5代

学術分野の人

「御薗中渠」

- 御薗中渠の生い立ちと経歴 御薗中渠は、沖縄県中頭郡西原町を流れる中渠です。全長約3.5kmで、西原町の南部を流れています。御薗中渠は、1761年に築造された人工河川です。この中渠の目的は、西原町南部にある農地を潤すことと、洪水を防ぐことです。 御薗中渠は、琉球王朝時代に築造された中渠の一つです。琉球王朝の時代には、農業生産性を高めるために、多くの中渠が築造されました。御薗中渠も、その一つです。御薗中渠は、西原町南部にある農地を潤し、洪水を防ぐ役割を果たしています。 御薗中渠は、築造以来、西原町の住民にとって重要な役割を果たしてきました。御薗中渠は、西原町南部にある農地を潤し、洪水を防いでいます。また、御薗中渠は、西原町南部にある住民にとって、生活用水としても利用されています。 御薗中渠は、西原町の貴重な歴史遺産です。御薗中渠は、琉球王朝時代の農業技術を今に伝える貴重な遺構です。また、御薗中渠は、西原町南部にある住民にとって、生活に欠かせない存在です。御薗中渠は、今後末永く大切に保存されていくべき貴重な遺産です。
芸能分野の人

沢村宗十郎(5代)

-沢村宗十郎(5代)- -江戸時代後期の歌舞伎役者- 沢村宗十郎(5代)(さわむらそうじゅうろう)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。名は宗十郎、俳名は三左衛門。屋号は福井屋。 1790年(寛政2年)、江戸に生まれる。父は沢村宗之丞で、祖父は沢村宗十郎(4代)である。1797年(寛政9年)、江戸市村座で初舞台を踏む。 宗十郎は、幼い頃から歌舞伎の才能を発揮し、1802年(享和2年)に坂田藤十郎(2代)の養子となり、沢村宗十郎(5代)を襲名。以降、江戸の歌舞伎界の第一人者として活躍した。 宗十郎は、荒事、和事、敵役、女形など、幅広い役柄を演じることができた。特に、荒事を得意とし、「鬼門の宗十郎」と称された。 宗十郎は、1850年(嘉永3年)に死去した。享年61。 宗十郎は、江戸時代後期の歌舞伎界を代表する役者であり、その演技は多くの人々に愛された。現在でも、宗十郎の演技を伝える映像や資料が残されており、その芸を学ぶことができる。 -宗十郎の芸の特徴- 宗十郎の芸の特徴は、以下の通りである。 * 荒事の演技が得意であり、「鬼門の宗十郎」と称された。 * 和事、敵役、女形など、幅広い役柄を演じることができた。 * 演技は豪快で力強く、観客を魅了した。 * 舞台上で、役になりきることができ、観客に強い感動を与えた。 宗十郎は、江戸時代後期の歌舞伎界を代表する役者であり、その演技は多くの人々に愛された。現在でも、宗十郎の演技を伝える映像や資料が残されており、その芸を学ぶことができる。
芸能分野の人

岸沢竹遊斎(初代)(⇒岸沢式佐(きしざわ-しきさ)(5代))について

-岸沢竹遊斎(初代)について- 岸沢竹遊斎(初代)は、日本の落語家。本名は岸沢芳蔵。1833年(天保4年)、江戸の日本橋に生まれる。 幼少の頃から落語好きで、1847年(弘化4年)に2代目三遊亭圓橘に入門し、橘太郎を名乗る。その後、1851年(嘉永4年)に初代柳家小さん門下に移り、柳家小八を名乗る。 1855年(安政2年)、初代三遊亭小圓朝一門に移り、三遊亭小圓遊を名乗る。1859年(安政6年)、真打に昇進し、橘家圓遊を名乗る。 1868年(明治元年)、初代圓遊一門で「玉なの会」を結成し、落語の改革を掲げる。1871年(明治4年)、自由民権運動に共鳴し、落語に政治風刺を取り入れる。 1873年(明治6年)、初代圓遊一門が解散し、橘家圓喬を名乗る。1879年(明治12年)、4代目三遊亭小圓朝門下に移り、三遊亭圓梅を名乗る。 1883年(明治16年)、浅草公園の寄席「金竜館」に移り、岸沢竹遊斎を名乗る。竹遊斎は、落語に音楽を取り入れたり、落語の台本を執筆したりするなど、革新的な活動を行った。 1885年(明治18年)、初代圓遊一門の再結成に加わり、橘家圓喜を名乗る。1888年(明治21年)、初代三遊亭圓遊一門の再結成に加わり、三遊亭圓遊を名乗る。 1894年(明治27年)、再び岸沢竹遊斎を名乗る。翌1895年(明治28年)、死去。享年63。 岸沢竹遊斎は、落語の近代化に貢献した重要な人物である。落語に音楽を取り入れたり、落語の台本を執筆したりするなど、革新的な活動を行った。また、初代圓遊一門の解散と再結成を繰り返すなど、落語界の発展に大きく貢献した。
音楽分野の人

