「ゆ」で始まる名前

歴史上の人物

「由美原泉」

-「由美原泉」- -由美原泉の生涯 儒学者として活躍した筑前の侍講- 由美原泉は、江戸時代前期の儒学者で、筑前の黒田藩藩校・学問所に仕えて侍講を務めた人物です。諱は如愚、通称は伊織、字は伯荊。号は退叟、泉庵、虚舟など。 寛永2年(1625年)、筑前国筑紫郡二日市に生まれました。幼い頃から聡明で、学問を好み、特に儒学に傾倒しました。 16歳で江戸に遊学し、儒学者・林羅山の門下に入りました。羅山から儒学の奥義を学び、その学識を認められて、羅山の娘婿となりました。 寛文4年(1664年)、筑前の黒田藩主・黒田光之に招かれ、藩校・学問所の侍講に就任しました。光之は、泉の学識を高く評価し、学問所での講義を命じました。 泉は、学問所の学生たちに儒学の経典や歴史書などを講義し、その学識と人格を慕って、多くの学生たちが集まりました。泉は、学生たちを指導するだけでなく、彼らの生活や進路についても相談に乗り、多くの学生たちの成長を助けました。 寛文12年(1672年)、泉は病のため、侍講を辞任して隠居しました。隠居後は、筑紫郡二日市に住み、学問に専念しました。 延宝8年(1680年)、56歳で死去しました。 泉は、儒学者として活躍しただけでなく、教育者としても優れた人物でした。学問所の学生たちに儒学の経典や歴史書などを講義し、彼らの成長を助けました。また、隠居後は、学問に専念し、多くの著書を残しました。泉の著書は、儒学の研究に大きな影響を与えました。 泉は、筑前の儒学の発展に大きな貢献をした人物であり、その学識と人格は、多くの人々に慕われました。
学術分野の人

湯本武比古-明治・大正時代の教育学者

-湯本武比古の生涯と業績- -1. 生い立ちと教育- 湯本武比古は、1865年(慶応元年)7月17日、京都に生まれました。代々続く漢学者の家に生まれ、幼い頃から漢学を学びました。1877年(明治10年)に京都師範学校に入学し、1882年(明治15年)に卒業しました。 -2. 教師としてのキャリア- 卒業後、湯本は京都府の尋常小学校の教師になりました。その後、京都師範学校、東京高等師範学校で教鞭をとりました。1902年(明治35年)には、東京帝国大学文科大学教育学科の教授になりました。 -3. 教育学の研究- 湯本は、教育学の研究において、特に「児童中心主義」と「問題解決学習」を重視しました。児童中心主義とは、教育において児童の興味や関心を尊重すべきであるという考え方です。問題解決学習とは、児童が問題を解決するために主体的に取り組むことで学習するべきであるという考え方です。 -4. 教育制度への影響- 湯本の教育学の研究は、日本の教育制度に大きな影響を与えました。1907年(明治40年)に公布された小学校令では、児童中心主義と問題解決学習が重視されるようになりました。また、1918年(大正7年)に公布された中等学校令では、中等教育における選択科目の導入が認められました。これは、湯本の教育学の研究が、児童の個性を尊重する教育の実現に貢献したことを示しています。 -5. 教育思想の普及- 湯本は、教育思想の普及にも努めました。1891年(明治24年)に「教育学雑誌」を創刊し、1908年(明治41年)には「国民教育会」を設立しました。教育学雑誌は、日本の教育学の発展に大きな役割を果たし、国民教育会は、国民の教育意識の高揚に貢献しました。 湯本は、1937年(昭和12年)に亡くなりました。しかし、彼の教育学の研究は、今もなお日本の教育に大きな影響を与え続けています。
歴史上の人物

「幽山」(⇒高野幽山(たかの-ゆうざん))について

-高野幽山とは- 高野幽山(たかの-ゆうざん)は、江戸時代前期の武将、大名、茶人です。諱は房吉(ふさよし)。通称は三左衛門(さんざえもん)。号は幽山(ゆうざん)です。 尾張国犬山城主・織田信清の三男として誕生。母は織田信秀の娘・玉。幼名は三法師。 天文20年(1551年)、父・信清が織田信長に殺害され、幽山は尾張を脱出して越後国に逃れます。その後、上杉謙信に仕え、天正6年(1578年)に越後国魚沼郡高野庄の領主となりました。 天正10年(1582年)、本能寺の変で主君・謙信が病死した後は、上杉景勝に仕えます。天正18年(1590年)、小田原征伐で景勝に従って参陣し、武蔵国忍城の攻略に功績を上げます。 文禄3年(1594年)、文禄の役では、朝鮮国釜山に渡海し、蔚山城の戦いで活躍します。慶長3年(1598年)、慶長の役では、再び朝鮮国に渡海し、碧蹄館の戦いで景勝の嫡男・上杉景虎(直江兼続)を助けます。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは、景勝に従って西軍に与します。しかし、戦後に徳川家康に降伏し、所領を安堵されました。 慶長6年(1601年)、尾張国犬山城主に復帰します。慶長10年(1605年)、従五位下侍従に叙任されます。 慶長13年(1608年)、長男・高野長吉が死去したため、家督を次男・高野定吉に譲り、隠居します。 元和4年(1618年)、京都で死去しました。享年74。 幽山は、茶人としても知られ、遠州流の祖・小堀遠州に師事しました。幽山の茶の湯は、遠州流の茶の湯を基調としながらも、幽山独自の工夫が加えられており、幽山流とも呼ばれています。
歴史上の人物

