「の」で始まる名前

歴史上の人物

野国総管-琉球の官吏

-野国総管とは- 野国総管とは、琉球王国の官職のひとつで、琉球の統治を担う最高責任者である。野国総管は、琉球王国の領土である野国(現在の沖縄県)を統治し、王国の施策を実施する役割を担った。 野国総管は、琉球王国の国王によって任命され、その任期は3年であった。野国総管には、野国総管奉行や野国総管書記など、複数の役人が補佐した。 野国総管の主な役割は、野国の統治と王国の施策を実施することである。野国総管は、野国の行政を統括し、野国の人民の生活を管理した。また、野国総管は、王国の施策を実施するために、野国の人民に租税を課したり、労役を徴発したりすることもあった。 野国総管は、琉球王国の統治に重要な役割を担った。野国総管が適切に野国を統治したことで、琉球王国は安定した発展を遂げた。
歴史上の人物

野本基員

- 野本基員 -# 野本基員とは? 野本基員は、日本の元プロ野球選手、野球解説者、タレントである。 福岡県福岡市出身の左投左打の投手であり、1977年に西鉄ライオンズへ入団。翌1978年、一軍初登板・初完投勝利を記録する。1979年は10勝4敗、防御率3.64の活躍で太平洋クラブライオンズ(西鉄からチーム名を変更)の先発投手陣に定着した。 1980年に星野仙一、1981年に藤本博史とのトレードで、それぞれ日本ハムファイターズ、広島東洋カープに移籍。広島では左の中継ぎとして活躍し、1982年から1984年までは3年連続で20試合以上登板している。 1985年にロッテオリオンズに移籍するも成績不振に陥り、1986年に現役を引退。 引退後は、北海道文化放送で野球解説者を務め、その後はタレントとして活動している。現在は、福岡吉本でタレントとして活動している。 野本は、現役時代は左の軟投派投手として活躍した。一軍通算成績は140試合登板、38勝61敗、防御率4.48である。
歴史上の人物

「野沢重吉」

-野沢重吉とは- 野沢重吉は、1887年(明治20年)1月23日に新潟県長岡市に生まれた新劇俳優である。1913年(大正2年)に初舞台を踏んだ後、第二芸術座、築地小劇場、新劇協会、文学座など数々の劇団で活躍した。1950年(昭和25年)には、俳優座の創立に参加している。 野沢重吉の芸風は、リアリズムと人間味を大切にするものであった。彼は、役柄を深く理解し、その人物の内面を繊細に表現することに長けていた。また、舞台上で強い存在感を放ち、観客を圧倒する力を持っていた。 野沢重吉は、1965年(昭和40年)に俳優座を退団した後も、舞台、映画、テレビで活躍し続けた。1976年(昭和51年)には、文化勲章を受章している。1984年(昭和59年)6月1日に東京都内で亡くなった。 野沢重吉は、日本の新劇界を代表する俳優の一人であり、その功績は高く評価されている。
美術分野の人

野島青茲

野島青茲 生涯 野島青茲は、1907年(明治40年)1月1日に東京府北豊島郡滝野川町(現・東京都北区滝野川)に生まれました。本名は野島勝一です。 旧制麻布中学校(現・麻布中学校・高等学校)を経て、 1927年(昭和2年)に東京帝国大学経済学部に入学しました。大学在学中には、新劇運動に参加し、1928年(昭和3年)には杉村春子や千田是也らとともに、新劇団「築地小劇場」を結成しました。 大学卒業後は、1931年(昭和6年)に東京朝日新聞社(現・朝日新聞社)に入社しました。社会部記者として活動し、1933年(昭和8年)には、関東大震災を題材とした戯曲「震災列車」を発表しました。 1934年(昭和9年)に退社し、劇作家として本格的に活動を開始しました。1937年(昭和12年)には、松竹蒲田撮影所に入社し、映画脚本の執筆を開始しました。同年、映画「浪人街」の脚本で、キネマ旬報ベスト・テン脚本賞を受賞しました。 1940年(昭和15年)に松竹を退社し、フリーの劇作家として活動しました。1941年(昭和16年)には、映画「望楼の決死隊」の脚本で、キネマ旬報ベスト・テン脚本賞を2度目受賞しました。 戦後は、映画脚本以外にも、戯曲、小説、ラジオドラマなど、幅広い分野で活躍しました。1949年(昭和24年)には、戯曲「火山灰地」で、芸術選奨文部大臣賞を受賞しました。 1969年(昭和44年)1月27日に死去しました。享年61歳でした。 野島青茲は、戦前戦後を通じて、日本の映画界と演劇界を代表する作家として活躍しました。その作品は、人間の内面に鋭く切り込んだ社会派の作品が多く、高い評価を受けています。
学術分野の人

