高峰顕日

歴史上の人物

天岸慧広とは – 生涯と功績を紹介

天岸慧広の生涯 天岸慧広は、1463年に琉球王国で生まれた。幼名は思五郎。 1475年、父が死去したため、13歳で家督を相続。 1490年、琉球の王位を継いだ尚真王に仕え、中城城の守備を任される。 1493年、尚真王の命により、明に留学。 1495年、帰国後、尚真王の側近となり、王妃の父である懐機(かいき)と権力を争う。 1498年、懐機を暗殺したとされ、尚真王の怒りを買って、捕らえられて幽閉される。 1509年、幽閉から解放され、尚真王の信任を取り戻す。 1510年、尚真王の命により、鹿児島に渡り、薩摩藩の島津氏と交渉。 1511年、帰国後、尚真王の死後に、その子である尚清王を補佐。 1516年、尚清王の死後に、その子である尚元王を補佐。 1529年、尚元王の死後に、その子である尚永王を補佐。 1531年、尚永王の死後に、その子である尚寧王を補佐。 1533年、尚寧王の死後に、その子である尚円王を補佐。 1534年、尚円王の死後に、その子である尚真王を補佐。 1539年、病のため、和歌山県で死去。享年77。
歴史上の人物

無礙妙謙-南北朝時代の僧

無礙妙謙の生涯 無礙妙謙の生涯は、南北朝時代という激動の時代に翻弄されながら、仏教の道を歩み続けた僧侶の生涯である。 無礙妙謙は、509年に越前国に生まれた。幼い頃から仏教に帰依し、出家して僧侶となった。その後、奈良の興福寺で修行を積み、頭角を現した。 544年、無礙妙謙は、天台宗の祖である智顗に師事するために、中国に渡った。智顗は、無礙妙謙の才能を高く評価し、彼に天台宗の教えを授けた。 557年、無礙妙謙は、日本に帰国した。帰国後は、興福寺や薬師寺で、天台宗の教えを弘めた。また、多くの弟子を育て、天台宗の発展に尽力した。 576年、無礙妙謙は、88歳の生涯を終えた。無礙妙謙は、天台宗の教えを日本に伝え、その発展に大きく貢献した僧侶である。彼の業績は、今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

「顕日」(⇒高峰顕日(こうほう-けんにち))について

「顕日」の読み方 「顕日」の読み方は、「けんにち」または「あらわび」です。 「けんにち」という読み方は、漢字の読み方である「顕(けん)」と「日(にち)」を組み合わせたものです。 「あらわび」という読み方は、漢字の読み方である「顕(あらわ)」と「日(び)」を組み合わせたものです。 「あらわび」という言葉は、一般的には「顕著な日」という意味で使われますが、高峰顕日(こうほう-けんにち)の読み方としてこの読み方が使われることはあまりありません。 高峰顕日は、鎌倉時代の中期に活躍した浄土宗の僧侶です。 法然房源空(ほうねんぼう-げんくう)の弟子であり、浄土宗の開祖とされる親鸞(しんらん)の師匠として知られています。 高峰顕日の読み方は、「けんにち」が一般的です。
歴史上の人物

「枢翁妙環」(1273-1354)

- 枢翁妙環の生涯 枢翁妙環は、1273年に中国の福建省で生まれました。幼少期から仏教に深く帰依し、16歳の時に出家して比丘尼となりました。その後、各地の寺院を巡りながら仏教を学び、19歳の時に悟りを開きました。 悟りを開いた枢翁妙環は、その後も各地で仏教を弘め、多くの弟子を育てました。また、多くの著書を残し、その思想は中国の仏教に大きな影響を与えました。 枢翁妙環は、1354年に81歳で亡くなりました。その遺体は、福建省の福清県にある妙厳寺に葬られました。 枢翁妙環の思想は、中国の仏教に大きな影響を与えました。その思想は、後の中国の禅宗の発展にも大きな影響を与えました。 枢翁妙環は、中国仏教史上の重要な人物であり、その思想は今もなお多くの人々に影響を与えています。
歴史上の人物

