「へ」で始まる名前

歴史上の人物

ベニョフスキー→ ポーランドの軍人の生涯と業績

ハンガリーからポーランド軍へ ポーランドの軍人、冒険家であり、マダガスカルの初代首相を務めたモーリッツ・アウグスト・フォン・ベニョフスキーは、ハンガリーで生まれました。バルショヴィッチでイエズス会ギムナジウムに通い、プレスブルク(現ブラチスラバ)のアカデミーに入学しました。アカデミーを中退した後、ベニョフスキーは伯爵ゲオルグ・アンドラーシュ・エステルハージの屋敷で軍人としてのキャリアをスタートさせました。1746年、ポーランド継承戦争が勃発すると、ベニョフスキーはフサス騎兵隊の将校としてポーランド軍に参加しました。 ベニョフスキーはポーランド軍で急速に昇進し、1749年には大佐に昇進しました。同年、彼はウクライナ国境警備隊の指揮官に任命されました。ベニョフスキーはウクライナ国境警備隊の指揮官として、ロシアやオスマン帝国と数多くの戦いを戦いました。彼はポーランド軍における勇敢さと指導力で知られるようになり、ポーランド王アウグスト3世から数多くの褒賞を受けました。 しかし、1750年にベニョフスキーはロシア軍の捕虜となり、シベリアに流刑されました。ベニョフスキーはシベリアで6年間を過ごし、その間にシベリアの自然や文化について多くのことを学びました。1761年にベニョフスキーはシベリアから脱走し、ヨーロッパに戻りました。彼はポーランド軍に復帰し、七年戦争で戦いました。 ベニョフスキーは七年戦争後、マダガスカルに渡り、1774年にマダガスカルの初代首相に就任しました。しかし、ベニョフスキーは1786年にマダガスカルで暗殺されました。
文学分野の人

別役実-早稲田小劇場を拠点とした昭和を代表する劇作家

自由舞台と早稲田小劇場での活動 早稲田大学に通っていた別役実氏は、早稲田小劇場で多くの演劇を上演しました。彼は小劇場で上演する演劇を「自由舞台」と呼び、自由舞台は早稲田小劇場での活動の中心的存在でした。自由舞台は、劇団員や演出家が自由な発想で演劇を制作できる場所であり、別役実氏は自由舞台で多くの実験的な演劇を発表しました。 自由舞台で別役実氏が発表した演劇には、「夏の夜の出来事」「冬の花火」「森の奥の少年」などがあります。これらの演劇は、従来の演劇の枠組みを超越した斬新な内容で、演劇界に大きな影響を与えました。 自由舞台での活動は、別役実氏の劇作家としての才能を開花させる大きなきっかけとなりました。彼は自由舞台で多くの演劇を発表し、その才能を世に知らしめました。また、自由舞台での活動は、別役実氏を早稲田小劇場の中心的存在に押し上げ、彼の演劇に対する情熱と信念を全国に広めました。 別役実氏は、自由舞台での活動を通じて、日本の演劇界に大きな貢献をしました。彼は自由舞台で多くの実験的な演劇を発表し、演劇界に新しい風を吹き込みました。また、別役実氏の自由舞台での活動は、日本の演劇界の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

「ベルナルド」の

-「ベルナルド」の戦国時代のキリシタン- -キリシタン- キリシタンとは、ポルトガル語で「キリスト教徒」を意味する言葉です。16世紀にポルトガル人が日本にキリスト教を伝えて以来、キリスト教を信仰する日本人を「キリシタン」と呼ぶようになりました。キリシタンは、戦国時代の日本において、急速に広まり、多くの大名や武将がキリスト教を信仰しました。 -ベルナルド- ベルナルドは、ポルトガル人の宣教師で、1549年に日本に渡来しました。ベルナルドは、九州を拠点に、キリスト教の布教活動を行いました。ベルナルドは、日本人の言語や文化を学び、日本人にキリスト教を理解してもらうために努力しました。ベルナルドの布教活動は、多くの日本人がキリスト教を信仰するきっかけとなりました。 -戦国時代のキリシタン- 戦国時代の日本では、キリスト教が急速に広まりました。多くの大名や武将がキリスト教を信仰し、キリスト教は、日本の文化や社会に大きな影響を与えました。キリシタンは、日本の文化や社会に新しい価値観や考え方をもたらし、日本の近代化に貢献しました。 -キリシタン弾圧- しかし、16世紀後半になると、キリシタン弾圧が始まりました。豊臣秀吉は、キリスト教を禁止する「バテレン追放令」を発布し、キリシタンを弾圧しました。江戸時代になると、キリシタン弾圧はさらに強化され、隠れキリシタンと呼ばれる人々が、密かにキリスト教を信仰していました。 -キリシタンの復活- 幕末になると、キリスト教が再び日本に伝わってきました。1853年にペリーが来航すると、キリスト教の宣教師が日本にやってくるようになりました。1873年にキリスト教が公認されると、多くの日本人がキリスト教を信仰するようになりました。現在、日本には、約200万人のキリスト教徒がいます。 -まとめ- キリシタンは、戦国時代の日本において、急速に広まり、多くの日本人や大名がキリスト教を信仰しました。キリシタンは、日本の文化や社会に大きな影響を与え、日本の近代化に貢献しました。しかし、キリシタンは弾圧され、隠れキリシタンと呼ばれる人々が、密かにキリスト教を信仰していました。幕末になると、キリスト教が再び日本に伝わってきました。現在、日本には、約200万人のキリスト教徒がいます。
歴史上の人物

