馬術家

歴史上の偉人

– 「八条朝繁」

八条朝繁とは 八条朝繁(はちじょう ともしげ)は、鎌倉時代後期の公卿、歌人。内大臣・八条教時の長男。母は、後深草院の女房、治国の女。官位は内大臣。 八条朝繁は、1260年(文永7年)に生まれました。1277年(建治3年)に内大臣に任じられました。1283年(弘安6年)に和歌集『八条院千首』を撰進しました。1299年(正安元年)に薨去しました。 八条朝繁は、藤原定家の流れを汲む歌人として知られています。新古今和歌集に4首が入選しています。また、八条院千首は、鎌倉時代の和歌集として貴重なものとされています。 八条朝繁は、和歌だけでなく、蹴鞠や馬術にも優れていました。蹴鞠は、室町時代まで流行したスポーツであり、公家や武家の間で盛んに行われていました。馬術は、鎌倉時代から室町時代にかけて、武家を中心に流行したスポーツであり、戦場で活躍するために必要な技能とされていました。 八条朝繁は、公家として和歌や蹴鞠、馬術などの文化やスポーツを愛好し、鎌倉時代の文化の発展に貢献しました。
スポーツカテゴリー

『山島久光』

-山島久光の生い立ちと経歴- 山島久光は、1902年8月7日に鹿児島県で生まれた。生家は農場で、山島は幼い頃から農業を手伝っていた。山島は、鹿児島県立川内中学校(現・鹿児島県立川内高等学校)を卒業後、1924年に東京帝国大学法学部に入学した。山島は、東京帝国大学法学部を卒業後、1928年に大蔵省に入省した。大蔵省入省後は、主に税務行政を担当した。山島は、1940年に大蔵省主税局長に就任した。山島は、大蔵省主税局長在任中に、日中戦争の戦費調達のため、増税を行った。山島は、1943年に大蔵省次官に就任した。山島は、大蔵省次官在任中に、太平洋戦争の戦費調達のため、国債を発行した。山島は、1945年に大蔵省を退官した。山島は、大蔵省退官後は、日本経済団体連合会(経団連)の常任理事や、日本商工会議所の副会頭を務めた。山島は、1983年12月28日に死去した。 -山島の功績- 山島は、日本の経済界に大きな功績を残した。山島は、大蔵省主税局長在任中に、増税を行って日中戦争の戦費を調達し、大蔵省次官在任中に、国債を発行して太平洋戦争の戦費を調達した。山島は、日本経済団体連合会(経団連)の常任理事や、日本商工会議所の副会頭を務めて、日本の経済界の発展に貢献した。山島は、日本の経済界に大きな足跡を残した人物である。
歴史上の偉人

屋代重高 – 戦国時代の馬術家

-長尾景家に師事し八条流馬術を極めた馬術家- 屋代重高は、戦国時代後期に活躍した馬術家である。八条流馬術の師範であり、長尾景家や上杉謙信に仕えた。 屋代重高は、現在の新潟県上越市に生まれた。幼少の頃から馬術を学び、長じて八条流馬術の師範となった。八条流馬術は、室町時代中期に八条景家が創始した馬術であり、馬上での戦闘技術に優れていた。 屋代重高は、長尾景家に仕えて、景家の馬術指南役を務めた。景家は、屋代重高の指導を受け、優れた馬術を身につけた。景家は、屋代重高のことを「八条流馬術の達人」と称賛したという。 景家が没した後、屋代重高は上杉謙信に仕えた。謙信は、屋代重高の馬術の腕を高く評価し、屋代重高を馬術指南役として重用した。屋代重高は、謙信の馬術指南役を務め、謙信に八条流馬術を伝授した。 屋代重高は、八条流馬術の達人として、戦国時代に活躍した。屋代重高の指導を受けた景家や謙信は、優れた馬術を身につけて、戦場で活躍した。屋代重高は、八条流馬術の普及に貢献した功績が称えられている。
歴史上の偉人

