GK

スポーツ分野の人

「権田修一」

-# 「権田修一の経歴」 権田修一(ごんだ しゅういち)は、1989年3月3日に東京都世田谷区で生まれた日本のサッカー選手である。ポジションはゴールキーパー。 権田は、3歳のときに父親の勧めでサッカーを始めた。小学生の頃は、地元のサッカークラブであるFC東京の下部組織でプレーしていた。中学卒業後は、東京都立駒澤高等学校に進学。高校卒業後は、明治大学に進学した。 大学卒業後は、2010年にJリーグのFC東京に入団した。FC東京では、加入1年目からレギュラーとして出場し、2011年にはJリーグベストイレブンに選出された。2014年には、オーストリアのSKラピード・ウィーンに移籍した。SKラピード・ウィーンでは、3シーズンプレーし、オーストリア・ブンデスリーガで優勝を経験した。 2017年には、ドイツのポルティモネンセSCに移籍した。ポルティモネンセSCでは、2シーズンプレーし、2019年にはプリメイラ・リーガに昇格を経験した。2019年には、日本の代表チームに初招集され、コパ・アメリカに出場した。 2020年には、清水エスパルスに移籍した。清水エスパルスでは、加入1年目からレギュラーとして出場し、2021年にはJリーグベストイレブンに選出された。2022年には、カタールのアル・ラーヤンに移籍した。 権田は、日本の代表チームとして、2019年のコパ・アメリカに出場し、2022年のワールドカップに出場した。
スポーツ分野の人

楢﨑正剛 -「冷静な守備とハイボールに強い」と評される日本サッカー界のレジェンドGK

- 楢﨑正剛の経歴とプロサッカー選手としてのキャリア 楢﨑正剛は、1971年1月15日生まれ、埼玉県川口市出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者です。現役時代のポジションはゴールキーパーでした。 楢﨑正剛は、1989年に読売クラブ(現・東京ヴェルディ)に入団し、プロサッカー選手としてのキャリアを開始しました。読売クラブでは、3シーズンプレーし、1992年にJリーグ開幕を機に名古屋グランパスエイト(現・名古屋グランパス)に移籍しました。 名古屋グランパスでは、18シーズンプレーし、Jリーグ通算338試合に出場しました。在籍中には、Jリーグ優勝4回、天皇杯優勝3回、Jリーグカップ優勝1回を経験しました。また、2010年にはベストイレブンに選出されました。 2015年に現役を引退した後、2016年から名古屋グランパスのGKコーチに就任しました。2018年には、ナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)で優勝し、コーチとしてタイトルを獲得しました。 2020年からは、日本代表のGKコーチに就任しました。東京オリンピックでは、日本代表の優勝に貢献しました。 楢﨑正剛は、日本代表としても活躍し、1993年にA代表に初選出されました。1998年のフランスワールドカップ、2002年の日韓ワールドカップ、2006年のドイツワールドカップと3大会連続でワールドカップに出場しました。 楢﨑正剛は、冷静な守備とハイボールに強いGKとして知られ、日本サッカー界のレジェンドGKとして語り継がれています。
スポーツ分野の人

