騎手

スポーツ分野の人

小川佐助:北海道出身の調教師兼アイヌ権利活動家

小川佐助:北海道出身の調教師兼アイヌ権利活動家
スポーツ分野の人

宮下瞳

宮下瞳の経歴と功績 宮下瞳は、1990年1月1日に東京都で生まれました。彼女は、幼い頃からバレエを習い始め、14歳の時に英国ロイヤルバレエ団のオーディションに合格しました。その後、彼女は英国ロイヤルバレエ団のバレエ学校に入学し、バレエの基礎を学びました。 2008年、宮下瞳は英国ロイヤルバレエ団に入団しました。彼女は、入団後すぐにプリンシパルに昇進し、数多くの主演を務めました。彼女の代表作には、「白鳥の湖」のオデット/オディール、「くるみ割り人形」の金平糖の精、「眠れる森の美女」のリラ王女などがあります。 宮下瞳は、その卓越したバレエ技術と表現力豊かな演技で、世界中のバレエファンから高い評価を受けています。彼女は、2012年にローレンス・オリビエ賞を受賞し、2016年には大英帝国勲章を授与されました。 宮下瞳は、現在も英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルとして活躍しています。彼女は、これからも世界中のバレエファンに感動を与え続けていくことでしょう。 功績 * 2012年 ローレンス・オリビエ賞受賞 * 2016年 大英帝国勲章受章 * 2018年 ダンサー・オブ・ザ・イヤー賞受賞 * 2019年 ローレンス・オリビエ賞受賞
スポーツ分野の人

武田文吾 – 大正昭和時代の騎手、調教師

武田文吾 - 大正昭和時代の騎手、調教師
スポーツ分野の人

尾形藤吉 – 明治-昭和の伝説の騎手兼調教師

尾形藤吉の競馬への貢献 尾形藤吉は、明治から昭和にかけて活躍した伝説の騎手兼調教師です。彼は、日本競馬史上初の三冠馬であるセントライトの騎手を務め、また、数々の名馬を育て上げた名調教師としても知られています。 尾形の騎手としての功績は、セントライトの三冠制覇だけにとどまりません。彼は、他に1926年の帝室御賞典を制したトキノキロ、1927年の帝室御賞典を制したシラハタなど、数々の名馬の鞍上を務めました。尾形は、馬の能力を最大限に引き出す技術と、レースでの大胆な騎乗で知られていました。 尾形は、1932年に騎手を引退し、調教師に転身しました。彼は、調教師としても成功を収め、1941年にトキノミノルで帝室御賞典を制しました。また、1943年には、タチカゼで帝室御賞典と日本ダービーを制し、二冠馬を誕生させました。尾形は、調教師として、騎手時代以上に名声を博し、日本の競馬界をリードする存在となりました。 尾形は、1958年に調教師を引退しましたが、日本競馬界への貢献は計り知れません。尾形が育て上げた馬たちは、日本の競馬の歴史に名を残す名馬ばかりです。また、尾形は、騎手や調教師として後進の指導にも力を入れ、日本の競馬界の発展に貢献しました。 尾形は、1975年に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。尾形は、日本の競馬界に多大な貢献をした偉大な騎手兼調教師であり、彼の功績は永遠に忘れることはできません。
スポーツ分野の人

野平祐二(1928-2001)→ 昭和-平成時代の騎手・調教師

野平祐二(1928-2001)→ 昭和-平成時代の騎手・調教師
スポーツ分野の人

「佐々木竹見」

-佐々木竹見 地方競馬の鉄人- -小見出し 地方競馬の鉄人- 佐々木竹見は、日本の地方競馬騎手である。1957年6月29日生まれ、東京都出身。血液型はA型。身長161cm、体重49kg。所属は高知競馬場。 佐々木竹見は、1976年3月31日に高知競馬場でデビューした。初勝利は、デビューから4戦目の4月11日、高知競馬場での4歳条件戦だった。 佐々木竹見は、デビュー以来、通算7,409勝を挙げており、これは地方競馬史上最多勝利記録である。また、重賞競走も数多く制しており、うち中央競馬のGⅠ競走は、1996年の宝塚記念(ライスシャワー)、1997年の天皇賞(春)(マヤノトップガン)、2000年の菊花賞(アグネスフライト)の3勝である。 佐々木竹見は、その卓越した騎乗技術と、勝負に対する強い気持ちで、地方競馬の鉄人と呼ばれている。また、佐々木竹見は、人柄も良く、ファンからの支持も厚い。 佐々木竹見は、2019年3月31日に引退した。引退後は、高知競馬場で調教師として活動している。 -佐々木竹見の主な勝鞍- * 宝塚記念(1996年) * 天皇賞(春)(1997年) * 菊花賞(2000年) * 日本ダービー(2001年) * 有馬記念(2002年) * ジャパンカップ(2003年) * ドバイワールドカップ(2004年) * ブリーダーズカップ・クラシック(2005年)
スポーツ分野の人

保田隆芳:伝説の騎手と調教師

保田隆芳:伝説の騎手と調教師
スポーツ分野の人

柴田政人 – 昭和後期から平成時代の騎手と調教師

柴田政人 - 昭和後期から平成時代の騎手と調教師
スポーツ分野の人

稀代のカリスマジョッキー武豊が成し遂げた偉業

-史上最年少のクラシック制覇- 武豊は、1987年に史上最年少の18歳でクラシック(皐月賞)を制覇した。この偉業は、それまでの最年少記録を2歳更新するものであり、競馬界に衝撃を与えた。 武豊は、1969年に滋賀県に生まれた。父親は元騎手で、武豊も幼い頃から乗馬を始めた。1985年に騎手デビューし、1987年には史上最年少のクラシック制覇を達成した。 武豊の騎乗スタイルは、大胆かつ巧妙であり、多くのファンを魅了した。また、武豊は常に冷静沈着な判断力と、馬との息の合った騎乗で知られ、数々の勝利を収めた。 武豊は、1990年に史上最年少の21歳でダービーを制覇し、1992年には史上最年少の23歳で天皇賞(春)を制覇した。また、1994年には史上最年少の25歳で有馬記念を制覇し、クラシック三冠を達成した。 武豊は、現在でも第一線で活躍しており、数々の勝利を収めている。武豊の騎乗スタイルは、多くの騎手の憧れとなり、競馬界に大きな影響を与えている。
スポーツ分野の人

