「ぬ」で始まる名前

学術分野の人

沼野充義:ロシア・東欧文学研究の第一人者

沼野充義の生い立ちと経歴 沼野充義は、1936年9月15日に、日本の北海道で生まれた。彼は、ロシアと東欧の文学と文化を研究する学者であり、日本のロシア・東欧文学研究の第一人者である。 沼野は、北海道大学でロシア語を学び、1960年に卒業した。その後、彼はモスクワ大学でロシア文学を学び、1963年に修士号を取得した。帰国後、彼は北海道大学で教鞭をとり、1973年に教授に昇進した。 沼野は、ロシア・東欧文学の研究において、多くの業績を残した。彼の著書には、「ロシア文学史」(1975年)、「ドストエフスキー論」(1980年)、「チェーホフ論」(1985年)、「トルストイ論」(1990年)などがある。また、彼は、多くのロシア・東欧文学者の論文を翻訳し、日本のロシア・東欧文学研究の発展に貢献した。 沼野は、1997年に北海道大学を退職したが、その後も研究活動を続けた。彼は、2001年に「ロシア文学の精神史」(2001年)、「ロシア・東欧文学事典」(2003年)を出版し、ロシア・東欧文学研究に大きな足跡を残した。 沼野は、2016年9月15日に、80歳で亡くなった。彼は、ロシア・東欧文学研究の第一人者として、日本のロシア・東欧文学研究の発展に貢献した。
歴史上の人物

沼河姫命 – 古事記に伝わる越の国の大地神

- 沼河姫命 - 古事記に伝わる越の国の大地神 -# 沼河姫命とは 沼河姫命 (ぬかわひめのみこと) は、古事記に登場する神で、越の国の大地神とされます。別名「沼河耳命」、「渟河耳命」、「渟河姫命」、「渟河耳」、「沼河耳」などとも呼ばれています。 沼河姫命は、須佐之男命と八塩折之八百比咩命の間に生まれた娘神とされます。須佐之男命が八岐大蛇を退治した後に、八塩折之八百比咩命と結婚し、多くの子どもをもうけます。沼河姫命はその1人であり、越の国を治めたとされます。 越の国は、現在の新潟県と富山県にまたがる地域とされ、古代には独自の文化を発展させていたといわれています。沼河姫命は、越の国の人々に崇拝され、その子孫は代々越の国を統治したとされます。 沼河姫命は、大地神として、農作物の豊作や五穀豊穣を祈願される神でもあります。越の国は、稲作を中心とした農業が盛んな地域であり、沼河姫命は人々の生活に欠かせない神として信仰されていました。 また、沼河姫命は、安産の神としても信仰されています。越の国は、女性が強い地域とされ、沼河姫命は女性を守護する神として崇拝されていました。安産祈願や子宝祈願のために、沼河姫命を祀る神社に参拝する人も多くいたとされます。 沼河姫命は、越の国の大地神として、人々に崇拝された神です。農作物の豊作や五穀豊穣、安産などを祈願するために、沼河姫命を祀る神社に参拝する人も多くいました。
学術分野の人

「沼本克明」

- 沼本克明の生涯 沼本克明は、1947年9月1日に北海道根室市に生まれた。北海道大学理学部生物学科を卒業後、1973年に北海道大学大学院理学研究科博士課程に進学した。1977年に同大学院を修了し、理学博士号を取得した。 沼本克明は、その後、北海道大学理学部生物学科の助手として研究を続けた。1981年に助教授に昇進し、1989年に教授に昇進した。2008年に北海道大学を退職し、北海道東海大学教授に就任した。 沼本克明は、主に、動物の行動生態学を研究した。特に、ハチの社会性行動の研究に重点を置いた。ハチの社会性行動は、非常に複雑で高度であり、沼本克明は、その行動を詳細に観察し、その仕組みを解明した。 沼本克明の研究は、ハチの社会性行動の理解に大きく貢献した。また、彼の研究は、人間の社会行動の理解にも役立つものとして評価されている。 沼本克明は、2022年9月1日に75歳で亡くなった。彼の死は、動物行動生態学の分野に大きな損失をもたらした。
政治分野の人

