67歳

歴史上の偉人

福井棣園とは?江戸時代後期の医師の生涯と功績

福井棣園の生い立ちと経歴 福井棣園は、1775年(安永4年)に常陸国筑波郡田土部村(現在の茨城県坂東市田土部)に生まれた。幼名は虎蔵。父は医師の福井新右衛門、母は志む。棣園は、幼い頃から聡明で、学問を好んだという。 12歳のとき、江戸に出て、儒学者の古賀侗庵の門下に入る。古賀侗庵は、朱子学の大家であり、当時、江戸における最も権威のある学者の一人であった。棣園は、古賀侗庵のもとで、儒学を学び、また、詩文にも優れていたという。 18歳で古賀侗庵の門を出て、江戸で医業を開いた。棣園は、医師として、貧しい人々を無料で診察し、薬を施したという。また、棣園は、医学書を著し、後進の医師を育成した。 1818年(文政元年)には、江戸幕府の奥医師に任命された。奥医師とは、将軍やその家族の健康を管理する医師のことである。棣園は、将軍家御典医として、将軍の健康を管理し、また、将軍の側近として、政治にも参与した。 棣園は、1825年(文政8年)に死去した。享年51。棣園の墓は、東京都台東区にある谷中霊園にある。
エンターテインメント

竹本東玉-明治時代を彩った才色兼備の人気女義太夫

明治を代表する女義太夫、竹本東玉 竹本東玉は、明治時代を代表する女義太夫です。1857年(安政4年)に大阪で生まれ、1878年(明治11年)に初舞台を踏みました。1882年(明治15年)に東京に上京し、翌年には帝国劇場で公演を行って大成功を収めました。その後も各地を巡業し、明治を代表する女義太夫として活躍しました。1933年(昭和8年)に死去するまで、義太夫の普及と発展に尽力しました。 東玉は、義太夫の技術だけでなく、容姿端麗で美声の持ち主でもありました。また、明治時代は日本が近代化に向けて大きく変化した時代であり、東玉はそんな時代を背景に、日本の伝統芸能である義太夫を全国に広めていくという重要な役割を果たしました。 東玉は、義太夫の普及と発展に貢献しただけでなく、ジェンダー平等を推進する先駆者でもありました。明治時代は、女性が男性と同じように社会で活躍することが難しかった時代ですが、東玉は「女も男も平等である」と主張し、女性が社会で活躍できるよう努力しました。 竹本東玉は、明治時代を代表する女義太夫として、義太夫の普及と発展に貢献し、ジェンダー平等を推進する先駆者でした。東玉の功績は、今日でもなお語り継がれています。
研究者

-中村嘉種(1678-1744)

中村嘉種(1678-1744) 中村嘉種の生涯 中村嘉種は、1678年に京都で生まれました。父は旗本の中村清忠、母は滋賀の豪族の娘でした。幼い頃から聡明で、早くから儒学を学びました。17歳で江戸に出て、荻生徂徠の門下生となりました。荻生徂徠は、日本の儒学者のなかでもとくに合理主義的な思想を持ち、朱子学を批判していました。中村嘉種は、荻生徂徠の思想に感銘を受け、彼の門下生として学問を深めました。 1706年、中村嘉種は幕府の役人となりました。最初は京都所奉行でしたが、その後大坂町奉行、勘定奉行、若年寄と昇進していきました。1723年には、幕府の最高機関である老中になりました。老中として、彼は荻生徂徠の思想に基づいた政治を行いました。たとえば、朱子学の禁止や、農民の負担軽減などです。また、彼は日本の文化の振興にも努めました。たとえば、歌舞伎の振興や、俳諧の普及などです。 1744年、中村嘉種は老中を辞任し、京都に戻りました。1744年12月13日に京都で死去しました。享年67歳でした。中村嘉種は、荻生徂徠の思想を政治に取り入れ、日本の文化の振興に努めた人物でした。
歴史上の偉人

