江幡吉平が外国御用出役として貢献した幕末の功績

江幡吉平が外国御用出役として貢献した幕末の功績

江幡吉平の生涯と経歴

江幡吉平の生涯と経歴

-江幡吉平の生涯と経歴-

江幡吉平は、1824年(文政7年)に江戸幕府の勘定奉行・江幡五郎左衛門の三男として生まれました。幼名は藤五郎といい、後に吉平と改名しました。

1844年(弘化元年)に幕府の官吏となり、勘定方、小普請組同心、若年寄支配調役などを歴任しました。1859年(安政6年)に日米修好通商条約の締結に尽力し、外国奉行に任命されました。

1860年(万延元年)には、アメリカ合衆国大統領ジェームズ・ブキャナンから、日米修好通商条約の批准書を交換するために日本に派遣されたアメリカ合衆国全権公使タウンゼント・ハリスと交渉し、日米修好通商条約の追加条約を締結しました。

1862年(文久2年)には、イギリス、フランス、ロシア、プロイセンの4カ国の艦隊が下関海峡を封鎖し、幕府に攘夷を求めた下関戦争に際して、外国奉行として交渉にあたりました。

1863年(文久3年)には、薩摩藩と長州藩が朝廷に攘夷を迫った薩長同盟の成立によって、幕府は窮地に陥りました。江幡吉平は、老中・阿部正弘とともに、薩長両藩との和解交渉にあたりましたが、交渉は不調に終わり、幕府は薩長両藩を征討することになりました。

1864年(元治元年)には、幕府軍が薩長両藩を攻撃した禁門の変が勃発しました。江幡吉平は、外国奉行として、外国公使らに禁門の変の状況を説明し、幕府の立場を弁明しました。

1865年(慶応元年)には、幕府が薩長両藩と講和し、禁門の変は終結しました。江幡吉平は、外国奉行として、薩長両藩との講和交渉にあたりました。

1867年(慶応3年)には、大政奉還によって幕府は崩壊しました。江幡吉平は、外国奉行を辞任し、明治政府に出仕しました。

1868年(明治元年)には、戊辰戦争が勃発し、幕府軍と明治政府軍が交戦しました。江幡吉平は、明治政府の官吏として、戊辰戦争に参戦しました。

1869年(明治2年)には、戊辰戦争が終結し、明治政府が成立しました。江幡吉平は、明治政府の官吏として、外務省に出仕しました。

1873年(明治6年)には、江幡吉平は外務卿に任命されました。外務卿として、江幡吉平は、日本と外国との外交交渉にあたりました。

1879年(明治12年)には、江幡吉平は外務卿を辞任し、元老院議長に任命されました。元老院議長として、江幡吉平は、日本の政治に参与しました。

1890年(明治23年)には、江幡吉平は元老院議長を辞任し、隠居しました。1893年(明治26年)に死去しました。

外国御用出役としての活躍

外国御用出役としての活躍

– 外国御用出役としての活躍

江幡吉平は、外国御用出役に任命されてから、主に欧米列強との交渉を担当しました。彼は、英語やオランダ語に堪能で、欧米の文化や制度にも精通していたため、交渉においては常に有利な立場にありました。

江幡吉平が最も活躍した交渉の一つは、1858年の日米修好通商条約の締結です。この条約は、日本とアメリカ合衆国との間に初めて締結された通商条約であり、日本の近代化に大きな影響を与えました。江幡吉平は、この条約の交渉において、日本の立場を主張し、アメリカの要求を譲歩させました。

また、江幡吉平は、1859年の日仏修好通商条約や1860年の日英修好通商条約の締結にも貢献しました。これらの条約によって、日本は欧米列強との通商関係を樹立し、近代化への道を歩み始めました。

江幡吉平は、外国御用出役として、日本の近代化に大きく貢献した人物です。彼は、欧米列強との交渉において、常に日本の立場を主張し、日本の利益を守りました。彼の功績は、現在も日本の外交政策に大きな影響を与えています。

東禅寺イギリス仮公使館襲撃事件と江幡吉平の死

東禅寺イギリス仮公使館襲撃事件と江幡吉平の死

-東禅寺イギリス仮公使館襲撃事件と江幡吉平の死-

1861年(文久元年)7月、イギリス公使館の通訳官ヘンリー・パークスが、江戸の東禅寺にあったイギリス仮公使館を襲撃され、負傷した事件である。この事件は、幕末の攘夷運動の高まりを象徴する事件であり、江幡吉平が外国御用出役として果たした功績を物語るエピソードの一つである。

パークスは、幕府が攘夷政策を強める中、イギリス政府の意向を伝えるために江戸に滞在していた。しかし、攘夷派の尊王攘夷派志士たちは、パークスの活動を妨害するために、たびたび襲撃を繰り返していた。

7月5日、パークスは東禅寺イギリス仮公使館で、イギリス人宣教師のジョセフ・ケーリと会談していた。そこに、尊王攘夷派志士の一団が襲撃をかけ、パークスとケーリを負傷させた。

襲撃事件を受けて、幕府は江幡吉平にパークスの保護を命じた。江幡はパークスを東禅寺イギリス仮公使館から江戸城内にある安全な場所に避難させた。また、江幡はパークスに襲撃事件の捜査と犯人の逮捕を約束した。

江幡は襲撃事件の捜査を開始し、尊王攘夷派志士の一団を追跡した。しかし、犯人はすでに江戸から逃亡しており、江幡は犯人を逮捕することができなかった。

襲撃事件は、幕末の攘夷運動の高まりを象徴する事件であり、江幡吉平が外国御用出役として果たした功績を物語るエピソードの一つである。

タイトルとURLをコピーしました