58歳

歴史上の人物

「井上光」~明治時代の軍人~

-「井上光」の人物像- 井上光は、明治時代の軍人であり、陸軍大将まで昇りつめた人物です。戊辰戦争や西南戦争、日清戦争、日露戦争など、日本の近代化に大きく貢献しました。 井上光は、1845年(弘化2年)に、薩摩国鹿児島城下(現在の鹿児島県鹿児島市)に生まれました。幼名は「才蔵」と言い、井上家には養子として迎えられました。井上家は大名旗本の家系で、井上光は薩摩藩士として育ちました。 井上光は、1862年(文久2年)に薩摩藩の軍隊である「薩摩藩兵」に入隊し、戊辰戦争に参加しました。戊辰戦争は、江戸幕府と新政府軍の間で起こった内戦であり、井上光は新政府軍として戦いました。戊辰戦争で井上光は功績を上げ、明治維新後に陸軍少佐に任命されました。 井上光は、1877年(明治10年)に西南戦争に参加しました。西南戦争は、薩摩藩士を中心とした反乱軍と政府軍の間で起こった内戦であり、井上光は政府軍として戦いました。西南戦争で井上光は功績を上げ、陸軍中佐に昇進しました。 井上光は、1894年(明治27年)に日清戦争に参加しました。日清戦争は、日本と清国の間で起こった戦争であり、井上光は陸軍少将として戦いました。日清戦争で井上光は功績を上げ、陸軍中将に昇進しました。 井上光は、1904年(明治37年)に日露戦争に参加しました。日露戦争は、日本とロシアの間で起こった戦争であり、井上光は陸軍大将として戦いました。日露戦争で井上光は功績を上げ、陸軍大将に昇進しました。 井上光は、1910年(明治43年)に死去しました。享年65歳でした。井上光は、日本の近代化に大きく貢献した人物であり、その功績は現在でも語り継がれています。
美術分野の人

岡野松寿(10代):江戸時代後期の卓越した奈良人形彫刻師

奈良人形彫刻界の巨匠岡野松寿(10代) 岡野松寿 (10代) は、江戸時代後期の卓越した奈良人形彫刻師であり、奈良人形彫刻界を代表する巨匠として知られています。 岡野松寿 (10代) は、奈良市に生まれ、幼少の頃から奈良人形彫刻を学びました。その後、京都に移り住み、人形師として活躍しました。 岡野松寿 (10代) は、伝統的な奈良人形彫刻の技法を継承しながらも、新しい表現に挑戦しました。その人形は、写実性と繊細さを兼ね備え、人々の心を打つものでした。 岡野松寿 (10代) は、数多くの名作を残しましたが、中でも有名なのが「浄瑠璃姫」です。「浄瑠璃姫」は、浄瑠璃の演目「義経千本桜」に登場する女性で、岡野松寿 (10代) は、その美しさと悲劇性を人形に表現しました。 「浄瑠璃姫」は、多くの人の心を捉え、日本を代表する人形彫刻の一つとして知られています。岡野松寿 (10代) は、奈良人形彫刻界に大きな功績を残した偉大な人形師であり、その作品は現在でも多くの人々に愛されています。
学術分野の人

大江春塘の軌跡:江戸時代の医師で蘭学者

-大江春塘の生涯- 大江春塘は、江戸時代後期の医師で蘭学者でした。1792年(寛政4年)に京都で生まれ、1830年(文政13年)に京都で亡くなりました。春塘は、蘭学を学び、西洋医学を日本に導入した先駆者の一人でした。 春塘は、京都の医師の家に生まれました。17歳のとき、京都の蘭学塾である適塾に入塾しました。適塾では、杉田玄白や宇田川榕菴などの蘭学者から蘭学を学びました。春塘は、蘭学の勉強に励み、1819年(文政2年)には、蘭学の教科書である『蘭学階梯』を著しました。 『蘭学階梯』は、蘭学を学ぶための入門書として広く読まれ、蘭学の普及に貢献しました。春塘は、蘭学を学ぶだけでなく、西洋医学も学びました。1823年(文政6年)には、江戸の蘭方医であるシーボルトの塾に入塾しました。春塘は、シーボルトから西洋医学を学び、1825年(文政8年)には、シーボルトが著した医学書である『解体新書』の翻訳を手伝いました。 『解体新書』は、西洋医学の教科書として広く読まれ、西洋医学の普及に貢献しました。春塘は、蘭学と西洋医学を学び、日本に西洋医学を導入した先駆者の一人でした。春塘は、1830年(文政13年)に京都で亡くなりましたが、春塘の業績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

