「わ」で始まる名前

学術分野の人

渡辺奎輔

-渡辺奎輔の生涯- 渡辺奎輔は、1868年11月25日に東京で生まれた。父親は渡辺直正で、儒学者であり漢学者であった。奎輔は幼い頃から漢学を学び、1880年に第一高等中学校に入学した。1883年に東京帝国大学に入学して法学部政治学科で学び、1887年に卒業した。 卒業後は大蔵省に入省し、1890年に朝鮮公使館書記官としてソウルに赴任した。1895年に帰国し、1896年に大蔵省主計官となった。1898年に大蔵省参事官となり、1900年には大蔵省次官に就任した。 1901年に松方正義内閣で蔵相に就任し、1903年には第1次桂太郎内閣で内務大臣に就任した。1905年に桂太郎内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 1906年に第1次西園寺公望内閣で蔵相に就任し、1908年に第2次桂太郎内閣で内務大臣に就任した。1911年に桂太郎内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 1912年に第3次桂太郎内閣で蔵相に就任し、1913年に第1次山本権兵衛内閣で内務大臣に就任した。1914年に山本権兵衛内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 1916年に第2次大隈重信内閣で蔵相に就任し、1918年に寺内正毅内閣で内務大臣に就任した。1919年に寺内正毅内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 1922年に第1次若槻礼次郎内閣で蔵相に就任し、1923年に加藤友三郎内閣で内務大臣に就任した。1924年に加藤友三郎内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 1925年に第2次若槻礼次郎内閣で蔵相に就任し、1927年に田中義一内閣で内務大臣に就任した。1929年に田中義一内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 1931年に犬養毅内閣で蔵相に就任し、1932年に斎藤実内閣で内務大臣に就任した。1934年に斎藤実内閣が総辞職すると、渡辺奎輔は内務大臣を辞任した。 渡辺奎輔は、1938年4月28日に東京で亡くなった。享年69歳であった。
歴史上の人物

渡辺玉子(1858-1938) 明治・昭和時代前期の社会事業家

-慈善事業への尽力- 渡辺玉子は、明治・昭和時代前期の社会事業家であり、慈善事業への尽力で知られています。1858年に東京で生まれ、1887年に日本女子大学校を卒業後、1890年に日本赤十字社に入社しました。日清戦争と日露戦争の際には、看護婦として従軍し、戦傷者や病人の救護にあたりました。 1909年、渡辺は日本救世軍に入隊し、1919年には救世軍の日本最高責任者である司令官に就任しました。救世軍は、貧困や疾病、犯罪などの社会問題に取り組むキリスト教系の国際的な慈善団体であり、渡辺は救世軍の司令官として、社会事業の推進に尽力しました。 渡辺は、救世軍の活動を通じて、貧困者やホームレスの人たちを保護する施設を設立したり、職業訓練所を開設したり、孤児院を運営したりするなど、幅広い慈善事業を行いました。また、災害時に炊き出しを行ったり、被災地を訪問して支援活動を行ったりするなど、社会福祉の向上にも貢献しました。 渡辺の慈善事業への尽力は、社会に大きな影響を与え、1931年には藍綬褒章を、1938年には勲五等瑞宝章を受章しました。1938年に亡くなりましたが、その功績は現在も高く評価されています。
学術分野の人

渡辺道可

-渡辺道可の生涯- 渡辺道可(わたなべの みちよし)は、戦国時代の武将。甲斐の戦国大名・武田氏の家臣。武田四天王の一人。 永正9年(1512年)、甲斐国守護・武田信虎の奉行人・甘利虎泰の四男として生まれる。母は武田信虎の妹・阿部尾張守の娘・幾世。幼名は弥太郎。 天文11年(1542年)、信虎が嫡男・晴信(信玄)に家督を譲ると、晴信の傅役となり、天文17年(1548年)には若狭守に任じられる。 天文20年(1551年)には、信玄の命を受けて信濃国佐久郡の海野氏を攻め、居城の禰津城を占領する。 弘治3年(1557年)、信玄の命を受けて信濃国佐久郡の真田氏を攻め、居城の松尾城を占領する。 永禄4年(1561年)、川中島合戦で上杉謙信に勝利する。 永禄5年(1562年)、信玄の命を受けて信濃国佐久郡の村上氏を攻め、居城の葛尾城を占領する。 元亀4年(1573年)、信玄の死後、嫡男・勝頼を補佐する。 天正3年(1575年)、長篠の戦いで織田・徳川連合軍に敗れる。 天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が自害すると、勝頼を説得して織田家との和睦を実現させる。 天正10年(1582年)、本能寺の変で信長が自害すると、勝頼に織田家との和睦を説くが、容れられず、勝頼と決別する。 天正11年(1583年)、織田信雄に仕えて滝川一益の与力となる。 天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いで戦死する。享年73。
学術分野の人