福永洋一

-天才ジョッキーの生涯- 福永洋一は、1966年10月1日、東京都に生まれた。父は元騎手の福永甲、母は元女優の江波杏子。幼い頃から乗馬を始め、1983年に騎手デビューを果たした。デビューからわずか3年後の1986年、皐月賞と菊花賞を制し、クラシック二冠を達成。 1987年には天皇賞(春)を制し、三冠馬となった。 1988年、福永はフランスに遠征し、凱旋門賞に出走。2着に敗れたものの、日本馬初の凱旋門賞2着という偉業を成し遂げた。 1989年には、再び凱旋門賞に出走し、3着に入賞。日本馬初の凱旋門賞入賞を果たした。 1990年、福永は騎手を引退。通算2,301勝、重賞69勝という輝かしい成績を残した。引退後は、調教師に転身。2003年には、スペシャルウィークで日本ダービーを制し、調教師としてGI初勝利を挙げた。 2007年、福永は調教師を引退。通算102勝、重賞12勝という成績を残した。引退後は、競馬評論家やタレントとして活躍している。 福永洋一は、日本競馬史上最高のジョッキーの一人である。天才的な騎乗技術と、勝負強さで多くの人々を魅了した。その功績は、今もなお語り継がれている。
スポーツ分野の人

中島啓之:昭和の伝説的な騎手が刻んだ足跡

-生い立ちと騎手としての道のり- 中島啓之は、1925年(大正14年)4月5日に北海道室蘭市で生まれました。馬に親しむ環境で育ち、幼い頃から騎手を志していました。1942年(昭和17年)に騎手免許を取得し、デビュー。翌1943年(昭和18年)には早くも東京優駿(日本ダービー)で優勝し、一躍その名を轟かせました。 その後も中島啓之は、数々のビッグレースを制し、昭和を代表する騎手として活躍しました。特に、1949年(昭和24年)には、日本ダービー、皐月賞、菊花賞のクラシック三冠を史上初めて達成。1951年(昭和26年)には、天皇賞(春)と有馬記念に優勝し、初の春秋グランプリ制覇を成し遂げました。 中島啓之は、その卓越した騎乗技術と、勝利への執念で知られていました。また、馬とのコミュニケーション能力にも優れており、騎乗馬との信頼関係を築くことで、多くの勝利を収めました。 中島啓之は、1963年(昭和38年)に引退するまで、通算1,699勝を挙げました。これは、当時の日本競馬史上最多の勝利数であり、現在でも歴代4位となっています。また、日本ダービーを3勝、皐月賞を2勝、菊花賞を2勝、天皇賞(春)を3勝、有馬記念を2勝するなど、数々のビッグレースを制しました。 中島啓之は、その功績を称えられ、1990年(平成2年)に競馬殿堂入りを果たしました。また、2000年(平成12年)には、日本中央競馬会の特別表彰を受けました。 中島啓之は、昭和を代表する騎手として、日本の競馬史にその名を刻みました。その騎乗技術と、勝利への執念は、多くの競馬ファンに感動を与え、今でも語り継がれています。
スポーツ分野の人

岡部幸雄:伝説のジョッキーの功績と記録を振り返る

42年のデビューから17年の引退まで、輝かしいキャリアを築いた岡部幸雄 岡部幸雄氏は、1950年2月7日に北海道札幌市で生まれました。1972年にデビューし、日本中央競馬会(JRA)の騎手として活躍しました。岡部氏は、皐月賞、日本ダービー、菊花賞のクラシック三冠を制覇した唯一の騎手です。また、天皇賞(春)、天皇賞(秋)、有馬記念のグランプリを全て制覇した唯一の騎手でもあります。 岡部氏は、1987年に東京優駿(日本ダービー)をサクラスターオーで制し、クラシック三冠を達成しました。この勝利は、岡部氏を日本中の人気者にしました。岡部氏は、その後も名馬に恵まれ、多くのレースで勝利を収めました。 岡部氏は、1989年に香港国際カップをホクトベガで制し、日本馬初の海外G1勝利を達成しました。この勝利は、日本競馬界に大きな衝撃を与えました。その後、岡部氏は1990年に凱旋門賞にレガシーワールドで挑戦するなど、世界に挑戦し続けました。 岡部氏は、2005年に引退するまでに、G1レースを127勝しました。この勝利数は、日本の騎手の中で歴代1位です。岡部氏は、1998年に日本競馬殿堂入りを果たしました。 岡部氏は、引退後も競馬界に貢献し続けています。岡部氏は、2006年に日本調教師会に加盟し、調教師として活躍しています。岡部氏は、2012年にキズナで東京優駿(日本ダービー)を制し、調教師としてクラシック制覇を達成しました。 岡部氏は、日本の競馬界を代表する騎手であり、調教師です。岡部氏の功績は、これからも語り継がれるでしょう。
スポーツ分野の人

増沢末夫:昭和の英雄騎手、そして偉大な調教師

増沢末夫:昭和の英雄騎手、そして偉大な調教師