「野村平爾」

-生い立ちと経歴- 野村平爾は、1877(明治10)年、兵庫県に生まれました。幼い頃から、頭脳明晰で、武芸にも優れていました。1901(明治34)年に、京都帝国大学の工学部を卒業し、その後、造船技師として、日本海軍省に入省しました。 海軍省に入省後、野村は、イギリスに留学し、造船技術を学びました。帰国後、呉海軍工廠で造船部長を務め、日本の軍艦建造に尽力しました。また、1914(大正3)年には、海軍技術研究所を創設し、海軍の技術開発を推進しました。 1923(大正12)年、野村は、海軍中将に昇進し、海軍省軍務局長に任命されました。軍務局長として、野村は、海軍の軍備拡張計画を立案し、実施しました。また、軍縮条約にも対応し、日本の海軍力を維持することに努めました。 1931(昭和6)年、野村は、海軍大将に昇進し、海軍大臣に任命されました。海軍大臣として、野村は、日中戦争の勃発を受け、海軍の増強を図りました。また、日独伊三国同盟にも調印し、日本の軍事力を強化しました。 1940(昭和15)年、野村は、駐米大使に任命されました。駐米大使として、野村は、日米関係の改善に努めましたが、日米交渉はうまくいかず、日本は真珠湾攻撃を決行することとなりました。 真珠湾攻撃後、野村は、駐米大使を解任され、帰国しました。帰国後、野村は、軍事参議官に任命され、日本の戦争指導に参与しました。しかし、1945(昭和20)年、日本は敗戦し、野村は、公職を追放されました。 1949(昭和24)年、野村は、公職追放を解除され、参議院議員に当選しました。参議院議員として、野村は、日本の再建に尽力しました。1953(昭和28)年には、文部大臣に任命され、日本の教育改革を推進しました。 野村は、1977(昭和52)年に、99歳で死去しました。野村は、日本の近代化に貢献した功績が認められ、死後、勲一等旭日大綬章が贈られました。
政治分野の人

野田卯一: 岐阜県出身の政治家

-# 大蔵省官僚から政治家へ 野田卯一氏は、1932年岐阜県出身の政治家です。 野田氏は、東京大学卒業後、大蔵省に入省し、主に税務畑を歩みました。1972年には、名古屋国税局長に就任し、1976年には、主税局参事官に就任しました。 その後、野田氏は、1979年に政界に転身し、第35回衆議院議員総選挙に岐阜1区から出馬し、初当選を果たしました。野田氏は、当選後は、自由民主党に入党し、党内では、竹下派に参加しました。 1982年には、中曽根内閣で、総理府総務長官に任命されました。野田氏は、総理府総務長官として、税制改革や行政改革に取り組みました。1984年には、第2次中曽根内閣で、大蔵政務次官に任命されました。 1986年には、野田氏は、第38回衆議院議員総選挙で、落選し、政界を引退しました。 野田氏は、大蔵省官僚として、税務畑を歩み、その後、政界に転身し、総理府総務長官や大蔵政務次官などの要職を歴任しました。
文学分野の人

野村其梅 – 江戸時代中期の俳人

- 野村其梅の生涯とその時代 野村其梅(1690~1747)は、江戸時代中期の俳人です。通称は「甚助」。俗称は「五左衛門」。「野村三代」の一人として知られています。江戸日本橋生まれ。号は煙霞庵・風来散人・翁亀・松萍堂など。 其梅の生家は、江戸の日本橋にあった材木商で、かなりの裕福な家庭でした。その為、其梅は、幼少期から俳諧をたしなみ、17歳の時に芭蕉に入門し、俳諧を学び始めました。 1716年に芭蕉が亡くなった後も、其梅は俳諧を続け、1727年に「野村三代」の一人として認められます。1739年には、江戸に「其和庵」を建て、俳諧の普及に努めました。 其梅は、芭蕉の俳諧を継承し、独自の俳風を確立しました。其梅の俳風は、芭蕉の写生主義を基本としつつも、より写実的な表現を心がけました。また、其梅は、俳諧に和歌の要素を取り入れ、新しい俳諧の表現を追求しました。 其梅は、俳諧の第一人者として、多くの弟子を育てました。其梅の弟子には、蕪村、一茶、小林一茶、など著名な俳人が多くいます。 其梅は、1747年に江戸で亡くなりました。享年59歳でした。其梅の墓は、東京都中央区の浄土宗浄土院にあります。 其梅の生涯は、俳諧の隆盛期であった江戸時代中期と重なります。この時代、俳諧は、庶民の間で広く親しまれ、多くの俳人が活躍しました。其梅も、この時代を代表する俳人の一人であり、その功績は大きく評価されています。
学術分野の人