斎藤定易 – 江戸時代前期-中期の馬術家

-大坪本流武馬必用- 斎藤定易は、江戸時代前期から中期にかけての馬術家で、本流武馬必用の著者として知られています。本流武馬必用は、馬術の基礎から応用までを解説した書物であり、江戸時代の馬術界に大きな影響を与えました。 本流武馬必用は、全5巻から構成されており、巻1は馬の選び方、巻2は馬の調教法、巻3は馬の乗り方、巻4は馬の扱い方、巻5は馬の治療法について解説しています。 巻1では、馬の選び方について、まず、馬の種類、毛並み、骨格、筋肉などを考慮する必要があると述べています。そして、馬の性格や癖にも注意する必要があるとしています。 巻2では、馬の調教法について、まず、馬に服従させることが重要であると述べています。そして、馬に様々な技を覚えさせるためには、忍耐強く、根気強く調教することが必要であるとしています。 巻3では、馬の乗り方について、まず、馬に乗る姿勢が重要であると述べています。そして、馬を操るためには、手綱と足の使い方をマスターすることが必要であるとしています。 巻4では、馬の扱い方について、まず、馬を健康に保つことが重要であると述べています。そして、馬にストレスを与えないようにすることが大切であるとしています。 巻5では、馬の治療法について、まず、馬の怪我や病気の種類を理解することが重要であると述べています。そして、馬の怪我や病気を治療するためには、薬や手術などの方法があるとしています。 本流武馬必用は、馬術の基礎から応用までを解説した書物であり、江戸時代の馬術界に大きな影響を与えました。斎藤定易は、江戸時代を代表する馬術家の一人であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

近藤寿俊:江戸時代中期の武士、馬術家の生涯と功績

- 近藤寿俊の生い立ちと家系 近藤寿俊は、1698年(元禄11年)に江戸時代中期の武士として生まれました。彼の家系は、代々長州藩に仕える武士の家柄で、寿俊は家督を継いで長州藩の馬術指南役を務めました。寿俊の父もまた馬術指南役であり、彼は幼い頃から父から馬術の指導を受け、卓越した馬術の才能を発揮しました。 寿俊は、長州藩の馬術指南役を務めながら、馬術の技を磨き、数々の武術大会で優勝しました。また、馬術に関する著書も執筆しており、その中には『馬術指南書』や『馬乗りの心得』などの作品があります。寿俊の著作は、江戸時代の馬術界に大きな影響を与え、多くの馬術家たちによって読まれました。 寿俊は、1747年(延享4年)に病気を患い、長州藩の馬術指南役を退職しました。しかし、その後も馬術の指導を続け、多くの弟子を育て上げました。1757年(宝暦7年)に、寿俊は60歳で亡くなりましたが、彼の馬術の技と教えは、弟子たちによって受け継がれ、江戸時代の馬術界に大きな貢献を果たしました。
歴史上の偉人

関口信重 – 江戸時代前期の馬術家、新八条流の祖

-八条流から一派を築いた関口信重の功績- 関口信重は、江戸時代前期の馬術家で、新八条流の祖として知られています。八条流は、室町時代から戦国時代にかけて流行した馬術流派で、騎馬武者が馬上で戦うための技術を学ぶ流派でした。信重は、八条流の師範である佐々木小次郎から馬術を学び、その後、独自の馬術理論を確立し、新八条流を創始しました。 新八条流は、八条流の伝統的な技術を受け継ぎつつも、信重独自の工夫を加えた流派でした。信重は、馬術の技術だけでなく、馬の飼育や調教についても研究し、馬術に関する多くの書物を著しました。また、信重は、新八条流の普及に努め、全国各地で馬術を指導しました。 信重の功績は、新八条流を創始し、馬術の技術を体系的にまとめ上げたことにあります。新八条流は、江戸時代を通じて流行した馬術流派であり、信重の馬術理論は、多くの馬術家に影響を与えました。また、信重は、馬術に関する多くの書物を著し、馬術の技術を後世に伝えることに貢献しました。 信重の馬術理論は、現代の馬術にも影響を与えています。信重の馬術理論は、馬と騎手の調和を重視するものであり、現代の馬術でも、馬と騎手の調和が重要な要素とされています。また、信重の馬術理論は、馬の飼育や調教についても体系的にまとめられており、現代の馬術でも、信重の理論が参考となっています。 信重は、江戸時代前期の馬術界を代表する人物であり、新八条流の創始者として、馬術の発展に大きく貢献しました。信重の馬術理論は、現代の馬術にも影響を与えており、今後も、信重の馬術理論は、馬術界で学び続けられるでしょう。
歴史上の偉人