常庵竜崇 – 室町から戦国時代を生きた僧侶 –

-常庵竜崇の生涯- 常庵竜崇(じょうあんりゅうそう、1454年 - 1528年)は、室町時代から戦国時代にかけての僧侶です。臨済宗の禅僧で、大徳寺の第208世住持を務めました。また、歌人としても知られ、当時の歌壇で活躍しました。 常庵竜崇は、1454年に美濃国(現在の岐阜県)で生まれました。名は永春、字は士元、号は常庵です。幼い頃から仏教に親しみ、18歳の時に出家して大徳寺に入りました。 大徳寺では、第207世住持の春渓仙厓に師事し、禅の教えを学びました。春渓仙厓は、当時の禅宗界を代表する禅僧であり、常庵竜崇は春渓仙厓から多くのことを学びました。 1490年に春渓仙厓が亡くなると、常庵竜崇は第208世住持に就任しました。常庵竜崇は、住持就任後、大徳寺の復興に努めました。また、歌人としても活躍し、当時の歌壇で活躍しました。 常庵竜崇は、1528年に大徳寺で亡くなりました。享年75歳でした。常庵竜崇は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した、臨済宗の禅僧であり、歌人でした。
エンターテインメント

「山下金作(2代)」(1733-1799)

-山下金作(2代)の生涯と経歴- 山下金作(2代)(1733-1799)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した大坂の豪商で、鴻池家と並んで大坂の二大豪商として知られた。 山下金作(2代)は、元文元年(1732年)に、大坂船場の材木商、山下金作(初代)の子として生まれた。16歳で家督を継ぎ、材木商を営んでいたが、明和8年(1771年)に大坂を襲った大火で店を焼失してしまう。その後、再建に努めて、店を復興させることに成功した。 安永5年(1776年)には、大坂の豪商や町衆らによって結成された「大坂町人会所」の結成に参画し、その頭取に就任した。大坂町人会所は、大坂の町を統治する自治組織であり、金作は、大坂の政治の中心的人物として活躍した。 天明2年(1782年)には、大坂を襲った大洪水で店を浸水させたが、再び再建に努めて店を復興させた。また、天明の大飢饉の際には、80万両の米を放出して救済に努めたとされている。 寛政11年(1799年)に、67歳で没した。金作の死後、山下家は衰退していき、やがて没落した。 山下金作(2代)は、大坂の町を復興させ、救済に努めた豪商として知られている。また、大坂町人会所の頭取として、大坂の政治の中心的人物として活躍した。
芸術家

橋本小霞(1813~1879):江戸後期から明治時代の画家

橋本小霞の生涯と作品 橋本小霞(1813~1879)は、江戸後期から明治時代の画家です。名は巧、字は千花、号は小霞、別号に玉水亭、月宮楼などがあります。大和国(現在の奈良県)に生まれ、江戸で活躍しました。 小霞は、若くして狩野派の画家に師事し、絵を学びました。その後、各地を旅して写生し、独自の画風を確立しました。小霞の作品は、写実的で繊細な花鳥画や風景画が特徴です。また、美人画や歴史画も描いています。 小霞は、明治維新後は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授として後進の指導に当たりました。また、日本画壇の重鎮として活躍し、明治天皇の御用絵師も務めました。小霞の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されています。 代表作 * 「花鳥図屏風」(東京国立博物館所蔵) * 「山水図屏風」(京都国立博物館所蔵) * 「美人図」( MOA美術館所蔵) * 「源頼光土蜘蛛退治図」(東京国立博物館所蔵) * 「平家納経図屏風」(東京国立博物館所蔵) 評価 小霞は、江戸後期から明治時代の日本画壇を代表する画家の一人です。写実的で繊細な花鳥画や風景画が特徴で、美人画や歴史画も描いています。小霞の作品は、現在も多くの美術館や博物館に所蔵されており、日本画の貴重な財産となっています。
歴史上の偉人

