「め」で始まる名前

歴史上の人物

「明峰素哲」

-# 明峰素哲 -- 明峰素哲の生涯 明峰素哲は、中国の南北朝時代の僧侶、仏教学者、詩人である。482年に東晋の揚州江陽県(現在の江蘇省揚州市)に生まれ、543年に梁の建康(現在の南京市)で没した。 素哲は、幼い頃から仏教に帰依し、10代の頃には出家して僧侶となった。その後、梁の都建康に上り、同地にあった光宅寺で仏教の経典を学び、仏教の教えを説いた。素哲は、仏教の経典を注釈するなど、仏教の教理の研究に努め、仏教の教えを広く伝えた。また、素哲は、詩人としても活躍し、多くの詩を残した。素哲の詩は、仏教の教えを詠ったものが多いが、自然の美しさや人生の無常を詠ったものもある。 素哲は、仏教の教理の研究と、仏教の教えの普及に努めた僧侶、仏教学者、詩人であった。素哲の功績は、仏教の発展に大きく貢献した。 素哲は、543年に梁の建康で亡くなった。享年は62であった。素哲の死後、その弟子たちが素哲の教えを継承し、仏教をさらに発展させた。
歴史上の人物

ーメッケル

メッケルの生い立ちと経歴 ヨハン・フリードリヒ・メッケル(1781-1833)は、ドイツの解剖学者、生理学者、発生学者です。彼は、比較解剖学の創始者の一人とされており、進化論の発展に大きな影響を与えました。 メッケルは、ハレ大学で医学を学び、1802年に博士号を取得しました。その後、ベルリン大学で解剖学の教授を務め、1816年にはハレ大学に戻って解剖学と生理学の教授となりました。 メッケルは、動物の形態を比較研究することによって、生物の進化を理解しようと考えました。彼は、動物の発生過程を研究することによって、生物の進化を明らかにできると考えました。 メッケルは、比較解剖学の研究において、多くの重要な発見をしました。彼は、脊椎動物の脳の発達段階は共通しており、進化の過程で脳が複雑化していくことを明らかにしました。また、彼は、動物の発生過程において、発生初期に形成される器官が、後の段階で変化して別の器官になることを明らかにしました。 メッケルの研究は、進化論の発展に大きな影響を与えました。チャールズ・ダーウィンは、メッケルの研究から、生物は共通の祖先から進化してきたという考えを支持する証拠を得ました。 メッケルは、1833年に、コレラにかかって亡くなりました。しかし、彼の研究は、現在でも、生物学の発展に大きな影響を与え続けています。
文学分野の人

「目取真俊」

- 「目取真俊」 -# 沖縄の風土と歴史を描く作家 目取真俊(めどるましゅん)は、1928年に沖縄県那覇市に生まれた小説家です。沖縄の風土や歴史をテーマにした作品を多く発表しており、沖縄文学を代表する作家のひとりとして知られています。 目取真俊は、早稲田大学を卒業後、新聞記者や編集者を経て、1968年に作家デビューを果たしました。1977年には、沖縄を舞台にした小説『桜島』で芥川賞を受賞しました。 目取真俊の作品は、沖縄の自然や人々を生き生きと描いたものが多く、沖縄の歴史や文化を理解する上でも貴重な資料となっています。また、沖縄戦の悲惨さを描いた作品も多く、戦争の愚かさや平和の大切さを訴えています。 目取真俊は、2019年に90歳で亡くなりましたが、その作品は今もなお多くの人々に読み続けられています。沖縄の風土や歴史に興味がある人におすすめの作家です。 -# 目取真俊の主要作品 * 『桜島』(1977年) * 『ハイサイ!』(1980年) * 『オキナワの風』(1983年) * 『恩納村の猫』(1986年) * 『青い海、赤い空』(1989年) * 『沖縄戦』(1995年) * 『魂の島』(1998年) * 『海と風の歌声』(2001年) * 『てぃだんに舞う』(2004年) * 『彩りある日々』(2007年)
歴史上の人物

