鬼室集信

歴史上の偉人

「鬼室集信」

-「鬼室集信」- -鬼室福信の一族として来日- 鬼室福信は、10世紀初めに来日したとされる渡来人で、鬼室集信の一族とされ、渡来後は摂津国西成郡に在住したとされる。 鬼室福信は、鬼室氏の始祖であり、その子孫は、後に摂津国西成郡を支配するようになったとされる。また、鬼室福信の子孫の中には、平安時代末期に源頼朝に仕えた鬼室家綱もいる。 鬼室福信の一族の渡来の背景には、当時の中国の政治情勢が影響していたと考えられている。唐が滅亡し、五代十国時代を迎えた中国では、多くの渡来人が日本に亡命した。鬼室福信の一族も、その内の1つと考えられている。 鬼室福信の一族の渡来は、日本の歴史に大きな影響を与えた。鬼室福信の子孫は、後に摂津国西成郡を支配するようになり、平安時代末期には源頼朝に仕えた鬼室家綱も輩出した。鬼室福信の一族は、日本の歴史に大きな足跡を残した渡来人の1つである。 -鬼室氏関連史跡- * 鬼室集信の墓(兵庫県西宮市) * 鬼室福信の墓(兵庫県大阪市西成区) * 鬼室家綱の墓(神奈川県鎌倉市)
歴史上の偉人

――「〓(“火へん”に「本」)日比子」

百済から渡来した医師 「〓(“火へん”に「本」)日比子」は、百済から渡来した医師です。姓(氏)は張、名は謎麻呂。姓は張氏、名は景福、字は徳高でした。 彼は、百済の官僚の家に生まれ、幼い頃から医学を学びました。百済が滅亡すると、日本に渡来しました。 日本に渡来した後は、聖武天皇や光明皇后の侍医を務めました。また、医学書を著し、日本の医学の発展に貢献しました。 彼は、百済から多くの医学知識を日本に伝えました。その中には、鍼灸や漢方薬が含まれていました。また、彼は、日本の医学書を著し、日本の医学の発展に貢献しました。 彼の医学書の中で最も有名なのは、「医心方」です。「医心方」は、30巻からなる医学書であり、日本の医学書の中で最も古いものの1つです。 「医心方」には、鍼灸や漢方薬、外科手術など、さまざまな医学知識が記されています。また、「医心方」は、日本の医学史を研究する上で貴重な資料となっています。 「〓(“火へん”に「本」)日比子」は、百済から渡来した医師であり、日本の医学の発展に貢献しました。彼の医学書である「医心方」は、日本の医学史を研究する上で貴重な資料となっています。