植村忠朝 – 江戸時代前期の大名

-植村忠朝の生涯- 植村忠朝は、江戸時代初期の大名で、美濃国野村藩主。通称は与七郎。初名は久明。 植村泰勝の次男として生まれる。母は安藤直次の娘。兄に忠成。子は忠享、忠恒、忠勝、忠朝、忠賢。 慶長16年(1611年)、父・泰勝の死去により家督を相続する。大坂の陣では、徳川方に属して活躍した。元和元年(1615年)、一国一城令により、野村藩に移封される。 寛永9年(1632年)、死去。享年46。跡を長男・忠享が継いだ。 植村忠朝は、文武両道に優れた武将であった。和歌や茶道にも精通しており、多くの文人と交流していた。また、野村藩の産業振興に尽力し、藩政を安定させた。
研究者

米沢和一:明治、大正、昭和期の口腔衛生学者

-生涯と経歴- 米沢和一は、1874年(明治7年)2月9日に佐賀県嬉野町に生まれた。1899年(明治32年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、病院や大学で勤務したのち、1915年(大正4年)に東京帝国大学歯学部教授に就任し、1922年(大正11年)に同大教授に昇進した。 米沢は、歯学の教育と研究に尽力し、多くの学生を育成した。また、日本歯科医師会設立や歯科医師法制定に貢献するなど、日本の歯科界の発展に大きく貢献した。 米沢の研究は口腔衛生学を専門とし、特に歯周病に関する研究で著名である。1916年(大正5年) に出版された『歯周病』は、歯周病に関する最初の学術書であり、国内外で高く評価された。また、1939年(昭和14年)には『口腔衛生学』を出版し、口腔衛生学の体系化に貢献した。 米沢は、1944年(昭和19年)に東京帝国大学を定年退官し、その後は東京女子医科大学教授、東京歯科学院教授を歴任した。1951年(昭和26年)に日本歯科医師会会長に就任し、1955年(昭和30年)には日本歯科医学会会長に就任した。 米沢は、1960年(昭和35年)に東京で亡くなった。
歴史上の偉人

藤原資仲 – 平安時代中期の公卿、歌人、漢詩人

藤原資仲の生涯 藤原資仲は、平安時代中期の公卿、歌人、漢詩人です。高階氏出身である藤原為理の孫で、大納言藤原隆家の子として、天慶4年(941年)に生まれました。 資仲は、幼い頃から聡明で、和歌や漢詩に秀でていました。長徳2年(996年)に右大臣となり、翌年、内大臣に昇進しました。寛弘3年(1006年)、左大臣となり、さらに、4年後に太政大臣に就任しました。 資仲は、永延3年(989年)に執筆された、中古三十六歌仙の一人にも選ばれています。和歌では、清新で趣のある歌風を身上とし、『後撰和歌集』や『拾遺和歌集』に多くの歌が残されています。また、漢詩にも優れ、『本朝文粋』に十数首の漢詩が収録されています。 資仲は、長保3年(1001年)に藤原道長の娘である源頼定の室を正式な夫人とし、資平、資房、光頼、隆能の4子を儲けました。また、惟成、惟憲、惟継という3人の猶子もいました。 資仲は、寛弘8年(1011年)に、71歳で亡くなりました。彼は、和歌や漢詩に秀で、政治家としても功績を残した、平安時代を代表する公卿でした。
歴史上の偉人

岡田佐平治→ 幕末・明治時代の農村指導者

-岡田佐平治の生涯- 岡田佐平治は、1801年(享和元年)に播磨国赤穂郡上郡村(現在の兵庫県赤穂市上郡)に生まれました。彼は、幼い頃から農業に携わり、18歳の時には村の庄屋(村の長)になりました。 佐平治は、村の発展のために尽力し、1838年(天保9年)には、村に学校を設立しました。また、佐平治は、農業技術の向上にも努め、1847年(弘化4年)には、村に農業講習所を開設しました。 佐平治の功績は、幕府にも認められ、1860年(万延元年)には、幕府の勘定奉行に任命されました。佐平治は、勘定奉行として、幕府の財政改革に尽力しましたが、1868年(明治元年)に明治維新が起こると、職を辞しました。 明治維新後は、佐平治は、郷里に戻り、農業指導者として活躍しました。佐平治は、1873年(明治6年)には、赤穂郡農事会の会長に就任し、1876年(明治9年)には、兵庫県の農事会副会長に就任しました。 佐平治は、農業の近代化を推進し、1881年(明治14年)には、赤穂郡に西洋式の農業機械を導入しました。また、佐平治は、農業に関する書籍を執筆し、農業の普及に努めました。 佐平治は、1892年(明治25年)に亡くなりました。佐平治は、幕末・明治時代の農村指導者として、日本の農業の発展に貢献しました。
歴史上の偉人

