黒丸城

歴史上の人物

細谷秀国 – 南北朝時代の武将

新田義貞に従い、越前へ 細谷秀国は、建武3年(1336年)に新田義貞に従い、越前国に下向しました。この時、秀国は義貞の旗本として、越前国守護代に任命されました。越前国は、北陸地方の重要な拠点であり、秀国は義貞の命を受けて、越前国の平定に努めました。 秀国は、越前国守護代の地位にありながら、義貞の側近として、常に義貞の近くに仕えました。また、秀国は義貞の命を受けて、各地を転戦し、義貞の勝利に貢献しました。建武4年(1337年)には、秀国は義貞に従い、越中国に攻め込みました。この時、秀国は義貞の命を受けて、越中国守護代に任命されました。 建武5年(1338年)には、秀国は義貞に従い、九州に下向しました。この時、秀国は義貞の命を受けて、肥後国の守護代に任命されました。しかし、秀国は義貞に従って九州に下向したものの、義貞が九州で戦死したため、秀国は越前国に帰国しました。 越前国に帰国した秀国は、義貞の死後に北朝に仕えました。北朝に仕えた秀国は、天授3年(1377年)に越前国の守護に任命されました。越前国の守護に任命された秀国は、越前国の平定に努め、越前国の安定に貢献しました。 秀国は、南朝と北朝に分かれていた時代の武将であり、義貞に従って各地を転戦し、義貞の勝利に貢献しました。また、秀国は義貞の死後に北朝に仕え、越前国の守護に任命され、越前国の平定に努めました。
歴史上の人物

藤原行実の生涯と功績

- 建武3年(元弘3年)越前への出兵と飽和への駐屯 建武3年(元弘3年)3月、藤原行実は越前国への出兵を命じられた。越前国は北陸道に位置する国であり、鎌倉幕府の滅亡後もなお、北条氏の一族である北条高時の子である北条泰家が拠っていた。藤原行実は、北条泰家を討伐するため、越前国へと向かった。 藤原行実が越前国に到着すると、北条泰家はすでに飽和城(現・福井県越前市)に立てこもっていた。藤原行実は、飽和城を包囲して攻撃を開始した。しかし、飽和城は堅固な城であり、藤原行実はなかなか攻め落とすことができなかった。 藤原行実が飽和城を包囲している間、北条泰家は飽和城から抜け出し、越前国各地で藤原行実の軍勢を攻撃した。藤原行実は、北条泰家を撃退するために、軍勢を分散せざるを得なくなった。そのため、藤原行実は飽和城を攻め落とすことができなくなり、建武4年(元弘4年)閏3月に飽和城から撤退した。 藤原行実が飽和城から撤退した後、北条泰家は越前国を制圧した。藤原行実は、北条泰家を討伐することができず、越前国への出兵は失敗に終わった。
歴史上の人物

瓜生照の生涯 – 鎌倉と南北朝時代の武将

瓜生照の出自と家族 瓜生照は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。瓜生氏は、現在の奈良県生駒郡瓜生町を本拠とする豪族でした。照の父は瓜生高直といい、鎌倉幕府の御家人でした。母は不明ですが、照には兄の高時と弟の高重がいました。 照は、建武2年(1335年)に鎌倉幕府が滅亡すると、足利尊氏に従って建武政権に仕えました。その後、尊氏が九州に落ち延びると、照もそれに従いました。尊氏が九州で勢力を盛り返して上洛すると、照もそれに従って上洛し、建武3年(1336年)に尊氏が室町幕府を開くと、その幕臣となりました。 照は、尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げました。正平11年(1356年)には、越後国守護に任命されました。翌正平12年(1357年)には、南朝方の新田義貞を破り、その功績により越後国守護に再任されました。 正平18年(1363年)、照は越後国で没しました。享年51歳でした。照には3人の息子がいましたが、長男の高基は照の生前に戦死し、次男の高忠は出家したため、三男の高治が瓜生氏を継ぎました。 瓜生氏は、室町時代を通じて越後国守護として活躍し、戦国時代には上杉氏に従いました。上杉氏が滅亡すると、瓜生氏も没落しました。