縫田曄子 – 日本女性初の解説委員

-NHKで報道記者として活躍- 縫田曄子は、1951年にNHKに入局し、報道記者として活躍しました。当時、NHKには女性記者がほとんどおらず、縫田曄子は数少ない女性の記者の一人でした。 縫田曄子は、主に社会問題や女性問題を扱う報道番組を担当し、鋭い取材と歯に衣着せぬ発言で注目を集めました。また、1964年の東京オリンピックでは、オリンピックの取材を担当し、その活躍が評価されました。 1972年、縫田曄子はNHKを退職しましたが、その後もフリージャーナリストとして活躍し、テレビや新聞で評論やコラムを執筆しました。また、講演活動も行い、女性の社会進出やジェンダー平等について発信を続けました。 縫田曄子は、日本初の女性解説委員として、日本のジャーナリズム界に大きな足跡を残した人物です。彼女の活躍は、後の女性記者の活躍の道を開き、日本のジャーナリズム界の多様化に貢献しました。 縫田曄子は、2018年に96歳で亡くなりましたが、彼女の功績は今もなお高く評価されています。
歴史上の人物

沼田景義 – 戦国-織豊時代の武将

戦国時代の動乱の中で生きた武将 沼田景義は、戦国-織豊時代の武将です。越後国(現在の新潟県)に生まれ、上杉謙信、織田信長、豊臣秀吉に仕えました。沼田景義は、上杉謙信の重臣として、川中島の戦いなど多くの戦いで活躍しました。また、織田信長の家臣として、本能寺の変に参陣し、明智光秀を討ちました。さらに、豊臣秀吉の家臣として、九州征伐や小田原征伐に参加し、功績を上げました。沼田景義は、戦国-織豊時代の武将として、数多くの戦いで活躍し、功績を上げました。 沼田景義は、越後国加治川城の城主であり、上杉謙信の重臣でした。沼田景義は、川中島の戦いなど多くの戦いで活躍し、上杉謙信の勝利に貢献しました。また、沼田景義は、上杉謙信の死後、上杉景勝を支え、織田信長と戦うなど、上杉氏の家臣として忠実に仕えました。 沼田景義は、織田信長の家臣としても活躍しました。本能寺の変では、明智光秀を討ち、織田信長の嫡男である織田信忠を救出しました。また、沼田景義は、佐久間信盛の謀反を鎮圧するなど、織田信長の家臣として数々の功績を上げました。 沼田景義は、豊臣秀吉の家臣としても活躍しました。九州征伐では、島津義久を降伏させるなど、豊臣秀吉の勝利に貢献しました。また、沼田景義は、小田原征伐にも参加し、功績を上げました。沼田景義は、戦国-織豊時代の武将として、数多くの戦いで活躍し、功績を上げました。 沼田景義は、その武勇や功績から、戦国-織豊時代を代表する武将の一人として知られています。沼田景義の生涯は、戦国-織豊時代の武将の生き様を垣間見ることができます。
美術分野の人

浮世絵師・沼田月斎の生涯と作品

沼田月斎の生い立ちと修業時代 沼田月斎(1789-1867)は、江戸時代後期の浮世絵師です。歌川派を始祖とする浮世絵師・歌川豊国(1769-1825)の門人であり、北斎、広重と並んで歌川派の三羽烏と称されました。月斎は、美人画、役者絵、風景画など幅広いジャンルで活躍し、その作品はユーモアに溢れ、庶民の生活を生き生きと描いたことで知られています。 月斎は、1789年に江戸に生まれました。幼少期は貧しく、町人を相手に似顔絵を描いて生計を立てていました。16歳の時に、浮世絵師・歌川豊国に入門し、絵を学び始めました。豊国の門下生時代には、歌川国芳や歌川国貞など、後に浮世絵の世界で活躍する多くの絵師たちと親交を深めました。 月斎は、豊国の門下生として、浮世絵の伝統的な技法を学びました。また、歌川派の他の絵師たちと交流することで、新しい表現方法を模索しました。月斎は、様々な題材の作品を描き、その作品は庶民の間で広く親しまれました。 月斎は、1818年に独立し、浮世絵師として活動を始めました。月斎は、美人画、役者絵、風景画など幅広いジャンルで作品を描き、その作品は庶民の間で広く親しまれました。月斎は、1867年に亡くなりましたが、その作品は今日でも多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