結城直光 – 南北朝・室町時代の名将

結城直光の生涯と功績 結城直光は、南北朝・室町時代の武将・守護大名です。常陸国結城氏6代当主として、常陸国の守護を務めました。戦上手として知られ、数々の合戦で活躍しました。 直光は、弘安7年(1284年)に常陸国結城郡結城(現在の茨城県結城市)で生まれました。父は結城広朝、母は足利貞氏の娘です。幼名は経朝(つねとも)といい、後に直光と改名しました。 直光は、幼い頃から武芸の鍛錬に励み、やがて常陸国の守護として活躍するようになりました。延元2年(1337年)には、足利尊氏に従って鎌倉幕府を滅ぼし、建武政権に参加しました。しかし、建武3年(1338年)に尊氏が後醍醐天皇と決裂すると、直光は尊氏に従って南朝と戦いました。 直光は、南朝との戦いで数々の功績を上げました。正平4年(1349年)には、越前国金崎城を攻略し、南朝の武将である新田義貞を討ちました。正平11年(1356年)には、常陸国小見山城を落とし、南朝の武将である北畠顕家を破りました。これらの功績により、直光は尊氏から常陸国の守護職を与えられました。 直光は、常陸国の守護として、国土の安定に努めました。また、尊氏の長男である足利義詮を助けて、南朝と戦い続けました。正平23年(1368年)には、尊氏の死後、義詮を擁立して室町幕府を樹立しました。 直光は、翌年の正平24年(1369年)に京都で死去しました。享年86歳でした。直光の死後、結城氏は嫡男の直朝が家督を継ぎました。 直光は、南北朝・室町時代の武将として、数々の功績を上げました。その武勇は、後世の人々からも称賛されています。
研究者

「土肥黙翁」

「土肥黙翁」
研究者

「中村弘山」(1739~1805)

中村弘山の生涯 中村弘山は1739年、京都に生まれる。名は勝敏、字は子静、通称は四郎右衛門。幼少の頃から学問に優れ、9歳の時に入塾した昌平黌では、ほどなくして頭角を現します。17歳で江戸に遊学し、林家塾で林復斎に学ぶ。林復斎は、弘山の才能を見抜き、特に薫陶を与えたと言われています。その後、弘山は京都に戻り、堀川通三条上るに私塾「弘山塾」を開き、多くの門人を育てた。 弘山の学問は、儒教を基本としつつも、仏教や道教の思想も取り入れた折衷的なものでした。また、朱子学や陽明学のどちらにも偏らず、それぞれの長所を採り入れた独自の学説を唱えました。弘山の学説は、江戸時代中期の思想界に大きな影響を与え、多くの学者や政治家に影響を与えたと言われています。 弘山は、学問以外にも、和歌や俳句、書画にも優れていました。また、茶道や華道にも造詣が深く、各方面で活躍しました。弘山は、1805年に67歳で亡くなりました。弘山の墓は、京都の東山区にある淨土寺にあります。 中村弘山は、江戸時代中期の儒学者・思想家です。弘山の学説は、江戸時代中期の思想界に大きな影響を与え、多くの学者や政治家に影響を与えました。また、弘山は和歌や俳句、書画にも優れており、各方面で活躍しました。
エンターテインメント

– 三桝大五郎 (5代)