ヘレフォード:広島で30年余宣教にあたったアメリカの宣教師

ヘレフォードの生涯 1916年にアメリカ合衆国で生まれたヘレフォードは、1940年に広島東洋カープの前身である広島カープに入団した。投手として活躍し、1941年には最多勝利と最優秀防御率のタイトルを獲得した。1942年に太平洋戦争が勃発すると、ヘレフォードはアメリカ軍に入隊し、兵士として戦場に赴いた。1945年に終戦を迎えると、ヘレフォードは広島に戻り、カープの監督に就任した。1949年にカープをリーグ優勝に導き、1950年には日本シリーズを制覇した。1951年にカープを退団し、アメリカに帰国した。 1954年にヘレフォードは、宣教師として広島に戻ってきた。広島原爆の悲惨さを目の当たりにし、平和の大切さを伝えるために宣教活動を行った。ヘレフォードは、広島で30年余宣教活動を続け、1985年に死去した。 ヘレフォードは、広島で最も愛された宣教師の一人である。彼は、広島の人々に平和の大切さを伝え、平和への祈り活動を続けた。ヘレフォードの宣教活動は、広島の復興と平和に大きく貢献した。 ヘレフォードの生涯は、平和への祈りと行動の大切さを教えてくれる。私たちは、ヘレフォードの遺志を継いで、平和な世界の実現のために努力しなければならない。
学術分野の人

逸見治郎-日本の発明家-

中村測量計算機製作の下請工場入社 逸見治郎は、昭和28年(1953年)に中村測量計算機製作の下請工場に入社しました。中村測量計算機製作は、測量機器の製造販売を行う会社で、逸見治郎はそこで測量機器の部品の製造を担当しました。 逸見治郎は、中村測量計算機製作で働いている間に、測量機器の製造技術を学びました。また、測量機器の設計にも携わるようになり、測量機器の開発にも貢献しました。 昭和30年(1955年)、逸見治郎は中村測量計算機製作を退職し、独立して測量機器の製造販売を行う会社を設立しました。逸見治郎が設立した会社は、測量機器の製造販売で成功を収め、逸見治郎は日本の発明家として知られるようになりました。 逸見治郎が中村測量計算機製作で働いていたことは、彼の人生において大きな意味を持っていました。中村測量計算機製作で働いている間に、彼は測量機器の製造技術を学び、測量機器の設計にも携わるようになりました。これらの経験は、逸見治郎が独立して測量機器の製造販売を行う会社を設立し、成功を収めるために役立ちました。
学術分野の人

「ペルゼル」

-アメリカの人類学者- 「ペルゼル」は、アメリカの人類学者です。1904年、ネブラスカ州オマハに生まれました。シカゴ大学で人類学を学び、1932年に博士号を取得しました。その後、カリフォルニア大学バークレー校で教鞭を執り、1969年に定年退職しました。 ペルゼルの研究分野は、文化人類学、社会人類学、宗教人類学など多岐にわたっています。特に、アジアの文化と社会に詳しく、日本の文化についても多くの研究を行っています。彼の代表作には、『日本の文化と社会』(1946年)、『アジアの宗教と社会』(1958年)、『文化人類学入門』(1965年)などがあります。 ペルゼルは、文化人類学の発展に大きな貢献をした人物の一人です。彼は、文化を単なる風習や習慣の集まりと見るのではなく、社会構造や歴史、環境などとの相互作用によって形成されるものと捉えました。また、文化は固定的なものではなく、常に変化していくものであると主張しました。 ペルゼルの研究は、文化人類学だけでなく、社会学、心理学、歴史学など他の学問分野にも大きな影響を与えました。彼は、文化を理解するためには、その文化に属する人々の視点から世界を見る必要があると主張しました。この考え方は、現代の人類学研究においても重要な視点となっています。 ペルゼルは、1991年にカリフォルニア州バークレーで亡くなりました。享年87歳でした。
美術分野の人