「ノット」

-ノット- -略歴- ノット(knot)は、糸や紐を結び付ける方法のことです。用途に応じて様々なノットがあり、その数は数千種類に及ぶと言われています。ノットの起源は古く、石器時代にはすでに使用されていたと推定されています。また、古代エジプトの壁画にはノットが描かれており、当時のエジプト人がノットを使用していたことがわかります。 ノットは、生活のあらゆる場面で使用されています。例えば、漁師は網を編むためにノットを使用し、登山家はロープを結ぶためにノットを使用します。また、外科医は手術を行うためにノットを使用し、音楽家は楽器を演奏するためにノットを使用します。 ノットの種類には、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、ロープを結ぶために使用されるノットで、もう1つは、糸や紐を結ぶために使用されるノットです。ロープを結ぶために使用されるノットには、ボウラインノット、フィギュアエイトノット、スクエアノットなどがあります。糸や紐を結ぶために使用されるノットには、オーバーハンドノット、アンダーハンドノット、リーフノットなどがあります。 ノットは、日常生活を送る上で欠かせないものです。簡単なノットから複雑なノットまで、様々なノットを覚えることで、生活をより便利にすることができます。 -ノットの種類- ノットの種類は、用途に応じて様々です。代表的なノットをいくつか紹介します。 * ボウラインノット ロープを輪っか状に結ぶノットで、漁師や登山家がよく使用します。 * フィギュアエイトノット ロープの端を輪っか状に結ぶノットで、荷物を縛ったり、ロープを固定したりするのに使用されます。 * スクエアノット 2本のロープを結ぶノットで、荷物や木材を縛ったり、ロープを延長したりするのに使用されます。 * オーバーハンドノット 糸や紐の先を輪っか状に結ぶノットで、糸や紐を固定したり、結び目を一時的に作ったりするのに使用されます。 * アンダーハンドノット 糸や紐を2重に輪っか状に結ぶノットで、糸や紐の端を固定したり、結び目をしっかりと締めたりするのに使用されます。 * リーフノット 2本の糸や紐を結ぶノットで、糸や紐の端を結び付けたり、結び目を小さくしたりするのに使用されます。 -ノットの覚え方- ノットは、練習を重ねることで覚えることができます。ノットの覚え方には、様々な方法がありますが、ここでは代表的な方法を2つ紹介します。 * 本や雑誌を見て覚える ノットの覚え方の本や雑誌は、書店や図書館で入手することができます。本や雑誌を見ながら、ノットの結び方をステップバイステップで確認することで、ノットを覚えることができます。 * 動画を見て覚える ノットの結び方を解説した動画は、YouTubeなどの動画共有サイトで多数公開されています。動画を見ながら、ノットの結び方をステップバイステップで確認することで、ノットを覚えることができます。 -ノットの注意点- ノットを使用する際には、以下の点に注意が必要です。 * ノットは、正しく結ぶことが重要です。間違って結んだノットは、解けやすかったり、強度が弱かったりします。 * ノットは、定期的に点検する必要があります。使用しているノットが緩んでいたり、傷んでいたりする場合は、すぐに結び直してください。 * ノットは、用途に合わせて適切なものを選擇する必要があります。例えば、荷物を縛る場合は、荷物の重さに耐えられるノットを使用しなければなりません。 ノットは、日常生活を送る上で欠かせないものです。簡単なノットから複雑なノットまで、様々なノットを覚えることで、生活をより便利にすることができます。
文学分野の人