初代から5代までの三桝大五郎 初代三桝大五郎 (1746-1819) 初代三桝大五郎は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した落語家です。屋号は「三桝」。本名は、河野権十郎。江戸日本橋の生まれ。 1764年、二代目三笑亭可楽に入門し、三笑亭可楽を名乗る。1786年、三代目三桝大五郎を襲名。1792年、三代目三桝大五郎を二代目三升亭小勝に譲り、四代目三桝大五郎を襲名する。 初代三桝大五郎は、上方落語の三代目都々逸坊扇歌を江戸に紹介し、ムシロを一文字に重ねて広げるという独自の紙切り芸を披露したほか、横笛の名手でもあった。 2代目三桝大五郎 (1765-1825) 2代目三桝大五郎は、江戸時代中期の落語家です。初代三桝大五郎の弟。本名は、坂部金次郎。江戸日本橋の生まれ。 1784年、初代三桝大五郎に入門し、三笑亭可楽を名乗る。1794年、四代目三桝大五郎を襲名する。 2代目三桝大五郎は、上方落語の五代目桂文吾を江戸に紹介し、その落語を真似して、江戸落語に新しい風を吹き込んだ。 3代目三桝大五郎 (1785-1840) 3代目三桝大五郎は、江戸時代後期の落語家です。初代三桝大五郎の弟子。本名は、大林嘉兵衛。江戸日本橋の生まれ。 1800年、初代三桝大五郎に入門し、三笑亭可楽を名乗る。1819年、五代目三桝大五郎を襲名する。 3代目三桝大五郎は、江戸落語の三代目三遊亭圓橘と並んで、江戸落語の双璧をなした。 4代目三桝大五郎 (1816-1879) 4代目三桝大五郎は、江戸時代後期の落語家です。3代目三桝大五郎の弟子。本名は、野田金之丞。江戸日本橋の生まれ。 1831年、3代目三桝大五郎に入門し、三笑亭可楽を名乗る。1840年、六代目三桝大五郎を襲名する。 4代目三桝大五郎は、江戸落語の四代目三遊亭圓橘と並んで、江戸落語の双璧をなした。 5代目三桝大五郎 (1850-1922) 5代目三桝大五郎は、明治時代から大正時代にかけて活躍した落語家です。4代目三桝大五郎の弟子。本名は、石川与七。江戸日本橋の生まれ。 1865年、4代目三桝大五郎に入門し、三笑亭可楽を名乗る。1879年、七代目三桝大五郎を襲名する。 5代目三桝大五郎は、江戸落語の五代目三遊亭圓橘と並んで、江戸落語の双璧をなした。
スポーツカテゴリー

中根鳳次郎→ より

-中根鳳次郎とは?- 中根鳳次郎(なかね ほうじろう)は、1886年(明治19年)に福井県で生まれた日本の政治家。 1917年(大正6年)に東京帝国大学法学部を卒業し、司法省に入省。 裁判官や検事を歴任し、1925年(大正14年)に衆議院議員に当選。 その後、司法大臣や内務大臣などの要職を歴任し、1942年(昭和17年)には内閣総理大臣に就任した。 第二次世界大戦中は大日本帝国の戦時指導者として責任を負い、1945年(昭和20年)の日本の敗戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によってA級戦犯として逮捕された。 1948年(昭和23年)に東京裁判で死刑判決を受け、1949年(昭和24年)に刑が執行された。 中根鳳次郎は、日本の軍国主義と侵略政策の指導者の一人として歴史に名を残している。 彼の死刑判決は、日本の戦争責任を問う東京裁判の重要な判決の一つとなった。
研究者

– 茅原虚斎

江戸時代後期の医師,本草家として活躍 茅原虚斎は、江戸時代後期に活躍した医師であり、本草家でもありました。本名は茅原元存、別名に茅原正令があります。1795年に、現在の茨城県水戸市に生まれました。1813年に、水戸藩の侍医となり、1820年には、江戸で開業しました。 茅原虚斎は、医学の分野において、多くの功績を残しました。彼は、経穴の研究を行い、経穴の数が三百六十五であることを明らかにしました。また、彼は、漢方の処方薬である「茅原湯」を開発しました。茅原湯は、胃腸の不調や、風邪の治療に用いられました。 茅原虚斎は、本草学の分野においても、多くの功績を残しました。彼は、日本各地の薬草を調査し、その効能を明らかにしました。また、彼は、本草書である「草木図説」を著しました。草木図説は、多くの植物の図鑑となっており、本草学の発展に大きく貢献しました。 茅原虚斎は、1853年に、江戸で亡くなりました。享年五十八歳でした。彼は、医学と本草学の分野において、多くの功績を残した偉大な医師であり、本草家でした。
歴史上の偉人

