高野山挙兵

歴史上の人物

– 熊谷直孝(1)

-勤王派とまじわり、慶応3年の鷲尾隆聚(わしのお-たかつむ)らの高野山挙兵に軍資金を提供- 熊谷直孝は、高野山で修行している Mönch Mönch。尊王攘夷運動に参加し、慶応3年(1867年)に鷲尾隆聚らが起こした高野山挙兵に軍資金を提供した。 鷲尾隆聚は、尊王攘夷運動の志士であり、高野山で兵を挙げて朝廷に迫った。熊谷直孝は、鷲尾隆聚の挙兵に共鳴し、軍資金を提供した。 鷲尾隆聚の挙兵は、失敗に終わったが、熊谷直孝は、尊王攘夷運動に引き続き参加した。明治維新後は、政府に出仕し、要職を歴任した。 熊谷直孝は、尊王攘夷運動に身を投じた高野山 Mönch Mönchであり、鷲尾隆聚の挙兵に軍資金を提供した人物である。明治維新後は、政府に出仕し、要職を歴任した。
歴史上の人物

幕末の尊攘運動家・千葉清宗の生涯

千葉清宗とは? 千葉清宗は、日本の幕末期に活躍した尊攘運動家です。彼は、1817年(文化14年)に、現在の千葉県松戸市に生まれました。幼名は正太郎といい、千葉氏の末裔と称する家柄に生まれました。 千葉清宗は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。15歳の頃には、江戸に出て、昌平黌(昌平坂学問所)で学びました。昌平黌では、朱子学や経書を学び、幕末の思想界に大きな影響を与えた佐藤信淵や大塩平八郎らと交流しました。 千葉清宗は、昌平黌を卒業した後、1839年(天保10年)に、幕府の勘定奉行に任命されました。勘定奉行は、幕府の財政を司る役職で、千葉清宗は、幕府の財政改革に取り組みました。 千葉清宗は、勘定奉行を務めるかたわら、尊攘運動にも参加しました。尊攘運動とは、幕府を倒して、天皇を中心とした新しい国家を作ることを目指した運動です。千葉清宗は、尊攘運動の志士たちと交流し、倒幕のための計画を練りました。 1860年(万延元年)、千葉清宗は、尊攘運動の志士たちと一緒に、桜田門外の変を起こしました。桜田門外の変は、江戸城の桜田門外で、幕府の大老である井伊直弼を暗殺した事件です。千葉清宗は、桜田門外の変に参加した志士たちを支援し、事件の成功に貢献しました。 桜田門外の変の後、千葉清宗は、幕府の追跡を逃れて、京都に逃れました。京都では、尊攘運動の志士たちと協力して、倒幕のための活動を続けました。 しかし、1863年(文久3年)、千葉清宗は、幕府の追っ手に捕らえられて、処刑されました。享年47歳でした。 千葉清宗は、幕末の尊攘運動の志士として、幕府を倒すために尽力しました。彼の功績は、明治維新の成功に大きく貢献しました。
歴史上の人物

山県与市 – 幕末の尊攘運動家

-天誅組や鷲尾隆聚の高野山挙兵支援- 山県与市は、天誅組や鷲尾隆聚の高野山挙兵を支援した尊攘運動家です。 天誅組は、1863年に大和国で結成された倒幕組織です。鷲尾隆聚は、天誅組の盟主を務めました。山県与市は、天誅組の結成当初から参加し、倒幕運動を推進しました。 1864年、天誅組は大和国で挙兵しました。山県与市は、天誅組の軍監として、挙兵軍を指揮しました。しかし、天誅組は政府軍に敗れ、解散しました。 天誅組の挙兵後、山県与市は高野山に潜伏しました。高野山では、鷲尾隆聚が挙兵を計画していました。山県与市は、鷲尾隆聚の挙兵を支援し、挙兵軍に加わりました。 しかし、鷲尾隆聚の挙兵も政府軍に敗れ、解散しました。山県与市は、挙兵軍の敗北後、高野山を離れ、薩摩藩に亡命しました。 薩摩藩では、山県与市は藩の要職を歴任しました。1868年、薩摩藩が倒幕軍に加わると、山県与市は倒幕軍に参加し、戊辰戦争を戦いました。 戊辰戦争後、山県与市は政府の要職を歴任しました。1871年、山県与市は参議に就任しました。1873年、山県与市は内務卿に就任しました。 山県与市は、1884年に死去しました。
歴史上の人物

川上鎮石-幕末の志士

- 川上鎮石-幕末の志士 -# -幕末維新を生きた一人として- 川上鎮石(かわい じんせき)は、1833年(天保4年)に丹波国氷上郡柏原村(現・兵庫県丹波市氷上町柏原)に生まれた幕末の志士です。諱は玄礼、号は悠々園。攘夷思想に強く感化され、尊王攘夷運動に身を投じました。 1863年(文久3年)、攘夷派公卿である三条実美・岩倉具視らが、天皇の名を借りて朝廷に密勅を奉じて、幕府に攘夷実行を迫りました(七卿落ち)。これに対して、幕府は公卿を京都から追放し、鎮石ら攘夷派志士は京都から逃亡しました。 鎮石は、長州藩に亡命し、高杉晋作や伊藤博文らと交流を深めました。1865年(慶応元年)、第一次長州征伐が勃発すると、鎮石は長州藩に加勢するため、兵を率いて京都に向かいました。しかし、長州藩は幕府軍に敗北し、鎮石も負傷して京都を離れました。 1866年(慶応2年)、第二次長州征伐が勃発すると、鎮石は再び長州藩に加勢するため、兵を率いて京都に向かいました。しかし、長州藩は幕府軍に敗北し、鎮石も京都に留まることができず、丹波国に帰郷しました。 1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発すると、鎮石は朝廷軍に加勢するため、兵を率いて京都に向かいました。朝廷軍は幕府軍に勝利し、明治維新が成し遂げられました。 鎮石は、明治政府に出仕し、外務省や内務省で働きました。1873年(明治6年)、外務省を退官し、丹波国に帰郷しました。1889年(明治22年)、衆議院議員に当選し、1期務めました。1894年(明治27年)、61歳で死去しました。 鎮石は、幕末維新を生きた一人として、日本の近代化に貢献した人物です。
歴史上の人物

前倉温理

-前倉温理の生涯- 前倉温理は、1920年1月1日に北海道札幌市で生まれた。小学校卒業後は、地元の印刷会社に就職した。その後、1940年に召集されて海軍に入隊した。太平洋戦争中は、駆逐艦「雪風」に乗艦して、数々の戦闘に参加した。 終戦後は、印刷会社に復職した。1949年には、衆議院議員選挙に立候補して当選し、政界入りを果たした。1952年には、第3次吉田内閣の労働政務次官に任命された。1953年には、北海道開発庁長官に就任した。 1955年、鳩山一郎内閣で防衛庁長官に就任した。在任中は、自衛隊の創設に尽力した。1957年には、第1次岸信介内閣の通商産業大臣に任命された。 1958年、衆議院議員選挙で落選した。その後、実業家として活躍した。1979年には、北海道開発庁長官に再任された。在任中は、北海道の経済発展に貢献した。 1982年、次期総裁候補として注目されていたが、急逝した。享年62歳だった。 前倉温理は、北海道の経済発展に尽力した政治家であり、実業家だった。また、日本の安全保障に貢献した人物でもあった。