無名の俳人、榎本馬州の人生と作風

無名の俳人、榎本馬州の人生と作風

榎本馬州の生涯

榎本馬州の生涯

-# 榎本馬州の生涯

榎本馬州は、1881年(明治14年)に東京都墨田区に生まれた。本名は榎本忠蔵。馬州という俳号は、生まれた地の墨田区馬州(現在の両国)に由来している。

馬州は、幼い頃から俳句に興味を持ち、10代の頃から俳句を詠み始めた。1905年(明治38年)に俳誌「ホトトギス」に入会し、正岡子規や高浜虚子らに師事した。1912年(大正元年)には「ホトトギス」の同人となり、1926年(大正15年)には「ホトトギス」の編集長に就任した。

馬州は、俳句の世界で活躍する傍ら、実業家としても成功を収めた。1923年(大正12年)に「榎本商店」を創業し、文房具や雑貨の製造販売を手掛けた。同社は、馬州の死後も息子たちが引き継ぎ、現在も営業を続けている。

馬州は、1969年(昭和44年)に88歳で死去した。死後、その功績を称え、東京都墨田区に「榎本馬州記念館」が設立された。

-# 馬州の作風

馬州の俳句は、写生を重視した写生俳句が特徴である。馬州は、俳句は自然をありのままにとらえ、それをそのまま表現すべきだと考えていた。また、馬州は、俳句は季語を必ずしも必要としないと主張しており、無季の俳句も数多く残している。

馬州の俳句は、その写実性と簡潔さで高く評価されている。馬州は、俳句を「俳諧を続ける」という意味で「詞花言葉」と呼んでおり、俳句は単なる言葉遊びではなく、作者の心の内を表現したものだと考えていた。

馬州の俳句は、現在でも多くの俳人に愛されており、俳句の世界に大きな影響を与えている。

榎本馬州の作風

榎本馬州の作風

-榎本馬州の作風-

榎本馬州は、俳句において独自の作風を確立したことで知られている。その作風は、写生を重視した点に特徴がある。写生とは、ありのままの姿をそのまま俳句に詠み込むことを指す。馬州は、自然の風景や人々の暮らしをありのままに観察し、その姿を俳句に詠み込んだ。

例えば、馬州の代表作の一つである「冬田に雁の影薄く日は暮れぬ」は、冬田に雁が舞い降りている様子を詠んだ句である。この句では、雁の影が薄く、日が暮れかかっている情景が、ありのままに詠まれている。馬州は、この句の中で、自分が見た風景をそのまま俳句に詠み込んだのである。

また、馬州は、俳句において季語を重視した点でも知られている。季語とは、季節を表す言葉のことである。馬州は、俳句の中で季語を効果的に用いて、季節の移ろいを表現した。

例えば、馬州の句「春雨や降りてくるなり梅の花」では、春雨が降り注ぐ中、梅の花が咲いている情景が詠まれている。この句では、季語である「春雨」と「梅の花」を用いることで、春の季節感を効果的に表現している。

馬州の作風は、写生を重視し、季語を効果的に用いた点に特徴がある。この作風は、多くの俳人に影響を与え、日本の俳句の発展に貢献した。

榎本馬州の代表作

榎本馬州の代表作

-榎本馬州の代表作-

榎本馬州の俳句は、その簡潔さと鋭い洞察力で知られている。彼の最も有名な作品のいくつかを以下に挙げる。

-1.「海暮れて 雁帰るなり 瀬戸の秋」-

この句は、秋の夕暮れに雁が瀬戸内海を渡っていく様子を描いたものである。海と空が夕日に染まり、雁の鳴き声が聞こえてくる情景が目に浮かぶ。

-2.「山路来て 何やらゆかし すみれ草」-

この句は、山道を歩いているときにすみれの花を見つけた時の心情を詠んだものである。すみれの花の可憐な美しさに心が惹かれ、思わず立ち止まって眺めてしまう。

-3.「茶のこぼれし 畳にしみて 夜もすがら」-

この句は、茶碗からこぼれたお茶が畳にしみてしまった時の様子を描いたものである。夜になってもまだ畳に染みが残っていて、そのことが気にかかって眠れない。

-4.「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」-

この句は、梅の花が咲いた時の暖かさを詠んだものである。一輪の梅の花でも、春の訪れを告げるには十分である。

-5.「古池や 蛙飛びこむ 水の音」-

この句は、古池に蛙が飛び込んだ時の様子を描いたものである。蛙が飛び込んだ時の水の音だけが響き渡る静寂が印象的である。

これらは、榎本馬州の代表的な俳句のほんの一部である。彼の俳句は、その簡潔さと鋭い洞察力で、今も多くの人々に愛されている。

タイトルとURLをコピーしました