青木弘安 – 江戸時代後期の儒学者

青木弘安(あおきひろやす、1783年 - 1850年5月19日)は、江戸時代後期の儒学者である。名は時承。字は子仁。通称は周輔。号は淡々斎、竹山。近江国蒲生郡日野村(現滋賀県蒲生郡日野町)に、大庄屋青木右衛門の五男として生まれた。 15歳の時に父を亡くし、兄の正倫に育てられた。18歳で江戸に出て、昌平坂学問所に入学。同所では亀田鵬斎に師事した。1811年(文化8年)、学問所を卒業して帰郷。翌年、近江国大津藩の儒官に召し抱えられ、藩校である明倫館の教授となった。 1820年(文政3年)、明倫館の学頭となり、藩校の改革を行った。また、この頃から儒学の講義を始める。弘安の講義は、緻密で分かりやすいと評判を呼び、多くの門人を輩出した。 1828年(文政11年)、大津藩を辞職して江戸に出る。江戸では、昌平坂学問所の掌記や、諸藩の儒官を養成する蕃書調所(ばんしょしらべしょ)の教授を務めた。 1830年(天保元年)、蕃書調所の教授を辞職して帰郷。郷里の日野村で私塾を開き、儒学の講義を続けた。1850年(嘉永3年)、68歳で死去。 弘安は、儒学の講義や著作を通して、多くの門人を輩出し、江戸時代後期の儒学の発展に貢献した。特に、弘安の講義は、緻密で分かりやすいと評判を呼び、多くの門人を輩出した。弘安の門人の中には、後に大名となった者や、幕府の重臣となった者も少なくなかった。 弘安の著作には、『淡々斎文集』、『竹山先生語録』、『近江国地誌』などがある。これらの著作は、儒学の研究や、近江国の歴史や地理を研究する上で貴重な資料となっている。
音楽分野の人

杵屋弥十郎(4代)について

杵屋弥十郎(4代)の生い立ち 杵屋弥十郎(4代)は、昭和4年(1929年)3月24日に東京市京橋区(現在の東京都中央区)で杵屋弥七(しょうじ)を父として生まれた。父は常磐津の演奏家であり、杵屋弥十郎(3代)の門弟であった。弥十郎(4代)は幼い頃から父から常磐津の手ほどきを受け、14歳の時に常磐津の初舞台を踏んだ。 弥十郎(4代)は、常磐津の演奏家として頭角を現し、昭和37年(1962年)には常磐津節保存会会員に選出された。昭和43年(1968年)には、父である弥七の死去に伴い、杵屋弥十郎(4代)を襲名した。 弥十郎(4代)は、常磐津の演奏家として活躍する一方、後進の育成にも力を注いだ。昭和54年(1979年)には、常磐津の普及を目的とした「常磐津弥十郎会」を結成し、若手演奏家の育成に取り組んだ。また、昭和59年(1984年)には、常磐津の演奏を海外に紹介するため、中国公演を行った。 弥十郎(4代)は、平成5年(1993年)に常磐津節保存会会長に就任し、常磐津の保存と発展に尽力した。平成19年(2007年)には、勲四等瑞宝章を受章した。 弥十郎(4代)は、平成27年(2015年)1月24日に東京都内で死去した。享年85歳であった。
歴史上の人物