– 渡辺真楫

-渡辺真楫- -はじめに- 渡辺真楫(わたなべ まねぎ、1713年(正徳3年)- 1792年12月10日(寛政4年10月29日))は、江戸時代中期から後期の医師、儒学者、蘭学者、本草学者。幼名は賢三郎、字は子節、号は迪庵、霞谷、霞軒。戸塚静海、中村惕斎、木村兼山、原田東岷、小野蘭山、水府明徳会社員らと親交した。 渡辺真楫は、1713年(正徳3年)、上総国夷隅郡古市場村(現在の千葉県夷隅市)で、医師・渡辺宗能の長男として生まれた。10歳の時に父を亡くし、母と祖母の元で育てられた。16歳の時に江戸に出て、医師・小島良庵の門下生となった。その後、儒学者・荻生徂徠の門下生となり、儒学を学んだ。1740年(元文5年)、28歳の時に、江戸幕府の奥医師に任命された。1745年(延享2年)、33歳の時に、蘭学者・青木昆陽の門下生となり、西洋医学を学んだ。1750年(寛延3年)、38歳の時に、本草学者・貝原益軒の門下生となり、本草学を学んだ。 渡辺真楫は、1754年(宝暦4年)、42歳の時に、江戸幕府の奥医師を辞任し、私塾を開いた。私塾では、医学、儒学、蘭学、本草学などを教授した。渡辺真楫の私塾は、多くの優秀な人材を輩出した。1792年(寛政4年)10月29日、80歳で死去。
学術分野の人

渡辺重石丸について知る

-渡辺重石丸の生涯- 渡辺重石丸は、1952年(昭和27年)に大阪府枚方市で生まれました。本名は渡辺重幸。小学生の頃から相撲を始め、中学卒業後は大相撲の雷部屋に入門。1971年(昭和46年)に初土俵を踏み、1978年(昭和53年)に新入幕を果たしました。 重石丸は、左四つからの上手投げを得意とする技巧派の力士でした。1980年(昭和55年)には大関に昇進し、1981年(昭和56年)には横綱に昇進しました。横綱として活躍した期間は6年間に及び、1987年(昭和62年)に引退するまで、9回の優勝を果たしました。 引退後は、年寄・放駒を襲名し、日本相撲協会の理事を務めました。また、解説者やタレントとしても活躍し、親しみやすいキャラクターで人気を集めました。 重石丸は、2016年(平成28年)に心臓病のため63歳で死去しました。大相撲界に多大な貢献をしたとして、2017年(平成29年)に大相撲の「日本相撲協会特別功労賞」を受賞しました。 重石丸は、実力と人柄を兼ね備えた名横綱として、多くの人に愛されました。その功績は、大相撲史に長く残ることでしょう。
歴史上の人物

渡辺為太郎 – 明治・大正時代の軍人

軍歴 渡辺為太郎は、1867年10月14日に熊本県鹿本郡山本村(現在の熊本県鹿本郡鹿本町)で、父・渡辺義雄、母・タカの長男として生まれた。1887年に陸軍士官学校に入学し、1890年に卒業した。日清戦争では、歩兵第14連隊の中隊長として出征し、激戦となった遼陽会戦や奉天会戦に参加した。1904年に始まった日露戦争では、歩兵第2連隊の大隊長として出征し、旅順攻囲戦や奉天会戦に参加した。1905年に大佐に昇進し、1909年に少将に昇進した。1912年に中将に昇進し、第5師団長に補任された。1914年に第10師団長に補任された。1915年に陸軍省軍務局長に補任された。1917年に大将に昇進し、教育総監に補任された。1919年に陸軍大臣に就任した。1923年に退役した。 渡辺為太郎は、日清戦争と日露戦争で功績を上げ、陸軍の大将まで昇進した。日露戦争では、旅順攻囲戦で第2連隊を率いて、ロシア軍の猛攻を撃退した。奉天会戦では、第2連隊を率いて、ロシア軍の右翼を攻撃し、勝利に貢献した。渡辺為太郎は、日清戦争と日露戦争で、勇敢な戦いをし、陸軍の英雄となった。
その他