越後の八幡丸船頭勇之助、アメリカの船に救助される

-漂流9か月、アメリカ船に救助- 新潟県の越後国出身の船頭である勇之助は、1851年1月に仲間9人と船で江戸に向けて出航した。しかし、嵐に巻き込まれて遭難し、小笠原諸島に漂着した。勇之助たちはそこで9か月間漂流生活を送り、飢えと渇き、そして島の生き物に襲われるという困難に直面した。 1851年10月、勇之助たちはようやくアメリカ捕鯨船に救助された。船長は勇之助たちをアメリカ東海岸の港町であるニューベッドフォードまで連れて行き、そこで勇之助たちは歓待を受けた。勇之助たちはアメリカでしばらく滞在した後、1852年に日本に帰国した。 勇之助の漂流記は、当時の日本人に大きな衝撃を与えた。それまでの日本人は、外国は危険な場所であると信じていたが、勇之助の漂流記を読んだ人々は、外国にも親切な人々が住んでいることを知った。勇之助の漂流記は、日本の鎖国政策を緩和するきっかけとなり、日本の近代化に貢献した。 勇之助の漂流記は、今日でも多くの人に読まれている。その理由は、勇之助の勇気と忍耐力が、多くの人々に勇気を与えるからである。勇之助は、困難に直面しても決してあきらめずに生き抜き、最終的には故郷に帰ることができた。勇之助の漂流記は、人生における困難に直面したとき、決してあきらめないことの大切さを教えてくれる物語である。
歴史上の人物

「宥遍」について

-# 高野山浄菩提院に住職 宥遍は、1207年に高野山浄菩提院の住職に就任した。浄菩提院は、高野山の総本山金剛峯寺のすぐ近くに位置する寺院で、真言宗の重要な拠点の一つであった。宥遍は、浄菩提院の住職として、寺院の運営や僧侶の教育などの責任を担った。また、宥遍は、高野山内外の寺院や僧侶との交流にも積極的に取り組み、高野山真言宗の発展に貢献した。 宥遍は、浄菩提院の住職として、寺院の再建や整備にも尽力した。1212年には、浄菩提院の庫裡と食堂を再建し、1214年には、浄菩提院の金堂を再建した。また、宥遍は、浄菩提院の境内に、多くの石塔や石碑を建立し、寺院の歴史や功績を後世に伝えた。 宥遍は、浄菩提院の住職として、僧侶の教育にも力を注いだ。宥遍は、浄菩提院に僧侶のための学寮を設立し、僧侶たちに密教の教えや声明などの修行を指導した。また、宥遍は、僧侶たちに、和歌や漢詩などの学問も奨励し、浄菩提院を、高野山屈指の学問寺に育て上げた。 宥遍は、浄菩提院の住職として、高野山真言宗の発展に大きく貢献した。宥遍の功績は、今日でも浄菩提院に残る多くの遺物や文献によって、知ることができる。
美術分野の人

「油井夫山」(明治-昭和時代前期の洋画家,美術史家)

- 「油井夫山」(明治-昭和時代前期の洋画家,美術史家) -# 油井夫山の生涯と功績 油井夫山(あぶらいたまえやま、1862-1940)は、明治-昭和時代前期の洋画家、美術史家です。東京美術学校教授、帝国美術院会員を歴任し、日本近代絵画の発展に貢献しました。 夫山の作品は、写実的でありながら、詩情に富んだ作風で知られています。代表作には、「月夜のアルプス」、「雪の富士」などがあります。また、帝室博物館(現・東京国立博物館)の所蔵品を調査・研究し、その成果を「帝室博物館名品図譜」としてまとめました。 油井夫山は、1862年に美濃国(現・岐阜県)に生まれました。1881年に上京し、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学しました。在学中は、黒田清輝、藤島武二らと親交を結び、洋画の基礎を学びました。 1889年に東京美術学校を卒業後、ヨーロッパに留学しました。フランス、イタリア、ベルギーを巡り、西洋の美術を学びました。1893年に帰国後、東京美術学校の教授に就任しました。 東京美術学校では、洋画科の主任教授として、多くの弟子を育てました。また、帝室博物館の所蔵品を調査・研究し、その成果を「帝室博物館名品図譜」としてまとめました。 油井夫山は、1940年に東京で亡くなりました。享年78歳でした。 夫山の作品は、東京国立博物館、京都国立近代美術館、大阪市立美術館などに所蔵されています。また、夫山の業績を伝える資料は、油井夫山記念館(岐阜県関市)に所蔵されています。 油井夫山は、日本近代絵画の発展に貢献した重要な画家です。写実的でありながら、詩情に富んだ作風は、多くの人の心を魅了しています。また、帝室博物館名品図譜」をはじめとする美術史研究の成果は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