元翁本元 – 鎌倉時代の臨済宗の僧

-元翁本元 - 鎌倉時代の臨済宗の僧- -元翁本元の生涯と修行時代- 元翁本元(げんおうほんげん、1242年 - 1317年)は、鎌倉時代の臨済宗の僧。南宋に渡って虚堂智愚に参禅し、その法を嗣いだ。帰朝後は大徳寺、建長寺、円覚寺などの住職を歴任し、臨済宗の復興に努めた。 元翁本元は、1242年に武蔵国児玉郡(現在の埼玉県児玉郡)に生まれた。幼い頃から仏教に親しみ、15歳の時に出家して建長寺の無関普門に参禅した。無関普門は、南宋に渡って虚堂智愚に参禅し、その法を嗣いだ臨済宗の僧である。元翁本元は、無関普門のもとで修行を積み、1280年に南宋に渡った。 南宋では、虚堂智愚に参禅してその法を嗣いだ。虚堂智愚は、臨済宗楊岐派の禅僧であり、元翁本元に大きな影響を与えた。元翁本元は、虚堂智愚のもとで修行を積み、1285年に帰朝した。 帰朝後は、大徳寺、建長寺、円覚寺などの住職を歴任し、臨済宗の復興に努めた。元翁本元は、虚堂智愚の法を日本に伝え、臨済宗の禅風を確立した。また、多くの弟子を育て、臨済宗の発展に貢献した。 元翁本元は、1317年に遷化(せんげ)した。享年76。
歴史上の人物

「高峰顕日」

鎌倉時代の僧侶 鎌倉時代には、多くの僧侶が活躍しました。彼らの中には、世俗の権力に影響を与え、社会に大きな影響を与えた人物もいます。ここでは、鎌倉時代の僧侶の中で特に有名な4人を紹介します。 ・栄西(1141~1215年) 栄西は、禅宗を日本に伝えたことで知られています。栄西は、1168年に中国に渡り、禅宗を学びました。1191年に日本に帰国した後、京都に建仁寺を開き、禅宗を広めました。栄西は、また、お茶を日本に伝えた人物としても知られています。 ・道元(1200~1253年) 道元は、曹洞宗を日本に伝えたことで知られています。道元は、1223年に中国に渡り、曹洞宗を学びました。1227年に日本に帰国した後、京都に建長寺を開き、曹洞宗を広めました。道元は、また、坐禅の重要性を説いたことで知られています。 ・日蓮(1222~1282年) 日蓮は、日蓮宗を創始したことで知られています。日蓮は、1253年に鎌倉で日蓮宗を開きました。日蓮は、法華経を唯一の経典とし、唱題を重視しました。日蓮は、また、蒙古襲来を予言したことで知られています。 ・一遍(1239~1289年) 一遍は、時宗を創始したことで知られています。一遍は、1267年に京都で時宗を開きました。一遍は、踊念仏を重視しました。一遍は、また、「一遍上人絵詞伝」を残したことで知られています。 鎌倉時代の僧侶たちは、世俗の権力に影響を与え、社会に大きな影響を与えました。彼らは、禅宗、曹洞宗、日蓮宗、時宗など、日本の仏教の発展に貢献しました。
歴史上の人物

可翁妙悦:鎌倉建長寺の住持となった南北朝時代の僧

-可翁妙悦の生涯と業績- 可翁妙悦(かおうみょうえつ、生没年不詳)は、南北朝時代の僧。建長寺第37世住持。字は東喬、号は可翁。鎌倉の人。 可翁妙悦は、鎌倉に生まれ、建長寺に入寺した。建長寺は、鎌倉五山の一つで、臨済宗円覚寺派の本山である。可翁妙悦は、建長寺で修行を積み、住持となった。 可翁妙悦は、建長寺の住持として、寺務を執り、門弟の育成に当たった。また、可翁妙悦は、鎌倉幕府と関係が深く、幕府から帰依を受け、幕府の祈祷を行った。 可翁妙悦は、建長寺で没した。没年は不詳であるが、1368年(貞治7年)以降と推定されている。 可翁妙悦は、建長寺の住持として、寺務を執り、門弟の育成に当たった。また、可翁妙悦は、鎌倉幕府と関係が深く、幕府から帰依を受け、幕府の祈祷を行った。可翁妙悦は、鎌倉仏教の発展に貢献した。 可翁妙悦の著作には、詩文集『可翁集』や、禅語録『可翁語録』などがある。可翁集には、可翁妙悦の詩や文、法語などが収められており、可翁妙悦の思想や人柄を知ることができる。可翁語録には、可翁妙悦の禅語録が収められており、可翁妙悦の禅思想を知ることができる。 可翁妙悦は、鎌倉仏教の発展に貢献した僧である。可翁妙悦の著作は、可翁妙悦の思想や人柄を知ることができる貴重な資料である。
歴史上の人物