– 荒木元清

-荒木元清の生涯- 荒木元清は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将である。通称は摂津守。荒木村重の嫡男として、永禄9年(1566年)に摂津国伊丹(現在の兵庫県伊丹市)で誕生した。 元清は、幼い頃から父・村重の薫陶を受け、武芸や学問を修めた。特に、武芸には秀でており、槍術や弓術を得意としたという。また、茶道や和歌にも通じ、文武両道を極めた人物であった。 元清は、永禄11年(1568年)に元服し、荒木村重の嫡男として家督を継いだ。その後、織田信長の家臣となり、信長に仕えた。元清は、信長の家臣として、多くの戦に参加し、その武功を賞賛された。特に、元亀元年(1570年)の姉川の戦いでは、織田軍の勝利に大きく貢献し、一躍、信長重臣の列に加わった。 元清は、信長に仕えた後、羽柴秀吉の家臣となった。秀吉は、元清の武勇を高く評価し、彼に重用した。元清は、秀吉の配下として、九州征伐や小田原征伐に参加し、その武功をさらに輝かせた。 しかし、天正13年(1585年)、元清は秀吉に謀反を起こした。元清は、秀吉の命を受け、四国征伐に出陣していたが、途中で反旗を翻し、秀吉の軍勢と戦った。元清は、秀吉の軍勢に敗れ、その居城である伊丹城は落城した。元清は、伊丹城を脱出後、各地を転々としたが、最終的には捕らえられ、秀吉によって処刑された。享年30。 荒木元清は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した武将である。元清は、武勇に秀でた人物であり、織田信長や羽柴秀吉に仕えて、多くの戦に参加した。元清は、天正13年(1585年)に秀吉に謀反を起こし、処刑された。元清は、悲劇的な生涯を送った武将として、現在でも語り継がれている。
スポーツカテゴリー

遊佐幸平-明治-昭和時代の軍人と馬術家

遊佐幸平の生涯 遊佐幸平は、1865年(慶応元年)9月25日に、肥前国(現在の佐賀県)に生まれました。1884年(明治17年)に、陸軍士官学校を卒業し、騎兵科に配属されました。1894年(明治27年)の第一次日清戦争には、騎兵第1連隊の少尉として出征し、功績を挙げました。1896年(明治29年)には、陸軍騎兵学校に入校し、1898年(明治31年)に卒業しました。 1900年(明治33年)には、ドイツに留学し、騎兵術を学びました。1902年(明治35年)に帰国し、陸軍騎兵監部員となりました。1904年(明治37年)には、日露戦争に騎兵第1連隊の中佐として出征し、旅順攻囲戦や奉天会戦に参加しました。1906年(明治39年)に、陸軍騎兵学校付となり、1908年(明治41年)には、騎兵第1連隊長に任命されました。 1911年(明治44年)に、陸軍少将に昇進し、騎兵第1旅団長に任命されました。1913年(大正2年)には、騎兵監に就任しました。1915年(大正4年)に、陸軍中将に昇進し、1917年(大正6年)には、騎兵総監に任命されました。1918年(大正7年)には、陸軍大将に昇進し、1921年(大正10年)に、陸軍参謀総長に就任しました。 1922年(大正11年)には、陸軍大臣に就任し、1923年(大正12年)に、予備役編入となりました。その後、1925年(大正14年)に、貴族院議員に勅選され、1935年(昭和10年)まで務めました。1936年(昭和11年)に、逝去しました。 遊佐幸平は、日本陸軍の騎兵の近代化に貢献した人物であり、日本の騎兵術の父と呼ばれています。また、馬術の普及にも尽力し、1926年(昭和元年)には、大日本馬術協会の初代会長に就任しました。
歴史上の偉人

戦国時代の馬術家──氏家高継

- 八条流の馬術を極めた氏家高継 戦国時代の馬術家である氏家高継は、八条流の馬術を極めた人物として知られています。八条流とは、室町時代に京都の公家である八条実基が創始した馬術流派です。八条流は、武家よりも公家や僧侶の間で盛んに学ばれていましたが、氏家高継は武家でありながら、八条流の馬術を学び、その奥義を極めました。 氏家高継は、永正16年(1518年)に、尾張国(現在の愛知県)の海東郡氏家郷(現在の稲沢市)に生まれました。幼い頃から馬術の才能を発揮し、15歳のときには、八条流の馬術を学ぶために、京都に上洛しました。氏家高継は、八条流の開祖である八条実基の孫である八条実教に師事し、八条流の馬術の奥義を学びました。 氏家高継は、八条流の馬術を極めると、尾張国に戻り、織田信長の家臣となりました。織田信長は、氏家高継の馬術の才能を高く評価し、氏家高継を馬術指南役として任命しました。氏家高継は、織田信長の馬術の指導を行い、織田信長の馬術の腕前を向上させました。 氏家高継は、永禄11年(1568年)に、織田信長とともに上洛し、室町幕府を滅亡させました。その後、氏家高継は、織田信長の命により、各地を転戦し、数々の武功を挙げました。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が自害すると、氏家高継は、織田信長の次男である織田信雄に仕えました。 氏家高継は、慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで、徳川家康に味方して戦いました。関ヶ原の戦いの後、氏家高継は、徳川家康から、尾張国海東郡で1万石の所領を与えられました。氏家高継は、晩年を尾張国で過ごし、元和2年(1616年)に、死去しました。 氏家高継は、戦国時代の馬術家として、その名を残した人物です。氏家高継は、八条流の馬術を極め、織田信長の馬術の指導を行い、織田信長の馬術の腕前を向上させました。氏家高継は、武家でありながら、八条流の馬術を学び、その奥義を極めた人物であり、その功績は、今日でも高く評価されています。
スポーツカテゴリー