戸田重元-「槍の半平」として徳川家に仕えた武将-

-安土桃山時代から徳川時代にかけて活躍した武将- 戸田重元は、安土桃山時代から徳川時代にかけて活躍した武将です。通称は半平、または助右衛門。丹波国船井郡日置郷(現在の京都府綾部市)の出身です。 重元は、永禄7年(1564年)に足利義昭の使者として織田信長に謁見し、信長の家臣となったとされます。その後、信長の命で各地の転戦に参加し、功績を挙げました。天正7年(1579年)、信長が本能寺の変で横死すると、重元は羽柴秀吉に仕えます。 秀吉に仕えた重元は、賤ヶ岳の戦いで活躍し、秀吉から感状を授与されました。その後も、九州征伐、小田原征伐などの戦いに参加し、武功を上げています。 文禄元年(1592年)、秀吉が朝鮮出兵を行うと、重元は第一軍奉行として朝鮮半島に渡りました。露梁海戦で李舜臣率いる朝鮮水軍を撃破するなど、戦功を挙げました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで重元は徳川家康に味方し、上杉景勝を率いる東軍と戦いました。重元は、東軍の猛攻を耐え抜き、家康の勝利に貢献しました。 関ヶ原の戦いの後、重元は加賀藩2代藩主前田利長の家臣となりました。利長に仕えた重元は、加賀藩の軍事・政治に参与し、藩政の確立に尽力しました。 元和9年(1623年)、重元は70歳で死去しました。重元は、「槍の半平」として知られる勇猛な武将であり、徳川家に仕えて戦功を挙げました。また、加賀藩の藩政にも貢献し、加賀藩の発展に尽力しました。
研究者

熊谷幸之輔→ 明治-大正時代の医師、教育者

熊谷幸之輔の生い立ちと経歴 熊谷幸之輔(くまがいやこうのすけ)は、明治から大正時代にかけて活躍した日本の医師、教育者です。1849年(嘉永2年)1月30日、武蔵国足立郡木曽川村(現・埼玉県熊谷市)に熊谷重助の長男として生まれました。 幸之輔は、幼少期から聡明で、6歳の頃には漢籍を学び始めました。14歳の時には、江戸に出て、慶應義塾に入学しました。慶應義塾では、福沢諭吉や中村敬宇らに師事し、西洋の学問を学びました。 1871年(明治4年)、幸之輔は慶應義塾を卒業し、東京大学医学部に進学しました。1875年(明治8年)に東京大学医学部を卒業し、医師となりました。 幸之輔は、大学卒業後は、東京大学医学校で教鞭を執りました。1885年(明治18年)に東京女子医学校を創立し、校長に就任しました。東京女子医学校は、日本初の女子医学校であり、多くの女性医師を育成しました。 幸之輔は、医師、教育者として活躍する傍ら、社会事業にも熱心に取り組みました。1887年(明治20年)に東京慈恵医院を創立し、院長に就任しました。東京慈恵医院は、日本初の民間病院であり、多くの患者を救いました。 幸之輔は、1922年(大正11年)12月29日に東京で亡くなりました。享年74歳でした。幸之輔は、日本の近代医学の発展に貢献した偉大な医師、教育者です。
作家