戸田氏西 – 江戸時代前期の大名

-戸田氏西の生涯- 戸田氏西は、江戸時代前期の大名である。豊臣秀吉の近習として仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属した。戦後、信濃国松本藩主となり、後に信濃国高島藩主となった。 戸田氏西は、天正10年(1582年)に摂津国三田で生まれた。父は戸田氏正、母は松平家康の乳母であるお万の方である。秀吉の近習として仕え、文禄2年(1593年)に朝鮮出兵に従軍。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に属し、福島正則の軍勢と戦った。 戦後、氏西は信濃国松本藩主となり、1万石を与えられた。その後、信濃国高島藩主となり、1万2千石を与えられた。氏西は、高島藩主として、領内の開発や産業の振興に努めた。また、松代藩主・真田信之の娘・阿亀を正室に迎えた。 寛永12年(1635年)、氏西は死去した。享年54。跡を長男の氏信が継いだ。 氏西は、武勇に優れ、また、政治手腕にも長けた大名であった。領内の開発や産業の振興に努め、藩政を安定させた。また、松代藩主・真田信之の娘・阿亀を正室に迎えるなど、大名間の婚姻政策を積極的に推進し、藩の勢力を拡大した。 氏西の死後、戸田氏は高島藩主として代々続いた。明治維新まで、戸田氏は高島藩主を務めた。
文学分野の人

明治以前の人物辞典 – 衣川長秋

-江戸時代中期-後期の国学者- 衣川長秋は、江戸時代中期の国学者です。1663年、京都に生まれました。本名は永家久治。通称は久之丞。字は子寿。号は衣川。 16歳で上洛し、国学者の橘千蔭に師事して古道を学びました。その後、各地を遍歴し、国学の研究に努めました。 1703年、京に帰り、私塾を開いて国学を教授しました。門下には、荷田春満、賀茂真淵、契沖など、多くの著名な国学者が輩出し、衣川を国学中興の祖と呼ぶ人もいます。 衣川は、古道を復興し、日本の文化や伝統を守ろうとしました。その思想は、後の国学者たちに大きな影響を与えました。 衣川の主な著作としては、『国史略』、『古事記伝』、『日本書紀伝』、『万葉集註釈』などがあります。 1736年、京都で死去しました。享年74。
歴史上の人物

尊信 – 鎌倉時代の僧

尊信の生涯 鎌倉時代の僧である尊信は、1182年、京都に生まれました。俗名は平信兼といい、平清盛の弟である平経盛の子です。幼い頃から仏教に親しみ、12歳の時に出家して僧侶となりました。 尊信は、比叡山で修行した後、東大寺に移りました。東大寺では、戒律を厳格に守ることで知られていた良弁僧正に師事し、その教えを深く学びました。 1222年、尊信は東大寺の長老に任命されました。長老として、尊信は寺の経営や運営に力を尽くしました。また、多くの僧侶を育成し、東大寺の発展に貢献しました。 1240年、尊信は亡くなりました。享年58歳でした。尊信は、鎌倉時代の僧侶として、戒律を厳格に守り、多くの僧侶を育成したことで知られています。 尊信は、また、歌人としても知られており、多くの和歌を残しています。尊信の歌は、その清廉な人柄を反映しており、現在でも多くの歌人がその歌を愛唱しています。
学術分野の人

「加藤誠之」(1805-1862 江戸時代後期の和算家)

- 七流兼学算儒加藤誠之 加藤誠之(1805-1862)は、江戸時代後期の和算家で、天文や暦学にも精通し、蘭学や漢学にも通じた博学の士でした。 誠之は、播磨国佐用郡生まれで、「七流兼学算儒」と称されたように、和算では、関流、雄谷流、西村流、椿井流、大竹流、松本流、平田流の七流派を兼ね修めていました。また、暦学では、渋川春海の「暦学筌蹄」を学び、天文学では、関孝和の「暦象新書」や平賀源内の「暦学啓蒙」などを研究しました。さらに、蘭学では、蘭書を翻訳して天文や機械に関する知識を吸収し、漢学では、儒教の経典を読み解いて、その思想を学びました。 誠之は、その博学を活かして、多くの著作を残しています。主な著作には、「算法開宗記」、「算法秘伝」、「暦算総論」、「天学初歩」、「物理学啓蒙」、「儒学入門」などがあります。これらの著作は、当時の知識人たちに広く読まれ、日本の科学の発展に貢献しました。 誠之は、1862年に58歳で亡くなりましたが、その死後もその業績は高く評価され、日本数学史上に残る偉大な数学者として知られています。
歴史上の人物