中川検校(7代) – 明治時代の地歌・箏曲家

岡崎検校駒ノ一門下で5代と同門 中川検校は、岡崎検校駒ノ一門下で、5代と同門でした。駒ノは、江戸時代後期の地歌・箏曲家で、中川検校の師匠にあたります。駒ノは、中川検校に地歌や箏曲の手ほどきをし、中川検校は駒ノから多くのことを学びました。中川検校は、駒ノから地歌や箏曲の伝統を受け継ぎ、それを発展させました。 中川検校は、駒ノの門下で、5代と同門でしたが、5代とは年齢が離れていました。そのため、中川検校は、5代から直接指導を受けることはありませんでした。しかし、中川検校は、駒ノから5代の演奏を聴いて、その芸を学びました。中川検校は、5代の演奏を聴くことで、5代の芸の素晴らしさを知り、それを自分の演奏に取り入れました。 中川検校は、駒ノと5代の演奏を聴くことで、地歌や箏曲の伝統を学びました。そして、中川検校は、その伝統を受け継ぎ、それを発展させました。中川検校は、地歌や箏曲の名手として知られ、多くの弟子を育てました。中川検校の弟子の中には、後に名手となる人も多くいました。中川検校は、地歌や箏曲の発展に大きな貢献をした人物です。
芸能分野の人

「鶴賀若狭太夫(初代)」

-鶴賀若狭(初代)- 鶴賀若狭(初代)は、江戸時代前期の浄瑠璃太夫。本名は西村伊織。寛永10年(1633年)、京都に生まれる。はじめ、初代都太夫(後の元西太夫)の門人となり、都若狭を名乗る。その後、鶴賀若狭と改名。明暦2年(1656年)、大坂の竹本座で太夫となり、豊後掾、竹本播磨少掾(後の初代竹本義太夫)らと共演。明暦3年(1657年)、京都の清水寺境内にある茶屋に移り、そこで浄瑠璃を上演。寛文5年(1665年)、江戸の奈良屋に招かれ、そこで浄瑠璃を上演。寛文9年(1669年)、京都に戻り、そこで浄瑠璃を上演。延宝3年(1675年)、江戸の奈良屋で没する。享年43。 鶴賀若狭は、浄瑠璃の新しい語り方である「語りの節回し」を確立したことで知られている。それまでの浄瑠璃は、謡曲や歌舞伎の音楽を基にしたものが多く、語り方も謡曲や歌舞伎の影響を受けていた。鶴賀若狭は、それまでの浄瑠璃の語り方を改良し、浄瑠璃独自の語り方を確立した。また、鶴賀若狭は、浄瑠璃の題材を広げ、それまでの浄瑠璃が扱っていた神話や歴史上の出来事以外にも、庶民の生活や恋愛を描いた浄瑠璃を上演した。 鶴賀若狭の浄瑠璃は、江戸時代の人々に大きな影響を与えた。鶴賀若狭の浄瑠璃は、庶民の生活や恋愛を描いたものが多く、庶民の人々に親しまれた。また、鶴賀若狭の浄瑠璃は、新しい語り方である「語りの節回し」を採用していたため、それまでの浄瑠璃とは一味違う新しい浄瑠璃として人々に受け入れられた。鶴賀若狭の浄瑠璃は、江戸時代の浄瑠璃の発展に大きく貢献した。
歴史上の人物