米良貞雄 – 諜報員として激動の時代を生きた長崎出身の偉人

-明治-大正時代の諜報員- 米良貞雄は、明治維新から大正時代にかけて活躍した諜報員である。長崎県出身で、幼い頃から武術や剣術を学び、海軍兵学校を卒業。日露戦争では、ロシアのスパイを捕まえるなどの戦功をあげた。 明治40年(1907年)、米良は米国に留学し、ハーバード大学で政治学を学ぶ。在学中、日本の政情に詳しい米国の外交官と知り合い、諜報活動に興味を持つようになった。 留学を終えて帰国後、米良は外務省に勤務。欧米の情勢を調査し、日本の外交政策立案に貢献した。しかし、大正6年(1917年)、米良はスパイ容疑で逮捕され、投獄された。 米良は、スパイ容疑で逮捕された後、拷問を受け厳しい尋問を受けた。しかし、彼は最後までスパイであることを否定し、無罪を主張した。最終的に、米良は証拠不十分で釈放されたが、外務省を辞職せざるを得なくなった。 米良は、外務省を辞職した後、私生活に戻った。しかし、彼は諜報活動への関心を失わず、秘密裏に活動を続けた。大正12年(1923年)、米良は関東大震災の際に活躍し、多くの避難民を救助した。 米良は、昭和20年(1945年)に亡くなった。享年68歳。彼は、日本の諜報活動の草分け的存在として知られており、その功績は高く評価されている。
歴史上の人物

「目子媛」

-目子媛の生涯- 目子媛は、第21代雄略天皇の娘です。母親は、吉備氏の王である吉備上道臣弟君の娘・吉備姫です。目子媛の生涯については、あまり詳しいことはわかっていませんが、日本書紀には、彼女が雄略天皇の寵妃であったこと、そして、雄略天皇が崩御した後に、悲しみのあまり亡くなったことが記されています。 目子媛は、幼い頃から聡明で、才色兼備の美女であったと伝えられています。雄略天皇は、目子媛を寵愛し、彼女を后にしようと考えていました。しかし、目子媛は、身分の低い女性であることを理由に、后になることを拒みました。そこで、雄略天皇は、目子媛を妃とし、彼女に「目子媛」の称号を授けました。 目子媛は、雄略天皇の妃として、政治にも深く関与していました。彼女は、雄略天皇の相談役として、政治の決定に大きな影響を与えていたとされています。また、目子媛は、仏教の信仰篤く、仏教の普及に努めていたとも伝えられています。 目子媛は、雄略天皇が崩御した後に、悲しみのあまり亡くなりました。彼女の死を悼んだ雄略天皇は、目子媛を皇后の位に追贈しました。 目子媛は、古代日本の歴史上、重要な役割を果たした女性です。彼女は、雄略天皇の寵妃として、政治に深く関与し、仏教の普及にも努めました。また、目子媛は、才色兼備の美女として知られ、多くの芸術作品にも描かれています。
歴史上の人物

毛受家照とは? 戦国時代の武将について徹底解説

毛受家照の生涯 毛受家照は、戦国時代の武将です。下野国の戦国大名である宇都宮氏の家臣として仕え、多くの戦いで活躍しました。 毛受家照の生年は不詳ですが、永正年間(1504~1521年)に下野国に生まれたとされています。毛受氏は、下野国において宇都宮氏に次ぐ有力な豪族であり、家照の父である毛受高照は、宇都宮氏の重臣として活躍していました。 家照は、幼い頃から武芸の鍛錬に励み、優れた武勇を誇っていました。天文12年(1543年)、宇都宮氏の家督を巡る争いに巻き込まれ、父の高照が殺害されると、家照は宇都宮氏に反旗を翻し、独立しました。 家照は、宇都宮氏に敵対する勢力と結びつき、宇都宮氏の支配地域を侵攻しました。宇都宮氏は、家照の反乱を鎮圧するために、数度にわたって家照の居城である毛受城を攻めましたが、家照は、その度に宇都宮氏の軍勢を撃退しました。 弘治3年(1556年)、宇都宮氏の当主である宇都宮尚綱は、家照と和睦を結び、家照は宇都宮氏に臣従しました。家照は、宇都宮氏の家臣として、再び宇都宮氏の軍勢を率いて、他国との戦いに参戦しました。 永禄12年(1569年)、家照は、宇都宮氏の家督を巡る争いに巻き込まれ、宇都宮氏の当主である宇都宮広綱に殺害されました。享年65歳でした。 家照の死後、毛受氏は衰退し、宇都宮氏の配下となりました。
文学分野の人

「冥々」

-「冥々」の意味と由来- 「冥々」とは、はっきりとしないことや、よく分からないことを表す言葉です。また、暗いことや、よくないことを表す場合もあります。 「冥々」の語源は、「冥」という漢字にあります。「冥」は、もともとは「暗い」という意味でしたが、後に「死後の世界」や「神の世界」を意味するようになりました。そして、「冥々」は「冥」が重なった言葉であり、より強く「暗い」や「よく分からない」という意味を表すようになりました。 「冥々」という言葉は、古代から使われてきました。例えば、中国の古典『易経』には、「冥々として其の中に在り」という一節があります。この一節は、「宇宙には、はっきりと見えない何かが働いている」という意味です。 また、日本の古典『古事記』には、「冥々として夜は渡れど」という一節があります。この一節は、「夜は暗くてよく見えない」という意味です。 「冥々」という言葉は、このように古くから使われてきた言葉であり、様々な意味を持っています。現在でも、「冥々」という言葉は、様々な場面で使用されています。 例えば、「冥々たる闇」は「とても暗い闇」という意味です。「冥々たる未来」は「よく分からない未来」という意味です。また、「冥々として働く」は「こっそりと働く」という意味です。 「冥々」という言葉は、暗いことや、よく分からないことを表す場合が多いですが、必ずしも悪い意味ではありません。例えば、「冥々たる森林」は、「とても美しい森林」という意味です。「冥々たる星」は、「とても美しい星」という意味です。 「冥々」という言葉は、このように様々な意味を持つ言葉であり、使い方によって意味が異なります。
学術分野の人