野口赫宙の生涯と作品

-野口赫宙の生い立ちと経歴- 野口赫宙は、1905年3月17日、千葉県銚子市に誕生しました。父親は、海軍軍医の野口進、母親は、のぶです。赫宙は、5人兄弟の3男として育ちました。 赫宙は、幼い頃から絵を描くことが好きで、小学校の頃から絵を描き始めました。1920年、銚子中学校を卒業後、東京美術学校(現在の東京藝術大学)彫刻科に入学しました。 1924年、東京美術学校を卒業後、彫刻家として活動を始めました。1929年、第1回独立展に出品し、入選を果たしました。その後、独立展に毎年出品を続け、1933年に独立展会員に推挙されました。 1935年、赫宙は、欧州に渡航し、フランス、イタリア、ドイツなどを巡りました。欧州では、西洋の彫刻を学び、多くの作品に触れました。 1937年、赫宙は、帰国し、東京美術学校彫刻科の助教授に就任しました。1940年、東京美術学校を退職し、彫刻家として専念しました。 1952年、赫宙は、第1回サンパウロ・ビエンナーレに出品し、大賞を受賞しました。その後、世界各地の展覧会に出品し、高い評価を受けました。 1978年、赫宙は、文化功労者に選ばれました。1988年、赫宙は、83歳で亡くなりました。 赫宙は、日本の彫刻界を代表する彫刻家の一人です。赫宙の作品は、力強くダイナミックな作風で知られており、多くの公共施設に設置されています。
文学分野の人

鳴門秘帖の主人公、法月弦之丞の魅力

-法月弦之丞とはどのような人物か?- 法月弦之丞は、山田風太郎の小説『忍法帖シリーズ』に登場する主人公です。表の顔は、貧乏旗本の次男で、浪人。裏の顔は、忍びの頭領である。 弦之丞は、生まれつき優れた身体能力と知能を持っています。幼い頃から、父の厳格な指導を受け、忍びの術を習得しました。また、剣術にも長けており、一刀流の使い手でもあります。 弦之丞は、正義感が強く、弱者を助けることに生きがいを感じています。どんな困難にも屈することなく、最後まで戦い抜く強さを持っています。また、頭がよく、機転が利くため、どんな状況でも切り抜けていきます。 しかし、弦之丞は、寡黙で口下手な性格のため、周囲の人間とはあまり打ち解けません。そのため、孤独な一面を持っています。また、自分の信念を貫くあまり、頑固で融通がきかないところがあります。 弦之丞は、忍びとして卓越した能力を持ちながらも、人間味あふれる魅力的な人物です。彼の活躍する『忍法帖シリーズ』は、時代小説ファンのみならず、多くの人々に愛されています。
文学分野の人

野間宏(1915-1991)

-野間宏の生涯と経歴- 野間宏は、1915年(大正4年)1月4日に北海道函館市に生まれた。旧制函館中学(現・北海道函館中部高等学校)を卒業後、1933年(昭和8年)に上京し、早稲田大学文学部英文科に入学した。在学中は、マルクス主義に傾倒し、学生運動に参加していた。 1936年(昭和11年)に早稲田大学を卒業後、野間宏は同人誌「ナップ」に参加し、文筆活動を開始した。1938年(昭和13年)に発表した短編小説「顔のない三人の男たち」で芥川賞を受賞し、文壇にデビューを果たした。 1941年(昭和16年)に召集され、太平洋戦争に出征した。戦後、1946年(昭和21年)に復員し、文筆活動を再開した。1948年(昭和23年)に発表した長編小説「青年の環」がベストセラーとなり、作家としての地位を確立した。 その後、野間宏は、「暗い絵」「掏摸」「風の中の子供」「真昼の暗黒」「叛乱」「赤い鳥」など多くの作品を発表し、日本の近代文学を代表する作家の一人となった。また、1966年(昭和41年)から1971年(昭和46年)まで、早稲田大学文学部教授を務めた。 野間宏は、1991年(平成3年)7月2日に東京都で亡くなった。享年76歳。 野間宏は、その作品を通して、戦争の悲惨さや人間の疎外を描き出し、社会に対する批判を続けた。また、その文体は、重厚で渋い文体で知られており、多くの読者を魅了した。 野間宏は、日本の近代文学を代表する作家の一人であり、その作品は現在でも多くの読者に親しまれている。
経済分野の人

乗竹孝太郎 – 明治時代の経済評論家

乗竹孝太郎の生涯 乗竹孝太郎は、1839年(天保10年)に江戸で生まれた。父は旗本で、幕臣として仕えていた。孝太郎は幼い頃から学問に秀で、17歳の時に藩校の教授となった。その後、イギリスに留学し、経済学を学んだ。帰国後は、幕府の翻訳局に勤務し、欧米の経済書を翻訳した。 また、新聞や雑誌に経済に関する記事を寄稿し、明治維新後は、政府の経済顧問として、殖産興業政策の立案に携わった。孝太郎は、自由貿易を主張し、日本の近代化に貢献した。 孝太郎は、1910年(明治43年)に71歳で亡くなった。 孝太郎は、日本の経済学の草分け的存在であり、近代日本の経済発展に大きな影響を与えた。孝太郎の著作は、現在でも経済学の研究者によって広く読まれている。
文学分野の人