篠原正清-江戸時代前期の馬術家

- 篠原正清の生涯 篠原正清は、江戸時代前期の馬術家で、甲斐武田氏の家臣であった。慶長10年(1605年)に駿河国で生まれ、元和3年(1617年)に甲斐武田家の遺臣である篠原一清の養子となった。一清は、武田信玄の側近として知られた馬術家で、正清は一清から馬術を学んだ。 正清は、馬術の才能に恵まれ、早くから頭角を現した。元和5年(1619年)には、将軍徳川秀忠の馬術指南役に任命され、江戸城で馬術を指導した。その後、寛永元年(1624年)には、徳川家光が馬術を始めた際に、その指南役を務めた。 正清は、馬術の技術だけでなく、馬術の理論にも通じていた。正清は、馬術の心得をまとめた『馬乗合鏡』を著し、馬術の普及に努めた。 正清は、寛永15年(1638年)に死去した。享年34歳。正清の死後、馬術の技術と理論は、子の篠原政清によって受け継がれた。 正清は、江戸時代前期の馬術界を代表する人物であり、馬術の普及に大きな貢献をした。正清の馬術の技術と理論は、現代にも受け継がれ、多くの馬術家が正清の教えを学んでいる。
歴史上の偉人

加藤重正 – 江戸時代前期の馬術家

-加藤重正の生涯と業績- 加藤重正(1567~1627)は、江戸時代前期の馬術家。馬術宗家「新陰流馬術」の開祖であり、その家系は代々、馬術を教え、旗本、大名、藩士、浪人に馬術を教授した。 加藤重正は、天正15年(1587)に信濃国伊那郡(現在の長野県伊那市)に生まれた。幼少の頃より馬術を好み、15歳のときには甲賀流の馬術を学び始めた。その後、各国の名馬術家に師事し、馬術の腕を磨いた。 慶長19年(1614)、加藤重正は江戸に下り、旗本や大名に馬術を教授し始めた。その馬術は、実戦的でかつ、華麗なものであり、たちまち江戸の馬術界に大きな影響を与えた。 元和3年(1617)、加藤重正は、将軍徳川秀忠から「馬術指南役」に任じられた。このことは、加藤重正の馬術が、幕府によって公認されたことを意味し、加藤重正は、江戸時代を代表する馬術家となった。 加藤重正は、寛永4年(1627)に没した。享年61。加藤重正の死後、その家系は代々、馬術を教え続け、新陰流馬術は、今日に至るまで、多くの馬術家に受け継がれている。 加藤重正の主な業績は以下の通りである。 ・新陰流馬術の開祖となった。 ・旗本、大名、藩士、浪人に馬術を教授した。 ・将軍徳川秀忠から「馬術指南役」に任じられた。 ・馬術に関する著書を多数著した。
スポーツカテゴリー