「青青園蕪坊」

- 青青園蕪坊とは 青青園蕪坊とは、1982年に公開された山田洋次監督の日本映画。原作は、昭和初期に活躍した落語家・川柳作家で、絵師としても名を馳せた柳家三語楼の自伝的小説『青青園蕪坊』である。 映画は、三語楼が落語家として成長していく過程を、ユーモアを交えながら描いている。 舞台は、明治末期の東京。三語楼は、貧乏長屋に住む少年・吉太郎として登場する。 吉太郎は、幼い頃から落語が好きで、よく寄席に通っていた。 ある日、吉太郎は、落語家の柳家小団治の落語を聞いて、落語家になることを決意する。 吉太郎は、小団治に弟子入りし、落語家としての修行を始める。 修行時代は、貧乏や苦労の連続だったが、吉太郎は、負けずに努力を続け、ついに落語家として独り立ちする。 吉太郎は、芸名を柳家三語楼と名乗り、落語家として活躍する。 三語楼は、落語だけでなく、川柳や絵にも才能を発揮し、多方面で活躍した。 三語楼は、晩年まで現役で活動を続け、1966年に82歳で亡くなった。 三語楼は、昭和を代表する落語家であり、その功績は今日でも高く評価されている。
歴史上の人物

江崎悌三 – 昭和時代を彩った昆虫学者

江崎悌三は、昭和時代を彩った昆虫学者である。本籍地は愛知県名古屋市、出生地は愛知県愛西郡立田村(現・愛西市)である。名古屋高等学校第一部甲組を卒業後、京都帝国大学理学部に入学。その後、東京帝国大学理学部動物学科に転じ、1926年に卒業した。 江崎悌三は、昆虫分類学から生物地理学までを究めた研究者である。昆虫分類学の分野では、日本産昆虫の分類研究に多大な貢献をした。特に、チョウ目やハチ目、ハエ目の分類研究において、多くの新種を記載し、分類体系の確立に貢献した。また、九州大学の教授として、九州地方の昆虫の分類研究にも積極的に取り組んだ。 生物地理学の分野では、昆虫の分布に関する研究に重点を置いた。日本産昆虫の分布を調査し、その分布パターンから、昆虫の進化と移動の歴史を明らかにした。また、昆虫の分布と気候変動の関係についても研究し、気候変動が昆虫の分布に与える影響を明らかにした。 江崎悌三は、昆虫学の研究において、多くの業績を残した。昆虫分類学と生物地理学の分野において、日本を代表する研究者の一人として知られている。また、多くの学生を指導し、昆虫学の発展に貢献した。 江崎悌三は、1945年に東京帝国大学理学部教授に就任し、1953年に退官した。退官後も、昆虫学の研究を続け、1983年に逝去するまで、多くの業績を残した。江崎悌三の業績は、昆虫学の発展に大きく貢献しただけでなく、生物多様性保全の重要性についても警鐘を鳴らした。
経済分野の人

池田竜一 – 日本の実業界に貢献した経営者

-池田竜一の人物像と生い立ち- 池田竜一は、日本の実業界に貢献した経営者である。1937年に東京都に生まれ、慶應義塾大学経済学部を卒業後、松下電器産業に入社した。松下電器産業では、若くして頭角を現し、1973年に取締役に就任。1986年には社長に就任し、1996年に会長に就任した。 池田竜一は、経営者として、松下電器産業を世界有数の家電メーカーに成長させた。また、松下電器産業の経営理念である「創業の精神」を掲げ、経営者としての手腕を発揮した。池田竜一は、松下電器産業の経営者としてだけでなく、経済界のリーダーとしても活躍した。経団連の副会長や日本商工会議所の会頭などを歴任し、日本の経済界に貢献した。 池田竜一は、2019年に81歳で死去した。池田竜一の死は、日本の実業界に大きな衝撃を与えた。池田竜一は、日本の実業界に大きな貢献をした経営者であり、その功績は長く語り継がれるであろう。 池田竜一は、1937年に東京都に生まれた。父親は、松下電器産業の創業者である松下幸之助である。池田竜一は、松下幸之助の長男である。池田竜一は、慶應義塾大学経済学部を卒業後、松下電器産業に入社した。松下電器産業では、若くして頭角を現し、1973年に取締役に就任。1986年には社長に就任し、1996年に会長に就任した。 池田竜一は、経営者として、松下電器産業を世界有数の家電メーカーに成長させた。また、松下電器産業の経営理念である「創業の精神」を掲げ、経営者としての手腕を発揮した。池田竜一は、松下電器産業の経営者としてだけでなく、経済界のリーダーとしても活躍した。経団連の副会長や日本商工会議所の会頭などを歴任し、日本の経済界に貢献した。 池田竜一は、2019年に81歳で死去した。池田竜一の死は、日本の実業界に大きな衝撃を与えた。池田竜一は、日本の実業界に大きな貢献をした経営者であり、その功績は長く語り継がれるであろう。
美術分野の人