水田正秀-江戸時代前期-中期の俳人

水田正秀の生涯 水田正秀は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した俳人です。1651年(慶安4年)に江戸で生まれ、1715年(正徳5年)に65歳で亡くなりました。彼の俳句は、庶民の生活や風俗を題材にしたものが多く、ユーモアや風刺を交えた軽妙な作風で知られています。 正秀は、江戸の町人として生まれました。幼い頃から俳諧に興味を持ち、15歳の頃に松尾芭蕉に入門しました。芭蕉の指導のもと、俳句の基礎を学び、やがて江戸俳壇の重鎮として活躍するようになりました。 1694年(元禄7年)に、正秀は芭蕉の死後、芭蕉の弟子である其角とともに、芭蕉の俳諧精神を継承する「正風俳諧」を提唱しました。正風俳諧は、芭蕉の俳句の特色である「不易流行」の精神を重んじ、自然や人間の本質を詠むことを目指した俳諧です。 正秀は、正風俳諧の第一人者として、多くの俳句を詠みました。彼の俳句は、庶民の生活や風俗を題材にしたものが多く、ユーモアや風刺を交えた軽妙な作風で知られています。また、正秀は、芭蕉の俳諧精神を後世に伝えるため、多くの俳諧論を著しました。彼の俳諧論は、正風俳諧の理論的支柱として、後の俳人たちに大きな影響を与えました。 正秀は、1715年(正徳5年)に65歳で亡くなりました。彼の死後、正風俳諧は衰退しましたが、彼の俳句は、庶民の生活や風俗を詠んだ秀逸な作品として、今日でも高く評価されています。
研究者

横地伊三郎→ 昭和時代の電気工学者

生い立ちと経歴 横地伊三郎は、1880年(明治13年)愛知県名古屋市に生まれました。1900年(明治33年)に名古屋高等工業学校(現・名古屋工業大学)を卒業後、東京帝国大学工科大学(現・東京大学工学部)に入学しました。1904年(明治37年)に東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業し、逓信省電気試験所に勤務しました。 電気試験所では、電球の研究や無線電信の研究に携わりました。1912年(大正元年)にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で電気工学を学びました。1915年(大正4年)に帰国し、電気試験所に復職しました。 1917年(大正6年)に東京電気試験所所長に就任しました。1921年(大正10年)には東京帝国大学工科大学教授に就任しました。1928年(昭和3年)に東京帝国大学工学部学部長に就任しました。1931年(昭和6年)に電気試験所長に再任されました。 1937年(昭和12年)に東京帝国大学総長に就任しました。1945年(昭和20年)に東京帝国大学総長を辞任しました。1948年(昭和23年)に電気試験所長を退任しました。1959年(昭和34年)に東京で亡くなりました。
芸術家

佐久間晴岳 – 江戸後期から明治時代にかけて活躍した画家

佐久間晴岳の生涯 佐久間晴岳は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した日本の画家です。本名は佐久間長蔵、字は子芳、号は晴岳、冷月、華岩などがあります。 佐久間晴岳は、1807年(文化4年)3月20日に、武蔵国多摩郡柚木村(現在の東京都青梅市柚木町)で、豪農の家に生まれました。幼い頃から絵を好み、15歳のときに江戸に出て、狩野洞雲の門下生となりました。その後、狩野晴川、谷文晁らに師事し、絵の腕を磨きました。 1830年代後半には、江戸の画壇で頭角を現し始め、1840年(天保11年)には、将軍家御用絵師に任命されました。1853年(嘉永6年)には、ペリー艦隊が浦賀に来航し、晴岳は、その様子を描いた絵を幕府に提出しました。 1868年(慶応4年)に明治維新が起きると、晴岳は、新政府に仕え、明治4年(1871年)には、文部省御用掛に任命されました。その後、明治10年(1877年)には、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の教授に就任しました。 晴岳は、明治19年(1886年)12月16日に、東京市牛込区早稲田西裏町(現在の東京都新宿区西早稲田)で、79歳で亡くなりました。墓所は、東京都港区の青山霊園にあります。 晴岳は、風景画、花鳥画、人物画など、幅広いジャンルの絵を描き、その画風は、写実的で細密な描写が特徴です。代表作には、「ペリー来航図」「江戸城内濠図」「不忍池図」「飛鳥山図」「大山図」「銚子屏風」「富士三保図」「七里ヶ浜図」などがあります。
歴史上の偉人