野球選手・監督渡辺大陸の生涯

渡辺大陸の生い立ちと早稲田大学時代 渡辺大陸は、1993年3月14日、東京都世田谷区に生まれた。父は元プロ野球選手の渡辺智男、母は元女優の渡辺美佐子。弟に元プロ野球選手の渡辺陸がいる。 渡辺は、幼少期から野球を始め、小学校時代は地元の少年野球チームでプレー。中学時代は、シニアリーグの強豪チームである東京城東シニアに所属し、全国大会に出場した。 高校は、早稲田大学高等学院に進学。高校時代は、1年時からレギュラーとして活躍し、3年時には主将を務めた。2011年夏の甲子園大会では、チームをベスト8に導いた。 高校卒業後は、早稲田大学に進学。大学時代は、1年時から出場機会を得て、2年時にはレギュラーに定着。3年時には、チームの主将を務め、明治神宮大会で優勝した。 大学卒業後は、プロ野球のドラフト会議で読売ジャイアンツから1位指名を受け、入団。ドラフト会議後に早稲田大学の監督に就任した。プロ入り後は、1年目から出場機会を得て、2年目にはレギュラーに定着。その後は、長年にわたりチームの中心選手として活躍した。 2020年に現役引退後は早稲田大学の監督に就任。監督としては、チームを2度の明治神宮大会優勝に導いた。 渡辺は、現役時代には、通算2000安打を達成。日本シリーズでは、3度のMVPを受賞した。監督時代には、チームを2度の明治神宮大会優勝に導いた。 渡辺は、2023年に早稲田大学の監督を辞任し、プロ野球の解説者として活動している。
美術分野の人

渡辺沙鴎-明治-大正時代の書家

- 渡辺沙鴎の生涯 渡辺沙鴎(わたなべ さおう、1823年10月3日 - 1894年1月5日)は、江戸時代末期から明治時代の大書家。字は以清、別号に采蘇。通称は甚五右ェ門、姓は渡邊。 1823年、肥前国佐賀藩(現在の佐賀県佐賀市)に生まれる。幼少より書を学び、1847年に江戸に出て、市河米庵に師事。1863年に、幕府の奥書役となり、1864年には、御用書役となった。1868年に、明治政府の御用係となり、1872年に、御用掛となった。1875年に、東京大学教授となり、1886年に、帝国学士院会員となった。1894年に、東京で死去。享年71歳。 沙鴎は、漢詩、和歌、文章など、幅広い分野で活躍した。特に、書においては、中国の晋唐の書法を学び、独自の書風を確立した。その書体は、力強く、雄渾で、気品があり、明治時代の書壇を代表する書家の一人とされている。 沙鴎は、多くの弟子を育て、その中には、巖谷一六、関根麟太郎、吉川観方など、明治時代の書壇を代表する書家が輩出した。また、沙鴎は、書論も残しており、その中でも特に有名なのが「書道管見」である。この書論は、書道の歴史や理論を解説したもので、明治時代の書壇において大きな影響を与えた。
学術分野の人

渡辺楠亭 – 江戸時代後期の儒学者

-# 生涯 渡辺楠亭は、1777年(安永6年)に播磨国姫路にて誕生しました。幼い頃から学問に優れ、12歳のときに儒学者である藤田東湖の門下生となりました。1802年(享和2年)には、江戸に出て、佐藤一斎の門下生となり、さらに学問を深めました。1807年(文化4年)に、江戸に私塾を開き、多くの弟子を養成しました。 楠亭は、儒教の経典である「四書五経」を研究し、その成果を『四書講義』、『五経講義』などの著書にまとめました。また、朱子学を批判し、陽明学を主張しました。楠亭の朱子学批判は、当時の儒学界に大きな影響を与えました。 楠亭は、1859年(安政6年)に83歳で亡くなりました。楠亭の死後、その門下生たちは、楠亭の学問を継承し、日本の近代化に貢献しました。 楠亭の功績は、儒教の経典の研究、朱子学の批判、陽明学の主張、および弟子たちの育成など、多岐にわたります。楠亭は、江戸時代後期の儒学者として、大きな影響を与えました。
学術分野の人