和田菁華-幕末から明治時代の画家

生い立ちと絵の才能 和田菁華(わだ・せいか)は、天保2年(1831年)に江戸・小石川に生まれました。幼い頃から画才を発揮し、12歳の頃には狩野派の画家である狩野芳崖に師事して絵を学び始めました。菁華は芳崖から狩野派の伝統的な画法を学びながら、独自の画風を確立していきます。 菁華は、特に人物画を得意としており、その作品は写実的で繊細な表現が特徴です。また、菁華は、西洋画にも関心を持ち、西洋画の技法を取り入れた作品も数多く残しています。 菁華は、幕末から明治時代にかけて活躍した画家で、その作品は多くの美術館に収蔵されています。代表作には、「花下美人図」「雪中梅に孔雀図」「富士三十六景」などがあります。 菁華は、明治29年(1896年)に66歳で亡くなりました。しかし、その作品は今もなお多くの人々に愛され続けています。
歴史上の人物

洞院実泰 – 鎌倉時代の公卿

-洞院実泰とは- 洞院実泰(とういん さねやす)は、鎌倉時代の公卿。権大納言・洞院公賢の子。官位は正二位・権大納言。 -経歴- 建保3年(1215年)、誕生。 建長6年(1254年)、正五位下に叙位される。 建長7年(1255年)、右兵衛佐に任官する。 建長8年(1256年)、従四位下に叙位される。 建長9年(1257年)、右近衛権少将に任官する。 康元元年(1256年)、従四位上に叙位される。 康元2年(1257年)、右近衛少将に任官する。 正嘉2年(1258年)、正四位下に叙位される。 正嘉3年(1259年)、蔵人頭に補任される。 正元元年(1259年)、参議に任官する。 正元2年(1260年)、正四位上に叙位される。 文応元年(1260年)、従三位に叙位される。 文応2年(1261年)、権中納言に任官する。 弘長2年(1262年)、正三位に叙位される。 弘長3年(1263年)、従二位に叙位される。 建治2年(1276年)、正二位に叙位される。 建治3年(1277年)、権大納言に任官する。 弘安10年(1287年)、卒去。享年73。 -人物像- 洞院実泰は、学問に優れ、和歌を嗜んだ。また、書道にも秀でており、その書は「洞院流」と呼ばれて尊ばれた。 -業績- 洞院実泰は、公卿として活躍しただけでなく、学問や文化にも貢献した。その業績は、以下のようなものがある。 * 『洞院実泰和歌集』を撰進する。 * 『洞院流書道』を創始する。 * 『洞院実泰日記』を残す。 -洞院実泰の死後- 洞院実泰の死後、その子孫は公卿として活躍した。また、洞院流書道は、江戸時代まで受け継がれた。 -参考文献- * 『洞院実泰和歌集』 * 『洞院実泰日記』 * 『公卿補任』 * 『尊卑分脈』
美術分野の人

「秦竹探」とは?

-生涯と経歴- 秦竹探(しんちく たん)は、1937年に中国の陝西省で生まれた考古学者である。1961年に北京大学を卒業した後、中国社会科学院考古研究所に勤務した。1974年に秦始皇帝陵の兵馬俑の発掘に参加し、その後も秦始皇帝陵の発掘に携わった。1986年に秦始皇帝陵の発掘責任者となった。1994年に中国社会科学院考古研究所の所長に就任した。 秦竹探は秦始皇帝陵の発掘で功績を上げ、中国考古学界の第一人者となった。また、秦始皇帝陵以外の遺跡の発掘にも携わり、中国考古学の発展に貢献した。2012年に亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。
歴史上の人物