十河親盈 – 江戸時代後期の馬術家

源家古伝馬術の創始者 十河親盈は、江戸時代後期の馬術家で、源家古伝馬術の創始者です。幼少期から武芸を学び、14歳の時に小野寺家に馬術を学び始めました。その後、各地を巡って馬術を学び、30歳の時に源家古伝馬術を創始しました。 源家古伝馬術は、源頼朝が伝えたとされる馬術で、戦場での騎乗戦を想定したものでした。十河親盈は、この馬術を現代に復活させ、多くの人々に教えました。 十河親盈は、また、馬術に関する多くの著作を残しました。その中でも特に有名なのが、「馬術指南書」です。この書は、馬術の基礎から応用までを詳しく解説したもので、後世の馬術家に大きな影響を与えました。 十河親盈は、日本の馬術界に大きな功績を残した人物です。その功績は、今日でも多くの人々から称賛されています。 十河親盈の馬術への情熱は、彼の著作からも窺うことができます。彼は、「馬術指南書」の中で、次のように述べています。 「馬術は、武芸の基礎である。馬術を学ぶことで、騎乗戦の技術だけでなく、武術の基本的な動作を身につけることができる。」 十河親盈は、馬術を単なる技術ではなく、武芸の基礎であると考えていました。彼は、馬術を学ぶことで、武術の基本的な動作を身につけることができると主張していました。 十河親盈の馬術への情熱は、彼の弟子たちにも受け継がれました。彼の弟子の中には、後に幕府の馬術指南役となった者も少なくありませんでした。十河親盈は、日本の馬術界の発展に大きな功績を残した人物です。
経済分野で活躍した人

山地土佐太郎→ 大正-昭和時代の実業家

山地土佐太郎は、1867年に高知県に生まれた日本の実業家です。実業家として成功した後、政界に進出して1931年には衆議院議員に当選しました。1935年に死去するまで多くの企業を経営し、日本の経済発展に大きく貢献しました。 山地の事業は、明治物産から太平洋海運まで多岐にわたりました。明治物産は、1892年に山地が創業した商社で、繊維や金属、機械などの貿易を扱っていました。太平洋海運は、1917年に山地が創業した海運会社で、日本とアメリカ、ヨーロッパなどとの間で貨物を輸送していました。 山地は、日本の経済発展に大きく貢献した実業家です。山地が創業した企業は、日本の産業の発展に貢献し、日本の経済発展を支えました。山地は、日本の経済発展に大きく貢献した実業家として、後世に語り継がれています。 山地土佐太郎の起業家としての生涯を振り返ると、山地は、明治物産から太平洋海運まで、さまざまな企業を創業し、日本の経済発展に大きく貢献しました。山地は、日本の経済発展に貢献した実業家として、後世に語り継がれています。
歴史上の偉人

荒川長兵衛とは?-織豊-江戸時代前期の馬術家

-荒川長兵衛の生い立ち- 荒川長兵衛は、1539年(天文8年)に美濃国武儀郡荒川郷(現在の岐阜県武儀郡荒川町)に生まれたと伝わる。幼少期についてはあまり伝わっていないが、幼い頃から馬術を好み、その才能を発揮していたとされる。 長兵衛の父親は馬術の名手であり、長兵衛もその影響を受けて馬術の修行に励んでいた。長兵衛は、馬術の達人として知られていた旗本・荒川源右衛門に師事し、馬術の基礎を学んだ。その後、長兵衛はさらに修行を重ね、ついに名馬術家として名をあげることとなった。 長兵衛は、馬術の達人として知られていただけでなく、兵法にも通じていた。長兵衛は、兵法を学んだのち、徳川家康に仕え、家康の軍隊の馬術指導を担当した。 長兵衛は、馬術の技術だけでなく、馬に対する深い愛情でも知られていた。長兵衛は、馬を大切にし、馬の健康状態や体調に気を配っていた。また、長兵衛は、馬の習性や性格をよく理解しており、馬とのコミュニケーションを図ることに長けていた。 長兵衛は、馬術の達人としてだけでなく、兵法家としても活躍し、徳川家康の軍隊の馬術指導を担当した。また、長兵衛は、馬に対する深い愛情でも知られており、馬を大切にし、馬の健康状態や体調に気を配っていた。
歴史上の偉人

大田原政通:江戸時代中期の馬術家

-# 武芸の才覚に富んだ馬術家 大田原政通は武芸の才覚に富んでおり、馬術のほかにも、弓術、槍術、居合術などにも通じていました。特に弓術では、流派を問わずあらゆる種類の弓を扱うことができ、その腕前は当代随一といわれていました。また、槍術でも、槍術の大家である上泉信綱から直接指導を受け、その奥義を極めていました。 また、政通は武芸だけではなく、和歌や茶道などにも通じた文武両道の士でした。そのため、政通が藩主を務めた下野国大田原藩では、武芸を重んじる風潮が高まり、藩士たちの間で武芸の稽古が盛んに行われるようになりました。 政通は、藩士たちの武芸の稽古を奨励するため、藩内に武芸道場を建設し、自らも稽古に参加しました。また、政通は武芸の試合や大会を開催し、藩士たちの武芸の腕前を競わせました。 政通の武芸に対する熱心な取り組みは、藩士たちの間に大きな影響を与え、大田原藩は武芸に秀でた藩士を輩出するようになりました。そのため、大田原藩は「武の藩」として知られ、その武勇は天下に轟くようになりました。 政通の武芸に対する情熱は、藩士たちの間に武芸の伝統を築き上げ、大田原藩を武芸に秀でた藩として知られるようにしました。政通の武芸に対する功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