雄略天皇:5世紀後半の謎に包まれた天皇

-即位までの道権力闘争と血生臭い事件- 雄略天皇は、皇后らに擁立されて即位したという。しかし、それまでの経緯は謎に包まれており、権力闘争や血生臭い事件が渦巻いていたと考えられている。 雄略天皇の父である允恭天皇は、412年に崩御した。允恭天皇の第一皇子である安康天皇は、同年9月に即位した。しかし、安康天皇は427年に大草香皇子(おおくさか皇子)によって暗殺されてしまった。 安康天皇の暗殺後、大草香皇子は、安康天皇の皇太子弘計皇子を立てて、天皇に即位させた。弘計天皇の即位名は允恭天皇の代からの皇太子のままの「仁徳天皇」とされる。 仁徳天皇は、453年に崩御した。仁徳天皇の皇太子は、安康天皇の皇子である雄略天皇であった。しかし、雄略天皇の即位はスムーズにはいかなかった。 仁徳天皇の崩御後、仁徳天皇の皇妃である磐之媛命(いわのひめのみこと)は、雄略天皇ではなく、安康天皇の皇子である弘計天皇の第二皇子である蔵王皇子(くらのおうじ)を天皇に即位させようとした。 しかし、雄略天皇はそれを許さず、磐之媛命を殺害した。蔵王皇子は、雄略天皇に降伏し、456年に自害した。 こうして、雄略天皇は456年に即位した。しかし、その後も、雄略天皇の権力闘争は続いた。 雄略天皇は、安康天皇の皇太子である弘計天皇の第四皇子である市辺押磐皇子(しべのおしわのみこ)を暗殺した。 また、雄略天皇は、仁徳天皇の皇子である允恭天皇の皇太子である春日の皇女を暗殺した。 雄略天皇は、5世紀後半の動乱の時代に、権力闘争や血生臭い事件を繰り返しながら、皇位についた。
歴史上の人物

融源 — 高野山大伝法院の学頭

-生い立ちと出家- 融源は、平安時代末期に紀伊国(現在の和歌山県)で生まれた。父は紀伊守・藤原朝臣長貞、母は紀伊守・藤原朝臣長光の娘である。融源は幼い頃から仏教に深い関心を持ち、9歳の時に高野山に入り、学僧となった。高野山では、仏教の根本経典である『華厳経』を学び、また、密教の奥義を極めた。 融源は、18歳の時に出家し、法名を融源と改めた。融源は、高野山で修行を重ね、22歳の時に学頭(学僧の代表)に任命された。学頭として、融源は高野山の学問を指導し、また、多くの僧侶を育成した。融源は、また、高野山を拠点に、各地で布教活動を行い、多くの人々を救った。
歴史上の人物

唯円(1)-鎌倉時代の僧侶

- 唯円(1) - 鎌倉時代の僧侶 -# 浄土真宗の僧侶 唯円(1)は、鎌倉時代初期の浄土真宗の僧侶です。1198年、現在の京都府福知山市に生まれ、1263年に亡くなりました。幼い頃から仏教に帰依し、14歳の時に出家しました。その後、浄土真宗の開祖である親鸞の弟子となり、親鸞の死後は浄土真宗の第2代宗主を務めました。 唯円は、浄土真宗の教えを広めるために精力的に活動しました。日本各地を巡って布教を行い、多くの人々を浄土真宗に導きました。また、浄土真宗の教えをまとめた『唯円の消息』や『唯円の法語』などの著書も残しています。 唯円は、浄土真宗の教えを広めた功績から、「浄土真宗の祖師」とも呼ばれています。唯円の教えは、多くの人々に受け入れられ、浄土真宗は鎌倉時代以降、日本仏教の中で大きな宗派となりました。 唯円の浄土真宗の教えの特徴は、以下の通りです。 * 阿弥陀仏の救いを信じ、阿弥陀仏を称えることで、誰でも極楽浄土に往生することができる。 * 阿弥陀仏の救いは、善行や修行によるものではなく、阿弥陀仏の慈悲によるものである。 * 阿弥陀仏の救いは、誰もが平等に受けることができる。 唯円の浄土真宗の教えは、鎌倉時代の民衆に広く受け入れられ、浄土真宗は鎌倉時代以降、日本仏教の中で大きな宗派となりました。
歴史上の人物

遊佐国助-河内守護畠山氏に仕え、守護代に任じられた武将

-室町時代の河内若江城主- 室町時代、河内国若江城を拠点とした武将である遊佐国助は、守護畠山氏に仕え、守護代に任じられた実力者であった。 生年は不詳であるが、1394年に若江城を築城したとされている。若江城は、大阪平野を一望できる丘陵地に位置し、戦略上の要衝として知られていた。国助は、若江城を拠点として、守護畠山氏の権威を高め、河内国の治安維持に努めた。 また、国助は、学問を好み、和歌にも長じていた。彼の和歌は、「新続古今和歌集」や「新千載和歌集」にも収められている。 国助は、1431年に死去した。享年は不詳である。子の国盛が家督を継ぎ、若江城主となった。 室町時代、河内国は、畠山氏と細川氏の勢力争いの場となっていた。国助は、畠山氏の家臣として、細川氏と戦った。1408年には、細川満之の軍勢を破り、その勢力を削いだ。 1419年には、細川満之と畠山満家の間で和睦が成立し、河内国の安定が図られた。国助は、守護代として、河内国の復興に努めた。 国助は、1431年に死去したが、彼の功績は、河内国の人々から長く語り継がれた。若江城は、その後も畠山氏の家臣が居城し、河内国の重要な拠点として機能した。
文学分野の人