「別所友賢」について

# 別所友賢について - 別所友賢の生涯 別所友賢は、戦国時代に活躍した武将です。播磨国の守護大名である赤松氏の家臣として仕え、後に独立して播磨国の国主となりました。 友賢は、幼い頃から武芸に秀でており、赤松氏の家督を継いだ赤松義村に仕えました。義村の死後、赤松氏の家臣団が分裂し、友賢は赤松政則を擁立して家督を争いました。しかし、政則は毛利元就の裏切りに遭って敗死し、友賢は播磨国を追放されました。 その後、友賢は織田信長に仕え、播磨国に復帰しました。信長の死後は、羽柴秀吉に従い、九州平定や小田原征伐に参加しました。秀吉の死後は、徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いで西軍に属しましたが、敗北して自害しました。 友賢は、戦国時代を代表する名将の一人であり、その生涯は波乱に満ちたものでした。 友賢の功績は、播磨国を統一したこと、織田信長や羽柴秀吉に仕えて活躍したこと、関ヶ原の戦いで西軍に属したことなどがあります。友賢は、播磨国を統一して平和をもたらし、織田信長や羽柴秀吉に仕えて活躍しました。また、関ヶ原の戦いで西軍に属して戦いましたが、敗北して自害しました。 友賢は、戦国時代を代表する名将の一人であり、その生涯は波乱に満ちたものでした。友賢の功績は、播磨国を統一したこと、織田信長や羽柴秀吉に仕えて活躍したこと、関ヶ原の戦いで西軍に属したことなどがあります。
歴史上の人物

「別当典侍(3)」(⇒中納言局(ちゅうなごんのつぼね))について

別当典侍(3)とは? 別当典侍(3)とは、平安時代の宮中の女官である典侍の中で、最も位の高い3人のうちの1人で、正四位下まで昇進することができた。別当典侍は、天皇の側近として仕え、天皇の私生活や儀式、政務を補佐した。別当典侍は、天皇の信任が厚く、天皇の寵愛を受けることも多かった。別当典侍は、天皇の寵愛を受けると、天皇との間に子供をもうけることがあり、その子供は親王や内親王として生まれ、皇位継承権を持つこともあった。別当典侍は、天皇の寵愛を受けると、権力を持ち、政治に影響を与えることもあった。別当典侍は、天皇の寵愛を受けると、嫉妬や怨恨の対象となり、暗殺されることもあった。別当典侍は、天皇の寵愛を受けると、人生が大きく変化し、栄華を極めたり、悲劇的な最期を迎えたりすることが多かった。
歴史上の人物

別源円旨の生涯と功績

鎌倉-南北朝時代の僧侶 別源円旨は、鎌倉時代後期から南北朝時代前期にかけて活躍した僧侶です。諡号は別源円旨禅師。美濃(現・岐阜県)出身。俗姓は羽栗。早雲尼(そううんに)と称する女性が羽栗姓の庄官の子として生まれたのが別源円旨です。国阿闍梨の袖雲和尚について出家したのち、10歳の時に臨済宗建長寺5代の無学祖元について学びました。 徳治2年(1307年)、円旨は19歳で上洛して五条天神坊に滞在。禅の世界で傑出した才能を示し、若くして嗣法を許されたと言われています。徳治3年(1308年)、円旨は20歳で元の都大都(現在の北京)に渡りました。この時、円旨は元代の皇帝・ Ayurbarwada Buyantu Khan (武宗)と大いに話し合い、中国の知識を吸収したと言われています。 元応2年(1320年)、円旨は32歳で帰国。建長寺に住み、元代の仏教の知識を日本の禅界に広めました。また、円旨は建長寺の境内にある弁行堂(弁天堂)を再興し、弁財天を祀りました。弁財天は、音楽、弁舌、芸能などの才能と福徳を授ける神とされており、円旨は多くの弟子に弁財天を信仰するよう勧めました。 円旨は、鎌倉幕府の執権・北条高時の帰依を受け、建長寺に招かれました。高時は、円旨の教えを深く敬い、円旨を重んじました。しかし、建武の新政の際、円旨は北条氏に近かったため、建武政権から弾圧を受け、建長寺を追放されました。 南北朝時代になると、円旨は足利尊氏に帰依し、尊氏を支えました。尊氏は、円旨の教えを深く敬い、円旨を重んじました。そして、尊氏の支援を受けて円旨は建長寺に戻り、再び住持を務めました。 円旨の教えは、建長寺の僧侶たちに大きな影響を与え、建長寺は、臨済宗の一大拠点として発展しました。また、円旨の教えは、日本の禅界全体にも大きな影響を与え、日本の禅の伝統を形成する上で重要な役割を果たしました。 別源円旨は、鎌倉-南北朝時代の禅僧として、日本における禅の発展に大きな貢献をした人物です。
歴史上の人物