野村清:昭和・平成時代の歌人

-北原白秋に師事し、「多磨」同人として活躍- 野村清は、幼少期から短歌に興味を持ち、1917年に北原白秋に師事しました。白秋の指導を受けながら、歌誌「多磨」に投稿し、同人の一人として活躍しました。 「多磨」は、1912年に創刊された歌誌で、白秋が主宰を務めていました。白秋は、「多磨」を単なる歌誌ではなく、歌壇の新しい潮流を創出するための拠点と位置付けていました。野村清は、「多磨」同人として、白秋の新風を受けることで、歌人として大きく成長しました。 野村清は、「多磨」に投稿した作品の中で、特に「抒情小曲」と呼ばれる短歌を得意としました。「抒情小曲」とは、短歌の中で叙情性を重視し、情景や心情を繊細に表現した歌のことを言います。野村清の「抒情小曲」は、清新で抒情的な作風で、多くの読者から支持されました。 1922年、野村清は第一歌集『甃の上』を刊行しました。この歌集は、白秋からの序文が付され、歌壇から高い評価を受けました。野村清は、この歌集で、歌人として確固たる地位を築きました。 その後、野村清は、歌誌「多磨」の編集長を務めたり、歌集を刊行したりするなど、歌人として活躍を続けました。また、歌壇の重鎮として、多くの歌人を指導し、歌壇の発展に貢献しました。 野村清は、1978年に亡くなりましたが、その作品は現在も多くの読者に愛され続けています。野村清の短歌は、清新で抒情的な作風で、読者の心に深い印象を残します。
学術分野の人

野本謙作について

- 野本謙作の生涯 野本謙作は、明治43年(1910年)10月17日に、長野県南佐久郡野沢町(現・佐久市野沢)に生まれました。彼は、日本の物理学者であり、東京大学教授を務めました。素粒子物理学の分野で活躍し、1955年に、中性子による光子の散乱の研究により、ノーベル物理学賞を受賞しました。 野本謙作は、東京帝国大学理学部物理学科を卒業した後、東京大学大学院に進学しました。1938年には、東京大学助教授に就任し、1945年には、東京大学教授に昇進しました。1955年に、ノーベル物理学賞を受賞した後、1971年に東京大学を退官しました。 野本謙作は、1982年12月14日に、東京都文京区の自宅で死去しました。72歳でした。彼の死により、日本国内だけでなく、世界中の物理学界が大きな損失を被りました。 野本謙作は、素粒子物理学の分野で多くの重要な業績を残しました。中性子による光子の散乱の研究に加えて、素粒子の相互作用や、宇宙線に関する研究にも貢献しました。彼は、日本を代表する物理学者の一人として、世界中から高い評価を受けていました。
歴史上の人物

野尻維則:幕末の武士と教育者

-肥後熊本藩の郷士、尊攘運動に参加- 野尻維則は、肥後熊本藩の郷士として生まれました。彼は幼い頃から学問を好み、12歳のときに熊本藩の藩校である時習館に入学しました。時習館では、儒学や兵学を学び、頭角を現しました。 18歳になると、維則は江戸に出て、漢学を学びました。江戸での4年間で、彼は尊攘運動に共鳴し、攘夷思想を強く抱くようになりました。 1853年にペリーが来航すると、維則は熊本藩に戻り、藩の軍備強化を訴えました。藩は維則の訴えを受け入れ、西洋式軍制を導入するなど、軍備を強化しました。 1858年に、維則は藩の命を受けて、江戸に出張しました。江戸では、攘夷派の志士たちと交流し、尊攘運動を盛り上げました。 1860年に、維則は帰藩し、藩の軍備をさらに強化しました。しかし、1862年に薩摩藩がイギリス艦を砲撃した下関事件が起きると、維則は藩の対応を批判し、藩を追放されました。 藩を追放された維則は、江戸に潜伏しました。江戸では、尊攘運動の志士たちと連絡を取り合い、運動を支援しました。 1863年に、維則は薩摩藩の西郷隆盛と会見しました。維則は西郷に、熊本藩が倒幕に協力することを約束しました。 1866年に、薩摩藩と長州藩が倒幕のために同盟を結びました。維則は、薩長同盟に熊本藩を加盟させるために奔走しました。 1868年に、戊辰戦争が勃発しました。維則は、熊本藩の軍勢を率いて、奥羽列藩同盟と戦いました。 戊辰戦争後、維則は熊本藩に戻り、藩の復興に努めました。1871年に、维则は熊本藩の藩知事になりました。 藩知事として维则は、学制の発布を受けて、熊本藩に学校を設立しました。また、维则は、藩士の身分を廃止し、藩政を近代化しました。 1873年に、维则は藩知事を辞任しました。辞任後は、東京で教育活動に専念しました。 1890年に、维则は72歳で亡くなりました。维则は、幕末の動乱期に活躍した武士であり、教育者でした。彼は、日本の近代化に貢献した人物の一人です。
文学分野の人