幽芳軒虫麿→ 江戸時代後期の狂歌師

幽芳軒虫麿の人となり 幽芳軒虫麿は、江戸時代後期の狂歌師であり、本名は河瀬秀之輔といいます。1794年に肥前国杵島郡江北村で生まれ、1838年に45歳で亡くなりました。 虫麿は、幼少の頃から和歌を学び、18歳のときに江戸に出て狂歌師として活躍しました。狂歌は、滑稽や風刺を込めた和歌の一種で、江戸時代中期から後期にかけて庶民の間で流行しました。虫麿の狂歌は、その巧みな言葉遊びやユーモアで評判を呼び、狂歌師としても活躍しました。 また、虫麿は絵師としても才能を発揮し、歌川広重や葛飾北斎など、当時の著名な浮世絵師たちと交流し、浮世絵の制作にも携わりました。虫麿の絵は、浮世絵独特の写実性と、ユーモアのあるタッチが特徴で、現代でも人気があります。 虫麿は、狂歌師、絵師として活躍しただけでなく、茶人としても知られており、多くの文人墨客と交流しました。また、虫麿は自らの住居を「幽芳軒」と名付け、その庭にさまざまな草花を植え、友人を招いて茶会を開いていました。 虫麿は、そのユーモアあふれる性格と、多彩な才能で、多くの人々に愛されました。また、虫麿の作品は、江戸時代の人々の生活や文化を伝える貴重な資料として、現代でも高い評価を得ています。
学術分野の人

湯本武彦と明治

湯本武彦の生涯 湯本武彦は、1843年(天保14年)に越中国氷見(現在の富山県氷見市)に生まれました。父は医師であり、幼い頃から漢学や書道を学びました。 1863年(文久3年)、湯本は長州藩の吉田松陰の私塾「松下村塾」に入門しました。松陰は、湯本に尊王攘夷思想を教え、湯本は長州藩の反幕府運動に参加しました。 1866年(慶応2年)、湯本は高杉晋作率いる奇兵隊に参加し、戊辰戦争で幕府軍と戦いました。戊辰戦争後、湯本は明治政府に出仕し、大蔵省や外務省で勤務しました。その後、岩倉使節団に参加して欧米を視察し、明治政府の近代化政策に貢献しました。 1880年(明治13年)、湯本は欧州各国を視察して、産業と経済の状況を調査した。また、ドイツの鉄道技術を学び、日本の鉄道建設に貢献した。 1891年(明治24年)、湯本は元老院議長に就任しました。元老院は、明治政府の最高諮問機関であり、湯本は明治政府の政策決定に大きな影響を与えました。 1902年(明治35年)、湯本は死去しました。70歳でした。湯本は、明治維新を成し遂げた功績と、明治政府の近代化政策に貢献した功績で知られています。
スポーツ分野の人

豊山勝男:入門から引退までの相撲人生

- 東京農大時代 豊山は、高校卒業後に東京農業大学に進学した。東京農業大学相撲部は、全日本学生相撲選手権大会団体優勝5回を誇る強豪校であり、豊山は入学早々から活躍を見せた。 1年生の時は、全日本学生相撲選手権大会個人戦で優勝。2年生の時は、全日本学生相撲選手権大会団体戦で優勝し、個人戦でも2位に入賞した。3年生の時は、全日本学生相撲選手権大会個人戦で2連覇を達成し、団体戦でも2連覇を飾った。 大学4年間で、豊山は全日本学生相撲選手権大会個人戦で2回優勝、団体戦で3回優勝という輝かしい成績を残した。また、学生横綱にも2回選出された。 豊山は、大学卒業後に相撲界入りすることを決意し、大島部屋に入門した。大島部屋は、名門部屋であり、豊山は入門後すぐに頭角を現した。 豊山は、2006年に初土俵を踏み、2008年に新十両に昇進した。2009年には、新入幕を果たした。豊山は、入幕後は安定した成績を残し、2012年には小結に昇進した。 豊山は、2013年には関脇に昇進し、2014年には大関に昇進した。豊山は、大関昇進後も好成績を残し、2016年には横綱に昇進した。 しかし、豊山は2017年に怪我で長期休場を余儀なくされた。その後、豊山は復帰したが、以前の調子を取り戻せず、2019年に引退した。 豊山は、東京農業大学時代から活躍を見せ、相撲界でも大活躍した。豊山は、日本の相撲界を代表する力士の一人である。
学術分野の人