国学者 渡辺重名とは?その生涯と業績

- 渡辺重名の生涯と家系 渡辺重名は、近世中期の国学者・神道家です。美濃国武儀郡大森村(現在の岐阜県関市大森)で生まれました。父は医師の渡辺頼貞、母は伊奈氏です。重名は幼少の頃より学問に優れ、10歳の時に江戸に出て、儒学を学びました。その後、伊勢に遊学し、神道を学びました。20歳の時に故郷に戻り、医業を営む傍ら、国学の研究を続けました。 重名は、古事記や日本書紀を研究し、神道の奥義を極めました。また、日本の歴史や文化についても深く研究し、多くの著作を残しました。彼の著作は、国学の発展に大きな影響を与え、明治維新後の日本文化の復興にも貢献しました。 重名は、1776年に61歳で亡くなりました。彼の死後、その功績を称えて、故郷に「渡辺重名顕彰碑」が建立されました。また、彼の著作は、現在でも多くの国学研究者に研究されています。 重名の家系は、代々医業を営んできました。彼の父である頼貞は、名医として知られており、多くの患者から信頼されていました。重名の弟である重方は、同じく医師であり、国学の研究にも興味を持っていました。重方の息子である重久は、儒学者として活躍しました。 重名の家系は、代々学問に優れ、日本文化の発展に貢献してきました。重名は、その中でも最も有名な人物であり、その功績は現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

分部光貞 – 江戸後期から明治時代の大名

-安中藩主板倉勝尚の子- 分部光貞は、江戸後期から明治時代の大名で、安中藩主板倉勝尚の子として生まれました。幼名は光三郎。通称は右京亮。官位は従四位下、侍従、左近衛少将。 光貞は、安永2年(1773年)に生まれました。安中藩主板倉勝尚の子として生まれ、安永4年(1775年)に父が死去すると、わずか2歳で家督を継ぎました。 光貞は、明和7年(1770年)に藩主板倉勝尚の長男として生まれました。母は、本多忠顕の娘・備前姫。幼名は光三郎。通称は右京亮。官位は従四位下、侍従、左近衛少将。 光貞は、天保13年(1842年)に家督を継ぎ、安中藩第11代藩主となりました。在任中は、藩政改革に取り組み、藩財政の立て直しや殖産興業を推進しました。また、洋学にも関心を持ち、藩校の安中藩校に洋学所を設置しました。 安政5年(1858年)、日米修好通商条約の締結に反対し、江戸城に登城して老中阿部正弘に抗議しました。しかし、阿部正弘は光貞の意見を退け、条約は締結されました。 文久2年(1862年)、島津斉彬の京都守衛計画に協力し、安中藩兵を京都に派遣しました。しかし、島津斉彬は間もなく死去し、計画は頓挫しました。 元治元年(1864年)、京都守護職に任命されました。しかし、同年7月に京都守護職を辞任し、安中藩に帰国しました。 慶応4年(1868年)、明治政府の戊辰戦争に参戦し、北越戦争で新政府軍と戦いました。しかし、安中藩は新政府軍に敗れ、光貞は安中藩を領地没収されました。 明治2年(1869年)、光貞は東京に移住し、明治9年(1876年)に死去しました。享年54。 光貞は、藩政改革や洋学振興に取り組んだ名君として知られています。また、幕末の政局にも関与し、戊辰戦争にも参戦した激動の生涯を送りました。
歴史上の人物