「春正次郎兵衛」(⇒山本春正(やまもと-しゅんしょう)(2代)⇒山本春正(やまもと-しゅんしょう)(5代)⇒山本春正(やまもと-しゅんしょう)(9代))について

春正次郎兵衛とは? 春正次郎兵衛(しゅんしょうじろべえ)は、江戸時代中期から後期にかけての江戸の版元です。山本春正(やまもと-しゅんしょう)の一族であり、2代、5代、9代が春正次郎兵衛を名乗りました。 春正次郎兵衛は、江戸時代中期に江戸で版元として活動をはじめました。浮世絵を多く出版し、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎など、多くの浮世絵師の作品を世に送り出しました。春正次郎兵衛は、浮世絵の普及に貢献した人物として知られています。 春正次郎兵衛は、江戸時代後期に出版した『東都名所江戸百景』が有名です。『江戸百景』は、江戸の風景を描いた浮世絵のシリーズで、葛飾北斎が描いた風景画を春正次郎兵衛が出版しました。『江戸百景』は、江戸の街並みや風俗を伝える貴重な資料として、現在でも高く評価されています。 春正次郎兵衛は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した江戸の版元です。浮世絵を多く出版し、浮世絵の普及に貢献しました。『江戸百景』は、春正次郎兵衛が出版した浮世絵のシリーズで、葛飾北斎が描いた風景画を掲載しています。『江戸百景』は、江戸の街並みや風俗を伝える貴重な資料として、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

嵐和三郎(3代)- 「嵐璃寛」(5代)に繋がる家系

-嵐和三郎の生涯と功績- 嵐和三郎は、1881年(明治14年)12月24日に神奈川県横浜市に生まれました。本名は河内健次です。1898年(明治31年)に父である嵐璃寛の死去により、家督を継いで3代目の嵐和三郎を襲名しました。 嵐和三郎は、1902年(明治35年)に歌舞伎座で初舞台を踏み、その後、新派劇や映画などでも活躍しました。また、1912年(大正元年)には、東京に自由劇場を創設し、日本の演劇界の発展に貢献しました。 嵐和三郎は、1934年(昭和9年)に死去しましたが、その功績は高く評価されており、1949年(昭和24年)には、歌舞伎座の舞台に「嵐和三郎記念碑」が建立されました。 嵐和三郎は、父である嵐璃寛や弟である嵐璃珏とともに、日本の演劇界の発展に大きく貢献した人物です。彼の功績は、現在でも多くの人々に語り継がれています。 -嵐和三郎の主な功績- * 1902年(明治35年)に歌舞伎座で初舞台を踏み、その後、新派劇や映画などでも活躍しました。 * 1912年(大正元年)には、東京に自由劇場を創設し、日本の演劇界の発展に貢献しました。 * 1934年(昭和9年)には死去しましたが、その功績は高く評価されており、1949年(昭和24年)には、歌舞伎座の舞台に「嵐和三郎記念碑」が建立されました。 * 1951年(昭和26年)には、文化勲章を受章しました。
歴史上の人物

織田信守 – 江戸時代後期の大名

-生い立ちと家督相続- 織田信守は、天保13年(1842年)に、尾張藩主・徳川斉朝の第11子として江戸で生まれた。母は側室の毛受氏。幼名は長次郎。弘化元年(1844年)、斉朝の隠居に伴い、兄の斉荘が藩主となると、信守は尾張藩附家老として重用された。 安政2年(1855年)、信守は尾張藩主・徳川慶勝の養子となり、翌安政3年(1856年)に家督を相続した。慶勝は、一橋慶喜の擁立を図る安藤信正と対立し、安政の大獄で失脚した。信守は、慶勝の失脚に伴い、尾張藩主の座を追われた。 しかし、慶応元年(1865年)、将軍徳川家茂が死去すると、一橋慶喜が征夷大将軍となり、信守は尾張藩主に戻った。慶喜は、幕府の改革を推進し、信守もそれに協力した。しかし、慶応3年(1867年)に勃発した戊辰戦争で、幕府軍は新政府軍に敗北。信守は、尾張藩主の座を再び追われた。 明治2年(1869年)、信守は徳川宗家の家督を相続し、尾張藩知事に任命された。明治4年(1871年)には、藩知事を辞職し、東京に移住した。明治17年(1884年)、東京で死去。享年43。
芸能分野の人

助高屋高助(5代)