「高山慈照」

-高山慈照とは- 高山慈照(1864-1944)は、日本の宗教者、社会活動家で、真宗大谷派(浄土真宗本願寺派)の第23代法主。 明治維新期の政教分離を経て、浄土真宗本願寺派の近代化に尽力した。 教育者としての側面もあり、京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)等を設立した。 社会事業にも尽力し、1909年には「慈照社会事業会」を設立して社会事業の推進を図った。 また、1914年には、京都に「浄土真宗本願寺派海外伝道局」を設立して、海外への仏教の伝道を推進した。 その他にも、慈善活動にも尽力し、1916年には「慈照慈善会」を設立して、社会弱者の救済を図った。 高山慈照は、日本の近代化に尽力した社会活動家であり、社会事業、教育、社会福祉、海外伝道と、幅広い分野で功績を残した。
歴史上の人物

通翁鏡円:鎌倉時代の僧侶

-通翁鏡円の生涯- 通翁鏡円は、鎌倉時代の僧侶で、日本禅宗史上最も重要な人物の一人です。 1211年、若狭国(現在の福井県)に生まれ、16歳の時に出家して京都の建仁寺に入りました。その後、中国に渡り、天童山景徳寺で無学祖元のもとで修行しました。 1244年に帰国した後、建仁寺で住職を務め、1253年には全国の禅宗寺院を統括する「禅宗五山」の制度を制定しました。また、日本初の禅宗の専門道場である「建長寺」を開創し、禅宗の普及に努めました。 通翁鏡円は、禅宗の教えを日本に広め、日本の文化や思想に大きな影響を与えました。彼の著書である「建長寺清規」は、禅宗の戒律や作法をまとめたもので、後世の禅宗寺院の規範となりました。 通翁鏡円は、1288年に建長寺で入寂しました。享年78歳でした。
歴史上の人物

太平妙準→ 鎌倉時代の僧の生涯と功績

太平妙準の生涯 太平妙準は、鎌倉時代に活躍した僧です。1226年に現在の東京都府中市で生まれ、幼名は寿丸でした。11歳で出家し、鎌倉の建長寺で修業を積みました。その後、京都の東福寺に移り、円爾(後の聖一国師)の弟子となりました。 1253年、妙準は渡宋して南宋に留学しました。臨済宗の祖師である無準師範に師事し、禅を学びました。妙準は中国で13年間修行し、1266年に帰国しました。 帰国後は、鎌倉の円覚寺に住持となりました。また、建長寺や東福寺でも住持を務めました。妙準は禅の修行に励み、多くの弟子を育てました。また、禅の教えを武士や庶民に広めるために、各地を巡って説法を行いました。 妙準は、1303年に77歳で亡くなりました。死後、妙準は「太平妙準禅師」と諡され、鎌倉の建長寺に葬られました。 妙準は、鎌倉時代に禅の普及に貢献した重要な人物です。妙準の教えは、武士や庶民に広く受け入れられ、鎌倉時代の文化に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

乾峰士曇→ 鎌倉-南北朝時代の僧

乾峰士曇の生涯 乾峰士曇(1251年 - 1333年)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての僧。曹洞宗の開祖である道元禅師の法嗣であり、曹洞宗の第2祖とされる。諡(おくりな)は正覚国師。 乾峰士曇は、1251年に筑前国(現在の福岡県)に生まれる。俗名は藤原信濃権守盛氏。幼少期に父を亡くし、母に育てられる。18歳の時に出家し、比叡山で天台宗を学ぶ。その後、京都の建仁寺で禅を学び、1276年に道元禅師に出会う。道元禅師に師事して禅を学び、1282年に印可(いんか)を受ける。 1285年に道元禅師が亡くなると、乾峰士曇は曹洞宗の第2祖となる。その後、京都の永平寺を拠点に曹洞宗の布教に努め、多くの弟子を育てる。1333年に永平寺で死去。享年83。 乾峰士曇は、曹洞宗の教義を体系化し、曹洞宗の発展に大きく貢献した。また、禅の修行方法である「只管打坐」を提唱し、曹洞宗の修行の基礎を確立した。乾峰士曇の教えは、後の曹洞宗の発展に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