乃南アサ:小説家の魅力と作品

-乃南アサの生い立ちと作家活動- 乃南アサは、1961年1月13日、東京都に生まれました。成城大学法学部卒業後、出版社に勤務しました。出版社勤務中に、小説を書き始め、1985年に『風葬の町』で作家デビューを果たしました。 乃南アサの作品は、緻密な取材と綿密な構成が特徴です。社会問題や歴史を題材にした作品が多く、その作品は映画化やドラマ化されることもあります。代表作には、『凍える牙』『赤い月』『八日目の蝉』などがあります。 乃南アサは、社会問題や歴史を題材にした作品で、読者に問題意識を持たせる作品を多く書いています。その作品は、映画化やドラマ化されることもあります。乃南アサの作品は、社会問題や歴史を題材にした作品で、読者に問題意識を持たせる作品を多く書いています。その作品は、映画化やドラマ化されることもあります。 乃南アサは、2008年に『八日目の蝉』で直木賞を受賞しました。2014年には、紫綬褒章を受章しました。 乃南アサは、社会派推理小説作家として高い評価を受けています。その作品は、緻密な取材と綿密な構成が特徴で、読者に問題意識を持たせる作品を多く書いています。
学術分野の人

能田多代子 – 日本の民俗学のパイオニア

-柳田国男に学び、民俗学研究の草分けに- 能田多代子は、日本の民俗学のパイオニアであり、柳田国男に師事して民俗学の研究に携わりました。1894年に岡山県に生まれ、1917年に東京女子高等師範学校を卒業後、柳田国男が主宰する「郷土研究会」に参加しました。1923年に柳田国男が創設した「日本民俗学会」の創立メンバーとなり、民俗学の研究に本格的に取り組むようになりました。 能田多代子は、民俗学の研究において柳田国男の方法論を継承し、民俗資料の収集と分析に力を入れました。また、民俗学の研究対象を生活文化全般に広げ、民俗芸能や民俗信仰、民俗医療など幅広い分野を研究しました。能田多代子の民俗学研究は、民俗学の発展に大きく貢献し、民俗学の草分けとして知られています。 能田多代子は、民俗学の研究だけでなく、民俗文化の保存と継承にも積極的な役割を果たしました。1934年に「日本郷土民謡協会」を設立し、日本各地の民謡の収集と保存に取り組みました。また、1951年に「日本民俗資料館」を設立し、民俗資料の収集と展示を行い、民俗文化の普及に努めました。 能田多代子は、1981年に87歳で亡くなりました。民俗学の研究と民俗文化の保存と継承に尽力した功績は高く評価されており、1984年に勲三等瑞宝章が贈られました。
芸能分野の人

– 野村万作(2代)

-能楽師狂言方として活躍- 野村万作(2代)は、能楽師狂言方として活躍しました。彼は、1938年に東京都に生まれ、1957年に野村万蔵(2代)に師事しました。1963年に初舞台を踏み、1980年に二世野村万作を襲名しました。芸風は、野村万蔵(2代)から受け継いだ古典狂言を基本としつつも、新しい演出や台本を取り入れたり、現代的な題材を取り入れたりして、狂言の新しい可能性を切り拓きました。 野村万作(2代)は、狂言の公演だけでなく、映画やテレビにも出演し、狂言の普及に努めました。また、能楽協会理事や野村万作記念狂言会会長などを歴任し、能楽界の発展に貢献しました。2001年に文化功労者、2010年に人間国宝に認定されました。 野村万作(2代)は、2018年に80歳で亡くなりましたが、彼の芸は、野村万作(3代)ら弟子たちによって受け継がれています。また、彼の作品は、DVDやCDなどで販売されており、多くの人々に親しまれています。 野村万作(2代)は、狂言界の巨匠であり、彼の芸は今も多くの人々に愛されています。彼は、狂言の新しい可能性を切り拓き、能楽界の発展に貢献した偉大な芸術家でした。
経済分野の人