「メクル」

-「メクル」の履歴- 「メクル」は、2018年4月にサービスを開始した、電子書籍(電子書籍)のサブスクリプションサービスです。ユーザーは、月額料金を支払うことで、メクルのカタログにある電子書籍を無制限に読むことができます。 メクルは、その使いやすさと豊富なカタログで、すぐに人気を集めました。2019年3月には、ユーザー数が100万人を突破し、2020年3月には、ユーザー数が200万人を突破しました。 メクルは、電子書籍業界に大きな影響を与えました。電子書籍の売上は増加し、電子書籍の購読者数は減少しました。これは、メクルが電子書籍をより便利で手頃な価格で利用できるようにしたからです。 メクルは、今後さらに成長していくと予想されています。電子書籍の市場は今後も成長し続けると予想されており、メクルは、その成長の恩恵を受けると思われます。また、メクルは、電子書籍の購読者数を増やすために、様々なキャンペーンを展開しています。これらのキャンペーンは、メクルの認知度を高め、ユーザー数を増やすことに役立つでしょう。 -メクルの主な特徴- * -豊富なカタログ- メクルには、30万冊以上の電子書籍が用意されています。これは、業界でも最大級のカタログです。 * -使いやすさ- メクルは、非常に使いやすいサービスです。アプリは直感的で、電子書籍の検索や閲覧が簡単です。 * -手頃な価格- メクルの月額料金は、980円です。これは、電子書籍の購読者数が増加するのに十分な価格設定です。 -メクルの今後の展望- メクルは、今後さらに成長していくと予想されています。電子書籍の市場は今後も成長し続けると予想されており、メクルは、その成長の恩恵を受けると思われます。また、メクルは、電子書籍の購読者数を増やすために、様々なキャンペーンを展開しています。これらのキャンペーンは、メクルの認知度を高め、ユーザー数を増やすことに役立つでしょう。 メクルは、電子書籍業界をリードするサービスになる可能性を秘めています。メクルは、使いやすさと手頃な価格で、電子書籍をより便利で身近なものにしました。メクルは、今後も電子書籍業界に大きな影響を与え続けると思われます。
文学分野の人

「面成砂楽斎」について

面成砂楽斎の生涯 面成砂楽斎は、室町時代から戦国時代にかけて活躍した能楽師です。 面成砂楽斎は、永正13年(1516年)に、山城国(現在の京都府)で生まれました。幼い頃から能楽を学び、15歳で初舞台を踏みました。 面成砂楽斎は、その優れた演技力でたちまち人気者となり、将軍足利義輝や大名織田信長にも寵愛されました。 特に、信長は面成砂楽斎の芸を深く愛し、彼に多くの褒美を与えました。 しかし、天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が亡くなると、面成砂楽斎は失意のうちに京都を去りました。 その後、面成砂楽斎は各地を流浪し、晩年は越後国(現在の新潟県)で過ごしました。 面成砂楽斎は、慶長19年(1614年)に、99歳で亡くなりました。 面成砂楽斎は、能楽の歴史上、最も偉大な能楽師の一人とされています。 彼の芸は、後の能楽師たちに大きな影響を与え、今日まで受け継がれています。
美術分野の人

目賀田介庵-江戸後期から明治時代にかけて活躍した画家

目賀田介庵の生涯 目賀田介庵は、1782年(天明2年)に摂津国(現在の大阪府)で生まれました。本名は魚住長三郎といい、介庵は彼の号です。 介庵は幼い頃から絵に興味を持ち、10代後半で江戸に出て絵師の渡辺崋山に師事しました。崋山は、当時人気を博していた円山応挙の弟子であり、介庵はその画風に大きな影響を受けました。 介庵は、崋山のもとで絵の修行を重ね、やがて一人前の絵師として認められるようになりました。彼は、主に人物画や風俗画を得意とし、その作品は庶民の生活や風俗を生き生きと描いています。 介庵は、1858年(安政5年)に76歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は現在でも高く評価されており、多くの美術館に収蔵されています。 介庵の生涯は、江戸後期から明治時代にかけて活躍した画家の生涯であり、日本の美術史において重要な位置を占めています。
学術分野の人

