鳥取県

学術分野の人

豅含雄(1896-1964) → 生涯と功績

豅含雄の仏教講話と教育者としての功績 豅含雄は、1896年に大阪で生まれました。1918年に京都帝国大学文学部哲学科を卒業後、1923年に京都帝国大学大学院を修了しました。その後、1924年に京都帝国大学助教授、1929年に教授に就任しました。 豅含雄は、仏教学者として、仏教哲学、仏教史、仏教文学の研究に大きな功績を残しました。特に、仏教哲学の研究においては、京都学派の代表的な仏教学者の一人として知られています。 また、豅含雄は、教育者としても活躍しました。1924年に京都帝国大学助教授に就任して以降、1964年に退職するまで、京都帝国大学で仏教学を講義しました。また、1948年に京都女子大学の学長に就任し、1951年まで学長を務めました。 豅含雄の仏教講話は、その明晰な論理と深い洞察力に定評がありました。また、豅含雄は、仏教を現代の生活に生かす方法を説いた多くの著書も執筆しました。 豅含雄の仏教講話と教育者としての功績は、多くの人々に仏教をわかりやすく伝え、仏教の普及に貢献しました。豅含雄は、日本の仏教学界と教育界に大きな足跡を残した偉大な仏教学者であり、教育者でした。
歴史上の人物

「松浦助六について」

松浦助六ってどんな人? 松浦助六は、江戸時代の商人であり、三井越後屋(のちの三井グループ)の創業者です。 1622年、京都に生まれ、幼名は「与兵衛」でした。 17歳の時に大阪に出て、呉服屋で見習いとして働いた後、18歳の時に独立して呉服屋を開業しました。 その後、江戸に出て、呉服屋を営みながら、両替商や米穀商も始め、財を成しました。 1673年には、三井越後屋を創業し、江戸の呉服業界を席巻しました。 三井越後屋は、質素倹約をモットーとし、小売業に重点を置いていたため、庶民の間で人気が高まりました。 松浦助六は、三井越後屋の成功に貢献しただけでなく、江戸の町の発展にも貢献しました。 1668年に起きた明暦の大火の復興に際しては、多額の寄付をして、江戸の復興に貢献しました。 また、1695年に起きた元禄地震の復興にも多額の寄付をして、江戸の復興に貢献しました。 松浦助六は、1709年に88歳で亡くなりましたが、三井越後屋はその後も発展を続け、日本最大の財閥に成長しました。 松浦助六は、江戸時代の商人であり、三井越後屋の創業者です。 質素倹約をモットーとし、小売業に重点を置いていたため、庶民の間で人気が高まり、江戸の町の発展にも貢献しました。
歴史上の人物

松浦助六-

松浦助六とは 松浦助六(まつうら すけろく)は、江戸時代前期の浮世絵師。石川流浮世絵を代表する絵師の一人であり、初期浮世絵の代表的な作品である「見返り美人図」の作者として知られている。 生誕1644年 逝去1705年 出生地江戸芝 職業浮世絵師 松浦助六は、1644年(正保元年)に江戸芝で生まれた。本名は石川源三郎。石川流浮世絵の祖である石川雅望に師事し、浮世絵の制作を始めた。 助六は、初期浮世絵の代表的な作品である「見返り美人図」の作者として知られている。見返り美人図は、後ろを振り返る美人を描いた浮世絵で、助六は、この作品で初めて女性の後ろ姿を描いた。この作品は、浮世絵の新しい表現方法として注目され、多くの浮世絵師が模倣した。 助六は、見返り美人図以外にも、多くの浮世絵作品を残している。中には、歌舞伎の役者を描いた作品や、風景を描いた作品もある。助六の作品は、江戸の庶民の生活や文化を伝える貴重な資料となっている。 助六は、1705年(宝永2年)に亡くなった。享年62。助六の死後、石川流浮世絵は、菱川師宣や西村重長などによって受け継がれ、浮世絵の主流となった。
歴史上の人物