-助高屋高助(5代)の生涯- 代々の名優が300年以上も歌舞伎の伝統を支え続けてきた助高屋高助の5代目は、1830年に江戸本所として生まれた。 本名は伊藤清助といい、江戸詰幕府に対して馬を献上する馬借の商売をしていた。1857年、5月の仁王門で、5代目高助の門人となる。高助の芸を継いだ名門で、22歳で三枚目役をつとめた。師匠の5代目高助が没したあと、高助の名を五代目を襲名した。 「高助」という芸名は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎役者、3代目中村歌右衛門(1714-1773)が、5代目助高屋高助の前身である高助を襲名する際に、同時期に活躍していた高助(6)に対抗するために改めた名であり、この高助の芸名に敬意を表して、5代目の高助もこの芸名を襲名した。 1861年、31歳のときに、市村座で歌右衛門の名跡を襲名し、次いで1863年には河原崎権十郎の名跡を襲名した。1868年、5月、新富座で市川右団次、2代目市川左団次、3代目市川高麗蔵らとともに、江戸の最後の興行を行った。 戊辰戦争後、1869年5月、39歳のときに、高助の名に戻り、明治座に所属。1873年には、名優5人を引き連れて米国巡業を行い、91日間で、ロンドンからシアトルまで、31の都市を回った。 1891年、61歳のときに、初代実川延若を襲名したが、病のため、襲名興行には出演できなかった。 1893年2月20日、63歳のときに、病のため死去した。高助の芸は、音羽屋喜十郎、初代實川延若、6代目尾上菊五郎、4代目中村歌右衛門、2代目市川左團次、沢村宗十郎らに継承された。
芸能分野の人

藤間勘兵衛(5代)-躍動する舞踊家

-4代藤間勘兵衛の娘が受け継いだ舞踊の伝統- 4代藤間勘兵衛の娘である5代藤間勘兵衛は、幼い頃から舞踊を学び、舞踊家として活躍しました。舞踊の伝統をしっかりと受け継ぎ、その独自の舞踊スタイルは多くの観客を魅了しました。 5代藤間勘兵衛は、1896年に東京で生まれました。本名は藤間良子です。父である4代藤間勘兵衛は、歌舞伎舞踊の名手で、5代勘兵衛も父から舞踊を学びました。また、日本舞踊の巨匠である花柳寿輔にも師事し、舞踊の技術を磨きました。 5代勘兵衛は、1915年に歌舞伎座で初舞台を踏みました。その後、各地の歌舞伎座や劇場で舞踊を披露し、その卓越した舞踊技巧が評判となりました。特に、歌舞伎舞踊の「かさね」を得意とし、その舞踊は絶品と評されました。 5代勘兵衛は、舞踊家としての活動だけでなく、舞踊の指導者としても活躍しました。1930年に藤間流舞踊研究所を設立し、舞踊の指導にあたりました。また、日本舞踊協会の理事を務め、舞踊の普及に努めました。 5代勘兵衛は、1974年に78歳で亡くなりました。舞踊家として、舞踊の指導者として、日本の舞踊界に多大な貢献を残しました。その舞踊の伝統は、現在も多くの舞踊家によって受け継がれています。
芸能分野の人

六郷新三郎(5代) – 江戸後期から明治時代の歌舞伎囃子方

-六郷新三郎(5代)の生涯- 六郷新三郎(5代)(ろくごう しんざぶろう ごだい、1845年(弘化2年) - 1920年(大正9年)8月10日)は、江戸後期から明治時代にかけて歌舞伎囃子方として活躍した人物です。本名は岡太寿、屋号は竹屋。 1845年(弘化2年)、江戸日本橋竹屋町(現在の東京都中央区日本橋)に、歌舞伎囃子方・五代目六郷新三郎の長男として生まれる。幼い頃から囃子方として厳しく育てられ、1860年(万延元年)に15歳の若さで五代目六郷新三郎を襲名する。 襲名後は、歌舞伎座を中心に活躍し、その確かな実力と華やかな芸風で、数多くの舞台を盛り上げた。特に、歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』の「安宅の関」の囃子で、太鼓に乗って登場する「太鼓乗り」の演出は、新三郎の十八番として人気を博した。 また、新三郎は作曲家としても才能を発揮し、数々の名作を残している。その中でも特に有名なのは、歌舞伎舞踊『京鹿子娘五人道成寺』の「鞨鼓(かっこ)」である。この曲は、新三郎の師匠である四代目六郷新三郎が作曲したものを、新三郎がより華やかなものにアレンジしたものとされる。 新三郎は、1920年(大正9年)8月10日に、75歳で死去した。その死は、歌舞伎界に大きな衝撃を与え、多くの役者や囃子方が葬儀に参列した。 新三郎は、歌舞伎囃子方の第一人者として、その芸を後世に伝え、歌舞伎の発展に大きく貢献した人物である。
美術分野の人