都築竜太

- 都築竜太のプロフィールと経歴 都築竜太は、1988年12月25日に千葉県で生まれた日本の俳優です。身長は178cm、血液型はA型です。 都築は、2006年に「第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューを果たしました。その後、2007年にドラマ「花ざかりの君たちへ」で俳優デビューを果たしました。 2008年、都築はドラマ「ごくせん」でレギュラー出演を果たし、注目を集めました。その後も、ドラマ「ROOKIES」や「ごくせん3」、「相棒」などの人気ドラマに出演し、着実にキャリアを積んできました。 2010年、都築は映画「ごくせん THE MOVIE」で主演を務め、映画デビューを果たしました。その後も、映画「BECK」や「ホットロード」などに出演し、人気俳優としての地位を確立しました。 2013年、都築はドラマ「半沢直樹」に出演し、大ブレイクを果たしました。このドラマで都築は、ライバル銀行の若手行員・黒崎駿一を演じ、そのクールで知的なキャラクターが話題となりました。 2014年、都築は映画「永遠の0」に出演し、主演を務めました。この映画で都築は、太平洋戦争で数々の戦果を挙げた零戦パイロット・宮部久蔵を演じ、その演技力が絶賛されました。 2015年、都築はドラマ「ウロボロス」に出演し、主演を務めました。このドラマで都築は、警察官とヤクザの二つの顔を持つ男・竜崎イクオを演じ、その複雑なキャラクターを熱演しました。 2016年、都築は映画「デスノート Light up the NEW world」に出演し、主演を務めました。この映画で都築は、キラの再来と呼ばれる人物・三島翔太を演じ、その狂気的なキャラクターを演じ切りました。 2017年、都築はドラマ「あなたのことはそれほど」に出演し、主演を務めました。このドラマで都築は、妻を裏切り、不倫をしてしまう男・有島光軌を演じ、その複雑なキャラクターを熱演しました。 2018年、都築は映画「昼顔」に出演し、主演を務めました。この映画で都築は、不倫をする主婦・紗和の夫・北野裕一を演じ、その苦悩するキャラクターを熱演しました。 2019年、都築はドラマ「凪のお暇」に出演し、主演を務めました。このドラマで都築は、凪の彼氏・慎二を演じ、その優しいキャラクターが話題となりました。 2020年、都築は映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」に出演し、主演を務めました。この映画で都築は、詐欺師のダー子とボクちゃんの仲間・リチャードを演じ、そのコミカルなキャラクターが話題となりました。 2021年、都築はドラマ「最愛」に出演し、主演を務めました。このドラマで都築は、殺人事件の容疑者・真田梨央の弟・真田政信を演じ、その複雑なキャラクターを熱演しました。 都築は、その端正なルックスと演技力で、多くの女性ファンを魅了しています。今後も、その活躍に期待が高まります。
スポーツ分野の人

女子サッカー選手・山根恵里奈

-少女サッカープロジェクトの逸材- 山根恵里奈は、1997年12月21日生まれの女子サッカー選手です。ポジションはMFで、なでしこジャパンにも選出されています。 山根は、小学3年生の時にサッカーを始めました。地元のクラブチームでプレーし、中学時代には静岡県選抜にも選ばれました。高校は静岡県立浜松商業高等学校に進学し、全国高等学校女子サッカー選手権大会に出場しました。 高校卒業後は、日テレ・東京ヴェルディベレーザに入団しました。2016年にはなでしこジャパンに初選出され、同年10月の国際親善試合で国際Aマッチデビューを果たしました。 2018年には、なでしこジャパンのメンバーとしてAFC女子アジアカップに出場し、準優勝に貢献しました。また、同年のなでしこリーグでは、ベストイレブンに選出されました。 2019年には、なでしこジャパンのメンバーとしてFIFA女子ワールドカップに出場し、史上初のベスト8進出に貢献しました。 山根は、少女サッカープロジェクトの逸材として注目されています。スピードとドリブル技術に優れており、決定的なパスやシュートを放つことができます。また、守備でも献身的にプレーする姿が印象的です。 山根は、なでしこジャパンの次世代を担う選手として期待されています。今後の活躍に注目が集まります。
スポーツ分野の人

元日本代表GK川口能活の経歴と代表歴

- 川口能活の経歴 川口能活は、1975年8月15日生まれの元サッカー選手である。現役時代はゴールキーパーとして活躍し、日本代表としても多くの試合に出場した。 川口は、静岡県生まれ。小学生の頃からサッカーを始め、中学時代には全国大会に出場している。高校は静岡学園高校に進学し、2年次には全国高等学校サッカー選手権大会で優勝を経験した。 高校卒業後、川口は横浜マリノスに入団。1年目からレギュラーに定着し、Jリーグのタイトルを何度も獲得した。1998年には、日本代表に初選出され、ワールドカップフランス大会に出場した。 2001年、川口はイングランドのポーツマスFCに移籍。プレミアリーグでプレーする日本人選手第1号となり、2シーズン半にわたって活躍した。2004年、川口は日本に戻り、ジュビロ磐田に入団。2010年までプレーし、2012年に現役を引退した。 川口は、日本代表として116試合に出場した。ワールドカップには、1998年、2002年、2006年の3大会に出場している。2006年のワールドカップドイツ大会では、グループリーグのクロアチア戦でPKをストップし、日本のベスト16進出に貢献した。 川口は、2012年に現役を引退した後、解説者やサッカー指導者として活動している。2018年には、AFCチャンピオンズリーグの決勝戦でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を担当した。