争が終結すると、一朗は浪曲界に復帰した。一朗は、戦後の混乱期にあって、浪曲の復興に尽力した。また、一朗は、新しい浪曲のスタイルを確立し、浪曲界の発展に貢献した。 一朗は、1996年(平成8年)に脳梗塞で倒れ、芸能活動を引退した。一朗は、2001年(平成13年)に死去した。
歴史上の偉人

唐渡房次郎

-唐渡房次郎の生涯- 唐渡房次郎は、1869年8月22日に福岡県久留米市で生まれました。父は唐渡源蔵、母は唐渡まつです。房次郎は幼い頃から相撲が大好きで、地元の相撲大会で優勝するなど、その才能を早くから発揮していました。 1888年、房次郎は上京して高砂部屋に入門しました。入門後は、房太郎を名乗って稽古に励みました。1891年に初土俵を踏み、1899年には関取に昇進しました。1901年には大関となり、1903年には横綱に昇進しました。 房次郎は、横綱として活躍した期間は短かったものの、その間には数々の記録を残しました。1904年には、横綱として初めて全勝優勝を達成しました。また、1905年には、横綱として初めて両国国技館で優勝しました。 1908年、房次郎は現役を引退して、年寄・高砂を襲名しました。年寄となってからも、相撲界の発展に尽力しました。1915年には、相撲協会の理事長に就任しました。1928年には、大日本相撲協会の会長に就任しました。 房次郎は、1940年1月22日に東京で亡くなりました。享年70歳でした。房次郎の死は、相撲界に大きな衝撃を与えました。房次郎は、相撲界の発展に多大な貢献をした偉大な横綱でした。 房次郎の功績を称えて、1943年には、久留米市に銅像が建立されました。また、1953年には、大相撲の殿堂入りを果たしました。