天春文衛:明治-大正時代の政治家

天春文衛:明治-大正時代の政治家

三重県出身の政治家

三重県出身の政治家

三重県出身の政治家

天春文衛(てんしゅんぶんえい)は、三重県出身の政治家です。1856年(安政3年)に三重県度会郡小俣村(現・伊勢市)に生まれ、東京専門学校(現・早稲田大学)卒業後、代言人(弁護士)となります。1890年(明治23年)に衆議院議員に当選し、以来連続10期にわたって当選を果たしました。その間、第1次西園寺内閣で逓信大臣を務め、第2次桂内閣で文部大臣を務めました。また、立憲政友会の幹部としても活躍しました。

天春文衛は、三重県出身の政治家として、三重県の発展に貢献しました。特に、地元の鉄道建設や港湾整備などに尽力し、三重県の経済発展に貢献しました。また、三重県の教育や文化振興にも力を入れ、三重県の文化の発展に貢献しました。

天春文衛は、1925年(大正14年)に死去しました。享年69歳でした。天春文衛の功績を称えて、三重県には天春文衛の銅像が建立されています。

以下、天春文衛の経歴を簡単にまとめています。

* 1856年(安政3年)三重県度会郡小俣村(現・伊勢市)に生まれる
* 1877年(明治10年)東京専門学校(現・早稲田大学)に入学
* 1880年(明治13年)東京専門学校を卒業
* 1881年(明治14年)代言人(弁護士)となる
* 1890年(明治23年)衆議院議員に当選
* 1906年(明治39年)第1次西園寺内閣で逓信大臣に就任
* 1912年(大正元年)第2次桂内閣で文部大臣に就任
* 1925年(大正14年)死去(享年69歳)

衆議院議員として農事改良や地価修正運動に取り組む

衆議院議員として農事改良や地価修正運動に取り組む

天春文衛氏は、明治から大正時代にかけて活躍した日本の政治家です。1864年(元治元年)に、現在の群馬県に生まれました。

天春氏は、幼い頃から学問に親しみ、漢学や儒学を学びました。青年時代には、自由民権運動に参加し、民主主義と立憲制を訴えました。

1890年(明治23年)、天春氏は第1回衆議院議員選挙に立候補し、当選しました。以後、連続当選を果たし、衆議院議員として活躍しました。

天春氏は、衆議院議員として農事改良や地価修正運動に取り組みました。農事改良については、農業技術の改善や農産物の販売促進に尽力しました。地価修正運動については、地価の不公平を是正し、農民の負担を軽減するための法律の制定を主張しました。

天春氏の功績は、農業振興や農民の生活改善に大きく貢献しました。1923年(大正12年)、天春氏は59歳で亡くなりました。

貴族院議員や三重県農工銀行頭取など歴任

貴族院議員や三重県農工銀行頭取など歴任

-貴族院議員や三重県農工銀行頭取など歴任-

天春文衛は、明治-大正時代の政治家です。三重県出身で、幼少期から勉学に励み、東京帝国大学法科大学を卒業しました。卒業後は、司法官試補として司法省に入省し、検事や裁判官を歴任しました。

その後、政治家に転身し、衆議院議員に当選しました。衆議院議員としては、内務政務次官や鉄道政務次官を務め、政界で頭角を現しました。

1915年には、貴族院議員に勅選されました。貴族院議員としては、文教委員長や逓信委員長を務め、文教政策や交通政策に尽力しました。

また、天春文衛は、経済界でも活躍しました。三重県農工銀行頭取や三重県信用組合連合会会長を務め、県内の経済発展に貢献しました。

天春文衛は、政治家として、経済人として、三重県の発展に尽力した人物です。

タイトルとURLをコピーしました