アイヌの家畜商弁開凧次郎-其の生涯と足跡

- アイヌの家畜商弁開凧次郎-其の生涯と足跡 -# 北海道八雲町落部コタン出身 アイヌの家畜商弁開凧次郎は、1840年(天保11年)に、北海道八雲町落部コタンで生まれました。弁開凧次郎の父は家畜商を営んでおり、弁開凧次郎も幼い頃から家畜の取引に携わっていました。1869年(明治2年)、弁開凧次郎は、北海道開拓使の官吏となり、家畜の取引や開拓事業に尽力しました。1872年(明治5年)、弁開凧次郎は、北海道開拓使の許可を得て、家畜の輸出入業を始めました。弁開凧次郎は、北海道から本州や海外に家畜を輸出する一方、本州や海外から北海道に家畜を輸入しました。弁開凧次郎の家畜輸出入業は成功し、弁開凧次郎は、北海道屈指の富豪となりました。 弁開凧次郎は、家畜商として成功するだけでなく、社会貢献にも熱心に取り組みました。弁開凧次郎は、北海道の学校や病院の建設に寄付を行い、アイヌの文化や伝統の保存にも尽力しました。弁開凧次郎は、1913年(大正2年)に亡くなりましたが、弁開凧次郎の功績は今日でも語り継がれています。 北海道八雲町落部コタンは、弁開凧次郎の出身地です。落部コタンは、アイヌの伝統的な集落であり、弁開凧次郎もアイヌの伝統的な文化や習慣の中で育ちました。落部コタンには、弁開凧次郎の生家や、弁開凧次郎が建てたアイヌ文化伝承施設があります。落部コタンは、弁開凧次郎の功績を偲ぶことができる場所として、多くの観光客が訪れています。
学術分野の人

日置陸奥夫 – 昭和時代の偉大な内科学者

-「日置陸奥夫の生涯と業績」- 日置陸奥夫(1896年1月7日 - 1976年12月20日)は、日本の内科医、医学者。東京帝国大学教授、産業医科大学教授、国立循環器病センター初代総長、日本内科学会会長、日本学術会議会長などを歴任。 -生涯- 日置陸奥夫は、1896年1月7日、熊本県熊本市に生まれた。父は医師の日置栄次郎、母はのぶ。1912年、熊本県立熊本中学校を卒業。1918年、東京帝国大学医学部を卒業。1919年、東京帝国大学医科大学附属医院内科に入局。1922年、同大学助教授に就任。1926年、同大学教授に就任。1933年、同大学医学部長に就任。1936年、同大学総長に就任。 -業績- 日置陸奥夫は、内科学の分野で多くの業績を残した。1922年に、血清中の尿素窒素を測定する方法を開発。1924年に、尿中アミノ酸を測定する方法を開発。1926年に、糖尿病の治療法としてインスリンを導入。1927年に、心臓疾患の治療法としてジギタリスを導入。1928年に、結核の治療法としてストレプトマイシンを導入。1929年に、脳卒中の治療法としてヘパリンを導入。 日置陸奥夫は、日本内科学会の設立に貢献し、1934年から1936年まで初代会長を務めた。また、日本学術会議の設立にも貢献し、1949年から1951年まで初代会長を務めた。 日置陸奥夫は、1976年12月20日に死去した。享年80。 -日置陸奥夫の生涯と業績は、日本の内科学の発展に大きく貢献した。日置陸奥夫は、昭和時代の偉大な内科学者であった。-
歴史上の人物