額田照通 – 絵が上手な武士

額田照通の生涯 額田照通は、1495年に河内国石川郡に生まれました。父は額田豊通、母は不詳です。照通は幼少の頃から絵の才能を発揮し、15歳で京都に上って狩野元信に師事しました。狩野派の画風を学び、やがて優れた絵師となりました。 1521年、照通は将軍足利義晴に召し出されて御用絵師となりました。足利義晴は照通の絵を大変気に入っており、数多くの作品を依頼しました。照通は足利義晴のために、屏風や障壁画、肖像画などを制作しました。 1543年、照通は足利義晴に従って京都を追われ、備中国に逃れました。備中国では、吉川元春に仕えて多くの作品を制作しました。吉川元春は照通の絵を大変気に入り、照通を厚遇しました。 1553年、照通は備中国で亡くなりました。享年58歳でした。照通は、狩野派の画風を継承し、多くの優れた作品を残しました。照通の作品は、現在も各地の美術館で展示されています。 照通は、絵画の才能だけでなく、和歌や連歌にも優れていました。また、茶道や香道にも通じており、文化人としても活躍しました。照通は、戦乱の世にあって、芸術と文化を愛した武士でした。
文学分野の人

 沼波瓊音(1877-1927)

沼波瓊音の生涯 沼波瓊音は、1877年(明治10年)に東京府に生まれた。父は、沼波尚信で、母は、沼波弓子である。沼波瓊音は、幼い頃から聡明で、5歳で小学校に入学し、12歳で高等小学校を卒業した。その後、第一高等学校に進学し、17歳で東京帝国大学に入学した。沼波瓊音は、東京帝国大学では、哲学を専攻し、1904年(明治37年)に卒業した。 沼波瓊音は、東京帝国大学卒業後、第一高等学校の教授に就任し、1907年(明治40年)に、東京帝国大学の助教授に就任した。沼波瓊音は、東京帝国大学助教授として、西洋哲学の研究に没頭し、多くの論文を発表した。沼波瓊音の論文は、その斬新な視点と鋭い分析で、学界に大きな影響を与えた。 沼波瓊音は、1915年(大正4年)に、東京帝国大学の教授に就任した。沼波瓊音は、東京帝国大学教授として、西洋哲学の講義を行い、多くの学生を育てた。沼波瓊音の講義は、その明晰な語り口と深い洞察力で、学生たちに大きな影響を与えた。 沼波瓊音は、1927年(昭和2年)に、49歳で死去した。沼波瓊音は、その短い生涯で、西洋哲学の発展に大きな貢献をした。沼波瓊音は、日本の哲学者の先駆者の一人であり、その業績は今日でも高く評価されている。
学術分野の人

沼田頼輔:明治-昭和時代前期の歴史学者

沼田頼輔の生涯と業績 沼田頼輔は、1868年(慶応4年)に江戸の麻布に生まれました。父は沼田頼三、母は福島操子です。頼輔は、幼い頃から聡明で、勉学に励みました。1887年(明治20年)に東京大学文学部に入学し、歴史学を専攻しました。在学中は、坪井九馬三、白鳥庫吉、星野恒、井上哲次郎らに師事し、歴史学の基礎を学びました。 1891年(明治24年)に東京大学を卒業後、頼輔は、東京高等師範学校(現・筑波大学)の助教授に就任しました。1901年(明治34年)には、同校の教授に昇進し、1906年(明治39年)には、東京帝国大学(現・東京大学)の教授に就任しました。東京帝国大学では、日本史を担当し、多くの学生を指導しました。 頼輔は、1919年(大正8年)に東京帝国大学の総長に就任しました。総長在任中は、大学の改革に尽力し、研究環境の整備や学生の自治活動の推進などに努めました。1923年(大正12年)には、関東大震災が発生し、東京帝国大学も大きな被害を受けました。頼輔は、震災後の復興に尽力し、大学の再建に成功しました。 頼輔は、1929年(昭和4年)に東京帝国大学を総長を退任しました。退任後は、引き続き研究活動を行い、多くの著作を発表しました。1942年(昭和17年)に死去するまで、歴史学の発展に尽力しました。 沼田頼輔は、明治-昭和時代前期を代表する歴史学者の一人として知られています。頼輔は、日本史の研究に力を入れ、日本の歴史を体系的に研究しました。また、頼輔は、歴史教育にも尽力し、多くの教科書を執筆しました。頼輔の研究と教育は、日本の歴史学の発展に大きな貢献を果たしました。
学術分野の人