峰翁祖一

峰翁祖一について 峰翁祖一(1864-1941)は、明治・大正・昭和期の日本画家。日本画の近代化に貢献した人物としても知られています。 1864年、大阪に生まれました。本名は森下大吉。幼い頃から絵を好み、14歳の時に上京して、狩野芳崖に師事しました。狩野芳崖は、明治維新後に洋画の技法を取り入れた新しい日本画のスタイルを確立した画家で、峰翁祖一はその影響を強く受けました。 峰翁祖一は、狩野芳崖の死後、竹内栖鳳や横山大観らと「日本美術院」を創立しました。日本美術院は、日本画の近代化を推進する団体で、峰翁祖一は中心的人物として活躍しました。 峰翁祖一は、日本画の近代化に貢献しただけでなく、多くの優れた作品を残しました。代表作には、「海棠図(1907年)」「孔雀図(1914年)」「秋声(1922年)」などがあります。 峰翁祖一は、1941年に77歳で亡くなりました。しかし、その作品は現在でも高く評価されており、日本画の巨匠として知られています。
歴史上の人物

月船琛海-鎌倉時代の禅僧

月船琛海-鎌倉時代の禅僧 月船琛海の生涯と偉業 月船琛海(げっせんしんかい、1239年-1337年)は、鎌倉時代の禅僧。月船禅師、琛海禅師とも称される。中国で禅を学び、帰国後は鎌倉建長寺に住し、臨済宗の振興に尽力した。また、禅に加えて儒学にも通じており、多くの書物を著した。 月船琛海は、1239年に鎌倉で生まれた。幼名は杲。16歳の時に建長寺に入寺し、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)に師事した。その後、中国に渡り、径山寺(けいざんじ)で無準師範(むじゅんしばん)に師事した。無準師範の死後は、径山寺に住し、禅の修行に励んだ。 1292年、月船琛海は日本に帰国した。帰国後は、建長寺に住し、臨済宗の振興に尽力した。また、禅に加えて儒学にも通じており、多くの書物を著した。月船琛海の著作には、『月船禅師語録』、『月船禅師遺稿』などがある。 月船琛海は、1337年に建長寺で示寂した。享年99歳。月船琛海は、臨済宗の振興に尽力し、日本の禅の発展に大きな貢献をした。また、禅に加えて儒学にも通じており、多くの書物を著した。月船琛海は、日本の禅と儒学の発展に大きな影響を与えた重要人物である。
歴史上の人物

「仏国応供広済国師」(⇒高峰顕日(こうほう-けんにち))について

仏国応供広済国師とは 仏国応供広済国師とは、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての僧侶です。京都府相楽郡南山城村の法相宗寺院、宝菩提院の開祖です。 俗名は、藤原宗範。一説には源頼朝の父、源義朝の弟と伝えられていますが、定かではありません。 11歳で、醍醐寺の恵亮(えりょう)に師事し、出家して覚念と名付けられました。その後、西塔の尋禅(じんぜん)に師事し、密教を学びました。 建保元年(1213年)、恵亮から法相宗の法を受け、法号を高峰顕日(こうほう-けんにち)と改めました。 建保6年(1218年)、宝菩提院を開創しました。宝菩提院は、法相宗の拠点として栄え、鎌倉時代には、朝廷から多くの寄進を受けました。 建長3年(1251年)、高峰顕日は、70歳で亡くなりました。 高峰顕日は、法相宗の復興に尽力し、多くの弟子を育てました。その弟子の中には、法相宗の第二祖とされる湛然(たんねん)も含まれています。 高峰顕日は、日本の仏教史において、重要な人物の一人とされています。
歴史上の人物

平心処斎 – 鎌倉-南北朝時代の僧侶

- 平心処斎の生涯 平心処斎は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての僧侶です。本名は藤原時益(ふじわら のときます)。延慶2年(1309年)に、信濃国松本庄(現在の長野県松本市)に生まれました。父は信濃国松本庄の地頭を務めた藤原時貞(ふじわら のときさだ)です。 13歳で出家し、建長寺で仏教を学びました。その後、鎌倉にある円覚寺に移り、無学祖元(むがくそげん)に師事しました。1333年に無学祖元が亡くなると、平心処斎は円覚寺の住持となりました。 平心処斎は、多くの著作を残しています。その中でも最も有名なのが、『正法眼蔵』です。『正法眼蔵』は、仏教の教えをまとめた書物であり、禅の思想をわかりやすく解説しています。 平心処斎は、1375年に亡くなりました。享年67歳でした。平心処斎の墓は、鎌倉にある円覚寺にあります。 平心処斎は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、日本の禅宗の発展に大きな功績を残した僧侶です。平心処斎の著作は、現在でも多くの禅僧に読まれています。
歴史上の人物