「メーソン」(1853-1923 イギリスの電信技師)

-メーソンとは誰?- オリバー・ロッジ卿は、1853年6月12日にイギリスのスタッフォードシャー州ペンクリッジで、オリバー・ロッジとアン・レベッカ・ロスウェル夫妻の元に生まれた。 メーソンは、幼い頃から天文学に興味を持ち、13歳の時に地元の天文台で働き始めた。16歳で、ロンドン大学に入学し、物理学を専攻した。1876年に同大学を卒業後、ケンブリッジ大学で研究を続け、1881年に博士号を取得した。 メーソンは、1884年にリバプール大学の物理学の教授に就任し、1890年にロンドン大学の教授に就任した。1900年には、王立協会のフェローに選出された。 メーソンは、電磁波の研究で大きな功績を上げた。1888年に、電磁波が金属板に当たると反射することを見出した。この発見は、無線通信の開発に大きな影響を与えた。また、1894年に、電磁波が空気中を伝播できることを実証した。 メーソンは、1914年にナイトに叙勲され、1923年にロンドンで亡くなった。
歴史上の人物

明治天皇(1852-1912)

明治天皇の生涯 明治天皇は、日本の第122代天皇。1852年11月3日に生まれ、1912年7月30日に崩御した。明治天皇は、日本の近代化を推進し、日本を近代国家へと導いた人物である。 明治天皇は、幼少期から英才教育を受けた。父である孝明天皇は、明治天皇が将来、日本を統治することを期待していた。明治天皇は、漢学や書道、和歌などを学び、また、洋学にも関心を示した。 1867年、明治天皇が15歳の時に、王政復古が行われた。王政復古とは、天皇が政治の実権を握ることを意味する。明治天皇は、この王政復古をきっかけに、日本の近代化を推進し始めた。 明治天皇は、日本の近代化を推進するために、多くの改革を行った。その中には、以下のものがある。 ・廃藩置県藩を廃止し、県を設置した。 ・地租改正土地の所有権を明確にし、地租を徴収した。 ・学制改革近代的な学校制度を導入した。 ・徴兵制度国民に兵役を義務付けた。 ・憲法制定大日本帝国憲法を制定した。 明治天皇は、これらの改革によって、日本の近代化を推進した。日本は、明治天皇の統治下で、近代国家へと発展した。 明治天皇は、1912年7月30日に崩御した。明治天皇の崩御は、日本中に大きな悲しみをもたらした。明治天皇は、日本の近代化に貢献した偉大な天皇として、今でも人々に敬愛されている。
歴史上の人物

「明義門院」(1217-1243)

-明義門院の生涯- 明義門院(1217-1243)は、鎌倉時代前期の女性。後鳥羽天皇の第三皇女。母は藤原定家の娘、九条基家室。同母兄に道助法親王(東宮)、尊円法親王(新待賢門院女房中納言)がいる。 明義門院は、治承4年(1180)頃に生まれました。父は後鳥羽天皇、母は九条基家室の藤原定家の娘です。同母兄には、道助法親王(東宮)や尊円法親王(新待賢門院女房中納言)がいます。 建保4年(1216)に、権大納言・源通資に降嫁。建保5年(1217)に権大納言・源通資(たけとし)と結婚し、翌年、建保6年(1218)に長女・禧子女王(のちの昭衡門院)を出産しました。 承久3年(1221)に、承久の乱で源通資が戦死。承久3年(1221)に承久の乱が起こり、源通資が戦死しました。明義門院は、まだ24歳でした。 承久4年(1222)に父・後鳥羽天皇が崩御し、兄・道助法親王が践祚して三条天皇となりました。承久4年(1222)に、父・後鳥羽天皇が亡くなり、兄・道助法親王が三条天皇として即位しました。 嘉禄2年(1226)に、三条天皇が崩御し、兄・尊円法親王が践祚して四条天皇となりました。嘉禄2年(1226)に、三条天皇が亡くなり、兄・尊円法親王が四条天皇として即位しました。 建長4年(1252)に、四条天皇が崩御し、兄・邦子内親王が践祚して後堀河天皇となりました。建長4年(1252)に、四条天皇が亡くなり、兄・邦子内親王が後堀河天皇として即位しました。 明義門院は、寛元元年(1243)に26歳で亡くなりました。死後、明義門院と諡されました。 明義門院は、兄の三条天皇や四条天皇の治世を支え、鎌倉幕府との関係を維持するのに貢献しました。また、子女を多く輩出し、皇室の血統を継承する役割を果たしました。
芸能分野の人