野村九圭 – 江戸時代後期の蒔絵師

-野村九圭の生涯と経歴- 野村九圭は、江戸時代後期の蒔絵師です。文化元年(1804年)に江戸で生まれ、天保7年(1836年)に蒔絵師として独立しました。その後、天保12年(1841年)に御用蒔絵師に任命され、嘉永7年(1854年)に江戸城内で火災が発生した際には、幕府の命を受けて皇居の調度品を修復しました。安政4年(1857年)に死去するまで、蒔絵師として活躍しました。 九圭の作風は、伝統的な蒔絵の技法を踏襲しながらも、独自の工夫と斬新な意匠を取り入れ、華やかで精緻な作品を多く残しました。特に、金銀の蒔絵を施した花鳥画や山水画を得意とし、その作品は幕府や大名などから高く評価されました。また、九圭は蒔絵の技法を後世に伝えるため、弟子を多く育て、その中には、後に名工として知られるようになる野村九蔵や野村九静などがいます。 九圭の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。また、東京都指定有形文化財に指定されている「桜図蒔絵硯箱」や、重要文化財に指定されている「花鳥図蒔絵鏡」などが代表作として知られています。
芸能分野の人

「大谷広右衛門(5代)」

小見出し「江戸時代後期の歌舞伎役者」 大谷広右衛門(5代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。 江戸市村座の初代・大谷広右衛門 (初代) の五代目で、父は三代目大谷広右衛門。 1754年(宝暦4年)に江戸で生まれる。本名は中村勘右衛門。 1761年(宝暦11年)に市村座で初舞台を踏む。 1774年(安永3年)に四代目大谷広右衛門を襲名。 1776年(安永5年)には江戸中村座の座元となる。 1789年(寛政元年)には江戸市村座の座元となる。 1795年(寛政7年)に四代目河原崎権十郎を襲名。 1803年(享和3年)に江戸市村座で没する。享年50。 大谷広右衛門(5代)は、江戸歌舞伎の黄金期を支えた名優である。 その芸風は豪快かつ繊細で、歌舞伎の様々な役柄を演じ分けた。 中でも、荒事の役を得意とし、その豪快かつ勇壮な演技は観客を魅了した。 また、世話物の役も得意とし、その繊細かつ情感あふれる演技は観客の涙を誘った。 大谷広右衛門(5代)は、その芸風から「歌舞伎の鬼才」と呼ばれ、多くの弟子を育て上げた。 その弟子には、五代目大谷友右衛門、三代目坂東彦三郎、二代目尾上松助などがいる。 大谷広右衛門(5代)は、江戸歌舞伎の発展に大きく貢献した名優である。 その芸風は、現在でも多くの歌舞伎役者によって受け継がれている。
歴史上の人物

– 一橋斉位

- 一橋斉位 -一橋斉位とは- 一橋斉位とは、徳川幕府の末期に将軍職を継いだ14代将軍徳川家茂の正室である和宮親子内親王のことを指します。一橋斉位とは、和宮親子内親王が徳川将軍家の嫁となった際、一橋家の養女となり、一橋徳川家の家格と格式を有したことから、一橋斉位と呼ばれるようになりました。 一橋斉位は、1846年(弘化3年)に、江戸幕府第12代将軍徳川家慶の七女として生まれました。幼名は「静寛院宮静寛院宮文仁親王」でした。1861年(文久元年)に、徳川幕府第13代将軍徳川家定が死去すると、将軍職は徳川家茂が継ぎました。家茂は、皇女である和宮親子内親王を正室に迎え、一橋斉位となりました。 一橋斉位は、德川家茂の正室として、幕府の政務にも関与しました。特に、幕末の動乱期には、徳川慶喜の徳川幕府再興運動を支持し、慶喜の側近として活躍しました。また、一橋斉位は、皇族出身であることを活かして、朝廷と幕府の仲介役を務め、幕末の混乱を収拾するのに貢献しました。 一橋斉位は、徳川幕府が崩壊した後、徳川家茂の遺児である徳川家達を養育しました。家達は、徳川宗家の家督を継ぎ、公爵となりました。一橋斉位は、1907年(明治40年)に、72歳で薨去しました。 一橋斉位は、幕末の動乱期に活躍した皇族であり、幕府の政務にも関与した人物でした。また、一橋斉位は、徳川家茂の正室として、幕府の再興運動を支援し、朝廷と幕府の仲介役を務めました。一橋斉位は、徳川幕府が崩壊した後も、徳川家達を養育し、徳川宗家の家督を継がせました。