曲垣平九郎 – 江戸時代前期の馬術家

曲垣平九郎の生涯 曲垣平九郎は、江戸時代前期の旗本で、馬術家として知られています。姓は曲垣、名は直次、通称は平九郎。寛永18年(1641年)に、江戸で旗本・曲垣源之丞忠重の長男として生まれました。 父・忠重は、徳川家康の側近として仕え、武芸に秀でていました。平九郎もまた、幼い頃から武術に親しみ、特に馬術を得意としました。 平九郎が18歳の時、父・忠重が亡くなり、家督を継ぎました。そして、旗本として徳川家に仕えるようになりました。 平九郎は、馬術の才能を開花させ、徳川綱吉の信任を得るようになりました。綱吉は、平九郎の馬術の腕前を高く評価し、手厚く保護しました。 平九郎は、馬術の稽古に励み、やがて江戸城内で馬術を指南するようになりました。また、馬術に関する書物を著し、馬術の普及に努めました。 平九郎は、馬術家としてだけでなく、人間としても人格者として知られていました。温厚で義理堅く、人々から慕われていました。 享保11年(1726年)に、平九郎は86歳で亡くなりました。平九郎の死後、その功績を称えて、江戸城内に馬術の道場である「曲垣平九郎馬術道場」が設けられました。 平九郎は、江戸時代前期の馬術界に大きな足跡を残した人物です。その馬術の腕前と人格は、後世の人々からも高く評価されています。
歴史上の偉人

青沼勘右衛門 – 江戸時代前期の馬術家

青沼勘右衛門の生涯と人物 青沼勘右衛門は、江戸時代前期の馬術家です。諱は直之、通称は勘右衛門、号は倦斎です。1614年、常陸国筑波郡に生まれました。幼少の頃より馬術を好み、成長してからは各地の馬術家を巡り、その技を学びました。また、天文・暦学・算術などにも通じており、文武両道の士として知られました。 1648年、青沼勘右衛門は江戸に出府し、徳川家綱に馬術を指南しました。勘右衛門の馬術は、従来の馬術とは異なり、馬の自然な動きを活かしたものでした。また、馬の飼育や調教についても独自の工夫を凝らし、多くの馬術家を育て上げました。徳川家綱からの信頼が厚く、1654年には馬術指南役に取り立てられ、1663年には馬術頭となりました。 青沼勘右衛門は、1679年に没しました。享年66歳。その功績を称えて、1703年に神田明神の境内に馬術指南役就任の碑が建立されました。また、1934年には、日本馬術連盟により、青沼勘右衛門を顕彰する青沼勘右衛門賞が創設されました。 青沼勘右衛門は、江戸時代前期を代表する馬術家です。その馬術は、従来の馬術とは異なり、馬の自然な動きを活かしたものでした。また、馬の飼育や調教についても独自の工夫を凝らし、多くの馬術家を育て上げました。青沼勘右衛門は、馬術の発展に大きく貢献した人物として、今日でもその名を伝えられています。
歴史上の偉人

上田重秀 – 織豊-江戸時代前期の馬術家

上田重秀 - 織豊-江戸時代前期の馬術家 上田流の創始者 上田重秀(うえだ しげひで、1551年(天文20年) - 1630年7月10日(寛永7年6月13日))は、織豊-江戸時代前期の馬術家で、上田流の創始者です。 重秀は、甲斐国山梨郡上田村(現在の山梨県上野原市)の出身で、幼少の頃から馬術に親しみ、15歳の時に武田信玄に馬廻りとして仕えました。信玄の死後、重秀は徳川家康に仕え、戦功を立てて大名に取り立てられました。また、馬術の師範として徳川氏に馬術を指導し、上田流を創始しました。 上田流は、馬術の流派の一つで、馬術の技術と武芸の精神を融合した流派です。上田流は、馬術の基本から応用までを体系的に学ぶことができ、馬術の技術と武芸の精神を身につけることができます。上田流は、現在でも多くの馬術家によって受け継がれています。 重秀は、1630年に80歳で亡くなりました。重秀は、馬術の技術と武芸の精神を融合した上田流を創始し、馬術の発展に大きな貢献をしました。重秀の功績は、現在でも多くの馬術家によって称賛されています。
歴史上の偉人