西園寺公藤とは?その生涯と功績を紹介

西園寺公藤の生涯 西園寺公藤は、鎌倉時代末期に活躍した公卿である。摂政・右大臣を務め、朝廷の最高権力者として活躍した。公藤は、1242年に生まれ、父は権中納言・西園寺公経、母は源経長の娘である。公藤は幼い頃から聡明で、16歳で従五位下に叙され、18歳で右近衛少将に任ぜられた。 公藤は、1265年に左兵衛権佐に任ぜられ、1268年に従四位上に叙された。1272年には右近衛中将に任ぜられ、1274年には参議に任ぜられた。公藤は、参議として朝廷の政務に参与し、1277年には権中納言に任ぜられた。1280年には従三位に叙され、1282年には右大臣に任ぜられた。公藤は、右大臣として朝廷の最高権力者となり、鎌倉幕府と朝廷との関係を取りまとめる役割を果たした。 公藤は、1287年に摂政に任ぜられた。摂政は天皇に代わって国政を執る役職であり、公藤は朝廷の最高権力者として活躍した。公藤は、在任中に弘安の役を指揮し、元軍を撃退した。弘安の役は、日本の歴史における重要な出来事であり、公藤は日本を救った英雄として称賛された。 公藤は1293年に摂政を辞任し、1296年に薨去した。享年55歳。公藤は、鎌倉時代末期を代表する公卿であり、その功績は今もなお語り継がれている。
歴史上の人物

「松平頼学」

西条藩主・松平頼学の生涯 松平頼学(まつだいら よりなり)は、江戸時代中期の備後西条藩の第2代藩主。 1. 生い立ちと家督相続 松平頼学は、元禄10年(1697年)に、初代藩主・松平頼常の四男として誕生しました。幼名は千代松。宝永7年(1710年)に、兄の頼久が早世したため、嫡子となりました。享保7年(1722年)、父の死去により家督を相続し、西条藩の第2代藩主となりました。 2. 西条藩の経営 松平頼学は、藩主就任後、藩政改革を積極的に行いました。まず、藩財政の立て直しに取り組み、倹約令を発令して経費削減に努めました。また、新田開発や殖産興業を奨励し、藩の収入を増やしました。さらに、藩校「就学館」を設立し、人材育成にも尽力しました。 3. 頼学と日光東照宮 松平頼学は、日光東照宮の造営にも深く関わりました。享保17年(1732年)、日光東照宮の修復工事が行われることになり、頼学は総奉行に任命されました。頼学は、修復工事を円滑に進めるため、自ら日光に赴いて指揮を執りました。修復工事は、頼学の尽力により無事に完了し、日光東照宮は現在のような姿となりました。 4. 晩年と死去 松平頼学は、宝暦13年(1763年)、67歳で死去しました。家督は、嫡男の頼淳が相続しました。頼学の治世は、西条藩が安定した発展を遂げた時代でした。頼学は、有能な藩主として、藩民から敬愛されました。
芸能分野の人

講談師・坂本富岳-明治-大正時代の語り部

講談師・坂本富岳-明治-大正時代の語り部 落語家として活躍した生涯 坂本富岳は、明治から大正時代に活躍した講談師です。1865年、土佐国(高知県)に生まれ、1885年に上京して落語家としてデビューしました。その後、講談師に転向し、1900年に真打昇進を果たしました。富岳は、講談の第一人者として活躍し、多くの名作を残しました。 富岳の講談は、その臨場感あふれる語り口と、ユーモアのある話芸で人気を博しました。また、富岳は、講談の伝統を重んじながらも、新しい試みにも積極的で、講談をより多くの人に親しんでもらうために、ラジオや映画などの新しいメディアにも出演しました。 富岳は、1929年に亡くなりましたが、その講談の芸は、現在でも多くの人々に愛されています。富岳の講談は、明治から大正時代の日本の世相を伝える貴重な資料であり、日本の文化遺産としても高く評価されています。 富岳の代表作としては、「真田十勇士」、「水滸伝」、「義経千本桜」などがあります。また、富岳は、講談の理論書である「講談小論」を著しており、これは、講談の研究において重要な資料とされています。
文学分野の人