弓場貫一- 生涯と功績

弓場貫一の生涯 弓場貫一は、1861年(文久元年)に福岡藩で誕生しました。彼は、1877年(明治10年)に海軍兵学校に入学し、1882年(明治15年)に卒業しました。その後、海軍士官として様々な軍艦に乗務し、日清戦争や日露戦争にも従軍しました。 1904年(明治37年)に、弓場貫一は海軍少将に昇進し、1908年(明治41年)に海軍中将に昇進しました。1911年(明治44年)には、海軍大将に昇進し、海軍大臣に就任しました。 弓場貫一は、海軍大臣在任中に、海軍の近代化を推進しました。彼は、新式の軍艦を建造し、海軍の教育制度を改革しました。また、彼は、海軍の予算を大幅に増額し、海軍の戦力を強化しました。 1914年(大正3年)、弓場貫一は、海軍大臣を辞任しました。その後、彼は、枢密顧問官や貴族院議員を務めました。1932年(昭和7年)に、弓場貫一は、71歳で亡くなりました。 弓場貫一は、日本の海軍近代化に貢献した人物です。彼は、海軍の戦力を強化し、日本を世界の海軍強国にしました。
スポーツ分野の人

– 「弓館小鰐」

-弓館小鰐の生涯- 弓館小鰐は、平安時代末期から鎌倉時代にかけての武将です。 弓館小鰐は、1180年(治承4年)に陸奥国胆沢郡(現在の岩手県奥州市)で生まれました。父親は弓館小太郎貞重、母親は伊東祐親の娘でした。 小鰐は、幼い頃から武芸に優れ、源頼朝の挙兵に際しては、奥州藤原氏に属して頼朝軍と戦いました。しかし、1189年(文治元年)に頼朝が奥州藤原氏を滅ぼすと、小鰐は降伏して頼朝に仕えました。 頼朝に仕えた小鰐は、勇猛果敢な武将として活躍しました。1191年(建久2年)に頼朝が奥州藤原氏の残党である藤原泰衡を討伐した際には、小鰐は先鋒を務めて大いに功を上げました。また、1199年(正治元年)に頼朝が死んだ際には、小鰐は頼朝の遺児である源頼家を擁立して鎌倉幕府の二代将軍を支えました。 しかし、1203年(建仁3年)に頼家が畠山重忠の謀反に遭って殺害されると、小鰐は頼家の遺児である一幡を擁立して鎌倉幕府の三代将軍を立てようとしました。しかし、一幡は北条氏によって殺害され、小鰐もまた北条氏によって滅ぼされました。 小鰐は、勇猛果敢な武将として活躍しましたが、頼家の死後に起きた内紛に巻き込まれて滅亡しました。
学術分野の人

「由井天山」

由井天山の生涯 由井天山は、1883(明治16)年、岐阜県不破郡垂井町に生まれました。本名は由井正雪といいます。生家が貧しかったため、小学校卒業後、名古屋に出て、丁稚奉公に出されました。その後、大阪に渡り、呉服問屋に勤めました。 1904(明治37)年、日露戦争が勃発すると、天山は大阪毎日新聞社の戦地特派員として、満州に派遣されました。このとき、彼は戦場の惨状を目の当たりにし、戦争の悲惨さを痛感しました。 1905(明治38)年、天山は大阪毎日新聞社を退社し、故郷の垂井町に戻りました。そして、青年会のリーダーとして、農村の振興に尽力しました。また、彼は農業協同組合を設立し、農民の生活向上に貢献しました。 1912(明治45)年、天山は岐阜県議会議員に当選しました。そして、県会議員として、農村振興や教育振興に尽力しました。また、彼は岐阜県の特産品である美濃焼の振興にも貢献しました。 1915(大正4)年、天山は衆議院議員に当選しました。そして、衆議院議員として、農村振興や教育振興に尽力しました。また、彼はシベリア出兵に反対するなど、平和主義者としても知られました。 1923(大正12)年、天山は岐阜県知事に当選しました。そして、県知事として、農村振興や教育振興に尽力しました。また、彼は木曽川の水害を防ぐために、木曽川改修事業を推進しました。 1927(昭和2)年、天山は再び衆議院議員に当選しました。そして、衆議院議員として、農村振興や教育振興に尽力しました。また、彼は昭和金融恐慌に際して、農民救済のための政策を推進しました。 1932(昭和7)年、天山は死去しました。享年50歳でした。天山は農村振興や教育振興に尽力した政治家として、現在も語り継がれています。
歴史上の人物

戦国武将「結城左衛門尉」の人と生涯

戦国時代の武将「結城左衛門尉」とは 結城左衛門尉とは、戦国時代の武将であり、下野国を拠点とした結城氏の当主です。戦国大名として活躍した結城政勝、結城晴朝、結城晴綱、結城晴矩、結城朝勝、結城秀康など、数多くの戦国武将を輩出した名門です。 結城氏は、桓武天皇の皇子である嵯峨天皇の末裔であると伝えられており、源頼朝が鎌倉幕府を開いた際に御家人となったことで台頭しました。下野国においては、足利氏と並ぶ有力な豪族として君臨しており、戦国時代には各地で戦を繰り広げました。 結城左衛門尉の中でも、特に有名なのが結城政勝です。政勝は、永禄年間(16世紀後半)に家督を継ぎ、下野国を統一しました。また、武田信玄や上杉謙信などの戦国大名とも同盟を結び、戦国乱世を生き抜きました。 結城左衛門尉は、戦国時代を代表する武将であり、その生涯は数多くの逸話に彩られています。また、結城氏は、江戸時代以降も大名として存続し、明治維新まで続きました。
歴史上の人物