脇屋義則 – 南北朝時代の武将

-脇屋義則の生涯- 脇屋義則は、南北朝時代の武将である。南朝の忠臣として戦い、数々の武功を挙げた。 義則は、備前国児島郡脇屋郷(現在の岡山県倉敷市児島)に生まれた。父は脇屋義助、母は赤松円心の娘である。義則は幼い頃から武芸に秀でており、弓馬の道に励んだ。 元弘3年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡すると、義則は南朝に仕えた。建武元年(1334年)、義則は北朝の足利尊氏軍と戦い、功績を挙げた。しかし、建武3年(1336年)に尊氏が南朝に叛旗を翻すと、義則は敗北し、九州に落ち延びた。 九州に落ち延びた義則は、南朝方の菊池武敏軍に加わり、尊氏軍と戦った。義則は、菊池軍の主力として活躍し、数々の武功を挙げた。正平7年(1352年)、義則は肥後国菊池郡隈府城(現在の熊本県菊池市隈府町)を拠点として、尊氏軍と対峙した。 正平10年(1355年)、義則は尊氏軍と和睦し、南朝に帰順した。義則は、南朝方の武将として引き続き戦い、尊氏軍を破った。正平16年(1361年)、義則は征西将軍に任命され、九州の南朝勢を統率した。 正平18年(1363年)、義則は尊氏軍と戦い、戦死した。享年43。義則の死後、南朝は衰退し、やがて滅亡した。 義則は、南朝の忠臣として戦い、数々の武功を挙げた武将である。義則の功績は、後世に長く語り継がれている。
文学分野の人

「和笛」

-江戸時代の川柳作者- 江戸時代には、川柳という庶民の短歌が流行しました。川柳は、5・7・5の17音で構成され、滑稽さや風刺を効かせた内容が多く、庶民の生活や社会の様子を反映しています。川柳の作者には、さまざまな身分の人々がいましたが、特に有名なのが江戸時代の川柳作者です。 江戸時代の川柳作者には、以下のような人々がいます。 * -蜀山人(しょくさんじん)-蜀山人は、江戸時代中期に活躍した川柳作者で、川柳の祖とも呼ばれています。蜀山人は、川柳を庶民の文学として確立し、川柳を大衆に広めることに貢献しました。 * -大淀三千風(おおよどさんぷう)-大淀三千風は、江戸時代後期に活躍した川柳作者で、蜀山人の弟子です。大淀三千風は、川柳をより洗練されたものとし、川柳を文芸として確立することに貢献しました。 * -柳多留(やなぎたると)-柳多留は、江戸時代後期に活躍した川柳作者で、蜀山人の弟子です。柳多留は、川柳を庶民の娯楽として確立し、川柳を大衆に普及させることに貢献しました。 江戸時代の川柳作者は、川柳を庶民の文学として確立し、川柳を大衆に広めることに貢献しました。川柳は、江戸時代の庶民の生活や社会の様子を反映しており、江戸時代の文化を知る上で欠かせないものです。
芸能分野の人

渡辺えり

-舞台芸術学院でまなび,青俳などで演劇活動をおこなう- 渡辺えりは、1955年に東京都で生まれました。幼い頃から演劇に興味があり、舞台芸術学院に入学しました。在学中は、積極的に舞台に立ち、演技の基礎を磨きました。卒業後は、青俳に入団し、本格的に演劇活動を開始しました。青俳では、数多くの舞台に出演し、その演技力は高く評価されました。 1978年、渡辺えりは、蜷川幸雄演出の舞台「かもめ」に出演しました。この舞台での演技が絶賛され、一躍注目を集めました。その後も、蜷川幸雄演出の舞台に数多く出演し、その演技力はさらに磨かれました。 1980年代に入ると、渡辺えりは、映画やテレビドラマにも出演するようになりました。1984年、映画「ションベンライダー」に出演し、その演技力が評価されて、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しました。その後も、数多くの映画やテレビドラマに出演し、その演技力は高く評価されています。 渡辺えりは、舞台、映画、テレビドラマのいずれの分野でも活躍する、実力派女優です。その演技力は、見る人々を魅了し、多くのファンを獲得しています。
歴史上の人物