沼知福三郎 – 昭和時代の機械工学者

沼知福三郎の生い立ちと経歴 沼知福三郎は、1891年(明治24年)に北海道函館市に生まれました。父は沼知福太郎、母は沼知ちよです。福三郎は、5人兄弟の長男として育ちました。 福三郎は、幼い頃から機械に興味を持っていました。小学校を卒業後、北海道庁立工業学校に入学しました。同校を卒業後、東京帝国大学工学部機械工学科に入学しました。 東京帝国大学を卒業後、福三郎は、東京砲兵工廠に就職しました。同工場で、福三郎は、砲弾の開発に携わりました。 1923年(大正12年)、福三郎は、東京帝国大学工学部機械工学科の助手となりました。その後、同大学助教授、教授に昇進しました。 福三郎は、機械工学の分野で、多くの業績を残しました。特に、金属疲労に関する研究は高く評価されています。 福三郎は、1962年(昭和37年)に東京大学を退職しました。その後、福三郎は、日本機械学会会長、日本工学会会長を歴任しました。 福三郎は、1976年(昭和51年)に85歳で亡くなりました。
美術分野の人

沼津乗天について

-浮世絵師- 沼津乗天は、江戸時代の浮世絵師です。歌麿や北斎、広重と並ぶ浮世絵界の巨匠として知られています。乗天の絵は、優美で繊細な筆使いと鮮やかな色彩が特徴で、当時の人々に広く愛されました。 乗天は、天保5年(1834年)に駿河国沼津(現在の静岡県沼津市)に生まれました。本名は、斎藤重兵衛といい、幼名は吉三郎でした。浮世絵師としての修業は、歌麿門下で始めました。歌麿から絵の基礎を学び、浮世絵の技法を習得しました。 乗天は、歌麿の死後、北斎や広重と交流を深め、浮世絵の新しい表現の可能性を探求しました。乗天の絵は、歌麿の優美な筆使いと北斎のダイナミックな構図、広重の抒情的な色彩を融合させた独自の画風を確立しました。 乗天の作品は、美人画、風景画、役者絵などさまざまなジャンルにわたります。特に、美人画は乗天の代表作として知られています。乗天の美人画は、花魁や遊女を題材としたものが多く、その優雅な姿や華やかな衣装が人々に人気を博しました。 乗天は、慶応4年(1868年)に35歳の若さで亡くなりました。しかし、乗天が残した作品は、現在でも多くの人々に愛され続けています。乗天の絵は、浮世絵の傑作として、美術館や博物館に所蔵されています。
美術分野の人

沼波弄山 – 万古焼の始祖

-# 沼波弄山の生涯 沼波弄山は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての陶工です。万古焼の始祖として知られており、その功績は非常に大きいです。 弄山は、天正2年(1574年)、現在の三重県四日市市楠町に生まれました。幼い頃から陶芸に興味を持ち、15歳のときには、当時四日市で最も有名な陶工であった坂井平右衛門に弟子入りしました。平右衛門のもとで、弄山は陶芸の基礎を学び、やがては平右衛門の跡を継いで工房の主人となりました。 弄山は、平右衛門から受け継いだ技術をさらに発展させ、独自の作風を確立しました。弄山は、特に茶器を得意としており、その茶器は、現在でも多くの茶人に愛好されています。 弄山の作風は、朝鮮陶磁の影響を強く受けており、特に李朝の陶磁器を好んで模倣していました。弄山は、李朝の陶磁器の美しさに魅了され、その技術を積極的に取り入れました。 弄山の功績は、万古焼の始祖として知られていますが、それ以外にも、多くの功績を残しています。弄山は、茶器の他にも、花瓶や香炉など、さまざまな陶磁器を制作しました。また、弄山は、陶芸の技術を弟子たちに教え、陶芸界の発展に貢献しました。 弄山は、寛永18年(1641年)、68歳で亡くなりました。弄山の死後、その遺志は弟子たちが受け継ぎ、万古焼はさらに発展していきました。万古焼は、現在でも四日市の特産品として知られており、多くの陶芸家によって制作されています。 沼波弄山は、万古焼の始祖として、その功績を称えられています。弄山の作品は、現在でも多くの陶芸家に影響を与えており、その作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。
政治分野の人