湯浅宗業 – 鎌倉時代の武士、和歌山県保田荘の地頭

湯浅宗業の生涯と功績 湯浅宗業は、鎌倉時代の武士で、和歌山県保田荘の地頭を務めました。彼は、治承4年(1180年)に誕生し、建久7年(1196年)に源頼朝に仕えました。頼朝に仕えてから、彼は数々の戦いに参加し、功績を挙げました。 元久元年(1204年)、宗業は、保田荘の地頭職に任命されました。保田荘は、和歌山県西牟婁郡にある荘園で、宗業は、この荘園の管理と運営を任せられました。宗業は、保田荘の開発に尽力し、荘園を繁栄させました。 承久3年(1221年)、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して兵を挙げ、承久の乱が起こりました。宗業は、幕府軍として乱に参加し、功績を挙げました。乱後、宗業は、幕府から恩賞として、保田荘の所領を拡大されました。 貞応元年(1222年)、宗業は、53歳で亡くなりました。彼は、保田荘の地頭として、荘園の開発に尽力し、荘園を繁栄させました。また、彼は、承久の乱にも参加し、功績を挙げました。宗業は、鎌倉時代の武士として、数々の功績を残しました。 湯浅宗業の功績をまとめると、以下のようになります。 ・保田荘の地頭職を務め、荘園の開発に尽力し、荘園を繁栄させた。 ・承久の乱に参加し、功績を挙げた。 ・幕府から恩賞として、保田荘の所領を拡大された。 ・53歳で亡くなったが、鎌倉時代の武士として、数々の功績を残した。
文学分野の人

結城哀草果:歌人と随筆家

結城哀草果の生涯 結城哀草果は、1897年(明治30年)1月25日、北海道河東郡(現・広尾郡大樹町)に生まれました。本名は結城藤吉郎です。父は結城文吉、母はサトです。1902年(明治35年)、結城家は帯広市に移住します。1911年(明治44年)、帯広尋常高等小学校を卒業後、北海道庁立帯広中学校(現・北海道帯広柏葉高等学校)に進学します。1915年(大正4年)、中学を卒業後、上京して早稲田大学に入学します。1919年(大正8年)、早稲田大学を卒業後は、教員や新聞記者として働きます。 1922年(大正11年)、歌集『青猫』を出版し、歌人としてデビューします。1925年(大正14年)、詩集『野薔薇』を出版します。1928年(昭和3年)、随筆集『草木塔』を出版し、随筆家としてもデビューします。1932年(昭和7年)、雑誌『緑蔭』を創刊し、主宰します。1937年(昭和12年)、随筆集『木洩れ日』を出版します。1940年(昭和15年)、随筆集『水の音』を出版します。1942年(昭和17年)、随筆集『星と花』を出版します。1945年(昭和20年)、随筆集『風の色』を出版します。 1946年(昭和21年)、詩集『白鳥』を出版します。1947年(昭和22年)、随筆集『雪景色』を出版します。1949年(昭和24年)、随筆集『花の姿』を出版します。1950年(昭和25年)、随筆集『月の光』を出版します。1952年(昭和27年)、随筆集『風の音』を出版します。1954年(昭和29年)、隨筆集『雲の形』を出版します。1956年(昭和31年)、歌集『砂丘』を出版します。1957年(昭和32年)、随筆集『夕暮れ』を出版します。1958年(昭和33年)、随筆集『夜の闇』を出版します。 1959年(昭和34年)、随筆集『朝の光』を出版します。1960年(昭和35年)、随筆集『昼間の景色』を出版します。1961年(昭和36年)、随筆集『夜の音楽』を出版します。1962年(昭和37年)、歌集『アザミの花』を出版します。1963年(昭和38年)、随筆集『野菊の香』を出版します。1964年(昭和39年)、随筆集『秋の風』を出版します。1965年(昭和40年)、随筆集『冬の雪』を出版します。1966年(昭和41年)、歌集『すみれの花』を出版します。1967年(昭和42年)、随筆集『春の色』を出版します。 1968年(昭和43年)、随筆集『夏の暑さ』を出版します。1969年(昭和44年)、歌集『たんぽぽの花』を出版します。1970年(昭和45年)、隨筆集『桜の花』を出版します。1971年(昭和46年)、随筆集『梅の花』を出版します。1972年(昭和47年)、随筆集『菊の花』を出版します。1973年(昭和48年)、随筆集『蓮の花』を出版します。1974年(昭和49年)、随筆集『牡丹の花』を出版します。1975年(昭和50年)、歌集『水仙の花』を出版します。1976年(昭和51年)、随筆集『百合の花』を出版します。 1977年(昭和52年)、歌集『芙蓉の花』を出版します。1978年(昭和53年)、随筆集『秋明菊の花』を出版します。1979年(昭和54年)、歌集『彼岸花』を出版します。1980年(昭和55年)、随筆集『椿の花』を出版します。1981年(昭和56年)、歌集『木蓮の花』を出版します。1982年(昭和57年)、随筆集『桜の花』を出版します。1983年(昭和58年)、歌集『梅の花』を出版します。1984年(昭和59年)、随筆集『菊の花』を出版します。 1985年(昭和60年)、随筆集『蓮の花』を出版します。1986年(昭和61年)、随筆集『牡丹の花』を出版します。1987年(昭和62年)、歌集『水仙の花』を出版します。1988年(昭和63年)、随筆集『百合の花』を出版します。1989年(平成元年)、歌集『芙蓉の花』を出版します。1990年(平成2年)、随筆集『秋明菊の花』を出版します。1991年(平成3年)、歌集『彼岸花』を出版します。1992年(平成4年)、随筆集『椿の花』を出版します。 1993年(平成5年)、歌集『木蓮の花』を出版します。1994年(平成6年)、随筆集『桜の花』を出版します。1995年(平成7年)、歌集『梅の花』を出版します。1996年(平成8年)、随筆集『菊の花』を出版します。1997年(平成9年)、歌集『蓮の花』を出版します。1998年(平成10年)、随筆集『牡丹の花』を出版します。1999年(平成11年)、歌集『水仙の花』を出版します。2000年(平成12年)、随筆集『百合の花』を出版します。 2001年(平成13年)、歌集『芙蓉の花』を出版します。2002年(平成14年)、随筆集『秋明菊の花』を出版します。2003年(平成15年)、歌集『彼岸花』を出版します。2004年(平成16年)、随筆集『椿の花』を出版します。2005年(平成17年)、歌集『木蓮の花』を出版します。2006年(平成18年)、随筆集『桜の花』を出版します。2007年(平成19年)、歌集『梅の花』を出版します。2008年(平成20年)、随筆集『菊の花』を出版します。 2009年(平成21年)、歌集『蓮の花』を出版します。2010年(平成22年)、随筆集『牡丹の花』を出版します。2011年(平成23年)、歌集『水仙の花』を出版します。2012年(平成24年)、随筆集『百合の花』を出版します。2013年(平成25年)、歌集『芙蓉の花』を出版します。2014年(平成26年)、随筆集『秋明菊の花』を出版します。2015年(平成27年)、歌集『彼岸花』を出版します。2016年(平成28年)、随筆集『椿の花』を出版します。 2017年(平成29年)、歌集『木蓮の花』を出版します。2018年(平成30年)、随筆集『桜の花』を出版します。2019年(令和元年)、歌集『梅の花』を出版します。2020年(令和2年)、随筆集『菊の花』を出版します。2021年(令和3年)、歌集『蓮の花』を出版します。2022年(令和4年)、随筆集『牡丹の花』を出版します。2023年(令和5年)、歌集『水仙の花』を出版します。
文学分野の人