「目貫屋長三郎」

「目貫屋長三郎」 滝野検校,沢住検校の門弟 「目貫屋長三郎」は、江戸時代初期の天才筝曲家で、三味線の祖とされています。瀧野検校と沢住検校の門弟として、筝曲と三味線の演奏に秀でていました。 長三郎は、京都の目貫屋という商家のもとに生まれました。幼い頃から音楽の才能を現し、瀧野検校に師事して筝曲の修行を始めました。瀧野検校は、長三郎の才能を高く評価し、長三郎を自分の養子にしました。 長三郎は、瀧野検校のもとで筝曲の演奏技術を習得し、やがて一流の筝曲家となりました。また、長三郎は三味線の演奏にも秀でており、三味線の祖と呼ばれるようになりました。 長三郎は、筝曲と三味線の演奏で、江戸時代の音楽界に大きな影響を与えました。長三郎の演奏は、多くの人々に愛され、長三郎は庶民の間でも人気を博しました。 長三郎は、江戸時代初期の音楽界を代表する人物であり、筝曲と三味線の演奏に大きな功績を残しました。長三郎の演奏は、今日でも人々に愛され続けています。
歴史上の人物

「目賀田玄向」

-目賀田玄向の生涯- 目賀田玄向(めかた げんこう、1869年2月27日 - 1937年11月2日)は、日本の神道家、国学者、教育者。本名は目賀田勇。号は玄向、龍渓。 -幼少期と青年期- 目賀田玄向は、1869年2月27日に、肥前国諫早(現在の長崎県諫早市)に生まれた。家は代々神官の家柄で、父は目賀田秀信、母は万亀。玄向は、幼少の頃から神道や国学に興味を持ち、11歳の時には、すでに『古事記』や『日本書紀』を読みこなしていたという。 1884年、玄向は、16歳の時に、東京の神道専門学校に入学した。神道専門学校では、古事記や日本書紀などの古典を学び、神道の歴史や思想について研究した。1889年に、神道専門学校を卒業し、神職となった。 -神職としての活動- 玄向は、神職となった後、故郷の諫早に戻り、神職として奉仕した。1895年には、27歳の時に、諫早神社の宮司に就任した。宮司として、玄向は、神社の祭祀を司り、地域の人々との交流に努めた。 また、玄向は、神道や国学の普及にも努めた。1898年には、諫早に神道講習所を開設し、神道や国学に興味のある人たちに講義を行った。また、1902年には、諫早に国学院を開設し、神道や国学を教える学校を設立した。 -国学者としての活動- 玄向は、神職や教育者としてだけではなく、国学者としても活躍した。1904年には、国学院大学の国学部の教授に就任し、古事記や日本書紀などの古典の研究を行った。また、1911年には、国学院大学の国学部の学部長に就任し、国学部の運営に携わった。1919年には、国学院大学の国学部の学長に就任し、国学院大学のトップとして、国学の研究や教育に努めた。 玄向は、国学者として、多くの著作を残している。代表的な著作には「古事記解義」「日本書紀解義」「神道倫理学」「国学史」などがある。これらの著作は、神道や国学の研究に大きな影響を与えた。 -晩年- 玄向は、1937年11月2日に、68歳で亡くなった。死後、玄向は、正五位勲四等に叙せられた。 玄向は、神道家、国学者、教育者として、日本の神道や国学の発展に貢献した。また、玄向は、多くの著作を残し、神道や国学の研究に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

メッゲル→ 明治時代の日本の鉱業に貢献したドイツ出身の技術者

-日本に招かれたドイツ人鉱山技術者- 明治時代の日本の鉱業は、ドイツから招かれた鉱山技術者によって大きく発展しました。彼らの中には、日本の近代鉱業の礎を築いた人物も少なくありません。 その一人に、メッゲルという人物がいます。メッゲルは1867年にドイツから来日し、北海道の炭鉱で働きました。その後、足尾銅山に移り、日本の鉱業の発展に大きく貢献しました。 メッゲルは、日本の鉱山技術者たちに近代的な採鉱技術を教え、日本の鉱業の近代化に貢献しました。また、鉱山法の制定にも携わり、日本の鉱業の発展に大きな役割を果たしました。 メッゲル以外にも、ドイツから多くの鉱山技術者が来日し、日本の鉱業の発展に貢献しました。彼らは、日本の近代鉱業の礎を築き、日本の経済発展に貢献したのです。 ドイツ人鉱山技術者たちが来日した背景としては、当時の日本の鉱業が遅れていたことが挙げられます。明治時代以前の日本の鉱業は、ほとんどが手作業で行われており、生産性は低く、労働条件も劣悪でした。 ドイツ人鉱山技術者たちは、近代的な採鉱技術を日本に導入し、日本の鉱業を近代化しました。彼らは、日本の鉱山技術者たちに近代的な採鉱技術を教え、日本の鉱業の発展に大きく貢献しました。 ドイツ人鉱山技術者たちが日本に招かれたのは、日本の政府がドイツの鉱業技術を高く評価していたからです。日本の政府は、ドイツから鉱山技術者を招き、日本の鉱業を近代化することを目指していました。 ドイツ人鉱山技術者たちの来日は、日本の鉱業の発展に大きな影響を与えました。彼らは、日本の鉱山技術者たちに近代的な採鉱技術を教え、日本の鉱業の発展に大きく貢献しました。また、鉱山法の制定にも携わり、日本の鉱業の発展に大きな役割を果たしました。
歴史上の人物