「真空妙応」

-真空妙応の生涯- 真空妙応は、748年に中国の四川省に生まれた。彼は幼い頃から仏教に帰依し、11歳の時に出家して比丘となった。その後、各地を巡りながら仏法を学び、20歳の時に悟りを開いた。 妙応は、悟りを開いた後、各地で仏教を説き、多くの弟子を集めた。彼は、般若経を宣揚する「空の思想」を説き、仏教の真髄は「空」にあるとした。また、彼は、衆生を救済するためには、慈悲の心を持ち、菩薩の道を歩むべきであると説いた。 妙応の説法は、多くの人々の心を捉え、彼の門下には多くの弟子が集まった。彼は、弟子たちを指導しながら、仏教の普及に努めた。そして、818年に71歳で入滅した。 妙応の死後、彼の弟子たちは、彼の教えを継承して仏教を広めた。そして、彼の教えは、中国から日本に伝わり、日本の仏教にも大きな影響を与えた。 -妙応の思想- 妙応の思想は、「空の思想」と「慈悲の心」を説くものであった。 「空の思想」とは、この世のすべてのものは、実体のないものであるという考え方である。すべてのものは、縁起によって生滅しており、それ自体の実体はない。したがって、執着心を捨てて、空の境地に至ることが大切である。 「慈悲の心」とは、すべての生き物に対して、慈しみと憐れみの心を持つことである。すべての生き物は、苦しみから逃れ、幸福になることを願っている。したがって、私たちも、すべての生き物の幸福を願って、慈悲の心を持って生きるべきである。 妙応の思想は、多くの人々の心を捉え、彼の門下には多くの弟子が集まった。彼は、弟子たちを指導しながら、仏教の普及に努めた。そして、818年に71歳で入滅した。 妙応の死後、彼の弟子たちは、彼の教えを継承して仏教を広めた。そして、彼の教えは、中国から日本に伝わり、日本の仏教にも大きな影響を与えた。
歴史上の人物

此山妙在- 鎌倉から南北朝時代にかけての禅僧

-此山妙在の人生と経歴- 此山妙在(1291-1372)は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての禅僧です。曹洞宗の開祖である道元禅師の弟子であり、曹洞宗の弘通に尽力しました。 妙在は、1291年に現在の愛知県豊川市に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、14歳の時に出家して曹洞宗の僧侶となりました。その後、道元禅師に師事し、曹洞宗の教えを学びました。 1324年に道元禅師が亡くなった後、妙在は曹洞宗の弘通に尽力しました。妙在は、各地を巡って曹洞宗の教えを説き、多くの弟子を育てました。また、曹洞宗の寺院を建立し、曹洞宗の発展に貢献しました。 妙在は、1372年に現在の石川県小松市で亡くなりました。享年82歳でした。妙在は、曹洞宗の弘通に尽力し、曹洞宗の発展に貢献した偉大な禅僧です。 妙在の生涯は、曹洞宗の歴史を知る上で重要な意味を持っています。妙在の生涯を学ぶことで、曹洞宗の教えや曹洞宗の歴史をより深く理解することができます。
歴史上の人物

鎌倉時代の僧-「大同妙喆」(?-?)

- 高峰顕日に師事し法を継ぐ 鎌倉時代の禅僧である大同妙喆は、高峰顕日に師事し、その法を継ぎました。高峰顕日は、鎌倉時代初期の禅僧であり、建長寺を開いた人物です。大同妙喆は、高峰顕日の弟子として、建長寺で修行を重ね、その法を継ぎました。 大同妙喆は、高峰顕日の法を継いだ後、建長寺に住し、多くの弟子を育てました。その弟子の中には、後に鎌倉時代後期を代表する禅僧となる夢窓疎石も含まれていました。大同妙喆は、鎌倉時代中期に亡くなりましたが、その法は、弟子たちによって受け継がれ、後世に伝えられました。 大同妙喆は、鎌倉時代を代表する禅僧の一人であり、その法は、多くの弟子たちに受け継がれました。その法は、後世に伝えられ、日本の禅の発展に大きな影響を与えました。