沼田多美 – 社会事業家と母子世帯支援のパイオニア

-沼田多美の生涯と功績- 沼田多美は、1865年、東京で生まれた社会事業家であり、母子世帯支援のパイオニアである。沼田は、1892年に日本初の産院である慈恵病院を設立し、1901年には日本初の児童相談所である東京慈恵会児童相談所を設立した。沼田の功績は、母子世帯支援の分野に大きな影響を与え、今日でも多くの母子世帯支援団体が沼田の精神を受け継いで活動している。 沼田多美は、1865年に東京で生まれた。父親は、東京慈恵会病院の創立者である沼田弥兵衛である。沼田は、1885年にアメリカに留学し、ボストンで看護師として働いた。1892年に帰国後、東京慈恵会病院を設立した。東京慈恵会病院は、日本初の産院であり、多くの貧困層の女性の出産を助けた。 1901年に沼田は、東京慈恵会児童相談所を設立した。東京慈恵会児童相談所は、日本初の児童相談所であり、多くの貧困層の子供たちの世話を行った。沼田は、児童相談所を設立するにあたって、アメリカの児童福祉制度をモデルにした。沼田は、児童相談所を設立したことで、日本の児童福祉制度の発展に大きく貢献した。 沼田多美は、1939年に亡くなった。沼田の死後、東京慈恵会病院と東京慈恵会児童相談所は、沼田の精神を受け継いで活動を続けている。東京慈恵会病院は、今日でも多くの貧困層の女性の出産を助けており、東京慈恵会児童相談所は、今日でも多くの貧困層の子供たちの世話を行っている。沼田の功績は、母子世帯支援の分野に大きな影響を与え、今日でも多くの母子世帯支援団体が沼田の精神を受け継いで活動している。
美術分野の人

沼尻竜涯 – 江戸時代中期の書家

沼尻竜涯の生涯 沼尻竜涯は、江戸時代中期に活躍した書家です。1713年、京都で生まれたとされています。幼い頃から書道を学び、10代の頃にはすでに優れた才能を発揮していました。やがて、公家の岩倉具選に師事し、書を極めました。 竜涯は、書道界で大きな功績を残しました。特に、草書と隷書の分野で優れた作品を多く残しています。草書では、王羲之の書風を学び、独自の書風を確立しました。隷書では、漢代の隷書を研究し、日本の書道に新しい息吹を吹き込みました。 竜涯は、書道家としてだけでなく、歌人としても活躍しました。彼の和歌は、多くの歌集に収録され、高い評価を得ています。また、彼は書論も著しており、書道の理論や技法について論じています。 竜涯は、1778年に亡くなりました。66歳でした。彼の突然の死は、書道界に大きな衝撃を与えました。しかし、彼の作品は今日でも高く評価されており、多くの書道家に影響を与え続けています。
歴史上の人物

「渟葉田瓊入媛」

-渟葉田瓊入媛の生涯- 渟葉田瓊入媛(ぬばたまにゅういりひめ)は、古事記や日本書紀に登場する女性である。初代天皇である神武天皇の皇后であり、日本の初代皇后とされる。 渟葉田瓊入媛の出身は、日向国(現在の宮崎県)とされる。彼女は神武天皇が日向国から東征する際に、道案内役として同行した。神武天皇が大和国(現在の奈良県)に到達して即位した後、渟葉田瓊入媛は皇后に立てられた。 渟葉田瓊入媛は、神武天皇との間に数人の子供をもうけた。その中には、第二代天皇である綏靖天皇も含まれている。淳和天皇の治世中に、追号を賜り、母儀に「皇后」の称号を贈られている。 渟葉田瓊入媛は、神武天皇の死後も、摂政として政務を執った。彼女は、日本の初代皇后として、国の発展に貢献したとされる。 渟葉田瓊入媛の死後、彼女は「皇后」に追号された。彼女の陵墓は、大阪府南河内郡河南町の陵墓参考地(しんぽうさんこうち)にある。 渟葉田瓊入媛は、日本の初代皇后として、現在でも多くの人々に尊敬されている。彼女の生涯は、日本の歴史における重要な出来事であり、多くの人々に語り継がれている。
学術分野の人

沼田竹渓 – 江戸時代後期の儒者とその生涯

-備後(広島県)三原 沼田竹渓の生まれ故郷- 沼田竹渓は、江戸時代後期の儒学者であり、備後(広島県)三原の出身です。彼は、1786年(天明6年)に三原の医師の家に生まれ、幼少期から儒学を学びました。1804年(文化元年)には、江戸に出て、昌平坂学問所で学びました。1812年(文化9年)に、三原に戻り、私塾を開いて、多くの弟子を育てました。 竹渓は、儒学のほかに、和歌や書道にも優れており、文人としても活躍しました。彼の詩文は、『竹渓全集』にまとめられています。また、彼は、三原の郷土史にも詳しく、その研究成果は『備後雑抄』にまとめられています。 竹渓は、1852年(嘉永5年)に死去しました。彼の墓は、三原の妙正寺にあります。三原市には、竹渓を顕彰する「沼田竹渓記念館」があり、彼の遺品や著作などが展示されています。 竹渓は、江戸時代後期の儒学者として、多くの弟子を育て、儒学の普及に貢献しました。また、文人としても活躍し、彼の詩文は現在でも高く評価されています。竹渓は、三原の誇りであり、その功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の人物