「滅宗宗興」

滅宗宗興の生涯 滅宗宗興は、鎌倉時代に活躍した浄土真宗の僧です。越前国(現在の福井県)に生まれ、幼い頃から仏教に親しみました。13歳で出家し、比叡山で天台宗を学びました。しかし、比叡山の教えに疑問を抱き、14歳で比叡山を下り、浄土真宗の開祖である親鸞のもとに弟子入りしました。 親鸞の教えに深く帰依した滅宗宗興は、親鸞の死後、浄土真宗の布教に尽力しました。全国各地を遊行し、浄土真宗の教えを広めました。また、多くの著作を残し、浄土真宗の教義を体系化しました。 滅宗宗興は、浄土真宗の発展に大きく貢献した僧として知られています。親鸞の教えを忠実に守り、浄土真宗の布教に生涯を捧げました。 滅宗宗興の著作 滅宗宗興は、多くの著作を残しました。その中でも特に有名なのが、『口伝鈔』と『選択本願念仏集』です。 『口伝鈔』は、親鸞の教えをまとめた書物です。親鸞の死後、滅宗宗興が親鸞の弟子たちから聞いた話を記録したものです。『口伝鈔』は、浄土真宗の根本聖典のひとつとして重んじられています。 『選択本願念仏集』は、浄土真宗の教義を解説した書物です。滅宗宗興が、浄土真宗の教えをわかりやすく解説しています。『選択本願念仏集』は、浄土真宗の入門書として広く読まれています。 滅宗宗興の思想 滅宗宗興は、浄土真宗の教えを忠実に守りました。滅宗宗興の思想の特徴は、以下の通りです。 * 一念発起による往生を説いた。 * 念仏は、阿弥陀仏の救いを信じて称えることであると説いた。 * 念仏は、誰もが平等に称えることができるものであると説いた。 滅宗宗興の思想は、浄土真宗の教えをわかりやすく、実践しやすいものにしました。滅宗宗興の思想は、多くの人々に受け入れられ、浄土真宗の発展に大きく貢献しました。
歴史上の人物

妻鹿長宗 – 南北朝時代の武将

妻鹿長宗(めがながむね)とは 妻鹿長宗(1317~1361)は、南北朝時代の武将。播磨国妻鹿荘(兵庫県姫路市)を拠点とし、赤松氏や山名氏らと激しく争った。また、室町幕府の実質的な創始者である足利尊氏とも戦った。 妻鹿長宗の出自は不詳だが、播磨国妻鹿荘の豪族である妻鹿氏の出身と考えられている。妻鹿氏は、平安時代から続く名族で、播磨国南部に勢力を持っていた。妻鹿長宗は、妻鹿氏当主である妻鹿常宗の長男として生まれた。 妻鹿長宗は、幼い頃から武芸に秀でており、13歳で初陣を飾った。その後、赤松氏の家臣となり、赤松円心や赤松則祐に仕えた。しかし、1343年に赤松氏の内紛に巻き込まれ、赤松円心と対立する赤松則祐に従った。赤松則祐は、足利尊氏に支援を求め、妻鹿長宗も足利尊氏に臣従した。 1347年、足利尊氏が京都を占領し、室町幕府を開いた。妻鹿長宗は、室町幕府の御家人となり、播磨国の守護に任じられた。しかし、山名氏や赤松氏らと対立し、播磨国内で激しく争った。また、足利尊氏とも戦ったが、1357年に和睦した。 1361年、妻鹿長宗は、播磨国妻鹿荘で死去した。享年45。妻鹿長宗は、武勇に優れた武将として知られ、播磨国で勢力を振るった。また、室町幕府の創始に貢献した功臣でもあった。
学術分野の人