丿貫-奇行で知られた織豊時代の茶人

-丿貫の奇行と逸話- 丿貫は、織豊時代の茶人。その奇行や逸話は今なお語り継がれています。 * -茶室の天井を壊した- 丿貫は、茶室の天井を壊したことで知られています。それは、茶室を訪れた人が、天井に描かれた絵に夢中になって、茶を忘れているのを見て、 「茶を飲み忘れている」と怒って、天井を壊したのだそうです。 * -茶釜を投げ捨てた- 丿貫は、茶釜を投げ捨てたことで知られています。それは、茶会で茶釜を運ぶ茶坊主が、茶釜を落としてしまったのを見て、 「茶釜を落とした」と怒って、茶釜を投げ捨てたのだそうです。 * -茶碗を割った- 丿貫は、茶碗を割ったことで知られています。それは、茶会で茶碗を運ぶ茶坊主が、茶碗を落としてしまったのを見て、 「茶碗を落とした」と怒って、茶碗を割ったのだそうです。 * -茶室を焼いた- 丿貫は、茶室を焼いたことで知られています。それは、茶室で火事を起こした茶坊主が、火事を消せなかったのを見て、 「火事を消せなかった」と怒って、茶室を焼いたのだそうです。 これらの奇行や逸話は、丿貫の茶道に対する厳しい姿勢と、茶室や茶道具へのこだわりを示しています。丿貫は、茶道を単なる趣味ではなく、人生の修行として捉えており、茶室や茶道具は、その修行のための道具であると考えていました。そのため、茶室や茶道具をぞんざいに扱われることを許さず、奇行や逸話を起こしたのです。 丿貫の奇行や逸話は、茶道の世界ではよく知られており、茶道を学ぶ人々にとって、戒めのようになっています。茶道を学ぶ人は、丿貫の奇行や逸話を教訓として、茶道を厳しく学び、茶室や茶道具を大切に扱わなければならないのです。
音楽分野の人

– ベルトラメリ能子 (1903-1973) ~日本におけるベルカント唱法のパイオニア~

-人名辞典 - ベルトラメリ能子とは- ベルトラメリ能子は、1903年2月12日に東京に生まれた日本のオペラ歌手です。父はイタリア人、母は日本人です。1923年に東京音楽学校(現・東京芸術大学)を卒業し、すぐにイタリアに留学しました。ミラノのスカラ座で学び、1926年に同劇場でデビューを果たしました。その後、ヨーロッパ各地のオペラハウスに出演し、1930年に帰国しました。 帰国後は、日本におけるオペラの普及に努め、1934年に東京二期会を創設しました。二期会は、日本のオペラ界の発展に大きな役割を果たし、現在も多くのオペラ歌手が在籍しています。ベルトラメリ能子は、二期会の初代会長を務め、1973年に亡くなるまで活躍を続けました。 ベルトラメリ能子は、日本におけるベルカント唱法のパイオニアです。ベルカント唱法は、イタリア発祥の歌唱法で、美しい声質と卓越した技巧が特徴です。ベルトラメリ能子は、ベルカント唱法を日本に広め、多くのオペラ歌手が彼女に師事しました。 ベルトラメリ能子は、日本のオペラ界に大きな功績を残した偉大な歌手です。彼女の歌声は、今もなお多くの人々の心に残り続けています。
スポーツ分野の人

別当薫:長距離打者として活躍したプロ野球選手

慶大学から阪神タイガースへ 別当薫選手は、慶應大学卒業後、1961年に阪神タイガースに入団しました。入団当時は、外野手としてプレーしていましたが、翌1962年に一塁手にコンバートされました。そして、1963年には、一塁手のレギュラーに定着し、打率.272、18本塁打、69打点を記録しました。 1964年には、打率.276、20本塁打、70打点を記録し、初の二桁本塁打を達成しました。また、1965年には、打率.276、23本塁打、76打点を記録し、初の20本塁打を達成しました。 別当選手は、長距離打者として活躍し、1966年には、打率.268、27本塁打、81打点を記録し、初の30本塁打を達成しました。また、1967年には、打率.281、31本塁打、90打点を記録し、初の40打点を達成しました。 1968年には、打率.282、32本塁打、94打点を記録し、初の50打点を達成しました。また、1969年には、打率.278、33本塁打、95打点を記録し、初の60打点を達成しました。 別当選手は、阪神タイガース在籍中に、通算1,392試合に出場し、打率.277、244本塁打、775打点を記録しました。また、1965年には、オールスターゲームに出場しました。 1970年に阪神タイガースを退団し、近鉄バファローズに移籍しました。その後、1971年に引退しました。
歴史上の人物