額田今人 – 平安時代前期の明法博士

-# 平安時代前期の官吏 額田今人は、平安時代前期の官吏であり、明法博士として活躍しました。 彼は、延暦12年(793年)に生まれ、弘仁12年(821年)に明法博士に任命されました。その後、左少弁、左中弁、右大弁を歴任し、天長5年(828年)に参議に任命されました。 額田今人は、明法家として、法典の編纂や裁判の実務に携わりました。また、彼は、政治家としても活躍し、藤原良房政権を支えました。 額田今人は、承和11年(844年)に死去しました。享年52歳でした。 額田今人は、平安時代前期を代表する官吏であり、明法家でした。彼の業績は、日本の法制史において重要な意味を持っています。 -- 額田今人の功績 額田今人は、明法家として、以下のような功績を残しました。 * 延暦15年(796年)に、律令格式を編纂した『弘仁格式』の編纂に参加しました。 * 弘仁14年(823年)に、法典『令義解』を編纂しました。 * 天長2年(825年)に、法典『格式令』を編纂しました。 額田今人は、これらの法典の編纂を通じて、日本の法制史に大きな影響を与えました。 また、額田今人は、政治家としても活躍し、藤原良房政権を支えました。彼は、左少弁、左中弁、右大弁を歴任し、天長5年(828年)に参議に任命されました。参議は、太政官の最高幹部であり、額田今人は、平安時代前期を代表する政治家でした。 額田今人は、明法家としても、政治家としても、平安時代前期において重要な役割を果たした人物でした。
歴史上の人物

貫川 – 鎌倉時代の女官

- 御霊社(みたましや)の巫女(みこ)から皇后藤原佶子(きっし)(京極院)につかえ 貫川は、鎌倉時代の女官です。御霊社(みたましや)の巫女(みこ)として活躍した後、皇后藤原佶子(きっし)(京極院)に仕えました。 貫川は、文永2年(1265年)に、御霊社の神主である貫広の長女として生まれました。貫川は幼い頃から美しく、聡明で、琴や和歌をたしなみました。また、巫女としての才能も早くから発揮し、御霊社の神事において、神楽を舞ったり、託宣を述べたりするようになりました。 ある日、藤原佶子が御霊社を訪れ、貫川の巫女舞を見て、その美しさに魅せられました。藤原佶子は貫川を宮中に招き入れ、自分の侍女としました。貫川は、藤原佶子に仕えてから、ますます美しくなり、聡明になりました。そして、藤原佶子の信頼を得て、側近として活躍するようになりました。 建治元年(1275年)、藤原佶子は、後深草天皇の皇后になりました。貫川は、皇后となった藤原佶子に引き続き仕え、皇后の側近として、政治や宮中の儀式に参与するようになりました。貫川は、皇后の信任を得て、皇后の政治的判断に影響を与えることも多かったと言われています。 弘安4年(1281年)、後深草天皇が崩御し、伏見天皇が即位しました。藤原佶子は、皇太后となり、貫川は引き続き皇太后に仕えました。貫川は、皇太后の側近として、政治や宮中の儀式に参与し、皇太后の政治的判断に影響を与えることも多かったと言われています。 正応5年(1292年)、藤原佶子が崩御しました。貫川は、皇太后の崩御に深く悲しみ、出家して尼僧になりました。貫川は、出家した後も、御霊社の巫女としての活動を続け、人々から敬愛されました。 貫川は、鎌倉時代の女官として、皇后藤原佶子に仕え、政治や宮中の儀式に参与して活躍しました。貫川は、美しく、聡明で、琴や和歌をたしなむ才能を持ち、巫女としても優れた才能を発揮しました。貫川は、藤原佶子の信頼を得て、側近として活躍し、藤原佶子の政治的判断に影響を与えることも多かったと言われています。貫川は、皇后藤原佶子が崩御した後も出家して尼僧になり、御霊社の巫女としての活動を続け、人々から敬愛されました。
歴史上の人物