奥村閑斎 – 江戸時代前期の馬術家

小見出し 奥村閑斎とは 奥村閑斎とは、江戸時代前期の馬術家で、現在の秋田県男鹿市に生まれたとされています。本名は奥村治重(はるしげ)で、閑斎は号です。 閑斎は幼い頃から乗馬の才能を発揮し、16歳の時に江戸に出て、名馬術家である小笠原伊織に師事しました。その後、将軍徳川家光の馬術指南役を務め、家光から「奔馬去影(ほんばきょえい)」の称号を賜りました。 閑斎は、馬術の技術だけでなく、馬の飼育や調教法についても熟知しており、多くの馬術書を著しました。代表作である「馬術問答」は、馬術の基本から応用まで幅広く解説したもので、現在でも馬術の教本として用いられています。 また、閑斎は馬術の競技会も開催し、馬術の普及に努めました。閑斎が行った馬術の競技会は、現在の競馬の原型となったとも言われています。 閑斎は、馬術家としてだけでなく、儒学者としても知られており、多くの儒学書も著しました。閑斎の著作は、江戸時代の馬術や儒学の発展に大きな影響を与えました。 閑斎は、1688年(元禄元年)に82歳で亡くなりました。閑斎の墓は、現在の秋田県男鹿市にあり、国の史跡に指定されています。
歴史上の偉人

葛西俊信-仙台藩馬術家

- 大見出し葛西俊信-仙台藩馬術家 -# 小見出し葛西俊信の生涯 葛西俊信は、1610年(慶長15年)に仙台藩に生まれた。藩主伊達政宗の馬術師範を務めた葛西俊左衛門の息子である。俊信は幼い頃から馬術を学び、16歳で藩主伊達忠宗に仕えた。 1631年(寛永8年)、俊信は伊達忠宗の命により、江戸幕府の馬術指南役を務めていた佐々木小次郎に弟子入りした。俊信は小次郎から馬術の奥義を学び、3年後に仙台藩に帰参した。 1636年(寛永13年)、俊信は伊達忠宗の命により、仙台藩の馬術指南役となった。俊信は仙台藩の馬術を改革し、藩士たちに馬術を教えた。俊信の指導により、仙台藩の馬術は大きく向上し、東北地方屈指の馬術の名門となった。 1660年(万治3年)、俊信は伊達忠宗の死により、隠居した。俊信は隠居後も、伊達藩の馬術指南役として藩士たちに馬術を教えた。 1681年(天和元年)、俊信は72歳で死去した。俊信は、仙台藩の馬術を改革し、東北地方屈指の馬術の名門に育て上げた功績を称えられ、仙台藩主伊達綱村より「馬術の祖」として祀られた。 俊信は、馬術の技術だけでなく、馬術の精神についても藩士たちに教えた。俊信は、馬術は単に馬を乗りこなす技術ではなく、武士の道を学ぶための修行であると説いた。俊信の教えは、仙台藩の藩士たちに大きな影響を与え、仙台藩は東北地方屈指の武家社会となった。
歴史上の偉人

岩淵慶治 – 江戸時代後期の馬術家

生涯 岩淵慶治は、1769年(明和6年)に江戸本所柳原(現在の東京都墨田区柳橋)に生まれた。父は旗本で、慶治もその跡を継いで旗本となった。しかし、慶治は幼い頃から馬術に興味があり、旗本としての務めをしながらも、馬術の稽古に励んだ。 慶治は、江戸時代後期の馬術家として知られる佐藤直方に師事し、馬術の技を磨いた。直方は、日本馬術の祖ともいわれる人物であり、慶治は直方の教えを忠実に守り、馬術の技を極めた。 慶治は、馬術の技だけでなく、馬術の理論にも優れていた。慶治は、馬術の理論をまとめた「馬経」を著し、馬術の普及に努めた。「馬経」は、馬術の入門書として広く読まれ、多くの馬術家に影響を与えた。 慶治は、1825年(文政8年)に57歳で亡くなった。慶治の死後も、慶治の馬術の教えは受け継がれ、江戸時代後期の馬術界に大きな影響を与えた。
スポーツカテゴリー