戸次鎮連-戦国-織豊時代の武将

戸次鎮連の生涯 戸次鎮連は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将です。日向国(現・宮崎県)の戦国大名である島津氏の家臣であり、島津義久の側近として活躍しました。 鎮連は、永正18年(1521年)に日向国の戸次氏の一族として生まれました。幼名は亀寿丸、その後、鎮連と改名しました。15歳で元服し、島津義久に仕え始めました。 鎮連は、島津氏の家臣として、数々の戦いで活躍しました。1569年には、大友宗麟が率いる大友軍と戦った耳川の戦いで、島津軍の勝利に貢献しました。また、1578年には、肥後国(現・熊本県)の相良氏を討伐する相良攻めに参加しました。 1587年、島津義久が豊臣秀吉に降伏すると、鎮連も秀吉に臣従しました。秀吉による九州平定の後、鎮連は肥後国の守護代に任命されました。しかし、1590年、豊臣秀次が謀反を起こすと、鎮連は秀次に加担したとして、秀吉に誅殺されました。 鎮連は、武勇に優れた武将として知られており、島津氏に仕えた名将として知られています。
学術分野の人

逸見梅栄(1891-1977):大正昭和期の美術史家

逸見梅栄の生涯 逸見梅栄は、1891年(明治24年)8月28日に、京都で生まれました。幼少期から絵画を好み、京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学しました。在学中に、上村松園や竹内栖鳳らに師事し、優れた画才を発揮しました。 1915年(大正4年)に卒業後、上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)の研究生として学びました。1917年(大正6年)に、帝展(帝国美術展覧会)に初入選を果たし、その後も帝展や文展(文部省美術展覧会)に出品を続けました。1922年(大正11年)に、文展で特選を受賞し、その後も特選を繰り返し受賞しました。 1926年(昭和元年)に、東京美術学校西洋画科の助教授に就任し、1930年(昭和5年)には、教授に昇進しました。東京美術学校では、油絵の教育を担当し、多くの優秀な画家を育てました。 1945年(昭和20年)の東京大空襲で、東京美術学校が焼失し、逸見梅栄は疎開を余儀なくされました。戦後は、日本美術院の会員として、日本画の制作を続けました。 1951年(昭和26年)に、東京藝術大学名誉教授に就任し、1952年(昭和27年)には、文化勲章を受章しました。1977年(昭和52年)1月20日に、東京都中野区の自宅で死去しました。 逸見梅栄は、大正昭和期を代表する美術史家で、日本画の復興に貢献した功績で知られています。また、東京美術学校で多くの優秀な画家を育て、日本の美術教育にも大きな影響を与えました。
歴史上の人物

平敷屋朝敏 – 琉球の和文学者

-平敷屋朝敏の生涯と業績- -生誕と幼少期- 平敷屋朝敏は、1621年に琉球王国首里城下で生まれた。父は平敷屋親方、母は真境名親方の娘である。幼名は与那覇松。6歳で首里王府の官立学校である明倫堂に入学し、16歳で同校を卒業した。 -中国への留学- 1636年、朝敏は中国に留学する。福州で中国語と儒教を学び、1644年に帰国した。帰国後は、王府の官僚として働き始め、1650年に首里王府の最高位である三司官に就任した。 -和文学者としての活動- 朝敏は、中国文学に精通していたが、和文学にも造詣が深かった。1659年、朝敏は「琉球神道記」を著した。これは、琉球の神道の歴史と伝承をまとめたもので、琉球の和文学の代表作の一つとされている。 -晩年と死- 朝敏は、1694年に首里城下で亡くなった。享年73。死後、朝敏は琉球の和文学の祖として祀られ、その業績は今日まで語り継がれている。 -業績- 朝敏の業績として、以下のものが挙げられる。 * 「琉球神道記」の著述 * 琉球の和文学の振興 * 琉球の文化交流への貢献 朝敏は、琉球の文化史上において重要な人物であり、その業績は今日まで高く評価されている。
文学分野の人

日置長枝娘子 – 奈良時代の歌人

日置長枝娘子とは 日置長枝娘子(へき の ながえ の おとめ/いらつめ、生没年不詳)は、奈良時代の歌人。百人一首の一人である。姓は日置連または伊岐連。 父は正五位上・伊岐連益人。母は不詳。娘は高橋虫麻呂の妻・日置広虫。 生年は不詳であるが、758年(天平宝字2年)に成立した『万葉集』には、彼女の作品が収められていることから、それ以前の生まれと考えられる。 没年も不詳であるが、766年(天平神護2年)に高橋虫麻呂が亡くなっていることから、それ以前の没と考えられる。 日置長枝娘子は、夫の高橋虫麻呂とともに、多くの和歌を詠んでいる。その和歌は、優美で繊細な情趣を湛えたものが多い。 また、彼女は、夫の高橋虫麻呂とともに、和歌のサロンを主宰していた。そのサロンには、大伴家持や、山上憶良など、当時の著名な歌人が集まっていた。 日置長枝娘子は、和歌を通じて、当時の文化の発展に貢献した。また、彼女の和歌は、後世の和歌にも大きな影響を与えた。
歴史上の人物