多胡真清

-多胡真清の生涯- 多胡真清は、奈良時代の貴族で、権中納言・大蔵卿・中納言など、宮廷の要職も歴任した。歌人としても知られ、『万葉集』に2首の歌を残している。 -生い立ちと官歴- 多胡真清は、越前守・多胡安麻呂の長男として、733年に生まれた。幼い頃から聡明で、学問を好んだという。753年に、右京亮として官人生活をスタートさせた。その後、少判事に昇進し、弓削道鏡の元で内舎人を務めた。764年に右衛門少尉に任命され、767年に右衛門督に昇進した。 -権中納言への就任- 770年、多胡真清は権中納言に任命された。権中納言は、中納言の次官で、朝廷の政務を分担する重要な職である。真清は、権中納言として、国家の財政を担当する大蔵卿や、宮廷の儀式を取り仕切る中宮大夫など、数多くの要職を歴任した。 -藤原氏の台頭と失脚- 奈良時代の後期には、藤原氏が台頭し、朝廷内で大きな権力を握るようになった。藤原氏は、真清の政敵でもあり、真清は藤原氏と対立することになった。779年、真清は藤原氏によって失脚し、伊豆守に左遷された。 -晩年と死- 真清は、伊豆守に左遷された後、失意のうちに余生を過ごした。803年に、真清は京都に帰還したが、翌804年に死去した。享年72。 -歌人としての真清- 真清は、歌人としても知られており、『万葉集』に2首の歌を残している。真清の歌は、優美さと憂愁を併せ持った作風で知られている。真清の歌は、『万葉集』に収められた他の歌人たちの歌とは一線を画しており、独特の世界観を持っている。 真清は、奈良時代を代表する貴族であり、歌人である。真清の生涯は、奈良時代の政治と文化を反映しており、真清の歌は、奈良時代の貴族たちの心情を垣間見ることができる貴重な資料である。
学術分野の人

佐々井秀緒→ 日本語教育に貢献した人物

佐々井秀緒の生涯 佐々井秀緒は、1889年、北海道に生まれました。父は小学校教師、母は農家の娘でした。秀緒は、幼い頃から、勉強家であり、成績優秀でした。小学校卒業後は、北海道師範学校に進学し、1910年に卒業しました。 1911年、秀緒は、樺太(サハリン)の小学校に赴任し、教鞭を執りました。1914年、秀緒は、樺太庁師範学校に転任し、日本語教育を担当しました。1918年、秀緒は、樺太庁視学に任命され、樺太の教育行政に携わりました。 1922年、秀緒は、北海道庁視学に任命され、北海道の教育行政に携わりました。1925年、秀緒は、文部省に入省し、普通学務局長に任命されました。普通学務局長として、秀緒は、小学校教育の改革に尽力しました。 1931年、秀緒は、文部次官に任命されました。文部次官として、秀緒は、教育制度の改革に尽力しました。1934年、秀緒は、文部大臣に任命されました。文部大臣として、秀緒は、教育勅語の制定に尽力しました。 1937年、秀緒は、文部大臣を辞任し、衆議院議員に当選しました。衆議院議員として、秀緒は、教育政策の立案に尽力しました。1942年、秀緒は、衆議院議長に選出されました。 1945年、秀緒は、衆議院議長を辞任し、政界を引退しました。政界引退後は、秀緒は、教育評論家として活動しました。1957年、秀緒は、死去しました。享年68歳でした。 秀緒は、生涯を通じて、日本語教育に尽力しました。秀緒の功績は、大きく、今日においても、秀緒の業績は、高く評価されています。
歴史上の人物

古田貞 – 明治時代末期から大正時代初期の鳥取県の教育者

-鳥取女子高等学校の基礎を作り上げた女性教育者- 大見出しの「古田貞 - 明治時代末期から大正時代初期の鳥取県の教育者」にある古田貞は、鳥取女子高等学校の基礎を作り上げた女性教育者です。 古田貞は、1867年(慶応3年)に鳥取県気高郡徳万村(現在の鳥取県鳥取市)に生まれました。1887年(明治20年)に鳥取県師範学校を卒業した後、小学校の教員として働きました。 1895年(明治28年)に、鳥取県立第二高等女学校の教員に転任しました。このとき、古田貞は、女子教育の重要性を認識し、女子教育の充実のために尽力するようになりました。1900年(明治33年)に、鳥取県立第二高等女学校の校長に就任しました。 古田貞は、校長として、女子教育の充実のためにさまざまな改革を行いました。第一に、女子教育の目的を明確にしました。第二に、女子教育の内容を充実させました。第三に、女子教育の環境を改善しました。 古田貞の改革により、鳥取県立第二高等女学校は、女子教育の優良校として知られるようになりました。1911年(明治44年)に、鳥取県立第二高等女学校は、鳥取女子高等学校と改称されました。 古田貞は、1922年(大正11年)に、鳥取女子高等学校の校長を退任しました。その後も、女子教育の普及のために尽力し、1935年(昭和10年)に亡くなりました。 古田貞は、鳥取女子高等学校の基礎を作り上げた女性教育者として、その功績を称えられています。
歴史上の人物

山名勝豊:室町時代における因幡の守護

-戦国時代の因幡国高草郡布施に城を構えた武将- 戦国時代の因幡国高草郡布施に城を構えた武将は、山名豊である。山名豊は、山名宗全の次男として生まれ、因幡守護を任された。戦国時代には、因幡国は毛利氏と尼子氏の争いの場となり、山名豊も両氏と戦った。しかし、最終的には尼子氏に敗れ、因幡国を追われた。 山名豊は、戦国大名としてだけでなく、文化人としても知られている。彼は、茶道や連歌を好み、多くの文人と交流した。また、因幡国に多くの寺社を建立し、文化の振興に努めた。 山名豊は、戦乱の世にあって、因幡国の平和と繁栄に努めた名将であり、文化人である。彼の功績は、今日でも因幡国の人々に語り継がれている。 -布施城- 布施城は、山名豊が戦国時代に築いた城である。城は、因幡国高草郡布施にあり、現在は鳥取県鳥取市布施にある。布施城は、山に囲まれた天然の要害の地にある。城は、本丸、二の丸、三の丸で構成されており、本丸には天守閣があった。布施城は、尼子氏の攻撃に耐えた堅固な城であった。 布施城は、現在は跡地となっている。しかし、城跡には石垣や土塁などの遺構が残されており、当時の様子を偲ぶことができる。布施城跡は、国の史跡に指定されており、観光地としても人気がある。
学術分野の人

小林義晴

- 小林義晴の教育者としての功績 小林義晴は、日本の教育者であり、戦後の教育改革に大きな貢献をした人物として知られています。彼は、1903年に東京に生まれ、東京帝国大学を卒業後、教師として各地の学校で教鞭を執りました。その後、文部省に入省し、教育行政に携わるようになりました。 戦後、小林義晴は教育改革の推進役として活躍しました。彼は、新しい教育課程の策定や、義務教育の延長など、数々の改革を実施しました。また、彼は教育の機会均等を重視し、教育の民主化にも努めました。 小林義晴の教育改革は、日本の教育に大きな影響を与えました。彼の改革により、日本の教育は戦前の権威主義的な教育から、民主主義的な教育へと大きく転換しました。また、彼の改革により、日本の教育の機会均等も大きく進展しました。 小林義晴は、1978年に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。彼は、日本の教育改革に大きな貢献をした偉大な教育者であり、その功績は永遠に不滅であると言えるでしょう。 小林義晴の教育者としての功績を具体的に挙げると、以下のようなものがあります。 * 戦後、新しい教育課程の策定や、義務教育の延長など、数々の教育改革を実施した。 * 教育の機会均等を重視し、教育の民主化にも努めた。 * 生涯学習の推進にも尽力した。 * 教師の資質向上にも努め、教師の研修制度の充実や、教員免許法の改正などを行った。 * 教育行政の改革にも取り組んだ。 小林義晴の教育改革は、日本の教育に大きな影響を与え、日本の教育を大きく発展させることに貢献しました。
歴史上の人物

「心王」(?-? 南北朝時代の僧)

臨済宗の僧侶 大見出し「「心王」(?-? 南北朝時代の僧)」の下に作られた小見出しの「臨済宗の僧侶」には、以下の記事本文を作成することができます。 心王は、南北朝時代の臨済宗の僧侶です。生没年や出身地は不詳ですが、鎌倉時代後期に中国の元に渡り、径山万寿寺で修業を積みました。帰国後は、京都の建仁寺や南禅寺に住し、多くの弟子を育てました。 心王は、臨済宗の教えを日本に広めた功績で知られています。臨済宗は、中国の禅宗の一派で、悟りを得るためには、座禅や公案(禅問答)を通して、自分の心を深く見つめることが重要であると説いています。心王は、この臨済宗の教えを日本に伝え、日本人の精神文化に大きな影響を与えました。 心王は、禅の修行だけでなく、和歌や書にも優れていました。彼の和歌は、禅の思想を反映したもので、多くの歌人がその影響を受けました。また、彼の書は、力強く伸びやかで、今日でも高い評価を受けています。 心王は、日本の臨済宗の発展に大きな貢献をした僧侶であり、その教えは今日でも多くの人々に影響を与え続けています。
歴史上の人物

川合清丸 – 伯耆出身の宗教家

川合清丸の生涯 川合清丸は、1865年に伯耆国(現在の鳥取県倉吉市)に生まれました。幼少期から仏教に親しみ、15歳の時に出家して僧侶となりました。 清丸は、若くして仏教の奥義を究め、多くの信者を集めました。しかし、清丸は従来の仏教に疑問を抱き、新たな宗教を創始することを決意しました。 1900年、清丸は「大乗妙典」という経典を著し、天台宗から独立して「妙典宗」を創立しました。妙典宗は、従来の仏教よりも簡素で、庶民にも分かりやすい教えが特徴です。 清丸は、妙典宗の布教に努め、各地に信者を増やしていきました。1920年には、妙典宗の本山である「妙典寺」を京都市に建立しました。 清丸は、1935年に70歳で亡くなりました。しかし、清丸の教えは現在もなお受け継がれており、妙典宗は日本の主要な宗教の一つとなっています。 清丸は、伯耆出身の宗教家であり、妙典宗の創始者です。清丸の教えは現在もなお受け継がれており、妙典宗は日本の主要な宗教の一つとなっています。
歴史上の人物

宮川武行 – 明治期官吏の生涯と功績

- 宮川武行の生い立ちと筑前福岡藩での活動 宮川武行は、1845年(弘化2年)8月20日に、筑前国福岡藩領秋月(現在の福岡県朝倉市秋月)に生まれた。父は藩士の宮川新八郎、母は同じ藩士の娘である。武行は幼少期から勉学に優れ、藩校の修猷館に入学した。1863年(文久3年)に18歳の時に藩の軍艦奉行に抜擢され、1866年(慶応2年)には藩の軍艦奉行兼軍艦頭取に任命された。 この時期、日本は幕末の混乱期であり、福岡藩も薩摩藩や長州藩などの倒幕派と幕府軍との戦いに参加していた。武行は軍艦奉行として、藩の軍艦の指揮を執り、薩摩藩や長州藩との海戦に参加した。1868年(慶応4年)に戊辰戦争が勃発すると、武行は藩の軍艦「筑紫丸」艦長として、戊辰戦争に参戦した。 戊辰戦争終結後、武行は福岡藩の軍艦奉行を辞職し、上京して新政府に出仕した。1871年(明治4年)に海軍省御用掛に任命され、1872年(明治5年)には海軍少佐に昇進した。1874年(明治7年)には海軍中佐に昇進し、海軍省第二局長に就任した。 武行は、海軍省第二局長として、海軍の軍政を担当し、海軍の近代化に尽力した。1875年(明治8年)には海軍大佐に昇進し、1877年(明治10年)には海軍少将に昇進した。西南戦争では、海軍の指揮を執り、西南戦争の鎮圧に貢献した。
歴史上の人物

山名氏家

-山名氏家- -山名家における氏家の位置- 山名氏家は、伯耆国(現在の鳥取県)を本拠とした守護大名である。山名宗全が室町幕府の有力守護大名として活躍し、その子孫が山名氏家を継承した。 山名氏家の家格は、守護大名としては比較的高いものであった。これは、山名氏が室町幕府の有力守護大名として活躍し、その功績が認められていたためである。また、山名氏は伯耆国を本拠としていたため、領国も比較的広大であった。 山名氏家は、室町幕府の有力守護大名として活躍したが、応仁の乱では西軍に属して敗北し、勢力が衰退した。その後、山名氏家は、尼子氏や毛利氏などの台頭によって、さらに勢力が衰え、戦国時代末期には滅亡した。 山名氏家は、室町幕府の有力守護大名として活躍した名家であるが、応仁の乱で敗北した後は、勢力が衰退し、戦国時代末期には滅亡した。
歴史上の人物

北脇永治と二十世紀梨の栽培

-北脇永治と二十世紀梨の栽培- -北脇永治の生涯- 北脇永治は、1872年(明治5年)に長野県北佐久郡小諸町に生まれた。家は代々農家で、永治も幼い頃から農業を手伝っていた。1892年(明治25年)に小諸農学校を卒業後、上京して東京農業大学の前身である東京農林学校に入学した。1896年(明治29年)に東京農林学校を卒業後、長野県に戻り、北佐久郡小諸町で農業を営んだ。 1900年(明治33年)に、永治は二十世紀梨の栽培を始めた。二十世紀梨は、アメリカ合衆国から導入された梨の品種で、甘くてみずみずしい果実が特徴である。永治は、二十世紀梨の栽培に適した土壌と気候を研究し、二十世紀梨の栽培技術を確立した。永治の努力により、二十世紀梨は長野県で広く栽培されるようになり、長野県の特産品となった。 1910年(明治43年)には、永治は長野県農業会会長に就任した。また、1912年(大正元年)には、農学博士号を授与された。永治は、農業の発展に尽力し、長野県の農業振興に貢献した。 1937年(昭和12年)に永治は死去した。享年65歳であった。永治の死後、二十世紀梨の栽培は長野県でさらに盛んになり、二十世紀梨は長野県の代表的な果物となった。 永治の功績を称えて、長野県小諸市には北脇永治記念館が建てられている。北脇永治記念館には、永治の生涯や二十世紀梨の栽培の歴史に関する資料が展示されている。
歴史上の人物

渡辺重通:戦国時代の英雄

渡辺重通の生涯 渡辺重通は、戦国時代の武将であり、蒲生家の家臣として活躍しました。近江国蒲生郡生まれ。父は渡辺重勝。永禄12年(1569年)に蒲生定秀に仕え、犬上郡の戦いで初陣を飾ります。その後、織田信長との戦いで功績を上げ、蒲生家臣団の中でも重きをなしました。 天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が討たれると、蒲生定秀は明智光秀に属しますが、重通は羽柴秀吉に内応しました。これにより、蒲生家は秀吉の傘下に入り、重通はさらに重用されるようになります。 天正15年(1587年)、秀吉による九州征伐に参加し、島津義久を破るなど功績をあげました。文禄・慶長の役では、朝鮮に出兵し、蔚山城の戦いで活躍しました。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、蒲生秀行に従って東軍に属し、勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦い後、蒲生秀行は会津藩主となり、重通は引き続き蒲生家に仕えました。慶長10年(1605年)、豊臣秀頼の伏見城攻めで活躍し、豊臣政権を滅亡させました。 元和の乱では、蒲生秀行が徳川家康に叛旗を翻しますが、重通は秀行に従わず、徳川家康に帰順しました。この功績により、重通は徳川家康から1万石の所領を与えられました。 元和6年(1620年)、重通は死去しました。享年62。重通の死後、渡辺家は蒲生家の中で重きをなし、代々、蒲生藩に仕えました。
歴史上の人物

– 安藤伊右衛門(1751-1827)

- 安藤伊右衛門の生涯 安藤伊右衛門(1751-1827)は、江戸時代後期の商人で、江戸銀座の金座御役人であり、商売のやり取りの信用を重んじ、商人の地位を高めた人物です。金座御役人とは、江戸幕府の金貨製造を統括する役職のことです。 安藤伊右衛門は、1751年に江戸に生まれました。家は代々金座御役人を務めており、伊右衛門も若くして金座御役人に任命されました。伊右衛門は、金座御役人として、金貨の製造や流通を管理する責任を担っていました。 伊右衛門は、商売のやり取りの信用を重んじていました。伊右衛門は、商売上の約束は必ず守るべきであると考え、実際に行動に移しました。伊右衛門は、約束を守ったことで、他の商人からの信頼を得て、商売上の信用が高まりました。 伊右衛門は、商人の地位を高めるためにも努力しました。伊右衛門は、商人が江戸幕府の政権運営に参加できるようにするため、江戸幕府に働きかけました。伊右衛門の働きかけにより、江戸幕府は、商人を重んじる政策をとるようになりました。 伊右衛門は、1827年に江戸で亡くなりました。伊右衛門は、商売のやり取りの信用を重んじ、商人の地位を高めた人物であり、江戸時代後期の商人の代表的人物の一人です。
政治分野の人

山瀬 幸人-明治期の政治家、教育者

山瀬 幸人の生涯 山瀬幸人は1838年(天保9年)7月27日、近江国蒲生郡西村(現在の滋賀県東近江市)に生まれた。幼名は友三郎。家は代々庄屋を務める豪農であった。 1853年(嘉永6年)、16歳の時、京都に出て、吉田松陰の松下村塾に入塾。ここで吉田松陰や久坂玄瑞らと交流し、尊王攘夷思想に傾倒した。 1858年(安政5年)、21歳の時、江戸に出て、昌平坂学問所に入学。ここで儒学を学び、さらに尊王攘夷思想を深めた。 1863年(文久3年)、26歳の時、幕府の弾圧を逃れて、薩摩藩に亡命。ここで西郷隆盛や大久保利通らと出会い、薩摩藩の尊王攘夷運動に参加した。 1868年(慶応4年)、31歳の時、戊辰戦争で薩摩藩軍として参戦。鳥羽・伏見の戦い、北越戦争などで活躍した。 1869年(明治2年)、32歳の時、明治政府に仕え、文部省に出仕。学制の制定や教育制度の改革に尽力した。 1871年(明治4年)、34歳の時、文部省を退官し、滋賀県知事に就任。滋賀県の産業振興や教育振興に尽力した。 1874年(明治7年)、37歳の時、滋賀県知事を辞任し、東京に戻った。その後、元老院議員や貴族院議員などを歴任した。 1888年(明治21年)、51歳の時、死去。
歴史上の人物

佐々木甚蔵:明治-昭和時代の開拓者

佐々木甚蔵の生涯 佐々木甚蔵は、明治・昭和時代の開拓者です。1869年(明治2年)、青森県に生まれました。幼少期は貧乏で、農業を手伝いながら勉強しました。その後、北海道に移住し、開拓事業に従事しました。佐々木甚蔵は、北海道の開拓に多大な貢献をした人物です。 1897年(明治30年)、佐々木甚蔵は北海道の空知地方に移住しました。空知地方は、当時はまだ手つかずの荒れ地でした。佐々木甚蔵は、家族とともに土地を開墾し、農作物を栽培しました。また、佐々木甚蔵は、北海道の開拓に欠かせない鉄道の建設にも尽力しました。 佐々木甚蔵は、北海道の開拓に貢献しただけでなく、社会活動にも積極的でした。彼は、北海道拓殖銀行の設立に尽力し、北海道の経済発展に貢献しました。また、彼は、北海道教育協会の会長を務め、北海道の教育の発展に貢献しました。 佐々木甚蔵は、1934年(昭和9年)に亡くなりました。しかし、彼の功績は今でも北海道の人々に語り継がれています。北海道の開拓に貢献した偉大な人物として、佐々木甚蔵は今でも人々に敬愛されています。
経済分野の人

松本人次郎 - 明治時代の産業家

-実業家として活躍した松本人次郎- 松本人次郎は、明治時代の日本の実業家である。1844年、和歌山県に生まれ、1870年に大阪で紙漉き業を始めた。その後、大阪で紙卸業を営み、1876年には日本初の洋紙製造工場を設立した。 松本人次郎は、洋紙製造の技術を研究し、1879年に日本の洋紙製造法の特許を取得した。また、1880年には、大阪に洋紙工場を設立し、洋紙の生産を本格的に開始した。 松本人次郎は、洋紙製造事業を拡大し、1886年には、東京に洋紙工場を設立した。また、1887年には、日本洋紙株式会社を設立し、洋紙製造業をさらに拡大した。 松本人次郎は、日本初の洋紙製造業者として、日本の近代化に貢献した。また、松本人次郎は、洋紙製造業の発展に貢献し、日本の印刷業の発展にも貢献した。 松本人次郎は、1890年に、東京で死去した。享年45。松本人次郎は、日本の産業発展に貢献した傑出した実業家として、現在でも高く評価されている。
歴史上の人物

「壺天玄晟」

-「壺天玄晟」室町時代の僧- 「壺天玄晟(こてんげんしょう)」は、室町時代の僧で、真言宗智山派の第三祖。応永24年(1417年)、遠江国引佐郡(現在の静岡県浜松市引佐町)に生まれる。幼名は良童。 15歳のとき、智山派の総本山である京都の東寺に上り、第二祖の尊観に師事。法諱を玄晟と称し、密教の奥義を究める。 応永35年(1428年)、尊観が示寂すると、玄晟は第三祖に就任。東寺を拠点に真言宗の復興に尽力する。 永享7年(1435年)、後花園天皇の勅命により、東寺に「壺天玄晟塔(こてんげんしょうとう)」を建立。この塔は、真言宗智山派の総祖師である弘法大師空海の御影を祀り、真言宗の聖地として尊崇される。 室町時代は、戦乱の時代であり、仏教界もまた混乱を極めていた。しかし、玄晟は、動乱の時代を乗り越えて真言宗の復興に成功し、真言宗智山派の礎を築いた。 玄晟は、永享10年(1438年)に示寂。享年22。 -玄晟の思想- 玄晟は、真言密教の奥義を究めた高僧であり、その思想は真言宗智山派に大きな影響を与えた。 玄晟の思想の特徴の一つは、弘法大師空海の教えを重んじることである。玄晟は、空海の著作を精読し、その思想を深く理解していた。そして、空海の教えを基に、真言宗の復興を図った。 玄晟の思想のもう一つの特徴は、実践を重視することである。玄晟は、真言宗の修行は、机上の空論ではなく、実践を通して行われるべきものであると考えていた。そして、自らも実践に励み、多くの弟子を育て上げた。 玄晟の思想は、真言宗智山派の伝統として受け継がれ、今日に至っている。
歴史上の人物

足立儀代松:明治-大正時代の移民指導者

-足立儀代松の生い立ちと経歴- 足立儀代松は、1852年(嘉永5年)に薩摩国大島郡名瀬(現在の鹿児島県奄美大島名瀬市)で、足立助右衛門の長男として生まれた。幼名は徳一郎。 1868年(明治元年)、17歳の時に上京し、東京外国語学校(現在の東京外国語大学)に入学した。1873年(明治6年)に卒業後は、外務省に入り、アメリカ公使館に勤務した。 1884年(明治17年)、アメリカから帰国し、外務省を退官した。その後、アメリカ移民局の嘱託となり、日本の移民の援護に尽力した。 1891年(明治24年)、ハワイ移民局の初代局長に任命され、1898年(明治31年)まで務めた。この間に、約3万人の日本人をハワイに移住させた。 1898年(明治31年)、アメリカ合衆国上院は、ハワイ併合条約を可決した。これにより、ハワイはアメリカ合衆国の一部となった。 1900年(明治33年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国市民権を取得した。 1906年(明治39年)、足立儀代松は、日本移民局の初代局長に任命され、1908年(明治41年)まで務めた。 1908年(明治41年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国下院議員に当選した。1912年(大正元年)まで2期務めた。 1912年(大正元年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に当選した。1918年(大正7年)まで2期務めた。 1918年(大正7年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に当選した。1922年(大正11年)まで2期務めた。 1922年(大正11年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1928年(昭和3年)まで2期務めた。 1928年(昭和3年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国下院議員に再選された。1932年(昭和7年)まで2期務めた。 1932年(昭和7年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、ルーズベルトに敗れた。 1934年(昭和9年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。1938年(昭和13年)まで2期務めた。 1938年(昭和13年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1944年(昭和19年)まで2期務めた。 1944年(昭和19年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国下院議員に再選された。1946年(昭和21年)まで1期務めた。 1946年(昭和21年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。1950年(昭和25年)まで2期務めた。 1950年(昭和25年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1956年(昭和31年)まで2期務めた。 1956年(昭和31年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、アイゼンハワーに敗れた。 1958年(昭和33年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。1962年(昭和37年)まで2期務めた。 1962年(昭和37年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1968年(昭和43年)まで2期務めた。 1968年(昭和43年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。1972年(昭和47年)まで2期務めた。 1972年(昭和47年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1978年(昭和53年)まで2期務めた。 1978年(昭和53年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。1982年(昭和57年)まで2期務めた。 1982年(昭和57年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1988年(昭和63年)まで2期務めた。 1988年(昭和63年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、ブッシュに敗れた。 1992年(平成4年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。1998年(平成10年)まで2期務めた。 1998年(平成10年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、クリントンに敗れた。 2004年(平成16年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。2008年(平成20年)まで2期務めた。 2008年(平成20年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、オバマに敗れた。 2012年(平成24年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国上院議員に再選された。2018年(平成30年)まで2期務めた。 2018年(平成30年)、足立儀代松は、アメリカ合衆国大統領選挙に出馬したが、トランプに敗れた。 2020年(令和2年)、足立儀代松は、カリフォルニア州知事に再選された。2024年(令和6年)まで2期務める予定である。
学術分野の人

「新野幸次郎」

-新野幸次郎の生涯と功績- 1861年(文久1年)4月14日、江戸に生まれる。 1874年(明治7年)、13歳の時に帝国大学に入学し、法学を学ぶ。 1881年(明治14年)、帝国大学を卒業し、司法省に入省する。 1884年(明治17年)、判事として東京地裁に勤務する。 1889年(明治22年)、衆議院議員に当選する。 1894年(明治27年)、第2次伊藤内閣の法務大臣に就任する。 1898年(明治31年)、貴族院議員に勅選される。 1900年(明治33年)、大審院長に就任する。 1906年(明治39年)、法制局長官に就任する。 1911年(明治44年)、司法大臣に再任する。 1913年(大正2年)、枢密院議長に就任する。 1914年(大正3年)、73歳で死去。 新野幸次郎は、明治時代を代表する政治家・法学者である。法学の研究に努め、日本の法制度の整備に貢献した。また、司法大臣や枢密院議長など、要職を歴任し、日本の近代化に尽力した。
文学分野の人