八条房繁

# 八条房繁 - 人名辞典 - 八条房繁 八条房繁(はちじょう ふさしげ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武将・公卿。八条院蔵人、右衛門尉、大納言、征夷大将軍、右兵衛督、民部卿、参議、相撲司別当を歴任。 -# 生涯 父は左大臣・八条院太政大臣の子・兼宗、母は平清盛の娘・清子。右近衛権少将であったが、治承3年(1179年)12月、後白河法皇が福原に遷幸した際、法皇の御所に参上せず、源頼朝から法皇の説得を依頼されるほど頼朝と親しくしていた。清盛の死後、頼朝が平氏打倒の兵を挙げることを察知し、建久元年(1190年)12月、頼朝と密約を結び、源平合戦において頼朝方に味方した。 -# 治承・寿永の乱 治承4年(1180年)5月、以仁王の令旨を受け、源頼政らとともに挙兵し、平氏を打倒しようとしたが失敗。頼政は東国へ逃亡し、房繁は捕らえられたが、頼朝が頼政を匿っていることが発覚すると、頼朝の説得により釈放された。 -# 頼朝との関係 寿永2年(1183年)2月、源義仲が院宣により上洛すると、房繁は義仲に接近し、頼朝と手を切る。しかし、同年11月、義仲が法皇を幽閉すると、房繁は法皇を救出するため、頼朝に協力を要請。頼朝は義仲追討の兵を挙げ、寿永3年(1184年)2月、義仲を討ち、法皇を救出した。 -# 鎌倉幕府の成立 寿永4年(1185年)2月、頼朝が鎌倉幕府を開くと、房繁は鎌倉に下向し、頼朝の側近として仕える。同年6月、頼朝の命により、上洛し、後白河法皇に拝謁。法皇は房繁を右兵衛督に任じ、源氏と平氏の関係を仲裁する役目を与えた。 -# 征夷大将軍就任 建久2年(1191年)4月、頼朝が征夷大将軍に任じられると、房繁は右衛門督に任じられ、頼朝の補佐を務めた。同年12月、頼朝が鎌倉に帰還すると、房繁は鎌倉に留まり、幕府の政務を執った。 -# 晩年 建久4年(1193年)10月、房繁は参議に任じられる。建久6年(1195年)12月、房繁は病のため、鎌倉を離れ、京都に戻る。建久7年(1196年)1月、房繁は薨去した。享年46。
歴史上の偉人

 村上永幸

村上永幸の生涯 村上永幸は、1948年4月12日に大阪府藤井寺市で生まれました。彼の父は警察官であり、母は主婦でした。村上は、藤井寺市立藤井寺中学校と大阪府立藤井寺高等学校を卒業後、京都大学経済学部に入学しました。大学時代は、学生運動に参加し、全共闘のリーダーとして活躍しました。 1970年、村上は京都大学経済学部を卒業し、同年4月に日本共産党に入党しました。党中央委員会委員、書記局員などを歴任し、1990年には同党委員長に就任しました。委員長就任後は、党の民主化を推進し、党勢の拡大に努めました。また、社会民主党や新党さきがけとの連立政権を目指し、1994年には村山連立政権に参加しました。 1996年、村上は委員長を退任し、党中央委員会顧問に就任しました。その後、日本共産党名誉議長に就任し、2019年7月14日に死去しました。 村上は、生涯をかけて日本の民主化と社会主義の実現を目指して活動しました。彼の死は、日本の共産主義運動にとって大きな損失となりました。
歴史上の偉人

「大西吉久」

-大西吉久が生きた時代とは- 大西吉久は、1598年(慶長3年)に生まれ、1674年(延宝2年)に亡くなった日本の絵師である。江戸時代初期に活躍し、狩野派の画家として名声を博した。 大西吉久が生きた時代は、江戸幕府が成立し、天下が初めて統一された時代である。徳川家康が江戸に幕府を開いたことにより、全国に平和が訪れ、経済や文化が大きく発展した。また、キリスト教が禁教となり、儒教が国家のイデオロギーとして採用された。 大西吉久は、このような時代に生まれ育ち、絵師として活躍した。狩野派は、室町時代から江戸時代にかけて活躍した画派であり、幕府の御用絵師として重用された。大西吉久も狩野派の画家として幕府に仕え、数多くの作品を残した。 大西吉久の代表作は、京都の東本願寺の障壁画である。この障壁画は、1636年(寛永13年)から1643年(寛永20年)にかけて制作されたもので、仏教の経典を題材とした壮大な作品である。大西吉久は、この障壁画で狩野派の伝統を継承しつつ、独自の画風を確立した。 大西吉久は、江戸時代初期を代表する画家のひとりであり、狩野派の画家として大きな功績を残した。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されている。