「遊月亭頼国」

- 遊月亭頼国とは 遊月亭頼国は、落語家の名前である。本名は、田中敬一。1972年10月26日生まれ。出囃子は『ちょん』。 1997年3月、遊月亭円楽に入門。9月、前座となる。前座名は「竜楽」。2001年3月、二ツ目昇進。2012年3月、真打に昇進。 落語では、古典落語を中心に演じている。また、新作落語にも積極的に取り組んでいる。2007年には、新作落語のコンクールである「にぎやか寄席」で優勝した。 落語以外では、テレビドラマやラジオ番組に出演している。また、落語教室を開いている。 遊月亭頼国は、落語界のホープとして注目されている。今後も、活躍が期待されている。
歴史上の人物

「由良具滋」

-鎌倉-南北朝時代の武将- 由良具滋(ゆらともじ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将。伯耆因幡守護。伯耆守護・由良時光の子。通称は備中三郎。官途名は伯耆守。 -生涯- 鎌倉時代末期、伯耆守護・由良時光の子として誕生。光厳天皇の即位や後醍醐天皇の還幸など、変動の多い時代に伯耆守護として活躍した。 延元2年(1337年)に、伯耆の国人・南条時長が蜂起すると、これを鎮圧した。同年、後醍醐天皇の綸旨を受けて、赤松則祐・名和長年らとともに北条氏を打倒する計画に加担した。しかし、計画は露見して失敗し、一時隠遁した。 建武2年(1335年)、足利尊氏が鎌倉を占領すると、これに従い、再度伯耆守護に任じられた。その後、尊氏と後醍醐天皇が対立すると、尊氏方に付き従った。 建武3年(1336年)、尊氏が九州に逃れると、具滋は伯耆に留まり、後醍醐天皇方の軍勢と戦った。同年、後醍醐天皇が吉野に退避すると、尊氏を追って九州に渡海した。 延元4年(1339年)、尊氏が九州から上洛すると、具滋もこれに従い、上洛した。その後、越後国に出兵し、越後守護・上杉憲顕を破った。 興国元年(1340年)、尊氏が室町幕府をを開くと、具滋は伯耆守護に任命された。その後、尊氏に従って、九州・四国・中国地方を転戦した。 興国3年(1342年)、尊氏と後醍醐天皇が和睦すると、具滋は伯耆に帰国した。その後、伯耆守護として、国政に専念した。 正平7年(1352年)、従五位下に叙位された。正平9年(1354年)、死去。享年64。 -人物- 具滋は、勇猛果敢な武将で、戦上手だったという。また、和歌を嗜み、和歌集『具滋卿集』を残した。
文学分野の人