井上隆蔵-幕末から明治に活躍した武士

-井上隆蔵の生涯と業績- 井上隆蔵は、幕末から明治にかけて活躍した武士です。薩摩藩士として生まれ、幕末には薩摩藩の尊皇攘夷運動に参加しました。明治維新後は、新政府の官吏として活躍し、最終的には文部大臣に就任しました。 井上隆蔵は、1829年に薩摩国鹿児島城下で生まれました。父親は薩摩藩士の井上弥助、母親は近衛忠熙の娘の久姫です。幼い頃から聡明で、15歳の時には藩校の造士館に入学しました。造士館では、漢学や儒学を学びました。 1853年に、ペリーが浦賀に来航しました。これを受けて、薩摩藩では尊皇攘夷運動が盛んになりました。井上隆蔵も尊皇攘夷運動に参加し、1864年には薩摩藩が長州藩と連合して、幕府軍と戦いました。 1868年に、明治維新が起こりました。井上隆蔵は、新政府の官吏として活躍しました。1871年には、文部卿に就任しました。文部卿として、井上隆蔵は学制を制定し、近代的な教育制度を確立しました。また、東京大学の前身となる大学南校を設立しました。 1873年に、井上隆蔵は文部卿を辞任しました。その後は、元老院議官や枢密顧問官を務めました。1895年に、東京で亡くなりました。 井上隆蔵は、幕末から明治にかけて、日本近代化に貢献した偉大な人物です。彼の功績は、今もなお語り継がれています。
歴史上の偉人

千猶鹿子 – 明治~大正時代の茶道のパイオニア

-裏千家の茶道における功績- 千猶鹿子は、明治~大正時代の茶道のパイオニアであり、裏千家の茶道において大きな功績を残しました。 彼女の功績の一つは、裏千家の茶道の普及に努めたことです。彼女は、全国各地で茶会や講演会を開催し、裏千家の茶道の魅力を多くの人々に伝えました。また、裏千家の茶道の書物や雑誌を出版し、裏千家の茶道の普及に貢献しました。 もう一つの功績は、裏千家の茶道の改革に努めたことです。彼女は、裏千家の茶道の伝統を重んじながらも、新しい時代のニーズに合った茶道のあり方を模索しました。例えば、彼女は、茶会での女性の参加を積極的に認めたり、茶道の服装を簡素化したりしました。 千猶鹿子は、裏千家の茶道の発展に多大な貢献をした偉大な茶道家です。彼女の功績は、今日でも裏千家の茶道に受け継がれています。 -千猶鹿子の具体的な功績- * 全国各地で茶会や講演会を開催し、裏千家の茶道の魅力を多くの人々に伝えました。 * 裏千家の茶道の書物や雑誌を出版し、裏千家の茶道の普及に貢献しました。 * 裏千家の茶道の伝統を重んじながらも、新しい時代のニーズに合った茶道のあり方を模索しました。 * 茶会での女性の参加を積極的に認めたり、茶道の服装を簡素化したりしました。
歴史上の偉人

藤原経任

藤原経任の生涯 藤原経任は、平安時代の貴族、歌人。藤原北家勧修寺流、藤原良門の子。官位は従五位上、備中守。 藤原経任は、藤原良門の子として生まれ、幼い頃から和歌に秀でた才能を発揮した。14歳の時に、源高明の和歌会に出席し、その才能を認められた。その後、宮中に仕え、従五位上に叙せられた。備中守も務めた。 藤原経任は、和歌の才能だけでなく、書にも優れていた。また、藤原良経や藤原兼通らと親交があり、和歌の会などを催した。藤原経任は、37歳の若さで亡くなったが、その死は惜しまれた。 藤原経任は、生前に多くの和歌を残しており、その歌は『古今和歌集』や『後撰和歌集』などに収められている。藤原経任の歌は、自然を詠んだ歌が多く、その歌には、繊細な感性が表れている。 藤原経任は、平安時代前期を代表する歌人であり、その歌は後世の人々に愛された。