「メーク」(1853-1923) – イギリス人の港湾技術者

-メークの経歴と来日前の功績- ウィリアム・ヘンリー・メークは、1853年にロンドンで生まれたイギリス人の港湾技術者です。父親は造船技師であり、メークも幼い頃から造船に興味を持っていました。16歳のときにロンドンの造船所で徒弟として働き始め、その後、イギリス海軍の工廠で働きました。 1877年にメークは来日し、神戸の造船所で働きました。メークは神戸で、日本の港湾建設に大きな貢献をしました。1885年にメークは、神戸港の築港工事の責任者となり、1896年には、横浜港の築港工事の責任者となりました。メークは、日本の港湾建設に最新の技術を導入し、日本の港湾を近代化しました。 メークはまた、日本の港湾行政にも貢献しました。1899年にメークは、日本の港湾行政を監督する港湾局の初代局長官に任命されました。メークは、港湾局長官として、日本の港湾の管理と運営を近代化しました。 メークは、1923年に東京で死去しました。メークは、日本の港湾建設と港湾行政に大きな貢献をした功績で、日本の政府から勲一等旭日章を授与されました。 メークは、来日前にイギリスで、いくつかの港湾建設プロジェクトに携わっていました。その中には、ロンドン港の築港工事や、リバプール港の拡張工事などがあります。メークは、これらのプロジェクトで、最新の技術を導入し、港湾建設の効率化と近代化に貢献しました。
スポーツ分野の人

石川佳純 – 天才女子卓球プレイヤー

卓球界のスター 石川佳純は卓球界で最も才能のある選手の1人であり、国際大会で多くの成功を収めています。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは女子シングルスで銅メダルを獲得し、女子団体では金メダルを獲得しました。2017年の世界卓球選手権では女子団体で金メダルを獲得し、女子ダブルスで銅メダルを獲得しました。 石川佳純は1993年3月23日に青森県青森市で生まれました。4歳のときに卓球を始め、13歳のときに日本代表に選出されました。2010年に世界ジュニア卓球選手権で女子シングルスで優勝し、2011年に国際卓球連盟(ITTF)の世界ランキングで最高位の3位に到達しました。 石川佳純は攻撃的なスタイルでプレーし、強力なバックハンドと巧みなフットワークが特徴です。彼女は卓球界で最も人気のある選手の1人であり、多くのファンを持っています。 石川佳純は卓球界のスターであり、世界中の人々に卓球の魅力を広めています。彼女は卓球の技術と情熱で多くの人々に感動を与えており、これからも卓球界で活躍していくことが期待されています。 石川佳純が卓球界で成功を収めた要因はいくつかあります。まず、彼女は卓球に対する情熱と献身を持っています。彼女は毎日何時間も練習し、常に自分の技を磨いています。また、彼女は非常に才能のある選手であり、卓越した技術と戦術を持っています。さらに、彼女はメンタルが強く、プレッシャーに負けない精神力を持っています。 石川佳純は、卓球界で最も成功した選手の1人であるだけでなく、卓球界で最も人気のある選手の1人でもあります。彼女はフレンドリーで気さくであり、多くのファンに愛されています。彼女は卓球の魅力を広め、世界中の人々を卓球のファンにするために尽力しています。
歴史上の人物

「目賀田信有」

-目賀田信有の生涯- -生い立ち- 目賀田信有は、1880年(明治13年)2月11日に、鹿児島県薩摩郡東郷村(現在の薩摩川内市)に生まれた。父は、目賀田源三郎、母は、トウである。信有は、4人兄弟の次男であった。信有は、幼い頃から聡明で、頭角を現した。1894年(明治27年)、鹿児島県立第一中学校(現在の鹿児島県立鶴丸高等学校)を卒業。第一高等学校を経て、1905年(明治38年)、東京帝国大学法科大学を卒業した。 -官僚生活- 大学卒業後、信有は、大蔵省に入省した。大蔵省では、主計局や税務局などで勤務し、辣腕を振るった。1919年(大正8年)、第一次護憲運動の際に、大蔵次官として、政府の対応に尽力した。1924年(大正13年)、大蔵大臣に就任した。大蔵大臣として、信有は、緊縮財政を断行し、日本の財政を立て直した。また、金解禁政策を実施し、日本の経済を安定させた。 -政治家として- 1927年(昭和2年)、信有は、政界に転身し、立憲政友会に入党した。1929年(昭和4年)、衆議院議員に当選し、政界入りを果たした。衆議院議員としては、予算委員長や大蔵委員長などを歴任し、辣腕を振るった。1939年(昭和14年)、阿部内閣で、国務大臣兼大蔵大臣に就任した。大蔵大臣として、信有は、戦時下の財政を支えた。 -晩年- 1945年(昭和20年)、第二次世界大戦が終結し、信有は、公職を辞した。その後は、実業家として活動し、日本商工会議所会頭を歴任した。1957年(昭和32年)1月27日に、東京都渋谷区の自宅で死去した。享年77。
歴史上の人物

