力士大ノ里万助の生涯と相撲界への尽力

力士大ノ里万助の生涯と相撲界への尽力

大ノ里万助の生い立ちと入門

大ノ里万助の生い立ちと入門

-大ノ里万助の生い立ちと入門-

大ノ里万助は、1849年(嘉永2年)に愛知県名古屋市で生まれた。本名は萬助。幼い頃から相撲に興味を持ち、14歳の時に大阪相撲の湊川部屋に入門した。入門後は順調に力をつけ、1873年(明治6年)には十両に昇進。1875年(明治8年)には入幕を果たした。

大ノ里は、小兵ながら力強く、技巧派の相撲だった。1880年(明治13年)には大関に昇進し、1885年(明治18年)には横綱に昇進した。横綱としては1890年(明治23年)まで務め、在位中に12連勝を記録した。

大ノ里は、相撲界に多くの功績を残した。1889年(明治22年)には、東京相撲と大阪相撲を統合して大日本相撲協会を設立した。初代横綱に任命されたのも大ノ里である。また、大ノ里は相撲のルールや番付の制度を整えるなど、相撲界の発展に尽力した。

大ノ里は、1899年(明治32年)に49歳で死去した。死後、大ノ里は相撲界に多大な功績を残した功績を称えられ、大日本相撲協会の初代名誉会長に推挙された。

大ノ里万助の活躍と大関時代

大ノ里万助の活躍と大関時代

-大ノ里万助の活躍と大関時代-

大ノ里万助は、明治12年(1879年)に石川県金沢市で生まれました。幼い頃から相撲を好み、18歳の時に上京して尾車部屋に入門しました。

入門後は、順調に番付を上げ、明治31年(1898年)には新入幕を果たします。その後も勝ち越しを続け、明治35年(1902年)には大関に昇進しました。

大関時代の大ノ里は、豪快な取り口と強靭なスタミナで多くのファンを魅了しました。特に、明治37年(1904年)の春場所では、10勝1敗の成績で優勝を果たしています。

しかし、明治38年(1905年)の日露戦争勃発に伴い、大ノ里は兵役に就きます。戦後は相撲界に復帰しましたが、以前のような成績を挙げることはできず、明治41年(1908年)に現役を引退しました。

引退後は、年寄・大ノ里を襲名し、後進の指導に当たりました。また、相撲界の発展に尽くし、大正15年(1926年)には日本相撲協会の理事長に就任しました。

大ノ里は、昭和11年(1936年)に57歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

天竜事件と関西新興力士団での活動

天竜事件と関西新興力士団での活動

天竜事件と関西新興力士団での活動

1917年、大ノ里は天竜事件に関与したとして角界から追放されてしまいました。天竜事件とは、ライバル力士との争いにおいて大ノ里が暴力をふるい、その負傷が悪化して死亡したという事件です。この事件は相撲界に大きな衝撃を与え、大ノ里は追放処分を受けました。

しかし、大ノ里は相撲界を諦めずに、関西新興力士団を結成しました。関西新興力士団は、角界から追放された力士や、角界に不満を持つ力士が集まった団体です。大ノ里は、関西新興力士団を率いて、角界と対抗しました。

関西新興力士団は、角界と何度も対戦し、その多くに勝利を収めました。また、関西新興力士団は、相撲の改革を訴えて、相撲界に大きな影響を与えました。

1925年、大ノ里は角界に復帰しました。そして、1927年に大関に昇進しました。大ノ里は、大関として活躍し、多くの優勝を飾りました。

1931年、大ノ里は引退しました。引退後は、相撲協会の理事長として、相撲界の発展に努めました。

大ノ里は、相撲界に大きな貢献をした力士です。天竜事件で追放されても、関西新興力士団を結成して角界に復帰しました。そして、大関として活躍し、多くの優勝を飾りました。引退後は、相撲協会の理事長として、相撲界の発展に努めました。

大ノ里の生涯は、相撲界の歴史を語る上で欠かせない存在です。

タイトルとURLをコピーしました