「柚木綿山」(⇒柚木太玄(ゆのき-たいげん))について

柚木太玄の人物像 柚木太玄は、1870年(明治3年)に愛知県豊橋市に生まれ、1951年(昭和26年)に東京都世田谷区で亡くなった日本の童謡詩人です。本名は柚木繁太郎といい、幼名は佐太郎でした。 太玄は、9歳のときに父を亡くし、12歳のときに母を亡くしました。その後、兄夫婦に育てられましたが、16歳のときに兄を亡くし、18歳のときに兄嫁を亡くしました。太玄は、両親や兄夫婦を早くに亡くしたため、孤独な少年時代を過ごしました。 太玄は、19歳のときに上京し、独学で詩作を学びました。1901年(明治34年)には、処女詩集『柚の木の実』を出版し、詩人としてデビューしました。太玄の詩は、自然や子供たちへの愛情あふれる作品が多く、多くの人々に愛されました。 太玄は、1910年(明治43年)に、童謡詩集『赤い鳥』を出版しました。この詩集は、童謡の詩集としては画期的な作品であり、日本の童謡詩の発展に大きな影響を与えました。太玄は、童謡詩人としてだけではなく、童謡作曲家としても活躍し、多くの童謡を作曲しました。 太玄は、1951年(昭和26年)に、心不全のため東京都世田谷区の自宅で亡くなりました。享年81歳でした。太玄の死は、日本の童謡詩壇に大きな損失となりました。 太玄は、孤独な少年時代を過ごしましたが、詩作を通じて多くの人々に愛されました。太玄の詩は、自然や子供たちへの愛情あふれる作品が多く、多くの人々に勇気と希望を与えました。太玄は、日本の童謡詩人としてだけではなく、童謡作曲家としても活躍し、多くの童謡を作曲しました。太玄の童謡は、今もなお多くの人々に愛され、歌い継がれています。
経済分野の人

ユーハイムの軌跡 – バウムクーヘンを日本にもたらしたドイツ人菓子職人

- 清での菓子づくりから日本軍の捕虜まで カール・ユーハイムは、1874年、ドイツ南西部のカールスルーエに生まれました。15歳のとき、菓子職人の見習いとして、イタリア、フランス、スイスを巡り、菓子づくりの技術を磨きました。 1898年、ユーハイムは上海に渡り、ドイツ人コミュニティ向けに菓子店を開業しました。上海では、中国の伝統的な菓子にも触れ、ドイツの製菓技術と中国の伝統菓子を融合させた、独創的な菓子を作り出しました。 1909年、ユーハイムは、日本軍に捕虜として捕えられ、愛媛県松山市の捕虜収容所に収容されました。収容所では、捕虜仲間のために、バウムクーヘンやクッキーなどの菓子を作り、皆を楽しませました。 1919年、ユーハイムは捕虜として釈放され、日本に留まることを決意しました。東京で菓子店を開業し、日本人にドイツ菓子を紹介しました。ユーハイムの菓子は、日本人の口に合い、瞬く間に人気となりました。 1924年、ユーハイムは、日本橋に、ユーハイム本店をオープンしました。ユーハイム本店は、日本初の洋菓子専門店で、日本の洋菓子文化の発展に大きく貢献しました。 ユーハイムは、1956年に亡くなりましたが、彼の会社は、現在でも日本の洋菓子業界をリードする存在です。ユーハイムの軌跡は、日本とドイツの文化交流の歴史を象徴するものです。
文学分野の人

柚登美枝について

柚登美枝の生い立ちと経歴 柚登美枝は、1965年に東京都に生まれた。父親はサラリーマン、母親は専業主婦の家庭で、姉と弟がいる。美枝は、幼い頃から成績優秀で、特に数学を得意としていた。また、スポーツ万能で、陸上部では短距離走の選手として活躍していた。 美枝は、大学進学後も学業とスポーツを両立させ、工学部を卒業した。卒業後は、大手電機メーカーに就職し、エンジニアとして働いた。美枝は、仕事でも優秀な成績を収め、数々のプロジェクトで功績を上げた。また、プライベートでは、結婚して二人の子供を授かった。 しかし、2010年に美枝は、乳がんを患っていることが発覚した。美枝は、すぐに手術を受け、抗がん剤治療を始めた。しかし、治療の甲斐なく、2012年に亡くなった。美枝は、47歳という若さでこの世を去った。 美枝の死は、多くの人たちに衝撃を与えた。美枝は、優秀なエンジニアであり、二人の子供の母親であり、そして何よりも明るく前向きな女性だった。美枝の死は、多くの人たちに、命の大切さと、一日一日を大切に生きることの大切さを気づかせた。