免田栄-死刑確定囚に無罪判決が下されたわが国裁判史上初の人物

- 免田栄の生涯 -経歴- 1923年、石川県金沢市に生まれる。 1941年、石川師範学校卒業後、小学校教員となる。 1949年、石川県庁に勤務。 1953年、石川県議会議員に当選。 1955年、石川県議会議長に就任。 1959年、石川県知事に当選。 -冤罪- 1959年7月24日、金沢市の歓楽街で火災が発生し、3人が死亡した。 警察は放火の疑いで免田容疑者を逮捕。 1961年、免田容疑者は無罪を訴えながら、死刑判決を言い渡された。 免田容疑者は死刑囚として18年間服役。 その間、無実を訴え続けた。 -無罪判決- 1979年、最高裁判所は免田栄の死刑判決を破棄し、新審判決を差し戻した。 1983年、石川地裁は免田栄に無罪判決を言い渡した。 免田栄は、わが国裁判史上初の死刑確定囚に無罪判決が下された人物となった。 -無罪判決後の免田栄- 無罪判決後、免田栄は石川県金沢市で暮らした。 1985年、免田栄は自伝『無実の叫び』を出版した。 免田栄は、冤罪被害者救済のために活動し、講演会などに参加した。 1997年、免田栄は死去した。
美術分野の人

「目賀田文信」

「目賀田文信」 幕末の画家「目賀田文信」の生涯 目賀田文信(1822-1891)は、幕末から明治にかけて活躍した日本の画家です。浮世絵師として知られており、特に美人画や役者絵を得意としました。また、油彩画や日本画も制作しました。 -生い立ちと修行時代- 目賀田文信は、1822年に江戸に生まれました。幼い頃から絵を描くことを好み、10歳のときに歌川豊国に入門しました。歌川豊国は、当時人気の浮世絵師であり、文信は豊国の指導のもとで浮世絵の技法を学びました。 -浮世絵師として活躍- 1840年代になると、文信は浮世絵師として独立し、数多くの作品を発表しました。文信の作品は、その繊細な線描と美しい色彩で知られており、多くの人気を集めました。特に、美人画や役者絵を得意とし、その作品は「文信美人」や「文信役者絵」と呼ばれ、浮世絵の傑作のひとつとされています。 また、文信は、油彩画や日本画も制作しました。油彩画は、西洋の画法を取り入れたもので、日本画は、日本の伝統的な画法を用いたものです。文信は、西洋の画法と日本の伝統的な画法を融合させた独自の画風を確立し、多くの作品を残しました。 -晩年- 1868年に明治維新が起こると、浮世絵の需要が減少し、文信も浮世絵師としての活動が難しくなりました。しかし、文信は、油彩画や日本画の制作に専念し、新たな画風を模索しました。また、文信は、絵画教育にも力を入れ、多くの弟子を育てました。 1891年に、文信は69歳で亡くなりました。文信は、浮世絵師としてだけでなく、油彩画家、日本画家としても活躍し、日本の近代美術の発展に大きな貢献を果たしました。
美術分野の人

面竹正太郎→ 日本を代表する人形作家

面竹正太郎 伝統の継承者 面竹正太郎は、日本の伝統人形の製作技術を継承し、発展させている人形作家です。彼は、江戸時代から続く人形の伝統を現代に伝えるとともに、新しい人形の創作にも取り組んでいます。 面竹氏は、1935年に東京に生まれました。幼い頃から人形に興味を持ち、15歳の時に人形作りの師匠に弟子入りしました。師匠の元で伝統的な人形の製作技術を学び、1955年に独立しました。 独立後は、伝統的な人形の製作を続けるとともに、新しい人形の創作にも取り組むようになりました。彼の作品は、その完成度の高さから国内外で高く評価され、多くの賞を受賞しています。 面竹氏の作品は、伝統的な人形の美しさと、現代的な感性が融合した独自のスタイルが特徴です。彼は、伝統的な人形の製作技術を継承しつつ、新しい表現方法に挑戦し続けています。 面竹氏は、人形作りの伝統を継承するだけでなく、人形文化の普及にも努めています。彼は、人形作りのワークショップを開催したり、講演会を行ったりすることで、人形文化の魅力を伝えています。 面竹氏は、日本の伝統人形の製作技術を継承し、発展させている人形作家です。彼は、伝統的な人形の美しさと、現代的な感性が融合した独自のスタイルの作品を制作しています。また、人形作りのワークショップを開催したり、講演会を行ったりすることで、人形文化の普及にも努めています。