奴理能美 – 調氏の祖となった百済からの渡来人

奴理能美とは 奴理能美(ぬりのみ)は、日本の古代豪族、調氏の祖とされる百済からの渡来人です。舒明天皇の時代に日本に渡り、摂津国(現在の大阪府北部)や河内国(現在の大阪府東部)で活躍しました。奴理能美は、百済の王族であり、百済を統一した聖明王のひ孫にあたるとされます。また、日本書紀によると、舒明天皇の皇后である間人大后(まひとのおおききさき)は、奴理能美の妹であるとされています。 奴理能美は、日本に渡来後、すぐに日本の朝廷に仕え始めました。舒明天皇に仕え、天皇の信任を得ました。また、舒明天皇の死後も、その皇太子である中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)に仕え、皇子の信任を得ました。中大兄皇子は、即位して天智天皇となり、奴理能美を大宰大弐(だざいだいじん)に任命しました。大宰大弐は、太宰府の次官であり、九州の統治を任されました。 奴理能美は、大宰大弐として九州を統治し、九州の開発に努めました。また、百済と日本の交流にも尽力しました。奴理能美は、百済の王族であり、日本の皇室と姻戚関係があったため、百済と日本の間の外交交渉を有利に進めることができました。 奴理能美は、天智天皇の死後、その皇太子である天武天皇に仕え続けました。天武天皇は、奴理能美を従二位に叙し、大紫冠(だいしかん)を授けました。大紫冠は、最高位の冠であり、奴理能美が天武天皇から厚く信任されていたことを示しています。 奴理能美は、天武天皇の死後、その皇太子である持統天皇に仕え続けました。持統天皇は、奴理能美を正二位に叙し、右大臣に任命しました。右大臣は、太政大臣に次ぐ位であり、奴理能美が持統天皇から厚く信任されていたことを示しています。 奴理能美は、720年に亡くなりました。享年80歳でした。奴理能美は、日本の古代史において重要な人物であり、日本の文化や政治に大きな影響を与えました。
美術分野の人

沼田一雅 – 明治・昭和時代の彫刻家

木彫家竹内久一に師事 沼田一雅は1893年(明治26年)に、東京都に生まれました。幼少期から絵画を好み、1912年(大正元年)に東京美術学校彫刻科に入学しました。在学中は、木彫家竹内久一に師事し、木彫の基礎を学びました。 竹内久一は、1864年(元治元年)に、京都に生まれ、1893年(明治26年)に東京美術学校彫刻科を卒業しました。その後、東京美術学校助教授を務め、多くの彫刻家を育てました。 沼田一雅は、竹内久一に師事したことで、木彫の技術を磨くことができました。また、竹内久一の指導によって、彫刻の芸術性についても学ぶことができました。 沼田一雅は、1916年(大正5年)に東京美術学校を卒業しました。その後、彫刻家として独立し、精力的に作品を発表しました。1926年(昭和元年)には、帝展に入選を果たしました。 沼田一雅は、1937年(昭和12年)に、44歳で亡くなりました。しかし、彼の作品は現在も大切に保存されており、多くの人々に愛されています。
歴史上の人物

沼野みね – 江戸時代後期の女性

沼野みねの生涯 沼野みねは、江戸時代後期に活躍した女性です。彼女は、1822年(文政5年)に、越後国蒲原郡小須戸村(現在の新潟県阿賀野市)で生まれました。沼野みねは、幼い頃から聡明で、読書を好みました。 沼野みねは、長じて、漢学者である沼野菊塘のもとで学びました。沼野菊塘は、沼野みねの才能を見抜き、彼女に漢学を教えました。沼野みねは、漢学を学ぶことで、さらに知識を深めました。 沼野みねは、22歳のときに、医師である沼野鉄庵と結婚しました。沼野みねは、夫の沼野鉄庵を助けて、医療の仕事をしました。沼野みねは、また、沼野鉄庵の子供たちの教育にも熱心に取り組みました。 沼野みねは、1868年(明治元年)に、夫の沼野鉄庵が亡くなった後も、医療の仕事を続けました。沼野みねは、明治維新後も、女性が悪口を言われることが多い中で、病気の治療のために各地を廻り、人々の命を救いました。 沼野みねは、1905年(明治38年)に、83歳で亡くなりました。沼野みねは、その生涯を通じて、女性解放運動に尽力しました。彼女は、女性の教育の必要性を訴え、女性の地位向上のために活動しました。沼野みねは、日本の女性の地位向上に貢献した先駆者として、現在もなおその功績を称えられています。
歴史上の人物