「和田三兵衛」

-和田三兵衛とは- 和田三兵衛とは、戦国時代の武将。尼子氏の家臣。出雲国松江城城主。通称は右衛門尉。法名は常甫。 尼子氏の家臣として、毛利氏との合戦で活躍。尼子氏の没落後は、毛利氏に仕えた。 1561年、陶晴賢の謀反により尼子晴久が自害すると、三兵衛は尼子氏を再興するために毛利氏と同盟を結んだ。 1562年、毛利・尼子連合軍は陶氏の軍勢を破り、陶晴賢を自害させた。 1564年、毛利元就が死去すると、三兵衛は毛利輝元の家臣となる。 1569年、三兵衛は松江城を築城し、城主となった。 1570年、三兵衛は毛利輝元に従い、織田信長の軍勢と戦った。 1572年、三兵衛は織田信長の軍勢に敗れ、松江城を明け渡した。 1573年、三兵衛は尼子勝久の謀反に加わり、松江城を奪還した。 1575年、三兵衛は毛利輝元の軍勢に敗れ、松江城を再び明け渡した。 1576年、三兵衛は毛利輝元の臣下となって、松江城の城主となった。 1580年、三兵衛は毛利輝元の命により、尼子勝久を討伐した。 1582年、三兵衛は本能寺の変で織田信長が自害すると、毛利輝元に従い、羽柴秀吉と和睦した。 1583年、三兵衛は病死した。
歴史上の人物

若杉直綱 – 幕末の医師

若杉直綱の生涯 若杉直綱は、1829年(文政12年)に、岡山藩の藩医・若杉秀清の次男として生まれました。幼い頃から医学を学び、1848年(嘉永元年)に、藩医見習いとなりました。1853年(嘉永6年)には、江戸に出て、蘭医学を学びました。1859年(安政6年)に、岡山藩に帰国し、藩医となりました。 1868年(明治元年)に、戊辰戦争が勃発すると、若杉直綱は、岡山藩の軍医として従軍しました。戊辰戦争後、若杉直綱は、岡山藩の医学校である「済生堂」の院長に任命されました。1871年(明治4年)に、岡山藩が廃藩置県されると、若杉直綱は、岡山県庁の医官となりました。 1877年(明治10年)に、西南戦争が勃発すると、若杉直綱は、政府軍の軍医として従軍しました。西南戦争後、若杉直綱は、岡山県庁の医官に復帰しました。1882年(明治15年)に、若杉直綱は、岡山県庁の医官を辞任し、開業医となりました。 1895年(明治28年)に、若杉直綱は、岡山県赤十字支部の創設に参加しました。1896年(明治29年)に、若杉直綱は、岡山県医師会の会長に就任しました。1902年(明治35年)に、若杉直綱は、岡山県医学校の名誉校長に就任しました。 1910年(明治43年)に、若杉直綱は、82歳で死去しました。若杉直綱は、岡山県の近代医学の発展に貢献した人物として知られています。
歴史上の人物

渡辺元七 – 江戸下町の料理屋経営者

-駒形どぜうの3代目渡辺元七- 江戸の下町で、どぜう料理屋を営む渡辺元七は、駒形どぜうの3代目にあたる料理屋経営者です。駒形どぜうは、1802年に初代渡辺庄五郎が創業し、当時は屋台でどぜう汁を販売していました。2代目渡辺庄五郎は、屋台から店舗を構え、どぜう料理の専門店として営業を始めました。 渡辺元七は、1865年に2代目渡辺庄五郎の長男として生まれました。幼い頃から家業を手伝い、1885年に3代目駒形どぜうを継承しました。渡辺元七は、初代と2代目から受け継いだ伝統の味を守りながら、新しい料理にも挑戦し、駒形どぜうの人気と評判をさらに高めました。 渡辺元七は、どぜう料理の普及にも努めました。1893年に、東京府農工博覧会に駒形どぜうを出品し、金賞を受賞しました。また、1900年にはパリ万国博覧会に駒形どぜうを出品し、銀賞を受賞しました。これらの受賞により、駒形どぜうは国内外にその名を知られるようになりました。 渡辺元七は、1932年に67歳で亡くなりましたが、駒形どぜうはその後も、渡辺家によって受け継がれ、現在も営業を続けています。駒形どぜうは、江戸の伝統の味を今に伝える老舗であり、多くの美食家や観光客が訪れる人気店となっています。 駒形どぜうの料理は、新鮮などぜうをふんだんに使用しており、その味は絶品です。特に、どぜう汁は、秘伝の割り下で煮込んだどぜうが柔らかく、とても味わい深い一品です。また、どぜうの唐揚げや天ぷらも人気があります。 駒形どぜうは、江戸の風情を残す建物で、店内は落ち着いた雰囲気です。気軽にどぜう料理を楽しむことができます。駒形どぜうは、東京の下町を代表する老舗であり、多くの人々に愛されるお店です。
政治分野の人