高見順:明治・昭和期の文豪の功績と生涯

-文豪・高見順の生涯- 高見順(たかみ じゅん、1907年1月28日 - 1965年12月10日)は、日本の小説家・劇作家・評論家。明治・昭和期の文豪の一人である。 -【生い立ちと文学への目覚め】- 高見順は、1907年1月28日、広島県広島市に生まれた。幼少期は、貧しい家庭環境の中で育つ。 広島県立広島商業学校(現・広島経済大学)を卒業後、上京して早稲田大学文学部英文科に入学。しかし、学費が払えず中退を余儀なくされる。 1929年、芥川龍之介の『地獄変』に感銘を受け、文学の道を志す。同人誌『驢馬』に参加し、小説を書き始める。 -【文壇デビューと『昭和文学史』】- 1931年、処女作『切符』を発表。同年、『昭和文学史』を刊行し、文壇デビューを果たす。 『昭和文学史』は、日本の近代文学を総括した最初の大著であり、高見順の名を一躍有名にした。 -【代表作『流謫』と『死の淵より』】- 1936年、代表作『流謫』を発表。この作品は、高見順自身の体験を基に、戦時中の軍隊生活と死の恐怖を描いたものである。 1941年、同じく代表作『死の淵より』を発表。この作品は、戦後の復興期の社会を背景に、人間の内面を鋭く描いたものである。 -【戦後文学への貢献と晩年】- 戦後は、日本ペンクラブの会長を務めるなど、戦後文学の発展に貢献した。 しかし、1962年に胃癌を発症。1965年12月10日に58歳で死去した。 高見順は、戦前戦後の動乱の時代を生き、戦争と死をテーマに多くの作品を執筆した。 その作品は、人間の内面を鋭く描き出し、多くの読者に支持された。また、戦後文学の発展にも貢献した功績は大きい。
芸能分野の人

板谷紀之→ 昭和を代表する映画監督

-板谷紀之の軌跡- 板谷紀之は、日本を代表する映画監督の一人である。1930年、東京に生まれる。早稲田大学を卒業後、映画監督を目指して渡欧。イタリアで映画製作を学び、1956年に帰国。 1958年、デビュー作『太陽の季節』が公開され、大ヒットを記録。本作で、板谷紀之は一躍注目を集める。その後も、数々の映画を監督し、いずれも高い評価を得る。1960年代には、『青春の蹉跌』『不良番長』『東京流れ者』などの作品を監督。1970年代には、『仁義なき戦い』『蒲田行進曲』『男はつらいよ』などの作品を監督。1980年代には、『隠し砦の三悪人』『乱』『Dreams』などの作品を監督した。 板谷紀之の作品は、その斬新な映像美と、人間の心の機微を捉えた脚本で高く評価されている。また、板谷紀之は、数多くの名優と仕事をしてきたことでも知られている。三船敏郎、仲代達矢、緒形拳、渥美清、倍賞千恵子など、日本を代表する俳優が出演した作品を数多く監督している。 板谷紀之は、1998年に亡くなったが、その作品は今もなお多くの映画ファンに愛されている。 -板谷紀之の映画監督としての功績- 板谷紀之は、日本映画史に大きな足跡を残した映画監督である。その功績は、以下の通りである。 ・斬新な映像美と、人間の心の機微を捉えた脚本で、日本映画に新しい風を吹き込んだ。 ・数多くの名優と仕事をしてきたことでも知られており、映画俳優の演技を引き出す手腕に長けていた。 ・日本映画の国際化に貢献した。板谷紀之の作品は、海外でも高い評価を得ており、日本映画の地位向上に貢献した。 板谷紀之は、日本を代表する映画監督の一人であり、その功績は今もなお語り継がれている。
歴史上の人物

「米倉昌晴」

# 米倉昌晴とは 米倉昌晴(よねくらまさはる)は、日本の俳優、タレント、歌手です。1972年5月27日生まれ、兵庫県神戸市出身。身長183cm、血液型はA型。所属事務所はアミューズです。 1992年、フジテレビ系ドラマ「愛という名のもとに」で俳優デビュー。その後、「ロングバケーション」(1996年、フジテレビ系)、「ビーチボーイズ」(1997年、フジテレビ系)、「GTO」(1998年、関西テレビ)、「HERO」(2001年、フジテレビ系)、「Dr.コトー診療所」(2003年、フジテレビ系)など、数々の人気ドラマに出演し、一躍人気俳優の仲間入りを果たしました。 また、2006年5月に歌手デビューを果たし、シングル「Rain」をリリース。同曲はオリコンチャート初登場11位を記録し、俳優としてだけでなく、歌手としても成功を収めました。 2012年10月、女優の松下奈緒と結婚。2014年3月に第一子となる長女が誕生しました。 米倉昌晴は、爽やかなルックスと抜群の演技力で、多くの視聴者に愛されている俳優です。今後も彼の活躍に期待が集まっています。
音楽分野の人