別当典侍(1)とは

別当典侍(1)の生涯 別当典侍(1)は、平安時代初期の女性で、斉衡年間(854~857年)に別当典侍の官位にあった人物です。別当典侍とは、尚侍、典侍、掌侍、御匣殿命婦、御匣殿監などの女官を統率する官職で、一般的に中宮に仕えました。別当典侍(1)は、仁明天皇の中宮であった藤原沢子に仕えたと推定されています。 別当典侍(1)の生い立ちや出自については、詳しいことは分かっていませんが、藤原氏の一族であった可能性が高いと考えられています。藤原氏は、平安時代には皇室と姻戚関係を結び、朝廷内で大きな権力を握っていた氏族でした。別当典侍(1)も、藤原氏の有力な一門の出身であったと推測されます。 別当典侍(1)は、仁明天皇の治世である斉衡年間(854~857年)に別当典侍の官位に任命されました。別当典侍は、中宮に仕える女官の中で最も位の高い官職であり、別当典侍(1)は、中宮藤原沢子に近い立場にあったと考えられます。 別当典侍(1)は、斉衡年間(854~857年)の間に、藤原沢子に仕えていたと推定されています。藤原沢子は、仁明天皇の皇后として、朝廷内で大きな影響力を持っていました。別当典侍(1)は、藤原沢子の側近として、藤原沢子の命令を遂行したり、藤原沢子の代わりに他の女官を統率したりしていたと思われます。 別当典侍(1)の死没年や死因については、詳しいことは分かっていません。しかし、別当典侍(1)は、藤原沢子より早く亡くなったと考えられています。藤原沢子は、貞観8年(866年)に亡くなっていますので、別当典侍(1)は、それ以前に亡くなった可能性が高いと考えられます。
美術分野の人

別宗令公と鎌倉建長寺の五百羅漢像

中巌円月(ちゅうがん-えんげつ)の「東海一漚(とうかいいちおう)集」にその名が見える別宗令公 鎌倉建長寺の五百羅漢像にはいくつかの異説がありますが、その一つに「東海一漚集」にその名が見える別宗令公による作であるという説があります。 別宗令公とは、鎌倉時代初期に活躍した禅僧です。別宗令公は、建長寺開山の蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の弟子であり、建長寺の二世住職を務めました。別宗令公は、禅の修行に優れていただけでなく、彫刻にも長けていました。 別宗令公が五百羅漢像を彫ったという説は、建長寺に残る「別宗令公五百羅漢像記」という記録に基づいています。この記録によると、別宗令公は建長寺開山の蘭渓道隆の命により、五百羅漢像を彫りました。別宗令公は、五百羅漢像を彫るのに10年以上の歳月をかけ、完成した五百羅漢像は、建長寺の本堂に安置されました。 別宗令公が五百羅漢像を彫ったという説は、建長寺に残る「別宗令公五百羅漢像記」という記録に基づいています。この記録によると、別宗令公は建長寺開山の蘭渓道隆の命により、五百羅漢像を彫りました。別宗令公は、五百羅漢像を彫るのに10年以上の歳月をかけ、完成した五百羅漢像は、建長寺の本堂に安置されました。
歴史上の人物

逸見直造-「明治-大正時代の市民運動家,社会主義者とは?」

逸見直造の生涯 逸見直造は、1856年に神奈川県鎌倉市に生まれました。幼少期に両親を亡くし、親戚のもとで育ちました。1875年に東京外国語学校に入学し、英語を学びました。卒業後は、外務省に勤め、外交官として活躍しました。 1885年に外務省を退職し、その後はジャーナリストとして活動しました。1888年に「日本新聞」を創刊し、自由民権運動を推進しました。また、社会主義運動にも参加し、1897年に「日本社会党」を結成しました。 1901年に第1回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。1902年に「社会民主党」を結成し、初代党首に就任しました。1903年には、日本の社会主義運動の分裂を招いた「赤旗事件」が起こり、逸見直造は逮捕されました。 1904年に釈放された後も、社会主義運動を続けました。1906年に「平民新聞」の発行責任者となり、社会主義思想の普及に努めました。1911年に「日本社会党」を再結成し、党首に就任しました。 1914年に第3回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。1918年に「日本労農党」を結成し、党首に就任しました。1920年に第1回普通選挙で当選し、衆議院議員に再選されました。 1922年に第2次護憲運動が起こり、逸見直造は運動の中心人物として活躍しました。1923年に第14回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。1925年に第15回衆議院議員総選挙に立候補し、当選しました。 1928年に第16回衆議院議員総選挙に立候補し、落選しました。1929年に社会主義運動から引退し、1933年に死去しました。
歴史上の人物