渡辺国武の生涯と功績

渡辺国武の生い立ちと経歴 渡辺国武は、1897年(明治30年)3月10日に香川県高松市に生まれた。旧制高松中学卒業後、1918年(大正7年)に東京帝国大学理学部数学科に入学した。大学卒業後は、東京帝国大学理学部助手となり、1922年(大正11年)には助教授に昇進した。 1925年(大正14年)に、渡辺国武は東京帝国大学教授に就任した。その後、1933年(昭和8年)には東京帝国大学理学部長に就任し、1939年(昭和14年)には東京帝国大学総長に就任した。 渡辺国武は、1946年(昭和21年)に東京帝国大学を退官し、同年に日本学士院会員に選出された。1950年(昭和25年)には、日本学士院院長に就任した。 渡辺国武は、1954年(昭和29年)に亡くなった。享年57歳。 渡辺国武は、数学者として、位相数学、解析学、代数学、幾何学など、さまざまな分野で業績を上げた。また、日本学士院院長として、学術の振興に貢献した。
経済分野の人

– 渡辺与八郎

-呉服商から実業家へ- 渡辺与八郎は、1830年に長崎県に生まれました。少年時代から呉服商を営む家の跡取りとして育てられましたが、与八郎は家業を継ぐことにあまり興味がありませんでした。 与八郎は、むしろ新しい事業を立ち上げたいと考えており、1861年に長崎に「渡辺商会」を設立しました。渡辺商会は、主に外貨を扱う商社として、短期間で成功を収めました。 しかし、1868年の明治維新で政府が発行した紙幣の価値が下落すると、渡辺商会は大きな損失を出して倒産してしまいました。与八郎は、挫折を経験しましたが、その後も事業を続けました。 与八郎は、1870年に「渡辺製糸会社」を設立しました。渡辺製糸会社は、日本初の民営製糸会社であり、与八郎は日本の製糸産業の発展に大きく貢献しました。 与八郎は、また「渡辺紡績会社」も設立し、日本の紡績産業の発展にも貢献しました。与八郎は、日本の近代化に貢献した実業家として知られています。 与八郎は、1908年に78歳で亡くなりました。しかし、与八郎が設立した渡辺製糸会社や渡辺紡績会社は、その後も発展を続け、日本の産業発展に貢献しました。 与八郎は、日本の近代化に貢献した実業家であり、その功績は現在でも称えられています。
学術分野の人

和田英太郎について

和田英太郎の経歴 和田英太郎は、1960年、東京生まれ。1982年、東京大学経済学部を卒業後、日本興業銀行に入行。調査部、国際部、企画部などで勤務。 1995年、さくら総合リースへ出向。取締役総務部長、常務取締役を経て、2001年、同社代表取締役社長に就任。 2005年、りそな総合リースとさくら総合リースが合併し、新会社りそなリースが発足。和田英太郎は、りそなリースの代表取締役社長に就任。 2015年、りそなホールディングス取締役副社長に就任。 2017年、りそなホールディングス取締役社長に就任。 2018年、りそなホールディングス代表取締役社長に就任。 和田英太郎は、在任中にりそな銀行の経営再建を成功させ、りそなグループを再建に導いた。また、金融業界の構造改革にも積極的に取り組み、金融庁の特別顧問も務めた。 和田英太郎は、2021年、りそなホールディングスの代表取締役社長を退任した。現在は日本政策投資銀行の取締役会長を務めている。
歴史上の人物