「吉住小三郎(3代)」

-吉住小三郎(3代)の生涯- 吉住小三郎(3代)は、1898年(明治31年)に京都市に生まれました。父は2代吉住小三郎、母は芸妓の錦でした。小三郎は幼い頃から相撲が大好きで、10歳の頃には地元の相撲大会で優勝するほどの実力を持っていました。 1915年(大正4年)、小三郎は17歳で横綱・常陸山谷右エ門の弟子となり、角界入りを果たします。四股名は、師匠の常陸山から一字を拝借して「常ノ花」と名乗りました。 常ノ花は、1918年(大正7年)に新入幕を果たし、その後も順調に出世していきます。1922年(大正11年)には大関に昇進し、1928年(昭和3年)には念願の横綱に昇進しました。 横綱昇進後は、双葉山定次、玉錦三右エ門、常ノ花、武蔵山武らとともに「昭和の大横綱」と呼ばれ、相撲界を牽引しました。常ノ花は、1934年(昭和9年)に引退するまで、横綱在位13場所、幕内通算成績86勝33敗10分という輝かしい成績を残しました。 引退後は、年寄・吉住を襲名して相撲界に残りました。1952年(昭和27年)には、日本相撲協会の理事長に就任し、1967年(昭和42年)まで務めました。理事長在任中は、相撲界の近代化に尽力し、相撲人気の大幅な向上に貢献しました。 1974年(昭和49年)、常ノ花は76歳で亡くなりました。常ノ花は、その功績を称えられ、1982年(昭和57年)に大相撲の最高位である横綱に推挙されました。 常ノ花は、相撲界の発展に大きく貢献した偉大な横綱であり、日本の伝統文化を世界に発信した功績は、今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

– 楯岡小七郎

-肥後熊本藩士として活躍- 楯岡小七郎は、肥後熊本藩の藩士として活躍した人物です。彼は、1544年に生まれ、幼名はタテオカ・ソテロでした。父は、楯岡数馬であり、母は、大友宗麟の妹でした。小七郎は、幼い頃から武芸に秀でており、16歳の時に熊本藩主の細川忠興に見出され、家臣となりました。 小七郎は、熊本藩の武将として、多くの戦いで活躍しました。1578年の耳川の戦いでは、小早川隆景の軍勢を破り、1583年の賤ヶ岳の戦いでは、羽柴秀吉の軍勢に勝利しました。また、1587年の九州征伐では、島津義久の軍勢を破り、隈本城を奪取しました。 小七郎は、武勇だけではなく、知謀にも優れていました。彼は、外交交渉にも活躍し、1590年の小田原征伐では、北条氏政との交渉を担当しました。また、1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して戦いましたが、戦後には徳川家康に帰順しました。 小七郎は、徳川幕府の旗本として、江戸で暮らしました。1617年に死去し、享年73でした。小七郎は、優れた武人であり、知将として、肥後熊本藩に貢献しました。
歴史上の人物

大眉性善→ 中国の僧と黄檗宗の継承者

-隠元隆琦について出家- 隠元隆琦(隠元禅師)は、中国の僧であり、日本の黄檗宗の開祖です。1592年に福建省福州市に生まれました。15歳で出家し、21歳で具足戒を受けました。その後、各地の寺院で修行を重ね、1628年には黄檗山の万福寺に入りました。1633年に黄檗宗の第33祖である慧能の法を嗣いで、黄檗宗の第34祖となりました。 1644年に清朝が成立すると、隠元は清朝の政策に反発して中国を離れ、1654年に長崎に渡りました。隠元は長崎に黄檗宗の寺院である万福寺を建立し、日本の黄檗宗の布教に努めました。隠元はまた、日本に禅宗の修行方法である「坐禅」を伝えました。隠元の教えは多くの日本人に受け入れられ、黄檗宗は日本の禅宗の有力な宗派の一つとなりました。 隠元は1673年に長崎で亡くなりました。享年82歳でした。隠元は日本の禅宗の発展に大きな貢献をした僧侶として知られています。