「米仲」(⇒岡田米仲(おかだ-べいちゅう))について

岡田米仲とは 岡田米仲は、1860年(万延元年)に京都で生まれた米穀商です。18歳で家業を継ぎ、米穀取引で成功を収めました。1903年(明治36年)には、日本初の米穀取引所である大阪堂島米穀取引所を設立し、日本の米穀取引の近代化に貢献しました。 岡田米仲は、米穀取引のほかにも、さまざまな事業を手がけました。1907年(明治40年)には、大阪に大阪商業会議所を設立し、大阪の経済発展に貢献しました。また、1912年(大正元年)には、大阪で最初のデパートである三越大阪店を開業しました。 岡田米仲は、1933年(昭和8年)に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。大阪堂島米穀取引所は、現在も日本の米穀取引の中心地として機能しており、三越大阪店は、大阪を代表するデパートのひとつとなっています。 岡田米仲は、日本の米穀取引の近代化に貢献し、大阪の経済発展に貢献した偉大な人物です。
歴史上の人物

ベルタン – 日本に造船技術を伝えたフランス人

-# ベルタンの功績 ベルタンは、日本に造船技術を伝えたフランス人の技術者です。彼の功績は大きく、特に以下の二つは日本海軍の近代化に多大な貢献を果たしました。 -1. 横須賀製鉄所の設立- ベルタンは、1865年に来日し、横須賀製鉄所の設立に携わりました。横須賀製鉄所は、日本の最初の近代的な製鉄所で、日本海軍の軍艦建造に欠かせない存在となりました。ベルタンは、製鉄所の建設や操業の指導を行い、日本の造船技術の発展に大きく貢献しました。 -2. 日本海軍軍艦の建造- ベルタンは、横須賀製鉄所での軍艦建造にも携わりました。彼が建造した軍艦は、当時としては最先端の技術を備えており、日本海軍の近代化に大きく貢献しました。特に、1877年に建造された「扶桑」は、日本海軍初の装甲艦であり、日本海軍の戦闘力の向上に大きな役割を果たしました。 ベルタンの功績は、日本海軍の近代化に多大な貢献を果たしただけでなく、日本の造船技術の発展にも大きな影響を与えました。彼の残した技術は、現在も日本の造船業界で受け継がれ、日本の造船技術は世界トップレベルを誇るまでになっています。
歴史上の人物

「紅勘」(⇒紅屋勘兵衛)について

-紅屋勘兵衛とは- 紅屋勘兵衛とは、江戸時代前期の豪商であり、歌舞伎の創始者の一人である。 勘兵衛は、1556年に河内国(現在の大阪府)の農家に生まれた。幼少の頃は、家業を手伝いながら農業を営んでいたが、18歳のとき、上京して呉服屋を開業した。勘兵衛は、商才に恵まれ、呉服屋は順調に発展していった。 1603年、勘兵衛は、江戸幕府が創設されると、江戸に移住した。江戸では、呉服屋を営みながら、歌舞伎の芝居小屋を建設し、歌舞伎の興行を始めた。勘兵衛は、歌舞伎を庶民に広めるために、芝居の料金を安く設定し、芝居小屋を大衆に開放した。その結果、歌舞伎は庶民の間で人気を博し、日本独自の演劇として発展していった。 勘兵衛は、1629年に死去したが、歌舞伎はその後も庶民に親しまれ続け、日本の伝統芸能として今日まで受け継がれている。 勘兵衛は、商才に恵まれた豪商であると同時に、歌舞伎の創始者としても知られている。勘兵衛は、歌舞伎を庶民に広めるために、芝居の料金を安く設定し、芝居小屋を大衆に開放した。その結果、歌舞伎は庶民の間で人気を博し、日本独自の演劇として発展していった。勘兵衛は、歌舞伎の創始者として、日本の伝統芸能の発展に大きく貢献した人物である。