沼田含翠 – 維新期の武士と謡曲家

幕末の武士として活躍 沼田含翠は、幕末の武士としても活躍しました。1864年(元治元年)、長州藩が京都で起こした禁門の変に参戦し、激戦の末に負傷しました。その後、薩摩藩の支援を受けて再起し、1867年(慶応3年)には薩長同盟の成立に尽力しました。 戊辰戦争では、新政府軍として各地を転戦し、1868年(明治元年)には函館戦争で戦いました。明治政府の成立後は、陸軍省に出仕し、1871年(明治4年)には陸軍中将に昇進しました。 1873年(明治6年)に陸軍を退役し、以後は謡曲の普及に尽力しました。1885年(明治18年)には、謡曲の研究団体である「東京謡曲会」を設立し、1895年(明治28年)には「謡曲普及会」を設立しました。 沼田含翠は、幕末の武士として活躍しただけでなく、謡曲の普及にも貢献した人物であり、日本の文化の発展に大きな功績を残しました。
歴史上の人物

– 「額田部広麻呂」(?-? 奈良時代の官吏。)

額田部広麻呂の生涯 額田部広麻呂は、奈良時代の官吏である。氏は額田部、名は広麻呂。字は広麻呂。生没年は不詳。 額田部広麻呂は、天武天皇の御代に生まれた。持統天皇の御代に、右京亮に任じられ、その後、下野守、下総守を歴任した。文武天皇の御代に、参議に任じられ、その後、大蔵卿、中務卿を歴任した。元明天皇の御代に、権中納言に任じられ、その後、右大臣に任じられた。 額田部広麻呂は、聖武天皇の御代に、太政大臣に任じられ、政務を総覧した。天平宝字2年(758年)、病気のため太政大臣を辞任し、出家した。 額田部広麻呂は、律令制の整備に尽力した。また、渤海国との国交を樹立し、遣唐使を派遣した。額田部広麻呂は、奈良時代の政治家として、重要な役割を果たした。 額田部広麻呂は、天平宝字5年(761年)、出家したまま死去した。享年70。
美術分野の人

沼津乗昌-江戸時代前期の画家

-# 沼津乗昌の生涯 沼津乗昌は、江戸時代前期の画家です。生没年は不詳ですが、1600年頃に生まれ、1670年頃に没したと推定されています。 乗昌は、備中国(現在の岡山県)で生まれました。幼名は源助、字は可之、号は岡田という説や天香という説があります。 乗昌は、始め狩野派の画風を学びましたが、後に土佐派の画風を取り入れて独自の画風を確立しました。乗昌の画は、繊細な筆遣いと華麗な色彩が特徴です。 乗昌は、江戸で活躍し、町人や大名などから多くの注文を受けました。乗昌の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。 乗昌は、日本の絵画史上に残る偉大な画家の一人です。その画風は、後の画家たちに大きな影響を与えました。 -# 沼津乗昌の作品 沼津乗昌の作品は、人物画、山水画、花鳥画など、幅広いジャンルにわたります。最も有名な作品は、「松に孔雀図」です。この作品は、緑色の松の木と孔雀が描かれており、乗昌の繊細な筆遣いと華麗な色彩が存分に発揮されています。 乗昌の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されています。東京国立博物館、京都国立博物館、大阪市立美術館など、全国各地の美術館や博物館で乗昌の作品を鑑賞することができます。 -# 沼津乗昌の影響 沼津乗昌の画風は、後の画家たちに大きな影響を与えました。特に、乗昌の繊細な筆遣いと華麗な色彩は、多くの画家たちに模倣されました。 乗昌の影響を受けた画家としては、俵屋宗達、尾形光琳、酒井抱一などが挙げられます。俵屋宗達は、乗昌の画風を基に独自の画風を確立し、尾形光琳は、乗昌の画風を応用して琳派を創始しました。酒井抱一は、乗昌の画風に感銘を受け、乗昌の絵を模写したり、乗昌の画風に倣った作品を描いたりしました。 沼津乗昌は、日本の絵画史上に残る偉大な画家の一人です。その画風は、後の画家たちに大きな影響を与えました。乗昌の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に収蔵されており、多くの人々に親しまれています。