野々村一雄:経済学者でソ連経済の研究者

-満鉄調査部での仕事- 野々村一雄は、1934年に満鉄調査部に就職しました。満鉄調査部は、満州の経済状況を調査・研究することを目的とした機関であり、野々村はソ連経済の研究を担当しました。野々村は、ソ連経済の研究において、ソ連の統計資料を駆使して、ソ連の経済規模や経済成長率を推定し、ソ連の経済政策を分析しました。野々村の研究は、ソ連の経済に関する貴重な情報を提供し、満鉄や日本の政府がソ連と経済交渉を行う際に役立ちました。 -満鉄事件への関与- 1937年、野々村一雄は、満鉄事件に巻き込まれました。満鉄事件とは、満鉄の調査部がソ連のスパイ組織と通じていたとして、日本の憲兵隊が満鉄の調査部を摘発した事件です。野々村は、満鉄調査部のソ連経済研究室長であり、ソ連のスパイ組織と通じていたとして逮捕されました。野々村は、憲兵隊の厳しい取り調べを受けましたが、ソ連のスパイ組織と通じていたという容疑を否認し続けました。しかし、野々村は、1939年に懲役10年の判決を受け、服役することになりました。 野々村は、満鉄事件に巻き込まれたことで、経済学者としてのキャリアを断たれることになりました。しかし、野々村は、服役中にソ連経済の研究を続け、ソ連の経済政策や経済成長について多くの論文を発表しました。野々村の研究は、戦後の日本のソ連経済研究に大きな影響を与えました。
文学分野の人

野島秀勝:日本の文学風景を形作った評論家

-「故郷」と「誠実」への探求- 野島秀勝の文学論の根幹にあるのは、「故郷」と「誠実」という二つのキーワードです。野島は、故郷を「自分の生まれ育った土地であり、また、自分が帰るべき場所」であり、「誠実」は「嘘をつかないこと、ごまかさないこと、裏切らないこと」であると定義しています。 野島は、故郷と誠実さは、文学にとって不可欠な要素であると考えています。故郷は、文学者に作品を書くための素材を提供し、誠実さは、文学者に作品を書くための姿勢を与えるからです。 野島は、故郷をテーマにした作品を数多く書いています。その中でも特に有名なのは、「故郷」という短編小説です。この作品は、故郷を離れて東京で暮らす一人の男が、故郷に帰省する話です。男は、故郷でかつての友人や恩師と出会い、故郷の風景や風習にふれることで、故郷の大切さを再認識するようになります。 野島は、この作品の中で、故郷は「人間の原点」であり、「人間にとって最も大切な場所」であると述べています。そして、故郷を大切にすることは、「人間として生きる」ことであると主張しています。 野島は、誠実さをテーマにした作品も数多く書いています。その中でも特に有名なのは、「誠実」というエッセイです。この作品の中で、野島は、誠実さは「人間にとって最も大切な徳」であると述べています。そして、誠実であるためには、「嘘をつかないこと」「ごまかさないこと」「裏切らないこと」が大切であると主張しています。 野島は、この作品の中で、誠実さは「人間関係の基礎」であり、「人間社会を支える土台」であると述べています。そして、誠実であることは、「人間として生きる」ことであると主張しています。 野島の故郷と誠実さを求める姿勢は、彼の文学作品に大きな影響を与えています。野島の作品は、故郷を舞台にしたものが多く、その作品には、故郷の風景や風習が生き生きと描かれています。また、野島の作品には、誠実な人物が登場することが多く、その人物たちは、読者に感動を与えてくれます。 野島の作品は、現代社会に生きる人々にとって、故郷と誠実さの大切さを思い出させる貴重な作品です。
学術分野の人

野田金次郎

-野田金次郎生涯- -幼少期- 野田金次郎は、1782年(天明2年)3月24日、美濃国大野郡上石津村(現在の岐阜県加茂郡坂祝町)に、農民の家に生まれた。幼名は金作。金次郎は、幼い頃から貧しく、8歳の時に父を亡くし、母と妹2人の4人暮らしとなった。 -少年期- 金次郎は、貧しいながら、読書と勉強を好み、寺子屋に通って学問を修めた。15歳の時、母を亡くし、妹2人を連れて、名古屋に住む姉の家に身を寄せた。名古屋では、寺子屋に通いながら、呉服屋で奉公をした。 -青年期- 19歳の時、金次郎は名古屋を離れ、江戸に出て、日本橋の呉服屋に奉公した。江戸では、寺子屋に通いながら、奉公先に近い人形町の回向院の夜学に通って学問を修めた。 -壮年期- 27歳の時、金次郎は奉公先を辞めて、独立して呉服屋を開業した。呉服屋は繁盛し、金次郎は財を成した。しかし、金次郎は財産を独り占めすることなく、社会に還元することを考えた。 -晩年- 53歳の時、金次郎は呉服屋を閉じて、郷里の美濃国大野郡上石津村に戻った。村では、私財を投じて、学校や図書館を建設し、貧しい人々を救済した。金次郎は、1858年(安政5年)11月22日、77歳で死去した。 -金次郎の功績- 金次郎は、貧しいながらも、学問を修め、財を成した。そして、財産を独り占めすることなく、社会に還元した。金次郎の功績は、後世の人々に大きな影響を与えた。金次郎は、日本の偉人として、現在でも多くの人々に尊敬されている。
歴史上の人物

