平安時代の歌人、大友黒主の軌跡をたどる

平安時代の歌人、大友黒主の軌跡をたどる

大友黒主の生涯と官吏としてのキャリア

大友黒主の生涯と官吏としてのキャリア

-大友黒主の生涯と官吏としてのキャリア-

大友黒主(生没年不詳)は、平安時代の歌人。六歌仙、三十六歌仙の一人。官職は従五位下陸奥権守。藤原北家秀郷流の桓武平氏大友氏の祖。

陸奥国糠部郡(現在の青森県弘前市)の豪族、大友貞主の子として生まれる。貞主は桓武平氏大友氏の祖とされる平繁盛の子孫とされるが、その出自については諸説ある。黒主は貞主の三男とされ、母は安倍氏の出身とされる。

黒主は幼少の頃から和歌に秀で、18歳の時に上京し、藤原時平に和歌を献上した。時平は黒主の才能を高く評価し、彼を宮廷歌人として召し抱えた。黒主は宮廷歌壇で活躍し、六歌仙、三十六歌仙の一人に選ばれた。

黒主は官吏としても出世し、従五位下陸奥権守まで昇進した。陸奥権守在任時には、蝦夷征討にも従軍している。

黒主は、平安時代の歌人として、その才能を高く評価されている。彼の和歌は、情趣豊かで、美しい言葉遣いで知られている。また、官吏としても出世し、陸奥権守まで昇進した。黒主は、平安時代の歌人として、そして官吏としても、その功績を称えられている。

黒主の和歌は、『拾遺和歌集』、『後撰和歌集』、『金葉和歌集』、『詞花和歌集』、『千載和歌集』、『新古今和歌集』などの勅撰和歌集に多く入集している。また、私撰和歌集『黒主集』も伝わっている。

黒主の和歌は、情趣豊かで、美しい言葉遣いで知られている。彼の和歌は、平安時代の和歌の代表的なものとされ、現在でも多くの人々に親しまれている。

六歌仙の一人として認められた歌風

六歌仙の一人として認められた歌風

-六歌仙の一人として認められた歌風-

大友黒主は、平安時代初期の公卿、歌人で、六歌仙の一人です。藤原伊縄の次男として生まれ、のちに大友宣挙の養子となる。天長3年(826)に、承和14年(847)には大蔵卿にまで昇進した。

黒主の歌は、平安時代初期の貴族社会に流行していた、優美で雅びな和歌の典型とされる。それらは、自然の美しさや、季節の移り変わりを題材としたものが多く、清々しい抒情と澄んだ言葉遣いが特徴的です。

黒主の歌の中でも、特に有名なのが「春霞たなびく野辺に夕映えて来む人もなきわが恋しさに」という一首です。この歌は、春の夕暮れに霞のたなびく野辺をひとり寂しく歩く主人公の心情を詠んだもので、その清々しい抒情と澄んだ言葉遣いが高く評価されています。

また、黒主の歌は、当時の貴族社会に流行していた、恋の歌としても知られています。それらは、男女の愛情を題材としたものが多く、繊細な心理描写と美しい言葉遣いが特徴的です。

黒主の歌は、平安時代初期の和歌の代表格ともいえる存在であり、その優美で雅びな歌風は、後世の歌人たちに大きな影響を与えました。

大友黒主の歌集と作品の特徴

大友黒主の歌集と作品の特徴

大友黒主の歌集と作品の特徴

大友黒主は、平安時代の歌人で、三六歌仙の一人として知られています。藤原良経の娘で、藤原忠平の妹にあたる。大宰大弐であった大友善行の夫人となり、延喜20年(920年)に夫とともに大宰府に下向した。

黒主の歌集は、『黒主集』と『黒主後集』の二冊がありますが、現在はどちらも散逸しています。『黒主集』は、黒主が夫の大友善行とともに大宰府に下向した際に詠んだ歌を中心に収めた歌集で、『古今和歌集』や『後撰和歌集』にも数首が収録されています。『黒主後集』は、黒主が京都に戻ってから詠んだ歌を中心に収めた歌集で、こちらも数首が『拾遺和歌集』や『後拾遺和歌集』に収録されています。

黒主の歌は、優美で繊細な表現を特徴とし、特に恋の歌に優れた作品が多いとされています。

黒主の代表作の一つに、「思ひつつぬればや人の見えつるを夢と知りては覚めざらましや」の歌があります。この歌は、黒主が夫の大友善行を亡くした際に詠んだもので、夫を亡くした悲しみを切々と歌っています。

また、「逢ひ見ての後の心にくらぶれば昔はものを思はざりけり」の歌も、黒主の代表作の一つです。この歌は、黒主が夫の大友善行と再会した際に詠んだもので、夫との再会を喜ぶ心を歌っています。

黒主の歌は、平安時代の和歌を代表するものであり、その優美で繊細な表現は多くの歌人に影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました