鳥取藩主

歴史上の人物

池田吉泰 – 江戸時代前期・中期の鳥取藩主

-池田吉泰の生涯- 池田吉泰は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての大名。因幡国鳥取藩2代藩主。 永禄10年(1567年)、伯耆国倉吉城主・池田景雄の嫡男として誕生。天正10年(1582年)、父・景雄が本能寺の変で戦死すると、家督を継いで倉吉城主となる。天正11年(1583年)、羽柴秀吉の中国攻めに従軍し、功を挙げる。天正20年(1592年)、文禄の役に従軍し、再び功を挙げる。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、西軍に属して毛利輝元に従う。しかし、戦後に徳川家康に降伏し、因幡国内5万石を安堵される。慶長7年(1602年)、鳥取城を築城し、居城を倉吉から鳥取に移す。 慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では、徳川方に属して出陣する。元和元年(1615年)、大坂夏の陣でも徳川方に属して出陣し、功を挙げる。元和5年(1619年)、鳥取藩主を嫡男・光仲に譲って隠居する。 寛永2年(1625年)、59歳で死去。 池田吉泰は、武勇に優れた武将であり、徳川家に忠誠を尽くした大名であった。また、鳥取藩の基礎を固め、藩政に力を尽くした藩主でもあった。
歴史上の人物

池田光政の生涯と功績 ー 播磨 姫路藩主から備前 岡山藩主へ

-池田光政の生い立ちと家督相続- 池田光政は、1609年(慶長14年)に播磨 姫路藩主・池田輝政の三男として姫路城で生まれました。幼名は藤松丸。輝政は、関ヶ原の戦いでは東軍に属して功績を挙げ、徳川家康から播磨 姫路藩52万石を与えられました。 光政は、輝政の三男でしたが、長兄と次兄が早世したため、1617年(元和3年)にわずか9歳で家督を相続しました。 光政は、若い頃から聡明で武芸にも優れていました。1623年(元和9年)には、江戸幕府の将軍・徳川家光に従って上洛し、家光の面前で槍術を披露して賞賛を受けました。 1632年(寛永9年)には、播磨 姫路藩主から備前 岡山藩主へ移封されました。岡山藩は、姫路藩よりも石高が多く、大名としての格も高かったです。 光政は、岡山藩主として、領内の開発や新田開発に尽力しました。また、岡山城の改築や、岡山藩の藩校・閑谷学校の設立など、文化振興にも積極的でした。 光政は、1682年(天和2年)に74歳で亡くなりました。光政は、一代で姫路藩主から岡山藩主へと昇進し、播磨と備前を治めた名君として知られています。
歴史上の人物

池田光仲 – 江戸時代前期の大名

-池田光仲の生涯- 池田光仲は、江戸時代前期の大名であり、初代高梁藩主を務めました。1565年、池田輝政の長男として播磨国姫路城で生まれ、幼名は万福丸でした。 1582年、本能寺の変で父・輝政が山崎の戦いで戦死した後、家督を継いで姫路城主となりました。1600年の関ヶ原の戦いでは、徳川家康に従って西軍と戦いましたが、戦功を挙げることはできませんでした。 戦後、光仲は丹波国亀山藩に移封されました。1613年、備中国高梁藩に移され、1万石の大名となりました。光仲は、高梁藩の藩政を安定させ、領民の生活を向上させることに努めました。 1632年、江戸で死去しました。享年68。光仲の跡を、長男の光政が継ぎました。 池田光仲は、戦国時代の動乱を生き抜き、江戸時代の大名として活躍した人物です。高梁藩の藩祖として、藩政の安定に貢献しました。
歴史上の人物

池田清定 – 江戸時代前期から中期の大名

-池田清定とは?- 池田清定は、江戸時代前期から中期にかけての譜代大名、尾張藩主家最大の家老です。池田輝政の九男として生まれ、兄の池田忠継の養子となりました。正室は豊臣秀長の娘で、子に池田輝澄などがいます。叙任は従四位下、河内守。 幼少期から聡明で武芸にも秀でており、関ヶ原の戦いでは兄の忠継に従って参戦し、武功を挙げました。その後、清定は尾張藩主である徳川義直に仕え、重臣として藩政に参画しました。義直の死後は、子の徳川光友を補佐し、藩の安定に努めました。 清定は、藩政において、農政や産業振興などに力を入れ、尾張藩の繁栄に貢献しました。また、清定は、光友の命を受けて、尾張藩の軍制改革を行いました。この改革により、尾張藩の軍事は大幅に強化され、清定は、尾張藩における軍制改革の祖として知られるようになりました。 清定は、66歳でこの世を去りました。清定の死後、尾張藩は、光友の専横により混乱を極めることになります。しかし、清定が築いた基盤が、尾張藩のその後を支え続けることになりました。清定は、尾張藩の発展に大きく貢献した名臣として、現在でもその功績が称えられています。
学術分野の人

堀省斎

儒者、学者として活躍 堀省斎は、儒学者、学者として活躍しました。儒学は、中国の孔子が説いた思想であり、日本でも古くから伝承されてきました。省斎は、儒学を深く学び、その教えを人々に広めるために尽力しました。また、省斎は、学者としても活躍し、多くの書物を著しました。その中には、「童蒙訓」や「訓蒙図彙」など、子供向けの教育書も含まれています。これらの書物は、江戸時代に広く読まれ、人々の教育に大きな影響を与えました。 省斎は、儒者、学者としてだけでなく、政治家としても活躍しました。1637年、徳川家光の政権下で幕府の職に就き、幕政に参与しました。省斎は、幕府の政策立案や外交交渉に携わり、幕府の安定に貢献しました。また、省斎は、朝鮮通信使の接待役も務め、日朝の友好関係を深めるために尽力しました。 省斎は、1666年に亡くなりましたが、その思想と業績は、後世に大きな影響を与えました。省斎の儒学は、江戸時代の人々の倫理観や道徳観を形作り、日本文化の発展に貢献しました。また、省斎の学問は、日本の近代化にも影響を与え、明治維新後の日本の発展に貢献しました。 省斎は、儒者、学者、政治家として活躍し、日本の歴史に大きな足跡を残しました。省斎の思想と業績は、今もなお多くの人々に学び継がれています。
文学分野の人

明治以前の人物辞典 – 衣川長秋

-江戸時代中期-後期の国学者- 衣川長秋は、江戸時代中期の国学者です。1663年、京都に生まれました。本名は永家久治。通称は久之丞。字は子寿。号は衣川。 16歳で上洛し、国学者の橘千蔭に師事して古道を学びました。その後、各地を遍歴し、国学の研究に努めました。 1703年、京に帰り、私塾を開いて国学を教授しました。門下には、荷田春満、賀茂真淵、契沖など、多くの著名な国学者が輩出し、衣川を国学中興の祖と呼ぶ人もいます。 衣川は、古道を復興し、日本の文化や伝統を守ろうとしました。その思想は、後の国学者たちに大きな影響を与えました。 衣川の主な著作としては、『国史略』、『古事記伝』、『日本書紀伝』、『万葉集註釈』などがあります。 1736年、京都で死去しました。享年74。
歴史上の人物

– 池田重寛 (1746-1783)

-# 池田重寛の生涯 池田重寛は、1746年に淡路生まれです。彼は、江戸時代中期の思想家であり、儒学者であり、医師でもありました。 重寛は、幼い頃から学問を好み、14歳の時に京都に出て、儒学者である古賀精里の門下に入りました。精里は、朱子学の大家であり、重寛は、精里から朱子学の思想を学びました。 その後、重寛は、江戸に出て、儒学者である林道春や、医師である杉田玄白の門下に入りました。道春は、林家朱子学の大家であり、玄白は、西洋医学の権威でありました。重寛は、道春から朱子学の思想を学び、玄白から西洋医学を学びました。 重寛は、1773年に、淡路に戻り、私塾である「思誠館」を開設しました。思誠館は、朱子学と西洋医学を教える学校であり、多くの学生が重寛の門下に入りました。 重寛は、1783年に、38歳の若さで亡くなりました。しかし、彼の思想は、多くの学生に受け継がれ、江戸時代後期に活躍した思想家や、儒学者に大きな影響を与えました。 重寛の思想は、朱子学と西洋医学を融合させたものであり、それは、江戸時代後期に日本に導入された西洋文明を理解するための重要な指針となりました。重寛の思想は、日本の近代化に大きな影響を与えたのです。
歴史上の人物

池田斉邦 – 博学な大名と彼の功績

-池田斉邦の生涯- 池田斉邦は、1682 年に岡山藩主・池田綱政の第 15 子として生まれました。幼名は亀次郎、のちに吉孚と改名し、さらに斉邦と名乗りをあげました。彼は幼い頃から聡明で、学問を好みました。藩校の閑谷整朋館で学び、儒学や兵学、歴史など、幅広い分野を学びました。 1703 年、兄の吉政が死去し、斉邦は岡山藩主となりました。彼は藩政改革に尽力し、藩財政の立て直しや、殖産興業政策を進めました。また、教育にも力を入れて、藩校の整備や、学問の奨励を行いました。 1716 年、斉邦は江戸幕府の老中に就任しました。老中として、彼は幕府の政治に参画し、幕府の安定期を支えました。また、彼は学問を奨励し、江戸の学問所を整備しました。 1730 年、斉邦は江戸で死去しました。享年 50 歳でした。彼は、博学で勤勉な大名として知られ、その功績は今日でも語り継がれています。 斉邦の生涯は、波乱万丈なものでした。彼は幼い頃に父を亡くし、兄の吉政が藩主となってからは、その補佐を務めました。しかし、吉政は病弱で、1703 年に死去しました。斉邦はわずか 22 歳で岡山藩主となりました。 藩主となった斉邦は、藩政改革に尽力しました。彼は藩財政の立て直しや、殖産興業政策を進めました。また、教育にも力を入れて、藩校の整備や、学問の奨励を行いました。斉邦の藩政改革は成功し、岡山藩は繁栄しました。 1716 年、斉邦は江戸幕府の老中に就任しました。老中として、彼は幕府の政治に参画し、幕府の安定期を支えました。また、彼は学問を奨励し、江戸の学問所を整備しました。 1730 年、斉邦は江戸で死去しました。享年 50 歳でした。彼は、博学で勤勉な大名として知られ、その功績は今日でも語り継がれています。
学術分野の人

野崎藤橋 – 江戸時代中期から後期にかけての儒者

-野崎藤橋の生涯と経歴- 野崎藤橋は、江戸時代中期から後期にかけての儒者である。名は守、字は慎思、通称は藤吾、号は藤橋である。 彼は、1706年(宝永3年)に近江国坂田郡野崎村(現在の滋賀県長浜市野崎町)に生まれる。幼少の頃から学問に優れ、8歳で村の寺子屋に入学した。その後、京都に遊学し、20歳の頃にはすでに儒学の大家として知られるようになった。 享保10年(1725年)、藤橋は江戸に下向し、芝の愛宕下に居を構えた。そして、私塾を開いて子弟を教育する傍ら、著作活動にも励んだ。彼の著書には、『藤橋先生文集』、『藤橋先生講義録』、『藤橋先生語録』などがある。 藤橋は、朱子学を学び、仁義礼智信の五常を説いた。また、彼は、武士の道を重んじ、忠孝を大切にした。彼の教えは、幕府の官僚や諸藩の藩士たちに大きな影響を与え、江戸時代の儒学界の一翼を担った。 藤橋は、1761年(宝暦11年)に江戸で死去した。享年56歳であった。 藤橋の墓は、東京都港区芝の愛宕下に所在する。
歴史上の人物

池田長吉 – 織豊・江戸時代前期の武将、大名

- 池田長吉の生涯 池田長吉は、織豊・江戸時代前期の武将、大名です。池田輝政の四男として生まれ、長じて豊臣秀吉に仕えました。関ヶ原の戦いでは東軍に属し、徳川家康の勝利に貢献しました。戦後、備中庭瀬藩2万6000石を与えられ、大名に列しました。 長吉は、徳川家康の信頼が厚く、江戸幕府の重臣として活躍しました。大坂の陣では、徳川方の先鋒を務め、豊臣氏を滅亡に追い込みました。その後、近江膳所藩、播磨姫路藩、備前岡山藩と移封され、最終的には13万石の大名となりました。 長吉は、優れた武将であると同時に、文化人としても知られていました。和歌や茶道を好み、多くの文人と交流しました。また、領地の開発にも力を入れ、産業振興や治水事業を行いました。 長吉は、1631年に62歳で亡くなりました。跡を子の幸長が継ぎました。 - 主な功績 * 関ヶ原の戦いで東軍に属し、徳川家康の勝利に貢献した。 * 大坂の陣では、徳川方の先鋒を務め、豊臣氏を滅亡に追い込んだ。 * 領地の開発にも力を入れ、産業振興や治水事業を行った。 - 人物像 池田長吉は、勇猛果敢な武将でありながら、文化人としても知られていました。和歌や茶道を好み、多くの文人と交流しました。また、領地の開発にも力を入れ、産業振興や治水事業を行いました。 長吉の性格は、温厚で人柄が良かったと伝えられています。領民からは敬愛され、家臣からも慕われていました。 長吉は、徳川家康の信頼が厚く、江戸幕府の重臣として活躍しました。その功績は大きく、今日でも播磨姫路藩や備前岡山藩でその名を知られています。
歴史上の人物

池田仲雅 – 因幡鳥取藩主

-池田仲雅の生涯- 池田仲雅は、因幡鳥取藩の第2代藩主である。享保2年(1717年)、鳥取藩主・池田吉保の四男として江戸で生まれた。幼名は三蔵。 享保11年(1726年)、藩主である兄の池田吉泰が死去したため、9歳で家督を相続した。幼少のため、実父である吉保が後見人として藩政を代行した。 吉保の死後は、家臣の荒尾志摩が藩政を主導した。志摩は、藩財政の建て直しに尽力し、また、藩校である閑谷学校の創設にも尽力した。 仲雅は、寛政4年(1792年)に76歳で死去した。家督は、長男の池田治政が相続した。 仲雅の治世は、比較的平和な時期であった。藩財政は安定し、藩校の創設など、文化の発展にも力を入れた。また、殖産興業にも力を入れた。 仲雅は、名君として知られ、領民から尊敬を集めた。そのため、その死は惜しまれた。
歴史上の人物

江戸時代前期の大名・池田長幸

-池田長幸の生涯と功績- 池田長幸は、江戸時代前期の大名。備前岡山藩の初代藩主。官位は従四位下、侍従、因幡守。 -早年期- 長幸は、永禄6年(1563年)、池田恒興の嫡男として近江国長浜城に生まれた。16歳の時に父が死去し、家督を継いだ。その後、豊臣秀吉に仕えて、賤ヶ岳の戦い、小田原征伐、文禄・慶長の役などに参加。各地で武功を挙げた。 -岡山藩の初代藩主- 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで西軍に属して敗れたが、旧領を安堵され、備前岡山藩102万石の大名となった。岡山城を築城し、藩政を確立した。 -大坂夏の陣- 元和元年(1615年)、大坂冬の陣では徳川方として参陣し、大坂城を攻略。翌年の大坂夏の陣でも徳川方として参戦し、天王寺・岡山の戦いで奮戦した。 -晩年- 元和9年(1623年)、61歳で死去。法名は常翁院。諡号は壮烈公。 -功績- 長幸は、岡山藩の初代藩主として、藩政の基盤を築いた名君として知られている。また、豊臣秀吉、徳川家康に仕えて、各地で武功を挙げた名将でもあった。 -逸話- 長幸は、武勇に優れているだけでなく、学問にも精通した文武両全の人物であった。また、茶道や和歌にも通じており、京都の公家や文化人と交際していた。 長幸は、岡山藩の領民にとても慕われていた。ある時、長幸が領内を巡視している時、一人の農民が長幸に向かって「お殿様、この村の水不足を救ってください」と訴えた。長幸は、この農民の訴えを聞き入れ、村に井戸を掘らせることにした。井戸が完成すると、村人たちは大喜びで、長幸を褒め称えた。 長幸は、岡山藩の領民から「備前の赤鬼」と呼ばれていた。これは、長幸が戦場で赤い鎧を身につけて戦っていたことに由来している。長幸の勇猛果敢な戦いぶりは、敵を震え上がらせ、味方を鼓舞した。
歴史上の人物

池田斉訓 – 江戸時代後期の因幡鳥取藩主

池田斉訓 江戸時代後期の因幡鳥取藩主 池田斉訓の生涯 池田斉訓は、1794年3月12日、因幡鳥取藩主・池田治政の子として江戸で生まれた。幼名は政之助。1810年、父・治政の死去により、17歳で家督を継ぎ、藩主となった。斉訓は、藩政改革に熱心に取り組み、藩士の知行削減や倹約令などを実施した。また、藩校「尚徳館」を設置し、教育にも力を注いだ。 1827年、斉訓は、江戸幕府の老中となった。老中在任中は、天保の改革を推進し、財政再建や風俗粛正などに尽力した。また、外夷対策にも力を入れ、国防を強化した。 1837年、斉訓は、老中を辞任し、鳥取藩に戻った。その後は、藩政に専念し、鳥取藩の発展に努めた。1845年には、山陰地方で大飢饉が発生したが、斉訓は、藩士や領民を救済するために尽力した。 1851年、斉訓は、病気のため、藩主を隠居し、家督を長男の池田慶徳に譲った。その後は、隠居所「養心亭」で暮らし、1859年12月25日に死去した。享年66。