– 渡辺幸庵

-渡辺幸庵とは?- 渡辺幸庵は、江戸時代中期に活躍した日本の儒学者、医師、蘭学者である。名は理、字は子理、号は幸庵。近江国蒲生郡日野村(現在の滋賀県蒲生郡日野町)の生まれ。 儒学を学び、儒学者として活動していたが、後に蘭学にも興味を持ち、オランダ語を学んだ。また、医師としても活動し、多くの患者を診た。 幸庵は、儒学と蘭学を融合させた独自の思想を展開し、多くの門人を輩出した。また、多くの著作を残し、その中には、儒学に関するもの、蘭学に関するもの、医学に関するものなど、幅広い分野のものがある。 幸庵の思想は、江戸時代中期の思想界に大きな影響を与え、多くの知識人に影響を与えた。また、幸庵の著作は、江戸時代の人々にとって貴重な情報源となり、広く読まれた。 幸庵は、江戸時代中期を代表する儒学者、医師、蘭学者であり、その思想と著作は、江戸時代の人々に大きな影響を与えた。
学術分野の人


「和田徳次郎」について

和田徳次郎-経歴 和田徳次郎氏は1872年に日本において誕生した政治家、実業家です。東京大学政治経済学部を卒業後、政府に入省して内務省に勤務しました。その後、実業家として活躍し、いくつかの会社の社長を歴任しました。また、衆議院議員や参議院議員を務め、政界でも活躍しました。 和田徳次郎氏は1948年に外務大臣に就任し、日本の外交政策において重要な役割を果たしました。講和条約の締結や国連加盟など、日本の戦後復興に尽力しました。1956年に外務大臣を辞任し、政界を引退しました。 和田徳次郎氏は戦後日本の復興に貢献した政治家、実業家として知られています。その功績を称え、1960年には勲一等旭日大綬章が授与されました。和田徳次郎氏は1962年に89歳で亡くなりました。 和田徳次郎氏の経歴をまとめると以下のようになります。 * 1872年東京で生まれる。 * 1895年東京大学政治経済学部を卒業。 * 1896年内務省に入省。 * 1906年実業家として活躍を開始。 * 1912年衆議院議員に当選。 * 1918年参議院議員に当選。 * 1948年外務大臣に就任。 * 1956年外務大臣を辞任。 * 1960年勲一等旭日大綬章を受賞。 * 1962年89歳で亡くなる。
歴史上の人物

脇田東川 – 江戸時代後期の儒者

- 脇田東川の生い立ちと学問 脇田東川(1762~1827)は、江戸時代後期の儒者です。号は東川、通称は吉蔵、名は宣にゅ。備後国三次郡山内村(現・広島県三次市)に生まれました。 脇田東川は、幼い頃から聡明で、13歳の時に儒学者である菅茶山に師事しました。菅茶山は、当時、備後国三次郡三次町(現・広島県三次市)に私塾を開いており、多くの弟子を抱えていました。脇田東川は、菅茶山の門下で、儒学を学び、頭角を現しました。 脇田東川は、菅茶山の死後、江戸に出て、儒学者として活動しました。江戸では、多くの弟子を育て、儒学の普及に努めました。また、多くの著書を著し、儒学の発展に貢献しました。 脇田東川の儒学は、朱子学を基調としたもので、仁義礼智信の五常を重んじ、忠孝仁義を説きました。また、経世済民の道を説き、社会の改革を唱えました。 脇田東川は、江戸時代後期の儒学界を代表する人物の一人であり、その学問は、幕末維新の思想的背景を形成する上で大きな影響を与えました。
政治分野の人

渡辺広治-郷里茨城県の政治家

-茨城県下妻町長をへて県会議員に当選- 渡辺広治氏は、1960年に茨城県下妻町で生まれました。下妻市立下妻第二中学校、茨城県立下妻第一高等学校を卒業後、東京農業大学に進学しました。1982年に大学卒業後は、農協に勤務しました。 1991年、下妻町議会議員に当選し、政治家としてのキャリアをスタートさせました。その後、下妻町長を2期務め、県政への進出を視野に入れ2007年の茨城県議会議員選挙に立候補し、当選を果たしました。 県議会では、農林水産委員会や環境委員会に所属し、活発に活動しました。2011年の東日本大震災では、下妻町の復興に尽力し、県の復興対策にも大きく貢献しました。 2014年には、茨城県議会議長に就任し、県議会の運営に手腕を発揮しました。2016年に再選され、現在も議長を務めています。 渡辺広治氏は、郷里茨城県の発展に情熱を注ぐ政治家で、県民から厚い支持を集めています。今後も、茨城県のリーダーとして、県政の発展に尽力していくものと思われます。