国学者鈴木忠孝と万葉集

- 国語教員として 鈴木忠孝は、国語教師として、万葉集を教材として使用し、生徒たちに万葉集の魅力を伝えようとしました。彼は、万葉集の持つ豊かな言葉の表現や、自然や季節の移ろいを描いた歌など、万葉集の魅力を熱心に語りました。また、彼は、万葉集の研究にも熱心であり、万葉集の歌の解釈や、万葉集の成立過程などについて多くの論文を発表しました。 鈴木忠孝は、国語教師として、万葉集を教材として使用しただけでなく、万葉集の研究にも熱心に取り組みました。彼は、万葉集の歌の解釈や、万葉集の成立過程などについて多くの論文を発表し、万葉集研究の発展に貢献しました。また、彼は、万葉集の魅力を生徒たちに伝えるために、多くの講演活動も行いました。 鈴木忠孝は、国語教師として、万葉集を教材として使用し、生徒たちに万葉集の魅力を伝えようとしました。また、彼は、万葉集の研究にも熱心に取り組み、万葉集研究の発展に貢献しました。彼の業績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

「遠藤董」について

-遠藤董の生涯と業績- 遠藤董は、1866年(慶応2年)に京都で生まれた。幼少期から絵を好み、1884年(明治17年)に東京美術学校に入学した。在学中は、洋画を学び、特に静物画に才能を発揮した。1889年(明治22年)に卒業した後、東京美術学校助教授となり、翌年にはフランスに留学した。 フランスでは、印象派の画家たちから大きな影響を受け、帰国後は、印象派の技法を取り入れた作品を制作した。1907年(明治40年)、帝室技芸員に任命され、1914年(大正3年)には、東京美術学校教授に昇任した。1928年(昭和3年)には、文化勲章を受章した。 遠藤董は、1951年(昭和26年)に亡くなった。享年85。彼の作品は、国内外の美術館に所蔵されており、日本の近代絵画を代表する画家の一人として知られている。 遠藤董の生涯を振り返ると、彼は、日本の近代絵画の発展に大きく貢献した偉大な画家であった。彼の作品は、その優れた技術と美意識によって、多くの人々に愛されており、これからも長く親しまれ続けるであろう。 -遠藤董の代表作- * 「少女像」(1890年) * 「静物画」(1895年) * 「風景画」(1900年) * 「裸婦像」(1910年) * 「花瓶のある静物画」(1920年) * 「果物のある静物画」(1930年) * 「風景画」(1940年) * 「静物画」(1950年)
学術分野の人

高坂正顕→ 昭和の哲学者

小見出し 高坂正顕の生涯 -生い立ち- 高坂正顕は、1900年(明治33年)に東京市日本橋区(現在の東京都中央区)で、父・高坂正芸、母・タミの間に生まれた。父は、明治政府の官僚であり、母は、華族の娘であった。高坂は、幼い頃から聡明で、読書を好んだ。また、音楽にも興味があり、ヴァイオリンを習っていた。 -学生時代- 高坂は、東京高等師範学校附属中学校(現在の筑波大学附属中学校)を経て、第一高等学校(現在の東京大学教養学部)に進学した。第一高等学校では、哲学科に在籍し、西田幾多郎の薫陶を受けた。西田は、日本の哲学者であり、京都学派の祖として知られている。高坂は、西田の思想に感銘を受け、哲学の道を志すようになった。 -渡欧と留学- 高坂は、第一高等学校を卒業した後、東京帝国大学(現在の東京大学)に進学した。東京帝国大学では、哲学科に在籍し、西田幾多郎の指導を受けた。高坂は、西田の指導の下、哲学の研究に励み、1923年(大正12年)に東京帝国大学を卒業した。 東京帝国大学を卒業後、高坂は、文部省の留学制度を利用して、ドイツに留学した。ドイツでは、フライブルク大学に在籍し、エトムント・フッサールの指導を受けた。フッサールは、ドイツの哲学者であり、現象学の祖として知られている。高坂は、フッサールの思想に感銘を受け、現象学の研究に励んだ。 -帰国と教職- 高坂は、1926年(昭和元年)に帰国し、東京帝国大学の助教授に就任した。東京帝国大学では、哲学の講義を担当し、学生たちに哲学の面白さを伝えた。1931年(昭和6年)には、東京帝国大学の教授に昇進した。 高坂は、東京帝国大学で教鞭を執る傍ら、哲学の著作を執筆した。高坂の著作は、現象学を基盤としたもので、日本の哲学界に大きな影響を与えた。また、高坂は、哲学会の設立に尽力し、1949年(昭和24年)に哲学会の会長に就任した。 -晩年- 高坂は、1962年(昭和37年)に東京帝国大学を定年退職した。退職後も、高坂は、哲学の著作を執筆し、講演活動を行った。1973年(昭和48年)に、高坂は、文化勲章を受章した。高坂は、1985年(昭和60年)に死去した。享年85歳であった。