野口坤之-明治・大正時代の軍人

野口坤之-明治・大正時代の軍人 野口坤之の生い立ちと経歴 野口坤之は、1870年(明治3年)に、現在の福島県会津若松市に生まれた。父親は会津藩士で、戊辰戦争では新政府軍と戦った。野口坤之は、幼い頃から厳格な家庭で育てられ、武道を習い、勉学に励んだ。 1885年(明治18年)、野口坤之は、陸軍士官学校に入学した。陸軍士官学校では、優秀な成績を収め、1887年(明治20年)に卒業した。卒業後は、近衛歩兵第1連隊に配属された。 日清戦争では、野口坤之は、近衛歩兵第1連隊の一員として、清国軍と戦った。野口坤之は、戦功を立て、1895年(明治28年)に、少佐に昇進した。 日露戦争では、野口坤之は、第1軍の参謀として、ロシア軍と戦った。野口坤之は、戦功を立て、1905年(明治38年)に、中佐に昇進した。 1914年(大正3年)、野口坤之は、少将に昇進した。その後、歩兵第36旅団長、第16師団長などを歴任した。1919年(大正8年)、野口坤之は、中将に昇進した。 1923年(大正12年)、野口坤之は、朝鮮総督府軍司令官に就任した。朝鮮総督府軍司令官としては、治安維持に努めた。1927年(昭和2年)、野口坤之は、大将に昇進した。 1929年(昭和4年)、野口坤之は、予備役に編入された。予備役に編入された後は、軍事評論家として活躍した。1943年(昭和18年)、野口坤之は、73歳で死去した。
学術分野の人

– 「野崎一」(有機金属化合物を研究した化学者)

-野崎一の略歴- 野崎一は、1932年6月27日に東京都に生まれた。東京大学理学部化学科を卒業後、同大学院に進学。1959年に博士号を取得した。その後、東京大学教養学部講師、助教授を経て、1975年に教授に就任。2003年に退職するまで、同大学で有機金属化合物の研究に従事した。 野崎一は、有機金属化合物の分野で多くの成果をあげ、世界的な権威として知られている。特に、有機リチウム化合物を用いた有機合成法の開発に貢献し、この分野の基礎を築いた。また、有機金属化合物の反応機構の解明にも大きく貢献した。 野崎一は、その業績が評価され、多くの賞を受賞している。主な受賞歴は以下の通りである。 * 有機合成化学賞(1969年) * 化学功績賞(1977年) * 日本学士院賞(1986年) * 文化勲章(2003年) 野崎一は、2015年12月26日に死去した。享年83歳。
政治分野の人

野中清 – 明治・大正時代の官僚

-野中清の生涯- 野中清は、1849年(嘉永2年)に熊本県で生まれました。1871年(明治4年)に大学南校(現在の東京大学)に入学し、1874年(明治7年)に卒業しました。卒業後は内務省に入省し、1879年(明治12年)には郡長に任命されました。その後、1883年(明治16年)に栃木県知事、1885年(明治18年)に福岡県知事、1886年(明治19年)に長崎県知事などを歴任しました。 1890年(明治23年)に内務次官に任命され、1891年(明治24年)には文部大臣に任命されました。1892年(明治25年)には農商務大臣に任命され、1894年(明治27年)には内務大臣に任命されました。1896年(明治29年)には第4代内閣総理大臣に就任し、1898年(明治31年)まで務めました。 野中清は、内務大臣・総理大臣在任中に日清戦争勃発を受け、戦時体制の確立や戦後の処理などに当たりました。また、教育制度の改革や産業振興政策にも取り組みました。 1898年(明治31年)に総理大臣を辞任した後、1900年(明治33年)に貴族院議員に任命されました。1901年(明治34年)に死去しました。